アーカイブ
2017年11月30日の記事のリスト

「True Voice」ネックレス

2017年11月30日 (木) 20 : 29
「True Voice」ネックレス
◆スペック ネックレス長さ65センチ シルバー925ペンダントトップ全長6.5センチ
◇soldout
◆使用石 
◇ペンダントトップ「ブルートパーズ10×10×6ミリブリリアントカットルース、8×6×4ミリオーバルカットルース」「ブルークォーツ25×15×10ミリドロップカットルース」
◇ネックレス◇「ウイグル産アマゾナイト7ミリ丸玉」「モザンビーク産アマゾナイト6.5ミリ丸玉」「ペルー産アマゾナイト6ミリ丸玉」「ブルーアパタイト4ミリ丸玉、6×5×4ミリオーバルタンブル」「アクアマリン8×8×4ミリコイン、5×3ミリボタンカット」「ブルートパーズ6ミリ丸玉、4×3ミリボタンカット」「ホワイトトパーズ4×3ミリボタンカット」「アクアオーラ6ミリ64面カット丸玉」「センティントプラズマクリスタル8ミリ丸玉」「水晶48面カット丸玉」「シルバー925 3ミリカット玉」



_________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

こちらはもう見たままというか、説明不要ですね。喉のチャクラって大事ですよ~。

第5チャクラの最適状態をサポートする水色カップリングです。
喉のチャクラは、肉体と精神を繋ぐエネルギー中継地点としてとても大切なチャクラ。
精神活動的なものを外側へ出していくことと、取り入れていく(飲み込む)こと、双方あっての表現活動ですからね。

真実を語る、自分にとっての真実を語り表現すること。
「自分に嘘をついていない」「自分をごまかしていない」状態をヘルプしてくれるカップリング。
これってコミュニケーションのツボですし(三次元世界だけではなく高次相手でも同じですよ)。

第5チャクラがちゃんとスムーズに機能していると、ゆっくり、穏やかな状態になれます。
意外かもしれませんが、ただ饒舌になったり「オシ」の自己表現が強くなることが第5チャクラの仕事ではないのでして。
(これはちょっと過剰に活性化している状態)

上手に自分を表現できないこともそうですが、過ぎたるは及ばざるが如しの自己中表現の活性化も(笑)たしかに実際あんまり人に好かれませんし、自分を生きづらくするひとつの要因ですものね(笑)。


そしてこれは個人的見解ですが。
第5チャクラの最適化は、今月ブログ記事でもお伝えしていた「クレアコグニザント」への道。とも言えます(笑)。

クレアコグニザントは、「誰かに教えてもらっていない」んです。

もちろん、勉強もします(私が拝見するところ、人一倍、勉強家なクレアコグニザントも多い気がします。で、クレアコグニザントには頭のいい方が多いと思います。生きづらさを感じる方も多いみたいですが、真性おばかではないため、グレて身を持ち崩し切ることができずに(笑)中途半端にシニカルな現実主義者ともなっておられるような方も多いようにも見えます。ハートと繋がりハートが優勢な生き方になれるといい意味で強いんですよね~、クレアコグニザントは)。
それを自分の中に落とし込む、何か「これはすでに知っている感じがあるぞ」という既知感覚と結びつけることができるためには、第5チャクラのはたらきが弱いとできないことなのでして。

みなさんにも、分野によって得意不得意あるかもなんですが、不思議と「かんたんに理解できること」ってありますでしょ?
(かんたんに書かれているから理解がカンタン(笑)とかではなく。何かの情報に触れた時などに、情緒を超えて、目先の善悪なども超えて、頭の善し悪しも超えて(笑)なんとな~く「あれはこういうことだったのか」「あ~これだったのか~」「これだ!」という自分の中から導き出されるもの、というのがないでしょうか。それがそうよ、と直接教えてもらったわけでもなくても。そういうのが、クレアコグニザンスなのでして。ひとつの情報から多面的に違う情報に繋ぐことができる能力、これはアタマの回転の良さや記憶力なども手伝って行われているので、通常能力とミックスされますから、どこからどこまでがクレアコグニザンス、みたいな線引は難しいところがありますけれど)


