アーカイブ
2015年07月の記事のリスト

「必勝!クレア解禁」ペンダントトップ

2015年07月31日 (金) 21 : 49








2015年7月24日のお客様の声の記事中にも話題にしておりました、こちらが、「クレアボヤンス(透視能力)が開けないかな~」という淡い期待を抱きながら、H&E社ロバート・シモンズさんの例によっての大風呂敷な^^ディレクトリ解説に書かれていた、はいはい、相乗効果ですね~♪ な石のカップリングを参考に制作して、ひそかに身に付けること2ヶ月でしょうか・・・こちらによってなのか、そのへん微妙ですが^^、なんだ、自分はクレアボヤンスぜんぜんダメダメだと思っていたけれど、けっこうできてたんじゃないか、ってことが判明しまして。

まぁ、それまでは・・・自分は「見える系はダメなのね」の意識が根強かったのですが、考えてみるとこれ作った以降に、色々色々、その経験値を上げる試み(これは、ヘミシンクのセミナーに連続で参加させていただいた経験によるところが大きい)をしているうちに・・・「あれ? そうなの? これがそうなの? クレアボヤンスってこういうことをいうの?」ということがわかりまして。
だったら、今までにだって、けっこう透け透けふわふわぼんやり気のせいかな状態ながらも、見えていたことになる・・・と実感。


その7月24日の記事にも書いているのですが(もしお読みになられていない場合には、ご面倒をおかけしますが、たぶん読んだほうが話が通じます)この「クレア」という、いわゆる五感を超えた能力には、クレアボヤンスだけではなく、いろいろ種類がございまして。
クレアボヤンス(透視能力、霊視)、クレアオーディエンス(透聴能力、霊聴)、クレアセンティエンス(透感能力、霊感)、クレアコグニザンス(透知能力、超感覚、直観、霊知)などなど。


そして、ほとんどの人間が、自分でも知らず知らずにですが、こういった感覚世界のいわゆる五感以上の感覚を使っていることも多々あり、それに本人が気がついていないだけ、みたいなことも、わりとあります。
私自身は、クレアコグニザンスが自覚できるレベルで今やそれが仕事のツールでもありますが、よくよく考えてみると、わりとずっと昔から、この能力タイプでした。
でも、どうやらまわりがそうじゃない場合も多々あるということが^^なんでなのかと不思議だったりしたものでしたが、まぁ、よく考えてみれば、人それぞれに、生きる環境信じる信念形態、もろもろ違いますので、それで当たり前なんですね。


「霊感ないから~」って言いながら、「なんとなくの感覚」を使って、みなさんが石を選んでいるということじたいが^^もうそれは超感覚によるものなのです。
その自覚がないだけなんですね。
このクレアに関しては、「自分はそんな難しそうなことできないから」って言っていると、そのようになります^^。できていても、できていることを否定してしまっているので。それ以上にはなりません。
(クレア的な能力というのは・・・あのね、それができる、って自認される方の公表している「ワザ」が^^はんぱなく凄そうじゃないですか。もう「見える」っていったら、まるで現実の世界のようなクリアな見え方をしているかのように伝えられるでしょ。だから、そのレベルでできていないと、自分はぜんぜんできていない、わからない、って勘違いしやすいんですよ。ヘミシンクのセミナーではね、そうじゃないのよね~見えるということは、って。そのツボを教えていただいたの。「なんだそうだったのか~」って。)


なので、シモンズさんの大風呂敷のアマゼツ解説も^^「そんなわけないだろう。ヘブン&アースがまた石売るためにホラふいてるよ」って思っていると、アマゼツはマダガスカル産のシェブロンアメシストのままですが・・・そっくりばかになって鵜呑みにすれば(まぁ、純粋に魔法の杖を信じる子供の心を取り戻せば、ということですが)おっしゃられるように、魔法のアメシスト、アゼツライトのエネルギーを持つアメシストなんだわ~・・・と、私は今回、発見しました。


