アーカイブ
2006年08月08日の記事のリスト

販売アクセサリ三点セットの「ピアス→イヤリング変更」について

2006年08月08日 (火) 23 : 53
コメントでも「ピアスホールがないから、残念」というご意見をいただいていましたので、ここに表記させていただきます。

ピアスホールのない方も大勢いらっしゃいますので、入札時、お申し付けいただければ、「ピアス→イヤリングへの変更」が可能となっています。

販売ページのほうの「コメント」欄にも、その旨記載しているのですが、blogページのほうには、お手続きの詳細の記載はないため、わかりづらくて申し訳ございませんでした。

ぜひ、ピアスをなさっていない方も、がっかりなさらないでくださいね^^。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2006 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「豪華ラインナップ水瓶座のためのストーン、アクセサリ5点セット」

2006年08月08日 (火) 20 : 55




これは、壮観です。やばいです。
しかも、ロングネックレス、ブレス2種類、ピアス2種類という、“五点セット”になっちゃいました。
過去のブログでもご紹介しているのですが、「水瓶座の石」ってやつが、これでもかこれでもかと入りまくっている、水瓶座必需石のアクセサリです。
アクアマリン、アメジスト、フローライト、ラブラドライト、ムーンストーン、水晶、という豪華ラインナップ。
私もデザインは違いますが、こんなようなものを常に携帯、愛用しております。

このアクセは、水瓶座の長所でもある「固定観念、常識的観点への囚われの無さ」を拡大し、且つ、それゆえに自己に囚われて自己の固定観念のパラドックスに陥ってしまうという短所である「頑固」「理屈っぽい」面を緩和し、「理屈」ではなく「理」と調和する、リベラルなラインナップです。
水瓶座の方でなくても、水瓶座的要素を多分にお持ちの方、自己の独善的な考え方から出て行こうとしないために、それが自分の世界を狭くすることに気付いておられる方、にお薦めだと思います。

使用石は、「アクアマリン丸玉8ミリ、6ミリ、ボタン型8ミリ、6ミリ」「アメジスト丸玉8ミリ、6ミリ、ボタン型6ミリ、ボタンカット型12ミリ、6ミリ、オーバルカット8×6ミリ」「ラブラドライト丸玉10ミリ、8ミリ、6ミリ、4ミリ、ボタン型8ミリ、6ミリボタンカット型8ミリ、オーバルカット8×6ミリ、キューブ4ミリ」「フローライト丸玉6ミリ、オーバル型16×12ミリ、ボタン型10ミリ、6ミリ、ハート型12ミリ」「オレンジムーンストーン8ミリボタン型」「ムーンストーン5ミリ」「クラック水晶薄紫染め丸玉10ミリ、ボタン型8ミリ」「水晶スクリュー型8ミリ」・・・以上、です。

ネックレス長さは55センチ、ナイロンコートワイヤー、金属メッキパーツ使用、ブレスレットは内寸16センチ(シリコンゴム仕様)、ピアスはチタンフック、金属メッキパーツを使用しています。

ビーズの状態ですが、アクアマリンには若干黄味のあるものが含まれますが、なるべく綺麗なミルキー水色玉を選びました。アメジストは丸玉は綺麗なAビーズ、カットものは若干ケープアメジスト気味のものがあります。ラブラドライトは、ピアス、ブレスレット丸玉にはあの独特のスペクトルの出る綺麗なものを使用していますが、いわゆる何万円単位になってしまう宝石質ビーズではなく、インクルあり、カットの荒いものもあります。(ラブラドライトは、非常にグレードにピンからキリまで差のある石ですね。このアクセでは一般的にパワスト屋さんで売っている中間レベルの、グレー~緑母体のものを使用)
フローライトは綺麗なAビーズです。一部、若干のスモークもあるものもあります。
ムーンストーンは綺麗な乳白色、オレンジムーンストーンの方は不透明のものを使っています。クラック水晶は薄い紫の着色ビーズです。水晶スクリューは綺麗なビーズです。

これもいわゆる「目玉商品」価格に設定!
こんなもん、絶対よそではお目にかかれないと思います。
単品ごとや、2、3種類の組み合わせのアクセならありますが、それが一同に会して仲良く調和しているものは見たことありませんがな。たぶん、値段がつけられなくなるからなのでは?もしくは、賭けみたいな商品になるから?など、憶測しちゃいますが、単純にこんなの考えることじたいが面倒くさいからなんじゃないでしょうか^^。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2006 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「自信を取り戻すためのアクセサリ三点セット・メインはロードクロサイト(2)」

