アーカイブ
2006年02月05日の記事のリスト

カルマについて5

2006年02月05日 (日) 20 : 56
カルマ、因果応報の原則について考え出すと、どちらかというと「カルマのネガティブ面」が強調されてしまうようなところがあります。
いわゆる、「悪いことをすると閻魔様に舌を抜かれるよ」的な、“脅し”です。

実は、神様は、神様が作ったこの宇宙の法則を、こういう脅しに役立てて欲しかったわけではないのだ、ということが分かってくると、とてもウキウキしてきます。

この、リターンの法則の良いところは、なんといっても、思ったことやったことの結果が自分に戻るのだ、というところです。
だから、下心抜きで、「幸せになりたい」ために良いことを思ったりやったり、というよりは、「幸せだなー」を実感する毎日の過ごし方をしていると、どんどん小さなラッキーが増えていきます。
これは、「運を掴む法則」のようにそこここで言われている月並みなことなのですが、自分がやってみると実際そうだなー、確かに、と思います。

これはこれで、けっこう簡単にできそうなことなのですが、その決意や心持に「水を差す」ような偶然や障害も多々現れてきます。
「カルマを解消させじ」という勢力もあるのです。
世に言う「悪魔」とか「動物霊」とか「低級霊」とか、ネガティブな括りの総称で表される霊的存在たちです。
彼らは、人間のネガティブ想念の中にしか生きられない存在なので、人間に精神的向上心を持たせまい、と、あの手この手で迫ってきます。

これは、自分の心の動きをつぶさに観察していると、だんだん分かってくることです。
なぜ自分は今いやな気持になっているんだろう?
なぜ自分はこんなにやる気がなくなっちゃったんだろう?
なぜ自分はこんなに人と比べてるんだろう?
なぜ自分はこんなに成功にこだわるのだろう?

その誘惑に打ち勝ち、「自分は幸せなのだ」という感謝の思いで生きていくのは、けっこうしんどいものだと思います。
しかしこの積み重ねが、結局未来を創造していくことになりますので、常におろそかにはできないことなんですね。
人間は、ただ因果応報を知るために生きているのではないだろうか・・・と思うくらいに、遅かれ早かれ、これは見事なまでに、完璧なタイミングでそうなっています。
そして、近年、このリターンの間隔が時間的にどんどん短くなってきているように自分も思うし、アセンションがらみの読み物なんかにも、よくそういうことが載っています。
ちなみに、これを経験し始めると、けっこう楽しくなってきます。

ほんとかなー、と思いますよね。

私は、この因果応報の法則については、実は子供の頃からそのように教えられて育っていたので、知識としてはもうン十年も持ちながら生活してきました。
しかし、私の場合、ある時点までその知識が、いわゆるネガティブ面の“脅し”のほうに働いていました。

私は、年端のいかない子供たちに、この法則のことを理解させるのは、とてもデリケートな問題だと思います。
一部で言われる「インディゴチルドレン」「クリスタルチルドレン」のような素地を見せている子供であれば、魂で理解するのは困難ではないと思いますけど(むしろ彼らは、親たちの教育のために生まれてきているような、困難を承知で、他人の因果まで背負って生きる決意をしてきた魂、キリスト的な意識を持った果敢な魂だと思いますね。)子供に小さいうちからこのことを根付かせると、反面、「間違った諦め」「謂れのない怒り」を産みかねない。

私は、心のどこかで、子供の頃から「この世の不公平感」をずっと抱きつづけていました。つまり、なぜそもそもそんなハンデを持っていなければならないのか、が、どうしても分からなかったのです。
「親の因果が子に報い」と言いますが、なんで、そんな「自分じゃない人たちがしたことの報いのために、私個人が苦労せねばならんのだ」という部分です。
教えられて知っていたがために、不平不満という新たなカルマを積んでしまっていた、というわけです。

八百万の神の宿る大自然の恩恵に感謝報恩で生きること、この世には人格向上のための勉強のために生まれて来たこと、自分の欲のために徳積みをしない、努力して要求せず、神様ご先祖様に感謝して、食べ物に感謝、物に感謝、何でも感謝感謝の親の姿を見ていて、子供ながらに、「でも、同級生のおうちなんて、うちみたいに神棚に御飯を先にお供えしたり、そんな面倒なことしなくても、うちよりもお金持ちだし、洋服だっていっぱい可愛い服を持ってるし、お菓子だって好きなだけ食べられるし、なんか、いちいち感謝感謝と、そんなことがいったい何になるの?」というのが、心のどこかで本心でした。

