アーカイブ
2013年10月16日の記事のリスト

姫川薬石は、逆境系ストーン?

2013年10月16日 (水) 22 : 29
台風一過、とても良いお天気の一日でした。
しばらく更新していませんでしたけれど、なにをしていたのかというと、アクセサリ制作していました^^。たいてい、更新ぱたっと止まる期間はそのような感じです。(実はパソコンを立ち上げていなかったりすることもあります)


至高体験は^^いったいどこへ行ってしまったのか?
いえ、今は暫定保留中というのか。
ヘミシンク聴いてる時間もないですし~。メディテーションも・・・そうなのよね、明治神宮メディテーション通いも、閉門時間が冬時間というのか、一時間早くなってしまったため(あそこは時期によって閉門時間が変わるので)毎日通いはちょっと厳しいわぁ・・・な感じで、暫定保留中。


なんにも続かないヤツだよな~。
そういえば、昔っから、ちょっと飽きっぽくて(ブログの過去記事でもちょくちょく書いてたんですが、本当にね、続かない^^タイプなのです。本来、というか、この人生の道中の中の自己の特色としては)けっこうね、続けてきたことを、ひょいっとやめてしまう癖がありまして。


そんな感じでようやく少し涼しくなってきたと同時に(早くも10月なかばだというのに、ま~だ暑い日があったりでしたもんね)少し自分の中でも、なにか世界観の変化を感じます。
続けてきたことをやめちゃおう^^的なものではないのですが、「体験に固執せず、体験を欲する」にはどうしたらいいか・・・模索中。


要は、至高体験って^^欲してできるなら、今までにだってしてると思うのですが、自分の場合、できなかった時に、それでもひたすら求める継続力が、単にしつこさ、焦り、他者比較、他者批判、他者依存、そういった感情を誘発するうっとおしさから、実は、至高体験とかいうものではなくて別件で^^ようやく脱したばかりなので・・・もすこし、そこから脱して楽になった自分を^^この次元のレベルでも別にかまわないので、味わってみたい・・・というのもあります。


そのくらい、めまぐるしかったんですよ。9月から10月にかけて。


ところで、制作を始めてしまうと・・・時間感覚を忘れて集中してしまう自分なんですが、この前、ぶっとおしで8時間くらいかなぁ? 制作し続けていた日がありまして、実は昨日なんですが、首の筋を痛めたようで^^、大雨の中、湿布を買いに薬局に出かけ、昨日から今日にかけてですが、首にサロンパスしてます^^。


そのぶっ通しの日には、完成後の超満足度は高かったものの、あ~なんか、身体が痛いわ~。って、たしかに、ず~~~~っと同じ姿勢で制作していたので、なんか背中とか腕とかちょっと痛いかも~~~って思ってはいたのですが、そのまま寝て起きたら、首が激痛で^^最初起きられなくてどうしようかと思いました。


なんとか起きて、湿布がうちになかったんで、タオルを絞って、オーラライト23の原石を首筋に当ててじっとすること一時間くらいでしょうか、少し場所移動するくらいには動ける感じになってきたので、とぼとぼと歩いて行ってきたんですよね。
(あ~、ぎっくり腰とかじゃなくて良かったな~、って、今思いました^^。あれ、20年ちかく前に実はやったことがありまして。まだ若い^^と言える時期だっただけに、けっこうぎっくり腰となった自分がものすごく悲しかったことをよく憶えていますね・・・あっちのほうが、かなりきついでしたね。本当にあれは一瞬で動けなくなりますんで)


今日はサロンパス二日目^^だいぶ良くなってきました。


オーラライト23ずっと当ててれば治ったのかもしれないんですけれど(それはやってないんで未知数です)それでだいぶ軽減したのは事実ですが、現在は、現代医療の^^サロンパスちゃんに痛みを軽減してもらっている最中。


今日は寝る時に、「姫川薬石」を、サロンパスの中に仕込んでみよう・・・・・と。
今、思いつきました^^^^。
この「姫川薬石」ですが、なんとタンブルをですね、今月末のプレゼントに予定しております。。。
でも、考えてみれば、このピクチャージャスパーのような風合いの石が、いったいどう薬石なのかについては、タンブルたくさん仕入れただけで^^自分では体験しておりません。
あのフォッサマグナ地帯、糸魚川という場所は、いったい何者? というくらい、面白い石が存在しますよね・・・
糸魚川翡翠はもう、いちやく有名スター様ですけれど、この姫川薬石も・・・。
(見た目は私好みの、いわばピクチャージャスパー系の見た目ですが、そういう意味での好みは分かれると思いますね)
あ、この姫川薬石は、御影石とかと同程度の自然放射線を放出する石です~。
(実は御影石なんかの花崗岩、自然放射線を放出しております・・・けっこうね、身の回りに普通にあったりするわけです・・・)
なので、単に自然放射線の効果だけで、薬石って話にはならないように思います。


