アーカイブ
2019年09月の記事のリスト

「ヴィジョナリー」ネックレス、ワイヤーラップペンダント、リング「1」「2」

2019年09月30日 (月) 20 : 25
「ヴィジョナリー」ネックレス
◆スペック 長さ46センチ

「パワーストーン・ワークスのお店」に移動しました

「ヴィジョナリー」ネックレス - パワーストーン・ワークスのお店
https://shop.powerstone-works.com/?pid=146014295

ご注意事項

◆使用石「クォーツinクォーツ35×15×12ミリシルバー925製18金コート枠ペンダントトップ」「乙女鉱山水晶9ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(AZOZEO)6×6×5ミリ原石磨きタンブル」「モルダバイト6×3ミリロンデルカット」「リビアングラス7×6×5ミリタンブル」「ヘリオドール(ゴールデンベリル)8ミリ、6ミリ丸玉」「ヒマラヤガネーシュゴールデンクォーツ(ヒマラヤシトリン)8ミリ丸玉」「チベットアンデシン6×3ミリボタンカット」「ゴールデンラブラドライト6ミリ弱丸玉」「アイドクレース(ベスビアナイト)4ミリボタンカット」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)3ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8ミリ64面カット丸玉」「2012クリスタル6ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト4ミリ丸玉」






「ヴィジョナリー」ワイヤーラップペンダント
◆スペック 全長15センチ
◆価格 75,000yen(税込82,500yen)
◆使用石「クォーツinクォーツ9ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(AZOZEO)10×9×4ミリ原石磨きタンブル」「モルダバイト12×7×4ミリ原石磨きタンブル」「リビアングラス37×30×10ミリ原石」「ヘリオドール(ゴールデンベリル)8ミリ丸玉」「ヒマラヤガネーシュゴールデンクォーツ(ヒマラヤシトリン)8ミリ丸玉」「チベットゴールデンアンデシン10ミリ丸玉」「アイドクレース(ベスビアナイト)6ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)8×8×3ミリハート型」「センティエントプラズマクリスタル38×3.5×3.5ミリJewerlyPoint(両剣)」「2012クリスタル6ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト15ミリマカバスター」「ヴィジョンクォーツ65×18×15ミリ原石ポイント」






「ヴィジョナリー」リング「1」
◆スペック リングサイズ約13号 K14ゴールドフィルドワイヤー製
◇soldout
◆使用石「クォーツinクォーツ25×20×15ミリ原石磨き」





「ヴィジョナリー」リング「2」
◆スペック リングサイズ9号 シルバー925ロジウムコート製
◇soldout
◆使用石「モルダバイト8ミリブリリアントカットルース」




__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

「心のままに」からの 続きみたいになっちゃうんですが(笑)
続きでもあり 矛盾のようなお話も 

「ヴィジョナリー」であることが 成功への道 のようにも 言われています。

先見の明ですとか 人がやっていないこと 人が気がついていないこと そういったことを 先駆けてやっていくことで、人は成功を手にする… そういった事例が この世では「目立つ」し、実際に そのような人々は存在します。
(しかし 成功とは そういう先行者利益の中だけに あるものでもない ということを知っているのも 成功者なんですが^^)

天才的に 頭脳が優れているというのもそうなんですが、そういった人々は 単にIQが高いというだけの話ではなく、アスペの特徴 でもあるように、「自分が 興味があることへの 驚異的な集中力」も、普通の人なら 迷って行動しなかったり、人の目にはどう映るのか、といったノイズを上回る 自分が決めていることへの 情熱や信念 追求心 習慣にしていること ポリシー これらが 普通の人よりも 図抜けているところが あるからなんですね。

では 私達も成功者と同様のことをするべきなのかというと…

はい、こういった資質というものは多かれ少なかれ おそらく人類共通に持っているDNAだと感じるので、それがその人にとって「夢中になってできること 代替のないもの」のためであるなら、こういう真似をしようとしなくても、自然と「そうなってしまう」ということじたいは みなさんも経験として大なり小なりある人にはあると思いますので、時として そうなっているご自身に 戸惑わないこと。否定しないこと。
むしろ、現代人の多くはこっちではないだろうかと(笑) そう思います。


私自身、ぷちアスペ経験(笑)経て こうしてこの仕事を継続中の経緯があるので、わかることなのですが。

こういう いわゆる「ゾーン」の状態 というのは、経験できるなら、経験してみると、わかると思うので。

実際 本人は わりと 楽しいのです(笑)…楽しいっていうのともちがうかな
なんでしょう 
でも 確実に いやいや義務感でやっていることとは違う 妙な 充実感 納得感 このために生きている(笑)

というより
その時には 本当に何も考えていない というのでしょうか いわゆる 没頭状態
(この「没頭」という漢字が顕していますね…アタマをなくす、マインド、思考が没している ということ)

アーティスト スポーツ選手など そういう感覚を 経験する人も多い 

脳波としては 深い瞑想状態と同じと言われる 「神につながっている」それです

人間は そういう状態において 普段の自分じゃない 自分を超えたもの を経験している そんな感じになることが 多いので

それを 後付で表現すると 納得感とか充実感とかおかげで最高記録がとか
ナニカ 結果がついてくることが 多く
なんとな~く良さげな(笑)表現になるわけです

その自分じゃないものを 「時々 経験する」のか それをなるべく恒常的に 呼び込みたいのか

そこいらへんが 図抜けている そのために工夫したり その喜びに制限をかけない人々が 世にいう天才であったり 大きなビジネスで成功している人々であったりします


もちろんですが その人その人により、何がその人にとってのそれなのか 人それぞれ違うと思いますから。

必ずしも 世の成功者たちのような 目に見える目覚ましい成功や成果のようなものが、得られることが それかどうかは わからないのですけれど…(ビジネスでの成功を得るためには 他にも 必要な要素が たくさんありますから)

