アーカイブ
2019年04月03日の記事のリスト

生まれる前に決めてきた運命の追記

2019年04月03日 (水) 16 : 55
前回記事の、
「生まれる前に決めてきた運命」の、追記です。

前回記事に「追記」で載せようかと思いましたけど、人はブログ記事の、追記、訂正なんて読まないそうなので(笑)。
記事を分けることにしました。





追記:


これは大事なポイントかな、ということで追記。

その人、その人、の「地球に生まれたら、今回の生では、これやろうっと♪」ということで概ねテーマを決めてきた青写真。

ここに、「善悪」判断、正しい、正しくない、などの、判断や、「この世の常識的判断、この世のものさし」を持ち込むと…

混乱します。

被害者意識や、罪悪感や。そういったものに翻弄されます。

そして、「自分の幸福感や達成感」的なものがわからなくなります。つまり「自分らしさ」がわからなくなります。

自分の決めてきたこと、そして、「高次が本当はあなたをサポートしていく予定の方向、目的地」は、これらは無関係です。

「…いいの? ほんとうに、いいの? 私のしたことは(誰かのしたことは)イケナイことじゃ…なかったの?」

と、目を疑うレベルで…

「それでいい」ことになります。





シビアな言い方しちゃうと、

私たちは別に「誰から見ても、幸福な人」となるために、幸福を見せびらかすために生まれてきたというわけでもありません。

が。

結果的に、魂の目的方向のロードへ入っていき(もしくは、どんなに苦しくても、その運命を納得し)進んでいくと、必ず、魂が目的としていたロードが「なんでそうだったか」の一部始終が、ニンゲン目線では、どれだけ納得できなくても(笑)「必然」だったのか…って思えます。

結果的に、青写真を生きること、それをひとつずつ人生において成就していくことは、「誰もが、その人にとっての、幸福」を、その人にとっての青写真ロードならではの、人生における納得感、深い喜びを得られるようになってます。


生きている人全員が、自分の青写真を、人生の途中で知ることにはなりません。

自分で求めなければ、それを知ることは、ないでしょう。

そうですね…

ぶっちゃけ、「必然を納得するために、青写真を知る」というのは、とってもアリかなと(笑)。

以前私は、「青写真なんて知らなくても、ほんとうの私の生き方なんて知らなくても、高次につながれば、必然的にそうなるよ」って考え方をご披露していたと思います。

実際にそうなので(笑)、とくに青写真など知る必要もないといえばないです。

得てして、青写真は、「本人の、表層の自我の、好み」というわけではないケースもままあるので(笑)知れば「反発心」が生まれることも、人によってはあると思います。

(私は、仮に、20代に知っていたら……ものすご~く、自分の運命に失望したかもしれませんし、自分の運命をより過酷なものと(笑)捉えたかもしれません。そのへん、わかりません。少なくとも、私の場合は、「高次に繋がってから、軌道を変えてから」でないと、納得できなかったんじゃないかと(笑)感じます)

それでも、「運命にはあらがえない」のも事実なので(笑)、反発する、自分の好み、望みじゃない…という感があったとしても、「知っていて損はない」いつか実現する日が来た時に(高次ロードを歩いていった先ですけれど)「納得感満載」になりますから。





ですが、その「納得感」に壁をつくってしまう、問題があることに気が付きました(この3月に気が付き、そこに向き合っていました)

