アーカイブ
2010年10月05日の記事のリスト

励ましのタイミング

2010年10月05日 (火) 13 : 44
ひゃあああ、な、梱包、発送の只中で、ほんとは記事書いている場合じゃない^^つまり、時間ないんですが、モノゴトには「タイミング」、つまり、「今しかないよな」な時があるということを、先月末の石アクセサリ出品時に、思いっきり痛感させていただいたので、時間ないけど、書いちゃいます。
というか、書きたいことなのです。


今現在、ブレスレットのサイズ直しや、ピアスからイヤリングへの変更や、もろもろの件で、お見積もり待ち、発送待ちとなっておられるみなさま、申し訳ないです!!
まだ発送に少しお時間をいただきますので、お見積もりの場合は、制作後、お直し後にメールをお送りしますので、早ければ明日、もしくは明後日となると思われます。
お見積もり待ちの皆様には、お申し込みをいただいてから、お日にちをいただいていて、大変申し訳ないです。
もう少しお待ちになっていてくださいませ。


・・・という時間のなさで、いったい、何を書きたいのかといいますと、
先般、出品時に、まぁ、あれは自分のスキルのなさゆえのソフトのトラブルでもあったことは、翌日に判明したわけなのですが、
あの出品ソフトを使うようになってから、たぶん一年越えたくらいになるのでしょうか。


昔は、「兼業農家」ならぬ、「兼業石アクセサリ屋」であったため^^、一ヶ月に新作をお出しするにしても、20点から30点、今月はがんばったな~、という時でも、40点未満でした。
それでも、ひとつひとつ、当日手入力でヤフオクに上げていたため、全部出品し終えるのに、5時間から6時間くらいかかっていたのです^^。
ものすごくスローライフでした。


お出しする側の自分はいいけれど、それを待っておられるみなさまは、「いつ、なにが出てくるか」がわからないため、実は、パソコンの前で、ずっと張り付いて待っていただいていたんですね^^。すごかったです。
「トイレに行ってるあいだに、落札されてしまった・・・。」だとか、ず~~~~~っとごはんも食べずに張り付いて待ってたのに、肝心の時にパソコンの前にいなかったがゆえに、手に入らなかった・・・・・とか、よくお伺いしておりました。


出品が終わると、だんだんですね、「同じものができないでしょうか」のお問い合わせの嵐のようになっていて、自分も、「あ~~~、あとから作るんじゃなくて、いっぺんに出せればいいのに」とも思っていたんですが、20、30点出すのに、5時間。しかも、たいてい、みなさんも明日はお仕事であったり、自分もそうだったんですが、まぁ、そこには無理がありました。


そして、もう一昨年になるんですねぇ、めでたく(?)派遣切り、となり、自分は好む好まざるにかかわらず、「石アクセサリで生計立てていかなならん」状態となりまして^^、ありがたいことに、当時は、「ああ、もうこのままでは、体力がもたないかも」なくらいに、毎月毎月、ものすごくお引き立ていただいていて、とにかく、もっと作りたいし、作れるのに、時間がない、めいっぱい状態でしたから、まぁ、定収入のある普通の仕事で得られる安心感を失ったことは、多少不安でしたが、なんとか、石アクセサリ一本でも行けるかな・・・ということで、そのまま、現世の職探しを継続しないで、やってきております^^。


なので、その兼業の頃のようなペースで、月に100点お出しするとしたら、ほぼ丸一日かかることになってしまいますので、出品ソフトなるものを見つけ、出品の前日までにしっかりスタンバイして、当日はさくさくと、新作アクセサリをお出しする・・・というような流れになっていったわけです。


だから、先日、「出品ソフトが使えない」となった時の、あの「ゼツボー感」ときたら^^。
一瞬、自分も固まりましたよ^^。
平日だし、みなさんは、明日仕事だとゆうのに、今回は100点だから、12時前には全部出品できるな・・・と思っていたのが、「たぶん、夜明けまでかかっても無理だろう」ということが、想定されるわけですから。


しかしまぁ、気を取り直して、ひとつひとつ、アップしていきました。
仕方ないです。
ああ、もう今日はここでやめるべきか、とも思いましたが、30日、って自分で言っておきながら、それもないだろう、と。
そして、途中、記事にもはさんでいましたが、ソフトトラブルのため、いつもスピードではアップ不可能です、ということをお伝えしました。