その「この世的な 成功度合い 顕れ度合い」については 人それぞれ…

ですが 人間は このあたりに「欲」が出やすい
自分に都合のいい「イイコト」だけを 期待してしまう どうしても
なので、「心のままに」のほうでは、真似してもムリムリ、って話にしていましたけどね

また、「心のままに」のほうでは 単に真似をしても ムリムリ のようにお伝えしているので、ここでは矛盾することをお伝えするようですが、

自身の成功レベルを そのスケールを 自分の先入観のものさしで上方にも下方にも限定しない、という「天におまかせスタイル」であるなら、そういう ゾーンを呼び起こすための 行動パターンの真似から入ってもいいんじゃないかな、とも思います(笑)。

(だから 瞑想が 先進ビジネス大国アメリカのビジネスパーソンのあいだでは なかば常識となってきているそうですし ジム通い 筋肉の増強 これらも実は単に健康のためというよりは 頭脳をクリアにする 祓いの意味もあったりで からだづくりと連動するメンタルがあることが体感できるので 常識的になっていたりするわけです)

人間には 「成功したいから」の目的で 他人が成功しているパターンを模倣する それがありますが

その習慣を取り入れる場合には、それにより 得るものがあることが前提である、その欲 邪念ともなりやすいものがありますので、「自分が思い描く成功」そのものには たどり着かない場合も しばしばあるにはあるのですが、

自分が思いもしなかったことを 取り入れてやってみると、その 自分が自分のこれまでの知識や 知識や経験による先入観の範囲で思い描く成功 他人が言っている触れ込み それ以上の 意外な展開が起こることもある そちらも 事実ですので。

(私自身そうなんですが もともと 表面的な自分の望みとしては 「こういうことが 将来 自分のやりたかったこと」というわけではありませんでしたから(笑)。本当ですよ。目指していたわけでもありませんし。なんで自分は こんなことが好きになっちゃったんだろう? やりたくなっちゃったんだろう? という(笑)人生において いわば「まったく思いもしなかったこと」を、10年以上やっている… それが現実です)


ということで、

こちらのカップリング。ヴィジョナリー。

このカップリングは、そういった、想定外、今までは思ってもみなかったことなんだけど、何かに出会い、なんとなくなるほど感やワクワク感があるような、そういったことにトライする、ちょっとやってみようかな、ということがでてきた時に…(仮にそれが 人真似であっても、です)

やっぱり やめておこう と 流してしまう 後ろを向いてしまう

というのが、おおかたの 九分九里 人のとるマインド行動なのですが、

そのタイミングを逃さない ふと決めたこと 変えようと思ったこと やってみようと思ったことなど その行動力 実行力 をサポートする 組み合わせです。

その 「なんとなく の遭遇」を 

「雑魚とは 出会わせない 本命と 出会わせる」
そういう 傾向が高い 石のカップリングです

出会っても 自分が何も行動しないから のがしていく… ということが、人間には多いのも 事実なんです

なので 出会いだけ増やして情報だけ増やして 情報過多でひたすらお腹いっぱいになってしまい やった気になってしまう(情報コレクターは「そんな気になってる」のコレクターで(笑)現実はちっとも動かしていないことも多いんです…でも「そんな気になる」ことも 無駄かというとそうではないので それが好きな人はひたすらそれでもいいのかもしれないんですがw そういうのも 思わぬ時に 役立つこともあるにはあるので 人生、無駄なことって ないんですよ…実は ゆとり教育よりも つめこみ教育のほうが 人を伸ばす教育としてそれほど間違っちゃいないそうですしねw なんかね 勉強って 実際そっちのほうが 核心に触れられる その確率が高いようです ”核心だけを 箇条書きで 知る”よりもね)

行動しない実行しない ということにならないように

「ヴィジョナリー」が サポートします。


小さなイノベーションを(大きくてもいいのですが)今 少しずつ積み重ねていった先に 振り返ると 自分では想像もできていなかったような 世界を創造してきていたことに 人は気づくのです

そのスケールが大きくなったものが(ものすごく大きくなったものが)いわば世の成功者に観える人々の一面 であることもあります
ヴィジョナリーである その前に 
ヴィジョナリーであることが 現実に活かせる本人独自のバランス感 精神状態 そして現実状態 日常 今
どちらかというと 人間には こちらの継続 現実創造のほうが大事ですから。
 

ロードクロサイト、ロードナイト、ローズクォーツ、センティエントプラズマクリスタルの意味等、ご参考にどうぞ。→「石の意味のリスト」


◆使用素材◆ 

ネックレスは、7ストランドワイヤー、ゴールドフィルドパーツで制作しています。

ワイヤーラップペンダントは、アーティスティックワイヤー(ゴールド、シャンパン、ノンターニッシュシルバー)を使用して制作しています。付属のシルクリボンは全長約75センチ、取り外しが可能です。

■クォリティと鉱物説明■

「クォーツinクォーツ」ビーズを 今回使うことになりました~
ビーズはワイヤーラップに使ってます。

ネックレスは トップのペンダントが 透明度高い母体水晶にはっきりインがわかる 上質クォーツinクォーツ。
(…なんですが、これ、ほんとうはすごいくっきりなんだけど、写真ではかろうじてそんな感じに観える程度にしか映ってませんね~う~ん。クォーツインクォーツ、色のコントラストがないから、写真、難しいですね~ 実物はくっきり水晶の先端が見えるタイプのペンダントです)

