アーカイブ
2006年10月23日の記事のリスト

ヒトは自分の見たいものしか見ていない

2006年10月23日 (月) 20 : 51
少しだけ寒くなってきましたね。
その季節の本格的な変わり目のせいか、な~んかとっても疲れていて、で、昨日の夜、普段ほとんど身に付けることのない「ブラッドストーン」のブレスなんかして寝てみちゃったのですが(ブラッドストーンが何をするのか厳密にはわかりませんが、なんとな~く、ただ「疲れを取る」だけの石ではないと思えるから)おかげで、朝起きたら「なんとなく風邪ひきそう」な感じのしていた昨日の感じから解放されておりました。

ちなみにブラッドストーンの一般的に謳われている意味というのは、「困難を乗り越えるチカラを与える」的な、逆境克服系が多いのですが、循環器系統の不調を癒す、血液の流れを正常にするなど肉体面の矯正力がアピールされている面が強く、肉体的治癒能力の回復促進の代表選手みたいな石。
いわゆる「最強ジャスパー」的な捉えられ方がされているよーでもあり、でも、ジャスパー系は揃いも揃って地味目な石が多いため、「ブラッドストーンがマイ・フェイバリット!」って話は聞いたことありませんね~。
ありふれた石でもあるので、レア石、目新しい人気石にヒトの興味が偏る昨今では、昔からあるパワストのラインナップの中では、ちょっと影が薄い存在なのかも。

私自身も、普段は好んで身につける色目の石ではないのですが、なんというか昨日はホント、久しぶりになんとなく具合が悪いような感じがしていて、で、たまたま数多い石ブレスの整理整頓をしていて、この地味目の石ブレスが目に入ってきたわけです。
で、「そうか、ぢぶんは、これを今するべし!」ということに気がついたわけです。

そういう風に、自分に必要なものは目の前に現れる。

ところで、表題の「ヒトは自分の見たいものしか見ていない」というのは、これに直接繋がる話ではないのですが、今日自分的にちょっと驚きなことがあって、なるほど人間というものは、「見えているようで、見えていない」ものだということを実感したわけで。
やはり、自分の世界は自分が作っているものだ、と。

今日仕事で行って来た街なのですが、実は何ヶ月か前に、やはり別の仕事で1ヶ月通い詰めた街だったのです。
隈なく取りこぼし無く、総ナメ状態で歩いた街のことですから、道などすべて把握しているし、あそこのカドに何があって、とかそういうことは分かっているつもりでした。
うわ、思いっきり懐かしいな~という思いもさながら、しかし、その街のそんな駅の近くのその場所に、〇〇ってあったっけ? と。
まったく記憶になかったのです。あったかな~? でも、あれば絶対に気付いてるはずなんだけどな~、おかしいな、と。
私がひと月かけて隈なく見知ったつもりでいたその街の駅に久々に降り立ったその時、愕然としました。
「ほんとだ・・・ある。しかも、駅出たところにこんな目に付く看板まである。」
どう見ても、はっきりと、何気なく歩いていても気付きそうな規模で、私がこれからお伺いする要件のあるその建物は存在していた。

ヒトって、自分ではわかっているつもりの日常の中で、「目に映らないもの」が多々存在するのですね。
あれだけ「歩く仕事」で隈なくその街の物件名まで自然に覚えてしまうくらいに、把握していたつもりだったのに、なぜ私が駅前にあるその建物のことをまったく認知していなかったのか、と言えば、その建物の中には「仕事の対象となる存在がいない」すなわち、自分が用のある建物ではなかったから。

何気に、びっくりしましたね~。
いかに、目を開けてすべてを見ているようで、見ていないか。
自分に必要なものだけを見て生きている。
(まぁ、これはいい意味も、悪い意味も、両面ありますけれどね)
必要じゃないものは、どんな大きさで目の前に迫っていても、「見えていない」わけです。
これは、まんま、霊界の存在にも置き換えられる話ですね^^。

確かに今、肉体を持って生かされてはいるけれど、いかに限定的な生き方を自分がしているかが、こういうことがあると、よく判る。
もちろん、そんな駅前に何がある、とかそんなことじたいは知らなくても別にどうでもいいことなんです。
ただ、私がとにかく実感したのは、「自分に必要ないものは、見えないのだ、あることに気がつかないのだ。」という、ある種の霊界を経験したな、ということ。
この法則は、やはりこの世でも適用されているのがホントだな、と実感しました。

霊界という場所では、波長の違うもの同士は、永遠に出会えないそうなので、今、これだけ「自分と違う人たち」に出会えるこの地上で生かされているあいだは、なるべく自分とは異質な面白い波長の人たちを見ておきたいな、とも思いますけどね。






この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  底力発揮stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page