アーカイブ
2016年01月07日の記事のリスト

赦しを、今。それから、トータルセルフリーディング。

2016年01月07日 (木) 17 : 04
長年思い違いしていたことが今日判明。
引き出しから出てきた大昔の財布の中に、当時のレシートが^^いっぱい入っていて。
日付を見たら2001年だったのですが、あれ? もうこの頃にはここにいたの? ということが、レシートのお店から判明し。
13年住んでる、って言ってたけど、正確には15年、今16年目だったのね…と。

すごい勘違いしてたわあたし…ってうちの人間に言ったら、知ってたけど言わなかった、って言われました^^。
先代ワンコと12年いっしょに暮らしたんだよ、って言われて、そうだよね~そうだよね~。と。
確かにね…それじゃここを離れたくないって気持ちになるよね。って。それはわかる、って言ったら、「でもま、もういいけどね。」と^^態度が軟化してるぅうう!!!!

実はね、今モウあたくし、月末新作アクセサリの制作に入っとるのですが。
昨日一日、ふふふ、ちょうちん記事になってしまうけれどね、「赦しを、今。」ってタイトルの石ブレスをですね^^^^、身につけていたわけなんですよ。

あたしにまだまだ足りていないもの。

実は元旦の氏神様で引いたおみくじでも、見事にそのことが書かれていた。
昨年お伝えしていた、ハイアーセルフへの帰還というヘミシングCDの中にもね、出てくるんですよ、「赦しを、今」というアファメーション。これをやって通り抜けないと、ハイアーセルフには近づけないの。

なんですか? 赦しって。って話になっちゃうんだけど。
一言で説明するのはとても難しいですけれどね。
まぁ、存在を認める、っていうか。自分のこともそうですが、他のすべてですよ。自分にとって都合の悪い他のすべて^^。
これを赦すイコール自分を赦すでもあり。
これをしないと自分も赦されないというか、自分だけ赦す」はできないし、もちろん、自分を赦さず他者だけ赦すこともできません。

なぜなら、「繋がってます」からぁ^^。いやがおうにも、繋がってます。なんども繰り返すけど、繋がってるから。


そうそう、話変わりますが、まるの日さんとこで、「今年一年のトータルセルフリーデイング」というものをお願いしていたんですよね。で、昨日かな、それが届いたので。読んでいて思ったんですが。

なんだろうな。
全然、伝えられていることが、めあたらしくないんですよ…。
つまり、あたしがやっていること、やってきたこと、やっぱり、流れとして、そっちの意図だったのか…っていう、まるで再確認みたいなところがあって、ある意味、ちょっとつまんなかった^^んですよね…(ヲイ)。
だってもう、自分がそのようにやっていたりすることが、列記されていたから。。。(ただ少し驚いたのが、「これは自分の商売上のエゴなのかな~?」みたいに思っていたことも、ハイアーセルフ的見地の意図だった…というのが。正直「え? そうなの? それでいいんだ」と人間アタマでは、自分はよくばりなんだろうか…って思っていたようなことも、むしろ方向性として間違ってなかったということがわかった点は、少し嬉しかったでしたね)

一年間のエネルギー状態の起伏のようなものがあるのだけど、基本、大きく下がることはなく、エネルギーレベルは高いそうなのですが、それでも、一年のうちに下がる時期があって。
それが見事に^^月末新作石アクセサリが終了した12月^^なんですよね。
がくっと。12月にエネルギーダウンし、1月に入り1月後半に向けて徐々に上がり始め、その後ずっと年間通してハイレベル^^。
だから、ブログ記事でも、12月は心身ともにちょっとダウン状態でした~って書いていたんですけれど^^、実際そうなんです。

で、これは今年もその予定のようです。
まるの日さんのコメントでは、このパターンが毎年続いていたようですね。って書いてある^^んだけど、おっしゃるとおりで。

でもね、これ、私としては「自分で決めてやってきたこと」という意識というのか、そういう感覚もわりと強いんですよね。
だから、そのトータルセルフ(ハイアーセルフ、高次の魂)の意図する「流れ」でそうなっていってる実感が非常に薄いわけなんですよ。
ていうか、そう考えちゃう事自体が、ちょっと傲慢なんでしょうね。私自身、まだまだ見えない世界のヘルプについて、心から実感していない、ということになるね。

