アーカイブ
2019年03月の記事のリスト

セレナイトのワンド

2019年03月28日 (木) 00 : 00
こちらは、ちょっと変わったセレナイトのナイフ型ワンドの彫り物です
実際のプロのヒーラーさんも使ってるそうですよ…(小道具はなくても、できる方はエネルギーヒーリングはできます…でもたぶん、こういうのあったほうがそれらしいし、実際にヒーリングがたぶんやりやすいと思われます)
けっこう先端は鋭利なので気をつけないといけません





実は最初にこれ見た時はちょっと「ヲイヲイ^^」と正直、引き気味だったんですが(笑)。
なんか「悦に入ってこういうのってどうもね…」という、自分には”なりきれない”ところがあるわけですよ。
私は石のワンド否定派どころか^^肯定する立場にありながら…実際に”魔法の杖”とか気恥ずかしいというのか、そういうところはあります…こういうのがちょっとこっぱずかしいっていうのも、一種の囚われではあります…
よく考えてみるとね「水晶ポイントのワイヤーラップ首から下げる」これは実はミニワンドなわけで(笑)私は魔法の杖を認めつつ「そう見えないようにカムフラージュ」されたものを作っているというわけ^^です。

そんな明らかに自分の中にある矛盾のようなもの(正直じゃないもの)に対しても認めていくには、「澄み切った状態」ってなんなのか、それを知るというより、それが必要です。
セレナイトって、その状態を助けてくれる石です。

あとから妙にこの形状のセレナイトが欲しくなりまして、購入に至りました

なぜなら、本当に、セレナイトはあらゆるホワイトストーンの中で「浄化力ぴかいち」の優秀ストーンだからです。
(「セレナイトの石の意味」の時の撮影用セレナイトとしても(笑)この彫り物はいいな、というのもありました。と言いながら、その石の意味用写真はまだ撮っていません)

実際に自分も、こういう形状ではなくいたってシンプルな棒状セレナイトワンドを、昔から瞑想サークル形成に使ったりしておりましたけれど、とても良いですよ。

セレナイト敷き詰めて(ぐるりとセレナイトワンドなどで身体を囲んで)その中で寝る、っていうだけでも、マイナスエネルギーデトックスに効果的です。
それだけの数のセレナイトがない場合、水晶ポイントも良いですが、今はおおきさのあるクリア水晶ポイントのほうがわりとお値段も高いですので、比較的大きさあってもお値段の手頃なセレナイトワンドのほうが、その用途のためだけでしたら、おすすめかなと思いますので、セレナイトワンド、探してみてね。







こちらのナイフ型のワンドは、パワーストーンワークスでは同じものがもう一点あります。

2点とも自分で使おうかしらと思っていましたが、欲しい方がいらっしゃるようでしたら、お譲りします。

ワンド全長23.5センチで、刃の部分の最大幅は3.8センチです。けっこう大きいですよ。

価格は6,480yen(税込)+送料となります。(割引等はありません)Soldoutとなりました。ありがとうございます。

ご希望の場合は、『アクセサリご購入フォーム』よりお申し込みくださいませ。

(お申込みがなければ予定通り、ふたつとも自分とこで使います)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

アトランティス的~レムリア的

2019年03月27日 (水) 00 : 00
一日でどっちへも移動できるのが東京の凄いところかもしれません(笑)



都内のとある駅です(住んでたり通勤してる人はわかるかも)



改札は出ていますが駅構内といえばまだ構内…なんとワンコ歩かせてる人が(笑)



個人的には微笑ましくは思いますけど、なんかワンコがいるのが妙に不自然な空間でした…



そして今や私には似つかわしくない(笑)高層オフィスビル…(目的地はここ)



そうねこういう素敵なオブジェとかねあったりするんですよね…



ちょっと疲れる社会見学(ってわけでもなかったんですが^^結果的に)を終えて



ところ変わって



代々Parkはほぼほぼ桜がもうすぐ満開かという感じでした…桜ってすごいねいっきにいくよね



すでにお花見の人々もけっこういましたよ



今週末あたり天気予報ではちょっと気温は下がるみたいですけど(『花冷え』とか言いますね)、きっと桜は見頃になっていると思われます



今年は想定されるのであろうお花見で訪れる人々のために、公園内には巨大ゴミ箱だけじゃなく仮設トイレまで増えていたり、いたれりつくせりでスタンバイされていますよ(毎年なにかしらこういうのがさりげなく増えていたり変わっていたりします…たぶん学習しているのね公園運営側が)おいでませ代々Park状態になってます



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

グランディディエライト

2019年03月26日 (火) 00 : 00
そろそろニューフェイスのご案内しとこうかしらということで…「グランディディエライト」…たぶん一度聞いたら忘れない名称かな…ニューフェイスなんですが、宝飾方面では昨年あたりからちらほら見かけるかなりな超希少石です…このビリジアンブルーグリーンというのか…なんとも…個人的にもともと”ブルー・グリーン萌え”なので、よりうっとり度高い発色…



グランディディエライトの宝石ルースはスワロの(スワロで例えるなよと^^)カプリブルーですとか…トルマリンのパライバトルマリン的色合いです…そしてそのパライバトルマリンなどもそうですが、グランディディエライトはベニトアイトなんかとも並んで”超希少宝石”と言われていますよ…



なにしろ、2014年~2016年にかけて採れた原石がわずか800kg、その中で得られた透明な宝石部分が60gだそうで。なので、1カラットを超える大きさの宝石じたいがなんと僅か10個、って話です。(これ、マジバナなんでしょうか???)
この石がビーズで出てくるなんて(笑)まずないなと思っていましたが、奇跡的に出てきました(ということでこの石、けっこう高額です)



残念ながらいわゆるジェム系ビーズのため「1ミリゴムが通らないビーズ」なので、ゴムブレスは難しいと思われ、ワイヤーアクセになる予定ですけれどね…宝石ルースでは0.2カラット前後(サイズにして3ミリ4ミリ弱くらいのルース)が主流サイズの石ですので(そのサイズでも当然お高いっすよ)「1ミリ穴をあける」ということはそれだけ「原石を削って無駄にする」ということでもあるので。まぁ、1ミリ穴などあるわけがない理由もわかります。



極上宝石ルースまでの品質ではないですが、グランディディエライトでこのサイズはちょっと「ないわ~」と言える威張れる(誰に?^^)サイズだと思いますよ^^



(こちらはグランディディエライト原石です)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page