アーカイブ
2012年06月の記事のリスト

「太陽」ブレスレット「1」「2」「3」

2012年06月30日 (土) 22 : 16




「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ブレスレット内寸「1」約16センチ「2」「3」約15.5センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

____________________________


ダイレクトすぎてどうしようかと思いましたが、このタイトルにしておきました^^。
すべての善きエネルギーの源のような・・・、太陽って、やっぱりそうですね。
で、この組み合わせも、そういう感じにしか捉えられなかったんで、そうしました。


太陽光は、けっこう年月かけて悪者にされてきている(紫外線の害ですとか、日焼けが相当健康へのダメージを与えるキョーフ現象であるかのような^^)風潮がある世の中で、もう腕から何から黒で包んで黒の日傘で曇っている時でさえ完全防備しているような女子の姿も、夏の風物詩的に見られるようにもなりましたが、太陽光浴びちゃいけない、ってのは、とんでもない間違いで、太陽光は「無料の殺菌剤」です。
あらゆるネガティビィティを、破壊してくれるのが、太陽光線です。
実のところは「浴びられるだけ浴びましょう」な^^エネルギーなのです。


一説によると、太陽光のネガティブ・キャンペーンは、そうやって、太陽光を毛嫌いさせるように仕向けて、日本人を弱体化^^させようとするダークな勢力の試みが成功している一例、なんていうのも最近見かけましたが、たしかにこれ、自分、その昔、ひふみ神示を読んでいなかったら、見事にたしかにその術中にはまっていたまんまだったかもしれないな、って思いました。
知らず知らずのうちに、昔は心のどこかで「太陽光を避ける行動」を身に着けていた気がします。ちょっとの陽光で「日に焼けちゃうかも」っていう、いやな感覚を覚えるような。そういうのって、それほど意識していないようで、しっかりですね、世間で言われていることは、サブリミナル効果的に染み込んでいくものなのです。
(これは、ガイア・アセンションのサイトで見つけた記述ですが、今は母子手帳にも、子供にはなるべく日を浴びさせないように、気を付けるように^^って記述があるそうですね。やばくないですか??? でもきっとそっちが世間でのスタンダートと化していて、子供をなるべく太陽光にさらさないようにしちゃってるお母さんも多くなっちゃっていそうな気がしますね)


しかし、その後、石にドはまりして以降、太陽光エネルギーのすばらしさを確信。石の浄化のために浴びるようになった太陽光ですが^^、自分もついでに^^どんどん浄化されていることに気が付きました。
むしろですね、「石の浄化と称して、お日様の下へ出て行こうとする」ことを、石に誘導されていたんじゃないか・・・と思いますね。
お日様の光をたっぷり浴びる^^外回り営業の頃、もちろん、石のサポートとの相乗効果もあったんだと思いますけれど、なんとなく、いいオトナになって初めて、「無邪気とはこういう感覚だったのか」ってことに^^開眼していったように思います。


ということで、この組み合わせは、太陽ということで、ネガティビティを浄化し、善きものを自己の中に芽生えさせ育む、ピュアなエネルギーをくれる組み合わせです。
しかしながら、もちろん、実物の太陽光を浴びていただくこと^^が、何よりです。
でも思うようにいつでも陽光ざんまいな生活をできる方ばかりではないということもありますので、こちらの組み合わせにより、いつも太陽といっしょにいる・・・という感じで太陽光エネルギーをイメージしていただけるサポートにしていただけるとよいと思います。


■使用石■


「1」

「アゲートinクォーツ(ヒマラヤ産)10ミリ丸玉」「マイカサンストーン12ミリ丸玉」「ホワイトムーンストーン10ミリ丸玉」「オレンジムーンストーン10ミリ丸玉」「イエロープレナイト10ミリ丸玉」「ゴールデンカルサイト11ミリ丸玉」


「2」「3」

「アゲートinクォーツ(ヒマラヤ産)10ミリ丸玉」「マイカサンストーン12ミリ丸玉」「ホワイトムーンストーン10ミリ丸玉」「オレンジムーンストーン8ミリ丸玉」「イエロープレナイト10ミリ丸玉」「ゴールデンカルサイト11ミリ丸玉」