クレア的な能力というのは、その人その人の魂の青写真に沿ったクレア能力が、徐々に開かれていく・・・そう感じます。
なので、こちらのカップリングも、そういったクレア能力の開発、ということもありますが、クレアが使えると便利♪ のような^^こと言っちゃっておすすめしている自分が言うのもあれですが、そういう便利機能がね、なんで良いのかというと・・・「ホントウの自分がどうしたいかがわかるから」なのです。こっちのほうが、便利とかなんとかよりも、数千倍大切です(汗)。
この能力を信頼できる自分になれることは、今まで自分のアタマで考えても出てこなかった答えがわかるようになる・・・(その高次ガイダンスに気づけるようになるから)という、大変オトクな^^メリットがあります。


今はもう、次元上昇が進んでいるから、本人次第でいくらでも誰でも、サイキッカーになれる時なのです。
たぶんこちらをお選びになられる方は・・・その方のガイドさんがそそのかしてくださっているのか^^、なんらかの気のせい偶然みたいな後押しあって・・・なんでかな~な感じで選んでしまうケース、ぶいぶいにクレヤ開発やる気満々で選んでしまうケース、例によって、長い説明文なんて面倒なものまったく読まずに「わぁ綺麗、これいい~」で^^選んでしまうケース、色々だとは思いますが、どのケースであっても、ボジョレー解禁のように^^クレヤ解禁時なのだろうと思われます♪


■使用石■


「アゾゼオ・アマゼツ6ミリ丸玉」「アゾゼオ・アゼツライト6.5ミリ丸玉」「アゾゼオ・サチャロカ・アゼツライト25×25×12ミリ原石タンブル」「オーウィーブルーオパール6×4ミリボタンカット」「ティファニーストーン25×16×4ミリルース」「ゼオライト(スコレサイト)10ミリ丸玉」「2012クリスタル7ミリ丸玉」「Mt.シャスタブルーオパール32×22×4ミリ原石スライス」


■クォリティと鉱物説明■

こちらは、ガイガー・ミネラル社さんの、Mt.シャスタブルーオパール使っています。
すっごく魅力的な、レア・オパール。
スピ系石屋さんでしか^^見事に流通しておりませんが、エネルギー的に太鼓判オパールですね。
いわゆるコモンオパールの健やかなヒーリングエネルギーと、シャスタの高い波動を兼ね揃えた優れものでございます。
オーウィーブルーオパールは、高品質ボタンカット。ほんとに流通量少ない頃にゲットした在庫ビーズで。丸玉で出会う日が来るとは思ってなかったな~レベルの石なので、この小ささでも高額でしたよね、そういえば。
ティファニーストーンは、宝飾用のルースです。大きさもわりにありまして。これいっこでフツウならば販売されるものではあると思います。アマゼツは、文中のご説明にもありますが、マダガスカル産のシェブロンアメシストで、ホワイトクォーツに淡いアメシストがカップリングされたシェブロンタイプのアメシスト。H&E社のものでなくてもマダガスカルのこのタイプであれば、それは即ちアマゼツということにはなるわけなんですが、ビーズではまだいちども見たことないんですよね~。基本、シェブロンアメシストは流通しているのはブラジル産がほとんどですね。
サチャロカ・アゼツライトは、アゾゼオ・バスストーンってことで以前に入手した原石タンブルなんですが。うっすら透明感もあって、なんとなくやはり天使のエネルギーっぽい石でいいですね。
まずこんなカップリングでのワイヤーペントップは、うち以外、まずないっしょ~と^^自慢できる逸品ですね。
しかも廉価でございます。

アゾゼオ・アゼツライト、アゾゼオ・アマゼツ、アゾゼオ・サチャロカ・アゼツライトはH&E社のギャランティカードのコピーをおつけします。
2012クリスタルはガイガー・ミネラル社のディビッド・ガイガー氏の直筆サイン入りのギャランティのコピーと日本語訳解説文のコピーをお付けします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2015年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「Mellow Elements」ブレスレットVol.2「1」「2」「3」