ブルートパーズは、持ち主さんが持っている潜在能力(本人に自覚がなくても。むしろ自覚がないことのほうが多い。自分のことはあんまりよくわかっていないものですよ)を発揮させて「最適な」自己実現へとサポートしてくれる石です♪ 高次の視点を明晰性をもって表現できる能力も刺激する石です。トパーズは求めているものを見出させてくれる石、という言われ方がされていますが、実はこれ、「近視眼的な我欲が求めているもの」を超えた、その人にとってもっとも今ジャストな、どちらかというと自分でも気がついていない内側の人の声の求めている必要なものが優先されるため(笑)「もう見つかっているのに、それがそうだと気付いていない現象」を経験してしまう人も、もしかすると多いんじゃないだろうか、という^^「パワストあるある」現象を体験させてくれるところのある石でもあります。何かもやっとしていてスッキリしない…という方をシャキッと知的に頭の回転良くさせてくれる石でもあります。
アマゾナイトは、沈静化の石、極と極を結ぶ石とよく言われていますが、モノゴトの裏側、本質に気づかせる石でもあります。
気づきのアハ体験をすることも多くなる人は多いんじゃないでしょうか。
そしてものごとのポジティブな側面にスポットを、自分で当てられるようにサポートする石ですね。
悲観的な時には楽観を、過剰に感情的で近視眼的になっている時には冷静さを促します。
「いい塩梅」という言葉がありますけれど、アマゾナイトって、なんとなくそういう石なのです。
この石がホープストーンと呼ばれるのは、「自分を救えるのは自分」と、よく言われますが、まさにこの自助を促す石だからだと思います。
これは本当で、癒やしとか問題解決とか、もちろんそれじたいをサポートしてくれる職業の人などを見つけて(病院でもヒーラーでもスピリチュアルなグルでも)人の手を借り指導を仰ぐこともその方法なのですが、最終的には、本人の中に落とし込まれて、誰よりも本人自身がそこに意欲的に取り組み前向きに自分を変えていかなければ根本的解決にはならないです。それはやはり客観的に全体的に自分のことを観ることができて、本心からそうしようと思えてこそですよね。理解できないものに直面している時、人によってはなかなかこれができないと思いますが、そういう未知への挑戦も「できそう感覚」を生み出す、自分の本心に向き合う内観のための優れた手伝いをしてくれる石でもあります。

アクアマリンは、きらきら光る海の石、不浄なものを洗い流してくれる浄化の石、という側面がもっとも良く知られているエネルギーかなと思いますが、そのことによって、より「自分の本当の感情」というものが洗い出されてくる、感情の癒やしという点でおそらく水色石の中では群を抜いてその面でトップクラスかもしれないエネジーストーンですね。
自分の本当の感情を知ることができないと、表面上の怒りや悲しみに翻弄され続けることになり、「本当はどうしたいか、どうしたらいいのか」という方向へ目が向かない、一歩を踏み出すことできませんから。

アパタイトは「結びつき」「なにかとなにかを繋ぐ石」と一般的に言われます。
この特性から、人間同士の結びつきを深めるとかの恋愛系(ほんとこの手合いはなにかとレンアイレンアイと^^なりがちなんですよね)だとか、「繋がり系」としてパワスト方面では扱われることの多い石ですが、実際に、アパタイトのエネルギーはカップリング石同士の調和、共同作業の底上げにはたらきますので、モルダバイトなんかとはまた違った意味で、他の石のサポートストーンとしても優れた特性を持っています。アパタイトそのものは、この石も、高次ガイドとの繋がりという、連携、意思疎通としてのはたらきかけの強い石でもありますので、やはり「アハ体験」や、「明晰にわかる感じ」をサポートしてくれる石です。

アクアオーラは、まんま「持ち主のオーラを輝かせる石」という(笑)触れ込みもありますが、蒸着水晶という加工の入る石であるアクアオーラに抵抗感がないワクワクする人にとってはそういう石です。多次元的なコンシャスチャネリングの情報ダウンロードのサポートもしてくれますし、持ち主さんのエネルギーを高めてくる「アゲ石」という点でパワーストーンワークス的にはけっこう出番の頻度の多いオーラ水晶です。アトランティスの過去生を持った技術者がアトランティスの叡智を再現して開発したのがこのオーラ系水晶の蒸着技術(開発者にその自覚があるなしはわかりませんが)みたいな話もありますが、私はこれはそうだろうな、とその話を目にした時に感じました。なにしろアトランティスでは水晶を実際にエネルギー装置として使っていたそうですしね(最期はその技術の暴走で水没しているそうですけれど。アクアオーラのエネジーは超大陸水没までの(笑)破壊的エネルギー発生源には到底及びませんのでご安心ください)。


