アーカイブ
2014年07月の記事のリスト

「SPEED ~実現と実感のパラレルへ~」ピアス

2014年07月31日 (木) 21 : 56






「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

石部分全長4.3センチ。
金メッキ真鍮製パーツ、チタンポストピアスを使用しています。
イヤリングパーツへの変更も可能ですので、お申し込み時にお申し付けください。
(こちらは同等商品の制作はできません。)


♪♪♪セット割引♪♪♪

お揃いのネックレス、ブレスレットといっしょにご購入の場合は、1,000円割引のお取扱いとさせていただきます。

__________________________


再販モノがいっぱいあると、今月、文章書くの手抜いてる~って思われちゃうかな? 新しい石の組み合わせネタに手詰まりか? みたいに思われちゃうかな~という、人目を気にする自分^^もいたりしますが、今月、作りたかったので。
(けっこうですね、再販したいものって、自分、ないわけじゃないんですよね。ただしつこいかな~とかまぁ、マインドがはたらいてやめとこ、って)


SPEEDはこれでそれでも4回目?なんですかね~。
いちばん直近で2012年の3月で、それ以降はやっていなかったみたい。
私の十八番なんですけれどね^^。


「自分に必要なことを連れてくる、それもかなり早く」
SPEEDのこれを・・・まさに今日さきほど、経験してしまいました。


手短にお話しすると・・・(あんまり手短でもないですが)
スピリチュアルサイト「破・常識 あつしの歴史ドラマ ブログ!」さんの7月26日アシュタールさんメッセを読んで、「後ろではなく、前ではなく、横にいる仲間」という記述に・・・「自分にはいないな・・・そういうの」と思いまして。
それを読んでから、外出しました。千駄ヶ谷へ、お散歩です、単なる。
・・・その外出先で。「横」に^^。唐突に。出現したのです。
いやまじ、本当の話です。
(帰ったら「SPEED」の文章に取り掛からなきゃ・・・って思ってはいたんですが^^まさに出先でネタを拾うとは)


その方は、縄文時代の人々の争いのない調和のエネルギーと弥生時代に入ってからの人々の争いのエネルギーの違いを話されていて(縄文時代の遺跡の人骨には損傷がない(争いの痕跡がない)のに、弥生時代の遺跡の人骨は争った損傷のある骨ばかりらしいそうです)、でもわれわれには縄文人の血が流れている。それを思い出す人はこれからもどんどん増えて行く、って確信できてきた。自分のまわりにはこういう話が通じる人、今の世の中がおかしいんだ、ってちゃんと気づいている人がすごく増えてきている印象があって。今日もあなたに出会った。
だから、間違いなく縄文時代のような争いのない平和で穏やかでむさぼらない、資本主義の世界の中で優劣を競ってあくせくしない、それぞれが自分の好きなこと得意なこと本当に心からやりたいことをしながら、楽しく平和に生きていける世界を実現できるはずなんだ、ってますます感じる・・・そうおっしゃっていました。
ふたりでえんえん「どうしたら、なにをしたら」世界がそのようにできるのかについて、話をしましたが、そのノウハウについての答えは出ずじまいでしたけれど。


でも私は話をしながら、左腕のSPEEDに気が付いていて。
小一時間前に、「自分の横にはそんなスピ仲間はいねえよ」って^^ちょっと寂しいような毒づくような気持ちだったことを思い出しまして。
それが「横」に速攻、顕れたことにもうびっくりです。
(きっかけは、私が身に着けていた「スピリットクォーツ」のネックレス。その方は石のエネルギーがわかる石好きさんだったのです^^。人間と石との太古の昔からのかかわり、共生の歴史についても話されていました・・・「石といっしょに生きてきた、そのことがわからない、思い出せない現代人のほうがたぶん珍種」ということを^^おっしゃってましたね。。。すごいな~)


あとから感じました。
「なにごとも、自分の中だけで、「そんなのいないよな~自分には」だとか、見ようとも知ろうともせず、その前に自分で決めつけてるだけなんだな・・・人間、「そんなことあるわけない」ってどっかで現状をあきらめてたり、変えられることを疑ってたりするけど、その疑いはきっとやっぱり必要ないんだ」と。


