アーカイブ
2013年06月06日の記事のリスト

デイヴィッド・ガイガー氏クリスタル・ワークショップのこと

2013年06月06日 (木) 01 : 40
6月2日(日)に、デイヴィッド・ガイガーさんのワークショップに出かけてきました!!・・・のあと、すぐに記事を書こうと思っていたのですけれど、ようやく発送も落ち着きましたので、さて、では記事に・・・ということで。




お写真は、ワークショップのあとクリスタル販売会で購入した石。
左から、「アメトリン・レッド・キャップス」「ヒデナイト」「2012クリスタル」です。アメトリン・レッド・キャップスという石は、初お目見えらしいです。新商品。
ワークショップでも登場したこの石を見た時、「いぇえい♪」となりました。
なぜなら・・・





そうなんです。こちらは、「レッドアメシスト」。
ガイガーさんのところで購入したものではなく、こちらは先月、日本の石屋さんで購入。アメシストの中に、スーパーセブンのような感じの内包物と、赤い部分はヘマタイトの発色かと思われますが、ファントム状にレッドが入る、めずらしいアメシスト。
6月にはお品にできるかな~、と、ちょうど思っていたところに、こんなそっくりさんと出会うとは。




「アメトリン・レッド・キャップス」にも、ゲーサイト、カコクセナイトが入るようです。
母体のアメシストがブラック・アメシストだな~、という感じですが、これはモリオンに見られる特徴なんだそうで。
お写真ではわからないですが、光に透かすとたしかに尖端部分にシトリンの層が見られます。


そしてこのエメラルド・グリーンのヒデナイト。
スポデューメンのピンクはクンツァイト、イエローはトリフェーン、そしてグリーンはヒデナイトと呼ばれます。
ヒデナイトは、もっと薄い色合いのグリーンだったよな~・・・って思っていたのですが、こんなビビッドなグリーンがあるんだ~~~と、感激。
しかも、エネルギーがはんぱない。この小ささですが^^。
ワークショップでも登場したんですけれど、その時に、「地上で起きるああだこうだの悲しみ、苦しみ、そういうものの中で、この石に癒せない問題は、おそらくひとつもない。」と感じました。
DECOREペントップにルース代わりに使おうかな~と思います。



さて、ワークショップの内容なんですが。
こういうのって、セミナーを受けた人間のワン・クッションが入るよりも、たぶん、実際に直接体験してもらうほうがいいんだろな~、というふうに感じますね。
私がお伝えしてしまうと、このニュアンスをどう伝えても伝わらないだろう、という気がします。


それだけガイガーさんは、はんぱなく石と同調している方だから、なのかもしれない。
そういう人が語る言葉を、私が「ガイガーさんがこう言ってたよ」と、そのままお伝えしたところで、「へ? それがなにか?」になっちゃいそう。


ということで、どこまでお伝えできるのか? ではあるのですが、私がワークショップに参加して、感じたことを、いくつかお伝えしますね。
これは私が感じた内容なので、直接ワークショップのお題ということでもないと思われます。


ひとつは。
「繰り返しで、いいんだ。」ということ。


これは・・・自分的に、どちらかというと、避けようとしていた感覚。
たとえば、私は毎月「違う」石のアクセサリをご提供している身であり。
なので、「前にやったことがあるもの」はとかくNGとなりやすい。
どうしてかというと、「商業的な感覚」として同じ石ばかり使えない^^っていうのが、いつも頭の片隅にあったりする。
同じ石が続くと、みなさん「またか~」って思うでしょ?
同じような組み合わせ、「またか~」って、きっと思われちゃうよなぁ。そういうのが、ある。だから、極力、避けたい。「新しい感覚」が、常に必要。


でも、そうじゃないんだな、ってことに気が付いた。
繰り返し、というのは、仮にそれが「停滞」「変化していない」のように見えても、意味がある。
少しずつ、少しずつ、繰り返し、繰り返し、螺旋階段を昇っていっても、いいんだ。


そう思えたら、ものすごく気持ちが楽になった。
「思考する→ハードルが上がっていく→高める、努力する→思考する・・・」
これはループではなくて、進化なんだということ。
同じことをしているようでも、少しだけ前に進んでいる。
その「少しだけ」を、自分を認めてあげよう。そう思えたことが、収穫でした。


そして、これは自分も以前から感じていたことなんですけれど。


石は、波動を上げるヘルプをしてくれる。
そして、自分の波動を上げることで、石の波動も上がる。
実はこれも、繰り返し、繰り返し、の世界なのだということ。
お互いに、進化していく。石が一方的になにかしてくれる、ということではなく。


よく、精神世界では「波動を上げる」ことに、やっきになっている? かのような^^印象があるけれど、人間の波動が上がることは、本人にとってももちろんものすごくいいことなのだけど、結局それが、地球のためでもある、ということ。
いわば「親孝行」というのか。
だから、斜にかまえないで、波動はどんどん上げるようにしていったほうがいいのよね、ということ。


波動を上げる方法は、もちろん、石が手伝ってくれるのだけれど、人間ができることは。「好きなことをする。自分らしく生きる。感謝する。」その「繰り返し」なのだ、ということ。
繰り返し、繰り返し、好きなように、自分らしく、感謝して、そしてまた好きなことをして・・・。
そして、幸福でいること。
幸福でいることを、選択すること。と言ったほうが正しいかな。


ワークショップでは、「クリスタルの基礎」とも言うべく、各チャクラ対応ストーンなどについても駆け足で触れておられました。
これは、2012クリスタルでグリッドを組んだ会場内だから、より感じられたのかもしれませんけれど、各チャクラ対応のストーンを、それぞれ、エネルギーが拡散されるようにその会場の中心におく・・・ということを、チャクラの説明ごとに、その都度されていたのですが、モルガナイトを会場の中心に置いた時。
うぁああ、これはやばい!! くらいな^^愛のエネルギーが拡散されてました。
空気が一変するのがわかりましたね。(大きさとしては5センチあるかないかの程度のモルガナイト原石で)
モルガナイトは、やっぱり、愛の石の中でもダントツの高波動選手。
ピンクベリル。
うちでもほぼ毎月なんらかの組み合わせに定番的に出てくる石なため、みなさん、もう飽きてらっしゃるかもしれませんが^^、やっぱりモルガナイトは外せない、モルガナイトアクセはお出しし続けますぞ~、と、その時、決意しましたね、私は。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page