2015年07月31日 (金) 21 : 37














こちらが、2015年7月23日のお客様の声の記事中にも、再販させていただきますよ~なぜならば・・・の、お客様のご経験&私の経験のコラボレーション、すっごいエピソード満載の、メロウ・エレメントです。
(ご面倒かもしれませんが、もしお読みになられていない場合には、たぶん2015年7月23日記事を読んだほうが話が通じますので、ぜひお読みになっていただけましたらと思います~。)


先月には、みなさまに以下のように「丸投げ」させていただいておりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Next Doorはもう開いていて、私はまだ「これだ!!」というものをはっきりと見つけたわけではありませんが^^そんなふうに徐々にではありますが、移行中。
このカップリングを手にしてくださった方には、その方にとってのガイダンスがあるカップリングだと思います。(「えっ?」かもしれませんけれど^^、私がその範囲を限定することはできません~^^^^自分で見つけられます^^必ず)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


でも、よくよく読みなおしてみたら、ちゃんと、以下のように、書いてありました~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一分の疑いもなく、Beingであることを肯定できる境地であることが、何よりも大事なのね。
石のことを肯定できる感覚で自分自身を肯定すること。
私が私宛にこのカップリングからもらったメッセージは、そういう感じでしょうかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そのために必要なこと。。。
そこまで^^お膳立てを手伝ってくれるカップリングだったんですね~。


「ハートどんびらき且つ垣根ぶちこわし」
見事なものでした。


私にとってだけでなく、だれにとってもそうですが、自分で作っている垣根はやはり、取っぱらうほうが、もう段違いに、そもそも自分がとても生きやすく、心地良い状態、エネルギーマックスハイパワー状態で、結局、幸福になれるんです☆
「自分らしく、どうやったら、うまくやれるのか」を画策するよりも、さっさと手放すべきいらないものを、手放せれば。そうできる。
だって、宇宙エネルギーの支援範囲、テリトリー範囲が、拡大するわけですから。
これは大きいですよ。自分の力でリキまなくても、勝手にすいすいコトが運ぶ・・・宇宙の叡智です。


でも、それができないんですよねぇ。そう、やすやすとは・・・。
なんですよね。ふつうはね。


しかし、私だけではなく「カップリング効果の丸投げ」ながらも^^先月このカップリングをゲットしてくださいましたお客様も、しっかり、その「ハートどんびらき且つ垣根ぶちこわし」エネルギーに動かされ、ご自分らしさを表現できる、自然体でいられることの凄さを、味わっていただいております♪
私のケースなんぞは、そもそも、潜在的に自分にそれがある、っていう自覚すら^^ないところで、それが行われたわけですから。
だから、お客様にいただいた「声」がなければ、「ハートどんびらき且つ垣根ぶちこわし」が自分に行われたことに気が付かなかった^^可能性もありますね。
そうなってみて、あとから、「あ~、自分は、どっかで垣根をこさえていたんだな」の感じが、わかりましたから。


あ~そっか。
先月、あたくしは実は、本音として、「そろそろ、(自分の)証明のいらない世界を展開したいんですよねぇ」って言ってたから、それを証明してくれる方が、顕れたんだ~~~!! って^^今、気が付きました。
あ、ありがとうございました!!!


いや~。楽しいですね~。現実創造って、こうやってできていくものなのかもしれませんね。
これ全部、まさに「ほんとうの」現実に起こった話なんですから。
ならば、「愛と光の世界」だって。創造するのは、やっぱり、思っているほど難しくないものなんじゃないか、って。思えてきました。


「ハートどんびらき且つ垣根ぶちこわし」実はそれが、前代未聞の能力展開をしていける、自由度の高い状態になれる、「強力な個」でいることが可能になる・・・宇宙の法則を、絵に描いたような、後押しの力を受け取ることができるメソッドです。
こんな途方も無いことを・・・難なく^^できるようにサポートするんだから、彼らは凄い。
経験してみたい方は、ぜひどうぞ、な、イチオシものです♪♪♪



