アーカイブ
2006年03月20日の記事のリスト

WBCに見る、カルマリターンの法則

2006年03月20日 (月) 01 : 30
観てなかったんですけど、WBC、日本が勝っちゃいましたね。
韓国も、いちばん勝たなきゃいけない試合で日本に負けるとは、ツイてない。

この一連の流れは、代表が決まるまでのあれこれ、イチローの「向こう30年は日本とやりたくないと言わせるほどの圧勝を」の餌巻き発言から、大変な苦労が始まりましたね。
本当に、「相手を見下げる言い方」が、どれだけコリアに火をつけてしまったか・・・
イチローさんは、大昔の日本シリーズの、「巨人vs近鉄」伝説を知らなかったのかなぁ・・と思いましたけど。
(これは、近鉄が3-0で優勝まであとひとつのところで、ヒーローインタビューの選手が「巨人なんて、〇〇(パリーグの最下位チーム)より弱い、たいしたことない」という浮かれていたためなのでしょうが、完全に舐めきった発言をしてしまい、それを聞いた巨人選手全員が発奮して、その後4連勝して逆転優勝してしまった、という事件です。その近鉄の選手は、影の殊勲賞、と言われていましたね)

でも、そのカルマは即効還ってきましたね。
韓国に勝てない、というカルマ。
イチロー発言は、相手に栄養を与える、絶好の言葉でしたね。
だけど、日本は、対アメリカ戦で、アメリカの誤審を甘んじて受け入れたことによって、おそらくそのカルマは消えたのだと思います。たぶん、イチローさんも、予選からの流れで、ご自分の傲慢とも言える発言を反省していたのではないかと思います。
結局そのアメリカと得失点差で準決勝に進むことができて、(これは、あの対アメリカ戦の、審判の身びいきというズルのツケ、カルマがアメリカに即効めぐってきたのだと思います)そして、三度目の正直、で、韓国に勝ってしまった。
それだけでなく、なんと決勝に進むことになってしまった。

あの韓国という国も間の悪い国で、代表の二年の兵役免除を、純決勝に進んだ時点で発表しちゃったんですね。おそらく、とたんに気が抜けたんだと思います。兵役を逃れるという、大きな目的を達成してしまったから。
でも、この話を聞いた時、ずいぶん御国のために熱心だなー、確かに日本とは偉い違いではあるわな、とずっと思ってたんですけど、結局、個人個人の最大のモチベーションは、兵役免除だったのね・・・と思ったのです。つまり、国のため、というよりは、個人のためだったんですねー。

王監督という方は、本当に、ずーーーっと、現役時代から監督となっても、ご苦労の絶えない御役目を背負った方なんだなぁ、と思います。
本当に、素晴らしい方なんですよ、王さん。
でも、昔ダイエーの監督に就任した時、福岡の人に生卵ぶつけられたり、ほんとに、何故に「世界の王」がこんな辛酸を?の連続で、ご苦労にご苦労を重ねて、ダイエーを最強チームに育て上げた。今はソフトバンクですが、このソフトバンクに球団を買いとってもらうまでも、ほんと、大変でしたものね・・・。
孫社長が、「子供の頃からの憧れの人に、監督をやっていただいている球団のオーナー」になれる、そういうめぐり合わせを、心から嬉しそうにしていたのが、とても印象的でしたね。王さんも、孫さんも、日本に帰化されているけれど、いろいろご苦労が多かったのだと思います。

で、このWBC。
松井選手のことは、嫌いではないし、まぁしょうがないのかな、と思ったけれど、次々に「出たくない」と言い出す人が続出するなんて、私は、ほんとーに王さんは、なんでこういう苦労という荷物を背負うようになっているのだろうか・・・、と思いました。
そして、始まってからも、この状態。
もう、自棄酒してたそうですからね、まさかアメリカがメキシコに敗れて、準決勝進出できるなんて、夢にも思ってなかったそうで。

でも、上原浩治はちゃんと、調整していたんですね。
あきらめてませんから、と、日本の記者に話していたみたいだし。

私は、去年くらいから、こういうスポーツの大きなイベントに、すっごく「神がはたらいている」感じを受けるんですよ。
大勢の人が、テレビ中継などで観るわけですから、神様も、この手のものは「神の仕事」を分かりやすく見せるいい機会のため、即効仕上げでカルマリターンの法則が、即効にしかもかなり分かりやすく還っています。

去年は、東京国際女子マラソンの、Qちゃん。
奇跡を見る思いがしました。
私、四年前の、Qちゃんが負けた東京国際女子マラソン、国立競技場の近くまで見にいってたんですよ。ラジオ中継聞いてて、Qがいちばんで入ってくると思って待ってたのに、途中で「抜かれたー」って聞いて。
バテバテのその時のQちゃんの生の姿を鮮明に覚えていたので、テレビの前でずっと祈るように見つめてましたもん。
たぶんね、そういう人多かったんだと思うんですよね。その「気」が、Qに集結していたのだと思います、あの奇跡は。
Qのカルマリターンは、カルマリターンの法則の素晴らしさのお手本のようでした。
カルマが自分に戻る、というと、おじけづいてしまいそうですが、この法則のさいっこうにいいところは、「よいカルマも自分に戻ってくる」ということ。
取りっぱぐれがないんですね。絶対に。

去年の日本シリーズの、ロッテのあの「負ける気がしねぇ。」マジックといい、言葉というものは、凄い力を持っているのです。
実現しちゃうんですね。いいことも、悪いことも。
自分が発した言葉は、全部自分に返ってくる。

先月のトリノなんかでも、面白いカルマリターンを見ました。
ジャンプの原田選手。
真央ちゃんの年齢制限の件についてのコメントで、とても手厳しい言い方をしていたそうです。「当たり前でしょ、出られないのは。ルールなんだから」と。
その本人が、なんと、ジャンプの「ルール」の体重制限で、出場失格となる。
彼は、トリノに行っただけで飛ばずに帰ってきたんですね。
同じスポーツ選手として、もう少し思いやりのある言い方ができたのではないでしょうか。彼は、自分が投げた「ルールなんだから。」という、冷たい言葉の戻りの結果を、即効自分が味わう羽目になり、トリノまできて、飛ばせてもらえないという、カルマのリターンを受け取ったのでした。
スルツカヤさんも、「真央がトリノに出られないのは、それも人生よ。」と言っていた方でしたが、まさかの転倒。
でも、素晴らしい方でしたね。ご自分のことも、「これも人生です。」とコメントされていましたね。

大きなスポーツの大会では、本当に面白いくらいに、「カルマリターン」の法則が、実感できます。神様の宇宙の法則を、多くの人に気がつかせるための、神様の広告効果を上げる最大の機会なんですね。
だから、私は、けっこうスポーツ系の大きな大会って好きです。
サッカーのワールドカップも、どんなカルマリターン劇があるのか、今からとても楽しみです。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page