アーカイブ
2007年06月03日の記事のリスト

「あら、この石、パワーあるわよ。」

2007年06月03日 (日) 19 : 44
またミネラルショーの季節がやってまいりまして、私も昨日行ってまいりました。
土曜日は、開催ふつか目だったのですが、今までそこそこ土日は混雑する光景はありましたが、新宿の会場(第一生命ビルの地下)の狭さもあってか、「ヒトがごったがえしている」印象でした。
ここの会場での開催の時って、自転車で行ける近所なぶん、な~んかいつもちんたらしてしまって、到着したのも午後3時過ぎくらいだったのですが、これじゃ~あんまりゆる~りと見ることもできないかしら・・・と、まるで着飲み着のまま出かけてきた気合いのない自分には、少々しんどいものが。

まぁそれでも、会場内のお店の配置そのものは、いつもだいたい決まっているので、案内パンフ見なくても、もう自分が勝手知ったるでチェックする店もだいたい決まっているので、ざ~っと一通り、その覚えている順番どおりに巡ってみました。
いつもビーズを買う天然石屋さんは、かつてないほどに「おしくらまんじゅう」状態で、石を見るために前列に入るのに、ちょい時間を要するくらい。まぁ、池袋の時よりも会場スペースが三分の一くらいなんで仕方ないのでしょうけれど。

で、やっとその「物色スペース前列」に入ることができて、色々、選んでいたわけです。
「今回は、ルチルがやたら多いなぁ・・」「前回あったアレはやっぱりないな・・前に買っておけば良かったな・・」とか、色々思いながら、目の前のビーズを手にして選んでいると・・・

私と同じように、そこそこの本数のビーズを、トレーに乗せて物色しているおばさんだったのですが、なんかこう、ビーズを右の手のひらの上に丸めてですね、片方の左手をその上にかざして、「あら、この石、パワーがあるわよ(安いけど)」とかいいながら、いっしょに来ていたらしき友人にレクチャーしておる声が耳に入り^^。
「あなたもやってみなさいよ、ほら、わかるでしょう?」と言いながら、ご友人もやってみているのだけど、「あ~、私にはそういうのわからないわ」と言われながら、何故、「パワーの強さ」を目処にしようとしているのかと、延々解説なさっていました。
なんとな~く、「パワーストーン」として、ブレスなどを販売しているな、というのが、話の感じで分かり、心の中で「仲間じゃん^^」とつぶやきながら、私もそのレクチャーに耳をそばだてておりました。

が、結局、「なにゆえ、パワーの強い石がいいのか?」については、明確な答えのようなものをお持ちではない様子で、話の流れとしては、とにかく、パワーが強ければ、それだけ自分へのパワーの補充になる、というような理屈のようでした。
そこには、「石と二人三脚」の発想はあまりなく、
「石に足りない力を借りる」という、ハナから「石だのみ」前提の、石の選択基準のようなものを感じましたね。
つまり、「強ければ強いほどいいのだ!」という感じでした。

けっこう、この「手かざし」なさっている方って、原石のお店でも、こういったビーズのお店でも多いですよ。何気に。
確かに、石って、「発している」ものがあるので、くらくらするような波動を持つ石もありますけれどね、それが「誰にとっても良いものかどうか」っていうのは、また別問題なんじゃないかな、と、私は思います。

私自身のビーズ選び、石選びは、あまりその「パワーが強い」てな感じを基準にはしていないですね。
高波動とか、密度が云々、というのも、それを感じるのは、それなりの満足感もありますけれど、「感じたものを自分に取り込み活かす」という選択肢は、まさに人間側に委ねられている話なので。


ところで、
話は変わって、3時過ぎに会場に到着してから、えんえん2時間くらい石を物色、で、まぁ疲れますので、外に出て「休憩」なんかもするわけです。会場の外には、PRONTOとかマックなどがあります。
で、私はしばしマックなどで、マックシェイクなんぞすすりながら、買ってきたビーズを眺めていました。
「今回は予算内どころか、あんまりお金使わんかった・・・良かった・・・これで、あっちのビーズの支払い分もなんとかなるな~・・・」などと、ほっと胸をなでおろしながら、自分の石ビーズ代金の資金繰りのことなんかを、ぼーっと考え、また会場に向かおうとして、ふと、「抽選券」なるものを見つけたわけです。

このミネラルショーって、必ずいつも「抽選会場」というのがあって、いつもは、買った金額によって補助券とかを貰うのですが、私はこの抽選そのものをしたことがなかったのでした。
どこにその「抽選会場」があるのか分かりづらいし、だいたいいつも閉場時間ぎりぎりまでうろうろしちゃうので、抽選しにいく時間もないし。
でも、今回は、入場チケットに最初からこの抽選券がついている。
私は、会場に再来場するとすぐに、抽選会場ってどこ? と、場所を教えてもらい(会場をまた出なきゃいけない場所でした。だからわかんなかったのね、今まで)、抽選しに行きました。

