アーカイブ
2006年09月の記事のリスト

「選択肢がない」ということの強み

2006年09月12日 (火) 23 : 49
真剣に「職探し」ということに、向き合うようになってから、厳しい現実というものにも直面し、落ち込みもし、これでは「パワーストーンのチカラ」を標榜する者として、ブログをやってきた面目が丸潰れではないか、、、とも思うよーな気持ちになることもありました。
でも、よくよく考えてみると、「石は人生を一変させる幸福をもたらす魔法使い」だということを、そもそもお伝えしているわけではないし、私自身の、この実地での「運」の流れを実演でお知らせできることによって、ある種の「パワーストーン観」が、ご購読の皆様の中に出来上がってくる一助になるのではないか、と、半ば「ヒトゴト」と捉え、自分を観察していくと、字面では、面白い考えが浮かんできます。

あとは、それをどう具現化していくか。それだけですね。

ところで、今日はいわゆる求人募集雑誌「B」に載っていた会社の面接でした。
履歴書、職務経歴書をお渡しし、小さな会議室に通されたところ、そこには「アンケート」なるものが用意されていました。
いわゆる、「やる気度テスト」のような感じのペーパーです。
その会社に入って、自分が何を実現していきたいか。それは、何年後か。
具体的に年収をいくら必要とするか。将来、実現したい年収はいくらか。
将来実現したいことは何か、などなど。
やっべ~、、、、とは思いながら、約30分くらいかかって、記入しましたが。

なんとなーく、「これはリハビリだな。」と思いました。
なんのリハビリかというと、「リアルを取り戻す」リハビリ。
そういう意味では、私はそこの会社に面接を申し込んだことは、「単に年齢制限が多くて、結局あんまり選択肢がないな~」という気持半分であったとしても、ある種の必然性があるように感じたわけです。おそらく、この年齢制限がなければ、そこへ面接に行こう!と電話をかけることもしなかっただろうし、その広告が目に入ることもなかったと思います。

しかし、求人誌を見ていて、仕事そのものに関しては「これもできるだろう、あれもできるだろう」と、いくら自分が感じているところで、現実問題として、「〇〇才まで」のレンジが大幅に下回るものは、もう自分には縁のない別世界の話です。
それは、私にとってはこの世に存在していないも同然の話。

で、私の場合、あれこれあんまりもう迷う必要がないのだ、ということを知りました。
だって、そもそもその「選択肢」が、とても限定的で数が少ないので。
「選んでいる場合じゃない」どころか、「実は、選ぶほどないのねん♪」なのでした。

でも、これはそれなりに現実的に見れば悲壮感漂う話なのですが、けっこうラクチンだな、と、私は思っているのです。
私には、これから会社員として仕事をすることが実現すれば、得るものはあっても、「失うもの」は何もないわけです。現在がそもそも無職ですから^^。
そして何しろ、「探すのがとても簡単」です。数が少なすぎて^^。
(これは、単純に「必要年収」との兼ね合いの問題です。なんでもよければ、仕事そのものはないわけではありません。リストラされた妻と子を抱えるお父さんが、小泉総理大臣に「仕事がない、って言ってないで、なんでも、やれる仕事をやればいいじゃないか」と無責任なことを言われても、突然コンビニのバイトになれない理屈に近いかな。一家を養っていける最低限の年収がコンビニで得られるなら、お父さんは喜んで即効コンビニ店員を志願するでしょう。そうじゃないからね。)

よく、結婚したいけどできない、という人の理屈として、おそらく「選べる間は選びたい」「今自分が得ている出会いやモノやお金や時間を失いたくない」と条件を並べ、色々迷ってあんなタイプこんなタイプと物色しているうちに、「それほど選べない年代」に突入していく・・・というような話がありますが、その「選べない」ことって、決して不幸なことじゃないですよ。
むしろ、ある程度自分の道が限定的になっているほうが、結局、色々な外側に巡り来てはうつろう価値観や人の言葉に翻弄されている時よりも、自分にできることできないこと、やれることやれないこと、に集中できるし、焦点が「本当の自分の声」に向かわされます。これが、できるなら若いうちからちゃんとできていることが望ましいことは望ましいのかもしれませんがね。だけどそれでさえ「自分はうまくいっている」ってのが、一生続くかどうかなんて、誰にもわからないことですから。

