アーカイブ
2008年05月の記事のリスト

魔法のブルー   ネックレス

2008年05月26日 (月) 22 : 41


個人的好みというか、どうにも好きなカラーリングで申し訳ありません^^。
こちらは、「ペルー産ブルーオパール」です。
ペルー産の石って、アマゾナイトでさえ(すまん、アマゾナイト)あのカラーですからね。
どうしてこういう天然石が生まれるお土地柄なのか・・・? やっぱり、インカ帝国か? レムリアか、アトランティスか、そういう過去の史実として、あるものないもの含めて、とにかくなんとも言えない「サン・フレッシュ」ってな感じの色の石が多い。


とりわけ、このペルー・ブルーです。

オパール全体にいえるのですが、イシキの拡大化、じゃないですが、自分を包む空気感が微妙に変わるのがわかりやすい石の筆頭かと思います。
いわゆる、この世的見地では、現実逃避の世界へといざなってくれる代表選手みたいな石かな、と。
日本女性はオパール好きなんだそうですが、せちがらい世の中では、そりゃまぁ、夢を見させてくれる石も必要ですよね。

オパールがいざなう世界を「現実逃避」と見なすか、「高次元を垣間見る」にするか? は、持ち主次第なところのある石ですね。


使用石は
「ブルーオパール15×15×10ミリ~10×10×3ミリロンデル形状」「淡水パール(ブルーグレー染め)10ミリ前後ポテト,ロンデル,ツインパール」「ホワイトアクアオーラ10ミリ64面カット,8ミリ64面カット,8ミリ丸玉,6ミリ丸玉」「アクアオーラ10ミリ丸玉,8ミリ丸玉」「水晶タンブルカット30×12×12ミリ,15×15×8ミリ」「レインボームーンストーン6ミリロンデル」「ムーンストーン20×15×10ミリタンブルカット」


ビーズ状態は、
ブルーオパールは、インクル等ありますが、この大きさとしては格段に少ないです。淡水パールもやはりこのビッグサイズの場合、まったくの無傷はなかなかありませんが、サイズを考えると、比較的状態は悪くないほうの部類かな、と思います。



ネックレス長さ60センチ。
ナイロンコートワイヤー、ロジウムメッキパーツを使用しています。

sold out


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2008 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

4,5,6   ネックレス&ブレスレット 2点セット

2008年05月25日 (日) 15 : 49




1,2,3・・・の次は、「4,5,6」ですね。
1,2,3が仕上がることで、ただひたすら、元気に明るく楽しく、それでオッケーといかないのが、人間の性というか。
それはたぶん「ひとりで自己完結して生きてはゆけない」仕組みがあるからなのだと思います。

やはり、「自分自身の才覚」っていうものの向上、開発、発見、という、能力の向上は、人生の中でのひとつの喜びでもあります。
それが自己の存在意義的なものにも繋がる面は、この世界では、多々ありますので。
そういった、才能や天分を存分に発揮してゆくためのチャクラが4,5,6なのかなぁ、とも感じます。
リテラシー能力、コミュニケーション能力、といったものもサポートするのが、このへんのチャクラですしね。

アマゾナイトやアパタイトと、ホークアイの組み合わせって、アタマが切れるようになるので、いつもなにか混乱しているタイプの方や、もしくは「面倒くさいことを考えるのが苦手」な方のサポートによいかもしれません。



使用石は、
「アマゾナイト25×25ミリ薔薇彫刻ペンダントトップ、6ミリボタンカット、4ミリ丸玉(ペルー産)」「アパタイト4ミリボタンカット(2color)、6ミリ丸玉」「ラブラドライト6ミリボタンカット、6ミリ丸玉、5ミリボタン、4ミリ丸玉」「アイオライト6ミリ丸玉、10×8ミリオーバルカット」「ホークアイ6ミリ丸玉、4ミリ丸玉、15×12×12ミリ太鼓型」「淡水パール(シルバーグレイ染め)4×5ミリライス」「水晶4ミリ丸玉」


ビーズ状態ですが、
一様に、そこそこのグレード、発色の良いビーズを使っています。
アパタイトのボタンカットなどは、天然石レベルではかなり良い部類なのかな、という発色ですが、ちっこいですので。



ネックレス長さ46センチ。
ナイロンコートワイヤー、ロジウムメッキパーツを使用しています。
内寸16センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

一点ものとなります。


sold out


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2008 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「闇に灯す光」ナビ・ストーン  ブレスレット3

2008年05月25日 (日) 15 : 17



いかにも、な組み合わせですが、「一寸先は闇」という言葉があるように、ほんの「何分先」でも、実は私たちには予測不能なんですね。そんな不確定要素の多い世界で、私たちは、安心とか安定を求めて生きている。
そして、それは、「先人たち」にとっても同じことだったのでしょう。
だから、彼らもその心のよりどころに、石を求めた。


サーペンティンは、人生という長旅に、時に迷い立ち往生してしまう時に、一条の光を灯す、旅人の石。
持ち主を目的地まで無事に送り届けることに長けています。
ガーネットは、ノアの箱船の「灯り」の役割をした石。世界は、すべてが藻くずと課す大洪水のさなか、その嵐にじっと耐える期間の箱船の中で灯りを灯してくれた石。
ゴールデン・オブシディアンは、私が「裏番長」と命名した実力者。ここぞという時の、すぐれたトップの役割をしてくれるタイプの石。


光りモノのストーンとは、非常に対照的なレシピですが、なんらかの目的を持って人生を歩んでいこうとするヒトにとっての、大きな支えとなってくれるであろうレシピです。
光だけが光ではない。光を知るヒトとなるための、通過点、それがこの人生ですのでね。


使用石は
「サーペンティン6ミリ丸玉」「ゴールデンオブシディアン12×10×10タンブルカット、約8ミリタンブルカット」「ガーネット8ミリ丸玉、6ミリ丸玉」


ビーズ状態は、良好。
ガーネットは若干表面に原石傷のあるものが含まれます。
スカルビーズ(メッキ)を使用しています。


内寸16センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。


sold out


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2008 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page