2006年08月08日 (火) 20 : 42



↓ ヤフーオークション・希望落札価格販売ページ
「自信を取り戻すためのアクセサリ三点セット・メインはロードクロサイト」


自信復活系のパワーストーンが、総出の注目「道楽プライス」です^^。

たぶん、これは新規開店を祝う、世間で言うなれば、「目玉商品」とか「おつとめ品」とかの類になるのでしょう。いわゆる「サービス品」です!
(今後はたぶん、インカのさざれを使っても、この価格で出来ないでしょう・・・)

「祝・おすそ分けスタート」の打ち上げ花火にふさわしい価格設定で、2セットご用意しました。どっちがどう・・・というのはないですが、同じ種類、数だけのビーズを使ってはいますが、見た感じのイメージは人それぞれ、違っていると思います。
ピンとくるほうを選んでください。

使用石ビーズは、「ロードクロサイト8ミリボタン、12×8オーバル」「レピドライト薄紫色8ミリ玉、6ミリ玉、4ミリ玉、濃紫色6ミリ玉」「ルーベライトトルマリン6ミリ玉」「パイライト8ミリボタン、8ミリ、4ミリ玉」それから、ネックレストップとブレスレットの原石のタンブル「ロードクロサイト14ミリ~16ミリ」「パイライト10ミリ~12ミリ」といったラインナップです。
ネックレス長さ42センチ、使用パーツはナイロンコートワイヤー、金属メッキパーツ、ブレス内寸16センチ(シリコンゴム仕様)、ピアスはチタンフックです。

注意していただきたいのは、写真だとロードクロサイトが大変美しく撮れて見えるのですが、このビーズは、見た目B玉です。ロードクロサイトらしい深いピンクではあるものの、パイライト部分の黒い部分がムール貝のように、合わせ鏡になっていたりします。あの独特のロードクロサイトの縞々模様の、グレー部分が合わさった感じ、と言えばよいでしょうか。(このグレー部分がなければ、かなり高価格なビーズになっちゃいます)
綺麗な濃いピンクのオーバルをくるっとひっくり返すと、ムール貝模様が登場。
そういう、味があるといえばある、びっくりビーズです。
(ロードナイトなんかも、黒っぽい部分が混じる石ですが、あの感じとはまた違いますね)
トップに使用しているタンブルは、有名な縞々模様の可愛いピンクですが、若干、インクルージョンもあります。これも好きずきですが、ペルー産インカのインクルージョンのないあの紅茶色がかった玉とか、そういう一級品が好きな方は、ご遠慮いただいたほうが良いかもしれません。
それから、ルーベライトも、ABというよりは、B。
濃いピンクの中に黒っぽいインクル混じりのもの、まだら模様のもの、ほとんどピンクに見えないものがあります。
パイライトビーズは、一般的にこんな風に黒混じりの金色の感じですが、トップとブレスに使用している原石タンブルは、笑ってしまうくらい可愛いミニ・パイライト原石結晶です。
この中で、グレード的にムラもなく綺麗なのは、レピドライトでしょうか。これはAビーズです。

ということで、見た目も、テーマも、めちゃめちゃパワフルでワイルドな、グラウンディング系のアクセサリーです。
「アジア~ン」なカジュアルな雰囲気でもあるので、OLさんの通勤時のアクセなどにはまったく不向きかと思います。すみません。
この組み合わせは、「自信喪失の時」の超お助けマン。
復活、そして活性化を強力にアシストします。
「なんだか、未来に、明日に希望が見出せない」状況に陥っている、自信を失っている、そういう状況の時に、励ましてくれる石たちです。

石は見た目の綺麗さはもちろん重要ですが、パワフルっていうのと、それは正比例するかといえば、また別もの。
「パワーストーンの“実”を取る」、そして、こんな力強いロードクロサイトもあるのだ、という意味では、ある意味レアものかもしれないですね。
ロードクロサイトがなぜグラウンディング・ストーンでもあるのか、が、分かると思います。

「グラウンディングカラーの赤と黒は、反目しあう、相殺しあうのではなく、共存の関係にある、同じコインの表と裏」と、この石に私自身は感じています。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2006 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page