石好きにとっては、この付加価値のあるタイプの、「水晶の中に 水晶が入ってる 水晶」なんですが、世間一般の人にとっては、なんじゃそれと とくに持ち物自慢とか(笑)そういうことに使える ぱっと見において「なんだかこの人凄いものしてる」と きれいな石! みたいに見てもらえるとか とくにそのテの見栄張れるタイプの水晶(笑)というわけではございませんので。
これは 石が好きな人だけが ゲットして ニマニマ楽しんでください^^ と言える水晶かなぁ そのように思います(笑)。

カップリングの色石、モルダバイト、リビアングラス、ロードクロサイト、アイドクレース、ゴールデンアンデシン、ヒマラヤゴールデン、透明度が高く ハイクォリティ。
ヘリオドールも透明感あり発色良く 高品質。
こちらではなるべく無色に近いアンデシンと丸玉はゴールデンラブラドライトを使っています。いわゆる鉱物としては、ゴールデンアンデシンとゴールデンラブラドライトというのは同じものなのです。ゴールデンアンデシンの小さい玉がないため代用してます。
ロシアンフェナカイト、モルダバイト、リビアン、レア石オンパでご満足いただけるカップリングではないかと思います。

ワイヤーラップのほうでは 新しい水晶 ということでご案内していた、ブラジルミナスの新発見水晶の ヴィジョンクォーツ を使っています。
ペンダントというよりは、大きなワンド(笑)
リビアン原石も めっちゃ大きい 迫力の存在感ばっちりな ワイヤーラップとなります。
ヴィジョンクォーツ が ヴィジョンクォーツだから 今回のカップリングとなった、というわけではないのですが(笑)ここにカップリングされるに 大変ふさわしいタイプの 直感型クォーツのようですので(笑)。
水晶では わりとそこに特化するのは珍しいんですよ。
きっと 必要な方には必要なタイプの水晶なんじゃないだろうか と思います。

リング「1」はクォーツinクォーツの磨きの入った水晶タンブルカットを ゴールドフィルド極太でワイヤーラップしました。
「水晶入ってる」感がわかる大きさのそこそこあるごついリングなので、そういう存在感たっぷりリングが好きな方にお薦めですね。
…と、こちらも、事前文章準備をしてたんですが(笑)写真ではもっとそれがわかるものもあったと思うんだけど、すみません、写真セレクトしている人にちゃんと言うべきだった(笑)んだけど、その肝心の入ってるのがわかるタイプの写真がきっと全部ボケちゃってんだと思うから、おそらくセレクト選外となり、肝心のそのクォーツインのタイプの写真が今回セレクトに入ってないですね。
これじゃたぶん、ただの水晶にしか見えないので(笑)売れないな、って気がするからw また時間があったら取り直すかもしれません10月に。

水晶系の、内包物に色がついていない クォーツインクォーツ的な石は、写真がすごく難しいので(まず立体感もでませんし。写真は平面にしか映りませんから)実際、ネットのお写真で売るのは(笑)かな~り難しい水晶なのかもしれんですね。
これこそ、写真でしかあまり石のことを知らないような人だと、クォーツインクォーツはお値段も高いですし、なのにこれのどこがいいのかわかんないから^^、まず買いたいと思えない石の典型かもしれません。もったいない話ですね。

リング「2」はモルダバイト宝飾ルースを使ったリング。
8ミリあると、そこそこ存在感があって、でも大きすぎないルースサイズでもあるので、目立つほうが断然好みな方には物足りないかもしれませんが、大ぶりがむしろ困る苦手な方には、このくらいのサイズの宝飾モルダバイトルースはお薦めです。

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。
2012クリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏のサイン入りギャランティーペイパーのコピーと日本語説明文のコピーをおつけさせていただきます。
ロシアンフェナカイト(Azozeo)、アゾゼオアゼツライトはH&E社のギャランティーカードのコピーをおつけします。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「ヴィジョナリー」ブレスレット「1」「2」「3」「4」「5」「6」

2019年09月30日 (月) 20 : 20
「ヴィジョナリー」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約15.5センチ弱

「パワーストーン・ワークスのお店」に移動しました

「ヴィジョナリー」ブレスレット「1」 - パワーストーン・ワークスのお店
https://shop.powerstone-works.com/?pid=146037218

ご注意事項

◆使用石「クォーツinクォーツ11.5ミリ丸玉」「乙女鉱山水晶15ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(AZOZEO)11×12×6ミリ原石磨きタンブル」「モルダバイト10ミリ弱丸玉」「リビアングラス15ミリ丸玉」「ヘリオドール(ゴールデンベリル)12.5ミリ丸玉」「ヒマラヤガネーシュゴールデンクォーツ(ヒマラヤシトリン)10ミリ丸玉」「チベットゴールデンアンデシン10ミリ丸玉」「アイドクレース(ベスビアナイト)(2color)9ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)10ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル20×12ミリ、12×8ミリロンデルカット」「2012クリスタル14ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト16ミリ丸玉」











「ヴィジョナリー」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約14センチ強
◆価格 135,000yen(税込148,500yen)
◆使用石「クォーツinクォーツ12ミリ丸玉」「乙女鉱山水晶15ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(AZOZEO)11×12×6ミリ原石磨きタンブル」「モルダバイト10ミリ弱丸玉」「リビアングラス15ミリ丸玉」「ヘリオドール(ゴールデンベリル)12.5ミリ丸玉」「ヒマラヤガネーシュゴールデンクォーツ(ヒマラヤシトリン)10ミリ丸玉」「チベットゴールデンアンデシン10ミリ丸玉」「アイドクレース(ベスビアナイト)(2color)9.5ミリ、9ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)10ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル20×12ミリロンデルカット」「2012クリスタル14ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト16ミリ丸玉」