結婚したりすると、より「自分の問題」と「相手の問題」というリアル部分に触れないわけにいかなくなる。これは、吟味して吟味して「間違いない相手(その時点では)」を選ぼうと、そうでなかろうと、同じです。
そしてなんであろうと、ひとたび相手を選べば、そこからの選択肢なんてものは、もう「別世界」なわけですな。
まぁ最近は、既婚者であっても、恋愛渇望症みたいな色気づいた人も多いですが、こういうのは人生の問題をより複雑にするための餌巻きみたいなものです。酔いしれていられるうちはいいですが、必ず目の醒める時が来ますから。

あたしは、昔、大人になる、年齢を重ねる、ってことは、楽しみや可能性がひとつひとつ失われていく、つまらないことだと考えていた時期がありました。
まぁ、今は中学生から見ると、すでに「高校生はオバサン」だそうなのですが^^、そこまででないにしても、若さを失うことのハンデを恐れていたことの裏返しだったのかもしれません。

でも結局、大人という定義が、自分が大人になってくると、どんどん変わるのです。
先日アクセサリを置いていただいているVIVRE順さんというお店に、納品と、売れた商品の清算にお伺いした時、店主の順子さんに、お知り合いに赤坂で高級料亭を経営している方がいるらしく、どーしても仕事が見つからなくて何かの足しにって時には、その人に話してあげられるわよ、と元気づけられ、いわゆる超高時給の仲居さんのバイトの話をいただいたのですが、「あ~でも私、もう〇〇才ですよ~。そんな、世の中のお綺麗な非常勤のスッチーとかでさえ、搭乗の仕事がない時にやってるようなバイト、無理っすよ~」と言ったら。
「だぁいじょうぶよ~。ぜんぜん、平気!見た目オッケー。私だって、来年〇〇才よー。」って・・・実家の母と同じ年齢でいらっしゃいました。
(この年代の女性は、実母も含め働く意欲満々の方々が本当に多いです。年金需給年齢を越えてるんですがね。でも、びっくりするくらい前向きなのです。やはり、長くさまざまに試練を越えてこられた年輪、実績、という裏付けのある自信ですかね。こういう方々から見ると、私など、めっちゃしょぼいひよっこなんですよ)

まぁ、今をスタート地点として考えれば、これから私が彼女らの年代に届くまでには、まだ更に何十年かあるわけです。
そう考えると、今すでに年齢的に仕事が限られてるだのなんだのと気に病んだところで、どの道遅かれ早かれ、誰もが「ある程度限定された道のり」を歩いていかざるを得ないことに間違いはないわけです。

私には、その観念が足り無すぎていたわけですから、今、この「選択肢がない」状態は、むしろとても幸福なことなのかもしれない・・・
という風に、思うのでした。
やっと、負け惜しみではなく、そう思えるようになってきました。
不思議ですね。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私にとっての2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「やりたいこと」と「やらなきゃいけないこと」

2006年09月08日 (金) 21 : 57
ミクシィというのをご存知の方も大勢いらっしゃるかと思いますが、そのミクシィのマイミクさんという、いわゆるミクシィの中でお友だちになった方の日記を見ていて、気がついた「当たり前のこと」なんですけど、人には「やりたいこと」と「やらなきゃいけないこと」ってのがあります。

私は、「求職中」と言いながら、実際にはやっていることといえば、派遣会社に登録にいってみたり、派遣会社に仕事ないですか? って電話したり、その程度です。
たいしたことしてません、実は。
ウェブ上の、いわゆる「転職サイト」の求人情報なども見たりはしているのですが、あれって、長時間見ていると、ものすご~く疲労するんですよね。

求人を見ていると、私の場合、「どれも自分にできそう」に思えてくる、という、かなり都合のいい性格をしているので、ある意味、絞りきれていないので、どんどん「あっちもこっちも」と、業態に関係なく広がっていってしまうんですね。

でも、おそらく、その中で仮に「面接にこぎつける」ことができるのは、ほんの一握りなんだろうなぁ、という現実も、潜在的に理解しているのでしょう。
だから、気になる情報を「クリップ」はするものの、応募は結局しないまま、ワンクールが過ぎて、掲載期間が終了している、ということになるのです。

