アーカイブ
2010年10月の記事のリスト

スピリチュアル・ウェポン ラリエット

2010年10月31日 (日) 00 : 13





「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ(出品作品一覧の販売ページです)
アクセサリ掲載ページ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ こちらは、各、一点ものとなります。
上記ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、ご確認ください。

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

全長140センチ。
ナイロンコートワイヤー、ロジウムメッキパーツ、スワロフスキー仕様チャームを使用しています。
トップの大きめストーンモチーフ部分は、左右とも取り外し可能となっています。

◎お揃いのブレスレット、ピアスを同時にご購入いただける場合は、ブレスレットは1,000円引、ピアスは500円引のお取り扱いとさせていただきます。

____________________________


ウェポン、って「武器」のことなんですけれど^^、アメシストエレスチャルとスギライトって、もう武器としか言いあらわしようがないんですよね^^。
「ミラクル・トランキライザー」って命名で、ヒーリング・ツールとして、過去にもやってきてはいる組み合わせなんですけれど、今回はマリアライトも加わり、もう、単なるトランキライザーを越えているわ~、ってことで、「武器」に改名しましたよ。
さらに、今回、カンチェンガ産ヒマラヤ水晶がカップリングされております。
けっこう眩暈がする組み合わせです^^。
石酔いする方もいらっしゃるかもしれませんので、そういう場合には寝る前のリラックスタイムだとか、短時間で徐々に慣らしていかれるとよいかと思います。


ということで、この組み合わせの場合、ほんとぉぉに、心身疲れきっているらしきストレス満載の方にはご好評をいただけていることは確かなのですが、ずっとそこで留まるための石組み、では、本来ありません。
疲れちゃった→癒してくれる→疲れちゃった→癒してくれる→疲れちゃった・・・のループなんて、いやですよね?^^


2011年は、辛兎の年まわりできらきら輝く天然石たちがより一掃パワフルに力を発揮しはじめるであろう一年(パワーストーン屋さんのコピーかっぱマンしてます^^)ということで、同じ石たちが同じ仕事のループの中にいることに、彼らもきっとそろそろ飽きが来始めている頃でもある、ということなんじゃないのかな・・・という風に、自分はなんとなく感じます。
人間だって、ルーティーン・ワークばかりじゃ飽きますよね?
で、自分には、もっと他のことができるはずだわ・・・なんて、思い始めたりもしますよね。
石たちを擬人化するわけではありませんけれど、彼らもそんな「宝の持ち腐れ」には、少し飽きてきているんじゃないでしょうか。
われわれが、いっときも、「過去の栄光」を懐かしがっても、そこへは戻ってはいけないように、石も、「そろそろ言い古されてきた感のあるパワーストーン効果」の範疇の外に、どんどん出たがっているような感じが、今回、「ミラクルトランキライザー」と似た石組みながらも、これを作っていて感じたことです。


私は、石は友人であり、共に人生を闘うための武器、というふうに感じることが多いです。
「石を道具扱い」「石を消耗品扱い」と、美しい石、めずらしい石を愛でるコレクター魂を追求される方には、多少、いや、かなり誤解を招く表現なのかもしれませんが、実際のところです。
モノは霊を求め、霊はモノを求める。モノの中にひそむ霊性の息吹を芽生えさせ、それを最大限に活かして上げる事は、この地上では、人間にしかできないことでもあります。
人間の歴史や寿命よりも長い天然石たちでありながらも、その彼らが持つ未知数の能力を生かせるのは、地上でいっとき「縁」を持った、肉を持つ限られた人間です。


高次元の扉をノックし続けなくても、石の中にある未知数と同様のものが、自分の中にあること。
このカップリングは、スピリチュアル・ウェポンとして、そのガイダンス役を「待ってました」と引き受けてくれる石組みだと思います。


精神性を高める、ということの意味、自分が未来へのリスクであると感じていることが、実際には取るに足らない恐れであること(一例としては、「こんな仕事では楽しいのは今だけで将来は危ない」だとか、「この人のことは好きだけど、結婚したら苦労しそうだから、どうしようかな」だとか^^、自分かわいさで人が考えがちな岐路に対する悩みなどですかね^^)、精神性の上昇、奥行き、広がり、あらゆる意味で、生きていくための伴走ストーンとして、ふさわしい役割を果たしてくれるのではないかと思います。