ですがまぁ、基本、「できることはやるけど、できないことは無理してやらない」や、「できるかどうかわからないけど、できると感じるから、やる」的な^^相当アバウトなやりかたで、且つ、これも前にお伝えしましたけれどね、あたしは「10年無計画」でやってきておりまして。
信じられないかもしれませんが、毎月毎月販売させていただいている「新作」については、月初は、白紙状態です。
要するに、通常の世界のように、「何月には何を売って」的な、計画は皆無でして。
流れのままに。販売目標や、具体的なアファメーションのようなものは、その都度、目の前のことでは意図するけれど、遠い先々の目標に合わせて行動はしていないんです。
(ですが・・・実はこれこそが、トータルセルフの流れに乗る、スピリチュアル風に言うと「宇宙(ハイアーセルフ)におまかせ」スタイルというのか^^、なんだかよくわからないけど、なんかなんとかなってるし、うまくいってるかな~スタイル・・・というのでしょうか。この世風に言うと、みなさまがお求めになる「安定」の幸福スタイルなのでして。信じられないかもしれないですが。エゴマインド的な安定を求めだすと不安定になっていくものなのです)

よくこれでやってこれたよな~~~という気持ちも毎年あったんですけれど。
でもま、いっか~~~。できてるんだから。
…という、それだけを根拠に^^ただやってきた…わけなのですが。
これはどうやら本当に、トータルセルフの流れであったようです。

そんな私の課題は、「赦しを、今」…これですね~。
自己愛もそうですが、赦しが必要だと。
年頭に、感じました。
神社の神様が言うところのそれは、自分へ、というニュアンスではないのですけれど、結局、周りまわって、自分を赦していないことになるんだよな…と、おみくじ読んで思いましたし。

まるの日さんのその「今年一年のトータルセルフリーデイング」は、そういうことで、わりあい、トータルセルフの意図的に生きちゃっている方には、正直、既知の情報…な感じがします。
ですが、間違いなく、その意図で生きていない実感満載の方には^^、けっこう「思いがけない」的な、え? そうなの? な楽しい未来図、驚きの意外な未来図、というものが示されるものになるのかもしれません。

おすすめ度としては、なので、くどいようだけど^^、「100%ではもちろんないけれど、なんかそれほど不満もないし、自分の好きなことをしているし、心に嘘ついた無理なことしてないし、そういう点では楽な感じで生きてるっぽい気がするけれど」な方には、わりと自分でもすでにそのように実際にしているし、そのようにしていこうとなんとなく思っていた感じの情報かな。
だから、そういう意味では、めあたらしくないし、自分でもわかっていること以上のことは出てきません^^。
そこが、第一印象「つまんない…」と、不遜にも感じてしまった部分。

ですが、私の場合は、ちょっとありがたいな、って思ったのは、上記の、「これは自分の商売上のエゴなのかな~」みたいに思っていたようなことでさえもが、実は^^そっちの流れだったんだ!! へぇえええ。っていうことが、わかったことかな。うちの石アクセサリって、今現在、もう別によそと比較してお安いものばかりではないじゃないですか。徹底して石に対して値段の安さを求める方にとっては、別に安くはない。何万円の単位が高いと感じる人には、とても高く感じられるものもご提供しております。でもそれで正解で、薄利多売屋さんとはやっていることが違うので、無理して本当はもっとお値段高くていいのにお安くご提供する・・・みたいなことは、むしろしちゃいけないんじゃないかな、とは思ってはいたのですよ。で、それでよかったみたいです。これは、お陰さまで自信がつきました^^。考えてみると、これはとても大きいことですね!!

