アーカイブ
2007年09月09日の記事のリスト

オンガクに涙する

2007年09月09日 (日) 03 : 42
・・・というような、初な気持ちは、いまはそう滅多にありゃしませんが、なんか今日は涙しましたねぇ。
YouTubeでね、スターダストレビューの「木蓮の涙」を観たというか、久々に聴いたんだけど、名曲だとは思っていたけれど、いや~~~。涙なしでは聴けないですな。
恋人が死んじゃった歌なんですけどね。
本当にチカラのあるアーティストと楽曲は、「その曲と自分の体験をオーバーラップさせる」なんていう、ありがちな最大公約数的人のセンチメンタリズムに訴えなくとも、人を泣かせることができるものなんです。
あたしは特に恋人が死んだことはないけれど、なぜかこの曲にはぐっときますから。


YouTubeっていいですね。
瞬時に、過去のあちこちの時代がフラッシュバックする感覚。
映像っていうのは、当時の空気とか、いわゆる想念のようなものがパッケージされている。
人が、なにかしらの映像を残したがるのも、わかるような気がするな。
(まぁでも、申し訳ないけど、知らない素人のライブ映像とかには「っだよ」と思っちゃいますけどね~。オンガクの場合、カバーのほうが優れているケースもないわけではありませんが、普通の素人さんのバンドとかの、有名な楽曲のカバーのライブ映像はかんべんしてくで、と思っちゃうのはなぜだろう。人が検索しやすい楽曲だから載せてるんだろうけどね。観て欲しいのはわかるけどさ、マイナスだと思うんだけどな。自分のオリジナルでがんばりなよ、と思いますね。)


みつきよ、っていう、及川光博と忌野清志郎のユニット見つけたのもYouTubeだしな~。
こんなユニットが何年も前にあったんですね。
みっちーが歌う「いけないルージュマジック」は、めさめさエロかっこいいですよ。
みっちーって、そんなに歌うまいと思ってなかったけど、この曲にすごくはまってるんだよね。
自分で作る楽曲よりも、いい感じのシャウトしてるんですよ。
でも、みっちーももう35過ぎてる? のかな。早いな、人が歳取るのは。


いえね、作詞家の、阿久悠さんがお亡くなりになってから、けっこう氏が手がけたアーティストの映像がばんばんアップされてんですけどね、ジュリーとか、フィンガーファイブとかピンクレディーとか、山本リンダとか、とにかく、もう色々。
昔のスターというのは、不思議な空気を身にまとっていますね。
すごいですね~、阿久悠さん。こ~んなに書いてたんだ~、と、あらためて。


かと思えば、奥村チヨちゃん(“ちゃん”付けで呼ばれる60才ってのも・・・すごい)とか、さすがに、当時の映像はないんだけど、ほぼ今現在のライブの「恋の奴隷」なんてさ~・・・ かわいいんだわ、ほんとに。
こういう60才になりたいもんですよね。


てなわけで、ふだんほとんどオンガク聴かない自分なんですが、今日は色々、ランダムに聴いてました。
あ、あと、YouTubeでは、ダウンタウンもよく観ていますね^^。
昔の、ガキの使いとか。
でもこれ、どんどん消されてるんだよなぁ。あとでDVDとか、売り物で出すんだろうから、テレビ屋がけっこう目を光らせてるよね。


日本のオンガクのアーティストものなんかも、いろいろ利権が絡む団体が、YouTubeに載るとばんばんその傍から消していくみたいだしね。
けちぃ~、とか、思うけど、もし自分が今でもあの業界に絡んでいれば、まぁ、たぶんそれなりに、ソッチ寄りのものの見方をしていたんだろうよ、とも思うし。


人は立場によって、思うことが違うものです。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  今のところ未分類
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page