アーカイブ
2019年01月07日の記事のリスト

石のバイプレイヤーズ

2019年01月07日 (月) 00 : 00
このバイプレイヤー(脇役)というのは、和製英語なんだそうですね。
石の世界にもまさにこの”名脇役”とも言える、また、本当はメインプレイヤーなんだけど、脇にまわることでもその全体の存在感、エネルギーを増幅させるタイプの石とかあります。
脇も主役もどっちも張れる石は多いです。



今年も、そんな石たちを続々ご案内していく予定です。



一般的には人間の世界(主にアトランティス的な)では、「主役級」でイメージする世界は、「あの人はいるだけで華がある」のような、また、その存在がなぜか人を惹きつける、人をワクワクさせる、目立つ、気になる、その人を知りたい見たい、それが上じて”自分のものにしたい、自分の何かにしたい、自分もああなりたい”(笑)と、一見は人に好意的に思わせるような、存在を支持される憧れられるような存在が「主役級存在」と言えるのかなと思います。
(この逆の”アンチな感情”を呼び起こす存在も、ベクトルが違うだけで、別の意味での主役級でもありますけどね…それを本能的に人間は知っているので、時々「わざわざ人に嫌われることをする、人に嫌がられる人に好き好んでなろうとしてしまう」なんて不可解な行動をする人もいますけれど、それが、人の関心を引く方法だということを無意識に知っているからだと思います)



石の世界は、実は、こういうことではないのです。
こういう成り立ちではないから、神氣的存在(笑)なのです。
私はその昔…石に開眼した時に、そこを感じ取り、脳内スパークした、頭の中に電球マークが灯ったわけです。



「彼らは、この世で私が”世界はこういうもの”と思ってきた次元とは別次元にいる」
そう感じましたし、やってくるのはすべてそういうメッセージであり励ましでした。
(だから、人間世界における人間の励ましの感じとは…ちょっと違っていることもあります)



みなさんにもそれを感じていただきたいし、そういう石のご案内のしかたを、今年もできればな、って思っています。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page