アーカイブ
2012年12月の記事のリスト

シフトの三日間が過ぎて

2012年12月24日 (月) 22 : 37
みなさまはいかがでしたか?
特に大きなアクシデントなどもなかったようですので、良かったですね♪
「ほら、なにもなかったじゃないか! 2012年なんて眉唾!」と言う方も多いかもしれません・・・というのは、そもそもチャネリングメッセージで伝えられていましたので、こうなるであろうことは、ほぼ察しがついてはいました。


私はみなさまに3日間の心得のようなものを記事転載してご提示した手前、というのではないですが、「電気のスイッチをすべて切る」に関しては実行できませんでしたが、その他の項目については、ほぼ心得どおりに過ごしました。
なので、ようやくパソコンにスイッチを入れて、記事を更新しているところです。


22日の朝起きて、まだ三次元じゃないか! と怒るなよ、という、大天使ミカエルさんでしたでしょうか、海外チャネリングメッセージなんかも読んでいましたし、怒る。。。というようなことはそもそもありませんけれど、今日はめちゃめちゃ三次元のクリスマス・イブ、新宿の高島屋へ出かけて、クリスマス・ケーキやオードブルなどのお料理を調達。
なんでしょう、ものすごく幸福^^です。


瞑想では、今までにない気づきというのか、気づきというよりも・・・
「これって普通、死んでから、「えっっ、そうだったの?」と真相を知る」ような類のことを知らされた感じがありました。
いわゆる、未消化カルマじゃありませんが、まぁ、そういう、これは持ち越せないわよね、でも、きっと通常なら持ち越しちゃうよね、という、衝撃的な真相というのでしょうか。


「自分の投げたものが自分に返ってくる」この宇宙のしくみの感慨深さと、大きな愛に感じ入りました。
このカルマリターンの仕組みは、自分でもそのように自覚していたつもりでしたが、本当にそうなんですよ。いいものも、悪いものも。
そして、この「いいもの」「悪いもの」という線引きというか価値観、これが、なんというのか、ものすごく絶妙なブレンド感でした。
「こんなに、カルマ棒引きしてもらって、で、最終的には、愛で返ってきていた。でもしっかり、カルマ清算でもあった。だから、ああいう行動になり、これだけの悲しみは受け入れることになったんだ」という感じでしょうか。


いますぐ、いい人になる(これは此の世的な、見た目のいい人、というだけではなく)、心からの良心に従う生き方をすることです。
簡単に言うと、魂寄りの、ハイヤーセルフと歩調を合わせた生き方のことですが、心がささやく小さな声を聞き逃さず、その声に従う生き方であれば、それがハイヤーセルフと一体となった生き方だと思います。
これをとにかくお薦めします♪


「今からじゃもう遅いよ」ということは、絶対に、ありません。
これをね、確信できた3日間でした。
今が大事、今がすべて。これ、本当にそうですね。
だから、今を変えることができれば、過去が、未来が、変わるのです。

私は、その変化した過去から今という現在に至る部分を、瞑想時に、パカーン、と電光石火のごとく、知らされました。ぱっと目を開けたら、21日ではなく・・・22日のちょうど深夜2時11分でした。
エネルギーピーク時間云々の情報にあまりこだわらずに、21日から瞑想していたんですが、その時間帯は本当は寝ようとしていたんですよね。
でもなぜか眠れなくて、で、起きて。瞑想に切り替えた時でした。


そういう大きな経験をいただきました。
今のところは、肉体もふつうに三次元仕様ですし、「自分が何者かを完全に知る」覚醒には至ってませんけれど。
これから、ゆっくりシフト、それがどのくらいかかるのか、そこにこだわらずに、しっかり「いつでもオッケー」と言えるように、その波に乗って行けるように、いただいた大きな気付きを忘れずに(これが肝心なんですよね・・・私はとても忘れっぽいので)、大切に、「今を生きる」をしていこうっっって、心がスキップしています。