「ヴィジョナリー」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約15.5センチ強

「パワーストーン・ワークスのお店」に移動しました

「ヴィジョナリー」ブレスレット「3」 - パワーストーン・ワークスのお店
https://shop.powerstone-works.com/?pid=146014294

ご注意事項

◆使用石「クォーツinクォーツ12ミリ、9ミリ丸玉」「乙女鉱山水晶9ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(AZOZEO)10×10×6ミリ、9×8×5ミリ原石磨きタンブル」「モルダバイト9ミリ丸玉」「リビアングラス12ミリ丸玉」「ヘリオドール(ゴールデンベリル)10ミリ丸玉」「ヒマラヤガネーシュゴールデンクォーツ(ヒマラヤシトリン)10ミリ丸玉」「チベットゴールデンアンデシン10ミリ丸玉」「アイドクレース(ベスビアナイト)9.5ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)9.5ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル12ミリ多面カット丸玉」「2012クリスタル12ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト12ミリ丸玉」









「ヴィジョナリー」ブレスレット「4」
◆スペック 内寸約15.5センチ弱
◆価格 70,000yen(税込77,000yen)
◆使用石「クォーツinクォーツ9ミリ丸玉」「乙女鉱山水晶9ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(AZOZEO)12×5×5ミリ原石磨きタンブル」「モルダバイト7ミリ丸玉」「リビアングラス12ミリ丸玉」「ヘリオドール(ゴールデンベリル)10ミリ丸玉」「ヒマラヤガネーシュゴールデンクォーツ(ヒマラヤシトリン)10ミリ丸玉」「チベットゴールデンアンデシン10ミリ丸玉」「アイドクレース(ベスビアナイト)9.5ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)10ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル12ミリ、10ミリ多面カット丸玉」「2012クリスタル10ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト12ミリ丸玉」








「ヴィジョナリー」ブレスレット「5」
◆スペック 内寸約15.5センチ弱
◆価格 70,000yen(税込77,000yen)
◆使用石「クォーツinクォーツ9ミリ丸玉」「乙女鉱山水晶9ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(AZOZEO)12×5×5ミリ原石磨きタンブル」「モルダバイト7ミリ丸玉」「リビアングラス12ミリ丸玉」「ヘリオドール(ゴールデンベリル)10ミリ丸玉」「ヒマラヤガネーシュゴールデンクォーツ(ヒマラヤシトリン)10ミリ丸玉」「チベットゴールデンアンデシン10ミリ丸玉」「アイドクレース(ベスビアナイト)9.5ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)10ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル12ミリ、10ミリ多面カット丸玉」「2012クリスタル10ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト12ミリ丸玉」








「ヴィジョナリー」ブレスレット「5」
◆スペック 内寸約15.5センチ弱
◆価格 70,000yen(税込77,000yen)
◆使用石「クォーツinクォーツ9ミリ丸玉」「乙女鉱山水晶9ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(AZOZEO)10×9×5ミリ原石磨きタンブル」「モルダバイト7ミリ丸玉」「リビアングラス12ミリ丸玉」「ヘリオドール(ゴールデンベリル)10ミリ丸玉」「ヒマラヤガネーシュゴールデンクォーツ(ヒマラヤシトリン)10ミリ丸玉」「チベットゴールデンアンデシン10ミリ丸玉」「アイドクレース(ベスビアナイト)9.5ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)10ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル12ミリ、10ミリ多面カット丸玉」「2012クリスタル10ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト12ミリ丸玉」






__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

「心のままに」からの 続きみたいになっちゃうんですが(笑)
続きでもあり 矛盾のようなお話も 

「ヴィジョナリー」であることが 成功への道 のようにも 言われています。

先見の明ですとか 人がやっていないこと 人が気がついていないこと そういったことを 先駆けてやっていくことで、人は成功を手にする… そういった事例が この世では「目立つ」し、実際に そのような人々は存在します。
(しかし 成功とは そういう先行者利益の中だけに あるものでもない ということを知っているのも 成功者なんですが^^)

天才的に 頭脳が優れているというのもそうなんですが、そういった人々は 単にIQが高いというだけの話ではなく、アスペの特徴 でもあるように、「自分が 興味があることへの 驚異的な集中力」も、普通の人なら 迷って行動しなかったり、人の目にはどう映るのか、といったノイズを上回る 自分が決めていることへの 情熱や信念 追求心 習慣にしていること ポリシー これらが 普通の人よりも 図抜けているところが あるからなんですね。

では 私達も成功者と同様のことをするべきなのかというと…

はい、こういった資質というものは多かれ少なかれ おそらく人類共通に持っているDNAだと感じるので、それがその人にとって「夢中になってできること 代替のないもの」のためであるなら、こういう真似をしようとしなくても、自然と「そうなってしまう」ということじたいは みなさんも経験として大なり小なりある人にはあると思いますので、時として そうなっているご自身に 戸惑わないこと。否定しないこと。
むしろ、現代人の多くはこっちではないだろうかと(笑) そう思います。


私自身、ぷちアスペ経験(笑)経て こうしてこの仕事を継続中の経緯があるので、わかることなのですが。

こういう いわゆる「ゾーン」の状態 というのは、経験できるなら、経験してみると、わかると思うので。

実際 本人は わりと 楽しいのです(笑)…楽しいっていうのともちがうかな
なんでしょう 
でも 確実に いやいや義務感でやっていることとは違う 妙な 充実感 納得感 このために生きている(笑)

というより
その時には 本当に何も考えていない というのでしょうか いわゆる 没頭状態
(この「没頭」という漢字が顕していますね…アタマをなくす、マインド、思考が没している ということ)

