アーカイブ
2009年10月の記事のリスト

思考の果実 ネックレス&ブレスレット

2009年10月31日 (土) 22 : 54


「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ(出品作品一覧の販売ページです)
アクセサリ掲載ページ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ こちらは、一点ものとなります。
上記ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、ご確認ください。

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ネックレス長さは、45センチ。
ナイロンコートワイヤー、ロジウムメッキパーツを使用しています。
ブレスレット内寸は、16センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。


◎ご希望の方には、プラス1,500円でピアス(ロジウムメッキ真鍮)をお作りします。
 お申し込み時に、お申し付けください。
(モリオン10.5ミリは入りません)
(イヤリング(ロジウムメッキ真鍮のみ)、ピアスチタンフック)希望の場合は、1,700円でお作りします。お申し込み時に使用パーツをご明示ください。)
(お振込いただいてから制作、発送までに一週間ほどいただく場合がございます。振込日の翌日発送となりませんので、ご了承ください)
____________________________


モリオン・シリーズです。今回は、ちょっと変わり種。
ネックレスのほうには、モリオン入りませんが、ネックレスとセットの今回のこちら、一組みだけご用意しました。


ず~っとずっと以前なんですが、「思ったことを現実化」ブレスを、どうしても作りたいんだよね・・・って話をどっかに書いたんですが、自分で検索してもそれがいつ頃だったかわかんなくなっちゃったんだけど^^(たぶん一年たってないと思うのですが)なかなかこれが、「よっしゃー」の石組みとならなくてですね(汗)。


改良ごとに、必ず、ロト6を買いにいくんですが、当たるんだけど、1000円なんだよね。
これ、確か、初めて「今そういうのにトライしてる」って書いた時も、ロト当ててね♪ って本当はそういうの良くないんだけどな、って思いながらも、石に頼んで買ってみたら、ちょ~ど千円当たってて、で、たしか「今日はちょっとお昼のランチは贅沢できるぅ」と喜んだ記憶があるんですけれどね。


なので、宝くじなどの、なんていうんですかね~、棚ボタ的ラッキーな願いみたいなものには、多少はイケるかもしれないですが(だって、必ず1000円は当たる、ってのも、ソコソコ確率的には凄いよね?)現実になったことが信じられない夢のようなことの現実化には、ちょっと難しいのかな。
でもそれも、人によるのかもしれませんが。


先般、モルダバイトを使った「即効現実化系」は、あれは、今即必要な小道具とか役者が即効揃う系かな、と思うんですが(それはそれで、すごい話だけど)、こっちはね、なんだろう・・・それよりはもう少しスパンの長い、だけど、一年、二年、の気の長さまではいかない程度の期間の、思いの現実化系なのかな、って思います。
あんまり漠然とした将来だとかよりは、少しずつ結果が出る類のことを、現実化していきます。


なので、もし願掛けというんでしょうか、なさるんであれば、数字だとかで明確に答えがでるような類の、必ず結果が出ることになさるといいかと思います。
人間関係などは、どうなんでしょう? ビミョーですね。他者の助けが必要な類のことでもいいんですが、それじたいを願うというよりは、「そうしてもらった結果、こうなるんだけどな。そうすれば自分もハッピー、○○もハッピー」というような、人様に動いていただいた結果という展開の先にある実現を思い描いたほうがいいような気がします。


私みたいに、石に対して、他の石のことをお願いするような^^ふざけた人間にも、それなりに希望は叶えてくれてはいるようなので、今回は、ちょっと商品化に踏み切ってみました。
費用対効果として、「ロトが1000円じゃね~・・・いちまん以上出してもらって、どうなのかしら」と思わないでもないですが^^、見た目、気に入っていただければ、この組み合わせはどなたがされてもオッケーなんじゃないかと思います。


あ、そうそう、「思考の果実」といっても、ネガティブ思考は叶えませんので^^「今、悪いこと願っちゃった、どうしよう」みたいな、おっかなびっくりにお取り扱わないでいただいて大丈夫です。
基本、ポジティブな希望、可能性です。で、あれもこれも、ってのはナシです。だから、いっこいっこ行ってみてください。



■使用石■

「チベットモリオン10.5ミリ丸玉」「マラカイト12ミリ64面カット丸玉、6ミリ丸玉」「ペルーアマゾナイト8ミリ丸玉、6ミリロンデル、約5~6ミリタンブル、4ミリ丸玉」「ブラックアクアオーラ8ミリ64面カット丸玉、6ミリ丸玉」「アクアオーラ8ミリボタンカット、4ミリ丸玉」「グリーンクォーツ8ミリ64面カット丸玉、6ミリ64面カット丸玉」「水晶ペンダントトップ30×25×10ミリ、8ミリボタンカット、6ミリ64面カット丸玉」「ブラッククォーツ(スモーキークォーツ)6ミリロンデル」


