アーカイブ
2006年10月の記事のリスト

似ても似つかないんだけど

2006年10月17日 (火) 21 : 09
仕事で、けっこう遠くまで電車であちこち回っているのですが、先日、なんていうんですかね、あんまり乗り降りするヒトの数の少ない駅に、朝降り立った時のこと。
駅員さんがのどかな感じで改札口の駅事務室の窓の向こうで切符を受け取るのを立って待っている、そんな感じの小さな駅。

で、改札を出て、さて、と地図を広げてきょろきょろしてたら、お散歩中なんですかね~、駅の前にひとつだけあるベンチに座っていたおじさんが、声をかけてきたのです。
それも、静かな駅前に響き渡るような大きな声で。

「中森明菜みたいだねぇ!」

はぁぁぁ? あたし?
似ても似つかないし、そんなこといまだかつて一度も言われたことない、と思ったので、「そんなこと初めて言われましたよ」とお応えしました。

仕事がんばってね~、と、遠くのほうから、そのおじさんの声を背中に受け止めながら、明菜ねぇ・・・と。
たぶん、あのおじさんの中での芸能人っていうのが、中森明菜さんあたりでストップしているんでしょうな。名前がとっさに出てくる、いわゆる芸能人の面のストックがそこ止まりなのでしょう。

しかし、田舎道をてくてくと歩きながら、中森明菜さんのことを考えていました。
昔、作詞家になりたての頃、そういえば、「明菜用のデモ」を作ったっけ、と。
これが決まれば、いっきにイケルな~、と、その話が来た時には、ほんと、ウキウキもんでしたけどね。

当時でも、「腐っても鯛」でしたから。
でも、今でもワタシの中では、中森明菜クラスは、やっぱり腐っても鯛、と思う。
最後の、芸能人らしい芸能人、といえるヒトじゃないでしょうか。
ああいう独特の華は、今のアーティストさんたちにはないですよ。

残念ながら、明菜さんに音盤になる歌詞を書くことはなかったけれど(後に誰がやってるのかな~、と調べてみたら、及川眠子さんという、これまた最後の作詞家らしい作詞家のヒトが手がけていましたね^^)昔、ほんのちょっぴりでも、縁があったんだよな~、と思いながら、でも、ああいう風に、一斉を風靡しちゃうと、仮に落ちぶれてお金に困ったりしても、こんな風にワタシみたいに「日給月給のハケンで働こ」なんて、できんもんな~、大変だよな、面が割れてる有名な芸能人。とかなんとか、どうでもいいようなことを考えながら、得意先へと赴くワタシ。

あー、ちなみに、本当にそんないいモノに似てないんですよ。

自分でいちばん「似てる!!」って思うのはですね、漫画なんですけど、吉田大洋さんっていうんでしたっけ? あの窪塚くんの映画「ピンポン」の原作の漫画家さんの漫画のキャラなんですけど、「鉄コン筋クリート」だったかな、それにでてくる子供なんですけどね、クロとシロというふたりの子が主人公なんだけど、その「シロ」が、あたしにクリソツ。

「なんかおまえにそっくり。」
いちばん身近にいる♂がそう言うんですから、間違いないですよ。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  今のところ未分類
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

アクセサリ掲載の件についてのお詫びです。。。

2006年10月16日 (月) 20 : 55
え~、先週アップさせていただいた販売アクセサリの件なのですが、ブログ掲載前に落札をいただいていたものについても、ご注文で同様の商品を制作させていただけるモノについて、ブログにあげますよ~というつもりだったのですが、すでに持ち主が決定しているアクセサリをわざわざ載せるのもどうなのかしらん、と、途中で踏みとどまり、結局掲載しませんでした。

まぁ、ショップなどでは完売アクセサリなどの写真を掲載しているところもあったりしますから、そういうノリで、「こういうのを作ってるよん」って感じで見てもらえるのもいいのかな、とも途中までは思っていたのですが。

でも、また作って新たに載せよう、と。

というわけで、一度にたくさんアップするという無謀っぷりで、ブログ掲載のほうが遅れてしまい、遅れただけでなく、結局全部載せませんでした。
掲載を待っていてくださった方がいらっしゃったとしたら、大変申し訳ございませんでした。
何人かの方に共通の内容のメールをいただいたので、これはやばい、と思いました。
ごめんなさい。ほんとに、しょうもない奴でスミマセン。

お詫び、というわけではありませんが、近いうちに、またその「新たなモノ」をお見せできるようにしたいと思っています。
(たぶん今回と「同じモノ」は作らないと思います^^。)
で、今度はですね、ちゃんと前もってお知らせどおりにきちんとできるようにします。

ところで、ぜんぜん違う話なのですが、
石のアクセサリを作っていて思うのは、一回一回が違う、っていうこと。
たとえば同じデザインのものでも、そうなんです。

ワタシは、こういうものを作り始めて、これは何かに似ているな、と思い、なんだろう?と考えたことがあるのですが、昔、生け花をやっていたんですけれど、それに近いんですね。
草月流だったんですが、お華の世界もね、教室でまったく同じ素材を使ってそれぞれが活けるのに、ぜんぜん違うものが出来上がる。
そして、「誰それさんのみたいな感じに活けたい」という、人真似ができないのです。
絶対に、できない。
テイストを模倣しても、しっくりいかないのです。
(これは、作詞にも通じるけどね。同じテーマ、同じ曲で何人もの作家が歌詞を書いても、ひとつとして同じ歌詞は生まれないのです)

