アーカイブ
2013年10月21日の記事のリスト

姫川薬石、その後。

2013年10月21日 (月) 21 : 41
さて、首の激痛記事から、だいぶ日が経過してしまったので、話が繋がらない場合は、10月16日の記事をご一読いただけましたら、こちらの「その後」がお分かりいただけると思います~。


結論から言うと、首は治りました^^。
サロンパス、サロンシップの箱の注意書きには「5日間使用して症状改善が見られない場合には、医師に相談要」と書かれていましたので、そうか、5日くらいはかかる(つまり「即効」ってことはないのかもね)と思っていましたが、昨日まで一応サロンパス首に貼りつけてはいましたが、実際の痛みというか違和感そのものは15、16日を含めて正味3日間くらいでしたでしょうか。


あの16日の記事をアップした夜、というか夜中というか、実はそのあと・・・姫川薬石を目の前に置いて、石アクセを作ってたんですけど、「あれ? もう治っちゃった?」くらいに^^・・・痛くなくなっちゃったんです。
そして「ああいうふうに書いちゃったけど、もうサロンパスの中に仕込むまでもないかな」と思いながら、就寝時に姫川薬石の小石をあてて、その上から新しい湿布を張り直して寝ました。
「すごいリラックス・ストーンだと思います。ぜひ、デスクですとか、身の回りに置いていただいて、身近に感じていることをお薦めしたい石ですね!!・・・と、思います。」って、記事にしようっと^^って思いながら、就寝。


で、17日朝起きたら・・・
「い、痛い!! ぶりかえしとる!!」となってました^^^^。
なんだよ~これじゃ記事にならんじゃなんか・・・と焦ったのは言うまでもありません。急いで薬石の小石を外して、サロンシップ内には、オーラライト23原石を。
数時間で、ほぼ完ぺきに痛みが引いていきました。
オーラライト23は、15日の日の激痛勃発の日に、湿布がうちにない時にも、濡れタオルといっしょに首筋に当てていて、一時間でかなり痛みが緩和して外出できたので、私には「即効性」という意味では、オーラライト23に軍配が上がるようです。
姫川薬石を鎮静化に試そうと思っていたわけですが、結果的に、二度、オーラライト23の「速攻鎮静化パワー」^^のほうを経験してしまった、ということのようです。


石には、得て不得手ってものがあるのかな~、っていう発想に、その時点では留まっていたわけなんですが。


さて、オーラライト23によって、ほぼ完ぺきに痛みが引いたものの、16日にもその「あれ? もう治っちゃった?」の油断から、ぶり返しを経験していましたので、完璧ではないけど、もうそんなに痛くはないかな? ながらも、サロンシップ&姫川薬石コンビを、その後二日間就寝時以外にも、終日続けまして。


今は、首が自然にまわることに違和感がない、つまり、治ったかな、という状態です。


この経験から、「レスキュー対応」は、オーラライト23。
「段階治療」は、姫川薬石。
・・・・・・というふうに、今は感じます。
もちろん、このどちらの石も、この両方を兼ね揃えている面もあるかもしれません。
姫川薬石のお店さんからもらった「活用法」の文面には、「痛いところ直に当てると痛みがやわらぎます」の記述もあります。私が求める「高速治癒」^^は、少し・・・魔法の領域入ってますんで^^。
最初にサロンパスの注意書きを読んで、「5日くらいはかかるってこともあるのか」っていうのがインプットされていたため、少し中途半端な潜在意識を持ちつつの、表面イシキで求める即効性^^というちぐはぐな実験となってしまいました。
(たぶん、この記述を読んでいなかったら、また違った結果を得ていたでしょう)


あと、16日の記事にも書いた「薬事法うんぬん」っていう^^及び腰な態度がまた、姫川薬石の能力発揮に影響を及ぼした面も、あると思いますね。
だって、本当に、見事に即効治ったとしても、書き方を、それはそれで迷っちゃうというか、微妙に割り引いちゃうと思うんですよ^^。


たぶん、姫川薬石は、プロセスとしての日々、いっしょにいること、日々活用してもらうことのほうを、望んでいるようにも感じますね。健康っていうのも、結局、「健康を継続することの連続」の経験ですが、まぁ、時々はなんか調子悪いな、というのがあってわかる^^ことに、大きな意味がある場合もありますし。
糸井川翡翠なんかもそうですが、「プロセス・マインド」な性格のほうがより顕著というか。
なので上記の、「すごいリラックス・ストーンだと思います。ぜひ、デスクですとか、身の回りに置いていただいて、身近に感じていることをお薦めしたい石ですね!!・・・と、思います。」に、結果的に偽りはありません☆


昨今の日本人は、この「プロセス」をお嫌いな方も増えているかもしれませんけど^^、プロセスのない経験・・・たぶんそれは、高次元であっても、この地上世界とは順番が違っているだけで(たとえば、5次元であれば、「先に、結論、結果ありきで、結果に合わせて、プロセスができていく・・・ということで、やっぱり、プロセスそのものはあるんですよ。やっぱり結果だけを望んだまま懐手してかまえてられない^^のよ)どこにもないんじゃないでしょうか。
プロセスの経験不要な次元は、あるとしたら、もっと次元の進んだ11次元、12次元あたりではないかという気がします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page