■使用石■


「タンザナイト11ミリ丸玉」「ロードクロサイト(アルゼンチン)10ミリ丸玉、6×3ミリロンデル」「ゴッシェナイト25×18×7ミリオーバル、8ミリ128面カット丸玉」「アクアマリン13ミリ丸玉、9×5ミリロンデル」「グリーンベリル8ミリ丸玉」「モルガナイト12ミリS字スクリューカット丸玉」「ゴールデンダンビュライト6ミリ丸玉」「タイチンゴールドルチルクォーツ6ミリ強丸玉」「シルバールチルクォーツ10ミリ丸玉」「デュモルチライトinクォーツ5ミリ丸玉」「レムリアンシードクリスタル8ミリ、6ミリ丸玉」「AZOZEOアゼツライト6ミリ丸玉」


■クォリティと鉱物説明■


すべてハイクオリティなVol.1のタイプに比べると、ベリル系ビーズ、タンザナイト、ロードクロサイトのグレードは下がります。
とはいえ、ではこちらのグレード品質が悪いのか、といえばそうではなく、Vol.1が全部大玉で超高品質なだけです。

ゴッシェナイトはごらんの様に、完全な透明ではなく、色のないホワイトベリル、というビーズ。
わずか~~~に、アクアマリンっぽい緑味が入るかな~っぽい感じもあるのですが、そういった色味のアクアマリンビーズに比すると、限りなく「白」というような色合い。
完全なホワイトと言えるベリルじたいが少なくて、たとえば透明度のあるベリルビーズでも、いずれかの色味がかすかにあったりします。
(だから透明ゴッシェナイトは希少で高価なわけなのですが)

アクアマリン大玉はうっすらと透明感もある、ディープカラー。今アクアマリンもどんどんお値段が上がっている石。昔は(といっても10年前くらいですけれど)このくらいの品質でしたら、お値ごろでご用意できたんですが、今は透明感のあるものは厳しいですね。なんだかんだ言って、人に好まれる石というのは、すべて値段があがってしまっています。
モルガナイトも透明感があって高品質です。
タンザナイトは、透明感のある部分もあってきれいなのですが、少し白っぽい色むらが入る部分もあるビーズ。
ロードクロサイトはアルゼンチン産で、Vol.1よりグレード下がるといってもそれは透明感の部分でして、いまどきですと、こちらはこちらで石サイズも大きく発色の良い高品質アルゼンチン産ロードクロサイトの部類です。

金ルチルは美しい金色太針、高品質タイチンルチル。
シルバールチルも銀色針の入りが綺麗、少し内傷もありますが、母体水晶の透明度が高く綺麗な玉です。

水晶はレムリアンシードクリスタルの丸玉を使っていますが、この丸玉、そういうメタフィジカルがどうこうっていうこと抜きにしてもですね、通常の水晶と比べても、いわゆる5A以上のGAX級、というタイプの最高品質なので、美しい他の石がより映えるんですよね~。

美しいデュモルチライトinクォーツはVol.1と同ロットの品質です。

AZOZEOアゼツライトはH&E社のギャランティカードコピー、レムリアンシードクリスタルは、卸元のギャランティカードコピーをおつけします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2015年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「Mellow Elements」ブレスレットVol.1

2015年07月31日 (金) 21 : 36








こちらが、2015年7月23日のお客様の声の記事中にも、再販させていただきますよ~なぜならば・・・の、お客様のご経験&私の経験のコラボレーション、すっごいエピソード満載の、メロウ・エレメントです。
(ご面倒かもしれませんが、もしお読みになられていない場合には、たぶん2015年7月23日記事を読んだほうが話が通じますので、ぜひお読みになっていただけましたらと思います~。)


先月には、みなさまに以下のように「丸投げ」させていただいておりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Next Doorはもう開いていて、私はまだ「これだ!!」というものをはっきりと見つけたわけではありませんが^^そんなふうに徐々にではありますが、移行中。
このカップリングを手にしてくださった方には、その方にとってのガイダンスがあるカップリングだと思います。(「えっ?」かもしれませんけれど^^、私がその範囲を限定することはできません~^^^^自分で見つけられます^^必ず)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