「便所掃除がいちばんの徳」なんて精神は、今でこそそういう観念も一部で根付いてきている感覚がありますが、そういった精神やその実行、感謝という言葉や心がいちばん大切なんだなんてことは、ン十年前はうちの親から以外は、あんまり他所で聞いたことはなかったものでした。

私の家は、父がいわゆる厳格というのでしょうか、「今で言うところの最高に身体に良い食事」だったことは、何十年も後になって実感し、感謝しきりなのですが、何しろ、お米は五分つき米、肉は食べない魚は毎日、煮物、おひたし、おしんこ、などなどが主流のおかずで、365日ほぼ毎日がそういう食事でした。インスタント食品はいっさい駄目、カレーやハンバーグやオムライスが“夢のような御飯”だったのです。
コーラも飲ませてもらえなかったし、お菓子も買ってはくれませんでした。

もう、こういうことを理解するのに、どれだけ時間がかかったか・・・
子供っていうのは、「その美味しいものがどうして身体、そして精神に駄目なのか」なんて、分からないですから。

しかも、うちの父親は、長年やっていた商売がいきづまり、結局店をたたんで50代後半から、初めて「雇われの身、会社員」となって働き始めたのです。
私は、どんなにお蔭様だろうが感謝だかで生きようと、ご先祖様のご供養を日々欠かさずとも、結局、バカ見る人間はバカ見るし、ラクして生きてる人はラクして生きてる、というのを目の当たりにした気がしました。高校生の頃です。
人格なんて、感謝の心で生きるなんて、何の役にも立たんのだ・・・そう感じました。

しかし、その約十年後くらいの話でしょうか。
時はバブル、たまたま私のその親の家があった周辺一体が地上げに合い、もともと借地権の一軒家だったのですが、当時としてはそれが普通だったのでしょうけれど、「はぁ?」と思うような「立退き料」をいただき、父は、そのお金でまた都内に新築の一軒家を、借金無しで建てることになったのです。

ここでも、「土地を担保にアパート建てませんか」と、銀行の執拗な営業があったようでしたが、父は、“身に過ぎたことですから”と、それをやんわりとお断りしています。
あの頃は、一般の小金を持った人が、どんどん土地の値上がり家賃の値上がりを当然のこととして、その不労所得を当てに、地主経験のない素人が次々にアパートを建てていた時代。「借金も財産」などと言っていたのです。

そして、時が過ぎて。バブルが崩壊しました。
その時、欲をかかなかった選択が正しかったことが証明されました。
父は、“家や土地というのは、天からの預かり物で、自分の持ち物ではなく、大事に使わせてもらっているものだ”という風に、言っていました。
これは自分のもの、やれあれは人様のもの、ではなく、そういうことなのだそうです。
それぞれに見合った必要な分だけで、満足して生かさせてもらえばいいんだ、と言っていました。要は、「足るを知る」というやつですね。

この一連の、平凡な老人の身の上に起こった出来事を見てきて、私は「神様、ご先祖様はいない、いたとしても何もしてくれない」という考えが、少しだけ変わったことは事実です。「神様、ご先祖様、守護霊様、指導霊様に、毎日感謝で接して、不平不満を言わない毎日の積み重ねの結果、要所要所で、“間違った選択をしないように”導いてくれている」ことのようだ・・・という事実を、認めざるを得なくなったのです。

私の父はもともと物欲のとても少ない人でしたし、その代わりに、「率先して自分の夢や可能性を広げていく」パイオニアのような面をひとつも持っていない人です。つまり、いわゆる出世欲を持つ、世間体を気にする、見栄を張る、ということをあまりにもしないため、逆にこの現世で何かを実現していこうとする生存本能の凄味のようなものは、持っていません。ある面で、浮世離れした人ではあると思います。そして、それで人生やってこれたのですから、今となってはなんだかとても羨ましささえ感じます。

私は、確かに、認めざるを得なくなったことは分かりました。
ただ、それでも頑固な私は、おかまいなしに「でもやっぱり不公平だ」という思いを心のどこかに持っていました。どちらかというと、そのくらいの幸運は、当たり前なのでは?くらいの気持だったように思います。感謝、報恩とはほど遠い生き方をしていました。
「私は、こんな平凡な生き方は、嫌だ。」そう思っていました。
まるで、その姿は、神様に歯向かってじたばたと抵抗の限りをつくす、しょぼい小悪魔だったと思います。
そして、こんな平凡な生き方は嫌だ、と思っていたとおりの、「在り得ない、平凡じゃない苦労」をプレゼントされました。

