アーカイブ
2014年02月08日の記事のリスト

明日は都知事選

2014年02月08日 (土) 17 : 48
すごい雪ですね!! 浄化、そして、関東地方を冷やしている(冷静にさせる)ための大雪なんですね。


今日は、新宿アルタ前での、細川純一郎組の最終演説を見に行こう、って、昨日決めていたんですけれど、やめときました。
(ナマ純一郎見れるのも^^たぶんそうそう機会はないだろう、って思ったんだけど)
自分、買わなきゃ買わなきゃと、大雪が降るたびに思いつつ、長靴買ってなかった・・・ということに気が付き^^。
たしか去年も、積雪でアイスバーンになっていた、マンション出た目の前でするん! と一度転びましたので^^。
と言いつつ、これ書き終えたら、もしかしたら、やっぱり行こうかな・・・と行ってくるかも。
歩いていくつもりだったけど、考えてみたら、電車一駅ですしね。
うちから駅までの5分の道のりが難関なだけですから。


彼らの姿を見ていると・・・同じ人生の中で、180度の転換ができる、カルマ返上が同一人物の人生の中でできることの凄さ、そして、それは今この時節だからこそ可能なのだ・・・ということを感じます。
たぶん、もう、私たちには「後がない」ところに立っているのです。


さて、カルマというものについて、メールをいただき。


私は、「これがカルマだよ」ということに気づくのは、もちろん、自分の人生を良くしていくためにも必要なことというか、そういうものを受け入れて行くことができると、結果的にのちに人生が上向きになっていくことは事実なので、もちろん大切だと感じますが、それはただ、自分の人生が幸福になるのならそれでいい、という、ことではないんです。


細川純一郎組のやっていることも、そこにかぶります。
彼らは黙っていれば、いいご身分のご隠居さんでいられた・・・もう人生のそんなに先も長いわけではないし、ストレスの多い、敵の多い、ああいった政治の世界で、しかも「過去の自分のまちがいを認める姿」をさらしつつ、方向転換を、大勢の人にうったえる役割をまた情熱を持って引き受ける・・・。
いったん引退することで、それぞれに気づきがおありだったのでしょう。
お年を召されて、本当の心の奥底で気づいていたことを、いてもたってもいられず、「本当のこと(魂の声)」のために生きたくなった・・・そういう姿なのではないでしょうか。


カルマとはどういうものかを教えてくださった、そのいただいたメールに当てた、私の返信部分、以下に貼り付けます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


> とかく鈍い人ほどショックが大きいことが起こります。


はい、そのとおりです^^。

これから、その大きなショックまみれの^^日記を書いていきます。


教えていただいたことは、だいたいわかっているようなつもりですが、
カルマ返上の意味の大きさは・・・

一個人の魂のみにかかわる、ちっぽけなことではない、ということに
気が付きました。


だから、恥を忍んで^^その「にぶかった過去の話」を、ご参考にしていただけ
る方にはしていただけるんじゃないかな? と、勇気を出して、ごめんなさいを
兼ねて、書き始めたところです。

わかっているかたは、読まなくてもいいような、どうでもいいような一個人の日
記です。


今、都知事選でがんばってる、「細川純一郎組」のような^^(こんな話とはス
ケールは違いますが)のようなものです。
「過去は間違えちゃった。ごめんなさい。」と、心を入れ替えた姿はあっぱれで
す。
でも、人間、あれが生きているうちにできること、大変幸福です。
そして、今は、今まででしたら、なんども生まれ変わらなければできなかったよ
うな「やり直し」が、本人の気持ちひとつ勇気ひとつですぐにできる・・・
そういう幸福の時節。


それを知ってもらいたいな・・・
と微力ながら、私も立ち上がりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この、

> とかく鈍い人ほどショックが大きいことが起こります。

は、そのまま、「とかく鈍い国ほどショックが大きいことが起こります。」
と置き換えられます。
311の意味。
原発事故の意味。
そして、日本の国がとってきた選択。


もう、さすがに、目覚めるタイムリミットかもしれません。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page