そんな3日間、瞑想もたびたび行いましたが、やっぱり石アクセサリ作っていました。
私にとっては、やっぱり、「あんまり普段と変わらない」世界でした。
コーヒーは好きだったんですが、とうとう今月からやめまして。
今月まではしつこく飲んでたんですよ。コーヒーのカフェインはNG、って、ゲリーさんの本にも書いてあったけど。もともと食事に関しては菜食傾向で、なるべく肉食をしないようにしてきてはいるので、それほど苦じゃないのですが、油使うものとか、バター系なんかはそういえばダメよね、と徹底しようとすると、けっこう厳しいんですよね。
でも3日間は、なんとか頑張りました。
水をたくさん飲む、というのも、苦手だったんですけれど、気づけば、もともと水を一日に大量に飲む家人(これは別にそういった覚醒のため、とかそういうんでなく、水がいちばん好きらしく)に負けず劣らずの、大量摂取になってますね。
これは習慣化しそうです。


石アクセ、けっこういろいろできちゃいました☆
またお写真も掲載しますね。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私にとっての2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

(続)三日間の過ごし方 ~石編~

2012年12月20日 (木) 19 : 58
ということで、あっというまに、一日前!! になってしまいました。


サルーサさん情報によると、12月21日11時11分がエネルギーのピーク、というような話ですが、これは厳密には日本時間ではズレがはいると思われます。(おそらく日本時間では、22日午前2時11分。地球の自転軸である地軸の傾く方向に天の川銀河の中心と太陽と地球が一直線に整列する時間は、21日20時11分です)
それでも、行ける方は11時11分あたりに、氏神様に行くというのもいいかな、と思います。
神社さんはもうすでに茅の輪くぐりの準備もされていますしね。
私も今日は、氏神様ではないのですが、代々木八幡宮にお参りして、茅の輪くぐりしてきました。


明日は、氏神様に出かけて、それからうちでメディテーション・・・というのもしますけれど、予定としては、「石アクセサリ制作」に入ろうと^^思っています。
これが私にとっての、ご神行ですから。
ひつくの神様もおっしゃっておられましたよね。
仕事が世事であり、メディテーション、なのです。
喜びの中でする仕事は、全部そうですよ。
サルーサさんのメッセージの中にも、「移行以後は、楽しみのための仕事、最大の喜びそれは他への奉仕であることに気づく」のようなことが言われてましたけれど、日本人の救いは、この感覚って、誰に教えられるでもなく、この三次元の世界で、もうとっくに、すでにお持ちな魂が、やっぱり多いんじゃないかな・・・ということですね。


さて、続編ですが、昨日はどちらかというと、グラウンディング、センタリング中心でしたが、さらなるおすすめストーンはというと。


それは、もちろん「宇宙意識につながる」系統、それから、「ガイア意識につながる」グリーン系のストーン、「ハートをひらく」ピンク系ストーンです。


かんたんに言うと、自分が素直になれる感覚・・・がある石たちを、基準にされると良いかと思われます。


それとですね・・・
たとえば、家族といっしょに過ごす、と言っても、「この経験を分かち合える」が^^ビミョーに難しい場合も、やっぱり依然としてあると思います。
うちなんかもそういう意味では、厳しいです。
2012年まで時間もあるし、きっとそういう意味では、うちもそうだけど、誰もかれもが変化するだろう・・・って思って生きてきたわけですが、時間の力だけでは、そんなことは実現しませんでした。
(「おまえは間違いなく、年末の高島屋のつな八に、年越しそばの天ぷら買いに並んでるって(笑)」と、うちではアセンションに関しては、約一名に笑われ続けているのが私です。この3日間のイベントについても協力を極力仰いではおりますが、全面的には無理でして。)


そもそも、「人に変わってもらおう」と思っているうちは、自分だって、変わってやしないわけです。
その顕れだな、と思います。


まぁ、こういう信条の違いなんかが、三次元世界では、争い、戦争のきっかけを作り続けてきたのが、人間の歴史です。
なので、このあたりのズレで、自分の近くの存在と喧嘩のネタになってしまってはミも蓋もない話です。


なので、極力、そういったことを避けて円満に過ごすためのストーンも、協力してくれるでしょう。
そういう意味でも、ピンクストーン、グリーンストーンの力を借りて、自分のみならず、周囲も穏やかに手なづける^^必要ありかと思われます。


結局のところ・・・アセンション抜きにしてもですね。
この三次元の世界で、自分が穏やかに生きるためには、「周囲を穏やかにする」ことが実現できなければ、実現しないんですよね。
だからこそ、「世界じゅう、いっさいがっさい、だれもかれもがすべてが平和」の実現が、必要不可欠なわけですよ。
「そんなこと、人間にはできるはずがない」という、強固な固定観念をクリアにする必要が、もう実際に見えてきているわけですから。
特に私たちの国ではここのところ、固定観念クリアの必要性が現実的に加速してますよね。ある意味、過去の古いやりかたへ引き戻したい人々がワンネス化してもいますから^^。


