アーカイブ
2019年04月01日の記事のリスト

昭和~平成~○○

2019年04月01日 (月) 00 : 00
このブログ記事は新元号の発表前に書いていますので、このタイトルです。

好む好まないにかかわらず三時代生きてしまった…ということになりそうで(笑)なんだかこ~わ~い~の世界でもありますね。
ちょうどこのみっつをほぼ等間隔の長さで経験することになりそうな…
これから30年人生があるならの話ですが、一応そこまでの寿命ではなさそうなので(まるの日さんにお伺いした寿命によれば、の話です(笑)。聞けば教えてもらえますよ。あ、無料では無理です(笑)。トータルセルフリーディングに申し込んで聞いてみてください)たぶん、これから始まる「○○時代」においてのワタシが、いちばん短くなる予定です。図らずも聞いてる寿命より多少長くなれば、だいたい等間隔という感じなるのかな、といったところ。

それでも、お伺いしている寿命どおりであるなら、今日明日であの世へいけるというわけでもありませんので^^、まぁ、世のため人のため自分にかかわる存在すべてのために、なるべく悪影響を及ぼさない、願わくば、『好影響』と思えるような存在でいられるように、これからも大事に生きていこう、って思っています。



(新宿クイントビルと文化服装学院の前の桜です)


ここのところ、月末新作オフ月で時間ができたということもあったのですが。

自分の人生において封印していたものを、怒涛のように見る期間でもありまして。

ブログを読んでいるみなさまにとっては、「え? 今頃なの? インナーチャイルドとか? それって石に癒やしてもらってたんじゃなかったの?」という話に聞こえるかもしれませんが(笑)、いえ、インナーチャイルド系については、だいたいカタがついています。
こういうものは、自分が気がついている時点で、都度都度、石もそうですが、現実世界そのものにおいて、「だからこそ、今がこうなんだ」という部分がよく観えますので。
今を良くしていくと、今を常にソコソコ満足のいく状態として生きていると、人間、過去って赦せます。というか、気がついたら、そこに囚われていないことになっています。

常に過去に遠因を求めてしまうと今を生きられない人もいると思います。
なので、そういったものは、とりあえずはヘミシンクなどで言うところの「気になることの保管ボックス」に置いておいて。
『目の前のことだけに注力して日々生きる』のがいいですよ。

私は、石に出会って移行は、過去も未来も考える暇もなく(笑)「今」に費やしてきました。
その結果、自分自身においてはですが、過去も未来も憂うことがあまりない体質へと変貌したことは実際のところです。

なのでほぼほぼ、人生においての『外枠』については納得済みで、過去のトラウマですとかが大きな障害となっていることは、現時点の自分においてはありません。



(日が暮れて夜間ライトアップされてます)


とはいえ、「ヲイヲイ、そんなに菩薩のように、自他を赦しまくってるのか?」と言えば(笑)そういうわけでもありませんよ。

なので、そういうわけもない部分について、向き合わざるを得ないことになっていたのが、この3月でした。



(夜桜もいいですよね)


「問題解決」をひといきに進めたい方も多い世の中かもしれませんが、この世は現在、情報量が凄いので。
昭和の比ではなく。
平成の比ではなく。
進み方が早すぎて、ちょっとついていけないわ…状態になっている方もおられるかもしれません。
というか、それ、私のことです(笑)。
(もともと特にそこについていってない私は(笑)もうなんだかどうしましょう、の世界でもあるのですが。SNSだとかそういう系統ですけれど^^、ごめんなさい、ほんっとソレ系の構築にはトライしようと思いつつ、どうもできずなところがありまして…自分に都合よく「神氣と人氣」の話だとか^^そのへんで、まぁ、「人集めはやっぱり必要なかったな」とは思っているのですが^^。ただまぁ、集めようと思って人が集まるものではないながらに、この世界には「集める仕掛け」というものがあるのも事実で、ネット上で私自身こうやって展開している以上は、最低限のインフラのご用意もそうなんですが、利便性等の追求、”わかりやすさ”のご提供など、本当はやらなきゃいけないかもな物理的世界ももう存在していることもわかっておりまして。これは、私がPSWを始めた当時の比ではないレベルで、世の中じたいの変容は凄いものがあることは知っていますので。まぁ、そこは揺れなくもないですよ)



(「春系ブレスで気分盛り上げ」とかアパレルなら言いそうなところですが(笑)でも気分が上がるのは実際のところなので、これらはお薦めですね)


話がズレましたが(笑)まぁ、そういう目の前のことと、もう目の前にはない過ぎたことと。
すべては一応、全部「ある」のは事実なわけで。
その中の、「ままならないこと」と「ままなっていること」(これは自分から見ての主観です)とがあり、どちらかというと人間は、「ままなっていること」へフォーカスして生きていると、ままなっていなかったことも次第にままなっていることの世界の方へ移行してくる…という経験、これが、石に出会って移行、自分が積み上げてきた「時間かけるメリットのメソッド」とも言えます。



(自分の感情が上手に感じられない、自分に湧く感情そのものへの嫌悪感があったりすることも、人間にはありますが。その複雑なブレンド感を持つ人を楽にしてくれるヒーリングストーンたちだと感じます)


何言ってるんだかわからない…という、「テキストベース」の伝達が、ますます有効性を持たない(全体レベルでは日本人の読解力は低下しているそうなのと、文章理解の集中力を保てない人間が増えているそうなので)分離の世界に拍車がかかってきそうな、○○時代ですけれど(笑)。
スピ盛り上がり時代の”ワンネス”風潮はいったいどこへやら…まぁ、ここがポイントとかラインマーカーさえこちらが引いてあげないとわかっていただけないという(笑)ネット上はそういうブログサイトも増えていますでしょ? それがワンネス、平等、人への心配りとも言えるのかもしれませんし、「だいたいの人にわかるように合わせる」のは大衆心理操作の基本なのですが、私の場合は、そういった大衆操作じたいをそもそも好みませんのでね…。

○○時代。そんなに長くもない(私にとってはですけど)予定なので。
がんばって、伝わる人には伝わるように。石のことをお伝えしていく予定でおります。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page