アーカイブ
2018年01月23日の記事のリスト

一夜明けると

2018年01月23日 (火) 18 : 23


雪はこんな感じ。道は早々に雪かきがされて結局長靴いらずとなっておりました。
うちのほうは前回もそうだったんですが、大雪明けは早々に一斉雪かきされる町内の皆様のご尽力があって、歩道がアイスバーンにならない状態が維持していただける…そういう感じなのです。
これ、前々回大雪の時の教訓なのか? その時はアイスバーンまみれで大変だったことを記憶しているのですけれど。
でもその次にはそれを学習し、もうそうじゃない状態ができていることに、前回の大雪明けには感動したことを憶えていましたが、今回もやはり同じくでした。(ちなみにこれはその手の町内放送があるとか、ぜんぜん、そういう自治体が絡んでそういうことやってる、みたいなわけでもないです。それぞれがそれぞれのビルや家の前を綺麗に自発的にやっている…そんな感じなのです)
その時も今回も思いますが「自分はとくに何も雪かきとかお手伝いしていない…」というのが実態でして。
ほんとにほんとに、なにもしていない自分、なにもしていないのに、快適に普通に歩ける道を用意してもらっている、そういう自分を、今回も思いました。
あいすみません…ほんとにどうもありがとう…って思いながら、道を歩く感じ。

近接商業地域だから、というのもあるのかもしれませんけれど。
用途地域では近接商業地域って一見住宅購入の際に嫌われる場所だと思うのですが、何かの時にはこういう良さもありますよ。
自分ち、ってレベルだとなんかかったるい、面倒、って思うことでも、いざそれが「仕事」だと(笑)人間て(とくに日本人)行動する習性があるから、わりと街自体の小奇麗さが保たれているところがあるのです。商業ビルや商店の前の道路や周辺って、みなさんちゃんと綺麗にしますでしょ? 綺麗にしておかないとお客様が入ってきてくれませんからね。
うちはその近接商業地域のいちばん外れの立地で、通り一本向こうからは住宅地域になるのですが。
お写真方面は確か二種低層とかの用途地域。明治神宮傍だからでしょうね。なのでうちのマンションから向こう側はこういう高層の建物が立たないという、凄い好立地なところなのです。まぁ別にあたしの持ち物ってわけじゃありませんけど^^。

明日はまた、月末お品のお写真を載せます。
雪の話で長くなっちゃったら^^とりあえず、記事を分けます(笑)。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

雪がものすごいことになっていますが、新作風景

2018年01月23日 (火) 00 : 00
こちらはうちから撮影した外の風景



写真に撮ると星みたい



綺麗…ってまだ外に一歩も出てないわけなんですけれど(笑)。昨日は外に出ませんでしたから。長靴出しておかなきゃ…(一昨年買った長靴がようやく日の目を見ることになりそう。買ってから一回も履くことない歳月が経過していたわけですね。つまりこういう大雪はいつ依頼なのでしょう)



ということで、わんさか新作の一部をお披露目~



カップリング的には、セレンディピティですね。久しぶりですね



豪華ブラックダイヤモンドの大粒(笑)そうなんです、大粒ダイヤモンドビーズ…やばいよやばいよの大粒です…これより小さいサイズのブラックダイヤモンドビーズも今までにも今回も使っていますが、こちらで使っているのは一回りそれらより大きいカッティングされたブラックダイヤモンドビーズ。高いですよ(笑)と先に言っておこうっと。値段にびっくりされちゃうと困るから。



ブラックダイヤモンドについては、「凄いよ凄いよ」と、ロバさん以上の大風呂敷で騒いでいる石屋のお嬢さん経営者さんも(笑)いらっしゃいましたね。たまたま検索していて見つけましたが。このお嬢さんも大風呂敷商法で(笑)がっつり固定ファンがいらっしゃる方みたいで、飛ぶように「デカダイヤビーズ粒売り」が^^売れていたようです(ちなみにブラックダイヤモンドビーズ”一粒”で7万くらい。そういう石なのよ、ダイヤって。それでも大きいダイヤモンドということを考えると決して高すぎる~ってわけでもありませんがな)。粒売りで売っているのはおそらく粒売りで売るしかなかったから^^なんでしょうな~。わかります~。さすがに値段が高すぎてブラックダイヤモンド大粒ブレスなんて、普通の人には売れないもんね、たぶん。



個人的になんとなく感じることですが、ダイヤというと婚約指輪、的に、これから既婚者になろうかみたいなところを人生の幸福のピークとして扱う商法的に(笑)特別な時の演出に最高のものを、って感じで使われている石ですが。
(宝石の国という漫画でも最強の戦闘力を持つ「ボルツ」ってキャラや「金剛先生」に象徴されるような感じで、最強っぷりが表現されているようですが、この漫画は「モース硬度基準」でそこを表現されているところもあるようですね。ただ実際にそのモース硬度そのものに、この三次元世界でのエネルギーレベルが比例するような面も、確かにございますが。なんだかんだ言ってこの世は物質世界ですから)



ダイヤモンドは、既婚者未婚者関係なく、どっちかというとそういう愛する人とのこれからの幸福~~~程度のレンジの話なんかだけではなく、人生の端々で使っていただく、パートナーにしていただきたい、有能な石ですね。エネルギーレベル能力レベルを上げる(漫画だと戦闘能力のようだけど)石ですから。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page