その当時のことは、本当にいい経験をさせてもらった、、、と、今だから言えますが、もう一度それをやれ、と言われれば、もう二度としたくないことをして生きていました。
でも、その経験があったからこそ、自分の中で見えてきたものがあったのは事実です。
「真っ暗闇だからこそ光は際立ち、はっきり見えるのだ」ということ。
そして、そんな闇の中にいてさえ、暖かい人間関係に支えられていること。

“親を超えるのは難しい”と、言われます。
親でさえ越えられないのですから、カルマ云々の騒ぎじゃありません。
人間は、「霊が肉体という洋服を着て、人間という経験をさせてもらっている存在」だということを、まずその基本を体得しなければ、因果応報の意味もどんなに勉強して頭でわかったつもりでも、人間は、またどこかで積んだ徳を積み木を崩すように壊すのです。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

カルマについて4

2006年02月05日 (日) 01 : 10
カルマのことを考える時に外せない問題が、「宗教」の存在です。
日本人は、よく「無宗教」といわれますが、その無宗教の国には規模の大小を問わず、何千もの宗教組織、団体があります。いや、びっくりです。
私は、宗教に関しては、どの宗教の謂わんとすることも「目指す頂上は同じ」で、その登山方法が違っているだけなのだと思います。
神様っていうのは、ひとりではないのです。

雑多な宗教観を受け入れるこの国のやり方、お正月には初詣、クリスマスを祝ってみたり、最近ではハロウィンまで祝ってる。海外からのニューエイジ思想を取り入れた発想、はたまたヨガなどの「気」を重視する手法など、その一見無節操に見えるやり方が、逆に、「宗教観から起こる世界のさまざまな問題」に対して、「何で?それぞれがそれぞれのやり方でいいじゃないの」と、論争し戦う存在があることの不思議に思えるおおらかな世界観の素地を作り出しているということでもあるので、たくさんの「霊的向上心のための」選択肢があるっていうことは、悪いことではないと思います。

これらのものは、ある意味、「昔から日本人の持っていたものを、今、逆輸入して思い出そうとしている」現象なのだと思います。
日本人は、もともと、「八百万の神」「目に見えない神界が森羅万象の中にあること」を、ちゃんと知っている霊性の素地を持っている民族だと思います。

「一貫性」とか、「白か、黒か」「これしかない」を好む人には、「科学的」という気の長い宗教の選択(それでさえ、インスピレーションや偶然の産物、という「非科学的」な領域から重大なヒントを得ているケースが、ままあるのですが)もありますし、おのおのが、好きなやり方、「自分が喜べるやり方」をすればいいのです。

私自身は、一見「科学的」という匂いのする「理論から語られる不思議世界」も好きですし、そうでないもの、つまり、「自分自身の体験によるもの」「偶然」とか「行動してみた結果得られたもの」から学ぶことが、大好きです。だから、とにかく、自分がしてきたことを省みる作業が好きです。
これをすると、なぜ今の自分が在るのかの符号性に行き着くことが本当に多く、その都度その都度、よくもまぁ、こういうことに出会わせてくれていたものだ、と、霊的世界のエールを感じざるを得ないのです。
心躍ります。辛かったことも、吹き飛ぶ瞬間ですね。
そのエールに導かれて、「石たちの言ってること」が分かるようになったわけですし。
そういう心持で嬉しくしている時は、私の石たちも、同じように嬉しく活性化してくれますよ。それを見るのが、本当に楽しいので、また嬉しいネタを自分の中に探すのです。
人生そのものが、結局、瞑想みたいなものです。自分自身に問う、瞑想ですね。

掛け値なしに石好き、鉱物好きの人たちには、同じ習性の匂いがしますね。
売っている側は営利体なので色々かもしれませんが、買ってる側の「単にとにかく石好きさん」には、そういう人種が多いなぁ、と思います。
意味とか効果とか、石の波動がわかるわからないとか、そういう問題でなく、ただただ、この自然がはぐくんだ鉱物という存在の素敵さ、美しさ、に惹かれる人たちは、本人が好む好まざるに関わらず、「石たちに内省作業に誘導されちょるなー、ははは。」と、私には、映ります。
なぜ誘導してもらえるのか?というと、それは「石を愛して大切にしている」からだと思います。
愛情ってのは、この世で「最大の出力を持った念、波動、気、光」ですから。