アーティスト スポーツ選手など そういう感覚を 経験する人も多い 

脳波としては 深い瞑想状態と同じと言われる 「神につながっている」それです

人間は そういう状態において 普段の自分じゃない 自分を超えたもの を経験している そんな感じになることが 多いので

それを 後付で表現すると 納得感とか充実感とかおかげで最高記録がとか
ナニカ 結果がついてくることが 多く
なんとな~く良さげな(笑)表現になるわけです

その自分じゃないものを 「時々 経験する」のか それをなるべく恒常的に 呼び込みたいのか

そこいらへんが 図抜けている そのために工夫したり その喜びに制限をかけない人々が 世にいう天才であったり 大きなビジネスで成功している人々であったりします


もちろんですが その人その人により、何がその人にとってのそれなのか 人それぞれ違うと思いますから

必ずしも 世の成功者たちのような 目に見える目覚ましい成功や成果のようなものが、得られることが それかどうかは わからないのですけれど…(ビジネスでの成功を得るためには 他にも 必要な要素が たくさんありますから)

その「この世的な 成功度合い 顕れ度合い」については 人それぞれ…

ですが 人間は このあたりに「欲」が出やすい
自分に都合のいい「イイコト」だけを 期待してしまう どうしても
なので、「心のままに」のほうでは、真似してもムリムリ、って話にしていましたけどね

また、「心のままに」のほうでは 単に真似をしても ムリムリ のようにお伝えしているので、ここでは矛盾することをお伝えするようですが、

自身の成功レベルを そのスケールを 自分の先入観のものさしで上方にも下方にも限定しない、という「天におまかせスタイル」であるなら、そういう ゾーンを呼び起こすための 行動パターンの真似から入ってもいいんじゃないかな、とも思います(笑)。

(だから 瞑想が 先進ビジネス大国アメリカのビジネスパーソンのあいだでは なかば常識となってきているそうですし ジム通い 筋肉の増強 これらも実は単に健康のためというよりは 頭脳をクリアにする 祓いの意味もあったりで からだづくりと連動するメンタルがあることが体感できるので 常識的になっていたりするわけです)

人間には 「成功したいから」の目的で 他人が成功しているパターンを模倣する それがありますが

その習慣を取り入れる場合には、それにより 得るものがあることが前提である、その欲 邪念ともなりやすいものがありますので、「自分が思い描く成功」そのものには たどり着かない場合も しばしばあるにはあるのですが、

自分が思いもしなかったことを 取り入れてやってみると、その 自分が自分のこれまでの知識や 知識や経験による先入観の範囲で思い描く成功 他人が言っている触れ込み それ以上の 意外な展開が起こることもある そちらも 事実ですので。

(私自身そうなんですが もともと 表面的な自分の望みとしては 「こういうことが 将来 自分のやりたかったこと」というわけではありませんでしたから(笑)。本当ですよ。目指していたわけでもありませんし。なんで自分は こんなことが好きになっちゃったんだろう? やりたくなっちゃったんだろう? という(笑)人生において いわば「まったく思いもしなかったこと」を、10年以上やっている… それが現実です)


ということで、

こちらのカップリング。ヴィジョナリー。

このカップリングは、そういった、想定外、今までは思ってもみなかったことなんだけど、何かに出会い、なんとなくなるほど感やワクワク感があるような、そういったことにトライする、ちょっとやってみようかな、ということがでてきた時に…(仮にそれが 人真似であっても、です)

やっぱり やめておこう と 流してしまう 後ろを向いてしまう

というのが、おおかたの 九分九里 人のとるマインド行動なのですが、

そのタイミングを逃さない ふと決めたこと 変えようと思ったこと やってみようと思ったことなど その行動力 実行力 をサポートする 組み合わせです。

その 「なんとなく の遭遇」を 

「雑魚とは 出会わせない 本命と 出会わせる」
そういう 傾向が高い 石のカップリングです

出会っても 自分が何も行動しないから のがしていく… ということが、人間には多いのも 事実なんです

なので 出会いだけ増やして情報だけ増やして 情報過多でひたすらお腹いっぱいになってしまい やった気になってしまう(情報コレクターは「そんな気になってる」のコレクターで(笑)現実はちっとも動かしていないことも多いんです…でも「そんな気になる」ことも 無駄かというとそうではないので それが好きな人はひたすらそれでもいいのかもしれないんですがw そういうのも 思わぬ時に 役立つこともあるにはあるので 人生、無駄なことって ないんですよ…実は ゆとり教育よりも つめこみ教育のほうが 人を伸ばす教育としてそれほど間違っちゃいないそうですしねw なんかね 勉強って 実際そっちのほうが 核心に触れられる その確率が高いようです ”核心だけを 箇条書きで 知る”よりもね)

行動しない実行しない ということにならないように

「ヴィジョナリー」が サポートします。


小さなイノベーションを(大きくてもいいのですが)今 少しずつ積み重ねていった先に 振り返ると 自分では想像もできていなかったような 世界を創造してきていたことに 人は気づくのです

そのスケールが大きくなったものが(ものすごく大きくなったものが)いわば世の成功者に観える人々の一面 であることもあります
ヴィジョナリーである その前に 
ヴィジョナリーであることが 現実に活かせる本人独自のバランス感 精神状態 そして現実状態 日常 今
どちらかというと 人間には こちらの継続 現実創造のほうが大事ですから。
 

