アーカイブ
2019年03月07日の記事のリスト

結局、『安定』を求めるのなら

2019年03月07日 (木) 22 : 14
この世では「安定」とか「楽」とかそういうのが好まれますし。
まぁ、ここいらへんは、人類が普遍的に求めてきているのに、なかなか得にくい現実ながらに、「得ている人もいる、ように見える」世界でもあります。


「レムリア的繁栄」ブレスレット

いえね、これからあたしは例年のアレ、確定申告作業にピッチを上げなきゃいけませんから、3月末新作はオフだから♪ って遊んでいられるというわけではないのですよ(笑)


「レムリア的繁栄」ブレスレット

これがない『安定した会社員』とか『公務員』とか、この部分ではやっぱり「楽」だと思う。(”安定した”会社員じゃない会社員もあるから^^。ここではあえて、”安定した”を使います)
その点では羨ましい。
この面倒さが嫌で、「決まった給料もらえればそれでいいんだよね」っていう人もいるんじゃないのかな。
っていうレベルで面倒くさいことは面倒くさいです。


「レムリア的繁栄」ネックレス

いえね、以前、等価交換ワークショップ(「亜空間にとどまっている感情の落差エネルギー」を「今、現実の自分のものにしましょう」という、つまりそれを「こっちで換金する」みたいな(笑)まるの日さんのワークショップ)というのに行った時に、まるの日さんが言ってたんだけど、「親が公務員の自分には、その落差エネルギー(いわば感情の貯金みたいなもの)が少ないから大変」的なことをおっしゃられていたんですが^^、…この意味って、わかります?


「レムリア的繁栄」ネックレス

公務員とかって、基本、「将来の心配だけはない(日本がこのままそこそこいい感じで続く限り)」職業と言えますよね?
内部では、それなりにきっといじめなんかもあったり(笑)、派閥とか、権力争いはあるのだろうから、そこでの立ち回りは必要なんでしょうけれど、基本は「いちど入ったら、定年まで大丈夫。その後は恩給ありまっせ」的な、安泰系の職業ですよ。「我慢代」と引き換えに(笑)これになりたがる人は多いですよね。まぁ、その気持もわかります。
今の日本では、それが「我慢にならない人にとっては」とても美味しいドリームチケットだよね(笑)。


「スピリチュアル・マスター」ブレスレット

ただそのぶん、「感情の落差」じたいは…人生に起こりにくいですよね。
つまり、ふつーの人が、戦々恐々とする、失業とか、年収大幅ダウンとか、普通の社会に生きていると、時々、経験しなくもないような、恐ろしい目に合わない保証が一応あるから。
「自分は大丈夫」っていう刷り込みが潜在意識の中にある日常を送れる、っていうことは、それだけまぁ、日常に「感情の落差」じたいは発生しにくいわよね。


「ハイオクターブ・チーム~Sentient Plasma version~」ブレスレット

人氣とりまく世界では、この「感情の落差」が(笑)エネルギー換算されるところはあるわけで。
だから、世にいう「苦労した人、困難乗り越えてきた人が、成功する」ケースっていうのは、この感情の落差エネルギーを上手に生かしてきた人とも言えますし。
また、親が苦労してる人とかの場合、親以上に苦労することはやっぱりあんまりないようなところもあるのだけど(それはちゃんと親が間違っていたことを教訓にできる人の場合)、親が未完の感情落差部分を埋めるような感じで生きるようになる人も、ある意味、その感情落差部分をひっくるめて「使える」立場にはいるので。
そういう点では、「ものは考えよう」で、ちょい難あり(笑)な生まれ育ちであっても、こういう点では、よく出れば、平凡な恵まれた生まれ育ちの人よりも、がっつりアドバンテージはあることになりますよ。
見えないけど、資産持ってるようなものです。


「ハピネスロード」ブレスレット

どっちの「安定」が向いているのかは…
実際、やってみないとわからない(笑)というのが人生だったりしますね^^。
あと、どう考えても「恵まれていない」場合も、「恵まれている」場合も、それぞれ、与えられたもの(というより、「合意して生まれてきている」らしい、ソレ)を、そこを受け入れて頑張るしかないんですよね。
(世の中には「本人にとって恵まれていること」を受け入れたがらない、あまのじゃくさんも多いです。その人ならではの「才能」などもそうです。自分の利点をすっと受け入れられると、利点じゃない部分にこだわって停滞していた時間が嘘のように、先に進み、ものごとが回転していきますよ)


「愛され女子系(スタンダードモード)」ネックレス

ただ、たぶんすっごい将来(次の次の世代くらいかも。だからもう今生きている人はほぼ生きてない)は、なんの職であれ役割であれ、みんな一列一平の公務員みたいなことに(笑)なってくんじゃないかな、という気がします。
つまり、「生きるための安心保証」がとりあえず支払われる社会ですが、「ナマケモノもいない」社会ですよ。
要するに、適材適所が、その人にも、まわりにも、ほぼほぼ筒抜けの社会です。
これはいわゆる「霊界スタイル」なんですが(笑)より、未来の地球上の人間というのは、そっちへ近づいていくでしょう。
(今現在も、実際はそういうところもあるんだけど、霊界ほど完全なヒエラルキーではないですよね)


「ハイオクターブ・チーム~Sentient Plasma version~」ネックレス

それが「なんとな~く面白みがない」から、アトランティスは最後はエゴに突っ走る惨状へと傾いていって崩壊したのだろうし(笑)、そのアトランティスの流れで人類は「競争社会」というエキサイティングな社会を創り上げてきたんではないだろうか、って思います。


「ハイオクターブ・チーム~Sentient Plasma version~」ネックレス

「恋愛」なんかも、結局その範疇のイベントね。
感情の起伏、感情の落差が、人間にはきっととても楽しかったんですよ(笑)。
これをいつも求めてる人には、結婚なんて、ものすごくつまらないからね。
(現実の結婚は、いわば「契約」ですから。つまんないからって、相手をぞんざいにできない仕組みになっているので、軽々しい我良し行動(不倫とかそういう)を取ると一生の不覚レベルになりますからね。結婚している人はそこを心していかれるといいんじゃないかと思います)


「ハピネスロード」ネックレス

人生そのものに「ドラマ性」がある、それは、感情落差があればあるほど、ドラマ性はあります。
「平穏、平和続き」では(笑)実際のところ、「飽きてしまう」人も多いのかもしれません。
(なのに、結局求めるものは、平穏、平和へ行き着くわけですが)


「ハピネスロード」ネックレス

きっと、「神様さえも」この「つまんないな~、なんかおもしろいことないかな~」ってやりかたで(笑)万物の創造とつくりかえをし続けていたのではなかろうか…と思えるのが、「創造神話」の世界ですよね。
古事記なんかもそうですが、いっときも、心休まる平安時って、ないような展開が繰り広げられてきていますし。
(「残虐」「不公平」「不条理」満載とも言える、また「ヒーロー」「神がかり」「ミラクル」だけを神性と同一視しがちになる書物、それが古事記)


「ハピネスロード」ネックレス

…というつまんないこと言ってないで、仕事をします。
あ~めんどくさ(笑)。(って言ってると、めんどくさい時間になっちゃうので、「これすっごく楽しいわ~♪」と言いながら自分の脳をだましながら(笑)カネ収支の世界に没頭します)



「ハピネスロード」ネックレス


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page