アーカイブ
2015年07月19日の記事のリスト

ブレスレットのご感想をいただきました41

2015年07月19日 (日) 02 : 14
「Picnic」「レムリアとアトランティスの和解」のご感想をいただき、掲載のご了承をいただきましたので、以下、掲載させていただきます。

(「お客様のメール」転載ここから)

お言葉に甘えて、メールフォームの方から感想を送らせていただきます。取引連絡は文字数制限もあり、間があいてしまうとメッセージを投稿しにくい感じだったので、こちらの方がうれしいです。

「Picnic」のレモンクリソプレーズ(ガスペイトマグネサイト)、出品プレビューの画像を見たとき、あっと思いました。
少し前に、八川シズエさんの「パワーストーン百科全書」(詞音様のブログで知り購入しました。愛読書です)で、きみどり色のマグネサイトの写真を見て、白じゃないことが印象に残っていたからです。
どうしてマグネサイトを引いたかといえば、しばらくストレス性の胃痛に悩まされていて、体が緊張を解き放すことを援助する石というのを「ブック・オブ・ストーン」で調べたからでした。
なので、「Picnic」の説明文を読んだときは、まさに欲しいと思っていたものが「キター!」という感じだったのです。
半月を経て、明らかに胃痛は治まってきています。それまで常用していた強めの胃薬を漢方系のものに変えてみようと思いつけたのも、きっと「Picnic」ブレスレットの仕事です。

また、今回ネックレスとセットになることの相乗効果に目をみはりました。
ふたつを身に着け授賞式に出ている自分、みたいなイメージが浮かんでしまいました。
何年か前、アマチュアの童話賞に入賞したとき、大賞ではなくその他大勢の賞だったのですが、授賞式で緊張のあまり倒れそうな気分だったことを思い出しました。
今はもう、賞に応募するために書くのをやめているので、ほんとうはその当時感じるはずだった喜びとか誇らしさとかを、イメージの中で取り戻させてくれているのかな、と想像しています。

早々に「Picnic」ブレスを落札したあとも、毎度のことながら、ひんぱんにヤフオクのブースをのぞいておりました。
「レムリアとアトランティスの和解」は、そのタイトルから高度に専門的な感じがして一歩引いていたのですが、どうしても気になり説明の文章を読んで初めて、ブラッシュアップされた「Great Green」だと知りました。
私も再販希望者のひとりなので、見逃さなくてほんとうによかったです!
2タイプどちらも素敵だと思っていましたが、エメラルドグリーンの発色がすばらしいヴァーダイトに強く引かれました。
けれど、そちらのタイプは一歩違いでsold-outになり、「迷わずにすんでよかったのだ」と思いながらもうひとつのタイプを落札しました。
ところが作品が手もとに届いてびっくりです。
サイズのお直しの過程で、ヴァーダイトが欲しかったタイプのものに替わっていて、思わず声をあげてしまいました。

毎回「サイズのお直し」という普通の言葉でお願いしてしまっておりますが、実際には一度完璧に仕上がった作品の再構築という大変なことで、注がれた愛とエネルギーを感じます。包みを開く瞬間のわくわくドキドキ感はいつもすごいです。
ほんとうにありがとうございます!

(「お客様のメール」転載ここまで)


そうそう、お客様メールの冒頭に、ブログの「メールフォームから」ってありますが。
(こちらができればそうして欲しいとお願いさせていただいたので^^、むしろ、お言葉に甘えているのはこちらのほうなんですが^^)
これ、時々、気がついたらお願いしているんですけれど、ヤフオクの取引連絡って、あれ、一定期間で消去されるシステムになっています。
文字数制限もありますし、メール的なタイプの内容は、ほんとうは取引連絡ではないほうが、双方にとってベターでして。


なので、ヤフオクで購入の際のやりとりに関しては、もちろん取引連絡でお願いしたいのですが(お取引の詳細のそれをメールフォームからしたい方は、ヤフオク落札ではなく、最初から、ブログのメールフォームからお申し込みをしてくださいますよう切にお願いします!! ヤフオクで落札して、メールフォームから連絡くださるという、なぜか二重のややこしいことをしていただくこともあるのですが^^、それは大変こちらも手間なのでなさらないでいただけますようお願いします)取引にかかわらない類の、のちにいただくいわゆる、個人メールみたいな内容に関してはですね、取引から時間も経過していることもありますので、取引連絡ではなくて、むしろ、「ブログのメールフォームから」いただけるほうが、こちらのレスポンスのし忘れがなくなりますので、そうお願いできましたら、よろしくお願いします♪
(取引連絡は、ヤフオクの販売が終了すると、その後はもうログインしなくなってしまいますので^^実はご返事さしあげるのを一ヶ月二ヶ月失念していた・・・そのまま消えちゃった・・・っていうことも発生しやすくなるので、申し訳ないですが。購入していただいたあとに取引連絡でなにか質問したりなどしているのに、なしのつぶての場合は、お手数ですが、ブログのメールフォームから再度お知らせください)