ロードクロサイト、ロードナイト、ローズクォーツ、センティエントプラズマクリスタルの意味等、ご参考にどうぞ。→「石の意味のリスト」


◆使用素材◆ 

ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

「クォーツinクォーツ」ビーズを 今回使うことになりました~

何気に ものすごいレア扱いの水晶ですので、お値段も高く、特にブレスなどの丸玉になってしまうと、クォーツinクォーツの石ブレスは、モルダバイトやリビアングラスなどと変わらない 高価格帯となる 天然石市場ではそういう凄い付加価値になっておりますのが、クォーツinクォーツです。
実質、それだけ 水晶全体の中で 数が少ない、ということです。
なので この石はルースなどで 出回るほうが圧倒的に多く、丸玉ビーズとなることが 非常に少ない石でもありますので、粒単価がルースよりもかなり割高じゃね? という(笑)レア石の丸玉加工に起こりがちな 問題も発生しています^^。
そうなのよ、腹立つ話なんだけど、丸玉ビーズで小さいくせに サイズのあるペントップルースとかと同単価だよねこれだと、みたいなことが 時折レア石の丸玉ビーズには見受けられるんですよ。だから仕入れに悩むところもあるわけなんですけど。

PSWでは 今回11.5~12ミリサイズと9ミリサイズのクォーツinクォーツを入手し、それぞれ、カップリング中に使っていますので、よ~く玉サイズなども確認していただけましたら。

石好きにとっては、この付加価値のあるタイプの、「水晶の中に 水晶が入ってる 水晶」なんですが、世間一般の人にとっては、なんじゃそれと とくに持ち物自慢とか(笑)そういうことに使える ぱっと見において「なんだかこの人凄いものしてる」と きれいな石! みたいに見てもらえるとか とくにそのテの見栄張れるタイプの水晶(笑)というわけではございませんので。
これは 石が好きな人だけが ゲットして ニマニマ楽しんでください^^ と言える水晶かなぁ そのように思います(笑)。

カップリングの色石、モルダバイト、リビアングラス、ロードクロサイト、アイドクレース、ゴールデンアンデシン、ヒマラヤゴールデン、透明度が高く ハイクォリティ。
ヘリオドールも透明感あり発色良く 高品質。
その中でも「3」のリビアンは 透明度バツグンの最上級リビアンを2石であったりします。「3」はクォーツinクォーツもモルダバイトも2石ずつ使っています。
全体的に高品質なのですが、色石についても、ロードクロサイト、アイドクレース、ヘリオドールには 若干ですがランク差があり、「1」「2」「3」は「4」「5」「6」よりも 透明度、発色等、品質ランクが上の色石になっております。

価格差については、もろもろ そういった大人の事情がありますので(笑)「高!!」にはその事情もあったりです。
モルダバイトが大きかったり、高額ストーンはちょっとのサイズ差クォリティ差でも ものすごく値段が跳ね上がるところがありますので。

以上、そんな大人の事情もありますが、極上透明ルチル入り乙女鉱山水晶大玉なども使っていたり(「1」「2」のみ)ロシアンフェナカイト、モルダバイト、リビアン、レア石オンパでご満足いただけるカップリングではないかと思います。

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。
ロシアンフェナカイト(Azozeo)、アゾゼオアゼツライトはH&E社のギャランティーカードのコピーをおつけします。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「心のままに」ネックレス「1」「2」、ピアス、ワイヤーラップペンダント

2019年09月30日 (月) 20 : 15
「心のままに」ネックレス「1」
◆スペック 長さ52センチ
◆価格 40,000yen(税込44,000yen)
◆使用石「ロードナイト6ミリ丸玉、ジェミーロードナイト原石40×26×10ミリ」「ディープローズクォーツ12ミリ丸玉」「クリソコラ6.5ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)5ミリ丸玉」「マダガスカルローズクォーツ10ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル28×5×5ミリJewerlyPoint」





「心のままに」ネックレス「2」
◆スペック 長さ45センチ
◇soldout
◆使用石「ロードナイト13×10×10ミリ シルバー925製18金コートペンダントトップ」「ディープローズクォーツ4×2ミリロンデル」「クリソコラ(2Color)4ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)4ミリ丸玉」「マダガスカルローズクォーツ6ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8×4ミリボタンカット」





「心のままに」ピアス
◆スペック 長さ45センチ
◆価格 7,000yen(税込7,700yen)
◆使用石「ロードナイト8ミリ丸玉」「クリソコラ6.5ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)8×3ミリロンデル」「マダガスカルローズクォーツ10ミリ丸玉」「ビンテージクロスモチーフ真鍮パーツ30×20ミリ」




「心のままに」ワイヤーラップペンダント
◆スペック 全長8.5センチ
◆価格 40,000yen(税込44,000yen)
◆使用石「ロードナイト6ミリ丸玉」「ディープローズクォーツ6ミリ丸玉」「クリソコラ4ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン産)5ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタルJewerlyPoint(両剣)32×4×4ミリ」「レムリアンルーツクォーツ”ピュアレイ”57×15×10ミリ原石」





_________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

心のままに生きてますか~? と問いかけられる(笑)カップリングです。

自分が自分であることが 居心地良くない そういう人の 居心地の良くなさを誘発する囚われを外し、その行動様式を 心のままに変容させていくことを促すサポートをしてくれる組み合わせかなと思います。

ちなみにこの心のままに…というのは、本人にとって、むしろ「あっていい」タイプの囚われから由来する心のままにしている行動みたいなものを、本人が心のどこかで否定しちゃって制限したり抑制して我慢している、迷っているなんてことも よくあります。
誰に迷惑をかけるわけでもない、冷静に考えればそうなのですが、いけないことって 思ってしまっているような。
それは この世的に見ると、あんまりよろしくないような触れ込みですとか、ある面での常識的な考え方ですとか、そういう情報もあるからです。

自分はここ一年くらい ものすごく服買うようになったな~ という印象が自分にあるわけなのですが、山のように服を買うことのデメリットも、今はちらほら目にします。
「ミニマム」な生き方が素晴らしい!! 必要最低限のモノしか持たないようにする そういう生き方をしてみたら、人生が良くなった、というようなタイプの人も いらっしゃるわけなので、ソリッドに無駄なく生きようよ~ と ミニマム推奨される風潮 そういうのもありますよね。