私は実感値として、自分の周囲に、今の世界のおかしさに本当に気づいている人がそんなにいるかなぁ・・・っていう思いも多少あっただけに・・・普通に歩いていて、そういう人がわんさか出てくるなら、もう世の中はそれこそあと一歩でぐるん、とひっくりかえるではないか、と。
そうよね? 実は世界はすでに、本当は自分も気づいているよ~、・・・って人だらけ^^だったりするんじゃないだろうか、言わないってだけで。
もしそうなら、権力、権威の世界、既得権の世界、暴力の脅威の世界、お金がないと生きていけないよ~働けごるぁな^^、我々が安心を得るための保険としてそういったものを争って得ることが、生存条件の義務のように演出され存在するかのような世界は、やっぱりもうそろそろ終わるんじゃないのかな。
もし人が「仕事」というものをしたいのなら・・・それは「喜び」のため、それだけ。
もし人が自分を維持したいのなら・・・それは生存競争のためや喪失への恐れからではなく、「喜びの世界を表現する、創造する、楽しむ」ため、それだけ。
誰も急がなくていい、誰もなにかを押し付けられることのない、存在すべてに価値があることを認め合える世界。


こういうふうに現実化がすばやい、その人に必要な現実を速攻連れてくる「へい!おまち!」なSPEEDです。
連れてきてもらった先にどう行動するかは、もちろん、またそこでそれぞれに委ねられますけれどね。


■使用石■



「ペリドット5×4ミリロンデル」「レモンクォーツ9×7×6ミリタンブル」「ウランガラス11×11×4ミリスター」「チェコグラスビーズ4ミリ」「富士山溶岩5ミリ丸玉」



■クォリティと鉱物説明■

ピアスは、どちらかというと、この組み合わせの中では一見メインではない脇役ストーンたちが集まっているのですが、発色がすばらしいレモンクォーツ、ペリドット、富士山のラヴァストーンとウランガラスのコンビネーションが、とても綺麗なピアスです。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2014年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「SPEED ~実現と実感のパラレルへ~」ネックレス

2014年07月31日 (木) 21 : 55














「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ネックレス長さは45センチです。
ナイロンコートワイヤー、シルバー925パーツを使用しています。
(こちらは同等商品の制作はできません。)


♪♪♪セット割引♪♪♪

お揃いのブレスレットといっしょにご購入の場合は、1,000円割引のお取扱いとさせていただきます。

__________________________


再販モノがいっぱいあると、今月、文章書くの手抜いてる~って思われちゃうかな? 新しい石の組み合わせネタに手詰まりか? みたいに思われちゃうかな~という、人目を気にする自分^^もいたりしますが、今月、作りたかったので。
(けっこうですね、再販したいものって、自分、ないわけじゃないんですよね。ただしつこいかな~とかまぁ、マインドがはたらいてやめとこ、って)


SPEEDはこれでそれでも4回目?なんですかね~。
いちばん直近で2012年の3月で、それ以降はやっていなかったみたい。
私の十八番なんですけれどね^^。


「自分に必要なことを連れてくる、それもかなり早く」
SPEEDのこれを・・・まさに今日さきほど、経験してしまいました。


手短にお話しすると・・・(あんまり手短でもないですが)
スピリチュアルサイト「破・常識 あつしの歴史ドラマ ブログ!」さんの7月26日アシュタールさんメッセを読んで、「後ろではなく、前ではなく、横にいる仲間」という記述に・・・「自分にはいないな・・・そういうの」と思いまして。
それを読んでから、外出しました。千駄ヶ谷へ、お散歩です、単なる。
・・・その外出先で。「横」に^^。唐突に。出現したのです。
いやまじ、本当の話です。
(帰ったら「SPEED」の文章に取り掛からなきゃ・・・って思ってはいたんですが^^まさに出先でネタを拾うとは)


その方は、縄文時代の人々の争いのない調和のエネルギーと弥生時代に入ってからの人々の争いのエネルギーの違いを話されていて(縄文時代の遺跡の人骨には損傷がない(争いの痕跡がない)のに、弥生時代の遺跡の人骨は争った損傷のある骨ばかりらしいそうです)、でもわれわれには縄文人の血が流れている。それを思い出す人はこれからもどんどん増えて行く、って確信できてきた。自分のまわりにはこういう話が通じる人、今の世の中がおかしいんだ、ってちゃんと気づいている人がすごく増えてきている印象があって。今日もあなたに出会った。
だから、間違いなく縄文時代のような争いのない平和で穏やかでむさぼらない、資本主義の世界の中で優劣を競ってあくせくしない、それぞれが自分の好きなこと得意なこと本当に心からやりたいことをしながら、楽しく平和に生きていける世界を実現できるはずなんだ、ってますます感じる・・・そうおっしゃっていました。
ふたりでえんえん「どうしたら、なにをしたら」世界がそのようにできるのかについて、話をしましたが、そのノウハウについての答えは出ずじまいでしたけれど。