■使用石■

「アメシスト・エレスチャル20×20×15ミリ薔薇モチーフ、約10×6×6ミリタンブル、約8ミリラウンド」「アメシスト4ミリ、6ミリ丸玉」「マリアライト5ミリ弱丸玉」「スギライト10ミリ丸玉、8×6×4ミリオーバル」「ヒマラヤ水晶14ミリ丸玉」「水晶6ミリ丸玉」「淡水パール約7×5ミリ、6×4ミリライス、5ミリバロック、4ミリけし、4ミリポテト、10×8ミリT字クロス」


■クォリティと鉱物説明■

美しいアメシストエレスチャルです。薔薇モチーフ、そしてタンブル、ラウンドです。
薔薇モチーフは南ア産、タンブル、ラウンドはインド産。
スギライトも濃い紫丸玉、鮮やかな紫が綺麗なオーバル。
ヒマラヤ水晶はカンチェンジュンガ産。内傷はありますが、ヒマラヤ水晶独特のクリア感。
マリアライトは、パープルスカポライト・キャッツアイ。レア・ストーンです。5ミリ玉として入手したのですが、4.5ミリ~5ミリくらいかな、な大きさです。この小ささでしっかりキャッツアイ。
淡水パールも、照りよく、高品質なものを使用しました。
大サービス価格です。


sold out


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2011年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

アゲート・アラカルト(Ⅰ.カーネリアン) ピアス

2010年10月31日 (日) 00 : 12


「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ(出品作品一覧の販売ページです)
アクセサリ掲載ページ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ こちらは、各、一点ものとなります。
上記ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、ご確認ください。

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

石部分長さ3.5センチ。
ロジウムメッキ真鍮パーツを使用しています。

◎イヤリング(ロジウムメッキ真鍮)、ピアスチタンフック、ピアスサージカルステンレスフックをご希望の場合は、プラス200円でパーツをお取替えします。お申し込み時(落札時)に使用パーツをご明示ください。

____________________________


今月の単体アクセサリは、アゲートです♪
最初はオニキスのみでいこうかと思ったんですが^^まぁ・・・それもちょっと芸がないかしらってことで、アゲート同士のカップリング2種類にしてみました。
Ⅱ.は、カーネリアンとのカップリングです。


こちらは、カーネリアンとオニキスという、一見、意味合い的には相対的ともいえるエネルギーを持つアゲート同士の組み合わせです。
むか~しのブログ記事にも書いたことがあるのですが、こういう陰陽バランス系は、効果を相殺してしまう説、バランスを取る説、石の組み合わせにはさまざまに言われているわけなのですが、個人的には、効果を相殺してしまう、という感覚はないですね。
むしろ、極端に走らずに、いい按配になっている・・・と、個人的には感じます。
それぞれの石にない部分を、補い合う関係。特徴的な個性同士が共存できるのだ、という見本みたいなカップリングではないでしょうか。


「石同士の相性」「組み合わせの相性」ということが、昔はよく言われておりましたね。
このへんが気になってしまい、こんがらがってしまって、ものすごい組み合わせとなるケースなんかも、目にしたり。
個人的には、これとこれは絶対だめだろう、な石同士、というのはそんなにないと思うのですが、「ひとつのブレスの中に、あれもこれもを要求する願望だらけブレス」ってのはやめておいたほうがいいんじゃないかな^^、というのが、強いてあげれば自分の感想というか、意見ですね。
もとい、あれもこれもの願望そのものはあってかまわないんです。
で、その「あれも」「これも」をすべて個別にばらばらに考えないことができる、「核」部分を見極めたブレスにすればいいんだと思いますわ。


さて、オレンジ~レッドカラーのカーネリアンですが、どなたにでもまずおすすめできる石だと思います。
カラーとしては、印象として、オレンジ系というのは、かなり好みが分かれる気がしますけれど、おそらく、それだけ第2チャクラ周辺って、ブロックかかりやすいところなのかもしれません。
第2チャクラの肝は、「自分を好きか?」なのですが^^、自分を好きであること、自分が自分の価値を認めていること、自分を大事にできること・・・これができない状態は第2チャクラにブロックがかかっている、というふうに言われるのですけれど、自分は、最初カーネリアンとかオレンジ系の石って、なんとなく苦手だったんですよね^^。
しかし、だんだん色々な石を知るうちに、オレンジ色という色そのものに抵抗がなくなっていったんですけれど、なんですかね、「ひとつ好きなオレンジの石が増えるたびに、自分のことも好きになっていってる」ように思いました。
カーネリアンを好きだ、と言えるようになってからは、抵抗なく、「自分のことを好きだ」と思うようになりましたね^^。