高次の存在も、この三次元に近寄れないのには理由があるようで、そもそも、この物質世界は、とてもしんどい場所みたいですよ。
だれだってそうですよね。
われわれ人間だって、あまり自分にとって好ましいと思えない環境には近寄らない傾向ありますよね。それと同じで。


だから、そんな三次元でたくましく生きる肉体存在の私たちの「変容」がないことには、この地球はまずいことになる・・・という意味もあっての、このアセンションの機会なのではないかなぁ・・・という気もします。


この「変容」は「ギフト」と言われていますが、つまり今より高次のイシキ世界で生きる強さを得ることだと私は感じていますけれど。
ヒトによって、段階はあるのかもしれませんが、いろんな能力が開花するのかもしれないし、それはわからないけれど、少なくとも、その開花は「エゴを満たす」ためのものではないだろうな、というのは確実かな。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私にとっての2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

三日間の過ごし方 ~石編~

2012年12月19日 (水) 23 : 40
12月21日の冬至は、13,000年に一度、地球の自転軸である地軸の傾く方向に天の川銀河の中心と太陽と地球が一直線に整列する特別な日で、かねてより「転換点」「アセンション」がはじまる日として謳われています。


昨日は、よそ様からお借りしてきた12月21日から23日の三日間の過ごし方、というのをご案内しましたが、今日は石ブログらしく、「三日間の過ごし方 ~石編~」「どういう石といっしょにいたらいいの?」について書いてみようかな、と思います。


どういう石たちと共に過ごすのが良いのか? については、実は、石好きのみなさんそれぞれがいちばん良くご存じです。
・・・って言ってしまうと、話が終わってしまいますので、そうですね、「それがわからないから困るんだけど」という方のために、あくまで参考です。


それは、ご自身が、身に着けていて「違和感なく、安心、そして落ち着く」それが、その日の味方となります。
しかしながら、もしかすると、「その日」の中だけでも、時と場所によっては、変化があるかもしれません。
そういう時は、「これでオッケーだったはずなのに」という自分の選択への執着はやめて、違う石に変更する、もう石は身につけない、などなど、臨機応変に対応されるのが、よろしいかと思われます。
(これは、特別なエネルギーの日に限らずの話ですが)


そうそう、アセンションを促す宇宙からの最大エネルギーだからって、必ずしも「高次元に繋がる系」「宇宙イシキ系」である必要はないように思います。
むしろ、これは個人的な感覚ですが、どちらかというと「地球に繋がる系」の石たちが、今しっくりきているかな、ということに、本日気が付きました。
両方バランスよく、お持ちになられると良いかと思いますね。
昨日記事を拝借した内容のような、ゆるゆるリラックス環境を、物理的に保てない事情(仕事などで外出しているなど)がある方がほとんどだと思いますから、特にそういう場合におすすめ。

今まで以上に、グラウンディングをしっかりして、センタリングしていることが、重要かしら・・・と思います。
自分の中心軸にしっかりとどまっていること。


え~地球に繋がる石って何~??? なんですが、アゲートです。それから、翡翠。サーペンティン。などなど。モッカイトなども良いですね。
地球と宇宙、その両方の橋渡しをしてくれる一挙両得^^みたいな石は、代表選手はターコイスですかね。
ラピスラズリ、シャーマナイト、ブラックスター・ダイオプサイドも良いと思います。


カコクセナイトinクォーツは、肉体面での波動アップの手伝いをしてくれます。普段からそういう石ですが。
高いエネルギーをグラウンディングさせるにも、最適の石なので、まさに今か今かと「出番待ち」みたいにしていますよ(うちのは)。


それから、レピドライトやモスコバイトなどの石は、急激なエネルギーの変化などの際に、緩衝剤になってくれる石なので、「受け入れ態勢」を作る手伝いをしてくれます。
いわゆる、「ワン・クッションはさむ」ということをしてくれるので、変化を急ぐあまりの「焦りや憤りや落胆」そして、変化を嫌がる「毛嫌い、抵抗感、違和感」を緩和させてくれる優れ石ですので、上記いずれの場合にも、お役立ちだと思います。


また気が付いたことがあれば、記事更新しますね。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私にとっての2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page