■クォリティと鉱物説明■


○○inクォーツ、という石は、とかくレアストーンであることが多いのですが、このアゲートinクォーツも、そうです。
こちらのヒマラヤ産のアゲートinクォーツ、見た目には、シーフードかまぼこみたいで^^そうと知らなければ、何?、って感じなだけなんですけれどね・・・。
このタイプ以外にもアゲートinクォーツ、やはりレア水晶なんですがあります。水晶の中によくわからない物体^^のようなアゲートが浮遊するかのように混じっていて、そっちのほうがもっと高額な石なんですが、見た目はやはり、何? な感じです^^。
レア・マニアの方以外には・・・正直、○○inクォーツは・・・高いので、そこに付加価値をがっつりお持ちでないと^^少しでも「石なんぞにばからしい」「ちょっとの差なのにクォリティがどうの、なんてばからしい」って気持ちがあると、もう、値段の根拠がまるでわかんないままの物体というか^^理解できない世界になりますよね。
マイカサンストーン、こちらはオレンジやピンクの雲母がきらきらとした透明感のあるタイプで、とても綺麗なハイクォリティサンストーンビーズです。
すっごくわずかな差なんですが、「3」のみ「1」「2」に比べてやや透明感が落ちることと少し白っぽい部分があるため、お値段を少しだけですが、差をつけています。
「1」「2」でお値段が同じ理由もそれで、「2」で使用しているのがいちばんマイカサンストーンの透明度がよいクォリティの玉かな~というのがありまして、同額にしてます。
ムーンストーンはいずれも高品質、イエロープレナイトも鮮やかなイエローカラーで綺麗です。
ゴールデンカルサイトも、非常に美しいハイクォリティビーズです。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「Ordinary Purple」ブレスレット「1」「2」「3」「4」

2012年06月30日 (土) 22 : 07









「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ブレスレット内寸「1」「2」約15.5センチ。「3」「4」約15センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

____________________________


こちらは、直訳すると「フツウの紫」という、つまんないタイトル^^なんですが、最初「紫色というのはもう特殊な色でも現実離れな色でもなくて、フツウな領域になってきているよな。そして、魂単位で魂の範疇で見た場合には、普通の人、スタンダードな人、というのは、直感、ハートの思考との結びつきで生きていく人のことをいう。この世では頭数としてはそれを普通、とはそれでも言えないかもしれない。でももうとっくにそういう時代でしょう、いくらなんでも」と・・・これを制作した時に感じていたので、このタイトルにしました。


ブログ記事でも書きましたけれど、いやいやもう・・・お役立ちです。
われわれ人間、所詮は、って言ったらあれですが、自己や他者の生命操作できないのです。
いやたぶん本当はできるのかもしれませんけれど^^、封印されています。
なぜならきっと、それができちゃうことで「悪用」の方向へ行きそうな芽を摘み取っていない限りは、そのへんの神技は、手中にできないように封印されているのだろうと感じます。


では無力なのか、運命に従うしかない、そういうものなのか・・・
「命」に係わることに直面した時の人間は、そこできっとたいていの人がそう感じると思うのですが、そしておそらく「命」というものに対する態度は、多くの人のDNAの中にそのように人間の歴史の中で連綿と記憶されているのであろうと思うのですが、それでも、生物は生きようとする命の炎があり、この炎はやはり「個別の魂」によって、弱くなったり強くなったりします。
無力ではなく、無意味ではなく。


その機微を感じ取ること。
感情や干渉や我欲や常識や、そういったものを払いのけて、それができるかどうか、って、実際はものすごくビミョウですし、大変ですが、このレシピはそれを教えてくれました。


自分ではどうにもならないことに直面している時。
自分でどうしたいのか、どうすることがいいのか、とことん迷っている時。
そういう時の気持ちの整理は人間非常にしづらいですし、そもそも整理しても整理してもあらたに日替わりで出てきますしね^^。