やらなきゃいけないことは、とにかく「求人に応募すること」。

でも、それはわかってるんだけど、頭の中で考えていることといったら、「石アクセサリのアイディア」だったりするのです^^。
ちゃんと、この本業のことが片付くまではお預け、ということは分かっているはずなのに、どんどんどんどん湯水のごとく出てくる出てくる。

で、そのミクシィの日記で、「アクセサリのアイディア」についての記述を見て、自分のこの「作っている場合ではないのに、どんどん後から後から泉のごとく出てくる、作りたいアクセサリのアイディア」について、これは何かに似ているな、と気付いた。
で、思い出したのです。

昔々、中学生の頃ですが、中間試験とか期末試験とか、そういう試験勉強をしなければならない期間というのが、中学生にはあると思うのですが、私はそういう時に限って異常に「漫画を描きたくなる」という性分で、また、そういう時間制限のある時に限って、やたら筆が進むというか、とにかく、とうとう勉強しないまま試験を受けたりしたことも、何回かありました。

当然、そういう時のテストの結果はさんざんです。
思い出したのは、確か、社会科で60点くらいだったと思います。
で、自分なりに「これはまずい。」と気付き、次回の期末試験のとき、かなり頑張って勉強して、100点を取ったのです。

私は、得意満面でした。「どうだ!」という感じです。
だけど、その社会科の担当の教師の言葉が、私のその高い鼻をポキンポキンとへし折る発言を、そのテストの終了後に、授業中でみんなの前でなさいました。

「今回、平均点が悪い中で、神崎さんの100点は立派だったと思う。」
へへへ、ってなもんです。
「だけど、神崎さんは、中間試験は60点だった。だから、平均点は80点になる。僕は、100点と60点で平均点が80点の神崎さんに、“5”はあげられない。中間試験も、期末試験も、80点だった人に、“5”をあげることになるから。神崎さん、それはわかるよね?」

クラス全員の前で、このオトコ、何を言い出すのやら、と動揺しましたが、結局、その教師のいうとおり、私はその時の成績は5段階評価で“4”がついていました。

この話で何が言いたいのかというと、
私は「しなければならないこと」がある時に「したいこと」をしてしまうクセがあり、その結果、結局、巻き返しで頑張っても肝腎のところでの評価を得られなくなる、という「パターン」を持っていることに気がついたこと。

人間に、「平均点」は、実はとても大事なものなんですね。
それは他人と比べて、平均以下か、平均以上か、ということではなくて、常に自分のチカラを平均して出せること、やるべきことを継続してやっていくことの大切さ。
淡々と、外側に見えるものに感情を操られることなく、それができることの重要さ。

私のように、怠けていてギリギリになって火事場のバカ力パターンでモノゴトを続けている限りは、結局、実力があろうとなかろうと、コンスタント性のなさというマイナス点のぶん、自分がワリを食うことになる。
失望と驚嘆を繰り返し、ピンチの多い人生の原因は、ここにあるんだなぁ、と。
まぁ、山アリ谷アリだからこそ、「運がいいな、ぢぶん。」と思わせてもらえる、とも言えるのですが、私の場合、その「山と谷」は、どう考えても、自分で作ってるんですよね^^。

いやいや、「学び」というものは、ありとあらゆるところに転がっているものですな。
こんな風に、「今度は失敗するなよ。」と、ヒントを私に促してくれているパワーストーン・ワークスに、感謝しきりですわ。

ちなみに、このシゴトは、どうやら「ルチルクォーツ」のシゴトっぽいです。
な~~~んか元気になれなくて、ルチルブレスばかりじゃらじゃらと5本も今日右手にしていて、このことに気がつかされました。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  インスピstone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

営業職は「ヒューマンスキル」というものの

2006年09月08日 (金) 04 : 04
この「目に見えない」ヒューマンスキル、実は実証するのがとても難しい。
昨日、「営業職に特化した」と謳う派遣会社に登録に行ってきたのだけれど、この私の職務経歴というのは、実に説明の難儀な混乱を呼ぶ職務経歴書だからだ。

まず一般社会の中で「音楽業界での、作家経験」というものを説明するのがとても骨の折れる話で、当然そんな職種ジャンルなどない。
私は以前、作詞家としての活動を、「目に見えないものを売る、営業力」というふうに、強引に持っていって、とある会社に内定し、なんだかんだひいひいいいながらも、そこに5年在籍していたのだが、一般的には、ここでの経験が初めての「表社会の営業職経験」と呼ばれるものになる。