たぶん・・・・・・超ひさしぶりに、「石からの、体験要請、キタ~~~~~」ってことなのかもしれません・・・・・・・。
(昔は・・・とくにこの仕事を始めた頃なんかは・・・そんなことばっかり(泣)でしたよね・・・現実的には大泣きの場面ばっかり^^なんですが、なんかこう、石の力の実証ブログのために現実創造にかかわっているような^^、そんな感じでしたよねぇ。だから自分の場合は、「逆境系ストーン」に明るくなれたっていう経緯がありますけどね~)


まぁ、薬事法ってものがありますので、「効果、効能」に関しては、実ははっきりとは謳えないのが此の世なので^^、私の首筋がサロンパス+姫川薬石で見事に治ったとしても、姫川薬石かもね~~~程度の表現しかしませんが。


ついでに、アクセサリとして今月末に姫川薬石モノが出てくるってことも^^ありません。さっき、姫川薬石のビーズを探したら、粒で売っているところを見つけたので、たぶん仕入れると思うけれど^^、そんなにお安くない石なので(穴あきビーズだと。穴あきビーズはやっぱり工賃分、高いんですよ)自分的に、ちょっと驚ける石効果的な経験してからにしようと思います。
なので、お出しできるとしても、今月ではなく、来月ですね。


それにしても身体が好きな方向に向くことができる、自由自在に動ける、って、こういうことがあると、やっぱり、なんて幸福なことなのかが^^よくわかりますよね。
言い古されている言葉ですが、そのように身体が動いてくれてる状態からダメダメ箇所が顕れると、ふだんは無意識に自由自在であることが、ふだんの幸福度がわかるんですよね。
ええ、こういう「ふつうのこと」が、本当に幸福なんですよ。
身体に、感謝ですよね。


それじゃダメなのぉぉぉ? って、ハイアーセルフさんに質問中。
至高体験というキーワードから自分が想像するものとは^^ちょっと遠いかもしれないけれど。



◇追記◇


今、首筋の痛みとスピリチュアルの関係、ということで調べてみたら、うへ~~~まさに!!ぽいわぁ、ということで、ブログ「天使と月に魅せられて」さんから、抜粋させてもらいました~。


☆=首の痛み=☆


【肉体的なレベル】
  首は、頭とそれより下のからだを結びつける、非常に重要な部位です。
  メタフィジックな見方によれば、首は、スピリチュアルなものと物質的
  なものを結びつけている、ということになるでしょう。首が痛くなると、
  とてもつらいものです。なぜなら、首をちょっと動かしただけで痛みが
  感じられるからです。



【感情的なレベル】
  首は、からだの中でも特に柔軟な部位の1つです。ですから、首のトラブルは、
  その人に「柔軟さ」の問題がある、ということを示しています。首の痛い人は、
  ある状況に直面できずにいると考えられます。その状況を自分の思い通りにコ
  ントロールできない、と思っているのです。


  自分の背後で起こっていることを見たり聞いたりするのを恐れているのです。
  首がこわばって後ろを向けないことが、それを如実に表わしているしょう。自
  分はそんな状況によって心乱されることなどない、と強がっていますが、実際
  には非常に感情的になっています。



【精神的なレベル】
  首の痛みが送ってきているメッセージは、
   「あなたは自分が置かれた状況に対して、ある理由から直面したくないと考
    えていますが、その理由はあなたに役立つものとは言えません」
  というものです。


  そういう考え方をしているがゆえに、あなたの首が硬直し、あなたは解決策を
  見つけられずにいるのです。あなたは、自分の背後で起こっていることを恐れ
  ていますが、それは実際には起こっていません。その恐れは、あなたの空想が
  作り出した産物にすぎないのです。そのことに関係している人(たち)と話し
  合って、あなたが恐れていることが事実なのかを確かめてください。あなたが
  信じていること、あなたが恐れていることを彼(ら)に話すのです。


きゃっは~。
ハイアーセルフさんに「それじゃダメなのぉぉぉ?」って今聞いたところだよん。
(関係者って^^そうなので~)
結局、自分で自分に対して「恐れ」ている・・・お伺い立ててる・・・そういうおっかなびっくりの自分がいるってことね・・・ふむふむ。


いろいろ、おもしろいですよね、やっぱり。


ちなみに、この文書そのものに参考文献が存在したようです。(このブログさん独自記事ではない、ということ)
一応私もそちらを記しておきます。
参考文献:
『自分を愛して!~病気と不調があなたに伝える<からだ>からのメッセージ~』(リズ・ブルボー)
『天使と歩むライトワーカーの道』(ドリーン・バーチュー)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石のホント or はてな?
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page