しかしよく見ると、そこには流れがあって、しっかり「ツボ」があります。
そこを見逃さない、そして、いったんは思っていたこととそれが違う選択であったとしても、たとえそれがわずかなかすかな光であっても、仮に「それが間違っている」可能性もあったとしても、それでもそこへ進んでいこうとするハートの動きが出てくるのを、見逃さない冷静さ、昨日までの選択に固執しない態度、そういう囚われのない「眼」を持つことを、サポートしてくれる組み合わせです。



■使用石■


「1」「2」

「パープルフローライト(3type)12ミリ、14×12ミリ六角なつめカット、7ミリ丸玉」「スギライト10ミリ丸玉」「アメシスト8×5ミリボタンカット」

「3」「4」

「パープルフローライト(3type)12ミリ、14×12ミリ六角なつめカット、7ミリ丸玉」「スギライト10ミリ丸玉」「アメシスト6×4ミリボタンカット」


■クォリティと鉱物説明■

パープルフローライトは、色目や模様などの違う3タイプのビーズを使用しています。
ティファニーストーンに似た不透明タイプ、レッド~パープルの色目のタイプ、アメシストのような鮮やかパープルのタイプ。
スギライトは、ブラックベースにほんのり濃い紫のタイプです。綺麗ですよ。
アメシストは鮮やかな紫色のタイプ。

実はこちらで使用しているティファニーストーン似の12ミリ玉フローライト、ティファニーストーンということで^^入手しております。
ティファニーストーンとしては破格であったため、試しに仕入れたところ・・・「これは例のフローライトではないか・・・」と^^判明。(まぁ、薄々そうなんじゃないかな~って、気はしていたんですけれどね^^。やっぱりそうでしたね)
ティファニーストーンとしては破格でも、このタイプのフローライトとして考えると、仕入れにもろ失敗^^な超割高な値段で仕入れてしまいまして。
しかしですね~~~~~。これしか見たことなければ、で、ティファニーストーンだよ、って売ってれば、まぁ、そういうことになっちゃう可能性もありますよね~。
問題だ・・・。一万円以下の12ミリティファニーは、お気を付けください^^。そんなわけないのに^^、まさかね、と思って仕入れてしまった自分が間抜けなので、もちろんですが、お品の価格には反映させておりませんので。
ちなみに、どこがティファニーじゃないな、と判断材料となるかというと、比重(重さ)と質感。ティファニーはオパール混入比率高いので、軽いんですよ。質感も従って違います。見た目も、よく知らなければ同じように見えるかもなんですが、微妙に違いますね。こちらは、もともと持っていたフローライトビーズとまったく同じ質感で同じような重さ見た目ですね。
まぁ・・・ティファニーストーンが採れる同じ鉱山で産出されたフローライト^^とか、つまりはそういうことなのかもしれないんですが。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「Ordinary Purple」ネックレス&ブレスレット

2012年06月30日 (土) 22 : 05


「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ネックレス長さ60センチ。
ナイロンコートステンレスワイヤー、銀メッキ真鍮パーツを使用しています。
ブレスレット内寸約15.5センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

____________________________


こちらは、直訳すると「フツウの紫」という、つまんないタイトル^^なんですが、最初「紫色というのはもう特殊な色でも現実離れな色でもなくて、フツウな領域になってきているよな。そして、魂単位で魂の範疇で見た場合には、普通の人、スタンダードな人、というのは、直感、ハートの思考との結びつきで生きていく人のことをいう。この世では頭数としてはそれを普通、とはそれでも言えないかもしれない。でももうとっくにそういう時代でしょう、いくらなんでも」と・・・これを制作した時に感じていたので、このタイトルにしました。


ブログ記事でも書きましたけれど、いやいやもう・・・お役立ちです。
われわれ人間、所詮は、って言ったらあれですが、自己や他者の生命操作できないのです。
いやたぶん本当はできるのかもしれませんけれど^^、封印されています。
なぜならきっと、それができちゃうことで「悪用」の方向へ行きそうな芽を摘み取っていない限りは、そのへんの神技は、手中にできないように封印されているのだろうと感じます。


