アーカイブ
2006年10月09日の記事のリスト

道探しのスギライト&ジェダイト&クォーツキャッツアイ、デンドライトのアクセサリ三点セット

2006年10月09日 (月) 19 : 34


◆ヤフーオークション希望落札価格販売ページ
道を教えてくれる石、スギライト、翡翠、キャッツアイクォーツ

こちらは今回デザイン違いのブレスレットもお出ししておりますが、再出品商品です。
(しつこい?^^)
実際問題、私自身はこのラインナップに、この度職探しを助けられた感があるので^^(毎晩、ブレスを左手に握りしめて寝てました。こういうのを、いわゆる「願掛け」と呼ぶのでしょうかね?)もし、ご縁がある方がいらっしゃれば・・・と思い、少々お高い(とはいえ、使用石を考えれば破格値だとは思いますが)のですが、またお出ししました。

名付けて、「適職探し石レシピ」でしょうか♪
そういう職選びなどのさまざまな「選択肢」が目の前に現れてきた時、人間ってのは、どうしても目先感覚でモノゴトを選びがちになるぶん、自分の本質的な部分が求めている声を逃しがちになります。
その「声」を逃さないための、ストーン群ですかね。
冷静な判断能力、分析力、の力添えになると思われます。

使用石は、「ミャンマー産ジェダイト(翡翠)12ミリ、10ミリ、3ミリ丸玉」「スギライト8ミリ、6ミリ、5ミリ丸玉、7ミリ、6ミリボタンプレーン」「クォーツキャッツアイ12ミリ丸玉」「デンドリチックアゲート8ミリ」「水晶10ミリカット丸玉」「フロスト水晶6ミリ、4ミリ丸玉、8ミリボタンプレーン」
ネックレスの長さは、46センチ。ナイロンコートワイヤー、金属メッキパーツ使用。
ブレスレットは内寸16.5センチ。ポリウレタンゴム仕様。
ピアスは、チタンフックを使用しています。

ビーズの状態は、概ね良好Aビーズ。スギライトは、濃い目紫を中心に、「和カラー」のオンパレード。紫、茜色、鼠色、和柄のビーズです。
クォーツキャッツアイは、若干のインクルージョンがありますが、綺麗なキャッツアイ効果が出ている丸玉を使いました。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2006 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

セラフィナイトとアクアマリン、ミルキールチルのブレスレット②

2006年10月09日 (月) 19 : 08


「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
セラフィナイトとアクアマリン、ミルキールチルのブレスレット②

この組み合わせは、意図的なものというよりは、セラフィナイトのタンブルが呼ぶ石同士を組み合わせた感じです。
アクアマリンは、アクアマリンというよりは、グリーンベリルと呼んだほうがいい感じの、グリーンイエローっぽいカラーです。
やはり、色目的にはかなりさりげないのですが、醸し出している空気感には独特の懐の深さを感じます。

使用石は、セラフィナイトタンブル14×10、水晶タンブル10×8、ミルキールチルクォーツ6ミリ丸玉、アクアマリン(グリーンベリル)ボタン6.5ミリ。
内寸は15センチ。ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

色目的には、決して「動的」なものではないのですが、癒しつつ、内なるチカラを呼び覚ます系ではないでしょうか。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2006 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

グリーンフローライトのブレスレット

2006年10月09日 (月) 18 : 59


「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
グリーンフローライトのブレスレット


風水などで見られる「八掛」のかたちの変り種ビーズを使った、ブレスレット。
この変わった八角形の意味は、実はよく知りません。よくペンタゴンとかヘキサゴンとか、パワー図形ということで謳われていて、そういう配置のパワストブレスなんかもありますがね。
なんかいいことあるカタチなんでしょうか?^^

グリーンのフローライトは、いわゆるグリーンカラーの癒し系効果が期待されるところですが、フローライトには色問わず「研ぎ澄ます」流れをスムーズにする、ようなところがあるように思います。
(私にとっては、フシギなことにこのブレスは寝ているあいだに心身の疲れを取る安眠ブレスなのですが^^)

使用石は、グリーンフローライト八掛型15×15厚さ7ミリ、ボタン10ミリ、8ミリ、フロスト水晶ボタン8ミリ。
内寸15センチ。ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2006 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page