アーカイブ
2009年06月08日の記事のリスト

新宿ショー、3日目

2009年06月08日 (月) 00 : 02
さて、初日のミネラルショーから二夜明けて、今日は三日目。
せっかくの5日通しチケットもあることだし、天気もいいことだし、今日はOKストアに買い出しに行かなきゃな日だし、ってことで、チャリでふらふら~~~~っと、覗いてきました。


おいおい、「モルダバイトと、ルビー」はまだかいな?! とおっしゃらないでくださいな^^。
そこにも繋がる、今日の出来事。


OKストアというのは、主に西東京側に根を張るディスカウント・スーパーで、用賀のOKストアには、この不況をうけて、お金持ちがベンツで食糧まとめ買いに大挙している・・・というようなニュースを、確か、ヤフーのニュースだかなんだかで見たのか、また聞きしたのか、定かではありませんが、私が通う代々木八幡のOKストアも(実は、けっこう遠い。うちからチャリで15分はかかる。でも、ここは、食品全般が値上がりする以前の価格をキープしているスーパーのため、通常の6~7がけで、食品が買えるんですよ。時間ができた今は、お金持ちじゃない自分にとっては、とてもありがたい量販店なので、チャリで坂道はつらいけど^^、遠くても行っちゃいますね~)ご多聞にもれず、たしかにベンツやBMWで買い出しに来ている面子は多々いらっしゃいますね。
代々木八幡あたりも、代々木の5丁目とか、神園町とか、御屋敷系の町が近い立地なので、そうなんでしょうね。


OKストアの頭のいい事業展開が功を奏している時代、ってことなんでしょうな。
え? 金持ちに、ディスカウント食品はいらんだろ!! と憤慨なさるかもしれませんが、こういう量販店というのはね、全般的に「客単価が低い」っていうのが、万年ループの悩みの種なんですよ。
みんな、特に、日常の食品の類というのは、毎日のことだから、シビアじゃないですか、一円、二円、に。
でも、量販店側にしてみると、「広告の品」だけ買っていかれるのは、困るんですよ。あれは、たいてい店が赤字を切ってやっているか、食品メーカーが赤字を切って恩を売っているかの、どちらかです。


で、お金持ちというのもね、無駄なお金を払いたがらない習性があるんですよ。
だけど、お金は持っているから、こういう風に明らかに価格が他と同じメーカーのもので安ければ、結局「ものすごく買う」ことは買うんです^^。
レジで並んでいる時に見てると、OKストアの客単価って、すごく高いです。
いわゆる、「スーパーらしからぬ、合計金額」のお買いもの客が多い。
私のような庶民でさえ、一度行くと、たしかにまとめ買いをする傾向ありますんで、うちの近所のスーパーで買う時の倍以上は、必ず使っていますしね。



さて、OKストアの話は置いておいてですね^^、
そんな、食品の価格には、10円20円単位で、人間というものは動かされるものなのですが、
石の世界では、思い切りその桁が、なぜか、跳ね上がります。
同じ人間でも、人間というものは、そういうものなのですね。


初日に、「げっっ! 高すぎ!!」で、断念したシャーマナイトでしたが、しかし、いかななんでもなんであんなに高かったんだろうなぁ・・・と思いながら、また同じお店にふらふらっと、会場に入ってから、まっすぐ行ってみました。
し、したらば。
ん? 値札ついてる? あれれ????? 安くなってる???????
・・・・・と、なんとまぁ、私がふつか前に「グラム売り」で聞かされた価格の半分を少し下回る、「これなら、適正と言えるだろう」価格の、値札がついてるんですよ。
もちろん、即、買いました。サイズは、12ミリ弱。11.5ミリくらいでしょうか。満足です。
まさか、初日に、あのべらぼうな値段で買っている方はいないと思うけれど、ひどい話ですよね。
たぶん、他の10万円単位のビーズ、タンザナイトとかチューライトとかクンツァイトとか、そういうグラム売りの高額ビーズと、いっしょくたになってたんでしょうね。


よかった~、初日に使ってなかったお金そのまま財布に入ってて。
そう思いながら、ふらふら進んでいくと、なんだか名前もつけていない、ごちゃまんルースを売る店でですね。見つけたんですよね。モーシッシの、ちっこいルース。10×14ミリの標準サイズくらいでしょうか。
乗っかっている皿に、ごひゃくえん、って書いてあり、うわ、これどれでも500円!!かと思いきや、それは、「カラット」という意味でですね(ミネラルショーの場合、石の価格は、みんなそうなんです、1peaceいくら、って書いてない限りはね)まぁ、ルースだしな、そんなわけないか・・・と思って、計ってもらったら、4,000円でした。
4,000円・・・・・・・。
この前さ、あたしがお出しした、モーシッシのブレスに使っていたあのタンブルの何分の一の大きさ、めかたにも満たない、このぺらっとした薄べったいルースが、いっこ4,000円。
やめときました^^。
ほんっと、ルースって高いです。


でも、ここでモーシッシを断念したおかげで、そのあと向かう、初日に見た、モルダバイトのブレス。
やっぱ、あれ買うわ~。につながったわけです。


それにしても、今日はミネショのあと、私は、OKストアにも出向かなくてはいけませんのでね、財布の残りが気になりまして。
あれ~~~~、これ、微妙だわ・・・・・・・・。
初日に聞いた金額じゃ、ちょっと厳しいかな、ということに気がつきました。
でも、欲しい。モルダバイト。


老舗のビーズ屋さんは、相変わらずの人だかり。
5マン、10マン、の領収書をもらっているような人がいたり、うわ~儲かってて良かったね~、の世界。
確かに、クォリティに関しては、今回は安っぽいものをまったく用意していないため、お金がある人には、いい買い物ができる品揃えではあるよな、というラインナップなんです。


私が手をのばしたモルダバイトは、ふつか前に計ってもらったものよりも、小さめ^^で、これならいけるかな、というもの。
ですが、金額的にオッケーとなるとですね、人間は、「う~~~ん・・・・それでその額か。中途半端にその大きさで妥協するなら、も少し無理して、一回り大きいほうがいいかもな」となるのです^^。


最終的には、お財布の中身を数えて、ちゃんとスーパーで今日の買い物ができる残額を残して、払えるぴったりの価格に値引きしてもらって^^(これ、特に交渉したわけじゃないんですが、ぴったりでしたね。びちくりしました)6ミリロンデルよりもひとまわり大きい、7ミリロンデルのブレスレット形状のビーズを、ゲット。


いやはや。帰り道、そのモルダバイト、都庁の噴水のところにチャリを止めて話しかけてみました。
あ~た、やっぱり、待ってたね? と。
待ってたそうです^^。


ルビーとは、きっと、お似合いです。
ルビー様は、やっぱり、チップではなく、このロンデルといっしょになりたかったんだろう、と。


ところで、昨今は、モルダバイトの販売にやたらに神経質になっているのか、鑑別書までもらいました。
別にいいんだけどな・・・そう思いながら、中身を開くと、あれま、鑑別機関は天然石がわかる本の飯田センセのところじゃないですか~。
「モルダバイトに偽物が多い」とのたまうこの方、モルダバイトの鑑別で、たぶん、儲かってます^^。
そしてそれが、モルダバイトの価格を、吊り上げています。
私はまだ、偽物らしきモルダバイトに、今のところ触れたことはないですもん。
まぁ、偽物売ってそうなところで、買わない、というのもあるけれど。


循環というのは、ほそろしいものですな、ということを、実感しましたよ。

09年新宿ミネラルショー03


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page