では無力なのか、運命に従うしかない、そういうものなのか・・・
「命」に係わることに直面した時の人間は、そこできっとたいていの人がそう感じると思うのですが、そしておそらく「命」というものに対する態度は、多くの人のDNAの中にそのように人間の歴史の中で連綿と記憶されているのであろうと思うのですが、それでも、生物は生きようとする命の炎があり、この炎はやはり「個別の魂」によって、弱くなったり強くなったりします。
無力ではなく、無意味ではなく。


その機微を感じ取ること。
感情や干渉や我欲や常識や、そういったものを払いのけて、それができるかどうか、って、実際はものすごくビミョウですし、大変ですが、このレシピはそれを教えてくれました。


自分ではどうにもならないことに直面している時。
自分でどうしたいのか、どうすることがいいのか、とことん迷っている時。
そういう時の気持ちの整理は人間非常にしづらいですし、そもそも整理しても整理してもあらたに日替わりで出てきますしね^^。


しかしよく見ると、そこには流れがあって、しっかり「ツボ」があります。
そこを見逃さない、そして、いったんは思っていたこととそれが違う選択であったとしても、たとえそれがわずかなかすかな光であっても、仮に「それが間違っている」可能性もあったとしても、それでもそこへ進んでいこうとするハートの動きが出てくるのを、見逃さない冷静さ、昨日までの選択に固執しない態度、そういう囚われのない「眼」を持つことを、サポートしてくれる組み合わせです。



■使用石■


◇ネックレス

「パープルフローライト(3type)15ミリ、10ミリ、6ミリ丸玉、20×15×7ミリオーバル、約8~9ミリタンブル、約20×15×15ミリ、約15×12×12ミリタンブルカット、約8ミリタンブル、10×8×6ミリオーバル」「スギライト12ミリ、10ミリ丸玉」「ピンクアメシスト約17×15×10ミリ~20×15×10ミリタンブルカット」

◇ブレスレット

「パープルフローライト(3type)12ミリ、10ミリ丸玉、14×12ミリ六角なつめカット、7ミリ丸玉」「スギライト12ミリ丸玉」「アメシスト8×5ミリボタンカット」


■クォリティと鉱物説明■

パープルフローライトは、色目や模様などの違う3タイプのビーズを使用しています。
ティファニーストーンに似た不透明タイプ、レッド~パープルの色目のタイプ、アメシストのような鮮やかパープルのタイプ。
スギライトは、ブラックベースにほんのり濃い紫のタイプです。綺麗ですよ。
アメシストは鮮やかな紫色のタイプ。
ネックレスのほうに使用しているピンクアメシストのタンブルカットは、若干内傷がありますが、大きさがあって透明感もそこそこ良く綺麗です。

実はこちらで使用しているティファニーストーン似の12ミリ玉フローライト、ティファニーストーンということで^^入手しております。
ティファニーストーンとしては破格であったため、試しに仕入れたところ・・・「これは例のフローライトではないか・・・」と^^判明。(まぁ、薄々そうなんじゃないかな~って、気はしていたんですけれどね^^。やっぱりそうでしたね)
ティファニーストーンとしては破格でも、このタイプのフローライトとして考えると、仕入れにもろ失敗^^な超割高な値段で仕入れてしまいまして。
しかしですね~~~~~。これしか見たことなければ、で、ティファニーストーンだよ、って売ってれば、まぁ、そういうことになっちゃう可能性もありますよね~。
問題だ・・・。一万円以下の12ミリティファニーは、お気を付けください^^。そんなわけないのに^^、まさかね、と思って仕入れてしまった自分が間抜けなので^^、もちろんですが、お品の価格には反映させておりませんので。
ちなみに、どこがティファニーじゃないな、と判断材料となるかというと、比重(重さ)と質感。ティファニーはオパール混入比率高いので、軽いんですよ。質感も従って違います。見た目も、よく知らなければ同じように見えるかもなんですが、微妙に違いますね。こちらは、もともと持っていたフローライトビーズとまったく同じ質感で同じような重さ見た目ですね。
まぁ・・・ティファニーストーンが採れる同じ鉱山で産出されたフローライト^^とか、つまりはそういうことなのかもしれないんですが。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page