私もそりゃできればそうしたいがな… という気持ちも揺れ動くこともないわけでもないんですが、それと同時に、「私って やっぱり服が好きだったんだ…」っていう感覚、これはあるんですよね。

石を好きになってから 10年以上、ぜんっぜん 服への興味が喪失していましたし、その期間はその期間で、とくに無理をして我慢してそうしていたというわけではないんです。
「服買うなら 石だよな~」という(笑)要するに 優先順位がそうだった ということだったのか、と。

10年以上前 石を買う何万円には 迷わない 次々に すぱっすぱっと決まっていくのに 100円の靴下を「ま、これはいらないか」と(笑)迷ってやめとくような^^、でもそういう自分が 嫌でも 惨めとも まったく思いませんでした。
それはそういう当時は、本当に限られた軍資金をいかに石に使えるか という質素で綱渡りな生活(笑)の中で、「石に関しては 糸目をつけない」「お金は全部 石に使う」ということが自分を活かすことがわかっていた エネルギー投入のマイ・ルールを持っていましたので。
(それから この当時は私は多分に持っていた囚われがありまして。石でいただいたお金を 自分の生活スペックを上げるとか 自分のためとか自分の身内のためとか 石以外の用途へ使うことへの 罪悪感があったのです。スピ系の人が持ちがちな「お金をいただいてはいけない 自分のためにお金を使ってはいけない」というタイプの囚われでしたね。でもこの囚われをこの当時に持っていたからこそ、「石に全部つぎこむ」的離れ業が成立していたんですよ(笑)。人間というのは なので 囚われ外すタイミングまで 高次側が計算しているとしか(笑)思えないです)

なので 石も服も買えるな という状態になってみたら(笑)がぜん、服好き熱のようなものが 戻ってきている、というわけです。
私はこの一年くらいでしょうか 自分に制限をかけずに、これを自分に許可していたわけなんですが、それでもちらっとよぎる「ファッションなんて無駄」という概念、そうです、無駄遣い、的な発想もそうですし、例のミニマム系のシンプル思想、「それができるんなら まぁ そういうシンプルライフのほうがいいのかもね ゴミも出さないし 東南アジアの子供を低賃金で働かせて それが先進国での大量の服の流通に繋がる 資本主義社会に加担しているのだし」という綺麗そうな動機も捨てがたく。

それに 「成功する人は毎日同じ服を着ている」というような(笑) これ有名な話ですけど、故スティーブジョブスは、いつも黒のタートル、リーバイスのジーンズ、ニューバランスのスニーカー…というアップルの遍歴でそのジョブスのスタイルの変わらなさのお写真とかがありますが、要するに「今日何着よう」のように着るものなどのために迷うことを増やしたくない、決めなければいけない「決定事項」を仕事に直接関係ないこういうことで、脳のスペックを使いたくない… ということだったらしいんですね。
これは故アインシュタインさんなんかも同じで 服とか髪型とかどうでもいい、ということを生涯貫き通していたりします。

要するに 自分の興味の持てないものに対して 大事な脳のエネルギーを無駄に使いたくない、というのが その理由です。

なので 「いつも着る服を 制服のように決めて 最小限で着回す」ことの勧め、みたいな話も、近年は目にしますよね。
そのほうが 迷いも生まれず効率がいいという。まぁ、一理あることはあるんです。

但し そこに「成功」という目的が入ってくると、また 分かれ道になります。
ジョブスやアインシュタイン、典型的な アスペルガーの成功した人々の話であって、「成功したいから、脳のCPUの無駄遣い 日々の細々とした決定事項を減らすために」と、いきなり凡人がこの真似をしたところで(笑)それが成功につながる、みたいなことは、おそらくほぼないです^^。
むしろ 人によっては士気が下がり もっと落ち着きがなくなるのではないでしょうか(笑)。
これは、本人がそうしたくて本当に望んでするなら別ですが、ジョブスがそうだったんだし…のような理由で成功者の真似をして、似たようなことをしても、きっとその人には 思い描く成功は ついてこないんですよ。

これが功を奏する人は、「自分の興味の持てることに関しては 驚異的な集中力を 発揮できるが それ以外の興味のないことに関しては まったく無関心で構わないどころか 一切かかわりたくない」というレベルに、その 興味のあることへの集中力を邪魔するものを 自分の世界から排除することをまったくいとわない、というくらい、ハッキリとした 自分で決めた目的意識がある…そういう人向けです。 
向けです、っていうよりも、そういうタイプの状態の人は、可能な限り、そういう生活スタイルになっていくのが、まさに「その人の本質」へと つながっていきますので。

私自身も、上述していますけれど、昔はまさにこういったタイプの 一極集中型エネルギー投入スタイルを 長年やって経験してますので、これが功を奏する世界もわかります。私にも ぷちアスペのケはある(笑)ということですね^^。

但し、潜在能力を発揮するために「必ず そうしなければいけない そうし続けなければなりたたない」というものでもないのです。
これはですね、「本質的に生きるようになると シンプルになる シンプルなほうが優れている」っていうほど(笑)単純な話でもないのですよ。
マルチタスクがその人の本質、というような方も いるはずなので。実際に マルチで成功する コラボで成功する そういう人もいますよね。