そのように、自分が「今回ちょっと遅い事情」をアップして、たぶん、一分もたってなかったと思うのですが、すかさず、コメントをいただきましてね。

「お疲れ様です!気長に待ってます」

名のらず、NoNameで、一行だったのですが。


自分、そのひとことで、す~~~~~~っと、胸のあたりから、楽になっていくのを感じました。
言霊の力というのは、すごいな、って感じました。
そして、へんな話、「ああ、もう今回のこの大失敗で、もしみなさんに見放されたとしても仕方ないけれど、こうおっしゃってくださる方が、ひとり、いらっしゃる。今回は、そのおひとりのためだとしても、がんばろう。」
というふうに、思えたのです。


そして、ゆっくり、ゆっくり、焦って間違えたりしないように、出品しながら、自分自身が、とても楽しんでいることに気がつきました。
昔はこうやって、とろとろと、いったいいつまでかかるのやら、って思いながら、出してたな・・・・。
ひとつひとつの作品を、あらためて眺めながら出品する中で、自分が「速さ」の中で、見失っていたものがあったかもしれない、と。
たしかに、出品ソフトの恩恵で、ものすごく楽になった面があったのですが、なんというか、事務的、というのでしょうか。
いろいろな思いをめぐらしながら、「天然石アクセサリをお作りし、販売させていただくということで、自分自身が楽しんでいる」ことから、少し離れてしまっていたかもしれなかったな、とか。
とてもとても、心地よい時間が、そこには流れておりました。


蓋をあけてみれば、
たくさんのみなさまに、お申し込みをいただき、昨日時点で完売となっております。
本当に、ありがとうございました。


また、ご購入のメールや、取引連絡で、「ソフト、大変でしたね~」と、お声がけくださったみなさま、ありがとうございました。
実は、その全員の方に、上記のお話をしたかったんですよね。
「いや、大変だったけど、大変じゃなかったんですよ。言霊のすごさ。人が人を励ます、ということの、そのタイミングのすごさ。そういうコメントくださった方がいらっしゃって、すっと胸が楽になり、言葉ひとつ、その一瞬で流れる空気が変化することを知った、その経験のありがたさ。いろいろなことを、いっぱい教えてもらえた」ということをですね、全員の方にご返事している時間もなかったんですが、やっぱり、ものすご~~~く感謝の思いそのものがあったので、ひとりの方にだけ、お取引の詳細をお知らせするついで^^と言ってはあれなんですが、「いや、実は大変じゃなかったんです~・・・その理由は・・・」ということを、手短にお伝えしたらですね、なんと、返ってきたのが。


「あ、そのコメント、送ったの私です(爆)」


・・・・・ピン・ポイントで、お礼を言うことができました^^。
天のはからいですね~~~。
「ちゃんと、お礼を言いなさい」ということだったのだな・・・・・と思いました。


自分がこの話をながながと書きましたのは、
みなさまの日常の中でもね、「あ、この人、困ってるな。」と、誰かのことを察することができる瞬間、というのが、あると思うんです。
「困ってるから、助けて」って、言われなくても、なんとなく、感じる、ということ。
そういう時は、ほぼ確実に、その方は「今」困っています^^。


みなさまも、周囲に困っている方がいたら、そう感じた、そのタイミングで、励ましてあげてください。
私が励ましの言葉を、あの絶妙なタイミングでいただいて、即、救われたように、「たったひとこと」に、ものすごくパワーがあります。


様子見するのではなく、その時、そのタイミング。
「結局、言葉では励ますだけで、実際、自分はなにもしてあげられないんだよな・・・。」
そう思うと、人間、臆してしまうこともあります。
自分などもそうです。
「今、忙しいから、あとで自分に余裕ができたら、励ましてあげよう。」
という場合なんかもあると思いますけれど、この場合、言霊の力は「賞味期限切れ」となっていることも^^、けっこう多いと思います。


「よいと感じたことは、ただちに行うこと」
これは、ひつくの神様の言葉ですが、つまり、ひとつひとつの何気ないこと、が、すべてそうなんだな、ということを、あらためて教えていただきました。
ありがとうございます。



~追記~

先般お出しした「Mission」は、こんな一連の経験を、させてくれたりもします^^。
いやはや、いやはや、「きついな~と感じる方には、鬼コーチ、ありがたいと感じる方には、この上なくありがたい魂の指導者」というのを、実地でいってしまいました。
Missionご購入のみなさま、ぜひぜひ、楽しみに(?)到着をお待ちくださいませ。
(すでに発送させていただいている方もいらっしゃいます)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page