アーカイブ
2010年10月の記事のリスト

スピリチュアル・ウェポン ピアス「1」「2」

2010年10月31日 (日) 00 : 19




「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ(出品作品一覧の販売ページです)
アクセサリ掲載ページ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ こちらは、各、一点ものとなります。
上記ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、ご確認ください。

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

石部分長さ「1」2センチ。「2」6センチ。
スワロフスキーラインストーン付アメリカンポスト、ロジウムメッキ真鍮パーツ、を使用しています。

◎イヤリング(ロジウムメッキ真鍮)、ピアスチタンフック、ピアスサージカルステンレスフックをご希望の場合は、お取替えします。お申し込み時(落札時)に使用パーツをご明示ください。

____________________________


ウェポン、って「武器」のことなんですけれど^^、アメシストエレスチャルとスギライトって、もう武器としか言いあらわしようがないんですよね^^。
「ミラクル・トランキライザー」って命名で、ヒーリング・ツールとして、過去にもやってきてはいる組み合わせなんですけれど、今回はマリアライトも加わり、もう、単なるトランキライザーを越えているわ~、ってことで、「武器」に改名しましたよ。
さらに、今回、カンチェンガ産ヒマラヤ水晶がカップリングされております。
けっこう眩暈がする組み合わせです^^。
石酔いする方もいらっしゃるかもしれませんので、そういう場合には寝る前のリラックスタイムだとか、短時間で徐々に慣らしていかれるとよいかと思います。


ということで、この組み合わせの場合、ほんとぉぉに、心身疲れきっているらしきストレス満載の方にはご好評をいただけていることは確かなのですが、ずっとそこで留まるための石組み、では、本来ありません。
疲れちゃった→癒してくれる→疲れちゃった→癒してくれる→疲れちゃった・・・のループなんて、いやですよね?^^


2011年は、辛兎の年まわりできらきら輝く天然石たちがより一掃パワフルに力を発揮しはじめるであろう一年(パワーストーン屋さんのコピーかっぱマンしてます^^)ということで、同じ石たちが同じ仕事のループの中にいることに、彼らもきっとそろそろ飽きが来始めている頃でもある、ということなんじゃないのかな・・・という風に、自分はなんとなく感じます。
人間だって、ルーティーン・ワークばかりじゃ飽きますよね?
で、自分には、もっと他のことができるはずだわ・・・なんて、思い始めたりもしますよね。
石たちを擬人化するわけではありませんけれど、彼らもそんな「宝の持ち腐れ」には、少し飽きてきているんじゃないでしょうか。
われわれが、いっときも、「過去の栄光」を懐かしがっても、そこへは戻ってはいけないように、石も、「そろそろ言い古されてきた感のあるパワーストーン効果」の範疇の外に、どんどん出たがっているような感じが、今回、「ミラクルトランキライザー」と似た石組みながらも、これを作っていて感じたことです。


私は、石は友人であり、共に人生を闘うための武器、というふうに感じることが多いです。
「石を道具扱い」「石を消耗品扱い」と、美しい石、めずらしい石を愛でるコレクター魂を追求される方には、多少、いや、かなり誤解を招く表現なのかもしれませんが、実際のところです。
モノは霊を求め、霊はモノを求める。モノの中にひそむ霊性の息吹を芽生えさせ、それを最大限に活かして上げる事は、この地上では、人間にしかできないことでもあります。
人間の歴史や寿命よりも長い天然石たちでありながらも、その彼らが持つ未知数の能力を生かせるのは、地上でいっとき「縁」を持った、肉を持つ限られた人間です。


高次元の扉をノックし続けなくても、石の中にある未知数と同様のものが、自分の中にあること。
このカップリングは、スピリチュアル・ウェポンとして、そのガイダンス役を「待ってました」と引き受けてくれる石組みだと思います。


精神性を高める、ということの意味、自分が未来へのリスクであると感じていることが、実際には取るに足らない恐れであること(一例としては、「こんな仕事では楽しいのは今だけで将来は危ない」だとか、「この人のことは好きだけど、結婚したら苦労しそうだから、どうしようかな」だとか^^、自分かわいさで人が考えがちな岐路に対する悩みなどですかね^^)、精神性の上昇、奥行き、広がり、あらゆる意味で、生きていくための伴走ストーンとして、ふさわしい役割を果たしてくれるのではないかと思います。