◆使用素材◆ 

ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

オール高品質ストーンです。
産地の異なるアマゾナイト3種丸玉です。発色良くハイクォリティ。
ブルトパ、ホワイトトパーズも宝石質クォリティ。
アクアマリンもうっすらブルーの透明感ありビーズで綺麗です。
アパタイトも発色の美しいパライバブルー系で高品質。
ペンダントトップのブルトパは、真ん中とトップのルースがブルートパーズです。ちいさいほうのがそれか~って言っても、ルースサイズ10ミリ、8ミリありますんで、小さくないですよ。いちばん大きなブルーのルースは人口クォーツのブルークォーツ(こんなビッグサイズのブルトパジェムルースでしたら、このネックレスのお値段でのご用意はありえませんです)ですが、とても綺麗ですよ。

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏のサイン入りBusiness cardのコピーをおつけさせていただきます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「True Voice」ブレスレット「1」「2」「3」「4」「5」

2017年11月30日 (木) 20 : 28
「True Voice」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇soldout
◆使用石 「ウイグル産アマゾナイト10.5ミリ丸玉」「ブルーアパタイト7×2ミリロンデル」「アクアマリン8×4ミリロンデル」「ブルートパーズ10ミリ丸玉」「アクアオーラ12ミリ48面カット丸玉」「センティントプラズマクリスタル10ミリ多面カット丸玉」





「True Voice」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇soldout
◆使用石 「ウイグル産アマゾナイト10.5ミリ丸玉」「ブルーアパタイト7×2ミリロンデル」「アクアマリン8×5ミリロンデル」「ブルートパーズ10ミリ丸玉」「アクアオーラ10ミリロンデルカット」「センティントプラズマクリスタル10ミリ多面カット丸玉」





「True Voice」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇soldout
◆使用石 「ウイグル産アマゾナイト10.5ミリ丸玉」「ブルーアパタイト7×2ミリロンデル」「アクアマリン8.5ミリ丸玉」「ブルートパーズ9ミリ丸玉」「アクアオーラ10ミリロンデルカット」「センティントプラズマクリスタル10ミリ多面カット丸玉」





「True Voice」ブレスレット「4」
◆スペック 内寸約15センチ強
◇soldout
◆使用石 「ウイグル産アマゾナイト10.5ミリ丸玉」「アイスアマゾナイト13ミリ丸玉」「モザンビーク産アマゾナイト11ミリ丸玉」「ブラジル産アマゾナイト12ミリ丸玉」「ロシア産アマゾナイト10ミリ丸玉」「ペルー産アマゾナイト8×5ミリボタンカット」





「True Voice」ブレスレット「5」
◆スペック 内寸約15センチ
◇soldout
◆使用石 「ウイグル産アマゾナイト10.5ミリ丸玉」「アイスアマゾナイト11.5ミリ丸玉」「モザンビーク産アマゾナイト10ミリ64面カット丸玉」「ブラジル産アマゾナイト10ミリ丸玉」「ロシア産アマゾナイト10ミリ丸玉」「ペルー産アマゾナイト8ミリ丸玉」




_________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________


こちらはもう見たままというか、説明不要ですね。喉のチャクラって大事ですよ~。

第5チャクラの最適状態をサポートする水色カップリングです。
喉のチャクラは、肉体と精神を繋ぐエネルギー中継地点としてとても大切なチャクラ。
精神活動的なものを外側へ出していくことと、取り入れていく(飲み込む)こと、双方あっての表現活動ですからね。

真実を語る、自分にとっての真実を語り表現すること。
「自分に嘘をついていない」「自分をごまかしていない」状態をヘルプしてくれるカップリング。
これってコミュニケーションのツボですし(三次元世界だけではなく高次相手でも同じですよ)。

第5チャクラがちゃんとスムーズに機能していると、ゆっくり、穏やかな状態になれます。
意外かもしれませんが、ただ饒舌になったり「オシ」の自己表現が強くなることが第5チャクラの仕事ではないのでして。
(これはちょっと過剰に活性化している状態)

