アーカイブ
2006年08月17日の記事のリスト

「アセンション」が始まっている?!

2006年08月17日 (木) 22 : 34
6月いっぱいでシゴトを辞めて、それからの7、8月が、やけに早いな~~~、と感じていたのですが、昨日、久しぶりに「精神世界の鉄人」というブログを見に行って、「アセンションが始まってますね~。」かなんかの記述を見つけて、ああそうなのかもなぁ、と納得。
ほんとに、日に日に、時間が過ぎるのが早いと感じるんですけど、これは単に「トシをとったせい」だけじゃないと思うんだけどなぁ。
だって、さっき昼ゴハン食べたと思ったら、もう晩御飯。そんな感じなんですよね。
一日三食きっちり食べてたら、それだけで一日が終了しそうなイキオイ。

まぁ、この「精神世界の鉄人」ブログのいうことが、まんま真実だ!とかの主張や受け売りというわけではないのですが、「時間が過ぎるのが早く感じられる」のは、私にとっては事実なので、引用させていただきました。
興味のある方は、見に行ってみてください。

この「精神世界の鉄人」の方の本は、ちょうど一年前に通販で買って読みましたね~。
自費出版なのかな、サイトのほうの記事をまとめたものを出版されていて、この方は私が「ひふみ神示」を熱く語るように、「バシャール」の熱い伝導師、って感じでしたね。
なかなか面白い本でしたが、本を買わなくても、サイトの記事を全部読めば、それがまとまって一冊になってるのが本なので、ちょっと長いけど、読んでみると面白いと思いますよ。

そうそう、この本が到着した一年前ですが、やはり夏で、マンションの郵便受けに配達されていたこの本を取りにいって、で、エレベーターで自分ちに戻る時、フロアの踊り場の非常階段のところにね、なにげなく空を見に行ったんですよ。
そしたらね、見ちゃいました。UFO。
「嘘だろ?!」と、一瞬でしたので、目を疑いましたけどね。

この本の著者が、所謂その手の神秘体験系もりだくさんの人なので、私自身に潜在的刷り込みがあったため、UFOじゃないものを、それだと見間違えたんだろう、という考え方もできなくはないのですがね^^。

でもね、その時直感的に感じたのですが、そのUFOに「良かったね。」って言われてるような気がしました。

以来、時々この方のブログは覗くようになったのですが、たいてい、覗くと必ず「アセンション時局」というか、アセンションについての話の更新時なんですよ、おもしろいことに。必ずそうなので、たぶん、「ほれ、現状認識しとけ。」って、見に行かされてるのかな、って思います。

去年、やっぱり私に「時間がない」と、石たちに急かされていた時期、パワスト本の売り込みに必死に動いていた時期も、後でこの方のブログの記事で知ったのですが、ちょうど、その期間というのは、見事なまでに「アセンションに向けて、自分が何をどうしていくかの方向性を見極める時期」みたいな重要な期間とすっぽりかぶっていたんですよね。
まぁ、現実的にカタチにはならなかったものの、きっちり、その期間に「それしかしていなかった」くらいに、昼夜その企画の練り直しやなんかにかけていたので、本当にびっくりしたんですよね。

ほほ~、そういうことだったのか、と。
なので、アタシは誰がどう言おうと、これに関してはね、なぜか根拠のない自信持ってるという「理由」がわかったような気がして、かなりすっきりしました。

いやね、何かに賭ける気持って、それはそれで悪いことではないんだけど、「自分がやっていることは、もしかするとものすごく見当違いなんじゃないか?」っていう不安も、ないわけじゃないんです。人間だし、余裕のあるところでやっているわけではない、っていう妙な焦りみたいなものもないわけじゃないから。

でも、なんか、いつも私はこういうのを「後で知らされて」安心(?)させてもらってるんですね。神様の親心なんでしょうか。

さて。
で、お盆もそろそろ終了。
まじめに、時間切り売りのシゴト探しに着手しようと思ってま~す。
多少、やりたいことのための時間は取られることになっても、なにしろ「時間が過ぎるのが早い」わけですし、これからどんどん早くなっていきますから、変な話、退屈だろうが、ちょっとくらい煮え切らないシゴトだろうが、「早く済んじゃう」わけなので、ラッキーですよね♪

現在、仕事が、とか、人間関係が、とか、彼氏が彼女が、とか、将来が、とか、いろいろお悩みも皆さんにもおありでしょうけれど、「早く済む」んで、大丈夫ですよ。
いずれにしても、幸福なんだか不幸なんだか、ってだんだん認識できないくらいに、めまぐるしくなっていくのだろうなぁ、と予想されるので、常に「センタリング」していきましょう! 自分の中心部を見失わなければ、外側がどうあろうと、問題ないのです。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私にとっての2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page