でも私は話をしながら、左腕のSPEEDに気が付いていて。
小一時間前に、「自分の横にはそんなスピ仲間はいねえよ」って^^ちょっと寂しいような毒づくような気持ちだったことを思い出しまして。
それが「横」に速攻、顕れたことにもうびっくりです。
(きっかけは、私が身に着けていた「スピリットクォーツ」のネックレス。その方は石のエネルギーがわかる石好きさんだったのです^^。人間と石との太古の昔からのかかわり、共生の歴史についても話されていました・・・「石といっしょに生きてきた、そのことがわからない、思い出せない現代人のほうがたぶん珍種」ということを^^おっしゃってましたね。。。すごいな~)


あとから感じました。
「なにごとも、自分の中だけで、「そんなのいないよな~自分には」だとか、見ようとも知ろうともせず、その前に自分で決めつけてるだけなんだな・・・人間、「そんなことあるわけない」ってどっかで現状をあきらめてたり、変えられることを疑ってたりするけど、その疑いはきっとやっぱり必要ないんだ」と。


私は実感値として、自分の周囲に、今の世界のおかしさに本当に気づいている人がそんなにいるかなぁ・・・っていう思いも多少あっただけに・・・普通に歩いていて、そういう人がわんさか出てくるなら、もう世の中はそれこそあと一歩でぐるん、とひっくりかえるではないか、と。
そうよね? 実は世界はすでに、本当は自分も気づいているよ~、・・・って人だらけ^^だったりするんじゃないだろうか、言わないってだけで。
もしそうなら、権力、権威の世界、既得権の世界、暴力の脅威の世界、お金がないと生きていけないよ~働けごるぁな^^、我々が安心を得るための保険としてそういったものを争って得ることが、生存条件の義務のように演出され存在するかのような世界は、やっぱりもうそろそろ終わるんじゃないのかな。
もし人が「仕事」というものをしたいのなら・・・それは「喜び」のため、それだけ。
もし人が自分を維持したいのなら・・・それは生存競争のためや喪失への恐れからではなく、「喜びの世界を表現する、創造する、楽しむ」ため、それだけ。
誰も急がなくていい、誰もなにかを押し付けられることのない、存在すべてに価値があることを認め合える世界。


こういうふうに現実化がすばやい、その人に必要な現実を速攻連れてくる「へい!おまち!」なSPEEDです。
連れてきてもらった先にどう行動するかは、もちろん、またそこでそれぞれに委ねられますけれどね。


■使用石■


「モルダバイト5ミリ丸玉」「リビアングラス4ミリ丸玉」「アイアン・メテオライト(ムオニナルスタ隕鉄)33×10×4ミリペンダントトップ」「テクタイト14×6×5ミリフラット磨きオーバルタンブル」「ペリドット5ミリ、4ミリ丸玉、4×2ミリロンデル」「パイライト6×4ミリボタンカット」「レモンクォーツ約10×7~8×6~7ミリタンブル」「ウランガラス6ミリ多面カット丸玉」「トルマリン(ピンク、グリーン)4~7×5×5ミリ結晶タンブル、5ミリ、2ミリ丸玉」「富士山溶岩5ミリ丸玉」「チェコグラス本金メッキ2ミリ」「2012クリスタル6ミリ丸玉」


■クォリティと鉱物説明■

美しいモルダバイト、リビアングラス、今回アイアン・メテオライトのプレートペンダントトップ。
そこに宝石質ペリドット、宝石質レモンクォーツ、パイライト、ウランガラス、富士山溶岩、トルマリンビーズです。
トルマリンの結晶ビーズは透明感もあって綺麗です。
ペリドット、レモンクォーツの発色、透明感が良く、そこにウランガラスのイエローが入り、全体的にとても明るい仕上がり。
2012クリスタルは、初登場6ミリ玉ですが、フロストタイプの水晶で、ここにとても合っていますね。