上手に自分を表現できないこともそうですが、過ぎたるは及ばざるが如しの自己中表現の活性化も(笑)たしかに実際あんまり人に好かれませんし、自分を生きづらくするひとつの要因ですものね(笑)。


そしてこれは個人的見解ですが。
第5チャクラの最適化は、今月ブログ記事でもお伝えしていた「クレアコグニザント」への道。とも言えます(笑)。

クレアコグニザントは、「誰かに教えてもらっていない」んです。

もちろん、勉強もします(私が拝見するところ、人一倍、勉強家なクレアコグニザントも多い気がします。で、クレアコグニザントには頭のいい方が多いと思います。生きづらさを感じる方も多いみたいですが、真性おばかではないため、グレて身を持ち崩し切ることができずに(笑)中途半端にシニカルな現実主義者ともなっておられるような方も多いようにも見えます。ハートと繋がりハートが優勢な生き方になれるといい意味で強いんですよね~、クレアコグニザントは)。
それを自分の中に落とし込む、何か「これはすでに知っている感じがあるぞ」という既知感覚と結びつけることができるためには、第5チャクラのはたらきが弱いとできないことなのでして。

みなさんにも、分野によって得意不得意あるかもなんですが、不思議と「かんたんに理解できること」ってありますでしょ?
(かんたんに書かれているから理解がカンタン(笑)とかではなく。何かの情報に触れた時などに、情緒を超えて、目先の善悪なども超えて、頭の善し悪しも超えて(笑)なんとな~く「あれはこういうことだったのか」「あ~これだったのか~」「これだ!」という自分の中から導き出されるもの、というのがないでしょうか。それがそうよ、と直接教えてもらったわけでもなくても。そういうのが、クレアコグニザンスなのでして。ひとつの情報から多面的に違う情報に繋ぐことができる能力、これはアタマの回転の良さや記憶力なども手伝って行われているので、通常能力とミックスされますから、どこからどこまでがクレアコグニザンス、みたいな線引は難しいところがありますけれど)


ブルートパーズは、持ち主さんが持っている潜在能力(本人に自覚がなくても。むしろ自覚がないことのほうが多い。自分のことはあんまりよくわかっていないものですよ)を発揮させて「最適な」自己実現へとサポートしてくれる石です♪ 高次の視点を明晰性をもって表現できる能力も刺激する石です。トパーズは求めているものを見出させてくれる石、という言われ方がされていますが、実はこれ、「近視眼的な我欲が求めているもの」を超えた、その人にとってもっとも今ジャストな、どちらかというと自分でも気がついていない内側の人の声の求めている必要なものが優先されるため(笑)「もう見つかっているのに、それがそうだと気付いていない現象」を経験してしまう人も、もしかすると多いんじゃないだろうか、という^^「パワストあるある」現象を体験させてくれるところのある石でもあります。何かもやっとしていてスッキリしない…という方をシャキッと知的に頭の回転良くさせてくれる石でもあります。
アマゾナイトは、沈静化の石、極と極を結ぶ石とよく言われていますが、モノゴトの裏側、本質に気づかせる石でもあります。
気づきのアハ体験をすることも多くなる人は多いんじゃないでしょうか。
そしてものごとのポジティブな側面にスポットを、自分で当てられるようにサポートする石ですね。
悲観的な時には楽観を、過剰に感情的で近視眼的になっている時には冷静さを促します。
「いい塩梅」という言葉がありますけれど、アマゾナイトって、なんとなくそういう石なのです。
この石がホープストーンと呼ばれるのは、「自分を救えるのは自分」と、よく言われますが、まさにこの自助を促す石だからだと思います。
これは本当で、癒やしとか問題解決とか、もちろんそれじたいをサポートしてくれる職業の人などを見つけて(病院でもヒーラーでもスピリチュアルなグルでも)人の手を借り指導を仰ぐこともその方法なのですが、最終的には、本人の中に落とし込まれて、誰よりも本人自身がそこに意欲的に取り組み前向きに自分を変えていかなければ根本的解決にはならないです。それはやはり客観的に全体的に自分のことを観ることができて、本心からそうしようと思えてこそですよね。理解できないものに直面している時、人によってはなかなかこれができないと思いますが、そういう未知への挑戦も「できそう感覚」を生み出す、自分の本心に向き合う内観のための優れた手伝いをしてくれる石でもあります。