(こちらのピアスは、上記説明にありますスギライト、ヒマラヤ水晶を使用しておりません。「スピリチュアル・ウェポン」アクセサリのお揃いのピアス、というニュアンスでお作りしておりますので、ご了承くださいませ)


■使用石■


「1」

「アメシスト・エレスチャル7×4ミリボタンカット」「アメシスト6×4ミリボタンカット」「スワロフスキー(ヴィトレイルカラー)ハート10×10×5ミリ」

「2」

「アメシスト・エレスチャル約8×6×5ミリドロップファセットカット」「マリアライト5ミリ弱丸玉」「アメシスト10×8×8ミリドロップカット」


■クォリティと鉱物説明■


いずれも、宝石質アメシストエレスチャルのカットビーズを使用しています。インド産。
「1」のスワロフスキーのヴィトレイルカラーは、ミスティッククォーツのようなタイプで、グリーンとピンク~パープルの綺麗なグラデが見られるカットビーズのハート型。
「2」のマリアライトは、パープルスカポライト・キャッツアイ。レア・ストーンです。5ミリ玉として入手したのですが、4.5ミリ~5ミリくらいかな、な大きさです。この小ささでしっかりキャッツアイ。
アメシストも、「1」「2」共に宝石質タイプ。
アメリカンポストピアスに埋め込まれているスワロは共に、ピンクカラーです。
大サービス価格です。


sold out


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2011年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

スピリチュアル・ウェポン ブレスレットVol.2「1」「2」「3」「4」「5」

2010年10月31日 (日) 00 : 17




「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ(出品作品一覧の販売ページです)
アクセサリ掲載ページ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ こちらは、各、一点ものとなります。
上記ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、ご確認ください。

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ブレスレット内寸「1」「3」「4」「5」約16センチ。「2」約15センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

◎お揃いのピアスを同時にご購入いただける場合は、ピアスは500円引のお取り扱いとさせていただきます。

____________________________


ウェポン、って「武器」のことなんですけれど^^、アメシストエレスチャルとスギライトって、もう武器としか言いあらわしようがないんですよね^^。
「ミラクル・トランキライザー」って命名で、ヒーリング・ツールとして、過去にもやってきてはいる組み合わせなんですけれど、今回はマリアライトも加わり、もう、単なるトランキライザーを越えているわ~、ってことで、「武器」に改名しましたよ。
さらに、今回、カンチェンガ産ヒマラヤ水晶がカップリングされております。
けっこう眩暈がする組み合わせです^^。
石酔いする方もいらっしゃるかもしれませんので、そういう場合には寝る前のリラックスタイムだとか、短時間で徐々に慣らしていかれるとよいかと思います。


ということで、この組み合わせの場合、ほんとぉぉに、心身疲れきっているらしきストレス満載の方にはご好評をいただけていることは確かなのですが、ずっとそこで留まるための石組み、では、本来ありません。
疲れちゃった→癒してくれる→疲れちゃった→癒してくれる→疲れちゃった・・・のループなんて、いやですよね?^^


2011年は、辛兎の年まわりできらきら輝く天然石たちがより一掃パワフルに力を発揮しはじめるであろう一年(パワーストーン屋さんのコピーかっぱマンしてます^^)ということで、同じ石たちが同じ仕事のループの中にいることに、彼らもきっとそろそろ飽きが来始めている頃でもある、ということなんじゃないのかな・・・という風に、自分はなんとなく感じます。
人間だって、ルーティーン・ワークばかりじゃ飽きますよね?
で、自分には、もっと他のことができるはずだわ・・・なんて、思い始めたりもしますよね。
石たちを擬人化するわけではありませんけれど、彼らもそんな「宝の持ち腐れ」には、少し飽きてきているんじゃないでしょうか。
われわれが、いっときも、「過去の栄光」を懐かしがっても、そこへは戻ってはいけないように、石も、「そろそろ言い古されてきた感のあるパワーストーン効果」の範疇の外に、どんどん出たがっているような感じが、今回、「ミラクルトランキライザー」と似た石組みながらも、これを作っていて感じたことです。


