アーカイブ
2019年02月16日の記事のリスト

石の意味~マイカ(雲母)ファミリー~

2019年02月16日 (土) 21 : 32
雲母グループにはモスコバイト(白雲母)、バイオタイト(黒雲母)、ゴールデンブラックマイカ(金雲母)、レピドライト(リチア雲母)、フックサイト(緑雲母)等々、があります。

鉱物としてのマイカはもっとたくさんの種類があるようですが、主に原石やビーズで流通するものではこのへんがあります、ということです。
フックサイトinクォーツ(グリーンアベンチュリンとして流通していることもあり)や、近年は、「セリサイト(絹雲母)inクォーツ」などの水晶中に雲母が入る石などもレアストーンとして流通しております。

マイカ7_convert_20190216211227

モスコバイトとは白雲母のことを言うのだそうですが、天然石ビーズのモスコバイトと言えば、お写真のマンガン由来のレッドタイプのものがモスコバイトの名前で呼ばれています。

マイカは日本語では雲母、または「きらら」というかわいい名称があります。
”千枚剥がし”という異名もありますが、これは雲母が幾重にも薄く重なって結晶している鉱物で、いくらでも剥がせるところからついた名前で、その結晶の薄さが凄いです。”分子が一列に並んだ状態”で結晶しているのだそうで、その厚みは1ミリの1000分の1なのだそうで(薄すぎて肉眼ではわかりません)。
雲母は熱と電気を通しにくい特性を持つことから、耐熱材や絶縁体として産業利用されてきた鉱物だそうです。
絵の具の材料として、自動車や建造物などの塗料の材料としても、使われることがあるようです。

マイカ1_convert_20190216210830

モスコバイトの一般的に言われる意味は、「疲労回復」など、疲れた状態からの回復や(これはもともとマイカが石薬として漢方の世界などで使われてきたところに由来しているのかと思われます)「マイナスなエネルギーからの保護」というものや(これはマイカが実際に電気を通しにくい物質である点から由来すると思います)「集中力を生む」「新しいことへの挑戦をサポートする」「目標達成の後押し」などなどです。
ヘブンさんでは、モスコバイトは「斬新さの石」ということで、いわゆる固定観念に縛られた状態からの脱却、ひらめきの頻度を増やし、「未来の時間の流れに同調することを援助する」という高次同調路線を促す石であり、サイキックセンターを刺激する、「スピリチュアルガイドの提案をスムーズに受け入れること」を促す石であることが言われています。
(モスコバイトではなくゴールデンブラックマイカのほうに、どちらかというとこのヘブンさんが言ってるような意味が日本では”充てがわれている”ように散見される感じがします(笑)。どっちもマイカなので、まぁ、いいのではないでしょうか…)

マイカ2_convert_20190216210911

マイカは、なので、「いちじるしく脱線しているな…」という状態に陥っている人や、「ノーアイディア状態に息詰まっている」状態の人などにとって、「”はっとする”ような際立った効果」が感じられる石…ではないかしらと思います。

そうではない人には、今ひとつピンと来ないところのある石かもしれませんが、実際に、確かに「本来軌道に戻す(”未来の時間”の流れのほうに連結する…という感じでしょうか)」というか、なにかどこか本調子じゃないな、という状態からのスムーズな脱却を助けてくれるところがありますので、ひとつ持っておくと(笑)そういう時に大変役に立ってくれるタイプの、常備薬的な石かなという感じがあります。

マイカ3_convert_20190216210940

いわゆる、「ゾーンに入った状態」その人の潜在能力が発揮される状態へスムーズに入れるヘルプをしてくれますので、不調時に大変役立ってくるところがあると感じます。

年がら年中不調(笑)で、自分のその「高次同調ゾーン」がよくわからない…という方もいらっしゃるかもしれませんが^^、たとえば、アイディアを出していかなければならないお仕事の方、モスコバイトは、芸術方面やクリエイターさん向けの石と評されているところがあるのですが、「煮詰まる」という状態を知っている方だと、それがわかりやすいのではないかと思われます。

そういう「あ~何にしよう、どうしよう」感から、さらりと「ゾーンへの移行」を手伝ってくれるので、物事がスムーズに運びます。

マイカ9_convert_20190216211335

こういう、”クリエイターさん向け”みたいなことが、よくこういった石の意味などでは謳われているのですが。
クリエイターさんだけでなくても、「毎日の晩ごはんのメニューを考える」…という、これだけでも、実際にアイディアを要する話ですよね?
だけど、それが「煮詰まる」ことってあると思うんです。
今は、共働きの方も多く、分業制だから、自分一人がご飯担当じゃないし…みたいな方も増えているのかもしれませんが、そうだとしてもおそらく多くの女性がどちらかというとやっぱりご飯担当なのではないかしらと思いますが、「あ~今日何にしよう」みたいな煮詰まり感とか(笑)ありませんかね?

