アーカイブ
2019年06月13日の記事のリスト

新作に着手しはじめてますよ

2019年06月13日 (木) 21 : 25
今日はわんちゃん月に一度のトリミングで代官山へ。
ちょっと予約時間より早く着いてしまったので、近くの公園へ…弥生時代の住居跡遺跡のある公園です。







日本が弥生時代の頃ってすでにヨーロッパ大陸のほうはとても栄えていたんでしたよね?(いわばアトランティス文化繁栄の時代?)ローマングラスという石(正確には石ではありません銀化ガラスですけれど)は、この頃のガラスの出土品ですよね…

ローマングラス、私はわりと昔から好きで、やはりずいぶん以前からお品にしたりしていたこともありましたが。
昔は”天然石じゃない”からか、それほど石市場でウケてはいなかったんですけれど、近年になって、なぜかちょっと人気がようやく出てきているみたいです…

私がローマングラス萌え感あったのは、たぶん、そういうアトランティス時代の何かしらの過去生もあるからなのか?
わかりませんけど(笑)でもまぁ、好きな古代ガラスですね…

(どうせならトリミング後の綺麗なお写真でお見せすべきうちの仔ですけど(笑)ボサボサでございますね…まぁ、日頃代々木公園走り回るとかしていると毛艶がどうとかの世界も^^ナイようなものですよね…)



さて、月末に向けて、お仕事に着手中でもあります^^…こちらは新作です…







エンジェライト…タルク…いわゆるモース硬度が低い低い言われる系の石を使っています。
しかも”夏”…汗もかく時期にこれかよと(笑)いうことで、とりあえずは、毎日、日がな、寝る時も(すでに昨日から)ずっと身につけてみて、どの程度劣化するんだろうか、っていうのを試してみますね(笑)。

モース硬度低くてやわらかいから気をつけてのようなエンジェライト、そんなに傷がつくのか? っていうと、個人的には「あ~傷がついてる~!!」の経験はないんですよね。
私は基本、重ね付けをしますんで、石どうしはがんがんぶつかってますけど(笑)
何年前かしら…水瓶座ブレス、ってことでお作りしたことのあるエンジェライトブレスは今でもお気に入りで、たまに身につけることもあるのですが、それもやっぱりとくに傷もついてないし、表面劣化もしてないし。

モース硬度が低い=割れやすい、ということでもなくて…割れやすさで言うなら、やっぱり劈開性のある石のほうがモース硬度関係なく割れることはありますからね。
ただ、エンジェライトよりも輪をかけて脆いセレスタイトまでいってしまうと、やはり身につける頻度が高いと表面劣化はあると思いますね…
セレスタイトがモース硬度高かったらな~~~の願いを叶えたような石がエンジェライトなので(笑。エンジェライトは脆くて身につけられないセレスタイトの代用石とよく言われます)。

天使の石に癒やされましょう。









ということでイキナリすでに帰り道写真ですけど(笑)

渋谷駅周辺はどこもかしこも工事現場だらけなんです…







高層ビルに月が映りこんでいました…写真だとたいしたことないんですが、わりと実際は「あれはなんだ?!」に観えたりします、こういうの


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page