私は、石は友人であり、共に人生を闘うための武器、というふうに感じることが多いです。
「石を道具扱い」「石を消耗品扱い」と、美しい石、めずらしい石を愛でるコレクター魂を追求される方には、多少、いや、かなり誤解を招く表現なのかもしれませんが、実際のところです。
モノは霊を求め、霊はモノを求める。モノの中にひそむ霊性の息吹を芽生えさせ、それを最大限に活かして上げる事は、この地上では、人間にしかできないことでもあります。
人間の歴史や寿命よりも長い天然石たちでありながらも、その彼らが持つ未知数の能力を生かせるのは、地上でいっとき「縁」を持った、肉を持つ限られた人間です。


高次元の扉をノックし続けなくても、石の中にある未知数と同様のものが、自分の中にあること。
このカップリングは、スピリチュアル・ウェポンとして、そのガイダンス役を「待ってました」と引き受けてくれる石組みだと思います。


精神性を高める、ということの意味、自分が未来へのリスクであると感じていることが、実際には取るに足らない恐れであること(一例としては、「こんな仕事では楽しいのは今だけで将来は危ない」だとか、「この人のことは好きだけど、結婚したら苦労しそうだから、どうしようかな」だとか^^、自分かわいさで人が考えがちな岐路に対する悩みなどですかね^^)、精神性の上昇、奥行き、広がり、あらゆる意味で、生きていくための伴走ストーンとして、ふさわしい役割を果たしてくれるのではないかと思います。



■使用石■


「アメシスト・エレスチャル約15×8~10×8ミリタンブル」「マリアライト5ミリ弱丸玉」「スギライト8×5ミリロンデル」「アメシスト6ミリ丸玉」「ヒマラヤ水晶8ミリ丸玉」「水晶6ミリ丸玉」「淡水パールバロック約9×9×6~7ミリ、ポテト~ラウンド約7ミリ」


■クォリティと鉱物説明■


美しいアメシストエレスチャルのタンブルです。インド産。。
発色、内包物はさまざまですが、個性的なエレスチャルビーズ。
スギライトも濃い紫ロンデル。
マリアライトは、パープルスカポライト・キャッツアイ。レア・ストーンです。5ミリ玉として入手したのですが、4.5ミリ~5ミリくらいかな、な大きさです。この小ささでしっかりキャッツアイ。
アメシスト丸玉は透明感のある、少しスモーキークォーツ交じり。
ヒマラヤ水晶はカンチェンジュンガ産。内傷はありますが、ヒマラヤ水晶独特のクリア感。
淡水パールは照りのある、大きめのバロック、ポテト~ラウンド形状。
大サービス価格です。


sold out


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2011年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

スピリチュアル・ウェポン ブレスレットVol.1「1」「2」「3」「4」「5」

2010年10月31日 (日) 00 : 15







「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ(出品作品一覧の販売ページです)
アクセサリ掲載ページ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ こちらは、各、一点ものとなります。
上記ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、ご確認ください。

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ブレスレット内寸約15.5センチ前後。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

「1」はペンダントのセット。シルバー925枠です。チェーンはロジウムメッキチェーン40cmで取り外しができます。


◎お揃いのピアスを同時にご購入いただける場合は、ピアスは500円引のお取り扱いとさせていただきます。

____________________________


ウェポン、って「武器」のことなんですけれど^^、アメシストエレスチャルとスギライトって、もう武器としか言いあらわしようがないんですよね^^。
「ミラクル・トランキライザー」って命名で、ヒーリング・ツールとして、過去にもやってきてはいる組み合わせなんですけれど、今回はマリアライトも加わり、もう、単なるトランキライザーを越えているわ~、ってことで、「武器」に改名しましたよ。
さらに、今回、カンチェンガ産ヒマラヤ水晶がカップリングされております。
けっこう眩暈がする組み合わせです^^。
石酔いする方もいらっしゃるかもしれませんので、そういう場合には寝る前のリラックスタイムだとか、短時間で徐々に慣らしていかれるとよいかと思います。


ということで、この組み合わせの場合、ほんとぉぉに、心身疲れきっているらしきストレス満載の方にはご好評をいただけていることは確かなのですが、ずっとそこで留まるための石組み、では、本来ありません。
疲れちゃった→癒してくれる→疲れちゃった→癒してくれる→疲れちゃった・・・のループなんて、いやですよね?^^


