アーカイブ
2008年08月09日の記事のリスト

言ったこと思ったことがとっとと実現するスピードに、ちょっとびっくり

2008年08月09日 (土) 23 : 16
いったい何を今さら・・・なんですけれども、こういうのは、やれ「イシがどうこう」に限らずですが、近年非常に「実現化」は早くなっています。
これは、いわゆる2012年がらみの影響もあるのかもしれませんが、つまり、そう考えるとやっぱり、具体的に「思い」を正していくことの重要さっていうのは、より増してきているのだろうな、と。


ところで、今、ちょっとイシの組み合わせはナイショなんですが、この「思いが実現する」石組み、というものに、取り組んでいるところ。


以前お作りした、「マジック」は、あれは本当にマジックのように、「いやいや、嬉しいなぁぁ」的に、なんとなく望んでいたけれど、自力ではどうにもならない類のことが、実は心が希求していた現実を連れてくる・・・という摩訶不思議なものなのですが、いかんせん、「なんとなく無理かもしれんが、こうならないかな」的なことが、突然実現するタイプのものなので、自分で「思いが実現していくタイミング」については、計れなかったりするのです。
いわゆる、「ラッキ~~~♪」なかたちでやってくるので。


で、その「思いが実現する」ブレスをして出かけた先日の、金曜日の話。

実はこれ、先般お話した、アイドクレーズとインカローズなどのブレスレットといっしょに身に着けています。

その前の日の、木曜日、宝くじ売り場で、ロト6を買いました。
「イシに、こういうのが当るのを願うってのは、本当はナシなんだけどね。当ててね。」と、私は、その石組みに言いながら、二口、ロト6を購入。

そして、その翌日の金曜日。
いつもなら、こういうものは買ったことを忘れて財布の中にしまいっぱなしになっちゃうんですが、「どれどれ、昨日買った、ロト6は当っているかな~」と、朝、いつものように得意先へと向かう道中、見つけた宝くじ売り場で、調べてもらったのです。

そうしたら。
「当っていますよ。」と、売り場のおじさん。
もう、あたしは、どきどきです!! 「え、当ってます?」
4等で、1,000円の当選金。

なるほど~。
あたしは、「当ててね。」と言ったため、「何等に」の部分が抜けていたからなのか、比較的当りやすい4等・・・というのが、非常に微妙ながらも、まぁ、「当った」というのは事実。

私は、「やった~、今日はこれで、お昼に1,000円使えるね! 嬉しいな。」
と、ブレスレットに、心の中で言いました。


こういう外回りシゴトをしていると、お昼の休憩というのは、必ず外食になるのですが、悲しいかなみみっちい話ですが、「昼メシに1,000円」の身分ではなく^^、かといって、外メシというのは、実は、1,000円くらい出せないと、まともな満足感が得られる(これは、「味」とかその場所、テーブルが大きくて店内がゆったりしているなどの「空間」などを含めた満足感)食事というのが、できないものなのです。
しかし、昼飯1,000円をやっていると、あとで必ず家計的に逼迫してきてしまうことは、自分がようくわかっていること。
多少まずいものでも、我慢。
それが、日常の光景だったりもします。

で、その公約どおり、私はランチに「900円」使いました。


そして、夕方。
金曜日は、相変わらずの酷暑で、私は4時頃、最後の得意先を出た時に、「あああ~、マックがあるし~。あそこで、ソフトツイストを食べて、ちょっと休んでから、会社に戻ろう・・・」と、マクドナルドの「100円メニュー」に手を出しました。
ランチが900円でしたので、「あとまだ100円はオッケー」ということを意識していたのです。

でも、心の中では本当は、「ソフトツイストと、アイスコーヒー」を望んでいました。
喉も当然渇いていたし、まぁ、いいオトナなので、アイスコーヒーだけでよかったのかもしれないのですが、なぜかソフトツイストを食べよう、と決め、注文しました。
こう暑いと、こういうソフトクリーム系って、おいしく感じます。

しかし。食べ終わったあと、ちょっと後悔していました。
ソフトクリームというのは、確かに、暑い季節、カラダが要求する謎の食べ物なのですが、これを食べると、実は喉が渇くのでした。

「ううう・・・アイスコーヒー、買おうかな・・・。でも、今日は、1,000円と決めているからな。」と、食べ終わり、かすかな後悔を胸にいだきながら、さて、帰るか・・と席を立とうとしたら。
マクドナルドの店員さんが、手に「アイスコーヒーの小さなカップ」を持って、私のところにやってきて、こうおっしゃるではないですか。

「こちら、試食でさしあげているものなんですが、お飲みになられますか?」
と、私に、100円コーヒーよりもひとまわり小さいカップに入った、アイスコーヒーを差し出すのです。


この時点で、私は「えええ、うっそぉぉぉぉぉ。」と、頭の中が噴火していました^^。


有り難く、その「試食コーヒー」をいただき(ちなみに、マクドナルドでこんなもの貰ったの、いつ以来でしょうか。たま~に、持ち帰りなどで、相当待たなくてはならない時に、ちっこい飲み物が出てくることがありますが、100円しか使わない客に、なぜこんなことをするのか? 謎です)私は、その日起こったことを、反芻しておりました。


前日にロト6を買う時、「当ててね」と言ったら、翌日、1,000円が当っていた。
「今日はこれで、ランチは1,000円」と喜び、ランチに900円使い、残った100円でアイスクリームを食べ、「でも本当はアイスコーヒーも飲みたかった。でも使うお金は、今日は1,000円の範囲じゃないと。」と思っていたら、飲みたかったアイスコーヒーが、無料でやってきた・・・・・・。


まぁ、非常に、ショボイといえばしょぼい、「思いの実現」の一例ですが^^。
費用対効果ってものを考えるとですね、この程度の「思いの実現」のために、この石組みでは^^、ちょい高すぎます^^。


私が深く感じ入ってしまったのは、その、実現の「速さ」のほうです。
思った次の瞬間、までは、まだいきませんが(それはまだこの地球次元では無理だろうし)、それでもまるで、思った瞬間のごとく、間髪を入れずに実現していく、ってのは、ちょっと楽しいものがありました。


うちに帰ってきてから、
それでも、このブレス、まだ「改良の余地」ありだな、、、と感じまして、金曜日の「思いの実現ブレス」から、今はもう少し改良されて、今腕にいるんですがね。
フツウは、昨日程度の成功体験で大喜びしちゃうのかもしれないですが、「いやいや、昨日のは少し、シンクロに頼っている面があるわな・・・」と(特に、アイスコーヒーの件は)感じたからでして。


あ、こういう記事を書くと、「あ~、詞音ちゃんの、次の月末アクセの、ちょうちん記事ね。きっと出てくるわ、これ。」と思われる向きもいらっしゃるかもしれませんが、たぶんこれは、まだまだ先になろうかと思います。
だって、お値段のはる石ブレスで、「1,000円当った♪100円得した♪」くらいの思いの実現では、やっぱりちょいしょぼいです。
実用化(笑)は、まだ、先です。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page