2012クリスタルは、ガイガーミネラル社のディヴィット・ガイガー氏の直筆サイン入りのギャランティ・コピーと、2012クリスタルの日本語説明文をおつけします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2014年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「ジパング version2」ブレスレット

2014年07月31日 (木) 21 : 48










「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ブレスレット内寸約15.5センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

__________________________


version2は、え? ぜんぜんversion1と違う組み合わせなのに、同じタイトルでいいのか? って話なんですが。
同じタイトルでいいんです~。
実はこっちが先にできた「ジパング」なの。


ゴールドが蒸着されたアクアオーラ。ゴールド針の入ったルチルクォーツ。
金コーティングとアクアオーラのようなコーティングのチェコグラスビーズ。
&2012クリスタル。


金という希少金属を採鉱しにその昔地球にやってきていたアヌンナキという宇宙人が、「あ~もう自分たちで金掘るのしんどいんだけど。誰か代わりに掘ってもらいたいな~」ということで、その労働のために作ったと言われるのが、そもそもの「人間」という形の始まり・・・なんて話、聞いたことありませんかね?
けっこうがっくりしちゃう^^話なんですけどね~。
(20万年前のアヌンナキの都市なんてものも、アフリカのほうで見つかっているみたいですし~)
まぁでも、「金」と人類というのは、そういうふうに深くかかわりがあるのだ~ということを、感じる話ではあります~。


アクアオーラが、金の被膜で覆われているのに金色ではない理由は、金には細かくなると色彩が変わるという特性があるからだそうです。
金原子の塊の大きさが極めて小さく(ナノサイズ)なると、プラズモンによる振動は塊の外面にも影響を与え、塊の表面も振動を始め水晶に蒸着された金(アクアオーラ)の場合、その振動の振動数が、緑青色の光の振動数と一致するそうです。
アクアオーラに可視光があたると、共鳴現象が発生し、緑青色の光の強度を、数100倍以上に強くして、反射するので、金色の反射光は目立たなくなり、アクアオーラは水色(緑青色)になる(見える)、ということでした。


・・・って、上記のように、自分で昔記事にしていたんですが。
すべては「振動」「光」のなせる技なり、です。
そのものの質は変わらなくても振動数の変化で物質の見た目は変わるんですね・・・・・。
「願いを叶える石、アクアオーラ」そんな風に、その昔このアクアオーラについて、ご紹介記事を書いていた自分^^なんですが、つまり私たちも、このアクアオーラと同じってことなんだよな~、振動数を上げること、変幻自在であることを信じられるか、信じられないか・・・願いを叶えるというよりも、もはや、自分にそれができるかできないかの「信心」だけの問題だと^^、そういうことかもしれませんね。


あれ、やっぱり最後は「ジパング version1」に出てきた、ジパングの歌詞の解釈と同じような結論となってしまいました^^。



■使用石■


「アクアオーラ14ミリ丸玉」「ゴールドルチルクォーツ15ミリ丸玉」「チェコグラスビーズ14ミリメロンカット」「2012クリスタル8×4ミリボタンカット」「カッパーK18コートロンデル7×4ミリ」


■クォリティと鉱物説明■

アクアオーラは大玉なのですが、クラックや蒸着のムラがなく、美しい仕上がりの玉です。
アクアオーラ系水晶は、どうしても蒸着時の温度で水晶にひびが入りやすいんだそうで、玉サイズが大きいものほどヒビと蒸着のムラが目立ちやすく、また、丸玉のほうが難しいようです。
ですが、こちらはUSA製だそうですけれど、綺麗なんですよね~。

チェコグラスビーズは、チェコのガラス職人さんのお手製ガラスビーズです。
ガラスぅぅ~、って思われる方には不向きなんですが、どうしてもこの2color、天然石だとないんですよね~ってことで組み合わせてみたら、ばっちりだったもので。。。
ちなみにマンメイドガラス、大きさあるものは、天然石よりも金銭的な話で言えば高かったりすることもしばしばあるんですよ~。こちらもそういう類でして。

ゴールドルチルクォーツは、針の入りは少しばらつきありますが、母体に透明度が高く、細かい金針が綺麗に入るタイプの大玉です。
大玉なのにクラウドがないという点での品質は良いルチルクォーツと思います。

2012クリスタルは、ガイガーミネラル社のディヴィット・ガイガー氏の直筆サイン入りのギャランティ・コピーと、2012クリスタルの日本語説明文をおつけします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2014年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page