アーカイブ
2016年09月24日の記事のリスト

2016年9月のチラ見♪(予告)です。其の四(K2、フェナカイト、レッドファイアーアゼツライト、アゾゼオアゼツライト、サチャロカアゼツライト、ブラックアゼツライト)

2016年09月24日 (土) 05 : 55


今月はK2ビーズ使ったカップリングは、あともう一種類ご用意しています。と、昨日お伝えしていた、もうひとつがこちら。
もうもう、とんでもなく^^もう、なカップリングに仕上がりました。
なんか、ヤバすぎだと思います。



なにがヤバイのかというと、まぁ…見た目としては。こんなもんです。
だから、きらきらキレイ石がお好きな方には、アピール度は弱いと思います。
三次元的にはこの見た目にそんな値段は勘弁してくれと^^、ほんと、モノ好きじゃないと、まず買ってもらえなさそう…って感じよね。

これのどこがどうヤバイのか、作った私も「まぁ、ありそうといえばありそう、誰だって思いつくだろうし。なんでもオマエ、組み合わせにフェナカイト入れれば凄い、って話になるんじゃないの」って^^言われるだけなんじゃないかしら…くらいに思ってたのね。
(作ってる人間が^^こんなこと思ってちゃダメなんだけど、実際私は「こんな意図のものを作らなくては」的にはそれほど考えているというわけではなく、作っている段階ではなんとなくこれはいいでしょう的なワクワクするものを作ってるだけなんですよ)



私はですね…ブログにもちょこちょこ書いていますけれどね、アセンションしたかったのよ^^。
正確には次元上昇した三次元システムから大きく変容した喜びの世界という地球上で生きられるっっみんなそうなれるっっ…はず、のような世界観をやっぱりどっかで夢見ていたの。
(あ、でもさすがに宇宙人がUFOで空中軽挙、のような…そういう系は信じちゃいませんでしたが。あまり宇宙人が思い切り関与してくるタイプのアセンションは自分的にはどうもやはりピンと来ない感覚だったんですよね~好みとして)
心の何処かで、2012年以降の次元上昇した世界環境および、人間の変容(というか変態の領域)があるんじゃないか、っていうことを、わずかながらに期待はしていましたね。

ですが。これは待てど暮せどそのようになんかならないな…ということも、やっぱりまぁ、わかってきますよね。
自分の中でどこかでそこに照準を合わせたがっているダブルスタンダードなところもあったから、三次元世界においての肉体レベルでの目標、っていうのかな、どっかでおざなりにして生きてきたところもあったんですよ。



よく、自分は「天に丸投げ」みたいな話をしてますよね。
実際、丸投げのこの11年であることは、確かなのですよ。
頭使ってモノ考えてないんですよね。ほんと、直感だけで生きているというか^^。とくに仕事に関してはそうですね。
ふざけんな、とお叱りをいただきそうなレベルで、私自身は「ほぼ五次元生活」じゃないけれど、生きるための苦労? みたいな感じのことから、ずいぶん長いこと遠ざかってはいるんです。(ただこれは私基準です。もっと贅沢な暮らしがしたい人や、将来安泰の保証があるように見えるステイタスとか身分保障された国家公務員的な仕事が欲しいなどの人から見れば、三次元世界での個人事業主の小さな成功などでは^^到底ご満足頂けないと思われますから)
あ、宇宙におまかせ♪ みたいなスピリチュアルもあるようですが(ブログランキングに自分が参加するまで知りませんでしたよ)内容は読んでいないので詳しくはよく知りませんが、まぁ、それに近いのかもしれませんけれど。
ただ私がやっていることは、とくに自分の願望を宇宙に叶えてもらうような、その手の実現というような感じとはニュアンス違うんですよね。結果的に願望が叶っているようなところはあるにはありますけれど。単純に信頼しているだけ、な感覚というのでしょうか。



だけどね、やっぱり^^肉体次元にいるわけなんですよ。
だから昨年末、腱鞘炎になった時に、もう「あれ? あれ?」なわけですよね。
肉体を軽視しているつもりはなかったんだけど、どこかやっぱり、アタマでっかちになっていたというか、「肉体持った自分」を生きていない自分でもあったのね、ということがわかって。

ということで、少し肉体も大事にしてみよう、ということで、今年は4月8月、お休みもいただいて。
で、問題は。「私がしたいことって何なのかしら」レベルに立ち戻って見つけ出さなきゃな世界、まさに三次元世界をどうしていったら私は充実するんだろう? みたいなこととか、「何に対して幸福感を本気で感じるのか」とか、そりゃないだろう今さらレベルなことも考えたりしてまして。
今まで石以外のことでの物質的現実面ではなかなか心に響くものを探そうとしてきていなかったりしてますので。
パワスト目的、意味とかそういう現実面改善の用途的に石を探すメンタルの人は現実を変える手助けとして、現実にフォーカスして石を選ぶ場合もパターンとして多いのでしょうけれど、自分の場合、そっちからじゃありませんから^^。
(しかしながら「石の選び方」としては、現実を変えようとしての選択というよりも、「なんかこれいいわ~」レベルのほうが(直感)確実に的を得たものをセレクトできますので、その方法をおすすめします)