私がカーネリアンって、なんかいいな、かっこいいな、って決定的に思えるようになったきっかけは、ふりかえってみると、このオニキスとのカップリングだったのではないかと思います。
黒のオニキスがサポートに入ってくれているオレンジ~赤のカーネリアンというのは、「自分が自分のことをちゃんと思い、勇気を持って、自分がやりたいことをやってみる、好きなように行動することは、いけないことではないのだ。身勝手なことではないのだ」ということを、教えてくれていると思います。
人間というのは、とても些細なことで、傷ついたり、自信をなくしたりします。あげくの果てには、自己存在を疑い始めます。
消えてなくなりたい、という思いや、自己否定に走ったり。
コンプレックスのない人間などひとりもいませんよ、っていうのは、よく聞く言葉ですが、頭では理解できていても、これは「胎」でないと理解できない概念なのかもしれません。
コンプレックスがあることと、自分を好きになることは、矛盾することではない、ということ。
コンプレックスがあることは、自分を嫌う理由にはならないのだ、ということ。
どんなに「スピ道」へ生き急ごうと、自分の存在を好きではないというベースからでは、必ず、どこかにアンバランスが生じてくると思いますね。


なんらかのアゲートは、いいですよ~、というのは、昔から言ってるけれど、人間社会で生きるわれわれにとって、アゲートが持つ力っていうのは、「人間寄り」な気がします。いきなり、「宇宙」へはすっとばない^^んです。(宇宙へすっとぶアゲートもないわけではないですが)
だから、ちゃんと、現実世界にしっかり焦点を合わせたレベルで、ものごとを展開してくれる、サポート力が強い石が多いんですよ。
「地球由来の石」だというしね。
その地球上で生きるわれわれの、センタリング、グラウンディングに、多大なるはたらきをしてくれます。
経験を重ねていくことの中での学びが、魂に刻まれていくことは事実だとしても、私たちには、日々、ヤボ用も多ければ、いらぬ取越し苦労を背負い込んだり、自己卑下したり^^、ふと気づけば自分で自分を好きになれない生き方をしていることもあります。
こういう面倒なことの解決は、さっさかと石にたくしてしまって、状況はどんどんベターにしていくべきですよね。
そういう面倒なことも引き受けてくれる、懐の深い石が、アゲートなんです。



■使用石■


「カーネリアン14×14×6ミリ薔薇彫刻、8×8×5ミリハート型」「オニキス6×6×5ミリハート型」


■クォリティと鉱物説明■


非常に綺麗なカーネリアンです。
色合い的には、オレンジグラデーション。
オニキスも綺麗なハート型。


sold out 


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2011年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

アゲート・アラカルト(Ⅰ.カーネリアン) ブレスレットVol.2「1」「2」

2010年10月31日 (日) 00 : 11


「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ(出品作品一覧の販売ページです)
アクセサリ掲載ページ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ こちらは、各、一点ものとなります。
上記ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、ご確認ください。

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ブレスレット内寸16センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。


◎お揃いのピアスを同時にご購入いただける場合は、ピアスは500円引のお取り扱いとさせていただきます。

____________________________


今月の単体アクセサリは、アゲートです♪
最初はオニキスのみでいこうかと思ったんですが^^まぁ・・・それもちょっと芸がないかしらってことで、アゲート同士のカップリング2種類にしてみました。
Ⅱ.は、カーネリアンとのカップリングです。


こちらは、カーネリアンとオニキスという、一見、意味合い的には相対的ともいえるエネルギーを持つアゲート同士の組み合わせです。
むか~しのブログ記事にも書いたことがあるのですが、こういう陰陽バランス系は、効果を相殺してしまう説、バランスを取る説、石の組み合わせにはさまざまに言われているわけなのですが、個人的には、効果を相殺してしまう、という感覚はないですね。
むしろ、極端に走らずに、いい按配になっている・・・と、個人的には感じます。
それぞれの石にない部分を、補い合う関係。特徴的な個性同士が共存できるのだ、という見本みたいなカップリングではないでしょうか。