よく、ご利益宗教の問題が取り沙汰されることもあります。
パワーストーンなどは、その「ご利益」的なものの象徴として、人間に利用されまくっている存在ですが、当の石本人たちにしてみれば、「ま、勝手にそう言ってなさい。」と、悠々たるものです。
だって、石たちから見て「不適当な願い」など、助力しなければいいだけの話なのですから。「効いた、効かない」とか、「この石には特別な力がある」とか、その起こっている現象に振り回されて感心したり落胆したりしている場合ではなく、「なぜ効いたのか?」「なぜ効かないのか?」に目を向けて掘り下げていく、つまり「内省」と「気付き」を促すことが、パワーストーンたちの本来の人間たちへの使命なのです。

幸運や不運は、因果律の法則を考えれば、パワーストーン云々を外したところでも、在り得ることです。当然、何かしら自分からアクションを起こしているのですから、何かしらの結果が戻る、それだけのことです。
「何も悪いことしていないのに、どうして?」というのは、「何も(良いことを)していない」ことそのものに問題がある、とも言えるのです。

だから、カルマの解消のやり方として、宗教という教科書に頼るのもありですが、ひとつポイントがあるとしたら、一生懸命「勉強して知識を身につけて」も、それを、「実際の人生の毎日の所業の中で実践していく」ことをしないのであれば、何を学んでも猫に小判だな、ということです。
ツールは、使ってこそなんぼ、です。

その実践は、いわゆる社会と隔絶された環境の中では行えません。
いくら瞑想しても、人に見えないものが見えたりしても、これが真理だ!と悟っても、その真理をこつこつと「行じる」には、自分の中だけで、自分を相手に生きていても、自己満足でしかない。
単に、自分が傷つかないようにするための自己保身となりかねない場合もあります。
要するに人里離れた場所でいっさいの欲を断って生きていくとか、聖地と呼ばれる場所で聖人に会って修行をするとか、それは本人にとっては心地いいことだと思うのですが、それだけのことです。

俗世間でそれをやって、成功した人間は、おそらくまだひとりもいないのではないでしょうか。

世捨て人のように、仙人のように、生きていきたいな、と、私も思うことがあります。
また、そんな風に思うタイプの人間でなければ、“作詞家”なんて職業に幻想を抱いて、その道を選ばなかったと思います。(実際の作詞家は、霞を食って生きていくことはできません。この世界も、非常にシビアなところです。ものすごく“運”に左右される世界です。でも、絶望や幻滅だけじゃなかったところがとても救いですね。天国と地獄の両方を知ることができる業界です。)

実際、私自身は「生きて生き恥を晒す生き方しかできないようなら、死なしてください。」という思いですが、逆にこの考え方では、「死ぬことに現実逃避している。」とも言えるのですね。
いやはや、霊界とは、とにかく私にはスパルタです。

パワーストーンも同じ。
パワーストーンと呼ばれる石たちは、言い伝えられているような意味、働きを、実際に行います。でも、人間の側に、「実行の意思・選択・行動」がなければ、彼らだけで自動的に夢を叶えたりすることは在り得ないのですね。
貴重な力を内包する石が、単に癒しグッズになったり、飾りになったりするだけです。
それが悪い、ということではありません。
癒しグッズ、飾りとして、働いてくれているだけでも、十分な存在です。

彼らは「分かりやすいヒント」を明示してくれることはあっても、カルマの解消や肩代わりなんて、絶対にしてくれません。それをするのは本人以外の誰でもありません。
そんな、お金で買える「免罪符」なんてものはこの世には、ないのです。

お金をいくら出しても、グッズや石でカルマの解消なんてできないですよ。
人間社会では、「金の切れ目が縁の切れ目」で、お金でカタがつけられることもありますけど、霊的世界では持ち越しなのです。

お金に関して言えば、ただ、「そのお金をどう役立てたか」が問題になるだけです。
どうせなら「生き金」を、お金に感謝して、使う相手に感謝して、使いましょう。
そうすると、巡り巡って自分にも入ってきます。使っても使っても、「お金は天下の回り物」ですから、「生き金」を使えば、喜んでまた彼らは戻ってきますよ。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page