アーカイブ
2014年09月18日の記事のリスト

ブレスレットのご感想をいただきました27

2014年09月18日 (木) 05 : 36
「シックスセンス・トルネード」ブレスレットのご感想をいただき掲載の許可をいただきましたので、掲載させていただきます。
このカップリングは定番商品化してもいいんじゃないか^^と思える秀作おすすめカップリングかもしれませんね。そのように感じます。
今年もあと4か月切りましたし、年内にもう一回くらい、できたらやりたいですね。


(転載ここから)

先日、購入させていただいた、シックスセンス・トルネードブレスレット1ですが、着けていると、とても暖かくて気持ちがいいので、驚いております。毎日のように、寝るときにブレスをはめていますし、仕事に行くときにも、常にポケットに入れて携帯しています。(ポケットに入れているときは、なにも感じることができないのですが・・・鈍感かもです。)
神崎様のように、夢はあまり見ないのですが、今まで、ブレスを付けて、熱くなるやしびれる等は、よく感じているところですが、このような感覚は、はじめてで、非常に驚いております。ありがとうございました。

(転載ここまで)


ご本人様にもお伝えしたのですけれど、「あたたかくて気持ちがいい」それこそが、ご本人様の本質・・・なのでして。
慈悲深く暖かいご自身のエネルギーです。
(「これ身に着けてるとなんだかものすご~く「楽しい気持ち」になってしまうんですがどうしたら」のような「愉快な」あたくしの本質とは^^かけ離れていらっしゃいます・・・(汗))
私たちは、自分自身のそれさえわからないくらいに、この三次元では、もうもう、幾重にも、「自分で自分がわからなくなる」もやもやとしたストレスフルな空気の中に身をさらして、小さきものとして、つつましく小さな身体の中に納まって生きているわけですよ。

でも本当はこんな容積の中には納まりようがない、広大な宇宙を内包しているのが、私たちひとりひとりの魂・・・それが実相です。
このカップリングは、それを思い出させるんですね。




こちらも同じく「シックスセンス・トルネード」ブレスレットのご感想をいただき掲載の許可をいただきましたので、掲載させていただきます。

(転載ここから)

いつもお世話になっております。〇〇と申します。
ご連絡遅れまして、申し訳ありません。
お品は無事に届いております。
おまけまで、いただきまして、恐縮です。
でも、どうもありがとうございました。

届いたお品を拝見しまして、すごく大ぶりなものでびっくりしました。
大きさの情報など記載されているのですが、
お写真を拝見する限りでは、ここまで大ぶりな
ものとは思いませんでした。
それにすごく綺麗で気に入っております。

そういえば、以前販売されていらした同じタイトルの
お品の廉価版を購入させていただいていた
ことを思い出しました。
結構前だったのですね。そんなに時間がたっているとは不思議です。

なんとなくですが、その頃からすれば、少しは
変わっているように思います。
上手く説明出来ないのですが…。

では、この度はどうもありがとうございました。

(転載ここまで)



「うまく説明できない」ことを、無理に説明してくださらなくて、大丈夫ですよ。
ご本人様が、なんとなく少しは変わっている(たぶんいいほうに)ということがわかっていらっしゃるのなら、じゅうぶんではないかと思います。


そうそう、こちら、いただいたメールの文中でもお伝えいただいてるんですが・・・


うちのブレスレットは「石サイズが大きい」傾向があります☆
レアストーンや、いわゆる高額な石に関してはこの限りではないのですけれど(希少石の大玉はやはりなかなかコンスタントに気軽にお求めやすいような価格帯でご用意させていただくのは若干厳しいものがありまして)うちの玉サイズのメインは、女子ブレスにありがちな「6ミリ、8ミリ丸玉」というよりは、「10ミリ、12ミリ玉」くらいがメインストーンサイズであることがわりと多いです。
わたしのところでは、その女子ブレス系の8ミリ玉あたりが玉サイズの上限のブレスは「華奢」なブレスという扱いですが、多分、世間一般ではそっちのほうが多いのかもしれません。


12ミリ玉くらいまでのサイズは、「大玉」と私は呼んでおりませんです。でもたぶん、12ミリ玉は、人によってはものすごく大きいのかもしれません。
近年は、石の仕入れ値段が全体的にけっこう上がってきちゃってまして(笑)わりとこれ、一年前くらいから石ビーズ市場、値上がり傾向にあることがわかってきて、ひそかに小出しに叫び続けてきてる私なんですが^^、だからそろそろ華奢ブレスへのシフトも必要なのかなぁ・・・と「心にもないことを」思いながらも、やっぱり心にもないので^^、今のところは大ぶり石傾向の方針(というわけでもないですが。自然にやっててそうなるだけ)は、大きく変えるつもりはありませんけれど、華奢なブレスも嫌いなわけではありませんし、そういうブレスがお好きな方もいらっしゃるかとも思うので、バランスよくお出しさせていただけるようにしたいかな、と思っています。


そんな12ミリ玉までは大玉とは呼ばないパワーストーン・ワークスですが、14ミリ玉以上、16ミリ18ミリあたりを使って制作しているものなどに関しては、もちろんひとつひとつサイズ表記もしていますし、クォリティ説明のところで、ようやく「大玉」ってお伝えしております。


あの・・・たとえば、8ミリ玉と16ミリ玉って。
平面の数字上では、単純に「2倍」ですよね。
しかし、平面ではなく容積ですから^^。そこにはサイズ表記以上の大きさの違いがあります。


わりと先月のお品、「実物の大きさにびっくり」「こんなに大ぶりだと思ってなかった」って、何名かの方に、大きくて存在感あって驚きました~とお伝えいただいている印象がありましたので。
スペックはもちろんご購入時にご覧いただいて確認していただいているとは思うのですが、もしイメージできなかったら、紙に書いて「うぉぉ」とイメージしてみてください☆
(私はよくやります、これ)


石ビーズを長きに渡って扱ってきている私の感覚では、「よっぽど大玉じゃないと」大きい、って感じしない^^のね。
もともとが、もう最初から、デカ石好きなもので。
で、そういう私ですので、ほとんどのブレス、おっきい石だな~と思って写真撮影しているわけじゃないので、そういう意識の人間が撮ってるからなのか、お写真では、玉サイズの大きさなりの迫力が映し出されていないようです。
(なので今後は「おっきいな~」って思いながら^^写真撮ります)


なので、華奢系女子ブレスを想像されて、もしお写真をご覧いただいているとしたら、「想像より確実に大ぶり」って^^思ってもらったほうがいいかもしれません。スペックを見ていただいて、「8ミリ、6ミリ」が玉サイズの上限なブレスの場合は、だいたい一般的な細身女子ブレスかと思いますが、うちではそのパターン、まずほとんど見かけませんです(見かけない・・・じゃなくて^^あんまり作ってない、ですね)。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  お客様の声
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page