アーカイブ
2008年08月23日の記事のリスト

パワーストーン・ショップ探訪

2008年08月23日 (土) 21 : 39
探し求めることを「探訪」というように思うので、この言い方は正確ではないのかもしれない。
なにしろ、探し求めなくても、昨今、そこいらじゅうでこの、パワーストーン・ショップは増殖中の印象を受ける。

シゴトで、あちらこちらの街を訪れるため、関東中心に好む好まざるに関わらず、さまざまな駅に降り立つ機会の多い私なのだが、ここのところ、いわゆるそういう駅に隣接した「駅ビル系ショッピングモール」なんかに、この、パワーストーン・ショップがやたらに展開されているのが、目に入りますね。

たいてい、お好みのビーズで、オリジナル・ブレスレットを作ります、のような店。
昨日も、蒲田の駅で、元町発のパワスト屋らしき、そういう店を見かけた。


そして同じく昨日、通っている会社のある、銀座にあるらしきことは、駅の看板広告でわかっていたのだが、訪れる機会のなかった店を、ようやく見つけた。
なんだ、こんなとこにあったのか、的、わかりやすい場所なのだが、今まで私にはさっぱりわかりませんでしたね。


昔、パワーストーン本を出版したくて、かけまわっていた頃に、世間ではどのようなパワスト本が出回っているのだろう、と本屋を覗き、「為参考」に買ったパワスト本の一冊の中に、「パワーストーン&宝石の事典」という本があり、まぁ、中身はどうという感じではないけれど、使っている写真が信じられないくらい綺麗で、「石の写真って、やっぱこのくらいに綺麗に撮れないとだめなのかもな・・・」と、私を心なしか落胆させた本。
当時の私には、この本の写真に使われているクォリティの石を、石のジャンル毎に取り揃えて、これだけのクォリティの写真を用意する能力(金銭的にも)は皆無だったため、私に「やっぱ、あたしが石の本を出すなんて、絵空事だな。」と、心のどこかに、諦めの芽を萌芽させるにじゅうぶんなくらいに、美しい宝石の写真が掲載されていた。

その執筆者の店がその銀座の「えんぎ屋」で、いわば本のほうは、いわゆる店のちょうちん本なのだが、いちど実店舗で売られている石を見てみたいわ~と思っていたのだ。
あまりに本の写真が綺麗なので。


地下鉄の東銀座駅を上がると、ドール・イン・セイコというぬいぐるみ屋が廃業となった跡地が現在リフォーム中で、「えんぎ屋」というポスターがべたべたと貼ってある。
「あれ?こっちに移転するのかな?」と思いながら、銀座方向へ歩くと、「なんだ、こんなとこにあったのか。」的なところに、いわゆるそのパワスト屋の老舗はあった。

私が、パワスト屋を覗く目的なのだが、もちろん、パワーストーンを調達するためではない^^。
それなら、今、自分である程度まではできるからだ。
目的としては、どのようなクォリティの石が、どの程度の売価で、販売されているのか? という相場感を知るためもある。
自分も、現在、いわゆる「パワスト・アクセ」をご提供している立場。
こういった、そこそこ有名なパワスト実店舗の値付けよりも、もし、高く売っていたりしたら^^どえらいことである。
(まぁ、今までにいちども、それだけはなかった、というか、まずありえないことだけど)

さすが、銀座の一等地(一等地ではないが)、お値段はやたらに立派であった。
が、石のクォリティは? というと、う~~~ん、正直「並」である。
もっと正直にいうと・・・・・・・・・「うちのアクセと変わらないか、もしくは、うちのほうが、上、な場合もあるな。」という、印象であった。
あの本の石アクセサリの写真が、よく見ると、けっこう代官山の「KCジョーンズ」からの借り物だった、という理由が、なんとなく分かった。
店内のライトアップのしかたなどで、そこそこ綺麗には見えるけれど、太陽光のもとでは、どうかなぁ? という感じのビーズクォリティのアクセサリが多かったように感じた。もちろん、綺麗は綺麗なのだけど。価格ほどの価値が、果たしてあるだろうか? 的なクォリティ。(まぁ、銀座だし、テナント料ぶんですよね。それはしょうがない話)


時々、「写真ではすごく綺麗だったのに、実物が・・・」の話を、パワスト・アクセサリに関しては、時々小耳にするが、「なるほど、ああいう写真じゃ、確かに、そう思うかもな。」と思った。
あまりに実物に乖離した綺麗なイシの写真というのも、本当にどうかと思うが、石の写真をどうしても綺麗に撮ることができない私にとっては、ほんと、ああいう「きらきら系写真」は謎である。

(ちなみに、私の場合、自分では「最近、石の写真の腕があがったぜ♪」と、ひそかに自負しているのだけれど、それでも、うちのアクセサリを手にされた方からいただく言葉は、「写真よりも、実物のほうが、ずっと綺麗♪」なのである。
ううう、時々、「写真、綺麗すぎちゃったかしら?」なんて思ったり(爆)しているのに、まだまだどうやら写真は実物に追いついていないらしい。)