高次に繋がると、人によっては、オセロのように…人生観が変化し、実際の現実が変化していくこともあります。

好きではなかった自分が、好きになったり。

自己肯定感が低かった自身に気づき、手放していくことができたり、そういうことが起こってきます。

それに伴い、現実が変わっていきます。それは爽快です。

それはそれで、いいのです。


ですが、発見しました。

私は「高次に繋がる前の時代の自分」を…

正直、とても嫌悪、後悔していたことに気がついたのです(コントラストが^^ものすごいですから)。


これは苦しいです。

過去に戻って、取り返すことも、やり直すことも、できないのですからね。

「今だったら、そんなことしなかったのに」のオンパレードになるのは(笑)苦しいものですよ^^。


(3月16日の記事でいい映画ですよ、ってご案内していた『グラン・トリノ』という映画は、人間のこのあたりがテーマになっている気がします。最後は…こうするしかこうなるしか、なかったんだろうな…という、のちを生きる愛する人達のために、できる最善を選択したといえる主人公でした。人間は、理想だけでは生きられない世界に生きて、理想の自分を生きられる、そういう実感を持っている人ばかりではない、不可抗力の運命がそれぞれにあると思いますが、必ずそこには、その苦しみやどうしようもなく選択してきた行動の結果にさえ意味があるのですが、その理解に至るのは…自他を赦すのは…なかなか難しいものです…こういう映画を「いい映画だから観ようよ」と私に薦めるうちの人間は、だから私にとっての”先生”なのです(笑)悔しいけれど^^)





でも。

リマさんの「数秘術」で、全体像を把握させていただいたことによって。


ようやく…

「ほんとうに、すべてがこれで良かったんだ」と。感じることができました。

モヤモヤしていた、自分や他者に対する罪悪感的なものや。

今の自分だったら、絶対に、絶対に選択しなかったと言えることなのに、霊的無知により過去に選択してきたことの、数々。

なんでそんな簡単に済んだことがあの時はできなかったんだろう、そうしてあげられなかったんだろう…という、後悔や。
でも、できなかったのです。それが事実です。今だから「そんなこと」レベルに思えるけれど、悲しいし悔しいけれど、当時は「そんなこと」じゃなかった。そしてそれが分けた運命、代償は、とても大きかった。

取り返せない、取り消せない、こういうこと、けっこうたくさんあるのです(笑)。

しかし…

そういう頃の自分をひっくるめて「今」がある、ということへの、ほんとうの意味がわかってきました。

だからむしろ、「手放さなくてもいい」とも言えますね(笑。なんでも手放しちゃうスピリチュアル、ではなくて。ホールドしたままでもいいのです。繰り返さないための教訓として)





高次は、「手段えらばず」「常識の外」で、あなた様を、真の目的を、経験させるように導きます。

怖くはないです^^。ほんとうに高次ロードはお薦めします。

「これをやれば、あなたは、幸運ゲット」的なスピリチュアルに、惑わされないでください(そういうスピリチュアルも、依然、多いです)。

幸運、幸福は、あなたが決めます。認識します。

とはいえ、それは、高次と同調した時に。「そうであることが、理解出来る…という、反応が起こる」というのが、正しいでしょう。

(私がご提供している”石”たちは…この理解のためのサポートに、大変お役立ちなのです(笑)。私がくどくど長年申し上げております「石に出会ってなければ自分はいったいどうなっていたんだろう」の世界…高次に繋がり今があるのは、石にサポートしてもらい石とともに歩んできたおかげです)



これは、リマさんがおっしゃられていたリマさんの経験ですが。

なにゆえリマさんが今のお仕事をする流れになったのか。

大病経験です。

それまでのリマさんは、ごくごくごくごく当たり前に「安定職」で生きてきた、「子供はいい大学に入っていい会社に入って将来安泰、それが人間の幸福でしょう」的な(笑)ほんっとうに、ごくごくそれが当たり前でしょう、それが普通でしょう、的な人生だったそうです。
スピリチュアル、ミエナイセカイ、何それレベルで生きてきた、どちらかというと、そういうものをバカにしていた、ごくごく一般人。そっちがスタンダード人生期間が長かったのだそうです。

得体の知れない大病にお子さんともども見舞われ、そこから、「過去生が観えてしまう」的なことになっていき、病の因を知ることになり、天使(高次ガイドですね)との繋がりを知り、自分を変え、病を解放する、のような流れになっていったそうです。

病を克服したリマさんのもとには、同じようにその病に苦しむ人が当然のごとくにアドバイスを求めてやってきたそうですが。

彼らは「アドバイスと、反対のことをする」「できない言い訳をする」「言われたことをやらない」…よって、治らない自分を選択し続ける…そういう人が多い、傾向があるのだそうです。

ニンゲンって、このくらい…「素直じゃない」です(笑)。そして、頑固です。表層意識では、そんなことない! って思っていますけれど、克服できた人のアドバイスが自分が思いもしなかったことであったり、そこを指摘されたりすれば「自分が否定されている」と思って拒否してしまうのですね。これらは無意識に支配される行動です。無意識にまかせていればだいたい人間そうなります^^。
「その、頑固さこそが(笑)病を作っていることが、ぜんぜんわかってもらえなかった」とおっしゃっておられました。
病ってそういうものかもしれません。スピリチュアル方面から難病を治すのは、テキメンなのに…それが可能なのは、少数、なのかもしれません。