アクアマリンは、きらきら光る海の石、不浄なものを洗い流してくれる浄化の石、という側面がもっとも良く知られているエネルギーかなと思いますが、そのことによって、より「自分の本当の感情」というものが洗い出されてくる、感情の癒やしという点でおそらく水色石の中では群を抜いてその面でトップクラスかもしれないエネジーストーンですね。
自分の本当の感情を知ることができないと、表面上の怒りや悲しみに翻弄され続けることになり、「本当はどうしたいか、どうしたらいいのか」という方向へ目が向かない、一歩を踏み出すことできませんから。

アパタイトは「結びつき」「なにかとなにかを繋ぐ石」と一般的に言われます。
この特性から、人間同士の結びつきを深めるとかの恋愛系(ほんとこの手合いはなにかとレンアイレンアイと^^なりがちなんですよね)だとか、「繋がり系」としてパワスト方面では扱われることの多い石ですが、実際に、アパタイトのエネルギーはカップリング石同士の調和、共同作業の底上げにはたらきますので、モルダバイトなんかとはまた違った意味で、他の石のサポートストーンとしても優れた特性を持っています。アパタイトそのものは、この石も、高次ガイドとの繋がりという、連携、意思疎通としてのはたらきかけの強い石でもありますので、やはり「アハ体験」や、「明晰にわかる感じ」をサポートしてくれる石です。

アクアオーラは、まんま「持ち主のオーラを輝かせる石」という(笑)触れ込みもありますが、蒸着水晶という加工の入る石であるアクアオーラに抵抗感がないワクワクする人にとってはそういう石です。多次元的なコンシャスチャネリングの情報ダウンロードのサポートもしてくれますし、持ち主さんのエネルギーを高めてくる「アゲ石」という点でパワーストーンワークス的にはけっこう出番の頻度の多いオーラ水晶です。アトランティスの過去生を持った技術者がアトランティスの叡智を再現して開発したのがこのオーラ系水晶の蒸着技術(開発者にその自覚があるなしはわかりませんが)みたいな話もありますが、私はこれはそうだろうな、とその話を目にした時に感じました。なにしろアトランティスでは水晶を実際にエネルギー装置として使っていたそうですしね(最期はその技術の暴走で水没しているそうですけれど。アクアオーラのエネジーは超大陸水没までの(笑)破壊的エネルギー発生源には到底及びませんのでご安心ください)。


◆使用素材◆ 

ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

オール高品質ストーンです。
ウイグル産のアマゾナイトは、これが天然色なのだろうか? という近年まれに見るレベルのビビッドブルーの発色で且つうっすら透明というハイクォリティアマゾナイトです。
近年はあらゆるストーンの品質が、昔より発色や透明度などの点では劣化しているのに値段が上がっているという現象が当たり前になってきている中で、アマゾナイトだけは(笑)こういう超ハイクォリティ品質が市場に出てくるところがなんか凄いなと感じます。昔からお伝えしている話なんだけど、「多くの人に必要だから出てくる」の図式を感じさせられる話ですね。
と言いつつも、天然石の世界は美品は出回るとなくなっていくのもとても早いです。
石というのは、いつか買えるというのも、それはそれでアリなんだけど、天然石の場合に限っては、欲しい時には高品質品はもうない、欲しい時にはものすごい価格高騰…っていう凄まじいがっかり経験をしちゃうケースはままあります。(ロシアンフェナカイトは(笑)本当にそうでしたのよ。もうほんと信じがたい(笑)お値段になって、ようやく…の世界を経験していますからね)

(私も過去にはこの「今入手しておかなければ絶対に次出てこない」という(笑)天然石ビーズの世界のものすごいサイクルについていくために、売っては仕入れ売っては仕入れの、次の石を入手する軍資金のために(笑)まさに自転車操業でこの仕事を初めたようなものでして。動機としては「自分が石ビーズを買いたいから」という(笑)ものすごい動機で初めたことなんですよ。決して、「独立起業」をもくろんでいたわけではないし^^もちろん「天然石のすばらしさ」を人に知らせたい、知ってほしい、というのはあったけれど、もともととくに何か大きな志があったわけではないのよ。どちらかというと、これをやりたいという自分の欲^^でしたし、ただ、石と遊んでるのが楽しい、石アクセ作ることがとても楽しい、まったく苦にならない最高に夢中になれる世界だったから、というだけなんです。なにしろ私に、一応10年は続けてきた世界「作詞なんてもういいや」っていう(笑)そっちの道への執着を見事に捨てさせた、それが石の世界…だったのですから。)

