アーカイブ
2013年06月11日の記事のリスト

ミネラルショー、本日最終日でした。

2013年06月11日 (火) 22 : 46
新宿ショー最終日でしたので、再び仕入れの旅に歩いて行ってきました。

2階からいつも入るのですが、入ったらすぐに、先日のガイガーさんのワークショップの主催者さんでいらっしゃるネイチャー・ラブの柚井さんという方にばったりお会いし。
ご挨拶して少し立ち話。
首から下げておられた業者カードが目に留まり、実は長年疑問符満載であった、その業者マークというのは、どのようにしてゲットできるものなのか? ということを質問したら、けっこうあっさりカンタン^^であったことを知り。
柚井さん「だって、あれですよね? 販売なさってるわけだから? 業者(資格)でいいと思いますけど・・・」と、いわゆる、一般入場者として来場している私を、なぜに? と不思議そうにおっしゃられておりました。

いや、だから、長年その手続きだとかが、よくわかんなかったわけです。
そういうところ、私は、実はとっても奥手なんですよね。
たしかに、業者登録をしたほうが、ミネラルショー開催日の前日の業者デーに一般に先駆けて買付できるわけだし、一般価格と少し違う卸価格らしいよ・・・? っていうのも知ってはいたのですが。
考えてみるとちゃんとお安く仕入れできたほうが、みなさんにもそのぶん還元できるわけなので、なんで今まで調べもしてなかったのかな、って、ばかばか自分、って思いますよね。なんだか今さらな気もしますけど、さっそく次回からはそうしようって思います。




さて今日は、先日の記事にも「個人的にめっちゃおすすめよ」とありましたが、「そうだ、コロンビアレムリアン、ヒトにおすすめと言っておきながら、今回買ってきてないし。ペントップとかにできるサイズが残ってたら買ってこよう」と思い立ち、またガイガー・ミネラル社さんへ。

最終日、雨が降っていたからか、初日の混雑に比べて、とっても空いてましたので、狙いはコロンビア・レムリアンぐらいのつもり(お写真の左上のふたつ)・・・だったんですが、見ているうちに「あれ? これって初日もあったっけ?」みたいな、大きなシリウスですとか、これまた見逃していた「ジェフェリー・ソリュージョン・クリスタル」などなど、おいしいクリスタルをわんさか見つけて(お写真の右下の水晶。アーカンソーで見つかったちょっと特殊な形状の水晶らしいですわ。こちらすごい振動数高い水晶、って思います。)

でもって、シリウスの穴あきももう一度目を皿のようにして、状態いいものを見つけてきました(お写真の左手前が穴あきビーズ。右奥が大きな原石。シリウス・アメシストってそういえば、エレスチャル・クォーツだったんだよな~・・・ということがよくわかる「窓水晶」のエレスチャル形状で、ものすごく美しいですよ)。
「なんだ~、こんないいのがまだ残ってるなんて!! 初日に見つけられなかったぜ」というくらい、ばっちりですよ。これで先日のとあわせて、シリウスの光ブレスはふたつは制作できると思われます♪

お写真真ん中のレッドピンクは、ジェミーロードナイト。
ガイガーさんご推奨の第一チャクラのレッドストーンです。(メタフィジカル・ストーン提唱する他の有名クリスタル・ヒーラーさんも、ジェミーロードナイトは推してるようですね。ネット検索で出てきます。
実はこのジェミー系のタイプのロードナイトもですね。
レッドアメシスト同様に、先月、ビーズをゲットしたばかりです。(お写真は割愛ですが)
ようやく市場性が出てきたのでしょうか。
ちょっと高価ですが、ルビーのような風格のあるロードナイトでして。
このちょい良さげないわゆる透明感のあったりするジェミーロードナイト、実は、いつでしたっけ? 私も以前に、商品化しました。
なぜでしょう? 早すぎたのか・・・私の写真がサイアクだったのか・・・買ってもらえず^^残っていました~。
たぶんロードナイトなのに、高かったからなのかもしれませんが。今調べてみたら、2012年1月の「フェミニン」って組み合わせのVol.1のほうにジェミー使っていましたね。Vol.2の通常のロードナイト仕様のお値段の倍でしたから(実は私は、破格値のつもりでいたのですが)。
当時はこういう高いジェム系ロードナイトがあるのよ、ってことが一般的ではなかったので、う~ん、レア過ぎるのもアレだな、なんてシャレが頭を駆け巡ったのを憶えております。


しかしやはり初日に比べると、全体的にはだいぶ数が減ってましたね。
でも少ないながらに、かなり状態の良いものをゲットできたと思いますよ。
パトリシアさんも、「ユー、いいのを見つけるよね~」みたいな感じ? のことを、英語でおっしゃっておられましたし。
(一般に先駆けて買付できる前日でなくても^^、最終日であっても、「どうしてこれが今まで残ってたのかな? 不思議だ~」っていう石って、ありますよ。なにがなんでも、一番乗りでなくてもね。そういうものです)





こちらが、初日に悩んだ「アウィン」の原石。
それと、けっこう大粒のハーキマーダイヤモンドです。

ハーキマーが約20ミリ前後の巨大石(ハーキマーダイヤモンドでこのサイズは、巨大と呼びます。)
なので、それに比べるとこのアウィンがいかに小さいかがお分かりいただけると思います。
初日にゲットしてきたカバンサイトとよく似たコバルトブルー・・・って言ってましたが、アウィンのブルーのほうが、よりコズミックネオンブルーとでも言うのでしょうか。
これほんとう、すっごい綺麗なブルーですぅ。
というか、綺麗すぎて、まるで美しいガラスビーズのようです。
あれですよ、美しいガラスビーズのほうが、実はこのアウィンのコバルトブルーカラーを真似ている・・・そう思いますね。


ハーキマーダイヤモンドは、ワイヤーラップでペントップにするか、もしくは、穴あけ業者さんに依頼して、巨大ハーキマーダイヤモンド穴あきビーズを制作するか、考え中です。
いちおう、これ見た時は「巨大ハーキマービーズができるよな~、こんなサイズで照りが綺麗な両剣ハーキマー、ほんと、今はないもんなぁ」ってことで、すっかりビーズにする気ではおりましたが。
まぁ、ワイヤーラップはありがちと言えばありがちですしね。穴あきビーズでいきますかね。(ただでさえ高い石が、さらに穴あけコスト分ちょっと高くなっちゃうのがなぁ・・・って^^まだ悩んでたりして)



ということで、前回もお伝えしましたけれど、これらすべてひといきに6月下旬の新作で出てくるのかどうかは不明ですが、楽しみにお待ちくださいね♪


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page