真実は「耳に痛い」こともあります。
もっとも耳に痛いこと、もっとも、自分ができればやりたくなかったようなことをしなければならないことになっている、そういう場合だってあります。

そして、知っても、実際に行動できる人は僅かです。

それでも高次は…ほんとうに、高次ガイドが導くその人間にとって、もっとも身につまされる現実をもってしても「気付きの起きない人」相手に(笑)「気づけ気づけ」と奮闘しています。

うまくいかない現実があるのだとしたら、それじたいがガイダンスでもあり、「なぜこうなのだろうか」の答えは、求めれば、必ず、人を通じてだったり、なんらかのメッセージは送られているのです。

人生で得ているもの、誰かのアドバイス。反発が起きるものであっても、それは大切な高次ガイダンスであることが多いですよ。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

生まれる前に決めてきた運命

2019年04月03日 (水) 00 : 00
4月2日は、HAPPYリマさんによる、『数秘術リーディング』をしていただきに、東京駅へ。

すっご~~~~~い昔のブログ記事で、前世リーディングの記事で、なんとな~くリマさんの名前を憶えておられる読者さんもいらっしゃるかもしれません。
(リマさんサイトはこちらです→スピリチュアルであなたの人生を変える~サイキックリーディングHAPPY☆リマ

対面リーディングをお願いしていたので、東京駅八重洲のカフェでお会いすることになりました。



(お写真は東京駅と東京駅周辺のお写真です)


「生まれる前に決めてきた自分の運命」って…ここまで人生やってきて、いったい何をいまさら聞きたいことがあるのか(笑)の世界なんですが^^。

いやまぁ、人間というのはですね、「これでいいのだ~これでいいのだ~」といくら自分の中でわかっていて答えが出ていようと、そう、もう「人に聞くまでもなく、そうしなきゃ、そうするつもり、それしかないし」がわかっていることでも、なんでもそうですが、その自分が思っている「これでいいのだ~」に関してね、『念押し、後押し、はっぱかけ』みたいなものが欲しい時があるんですよ。

数秘術というのは、「生年月日」と「名前」の数値化されたものから、「人が今回どんな人生にするつもりでこの世にやってきたのか」について、読み解くメソッドです。

私はですね…生年月日は知ってますが、残念なことに自分の「出生時間」がわからないんですよ。
朝か夜か、そういう「だいたいのでもいいから思い出してくれ」と何度母に詰め寄ったか(笑)わかりませんが、「よく憶えていない」という回答以外得たことがありません。ひどい話ですよね。
きょうだいの中で私だけ「母子手帳どっかいっちゃった(だから出生時間は不明)」という不遇さですよ(笑)でも三きょうだいの”真ん中の子”なんてそんなもんです^^基本、昔の日本の”家系の存続”的なものを大事にする概念を持つ親から見ると、いちばんどうなってもいいタイプの存在なんですよね、真ん中って。
そういう点でね、あたしは「古事記三貴子と呼ばれる三神の中でもっとも存在感のない、影のうっす~いツキヨミだな…」っていう幼少時代を満喫(笑)したわけです。まさにこういう感じ^^。「古事記に書かれてさえない」のがツキヨミです(笑)。

よって、出生時間が必須の、星系の占いは、私はすべてアウトです(笑)。

そのため、生年月日と名前だけで「予定人生青写真」の大筋がわかる『数秘』はよかろうと。目をつけました。

『数字』という、自身を特定できるもの、数字ではっきりと顕されたもの。変更できないもの。
これぞ運命というやつです。

今一度ですね、「ふんどしの紐締め直し」の意味もあり、数秘術のリマさんに聞いてきました。





特に「年号も変わるしな」という部分は意識していたわけではないのですが…(その前に申し込みしてましたし)