で、できたらですね・・・
ご面倒ですが、「ご本人様フルネーム、購入作品名(短くてかまいませんが、伝わるようにしてください)」程度は^^いただけますと、また非常に助かります♪
あの、ひとことメール的な感じで、「この前買ったアレ、それ」みたいな感じでお伝えいただくとですね^^、こちらで購入履歴をお調べして、「あ、これのことについて、おっしゃられているのか・・・」というひと手間が必要になってしまうことが、ありますので。
お名前も面倒かもしれませんが、念のため(苗字が同じ方もいらっしゃいますので)フルネームが望ましいと思います。
まさか、人物を間違えることはないかもしれないけれど、ときど~き、「え~と、この人で良かったんだよね?」みたいなことも^^あったりしますので。
まだ神様じゃないので^^、文字情報以外のところの、初見のエネルギータイプでの相手の確実な選別までは^^あたしにはできませんので、よろしくお願い申し上げます。
これね・・・こういう仕事をしているとね、「きっと言わなくてもわかってもらえる」と^^思われやすいみたいなところ、あるんですけれど、その手のリーディングは、「双方に学びがある場合」に関しては^^自分はかなり敏感に反応できるんですが、そうじゃない場合には、やっぱり私がそれを察知しようというリーディング能力(能力というより労力になっちゃう)使うよりも、最初から言っていただいたほうが間違いがないし、スムーズです^^。
せっかく「言葉」という伝達手段がありますので、まだテレパシーのみに期待しないで、使える能力(言葉)は使ってください。



実は、テレパシックな能力というものも・・・この、言語での伝達能力が不明瞭で雑なままですと、送られていることの解釈も不明瞭で雑になります。
シンプルっていう^^いい呼び方もあるので紛らわしいんですが、高次はシンプルで明瞭ではあるけれど、はしょりはしないです。
見ようによっては、「もうそれは知ってるんだよね」レベルでくどいくらい^^繰り返します。
(でもそれは・・・やっぱりわかってなかったから^^だったりするんです)
テレパシーも結局、こちらの解釈で言語化的な理解をするのは自分自身なので^^、伝える相手もね、それを上手に受け取ってもらえるほうが嬉しそうなんですよ。
石のこともそうなんですが、石を媒介器としてそれを伝えてくる高次的な存在も、やっぱりそうです。
(前回のお客様の声40で言っていた内容「あたしは、レムリアンシードクリスタルからの情報は膨大な言葉で来るもんだとばっかり思っていた」と、少し矛盾して見えるかもしれませんが、情報は、言葉ではないんです。ですが、私達が慣れている伝達方法の言葉への置換えは、これは自分自身の語彙、知識、言葉の使い方、それが大いに関わってきます)
相手の伝えていることがわからない場合には、自己解釈で濁さずに、「それはこういうことですか」と相手に「確認」すればちゃんと答えてくれますし。
これは私が接点がある範囲の高次存在ですが、そういう「アレ、それ」的に「あなたもわかってるでしょう」と端折るような^^感じではないですね。非常に丁寧です。で、むしろこっちが自分のこと、伝えたいことを端折っていたことに、気が付きました。
(以前、ガイガーさんの、石セミナーに出席した時にね、ガイガーさんが、太古の翡翠を発見した時のご自身の経験で、大興奮で、「あなたは何者だ、あなたは誰だ」って感じで^^相手の正体を追求して問いかけていたそうなんですよ。そうしたらね、相手から来た答えが、「あなたは私のことばかり、何者か、と聞いてばかりだが。あなたこそ、何者なのだ? 先に名乗りなさい。自分が何者か、わからないのに、相手にばかり、あなたたちは何者か、と問うてばかりいる」って^^言われた・・・って。これ、「が~~~ん」ときたそうですよ。確かにそうね。私達は、石にばっかり、相手にばっかり「え~、それなんの石~~?」って^^そればっか知りたがってますもんね^^)


