アーカイブ
2009年07月25日の記事のリスト

日本の女子女神化計画について

2009年07月25日 (土) 13 : 07
先月の石アクセサリのアップの時に言っていた、「日本の女子女神化計画」について、なんですが。
(なんか凄いな、これ。やっぱり。大げさに聞こえるな^^)


「女神化計画の石組みよ♪」って書いてなければ、その石組みは、コンセプトが違うのか? というご質問をいただいたのですが、基本的に、この世界の中で、みなさまの内外両面の向上に向かっていただくための、自分が石に教えてもらって作っている石組みは、すべて究極的には、みなさまに「神性の領域」に触れていただきたい、そしてその心地よさを知っていただきたい、と願う類のものです。


「神性」などと、軽々しく言うんじゃねぇ、と、逆鱗に触れる方もいらっしゃるかもしれませんが、う~~~~~~ん、う~~~~~ん、そうね、確かに、神は軽々しいものではない、だけど、重さはないから^^軽いです。
ナノの世界よりももっと繊細なので、どこへでも「浸透」可能。


どこへでも浸透可能、なんだけれど、じゃあ、大サービスで、どんなところにも寄ってくる、ってものでもないんですが^^。
神が入りたくなる器(魂)を、私たち人間が、自分を磨いて作らなならんのです。
この部分は、残念ながら、自助努力です。ちちんぷいぷいではないようです。
それが、人生とも言えます。


カタチある世界の「モト」は、すべて、こちらからいらっしゃっている、わけなので、この「女神化」というのも、言葉という非常に限定的表現で言い表すことになっちゃうと、そういう言い方になるわけなんですが、劇的七変化が起こるわけでもないですし^^、「自動的に女神になれます」というような、「装置」ってことでもないです。


もとい、「装置」なんだけど、ボタンを押すのは、持ち主よ。
そういうこと。
いつまでも、ボタンを押して、起動させなければ、パソコンもただの金属の塊であるように、石も石です。
起動させ、使い方を憶え、使いこなしていくうちに、「あれれ、いつのまにか、使えることが当たり前になっている」ように、女神の技というものは、覚えていくものなんじゃないだろうか、と思います。


そして、その「ステージ」は、各人、ばらばらです。
均一化された、恵まれた限定条件でなければ、安楽な状況の中でしか女神になれない、そういうものではありません。
はたから見れば(自分から見ても^^)、どう見ても「不幸の渦中」というステージこそが、実は、最良の魂の訓練場であったりするのは、そういうことかと思います。


だから、特別「これじゃなきゃ!」などという枠もないですし、選んでいただく方の感性で、そう思えれば、それはミューズの懐を知る石組みなんじゃないだろうか、と思います。
パソコンだって、バイクだって、自転車だって、家だって、みんな、こだわりの程度の差こそあるけれど(フォルムや、機能や、利便性や、いろいろなプライオリティを、選ぶ人なりの順列つけて、選びますよね?)私たちを囲む「モノたち」は、みんなそうやって、縁あって手元にやってくるモノです。


私が作らせていただいている、石アクセサリは、その持ち主となっていただける方の、人生というステージ上での自助努力、それを横からほんの少しだけ助けてくれたり、ヒントをくれたり、チャンスをくれたり、足りない能力を伸ばすための手助けをしたり、などなどの、ありとあらゆるジャンルのサポートはしますが、「ちちんぷいぷい」はやらないです。


「ほんとうだ、意味どおりになってる・・・」のご感想をいただくことは多いですが、石がやっていることは、その現実を創造するためのご本人の有り様への気づきや、手管、そういうものを、ご本人が選択できるような心境へと変容を助けているだけで、現実創造をしているのは、あくまでもご本人の、思い、決意、行動です。


・・・というわけで、
27日、28日に予定している、次回新作については、特に、この「女神化計画」という、限定枠はもうけておりませんので^^(なんか、「アセンション・ストーン」的、限定商品!! みたいになっちゃうし、また、そう受け取ってしまい、「こっちは、女神化じゃないのね・・」なんていう^^、妙な先入観を持ってご覧になられるのも、可能性をくくることになり、もったいないですので)よろしくお願いします♪


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2009 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page