アーカイブ
2011年08月25日の記事のリスト

慣れてしまうとわからなくなるもの

2011年08月25日 (木) 07 : 04
前回の「天使ブレスを作らなきゃ」の続きです。


で、どうしたのよ、大天使ミカエル殿のエナジー・アクセというのは? 
なのですけれど、・・・・・・あれなんですよ、実は、今までにもそれらしいものを自分はけっこう作っていたんだな、ってゆうことに・・・・・・気が付きました^^。
そのように名うってはいなかった、自分がよく知らなかったというだけで、考えてみれば、石組みの意味する内容なんかも、それって大天使ミカエル殿の領分よね、そういえば・・・な内容であることに思い至り。


だから、あらためて、すっごいのを作るぜ、今までにないとんでもないものを作るぜ、と勢い込んで、とにかく見たこともない凄い新しいものをっっ・・・って、気合いは入るんですけれど^^、そういうものではないんですよね。
だから、作っても作っても、なんか違っちゃう。
今ひとつ弱いな~、なんかズレてるな~・・・な感じがしていたわけです。
で、しっくりくるな~と思えるのは、「ん・・・・でもこれだと、前にやったことのある、アレのまんまなんだよなぁ・・・」なものになってしまったりするわけなんですが、実はそれは当たり前だのクラッカーだったんです。。。だって、そうなんですから^^。


慣れてしまうとわからなくなるものなのです。
当たり前などこの世にない、すべてがサプライズであり、驚きの感謝の連続であり・・・ということを、時々自分はすっかり忘れますが、あらためて。
う~~~~ん、いかんな~~~~~。
もっともっと意識的にならねばです。


しかし、ミカエル殿エナジー・アクセ、そうは言いながらも、ちゃんと、今までにはないものができてはおります^^。
それは、今までに作ってきたそれらしいものが、そうであったことを、ようやく自分がわかったから、できたことなんだろうと思いました。。。


これがまぁ、発見、です^^。


おそらく、ミカエル殿に限らず、自分、他の天使エネルギーのものも、きっと作っています、なんとなく。
ただ、私がそれをわかっていない^^というだけです。
だから、今後、特定の天使のエナジーの・・・的な目論見で、そういうものを作ろうとするたびに、「あれ~~~~」ってなことになるんだろうな!!! って予測がつきます。


ちなみに、「天使のサポート」と呼ばれるエネルギーなのですが、ようやく自分にもなんとなくですが、わかってきたような気がします。
要するに、すんごく、声援送ってもらっていることがわかります。
エンジェルナンバーと呼ばれるものもそうですけれど、日常的に、どんづまりになった時とかもそうなんですが^^、どうしてもな大事なこと、抜かりがあっちゃならないことなどなど、に対して、「見逃すな~~~~^^」というふうに、してもらってるんだな、って。


せんだっての話ですが、オーダーを何か月か前からいただいていた案件でですね、急ぎませんから、っておっしゃっていただいているのをいいことに^^、そうなんですよ、3か月、作ってないわね~~~ということだけは気にかけながら^^作らずにいたんですけどね・・・・・それはなぜなら、パワスト的なご要望が特にないながらも、大切な場で用いられるものであったりするので、いや~どうしましょ、ってのが潜在的にあったんでしょうね~。。。テキトーには作れませんしね~。


ノー・アイデアだわ~・・・っていうか、作ろうとすらしていなかったのが正直なところだったわけなんですが、偶然(この世に偶然はありません)テレビでやってた映画のワン・シーンでね、まさに制作テーマ!! ってのを見ましてね☆
見せられたんだな~・・・って思いました。
うち、ほんとに、テレビ見ませんから。
3月に震災以降ようやくテレビというものを入手しましたが、テレビがうちの中で放映されていることは、今でもまずほとんどないです^^からね。
ちょっと今のは揺れたかな、って地震があった時くらいでしょうか・・・テレビのスイッチ入れるのは。で、震源とか震度とかマグニチュードとか確認して、すぐ消しちゃいますから。


でもなぜか、テレビでやっている映画をめずらしく見ていて、その話の中のワン・シーンを見た自分、ぴぴぴ! と。
あ、これでできる!!! ってお尻に火が付いたわけですよ^^。
そのシーンを見ていて、ようやくイメージできたというのか、ハートにぴかっと閃光が灯った感じがしたんですわ・・・。
石が盛り上げてくれる、歓喜の、世界。
もう、作っている時も、まわり天使的なエネルギー体がぶんぶん飛んでるような^^感じでした。


とても身近な存在だったんですね。
ありがたいことです。


みなさんのまわりにも、ぶいぶい、いらっしゃいますよ~♪
いや本当に。
助けて、って言わなくても、信じるとか信じないとかのレベルではなく。
いらっしゃるものだ、という前提で生きてくといいのだろうな、と思います。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page