自分自身の、ヒューマンスキルをアピールすることは、とても難しいな、と思う。
そもそも、私はこういうものは、単独で存在するのではなく、そこにある「縁」「相性」から発生する、カタチを常に変えて存在する空気のようなものだと思っている。
ある意味、いちばん当てにならないものでもあり、しかし本当はいちばん味方にできるものでもある、最強の武器ながらも、なかなかそれを自在にできずにいる自分がいる。

「石のチカラの絶好のためし時」とも言える、いわば「チャンス」の期間を、今、経験しているというのに、実は少しだけ落ち込んでもいるのだ。

なぜなら、あの派遣会社の「スキルシート」というものを書くたびに、何年経とうと何も現実的に声高く自己アピールできる技を持っていない自分に驚愕するのだ。
そして、思うのである。
「今までは、本当に、ただただラッキーだっただけなのではなかろうか。」と。
もちろん、その「ラッキー」に付き合ってくれてきた石たちのことは、しっかり経験として刻み込まれているのだが、今度ばかりは、彼らも私を黙って見ているだけのようにさえ思えてくるのだ。

ヒューマンスキルと言えど、結局、営業は数字と精神力とバイタリティだ。
そのどれかが欠けては話にならない。いちばん欠けちゃならぬのが、営業力を証明する「数字」だ。
私は、自分がやってきたことは語れるが、たとえば、細かい数字という実績についての記録を保存していなかったため、たとえば、金融商品ならば、「どえらい金額のお金をたんまり集めた」ということしか記憶しておらず、「何を、どんな条件で、どの程度の期間、どんな営業スタイルで、いくら」ということを端的に、たとえば文章にしようとすると、ぐわわわ~ん、と頭痛がしそうになってくるのだ。
「え、だって、ひと月の調達ノルマが1億2500万円で、それを4年でしょ。で、ノルマ以上にやっていたわけで・・・」という言い方でしか、とっさに言えない。

「自分がやっていたこと」の、呼び名が、一般社会では何に当たるのかが、よく分かっていない、ということ。
なので、もしかすると「こういうこともできる(はず)」があるかもしれないのだけど、それをうまく相手に伝えきれていないんじゃないだろうか、と感じるのだった。

んなわけで、昨日は「水色系のアクセサリ」オンリーで行ってみたのだけれど、出てきた派遣会社の営業マンの方が、「ライフ・イズ・ビューティフル」という映画の主人公の男の人にそっくりで、「なんか似てるよな~」ってことに決して気を取られていたわけではないのだけど、職探し活動につきものとも言える「就業空白期間」のほうの説明に、疲れてしまった。

私は、これが普通の人よりも、やたらに多い(しかも、一回二回ではなく、何年かごとに年単位で点在している)ため、「その間何をやっていたのか」を話始めると、「要らぬネガティブ」が、心の隅から湧いてくるのだ。
でも、結局これは自分の撒いた種なので、誰にも文句は言えない。
言うとしたら、自分に対して言う以外にない。

あれですね、要するに「まっとうな社会人」は、一度社会に出たら、ひたすら途切れなくどっかの会社で雇用されていることが条件で、「ちょっと疲れたから」ってお休みすると、それは「ブランク」という黒い烙印を押されることとなり、つまりちょっとだけハンデを背負うことになるわけですな。

で、あたしの場合、年齢制限もある。
ううむ。。。。。
ほんと、マジ、ハンデだらけですなぁ。

こういう場合、身近な人間には「選んでる場合じゃない」とか言われるんだけど、私は「選んでる」つもりはないけれど、「あんまりやりたくない、たぶん続けることが苦痛になりそうなこと」は、やっぱり始めからやらないでおきたいな、と思うので、そのあたりは、必ず派遣会社で話すのだけど、そういう時にね、やっぱり「おまえはそんなこと言ってる場合か。」という、無言の牽制的な空気が伝わってくるんだよね~。
はっきりと、言ってくれたらいいのだけど、言わないんだな~、派遣会社の人って。
まぁ、派遣会社が「本当のこと」なんて話しちゃったら、誰も派遣登録になんか行かなくなるからかもしれないけどね~。

この派遣会社の人が、「なぜはっきり“あなたのスキルでは、そんな希望は”を言えないのか」の理由が知りたくて、派遣会社の営業ってやってみたいな~、と思いました。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私にとっての2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page