アーカイブ
2006年02月15日の記事のリスト

ルチルクォーツ

2006年02月15日 (水) 14 : 54
ルチルクォーツをGoogleイメージで検索

水晶の中に二酸化チタン鉱物の仲間などが混入した鉱物。
金針、銀針、赤、青、緑、藍色など、多様で、いわれる意味もさまざまだけれど、ポピュラーな意味は、心身の強化を促すパワーについて言われるものが多い。
気力、生命力のアップ、洞察力とか直感力を高める、集中力を高める、積極性が増す、物事の真実を見分ける、など。あと、厄除けの仕事もする。
地球外から送られてくるメッセージを受け取り、正しく理解する力を授ける、などというのもあります。
金針のルチルは、金運石として有名。

パワーストーンって、基本的に「悪い意味」のものはない。
どんな石にも何かしらの、良い方向への働きかけがあるもので、ルチルクォーツっていうのは、そういう意味での代表格かもしれない。
まぉさんが、「ルチルひとつで充分」とおっしゃっておられたけれど、確かにルチルクォーツがあれば、この世の用は事足りそうに思う。

但し、それは色々、欲張らなければ。

私たちは日々、ストレスだの不安だの幸せになりたいだの、仕事で成功したいだの、自分の努力が報われたいだの、日々自分の身欲に揉まれながら、生きている。
ルチルクォーツは、私たちが求めている類の「癒し感覚」「願望成就感覚」で接するタイプの石じゃないように思う。
日々の生活の中で自己研鑽し、ソリッドに「自分の本当に必要なものだけを希求する生き方」を見つけた人には、ルチルは強力な守り神になってくれるように思う。
そういう方にはルチルひとつあれば充分だし、そもそもそういう方には、「石」は不要かもしれない。

ルチルクォーツに関しては、その中に入っている針の形状やら針の多さ綺麗さで、分類分けされていて、一般的には「金針が綺麗に入った透明感のあるもの」は、グレードが高く稀少なので、価格も高い。
透明度の高い、綺麗なものは、鉱山の関係とか外国の商社の買占めなんかで、入手しづらくなってきているらしい。確かにそんな気もするが、でも、別にもう売ってないというわけではない。
ただ、私も一時期、そういった情報に翻弄されて、今のうちに綺麗なものを手に入れておかないと、もう買えないんじゃないだろうか・・・という、オイルショック時のトイレットペーパーとか、高騰するガソリンみたいな気分で、ちょっと綺麗目のルチルを買った。

ルチルクォーツほど、価格に幅のある石も他にないんじゃないだろうか。
まるでそれは、人間の霊性の幅そのもののような感じ。

値段の高いほうが、グレードの高いもののほうが、パワーも強力、なんてことも言われているけれど、石ってのは、必ずしも持ち主が「その石の力を100%引き出せる」とは限らないので、場合によっては「宝の持ち腐れ化」する傾向も強いのが、ルチルクォーツじゃないかと思う。
だから、選ぶ時はあんまり「パワーとかグレード」にこだわってみても、意味ないんじゃないかなー。それよりは、「おお、このルチルは美しい」と感じる、自分の基準で良いと思う。

透明感があまりないものでも、それを身につける人の力なのだろう、明らかに「もともとはミルキー、つまり濁っていたのに、透き通ってしまったルチルクォーツ」というものを、私は見たことがある。これには、かなりびっくりした。
私がプレゼントした時、つまりブレスレットにして差し上げたのだけど、それはそんなにグレードの高いビーズじゃなかったのに、その人がずっと腕にしていたら、透き通っちゃったのだ。ぼんやりしていた金針が、くっきり見えるようになった。
石の方が、浄化されちゃってるのだ。
こういうことがあるから、石は面白い。
私たちは、石から力を貰っているけれど、私たちも石に影響を与えているのだ。

ちなみに、こういうことを起こす人っていうのは、石など持たずとも、元々の素養の中に研ぎ澄まされた感覚を人一倍持っている人だ。
こういう人には、石は「鬼に金棒」で、ほんとに羨ましい。

そんな理由で、私が持っているルチルクォーツは、タイチンルチルってところまでのものではなく、金針がほどほどに綺麗に入っている透明感のあるブレスとペンダントヘッド、とってもお気に入りの金線横並びルチルの指輪。これはほとんどいつもしている。
それから、金針とシルバー針が放射状に入っている丸球と、ポイント。
それ以外にも、色々な色の混ざったミックスルチルクォーツのビーズのブレスもある。ミックスルチルは値段もお手ごろだし、それが金針より劣るとかそういう感覚はない。初代ミックスルチルのブレスレットを昔始めて買った時、宝くじで5万円当たったしなー、そういえば。

ルチルクォーツは、私にとっては、「厄除け」の役割をしてくれる生き物。
あと、大事な勘所で働いてくれる、よき指導者。
見えないところで、私に必要なものに出会わせようとしてくれていることが、ようく分かってきた今日この頃です。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  集中力・意欲stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page