「石同士の相性」「組み合わせの相性」ということが、昔はよく言われておりましたね。
このへんが気になってしまい、こんがらがってしまって、ものすごい組み合わせとなるケースなんかも、目にしたり。
個人的には、これとこれは絶対だめだろう、な石同士、というのはそんなにないと思うのですが、「ひとつのブレスの中に、あれもこれもを要求する願望だらけブレス」ってのはやめておいたほうがいいんじゃないかな^^、というのが、強いてあげれば自分の感想というか、意見ですね。
もとい、あれもこれもの願望そのものはあってかまわないんです。
で、その「あれも」「これも」をすべて個別にばらばらに考えないことができる、「核」部分を見極めたブレスにすればいいんだと思いますわ。


さて、オレンジ~レッドカラーのカーネリアンですが、どなたにでもまずおすすめできる石だと思います。
カラーとしては、印象として、オレンジ系というのは、かなり好みが分かれる気がしますけれど、おそらく、それだけ第2チャクラ周辺って、ブロックかかりやすいところなのかもしれません。
第2チャクラの肝は、「自分を好きか?」なのですが^^、自分を好きであること、自分が自分の価値を認めていること、自分を大事にできること・・・これができない状態は第2チャクラにブロックがかかっている、というふうに言われるのですけれど、自分は、最初カーネリアンとかオレンジ系の石って、なんとなく苦手だったんですよね^^。
しかし、だんだん色々な石を知るうちに、オレンジ色という色そのものに抵抗がなくなっていったんですけれど、なんですかね、「ひとつ好きなオレンジの石が増えるたびに、自分のことも好きになっていってる」ように思いました。
カーネリアンを好きだ、と言えるようになってからは、抵抗なく、「自分のことを好きだ」と思うようになりましたね^^。


私がカーネリアンって、なんかいいな、かっこいいな、って決定的に思えるようになったきっかけは、ふりかえってみると、このオニキスとのカップリングだったのではないかと思います。
黒のオニキスがサポートに入ってくれているオレンジ~赤のカーネリアンというのは、「自分が自分のことをちゃんと思い、勇気を持って、自分がやりたいことをやってみる、好きなように行動することは、いけないことではないのだ。身勝手なことではないのだ」ということを、教えてくれていると思います。
人間というのは、とても些細なことで、傷ついたり、自信をなくしたりします。あげくの果てには、自己存在を疑い始めます。
消えてなくなりたい、という思いや、自己否定に走ったり。
コンプレックスのない人間などひとりもいませんよ、っていうのは、よく聞く言葉ですが、頭では理解できていても、これは「胎」でないと理解できない概念なのかもしれません。
コンプレックスがあることと、自分を好きになることは、矛盾することではない、ということ。
コンプレックスがあることは、自分を嫌う理由にはならないのだ、ということ。
どんなに「スピ道」へ生き急ごうと、自分の存在を好きではないというベースからでは、必ず、どこかにアンバランスが生じてくると思いますね。


なんらかのアゲートは、いいですよ~、というのは、昔から言ってるけれど、人間社会で生きるわれわれにとって、アゲートが持つ力っていうのは、「人間寄り」な気がします。いきなり、「宇宙」へはすっとばない^^んです。(宇宙へすっとぶアゲートもないわけではないですが)
だから、ちゃんと、現実世界にしっかり焦点を合わせたレベルで、ものごとを展開してくれる、サポート力が強い石が多いんですよ。
「地球由来の石」だというしね。
その地球上で生きるわれわれの、センタリング、グラウンディングに、多大なるはたらきをしてくれます。
経験を重ねていくことの中での学びが、魂に刻まれていくことは事実だとしても、私たちには、日々、ヤボ用も多ければ、いらぬ取越し苦労を背負い込んだり、自己卑下したり^^、ふと気づけば自分で自分を好きになれない生き方をしていることもあります。
こういう面倒なことの解決は、さっさかと石にたくしてしまって、状況はどんどんベターにしていくべきですよね。
そういう面倒なことも引き受けてくれる、懐の深い石が、アゲートなんです。



■使用石■


「カーネリアン10×6ミリボタンカット、8ミリ64面カット丸玉、6ミリ丸玉」「オニキス6ミリスクエア」


■クォリティと鉱物説明■


非常に綺麗なカーネリアンです。
色合い的には、オレンジグラデーション。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2011年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page