結果として、今、ほんと、自分は節目というか、そうですね…「山の中腹に立って、来た道を振り返る」のにも、今がちょうどいい時期だったんだな、ということを感じました。

そして…

正直、なんていうのかな~~~自分はまるで「何かに操られているのか? リモコン操作でもされてるのか?」レベルに(笑)数秘で読み解いていただいた「予定してきた人生テーマそのまま」みたいな、つまり、予定人生テーマどおりの(笑)歩みをしてきていたことが、本当に、今回よぉおおおくわかりました。そこを納得しました。

年齢ごとに節目節目で、自分のとっていた行動が…見事に、そのままでしたね。
というかね、「苦しむ予定時期」みたいなものまで(笑)ここいらへんからここいらへんとか想定して、運命の大筋の青写真を描いて生まれてきてるわけなのかい? ってことに、ちょっと笑ってしまいましたね…。

恐るべし、数秘術。

あのね、これ、私もうすでに、第3ラウンドくらいまでは、実際、消化してきているんですよ(笑)。
で、今、第4ラウンド突入のサイクルにはいってきたところくらいなんです。
まぁ、あと残りは、第5くらいまでなのかなと思います。





思ったことは、「これを自分は先に知っていたら、いったいどうだったのかな?」ということもあります。
こういうふうに、年齢などの数値や区切りで示される青写真的なもの(しかも実際にわりと綿密というか…)を、たとえば私は、20代あたりでは、まったく知る由もなかったのですけど、20代に知る運びになっていたら、それはそれで、どうだったんだろう? とは思います。
(私が20代の頃は今ほどこういったスピリチュアルメソッド的なものは、もうぜんぜん世の中にありませんでした。せいぜいがタロット占いとかそんな程度で、あの人は当たる、とかの占い師云々で凄い凄くないと騒いでるような時代でしたから(笑)。ただ、そういう頃に実際、私のその地点からはかなり遠かった20年先の未来を当てたオッサン占い師はいましたけどね^^。20代の頃、私に向いてる職業のことを質問したら「世の中的には生産性のない仕事で生きていけるんだよ、あなたは」と言われ(笑)、そんなことを言われても皆目検討のつかなかった私は「なんですの、その生産性がないって?」と聞いたら「日がなカラオケ三昧の主婦とか。そういう感じ」って言われて「確かに生産性はないな」とがっかりしつつ、そんなことで生きていけるわけがないじゃん…でもそうなるのかな…という期待も多少ありましたけど、実際に「日がな石アクセサリ作りまくりの日々」になってみて(笑)「確かに! 世の中的には生産性があると、一般的に他人に思ってはもらいにくい仕事だが!! 主婦のカラオケ三昧のように、こんな楽しいことが仕事になっている、しかも、それで生計が成り立っているではないか!!」と^^、20年くらい経ってそれを思い出して(笑)驚愕したのです)

「もうそこの学びの時は、本当に苦しかったつらかった…けどその時期は、超えてきて、今がある」っていう地点から、「そうなのか…でもそれさえ筋書きどおり…とも言えたのか…」って知ると。

で、「私がテーマとしてきたことをまさにもう、結局、地道にやってきてますがな」というのを、やってきてみて、答え合わせしてみると。

なんていうのか(笑)…凄いな。のひとことでしたね。数秘、恐るべし(笑)。





青写真やれていて、そうか、これで良かったんだ。と。
これでいいんだ…私も、私たち(私とうちの人間)も。

ふたりはもう、「よくやってきたね。これからはもっと人生楽しんでみたら?」という、楽しんでいい時期に入ってきてるのかぁ…(というか、「数字」はそう語っている)ということにも、「そうなんだ~~~、つか、そうだよね~~~」とは(笑)思いました。

まぁ、「まさに出会うべくして出会った(お互いの人生テーマ的に)ソウルメイト」と言える人じゃないでしょうかね、と、リマさんがおっしゃってくださいました。
私にとっての、人生のテーマにおいての「教師」になってくれている人、と。