■クォリティと鉱物説明■


チベットモリオン10.5ミリ玉は、3石使用。

マラカイトは、やわらかい石のため、こういった64面カットなどのビーズの場合(あんまり丸玉とかオーバル以外の形状を、そもそも見かけることのない石ですが)少し表面のそのカット部分が白くなっているものがあります。(エンジェライトなどもそういう性質がありますね)
発色がとても美しく、まるで、モーシッシのようです。

ペルー産アマゾナイトも、その独特のブルーグリーンの発色が美しい、高品質ビーズ。
微妙にわずかにムラがありますが、透明感もあり、綺麗です。

ネックレスに使用している、扇形ペンダントトップの水晶は、ジェム展で、ヒマラヤ水晶~、と謳って販売されていたものなんですが、これだけ綺麗だと、かえってそれはどうかな?的な美しさです。目視では傷のない、透明度、輝き抜群の水晶です。
ジェム展で、ヒマラヤ・クォーツだと謳って販売されていましたが、それはどうだろう? と思います。。。
別に産地がヒマラヤ云々問わず、こういうカットストーンで、ペントップでも、宝石質級水晶とそうでない水晶がありますけれど、これはジェム級かなと思います。



SoldOut


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2009 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

護符 ブレスレットVol.2 「1」「2」「3」「4」

2009年10月31日 (土) 22 : 15


「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ(出品作品一覧の販売ページです)
アクセサリ掲載ページ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ こちらは、若干使用石、スペック違いで、「1」「2」「3」「4」の4商品があります。
上記ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、ご確認ください。


★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名、同等商品制作希望の有無」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ブレスレット内寸「1」「2」16センチ、「3」「4」15.5センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。


◎ご希望の方には、プラス1,500円でピアス(ロジウムメッキ真鍮)をお作りします。
 お申し込み時に、お申し付けください。
(イヤリング(ロジウムメッキ真鍮のみ)、ピアスチタンフック)希望の場合は、1,700円でお作りします。お申し込み時に使用パーツをご明示ください。)
(お振込いただいてから制作、発送までに一週間ほどいただく場合がございます。振込日の翌日発送となりませんので、ご了承ください)
____________________________


サーペンティン。
日頃、サーペンティンはいいよぉぉ~、とたびたびご紹介しているかとは思うのですが、実際にはアクセサリでは、わりに見かけない石でもあります。ニュージェイド(ボゥエナイト)は、まぁ、あるのですが。
しかし昨今は、クォーツアイトなどの染めビーズや、オーラ加工のビーズが台頭してきているからか、その地味さと価格的なバランスゆえか(ニュージェイドとかオリーブジェードって、地味ながらに、そういった装飾性のある石ビーズに比べるとものすごく廉価かというと、そうでもない)あまり流通しなくなってる感があります。
同じ理由で、ブルーのチャイナアマゾナイトなんかも、そうですね。


実はサーペンティンの中にも、そういった品質差によるランク、価格の違いはあります。
本当にためいきがでそうなグリーンゴールドの美しいものは、え~~~。なお値段だったりもします。


その力だとか、はたらきの質で、石の価格は決まるのではなく、あくまでも「この世的価値基準」ですので、希少性だとか、人気(需要と供給バランスの問題ですが。当たり前の話ですが、人気のある石は、それだけ高いです)同じ石でも見た目の美しさや品質の良し悪しだとか、発色の良さ、純度の高さ、透明感、傷のあるなし、ルチルクォーツなどは針の入り、針の質具合などでも、二桁くらい平気で変わってしまいます。モルダバイトなども、お高いのは、彼らのやることがすごいからではなく^^あくまでも、人気と希少性だけの話です。


それでも、比較的、天然石ビーズの中では、廉価といえるものに遭遇することのあるサーペンティンなのですが、そのはたらきじたいは、価格で賞賛してあげたいっと思うくらい^^のものがある石。


古くは「狂気をいさめる石」(from「パワーストーン百科全書」)として、おそらく、悪霊が取り憑いたと思われるようなケースだったんじゃないのかな、と思いますが、用いられたり、「旅人の石」としてローマ時代には護符とされ、アメリカ先住民には、「危険から身を守る石」として護符とされてきたそうな。
おなじみ、「霊性向上の石」でもあります。