あれだね、なので、こういうのは、本当に本気で自分がなんなのかわからん、的な方にとって、指標となるものではあるかな~という気がします。
あと、私のように、ちょっとひっかかりがあったりする「これは自分のエゴなのかな~?」みたいに思っていたようなことが、実はそれさえもトータルセルフ的流れ上の必然であることがわかったりすることもあったりはするので、内容的には既知であっても、「これでいいのだ~♪」の自信は生まれますね^^。そうやって後押しされてたことだったんだ、とそれを素直に受け入れればいいだけのことなんですが。

これ、うちのリーディングブレスも同じですよ。

本当に本気で自分がなんなのかわからん、くらいの人や^^、自分が心に皮膜張っている人、そのことに自分が気がついていない人、…それ以外は、そんなにびっくりするような^^石の組み合わせにはならないと思いますよ。
つまり、自分で選んでも同じ、っていうか。
石はやはり、本人が「なんとなく選択する」のが、最強かな、ということを、私は感じますから。
セレクト屋のほうが優れている、というケースは、ご本人が、セレクト屋を完璧に信頼できている状態であること…というワンクッションをちゃんと意図してくれれば、そうなります。

(この「トータルセルフリーディング」に繋がるお話が、1月9日の記事にあります。この記事だけで終了しない展開がありますので、必ず合わせてお読みください)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

MAGRAVの製作講座

2016年01月07日 (木) 00 : 38
1月5日は、たきさん主催の、ケッシュ財団のフリーエネルギー装置MAGRAVの製作講座へ行ってきました。

なんですの? フリーエネルギーって? という方もいらっしゃろうかと思われますが。
「既存の電子工学の常識」を超えた、電気エネルギーをどうやら作ることができるらしきノウハウを、ケッシュ財団というところが公表している、という情報そのものは前々から知っていましたが。
そのフリーエネルギー装置を、実際に作ってみましょう、っていうことで作っちゃったたきさんが、その作り方を教えてくださる、という講座でして。



1.6ミリの銅線を使う、という時点で、1ミリの銅線アーティスティックワイヤーで腱鞘炎になっている自分は^^「あ、まず自分には作れないや」ということを知りつつも、実演は見たいかな、という好奇心と、それから、実物がどんなのかを見てきて、それを参考に、プチ・ケッシュ・ワイヤーアクセとか^^そういうのにできんのかな…というような考えもありまして。
そんなわけで行ってきました。



しかし、しかし。
当日会場にいらっしゃっていた面々の様子を窺うに、なんとそんな「見物に来ました」みたいな気軽なあたしのような人間は圧倒的に少ない気がしました。
遠くは鳥取など、日本全国、かなり遠方からいらっしゃっている方も、大勢いらっしゃったり。
みなさん…作る気マンマンです。本気です。

自分の知らない、そういった分野の専門用語が飛び交う会場。製作工程をがっつり録画する人多数。
質問も出るわ出るわ。まぁそうですね。間違って繋いだり、数違ったりだと、なんの意味もありませんから^^、そりゃ真剣です。



プチアクセにするには…気軽と言えない、手の込んだものになってしまいそう。(それに発電したらそれはそれでびっくりですし)
このコイル、最初はたきさんもですね、まさかの自分で作る方面ではなく、しかるべくそれなりの業者さんに見積もり取って、作ってもらおうと思ったのだそうです。
ですが、特注で作ってもらうのに銅線コイル一個一万円かかるそうな。これが12個必要なので、もろもろ考えると「ええい、作ってしまえ」と、工具も取り揃え、自分で作ることにしたのだそうです。



さすがエンジニアたきさん、なんとなくですが、制作されている時、活き活きされておられました。人はやはり、ご自身の得意分野、ご自身がなさってきた積み上げてきた世界で培われた能力が生かされている時って、エネルギッシュになるものです。
すごいな、と思ったのは、計りなしでも、なんとなくの勘で、この長さだな、というところで手を止められるとほぼ狂いなく、正確に測ったように、お作りになられている…というところ。
驚きましたが、凄いプチ事例ですが^^そういえば、僭越ながら自分も、アクセサリ作っていて、計らなくてもだいたいの寸法って、わかります。モノづくりをする人は、手のクレアが発達するのでして。
完成品は、これではなく、もっと他に工程があって、実演でできる作業ではないため、そこは口頭で。



終了後、みなさんといっしょにカフェへ。
そこを解散後、なんとなく歩いて東京駅へ向かうことになった私を含めた三人組で、今度は飲み会に^^流れ。
当然(?)のごとくのスピ話に花が咲き。いやはや、面白かったです。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page