2011年は、辛兎の年まわりできらきら輝く天然石たちがより一掃パワフルに力を発揮しはじめるであろう一年(パワーストーン屋さんのコピーかっぱマンしてます^^)ということで、同じ石たちが同じ仕事のループの中にいることに、彼らもきっとそろそろ飽きが来始めている頃でもある、ということなんじゃないのかな・・・という風に、自分はなんとなく感じます。
人間だって、ルーティーン・ワークばかりじゃ飽きますよね?
で、自分には、もっと他のことができるはずだわ・・・なんて、思い始めたりもしますよね。
石たちを擬人化するわけではありませんけれど、彼らもそんな「宝の持ち腐れ」には、少し飽きてきているんじゃないでしょうか。
われわれが、いっときも、「過去の栄光」を懐かしがっても、そこへは戻ってはいけないように、石も、「そろそろ言い古されてきた感のあるパワーストーン効果」の範疇の外に、どんどん出たがっているような感じが、今回、「ミラクルトランキライザー」と似た石組みながらも、これを作っていて感じたことです。


私は、石は友人であり、共に人生を闘うための武器、というふうに感じることが多いです。
「石を道具扱い」「石を消耗品扱い」と、美しい石、めずらしい石を愛でるコレクター魂を追求される方には、多少、いや、かなり誤解を招く表現なのかもしれませんが、実際のところです。
モノは霊を求め、霊はモノを求める。モノの中にひそむ霊性の息吹を芽生えさせ、それを最大限に活かして上げる事は、この地上では、人間にしかできないことでもあります。
人間の歴史や寿命よりも長い天然石たちでありながらも、その彼らが持つ未知数の能力を生かせるのは、地上でいっとき「縁」を持った、肉を持つ限られた人間です。


高次元の扉をノックし続けなくても、石の中にある未知数と同様のものが、自分の中にあること。
このカップリングは、スピリチュアル・ウェポンとして、そのガイダンス役を「待ってました」と引き受けてくれる石組みだと思います。


精神性を高める、ということの意味、自分が未来へのリスクであると感じていることが、実際には取るに足らない恐れであること(一例としては、「こんな仕事では楽しいのは今だけで将来は危ない」だとか、「この人のことは好きだけど、結婚したら苦労しそうだから、どうしようかな」だとか^^、自分かわいさで人が考えがちな岐路に対する悩みなどですかね^^)、精神性の上昇、奥行き、広がり、あらゆる意味で、生きていくための伴走ストーンとして、ふさわしい役割を果たしてくれるのではないかと思います。



■使用石■

「アメシスト・エレスチャル約20×20×15ミリ薔薇モチーフ、12ミリ、8ミリ、6ミリ丸玉、約10×8×8ミリタンブル」「マリアライト5ミリ弱丸玉」「スギライト12ミリ、8ミリ丸玉」「ヒマラヤ水晶12ミリ、8ミリ丸玉」

「1」のアメシストエレスチャル・ペンダントトップ16×16×6ミリ


■クォリティと鉱物説明■


美しいアメシストエレスチャルです。薔薇モチーフ、そしてタンブル、ラウンドです。
薔薇モチーフと12ミリ、8ミリラウンドは、南ア産で、6ミリラウンドはブラジル産、タンブルは不明なんですが、おそらく南アではないかと思われます。
発色、内包物はさまざまですが、個性的なエレスチャルビーズがたっぷりです。
薔薇、大きくてめちゃ綺麗ですよ~。こんなエレスチャルビーズ、普通ないです^^。
「1」のペンダントトップ、こちらはインド産ですが、ゲーサイト・インクルージョンがたっぷりで、透明感にあふれる宝石質ルースがペントップになっております。
ものすごく綺麗です。
スギライトも濃い紫玉12ミリ、鮮やかな紫が綺麗な8ミリ。
マリアライトは、パープルスカポライト・キャッツアイ。レア・ストーンです。5ミリ玉として入手したのですが、4.5ミリ~5ミリくらいかな、な大きさです。この小ささでしっかりキャッツアイ。
ヒマラヤ水晶はカンチェンジュンガ産。内傷はありますが、ヒマラヤ水晶独特のクリア感。
大サービス価格です。


sold out


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2011年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page