ブルートパーズも発色の良い高品質透明ブルー、こちらで使っている透明アクアマリンはアクアマリンビーズとしては近年は本当に品薄で極上品扱いとなる透明ビーズなため、見た目ブルトパとアクアマリンとてもよく似ておりますので、どちらがどちらかわからない場合には使用石ビーズのスペックをご確認くださいましたらと思います(ワンブレス中にブルトパとアクアマリンの同サイズビーズは使用しておりませんので。)

「4」「5」は、産地の異なるアマゾナイト5種をカップリングしたアマゾナイトオンリーのブレスになります。
薄い色合いのほうのアイスアマゾナイトは産地不明なのですが、今回のビビットブルーのウィグル産よりも以前に出回っていたもので、おそらくこのタイプはウィグル産なのではないのかな、と思われますが、いずれもとても美しいアマゾナイトですよ。
アマゾナイトは優柔不断、何かと迷いやすい人に、お薦めの石でございますよ。
「まさにブレーキとアクセル同時に踏んじゃう」系の方には救世主と言える石ではないかしらと思います。

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏のサイン入りBusiness cardのコピーをおつけさせていただきます。


read more...

この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「行動の勝利者」ネックレス「1」「2」

2017年11月30日 (木) 19 : 54
「行動の勝利者」ネックレス「1」
◆スペック 45センチ
◆価格 45,000yen
◆使用石 「オレゴンサンストーン約8~10×6~7×3~4ミリタンブルカット」「サンストーン4ミリ丸玉」「アンデシン5×2ミリボタンカット」「ゴールドアンデシン23×18ミリシルバー925ペンダントトップ」「ゴールデンラブラドライト5ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(AZOZEO)5×5×3ミリ、6×5×3ミリ原石タンブル」






「行動の勝利者」ネックレス「2」
◆スペック 44センチ
◇soldout
◆使用石 「オレゴンサンストーン約8~10×6~7×3~4ミリタンブルカット」「サンストーン4ミリ丸玉」「アンデシン4×2ミリボタンカット」「ゴールドアンデシン24×13ミリシルバー925ペンダントトップ」「ゴールデンラブラドライト5ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル8ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(AZOZEO)6×5×5ミリ、6×5×4ミリ原石タンブル」




_________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

このカップリングは、何かを自分でやりたい人、すでにもうやっている人、この世的には独立起業したい人、すでにもう独立起業している人、及び、現在、組織の中などでリーダーシップを発揮していく立場にある人、そんな感じの方にはうってつけのカップリングかなと思います。

石の意味的に、フェナカイトもサンストーンも、「行動の勝利者」へと導くと言われる意味合いがありまして。
とくにオレゴンサンストーンのエネルギーなどは、そのサンストーンの一段上のエネルギーで、リーダー的な人のリーダーシップの発揮を促すような石だと言われています。

リーダーシップ、と聞いてイメージする世界が、たとえば、大勢の部下の上に立って、指揮していく指導していく存在、のような、会社組織の中の管理職、のようなイメージを多くの方がお持ちになられるのかもしれませんが、それもスタンダードなリーダーシップの一形態ではあります。現実の管理職さんは、必ずリーダーシップはお持ちになる必要があるのはもちろん言うまでもありません。

で、独立企業する人、特に個人事業主などは、その上司役も下働きも(笑)すべての役割を自分でやります。
…って考えちゃうと、足がすくんでしまう、「管理職なんてやったことがない私にそんなことができるのかしら」と思われるかもしれませんが、結論から言うと「できます」。
私は外仕事の会社員時代や作詞家業その他職業においては、常に「駒」「プレイヤー」「雑用係」「受付」「クリエイター」みたいなものしか経験してきませんでしたが、今は自分で中間管理職もやるようになっています。
(ていうかこれって、三次元の世界でも、中間管理職やらなきゃいけないはめになれば、大抵の人は仮にやりたくなくてもやるでしょ? だから別に大見栄切って「できます」みたいなのトクベツなことでもないんですよね^^)