でも、よくよく読みなおしてみたら、ちゃんと、以下のように、書いてありました~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一分の疑いもなく、Beingであることを肯定できる境地であることが、何よりも大事なのね。
石のことを肯定できる感覚で自分自身を肯定すること。
私が私宛にこのカップリングからもらったメッセージは、そういう感じでしょうかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そのために必要なこと。。。
そこまで^^お膳立てを手伝ってくれるカップリングだったんですね~。


「ハートどんびらき且つ垣根ぶちこわし」
見事なものでした。


私にとってだけでなく、だれにとってもそうですが、自分で作っている垣根はやはり、取っぱらうほうが、もう段違いに、そもそも自分がとても生きやすく、心地良い状態、エネルギーマックスハイパワー状態で、結局、幸福になれるんです☆
「自分らしく、どうやったら、うまくやれるのか」を画策するよりも、さっさと手放すべきいらないものを、手放せれば。そうできる。
だって、宇宙エネルギーの支援範囲、テリトリー範囲が、拡大するわけですから。
これは大きいですよ。自分の力でリキまなくても、勝手にすいすいコトが運ぶ・・・宇宙の叡智です。


でも、それができないんですよねぇ。そう、やすやすとは・・・。
なんですよね。ふつうはね。


しかし、私だけではなく「カップリング効果の丸投げ」ながらも^^先月このカップリングをゲットしてくださいましたお客様も、しっかり、その「ハートどんびらき且つ垣根ぶちこわし」エネルギーに動かされ、ご自分らしさを表現できる、自然体でいられることの凄さを、味わっていただいております♪
私のケースなんぞは、そもそも、潜在的に自分にそれがある、っていう自覚すら^^ないところで、それが行われたわけですから。
だから、お客様にいただいた「声」がなければ、「ハートどんびらき且つ垣根ぶちこわし」が自分に行われたことに気が付かなかった^^可能性もありますね。
そうなってみて、あとから、「あ~、自分は、どっかで垣根をこさえていたんだな」の感じが、わかりましたから。


あ~そっか。
先月、あたくしは実は、本音として、「そろそろ、(自分の)証明のいらない世界を展開したいんですよねぇ」って言ってたから、それを証明してくれる方が、顕れたんだ~~~!! って^^今、気が付きました。
あ、ありがとうございました!!!


いや~。楽しいですね~。現実創造って、こうやってできていくものなのかもしれませんね。
これ全部、まさに「ほんとうの」現実に起こった話なんですから。
ならば、「愛と光の世界」だって。創造するのは、やっぱり、思っているほど難しくないものなんじゃないか、って。思えてきました。


「ハートどんびらき且つ垣根ぶちこわし」実はそれが、前代未聞の能力展開をしていける、自由度の高い状態になれる、「強力な個」でいることが可能になる・・・宇宙の法則を、絵に描いたような、後押しの力を受け取ることができるメソッドです。
こんな途方も無いことを・・・難なく^^できるようにサポートするんだから、彼らは凄い。
経験してみたい方は、ぜひどうぞ、な、イチオシものです♪♪♪



■使用石■


「タンザナイト12ミリ丸玉」「ロードクロサイト(ペルー)12ミリ丸玉」「ゴッシェナイト12ミリ丸玉」「アクアマリン12ミリ、10ミリ丸玉」「ディープ・ブルーアクアマリン10ミリ丸玉」「モルガナイト12ミリ丸玉」「ゴールデンダンビュライト10ミリ丸玉」「タイチンゴールドルチルクォーツ10ミリ強丸玉」「シルバールチルクォーツ11ミリ丸玉」「デュモルチライトinクォーツ5ミリ丸玉」「レムリアンシードクリスタル10ミリ丸玉」「AZOZEOアゼツライト10ミリ丸玉」「カレンシルバー9×10ミリ」