これ、ブログにも書いたかもしれないんだけど、「そこまで高次元は手取り足取りじゃない」わけなんですよ^^。
初歩的なことですよね。
この世界でやることは自分で考えなきゃいけないのよ。
まぁ、考えてみると、石を好きになったのも、これを仕事にすることになったのも、とくに高次ガイドじきじきに目の前に出現してきて、高次命令(ご神託ともいう)でこの仕事がおまえの使命だからやれと押し付けられたわけじゃありませんしね。
「なんとなく石にけしかけられている」という^^使命感は最初はあったけれど。
石が私たちを助けてくれるのは実際ホントなんだから、それを知らないたくさんの人に伝えたいな、という。

私自身はなんかこう、すっかり人間社会で実現したいことの欲みたいなものからも、いい意味では遠ざかって、個人の裁量で好きなことでやれている自営業でもあって、あんまり普通に人が夢見るようなタイプの欲を持たなくなってきてはいたのね。
(まぁ、自営業であっても人と比較して自己卑下に陥ったり将来不安なメンタルになったりする人もいるだろうから、自分で自由に何かを切り盛りする仕事じたいが、そういう三次元的な価値観特有の感覚がもたらす現実世界のストレスから離れられる方法というわけではないから。ここ、誤解しないほうがいいかもしれませんけれど。自分のやりたいことをやる=ストレスや不安からの解放、ではなく、それ目的だけだと逃げてるだけだからね。)
でもこれは決して「悟り」ではないのですよ。むしろそれは「じゃあ生きてなくていいんじゃないですか」ということでもあるかもしれないし。



で、話はこのカップリングに戻りますけれど。

このカップリングは、肉体次元で、ふわっふわのお花畑に逃避(結局は見えない世界を美しい角度からフォーカスすることだけで、現実面からの逃避や依存なケースも覆い隠している場合もあり)しているスピ子を、現実へ戻します。
ですが、当然ですが、「高次ガイドと縁が切れた、迷子ちゃん」で現実世界へ放り出されるのではなく。
むしろ、そこをさらに強化します。なんとなく光の軸が太くなるような感じなのかもしれません。

肉体レベルで持つ、肉体があることへの負担感覚がなくなります。
カンタンに言うと、身体を大事にしなくてはマズイ、という現実意識のほうにばかり意識が向くわけではなく、心身両輪でバランシングされる感覚です。自分に正直になります。疲れた~という感覚をネガティブに捉えないことができ、当たり前に休めるメリハリが生まれます。

メンタル的には使命感に燃えたぎって自他の世界を良くしていこうと、今自分ができそうにもない目標を夢見る自分ではなく、ですが、高望みであっても、その実現へと関与しようという気概そのものには影響は与えません(つまり、どうあっても周囲とのポジティブな現実を作ることへの意識へは嘘をつきません)。むしろ強まります。ですが、それを負担感や気負いとして感じることがなく、当然のこととしてより善き行動への指針という感覚が主となります。

自分にできる方法で、自分と、とりまく世界を良いものにできる、肉体レベルでできることへの意欲を増します。
また、そういったものへの感度と行動することへの不安や恐れ、倦怠がなくなり、楽しくスムーズにコトを進めていけます。
(現実というのは、まずこれがなければ、変化もなにも^^退化はあれど、進展は見込めないという、これはとくに三次元だけの話ではなくて、どこの次元でも同じというか)

もちろん意識のアセンションに寄与していきますので、結果、少しずつですが現実が変化していきます。



…というのが、私が受け取りました、石組みのメッセージでございます。
こういう感覚を実際に経験しています。
「なんだ、自分みずからが^^まさに必要としていたものじゃないか」ということでもありまして(汗)。
前置き長かったけれど、スピ子が陥りやすい部分(現実逃避的な、価値を別世界に置き過ぎちゃうような)に、私なんかもふらふらっと行ってしまいそうになりながらも、踏ん張ってきた甲斐があったわ、感無量。みたいなカップリングなんですよ。

今月は途中でネタが尽きたとへこたれずに、前代未聞の毎日ブログ更新なんて信じられないことをできたのも、奇跡だと思ってましたが、このカップリングゆえです。
(あと、毎日ランキングボタンをポチしてくださっているみなさん、どうもありがとう! お忙しい中毎日ブログに来てくださって、そのてらいのないクリックのお手間ひとつが、どれだけ私を幸福にしてくれるか・・・、ご本人の自覚があるなしにかかわらずそのクリックする指は人を幸福に出来るマジシャンですから(笑)自信持ってください。そしてそれはすべて、みなさんご自身へと還元されていきます)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  チラ見♪
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page