なんでできるのか? っていうと。
はい、勘のいいみなさんなら、もうおわかりですね。
今は、「高次が経営者」(笑)みたいなものだからです。
高次の言うことは、よく考えてみると、絶対的なCEOの鶴の一声のようなものでございます^^。
しかもこのCEOは細かく口うるさく支持を出しません。
すべて中間管理職のこちらがそれを「直感という通話方法」で悟り、判断し、実行していく裁量をすべて任されております。

しかしここには「あ~もうやることやればあとはおまかせでいいんだわ」の安心感と、ほぼ無限とも言える対消滅型エンジンに繋がるエネジーがございまして、ほんと、人間アタマで考えるような、失敗したらどうしようだとか、みみっちい採算性がどうの、だとかの目先の損得から発想してしまうものを超越した、確実に働き手にとってのより良いインフラ整備が行く先々で用意された状態での「目指す頂上」というものが常にあります。

…なんて話をしちゃうと、独立起業したい! フリーランスになりたい! という人のふか~い欲をただ掻き立ててしまうかもしれない(笑)危険性がありますが、これは「楽な道」「安直な道」というわけではありませんよ。
安心感はあるけれど、楽したい人、人におんぶに抱っこで誰かの指示通りにモノゴトをやってそれでうまく生きていける方法を知りたい、自己責任とか限りなく持ちたくない、それが安心感だと思っているような人には厳しいです。

だから「リーダーシップの必要性」の意味があるのです。三次元世界は無駄な仕組みでできているわけではないのよ。

浅知恵やゴマスリや事なかれ主義でモノを語り、目の前の自分のポジションを体よく死守しようとすることがいちばんの目的みたいな中間管理職とかって、現実にいれば実際ウンザリするでしょう?
高次CEOもそんなのお見通しなのよ。
地道で時にかったるい「なんでこんなめんどくさいことしなきゃいけないの」な世界も経験させられますし、当然ですがある種のアドベンチャーです。
三次元でも中間管理職ってそれなりに大変でしょう? でもこわっぱには持たされない裁量、権限を持つ自由度があるのは、だからこそなのです。

ということで、こちらのカップリングは、「高次があなたの経営者」でありその動力に繋がり行動し、三次元世界で行動の勝利者となる。そのサポートをする組み合わせ。
悟り、判断、実行の動力に繋がる、そういうことをサポートします。
(まぁ、実際には、そんなに小難しいことでもなくて「わくわく」みたいな(笑)ポジティビティ伴うソレなんですけどね。三次元で言われるリーダーシップ、って、なんか重苦しく言われすぎているところがあり過ぎなんですよね。仕事ができるできない、失敗は許されない、結果を出さなきゃいけない、などなど、へんなプレッシャーが目立つじゃないですか。サンストーンという石はそういうへんな肩に力の入るプレッシャーを軽減する石なのよ)
対消滅型エンジンって実際には三次元では「実用化不可能」レベルのものすごいエネジー製造動力なんですが(笑)高次に繋がるほんとうの神気に繋がるというのはそういうことらしいよ(これはまるの日先生談のパクリですが(笑))。


◆使用素材◆ 

7ストランドワイヤー、シルバー925パーツを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

「1」「2」ともにブレスレットのほうより小ぶりですが、オレゴンサンストーン14石、ロシアンフェナカイト2石を使っております。

オレゴンサンストーンは、激レア系のサンストーンです。この石表面に浮かび上がるサンストーンのアベンチュリンレッセンスとも少し違う独特のレッセンスは、オレゴンサンストーンだけに見られる特有の個性。他の石にはありません。
流通量が極端に少ない石で、穴あきビーズになっているものはほぼ皆無な石ですので、うちでもブレスレットとしてご用意できるのはたぶん今回だけになると思います。オレゴンサンストーンにご興味ある方はぜひ今回ご検討ください。

インド産のスタンダードなタイプのサンストーンは、発色、透明度、アベンチュリンレッセンスなどハイクォリティなビーズです。
アンデシンはカラーチェンジタイプの高品質アンデシンです。
トップのゴールドアンデシンは、母体のゴールドに、レッド、グリーンが入る高品質アンデシンルースのペンダントトップです。
ネックレスではゴールドアンデシンの代わりにゴールデンラブラドライトの丸玉ビーズを使っております。

ロシアンフェナカイト(AZOZEO)は、H&E社のギャランティカードのコピーをおつけします。
センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏のサイン入りBusiness cardのコピーをおつけさせていただきます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page