ただこれは、意識として、「ちゃんとやろうとしている」、そこに取り組む姿勢があるのに、「煮詰まる」状態でしょうか。
最初から、いい加減でいいや、っていうタイプのことには、その「煮詰まり感」をはなからそもそも避けているというか、煮詰まらないためにいい加減にやっている類の意識ってあると思いますので。そこではないですね。

(だからですね…「ゾーン」以前に、まずそもそも「挑戦しているかトライしているか」というのもあるのですが。ここがうまくいってない感は、挑戦していないとわからないところもあるにはあるような気もしますので。。。ただ、マイカはおそらくそういう「未挑戦の恐怖感、倦怠感」ももしかしたら「祓う」石じゃないかな、と思いますので、その手の方にも有効かなという気はします)

マイカ4_convert_20190216211015

スピリチュアルな教えでは(笑)「今、目の前の、あなたのできることやるべきことを淡々と粛々と真摯に行う」ことが、高次街道へ繋がっていくと言われます。

これを言ってる人がそんなにいるかというと、実際には、スピ分野では目立ったところでは一名の方しか知りませんが(笑)私もそれは同感です^^。
というか、「結果として自分がやってきたことがソレだった」から(笑)というのもありますが^^。
自分ではそう意識していなかったけれど、やってることは地道という、昔もっとも私が嫌いだったスタイル(笑)で、そうなんですよ、意外と高次街道は地味です。
その地道さ地味さの中に、「えっ」みたいな神がかりとしか言いようのない魔法が隠されているところが凄いのです。
(ちなみにこういうのは、今は、スピ分野というよりビジネス分野のほうでも、似たり寄ったりなことが言われてますよ。あれこれ手を出さずに「ひとつをじっくりやる」「うまくいく方法はあなたが知っている」的な、ヲイヲイ、これスピリチュアルでねぇの? みたいな(笑)話を、ビジネス方面の一線の人々というか、成功してる人が言ってますね)

やることじたいは地道だしわりとあっさりした世界なのに、そこに「魂の道」とかちょっと素敵な表現が加味されて(笑)「魂路線を歩こうよ」と煽る人たちがいますんで(自分もそうだし)、なんだかものすごいわっくわくの「変容の世界」が待っているかのように期待しちゃうのかもしれませんが、実際は、地味ですよ。

普通に「飽きる」みたいなことも起こってきたり、自分の怠け癖みたいなものも出てきたり。

常に常に、ポジティブな精神状態でいられることが高次街道です! ということでもありません。
(「ポジティブじゃなきゃ」ということでもなく、どちらかというと、むしろ、過剰なポジティブ意識は不要というか、自分が今、「ポジティブなのかネガティブなのかを氣にしていない状態」というのが…強いて言うなら、高次と同調している状態と言えるような感じがします)

マイカ5_convert_20190216211056

人間はポジティブ状態こそがもっともベストな結果を出す状態であると、どこかで勘違いしているところがありますので、いわゆる高揚感や喜びを求めて、その幸福そうな状態こそが高次街道に乗っている状態なのだと思うのかもしれませんが、その「ゾーンに入っている状態」の時、つまり、「ハートの中の人が表に出てきて仕事をしている時」すなわち「神がかっている時」というのは、そもそも、自分の我みたいなものがもっとも静まっている状態の時なので(笑)その真っ最中というのは、実はあんまり「何も考えていない」というのが実情です。

経験後に振り返って、「その居心地の良さ」に対して、「我という個性」を持つ、さまざまな人が、なんとなく共通する意見を、あとから「こういう感じ」と話をしているだけです。
で、概ねそこには、過不足のない「幸福感」「充実感」のようなものが、実感として感じられるので、後付でその感じられる状態を語っているわけです。
(この話は、たぶん、今までにもしていますよね…「石アクセサリをつくっている時ハートの中の人が出てきて仕事してくれるんだけど、残念ながら、あたしじたいはそういう時は引っ込んでるから、なんでそうなってるのかがメカニズムがよくわからないんだよね」ということを(笑)よくお伝えしていたかと思うのですが^^)

その状態を作り出すための下地が、日常のメディテーションの習慣ですとか、祓い(浄化)ですとか、そういったことをコツコツ地味に習慣づけていく行為の繰り返しの中で身についていくものであることは、きっと多くのスピリチュアリストの方はおわかりでいらっしゃると思います。

マイカ6_convert_20190216211133

マイカは、この「ゾーンに入った状態」にインスタントに(笑)スっと移行できる、ヘルプをしてくれます。

修行僧じゃなきゃ得られない境地…
という「摩訶不思議な特殊なトランス状態」を(笑)夢見ないでくださいね。

高次との二人三脚状態は、そういう巫女さんですとか、「なんかが降りてくる」的なことを期待していない状態にある時に訪れます。
その状態をつくってくれます。

マイカ8_convert_20190216211307

なので、そういった、メディテーションがいいとか、浄化だとかを、日常がんばってるんだけど…今ひとつ、なんかわからないな…自分が変化していると言えるのかがわからないという方にも、もしかしたら、なんらかの体感というか、この「高次一体ゾーン感覚」を掴むきっかけを作ってくれる石かもしれません。
(意外と「こういうことだったのか」と(笑)、もう自分はソレ経験していたな、っていうことにただ気がつくだけかもしれませんが)



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page