実際に、サーペンティンのブレスしてから、仕事でよく海外に行かれる方だったんですが、本当に「無事」であることに感動(?)したみたいで、デザイン違いで同じものもう一個買ってくださったりしてましたからね・・・。
なんだか、無事にコトが運ぶことが稀、っていうような危険地域へ出向かなきゃいけないんだそうでした。
旅行の安全だとか、危険から身を守る、については、危険に実際に晒されやすい方が身につけないとわからないことでしたので、私も「ほぉぉ・・・やはりそうなのか。」と、自分で作っておきながら何ですが、そこで納得した次第でしたが。
以前、外回り仕事をしていた時には、そういえばよく身に着けていたんです、自分も^^。
お守りだと思ったことはありませんが、なんとな~く心細い時に、選んでいることが多かったように思います。


この石は、自分的には、「起きたまま見る夢」ならぬ、「起きたままメディテーション」ストーンかな・・・と、以前より感じています。
なにかと集中力に欠ける方や、余計なことばかり考えていて、本当に考えたいことについては目をそらしてしまう方、はたまた、なかなか心をまっさらにできない、気持ちの切り替えが苦手な方などに、いいと思います。



■使用石■

「1」「2」

「サーペンティン10ミリ丸玉、8ミリ丸玉、(ボウエナイト)12×8ミリ薔薇彫刻カット」「ミャンマー本翡翠約11ミリ丸玉」「ブラックアクアオーラ8ミリ丸玉」「水晶10ミリ薔薇彫刻カット丸玉、8ミリボタンカット」

「3」「4」

「サーペンティン10ミリ丸玉、8ミリ丸玉、(ボウエナイト)12×8ミリ薔薇彫刻カット」「ミャンマー本翡翠約11ミリ丸玉」「ブラックアクアオーラ8ミリ丸玉」「水晶8ミリ薔薇彫刻カット丸玉、8ミリボタンカット」

■クォリティと鉱物説明■

そもそもサーペンティンというのは何者か? なんですが、鉱物のグループ名であって、アンチゴライトAntigorite、クリソタイルChrysotile、リザーダイトLizarditeの3種が単独、もしくは複合している石のことを言うそうな。
このブレスの場合だと、10ミリ玉の白い蛇模様部分は、クリソタイルが脈状に入ったものかと思われます。
サーペンティンの生成由来がとても興味深く、いずれも地殻の深部で生成したものが、断層帯に沿って地表近くに上昇して来たもので、大部分のものは塊状や繊維状、粒状などで産出するそうなんですが、「かんらん石」の変容部分を取り込んでるそうです^^。表面にちらちらと、そのきらきら光る黄緑色の名残を見せているものもあります。
「かんらん石」って何? と言う方へ。「オリビン」=「ペリドット」ですよ♪
なるほど・・・・グリーンゴールドのサーペンティンの美しさの正体、オリーブジェードの美しさの正体の謎が解けたような気がしましたよ。

ミャンマー本翡翠は、モスアゲートのような濃いグリーン部分と薄いグリーン部分がブレンドされたタイプのビーズで、これ単体の翡翠ビーズはあまり出回っていないように思います。時々、翡翠ブレスレットの中に一部混じっているタイプのビーズ。
緑色部分は、オンファサイトかと思います。
翡翠も、日本が「世界最古の産地」つまり、発祥の地ではないか? なのですが、なぜかその姿を、歴史の途中から見せなくなった、謎多き霊石なのです。

当たり前のように、今日、彼らは我々の目の前に現れているわけなんですが、実はその命、というか、存在の遠い遠い由来、源に思いを馳せると、その石が有しているとされる力の根拠が感覚的にわかってきます。
この石の意味を知りたいな、と思う方は、パワーストーン系サイトを巡るよりも、化学組成を調べるとか、生成由来を調べたほうが、合点がいくこともあるかもしれませんよ。



SoldOut


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2009 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

護符 ブレスレットVol.1「1」「2」「3」「4」「5」

2009年10月31日 (土) 22 : 13


「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ(出品作品一覧の販売ページです)
アクセサリ掲載ページ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ こちらは、同スペックで「1」「2」「3」「4」「5」の5商品があります。
上記ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、ご確認ください。
※同等商品制作のお受け付け終了です。ありがとうございました。

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ブレスレット内寸16センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。