何よりも「本人が そうしたくてしている」ことでないと、どこかに無理がありますので、成功法則のようにそのスタイルだけ真似をしても 良い軌道には乗らないです。

それと ジョブスは 服に無頓着だった というわけではなくて、実はあの黒のタートルは、途中から日本のブランドであるイッセイミヤケからの特注のタートルを着続けていたそうなのですが、いつもまとめて50枚100枚だとかそういう単位で 自分用にカスタムされたタートルを 注文して作らせていたわけです。
で、ある時、発注したタートルが大量に納品されてきた時、袖を通してみたところ「今までと生地感が微妙に違う」ということに気が付き、なんと、すべて作り直しを命じて(笑)イッセイミヤケはジョブスのために 同じ生地を探し 全部作り直し納品し直した…のようなエピソードなどもあったりするそうで。
だから、スタイルを変えない、という点では 一見服に無頓着な人 ではあったのですが、こだわる細部は アップルらしく(笑)ものすごく細かい人だったわけですよ。黒のタートルならなんでもいい、っていうわけではなかったのですから、決して 無頓着とは言えないです。(でもリーバイスのジーンズとニューバランスのスニーカーに関しては自分専用特注オートクチュールではなく既製品で大丈夫なわけですから(笑)ほんと偏った人なんですよ)

で、

私はというと、「お洒落をしたいな~無駄買いかもしれないけど」という^^ 買ってもたいして着ないかもしれないものを買うことの無駄さもわかりつつ、なんでしょうね、気に入っているスタイルをできている時の楽しさのようなものは、私にとっては 無駄ではないんだよな… と感じていたわけなのですが。

あれなんですよ、そしたらね。
今の私に いちばん影響力のある アトランティスの過去生 というやつを知り。
その過去生の人物の 仕事以外の「趣味」
それがなんと、「洋服づくり」だった(笑)みたいなんですよ^^

これを知った時に この一年のなるほど感もそうなんですが、
「服って 無駄じゃないのよ」という
そんなですね… 半霊半物質の時代から 服装 いでたち という概念があり、いち存在にとっての 充実エネルギーを助ける喜びマテリアルとして 服が存在していた ということですからね。ちなみに 石なんかの身にまとうアクセサリなどもね(笑)。
(アトランティスの過去生って 全部が全部 今を生きる私達にとって悪影響 ということではないのよ。その人を”活かす”素養、素地、というものも しっかり顕れていると思いますよ)

ということで、「心のままに」

チラ見では 女子を楽しみましょう、のようなことを言っていましたが、これは 世の中的な いい恋愛して いい結婚して いい家族を作って 仕事も家庭も充実成功 友人にも環境にもすべて恵まれた裕福で幸福なマルチウーマン(笑)的な、そういう 絵に描いたような理想像のすごろく一丁上がりな人生を 自分にない蜃気楼を 目指しましょうね、という意味ではなく、 何か女子としての理想のモデルケースになること それを楽しみましょうということではありません。(もちろんですが、そうなれる人は それを楽しんでくださいね)

あなたが描く あなたの 心のなかにある あなたが好きな あなたが楽しめる あなたが居心地のいい女子。
それを、素直に 自分に降参して(笑)自分を認め、心に従って生きましょう、それが あなた自身があなたにくつろげる あなたを活かす道であることが多々あり、それは 隣の人や 友達や 世間で褒められる人物像や(笑)それらとは 違っていてもいいのです。
(だいたい、アスペルガーの集中力 そういった驚異の性質というのは、「成功して 世に認められた人」の場合は 称賛されますが(笑)そうじゃなければ ある種の異常さとしか 周囲には理解されないこともありますから^^。 でも そういう異常っぷりも それをお持ちの方は ご自身を否定しないことです。神がかった人というのは この世では ちょっと異常なんです)

このカップリングは そういうあなたを、表現し、行動するサポートをしてくれるカップリング。ということです。


ロードクロサイト、ロードナイト、ローズクォーツ、センティエントプラズマクリスタルの意味等、ご参考にどうぞ。→「石の意味のリスト」


◆使用素材◆ 

「1」はスーパーフレックスワイヤー、真鍮製パーツを使用しています。ネックレストップはアーティスティックワイヤー(ゴールド、ピンクゴールド)を使用して制作しています。こちらはネックレスからの取り外しはできません。

「2」は7ストランドワイヤー、シルバー925製18金コートパーツ、ゴールドフィルドパーツを使用しています。

ピアスは、シルバー925製14金コートポストピアス、アーティスティックワイヤー(ゴールド)で制作しています。

ワイヤーラップペンダントは、アーティスティックワイヤー(ゴールド、ピンクゴールド、シャンパン)を使用して制作しています。付属のネックレスはシルバー925製18金コート45センチチェーン、取り外しが可能です。

■クォリティと鉱物説明■

各使用ストーン、グレードがそれぞれ違うところもありますが、

「1」のネックレスに使用しているロードナイト、クリソコラ、ロードクロサイトのクォリティは、ブレスの方の、「3」~「5」と同クォリティとなります。
ロードナイトは不透明のロードナイトとしてはこちらは最高品質と言える発色で悪くないクォリティで、ロードクロサイトも透明感があり濃い発色の高品質ロードクロサイト。わずかにブラックラインが入る玉ですが目立ちません。
トップのロードナイト原石は、透明部分が見られる ジェミー原石でキレイです。
こちらで使用している ディプローズクォーツは うっすら透明感がある 非常に高品質な大玉で、このネックレスはその部分がポイント高いです。

「2」のネックレスのビーズ品質は、ブレスの方の「1」「2」に準ずる品質で、いずれも高品質。
トップのブラジル産ロードナイトは、発色が濃いうっすら透明部分もある 高品質ジェミータイプのロードナイトです。

ピアスは ブレスの方の、「3」~「5」仕様と同クォリティとなります。

ワイヤーラップペンダントは、使っているビーズは上記のミックスといったところですが、いずれも高品質ビーズです。
ピュアレイの透明度が高く、同じく透明のセンティエント両剣ポイントとのカップリングで キラキラ度が凄い(笑)ペンダントに仕上がってます。

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page