自分のことなんですから、「丁寧に」いったほうが、三次元的にも、実は大変お得と言える生き方でもあったりするのですよ。



うへ~~~。
本題に入る前に^^長い「お願い」になっちゃいました~~~。ごめんなさい。



こちらのお客様は、ご自身がまだお持ちではないストーンたちについても、前情報として、知識としてご自身で勉強されていらっしゃいます。だから、「出品プレビューの画像を見たとき、あっと思いました。」という、ご自身にとっての「必要な情報」としてのシンクロニシティというものが起こりやすい下地を、ご自身でお作りになられています。


「石の意味とか知らなくても、自分に必要な石は、自分が「なんだか気になる、気にいる」というハートの感覚で手にすることになるから」も^^真実ですが。
実は、このように、ご興味を持って、さまざまな石のはたらき的なものを、本などから、言葉の知識で先に知っている状態から、ご自身がその石にご興味を抱いて手にされる・・・その前知識の経過があって、手にされることも・・・オススメな^^真実です。
(ただこの場合も、マインド情報とハート情報が、合致するからこそ、「あっ」とひらめきが起こるわけで、決め手は実はいずれにしても、ハート感覚のほうなのですが)
どちらのルートであっても、その人にとっての正しい選択を得られる、必要な情報が得られるのが・・・石のとても面白いところです^^。


「石の意味とか先にあんまり知っちゃうと、なんかそういう意味のメリットで選んじゃいそうな気がする」というようなネガティブ感、選択基準を揺らがせそうな^^感じもあって、先入観もっちゃいそうだから、石の意味は先にとくに知りたくないな~~~って方も大勢いらっしゃると思いますし、それはそれで、正しいのです。


選択基準は、意味知ってても、知らなくても、「自分側」です。
ガイガーさんが、「あなたこそ先に名乗れ」と言われた^^、つまり、「あなたこそ、いったい、なにがしたいのだ」について、ハートが知っていることを信頼しているのであれば、どのパターンで石を選択しても、ベストチョイス♪ なんです。



ネックレスとブレスをいっしょに身につけたら、「授賞式に出ている自分、みたいなイメージ」が、浮かんできた・・・っておっしゃらているのですが、こういうのは、わたしたちは「妄想」で片付ける^^ことが多いわけなんですが、実は妄想ではないのです。
「あとで想像の中で、誇らしさを取り戻しても、その時の現実ではそうできなかったんだから、意味が無いよね~。かえって悔しいよね~。あの時、なんでできなかったんだろう、って思っちゃうよね、結局」と、私達は考えてしまいがちで、結局そのまま、過去を放置し、癒やさないままやり過ごそうとして、過去を見ないまま蓋をして、なんとか次をうまくやろうとしますが。
ここを、過去にリモートして、再経験して、癒して、自信を取り戻してこそ。
実はこれは、もうそれを失敗と自分が感じてしまっていたことに囚われない、新生された状態、とも言える、三次元的には「一皮むけたよね~」の状態へ移行している・・・次元アップしている状態を、みずから作り出す方法です。
そのための癒やしというものが必ず必要なのです。
そしてそれは・・・ご自身が、実感することで、それが起こったことが、わかります。


「妄想じゃない決め手」は、じゃあ、なんなのよ・・・ですが。
仮に、妄想、想像、空想・・・であったとして。
な、はずなのに。現実じゃないはずなのに。現実では、そうじゃなかったはずなのに。
なぜか・・・ハートが満たされている? なんか、現実にはそうじゃなかったのに、「今」嬉しくない? 自分? あれ?
の、ハート感覚・・・ここに、気がついてください。
癒され、こだわっていた、自分のネガティブだと思っていたことを、ここで、ちゃんと手放せているはずです。
彼女は、それが、ちゃんとできていたから、このように、ご感想を送ってくださいました。
すばらしいですね♪


石に出会って、本当に良かったですね!!
今後も、ともに^^、私達は石からたくさんギフトを^^いただいてまいりましょう。
彼らも、受け取りたい人、信頼してくれる人には、惜しみなく、そうしてくれる存在です。


ギフトは。。。本当に、手を伸ばせば、もう、誰でも。
その人次第で、たくさん、手渡してもらえる、そういう時節に(5次元ですから)地球はブラッシュアップしている、本当に、受け取ることを自身に許可さえすれば、受け取れる、今はそういう地球なのですから。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  お客様の声
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page