◎ご希望の方には、プラス1,500円でピアス(ロジウムメッキ真鍮)をお作りします。
 お申し込み時に、お申し付けください。
(イヤリング(ロジウムメッキ真鍮のみ)、ピアスチタンフック)希望の場合は、1,700円でお作りします。お申し込み時に使用パーツをご明示ください。)
(お振込いただいてから制作、発送までに一週間ほどいただく場合がございます。振込日の翌日発送となりませんので、ご了承ください)
____________________________


サーペンティン。
日頃、サーペンティンはいいよぉぉ~、とたびたびご紹介しているかとは思うのですが、実際にはアクセサリでは、わりに見かけない石でもあります。ニュージェイド(ボゥエナイト)は、まぁ、あるのですが。
しかし昨今は、クォーツアイトなどの染めビーズや、オーラ加工のビーズが台頭してきているからか、その地味さと価格的なバランスゆえか(ニュージェイドとかオリーブジェードって、地味ながらに、そういった装飾性のある石ビーズに比べるとものすごく廉価かというと、そうでもない)あまり流通しなくなってる感があります。
同じ理由で、ブルーのチャイナアマゾナイトなんかも、そうですね。


実はサーペンティンの中にも、そういった品質差によるランク、価格の違いはあります。
本当にためいきがでそうなグリーンゴールドの美しいものは、え~~~。なお値段だったりもします。


その力だとか、はたらきの質で、石の価格は決まるのではなく、あくまでも「この世的価値基準」ですので、希少性だとか、人気(需要と供給バランスの問題ですが。当たり前の話ですが、人気のある石は、それだけ高いです)同じ石でも見た目の美しさや品質の良し悪しだとか、発色の良さ、純度の高さ、透明感、傷のあるなし、ルチルクォーツなどは針の入り、針の質具合などでも、二桁くらい平気で変わってしまいます。モルダバイトなども、お高いのは、彼らのやることがすごいからではなく^^あくまでも、人気と希少性だけの話です。


それでも、比較的、天然石ビーズの中では、廉価といえるものに遭遇することのあるサーペンティンなのですが(その場合、品質はともかく・・・の注釈入る場合もありますけれど)そのはたらきじたいは、価格で賞賛してあげたいっと思うくらい^^のものがある石。


古くは「狂気をいさめる石」(from「パワーストーン百科全書」)として、おそらく、悪霊が取り憑いたと思われるようなケースだったんじゃないのかな、と思いますが、用いられたり、「旅人の石」としてローマ時代には護符とされ、アメリカ先住民には、「危険から身を守る石」として護符とされてきたそうな。
おなじみ、「霊性向上の石」でもあります。


実際に、サーペンティンのブレスしてから、仕事でよく海外に行かれる方だったんですが、本当に「無事」であることに感動(?)したみたいで、デザイン違いで同じものもう一個買ってくださったりしてましたからね・・・。
なんだか、無事にコトが運ぶことが稀、っていうような危険地域へ出向かなきゃいけないんだそうでした。
旅行の安全だとか、危険から身を守る、については、危険に実際に晒されやすい方が身につけないとわからないことでしたので、私も「ほぉぉ・・・やはりそうなのか。」と、自分で作っておきながら何ですが、そこで納得した次第でしたが。
以前、外回り仕事をしていた時には、そういえばよく身に着けていたんです、自分も^^。
お守りだと思ったことはありませんが、なんとな~く心細い時に、選んでいることが多かったように思います。


この石は、自分的には、「起きたまま見る夢」ならぬ、「起きたままメディテーション」ストーンかな・・・と、以前より感じています。
なにかと集中力に欠ける方や、余計なことばかり考えていて、本当に考えたいことについては目をそらしてしまう方、はたまた、なかなか心をまっさらにできない、気持ちの切り替えが苦手な方などに、いいと思います。



■使用石■

「サーペンティン(イエローターコイス)約16×12×12ミリスクエアタンブル、(オリーブジェード)約18×12×12ミリタンブルカット、(ボウエナイト)10ミリ、8ミリ丸玉」「ブラックストーン約16×12×12ミリスクエアタンブル」


■クォリティと鉱物説明■

イエローターコイスというのは、フォールス・ネーム(流通名)で、この石は、サーペンティンの一種です。
原石感まるだしのタンブルというか、もちろん研磨はされておりますが、石質じたいはそこそこ・・・のタイプ。
変色しやすい性質がありますので、水分、油分などに気をつけてください。水ぶき~カラぶきがいいと思います。
ボウエナイトの10ミリ丸玉は、染色です。
ブラック・ストーンというのは、黒のジャスパー。


SoldOut


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2009 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page