■クォリティと鉱物説明■


すべてハイクオリティ!! オール高品質、発色がとんでもなくオッケー、すべてスケスケの「透明」玉という、おそるべき品質の^^大玉ブレスです~。
こういうのをやってみたかったんですよねぇ。
欲深いでしょうか^^。
ないんならまぁ、できませんけれど、こういう石もまぁ、この世にはあるにはあるわけで。ただ、こういう品質はビーズでは非常に限られますし。もちろんお値段はりますし。それにベリル系も今この品質はたとえ探してもこんな大玉ではなかなかない品質なのでして。ホントウよ~^^。いずれ・・・って思っていると、天然石の世界は待っててくれません~。

ゴッシェナイトは、「高次コンセント」のところでもご説明してましたが、再度のご説明。
不純物がなく、このように非常に透明度が高い高品質な原石は宝石として流通するため、ビーズでは大変珍しいため、こちらは稀に見るレアビーズです。という^^レベルです。
実は・・・当然ですが、やはりお高いので^^、大玉は・・・と少し考えましたが、どうしてもデカ石好きの血が騒ぎまして^^、採算とか売れなかったら困るとか^^そういうけちな考えは捨てることにしました。
そもそも見た目には無色透明なため、水晶や他の無色透明な石と、ぱっと見の違いはぜんぜんわからないわけですが、ベリルですので、水晶系のストーンとは質感がまったく違います。
とはいえ見た目は無色透明の丸玉ですので、これこそ、モノ好きにしかわからないレア度満載系とも言えますので、まったく一般的ではありません。
・・・一般的ではありませんが、透明無色ベリル・・・エネルギー的に^^太鼓判かも。

このタンザナイト12ミリは紫色なんです~。透明で、紫色。青みがほとんどない藤色という感じの色で、大玉。ものすごく綺麗ですよ。
ロードクロサイトはペルー産でトマトのような色で、透明。

金ルチルも美しい金色太針、タイチンぎらぎら、シルバールチルも針の入りが綺麗、母体水晶透明度高い、ハイクォリティルチル。

水晶はレムリアンシードクリスタルの丸玉を使っていますが、この丸玉、そういうメタフィジカルがどうこうっていうこと抜きにしてもですね、通常の水晶と比べても、いわゆる5A以上のGAX級、というタイプの最高品質なので、美しい他の石がより映えるんですよね~。
(先々月、レムリアンビーズ使った作品お出しした時に、それをお伝えし忘れてました~。透明度が抜群なんですよ、このレムリアン。買ってくださった方、気づいていただけましたでしょうか^^。まだ少し6ミリ8ミリが残っていて、14ミリ大玉はまた大玉仕入れておきましたので^^来月またなんらかのレムリアンものはできるかな~と思います~。)

せっかくなので美しいデュモルチライトinクォーツも入れてみたところ、これがまた^^超マッチしてるんですよ。大玉の中に一粒だけちっこい丸玉、なのにバランスいいんです。

お写真、ライト当ててるので、なんだか人口石並に^^どぎつく鮮やかに映っちゃってますが、実際、発色がすばらしいので、ライト当てるとよりそれが強調されちゃうというか^^こうなっちゃうんです~。実物はもっとソフトですがくすんではおらずクリアです。
実物のお色目がわかりづらいかもなのですが、高品質石ブレスに目がない方には、たぶん相当リーズナブル価格で太鼓判ですよ。
また「お安すぎるのでは?」って^^あたしは言われちゃうのかな^^。
使っている石考えるともっとお高くするべきなのかもしれないんですが、まぁ、買っていただきたいわけなので^^。
考えてみると、これ制作するためのオールコストという点では、たしかにぜんぜん採算性はない^^儲からない仕事のしかたをしている私ですね。だれか儲かる仕事のしかたを教えてください^^。
(・・・と6月末に言っていた自分は、卸元さんに教えてもらいました。「安く売り過ぎです」^^。そりゃ儲かりません。でも・・・自分が儲かるのもいいけど、実際に手にしてもらって石に仕事してもらえる機会が増えるのには・・・やっぱり、なるべく手にしていただきやすい価格のほうがね、いいと思うんですよ~、あたしはね)

AZOZEOアゼツライトはH&E社のギャランティカードコピー、レムリアンシードクリスタルは、卸元のギャランティカードコピーをおつけします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2015年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page