結果は「残念賞」でしたが、「ローズクォーツタンブルのネックレス」とか貰えるんですよ~。
入場料は千円だけど、ハズレなしでこれ貰えるなら、いいんじゃないでしょうかね。
ローズクォーツなんていらね、ってヒトには、なんか別のものもあったと記憶しています。


で、なんとな~く嬉しいキモチになりながら、また会場へ。
だいたい、この再度会場へ入る時というのは、目的のお店以外のお店を、ふらふらとぼ~っと見てまわります。
で、たいてい、「出会うべくして」の感じで、出会ってしまいます^^。

私は、「今回は予算内で済んだ~、良かった~」という心中だったわけなので、なら、そのまま帰ればいいのに、こうやってまた名残惜しげにふらふらと覗く自分を、アホか、とも思うのですが、この優柔不断とも言える「ふらふら」ゆえに、潜在的に探していたものに、出会うわけです。

それは、チャロアイトビーズでした。
チャロアイトの、特大の14ミリ玉を使用したブレスレットを、作ることになっていて、で、それに合わせる予定だったチャロアイトが、う~~~ん、なんか違うのら~~~、だったのですが、その14ミリ玉の子分みたいな可愛い10ミリ弱のチャロアイトのゴムブレスを見つけたのでした。

別に「目を皿のようにして探していた」わけではないのですが、見つけたとたん、「あ!こいつだ!!」でした。
こういうのを見つけると、「石の予算がどうこう・・・」と、さっきまでマックで考えていた自分はいったいどこへ? なのですが、即買いですね^^。

たいてい、このミネショでは、「オサイフが軽くなってから」が本番みたいなところがあって、なぜか、潜在的にないかな~と探していたようなものが、ざくざくと出てくるわけです。
だけど今回は、チャロアイトのみで留めておきましたが。
欲しかったものは、そのお店では他にもありましたが、それも合わせて買えるだけの「現金」持ってなかったんで^^。カード使えれば絶対買っていましたね・・・。
でもその後、まったく予想になかった「マラカイトのペンダントトップ」なんか買ってみたり、けっこう細かいせこいお金を使ってはいますが。


会場が閉る時間の少し前に、今回は「恐竜の化石がオパール化した石」の展示即売会場っていうのも、ゆる~りと覗いてきました。
ミネショって、こういう場所は空いているのです^^
こういうのは、「欲しいと思って自分が買える」値段ではないぶん、あんまりヒトは興味ないんですね、たぶん。

でも、オパールのほうじゃなくて、化石の展示即売のほうにあった、あのかわいらしい渦巻きの特大アンモナイト(なんだろうか?)のオブジェなんか、210万円くらいだったと思うのですが、お金あったら、且つそれを置けるスペースさえあれば、絶対欲しいですね。それは、ご予約済みの札ついてましたけど。
絵画だって、そんくらい普通にしますからね~、アンモナイトの特大オブジェがそのくらい、って、考えようによってはとてもお安い気がするんですけど^^。
いいな~~~、あれが「個人宅」に届けられるわけですね~~~~。超うらやましいですわ。




そうそう、追記です。

昨日、に限らずですが、「何かを買いに行く」とか、何らかの目的を持って行動する時に、たとえば「こういう石がいいですよ」というような、パワストの説明をご覧になることもあるかと思います。

昨日の私が身につけていたのは、オニキスとかハイパーシーンとアクアオーラ系を組み合わせたアクセサリと、クォーツキャッツアイとショールトルマリン、レインボーオブシディアンなどの、黒系がメインでした。
どちらかといえば、「防御態勢」の姿勢。
これはなにゆえかと言いますと、「ミネショで際限なくお金を使う」を防ごうと、なんとなく思ったからです。

石ってのは、とにかく、買って欲しそうにしています。どの石も。
そりゃそうですよね。
なんのために、鉱山で静かにしていたところを、たたき起こされて、オブジェやらポイントやらビーズやらにされているのか。
最初は、石自身も自分が何するべきかわかっていないような、そういう石もいたりします。
彼らが潜在能力を発揮できるステージ。それは、「共に歩めるヒト」を見つけた時なのですから。
彼らが「売り物」にされ、ヒトの目に触れる時。
その、石の天分を発揮しようと、猛アピールする石も、いるんですよ。

私には、へんな話、「買ってくれ~~~」って言い寄られることが多すぎる気がするので、まぁ、申し訳ないけど、そんなに大金持ちじゃないからさ、ってことで、今回はちょっと防御態勢を取ってみたわけです。

結果は上記の感じ。
ミネショが終わると、いつも予定外に素敵な石に出会い過ぎて「困ったな~、こっちに支払うはずのお金、つぎこんじゃったよ・・・」となっている私を、なんとか、「必要な石にダイレクトに会わせる」ように誘導してくれたんじゃないかしら~~~、と思いますよ。やっぱ、黒石はいいっす。頼りになるっす。(あれ?「石頼み」になってる?^^)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page