えんぎ屋店内、全品30%オフ、のセール中。
お店の方に、ドール・イン・セイコがあった場所、改装中だったけど、あっちへ移転するんですか?
とお尋ねしたところ、「あちらは、石の専門店になる予定で、こちらはこちらで、こういったえんぎものの店として残ります。」との話だった。
なるほど~。
店主も、危機意識だけは薄れてはいないのだな、と思った。ビジネス・パーソンとしては、合格かも。
この品揃えでは、現在のイシ・ブームに乗っかって、本を買って読んで店に来た人を、たぶん、がっかりさせる。
つまり、「綺麗すぎるイシの写真が満載の本」が、逆に評判を落すアダになりかねない。


風水グッズなど、石以外のものは充実している印象はあるが、「石を求めて」この店にやってきたヒトには、ちょっと物足りない感覚を与えるだろうな、と思った。
昨今は、おそらくこういう売っているお店のヒトよりも、石に詳しい個人のほうが多いかもしれない。
そういう人の目はごまかせない。
ショーケースの中の、ロードクロサイトのブレスの陳列の中に、ひとつだけ、「ローズクォーツ」という札がついたロードクロサイトブレスがあったり。もちろん、指摘してあげた。「これ、ロードクロサイトですよ。」って。


30%オフなら、けっこういいかな、という指輪などもあり、それを見ていたら、突然、非常に声の大きなオバサマが入ってきて、なにやら店員さんと話している。
耳をダンボにして聞いていると、どうやら、霊能師系の占い師さんらしく。
ここのお店で購入した「護符」を納めにきたとか、なんとか。

なんだか面白そうな人だな、と思い、私は尋ねてみた。
「どれが、その強力な護符なんですか?」と、そのオバサマに。

オバサマは、店内入り口を入って、すぐ右側に並べられている、金色の、キャッシュカードサイズの、干支毎のカミサマが描かれているカードを指さし、これよ、これ。この店の中で、いちばんすばらしい「気」を放っているのよ、私は職業柄そういうのがわかるから、と、おっしゃっていました。

見れば、「千円」のカード型の護符。
千円のカードが、パワスト・アクセも販売されているお店の中で「いちばん良い気を放つ」と公言されては、このお店さんも、ご商売がやりづらかろうよ・・・と、私は、苦笑しつつ、「へぇぇ、そうですかぁ。こんど来た時に、買ってみようかな。」と言いつつ、水晶のストラップ(セールで籠にあったもの)を購入して、お店を後にしましたが。


ちなみに、ああいった「お店」と呼ばれる形態の中で、入り口入って、すぐ右手、という場所は、売る側にとっての一種の「ゴールデン・ゾーン」で、ここの場所に、いちばん売りたいものを置くとよいのだそうです。なぜなら、そこは、外から入ってきた人の、非常に「目を引く」スペースなんだそうです。
(それは、その昔、小売り業の大先輩の、千駄ヶ谷店主がおっしゃっていたこと。当時、彼女は私のアクセサリを、店の中のこの位置に配置してくださっておりました)



この「えんぎ屋」さんに限らず、パワスト・ショップを覗いていると、いろいろ面白い発見がありまして。


うちの近所でもある、新宿の南口の地下のショッピングモール内にも、パワスト・ショップがいつのまにかできていて、つい1ヶ月前くらいに覗いてみた時に、「あれ?」ってな石組みのブレスレットを発見しまして。
なにが「あれ」なのかというと、その昔、私が作った「最強、ネガティブ霊除け」みたいな、いわゆる、「もらいやすい」人のために作ったブレスの石組みなのですが、それとそっくりなものが、やはり「最強の悪霊除け」みたいな感じで売られていて^^。
いや別に、「ぱくられた」というわけではないかとは思いますがね。
まぁでも、「この石を、そういう意味で配する」ってのは、自分のとこ以外では見たことなかったもので、それなりにマイナーな石組みかな~~~とも、当時感じてもいましたのでね。
自分が作った何年か後に、そういうものがよそで売られていれば、発見して、「へぇぇ。」とはなりますよね。
まぁ、ぱくり防止、っていう意味では、作ったアクセサリ毎の意味とか、石の名前とか、ああいうのは、順次消していったほうがいいのかもしれませんがね。
個人の方が、自分で作るのに為参考にしてくださるぶんには、ぜ~んぜんかまわないけれど、「パワスト・アクセの実在ショップ」には使われたくはないよな~~~、というのが、正直、私の思うところですね^^。
もし、ここのブログを覗いているパワスト・ショップの方がいらっしゃったら、黙って石組みぱくりをなさるのはおやめくださいまし、と、今公言させていただきます。別に掲載著作物に関してはブログの場合、著作権フリー、というわけではありませんので。



・・・・・ということで、
恒例となっておりますが、「新作アクセサリ」ですが、来週、週半ばアップを目指して今、色々と取り組んでいるところです♪
詳細は、また来週お伝えします。
なんとかまた、平日アップにしたいな~と考えています。


ぜひまたご来訪くださいませ。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page