ちなみに、「彼はあなたの先生」というのは、自分のガイドにも(笑)以前に言われたことがあります^^。
ガイド曰く、「彼に、”教えて欲しい”って寄ってきたたくさんの人達が、昔、いたでしょう? みんな、彼にお金払って教えて欲しいことがたくさんあったのよ。でもあなたは、その先生を、自分の専属の先生として独占できている特権があるんだからね。ありがたい話なのよ」と…
うちのガイドは、ど~もですね…私びいきじゃなく、彼びいきなところがね、ひじょうに鼻につく(笑)時が度々あるんですよ…
だいたいですね、むっか~し、初めて「ガイドの姿が!! うっそ!! み、観えている!!」経験をまるの日さんワークショップでしたときだってね…はじめて会えて、感動のご対面で、喜びひとしおで…ではあったんだけど。
それでその当時に答えが欲しかったことを、ガイドに「質問」することになったんですけど…それは確か、やっぱりうちの人のことだったかなぁ、質問したんだけど、そっぽを向かれましたからね(笑)。
で、「この仔(亡くなった先代ワンコ。いっしょに顕れたの)を愛して可愛がってたでしょう? そんな感じで、接してみたらいいんじゃない?」という雰囲気を”態度”で示す、そういう「やさしくしてあげればいいでしょ」ニュアンスが伝わってきたんですよね。
初対面で、私の味方じゃない(笑)自分のガイド^^(汗)。
「そんなのわんちゃんにはできるさ。それは当たり前に掛け値なしに。でも相手はニンゲンですよ? 大のオトナのオトコですよ? なんでこっちばっかり歩み寄らにゃならんのだ」と、その時の私は、言うまでもなく、んなこと納得するわけがないじゃないですか(笑)。

だけどね、みなさん…「高次ガイド」って、そんなんよ。こっちの「成長」のためには、手段えらばんよ(笑)。
ほんとにそうだから^^。
でもそういうのが、遠からず、自他のためで。
実際のところは、ほとんどの人の場合、つらい目の前のこと、そのシチュエイションが厳しければ厳しいほど、いわば越える設定の、青写真の試練、っていうケースもあるんじゃないのかな…。


(向こうに見えるのは…皇居?…でしたよね?)


…と、私はたまたま、わりとチャレンジャーなテーマが、自分の人生テーマであったようでございましたので。
もちろん、そういう人ばかりではないと思う。
もっと「ひたすら人生楽しむためにやってきた」的な(笑)人生もあるんじゃないでしょうか。人それぞれだから。

(”カラオケ三昧のお気楽主婦”が^^人生テーマというわけではないです(笑)。そういう、要するに、自分で独立してやっていくタイプの青写真であり、またたぶん、「そうしていなかったら、楽はできたかもしれないけれど、むしろ、心が解放されずもっと苦しかったかもしれない人生」であったかもしれないのですが(魂のテーマを生きていないと、仮に恵まれていて楽ちんであってもそれが苦しくなる人は苦しくなりますので)、「テーマをやってこなかった場合の自分」をこの場合、ちょっと想定できないので…そういうのが「並行世」というやつなんでしょうかね)

色々なこと、ほんっと、色々やってきたんだよな、と。
やったことないこと、できそうにないこと、その中には絶対にやりたくなかったことだって、数々ありましたけれど。それでも、やりました。当時は生きるために。
たくさんたくさん、チャレンジせざるを得なかった苦しかった時代。石に出会う前の時代。
そういう頃にくじけてイジケて死んでなくて良かった(死にたいくらいのときもあったからね)、今、この天職(これも、数秘どおりの、予定の天職だったようです)をできていて、良かったな。と思えました。

しかしこういうのも、ある程度まで「織り込み済み運命」でもあったのか(笑)って思うと…

やっぱりみなさんは、ほんとに、高次ガイドには早めに(笑)「自覚を持って繋がる」が得策ですよ^^。

あと、早めにこういう大筋青写真を知っておく、っていうのも、きっとアリだと思います。
私の場合は、もうこんなトシから知ってもな~と(笑)いう時点で知ることになり、「人生の軌跡を振り返り」的に、ほんと、走馬灯のように(死ぬみたいねまるで)「振り返ってみれば、そうだった、もうその意味は自分でもなんとなくわかってはいた」という、越えてきた苦難やら、そこから天職への流れとなって、そういう確認作業が多かったんですが。

高次は必ず、「もっともその人が知るべきタイミングで、青写真を知るように」仕向けると思います。

今日のこの記事を読んで、『HAPPY☆リマさんの数秘リーディング』が気になった人は(笑)もしかしたら、もうそれを知っていいタイミングなのかもしれません。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page