あと、似てる点は他にも。
華も、ある意味「ブランド花」的な、お高い素敵な素材もあれば、「平凡で安い」普通の素材があります。お花の値段も、ほんと、ピンキリ。
お正月のお花を活ける時などは、いつも、その素材選びに迷ったものでした。
(松のランクとかね^^。やっぱり、高級素材で活けたいんだけど、お金もそのぶん普通の素材よりも余計にかかるわけで。石ビーズにも、思い切りそれってあるのよね^^)

だけど、じゃあ、高い素材を使ったから、完璧に活けることができるのか?
というと、実はそうではないんですね。
むしろ平凡な素材をこなし、その中でブランド花を引き立たせるような「技」さえ身につけば、必ずしも、すべてを特上の素材で揃える必要はない。

たとえば、「全身ブランドもの」を身に纏ったヒトがいたとして、でも、そのヒトのコーディネートがちぐはぐであれば、ものすごくだっさ~く見えるケースがありますよね。
電車に乗ってて思うことなんだけど、相変わらず、ブランドバッグだけがぷか~っと浮いたコーディネートのO.Lさんとか、いるよね。
美しさっていうのは、お金だしただけでは手に入れられないのだ、と思いますよね。

ワタシは、石のアクセサリは、アートだと思っています。
石のビーズという絵の具を使わせてもらって表現する、小さな小宇宙。
そこには、凝縮と無限の両方があるのです。
いっしょに組み合わされた石たちが、喜んでいるように感じられたら、それは、完璧なひとつの宇宙ですよ。
ここを読んでくださっている、石アクセサリを自分で作ることが大好きなお仲間も多いと思いますので、もし自作にお悩みであれば、それを思い出してください。

昔、生け花の先生によく言われていた「あなたの作品は、絵画みたいね~」というコトバを、ワタシのアクセサリを手にしてくださる皆さんにおっしゃっていただけるように、常にクォリティを維持していきたいな、と思ってます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  INFO(お知らせ)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

怒涛の一週間

2006年10月14日 (土) 22 : 29
・・・でしたね~、個人的に。
いやはや、アクセサリをお買い上げいただきました皆様、大変ありがとうございました!なんというか、無謀にもいっぺんにたくさんお出しし過ぎたんですかね^^。
どうもワタシのはこの「えいっっ」っていう、一かバチか傾向があるため、自分のペース配分やら何やら、そういうことを考えないところがあり、「なんでもやってみてわかる」タイプで、事前にあれこれ想像しないのです。

え~と、メールなどもいただいていたりとか、そのご返信などもまだ差し上げていなかったりで、非礼をお許しくださいませ。
お時間を少々いただきますが、いただいたメールには必ずご返信します。
ホントにすみません。

ところで、その怒涛の一週間と言いながら、しっかり石買ったりもしてんですよ^^。
それは、昼間の仕事の外出先でなのですが、珍しく「駅の近く」に要件先があって、いわゆる駅前の商店街というか、モールを抜けて行くようなところだったので、その得意先に訪問した帰り道は、ゆる~りとそのショッピングモールを歩いて駅に向かっていたわけです。
んで、目に入ってきたのが、「天然石アクセサリの店」^^。

でもワタシが買ったのは、天然石ではなく「アレキクォーツ」という、なんだか知らぬが光源によってカラーチェンジする石の指輪でしたがね。
(アレキサンドライトはすっごくちっこいルースは持ってますけど、アクセサリでは持ってないな~。びっくりするくらい高いもんね、指輪とか)

この「アレキクォーツ」名前は知っていたけれど、すっごい綺麗ですよ。
ガラス素材の人口石ですけど、ちょっとあなどれない石だなぁ。
太陽光のもとでは、クンツァイト系のピンクなんだけど、蛍光灯の下だとタンザナイトカラーに変身するんですわ。いいですなぁ・・・。

それにしても最近、この手の新種の人口石も増えてるんでしょうね。
先月B‐ing買って職探ししている時に、何件か「ビーズ卸屋さんの、得意先訪問営業」の募集、見ましたしね。
「うわ、やりて~~~」と、喉から手、だったんですけど、そういう仕事ってさ、「要普通免許」なわけで^^。ワタシは車の免許持ってないんですよ、信じられないかもしれませんが。

天然石ビーズ卸屋さんも、色々たいへんですな。
昨日も、久々に、以前から買っているビーズ屋さんのサイトを久々に見に行ってみて、ちょっとびっくりするよーなことがありましてね・・・。
あんまり詳しく書けませんけどね、でも言えるのは、「天然石ビーズ卸屋さんも、過当競争で今猛烈に凌ぎを削っている」感じが伝わってきましたね。

「流行る」っていうのは、いつか「すたれる」があるわけで。
で、今「ビーズアクセサリ作り」が流行っているだけに、必ずその終焉があるのでしょうけれど、そのときに、どこが生き残るのか。
興味深々ですね。
これは、天然石ビーズ卸屋さんに限らず、パワスト屋さん、パワストアクセサリ屋さん、などなど、「石関係の業態」すべてに対してですが^^。(自分も含め?!)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  今のところ未分類
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page