カテゴリ
石の意味  の記事のリスト

石の意味~アパタイト~

2019年05月23日 (木) 00 : 00
アパタイトです。
アパタイトも、多色展開の石ですが、主にブルー、パライバブルー、ブルー・グリーン、グリーン、グリーンゴールド、イエローゴールドなど、チャクラカラーとしてはちょうど体の中央上下カラー、5,4,3チャクラあたりを網羅する色展開です。

アパタイト1

このブルー、グリーン、イエローの3チャクラは、おそらく人間が「どっかしらがエネルギーの流れの目詰まりをしやすい」チャクラとも言えます。すべて「行動にかかわる」チャクラですよね。

この世を生きていく上で、表現活動、ハートで感じる活動、意志を持って決意行動していく活動、これがうまく機能していない状態であると、いわゆる苛立ちのようなもの、スムーズでない状態の「閉塞感」のようなものを感じやすい、またそのすっきりしていない感じが慢性化した状態になるのではないかしらと思います。

アパタイト2

アパタイトはこういった閉塞感を持っている人、「自分を出せていない」と感じているようなストレスな状態の人に、とてもお役立ちの石です。

それぞれのチャクラカラーに対応し、そのチャクラに関わるエネルギーの閉塞状態の解放と浄化を手伝ってくれる石ですので、雑念まみれのマイナス感情にとらわれやすい方や、気分が落ち込みやすい方、そういう状態を維持しやすい方にとって、救世主のような石かもしれません。

アパタイト3

アパタイトという石の主成分アパタイトという鉱物は、骨や歯を強化する物質としても有名ですが、この大事な部分を強化する、すなわち一人の人間におけるエネルギー的連携ともいえる、他者との「縁」の世界をより良いものとして創造するためにも基盤となる、その人のベーシックな「本来エネルギー(本質からのエネルギー)」とつながりやすくする、エネルギー受発信のアンテナを強化する石。

アパタイト4

人と人との絆をつくる石とも言われますが、その前に、「目に見えないその人がつながる世界の住人(高次ガイド)」との連携プレーを助ける状態(ストレスを手放すことなど)をつくる石でもあります。

高次の声というのは、「あなたがあなたである状態」ではない時、集中力に欠けた散漫な意識状態の時、ストレスたっぷりの状態で行動している時というのは、あんまりよく聞こえないものなのです。

いつもスッキリとしたモヤのない気分、という状態をヘルプしてくれるアパタイトは、いわゆる「良い絆」向きであり(当たり前ですね^^モヤンな人との人間関係は実際まぁ大変ですので)、良いエネルギー的な絆でないと大変困るであろうところのチャネリングやカードリーディングなどにもお役立ちですよ。

石同士の連携を定着させる、とも言われている石なので、そういう方面では願掛けブレス的に組み合わせのエネルギーを強固にするような目的でも使われていることはあります。
(ちなみにこういう”願掛け”という概念、それが願望と高次ロードが足並み揃っている場合にはおそらくスムーズでしょう。「今の人間関係を永遠に♪」のような場合の願望でアパタイト、っていう考え方もあるようです。これも高次路線の縁なら(笑)いいんですけど、自分に都合のいい我欲のみのタイプの縁の場合(つまり自分の利益メリットのみのために相手を利用するような)、のちのち続くことがむしろその人の魂の成長に寄与しない(笑)ってこともあるとは思うんですが、それをとくに続けちゃいけない、ってわけでもないので、どうぞ願望は自由にお持ちください)

アパタイト5

モース硬度5ということで、クォーツ類よりもやや硬度が低い石ですので、取り扱いは丁寧になさってくださいね。
(結晶構造に劈開性はない石なので、ビーズが割れやすいということではないです。モース硬度が高くても劈開性がある石のほうが、どちらかというとスパッと割れることもありますので)

アパタイト6

個人的にはアパタイトは普段づかいとして私には欠かせない石だわ~~~的に、石の世界に出会って以降、長丁場でお世話になってきたところはあんまりない石だな、というところがあったのですが、たぶん、大昔の、まだ石を知らなかった頃の「イライラ時代」にこの石に出会っていたら(笑)そのイライラ時代は長引かなかったんじゃないだろうか、っていう気がします。

宝石ジャンルとしてのアパタイトももちろん宝石ルースも存在するのですが、大昔の若かりし頃、石はジュエリータイプのものしか知らなかった時代の頃の自分にとっては、いわゆるメジャー感のある石である、貴石、半貴石以外の宝石にまで触手が及んでおりませんでしたからね。
アパタイトはレアストーンというわけではありませんけれど、メジャーにたくさん出回る半貴石系ほどには、宝石アパタイトアクセサリは昔も今も市場には少ないですので。
(モース硬度が高くないぶん、宝石カッター泣かせの石になりますので。綺麗なんですけど、ルースとしてもあんまり大量に出回ることがないわけです。なので今の時代でも、石に詳しい人でないと、アパタイト? 歯磨き? って話になっちゃうかも。でも考えてみると、アパタイトってかわいそうよね。どうも、「歯を強くする」みたいな成分がアパタイト、っていうイメージがついちゃっていましたもの。だからああいう時代にアパタイトに出会ってたら、と遠い目になってもね、そういう当時は、アパタイト=歯磨き粉、だったのよ私は)

他に多色展開の透明石なら昔からトルマリンのほうがずっと有名でしたが、今は宝石質トルマリンは天然石市場においては極希少で高額価格高騰してしまっていますので、そういう意味では、アパタイトは上質な高品質ビーズでもトルマリンほどの価格高騰っぷりではないので、お値ごろ感ある石かもしれません。
働きとしても、ストレスお掃除な部分はちょっと近いところあるかな、という気もしますし。(ピンクは残念ながらアパタイトにはないカラーですけどね^^)
但し、原石が大きくないのでしょう、いわゆる大きな玉が少ない(笑)、大玉で極美品になかなか出会えない石でもありますね。とくに透明度のあるアパタイト大玉というのは超希少です。

アパタイト7


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

レムリアン ルーツ クォーツ”ピュア レイ”

2019年05月18日 (土) 19 : 59
先月、 Universal Healingで1点だけワイヤーラップペンダントをご案内していた、「レムリアン ルーツ クォーツ”ピュア レイ”」です。
あらたに卸元に入荷しましたので、入手しました。
(初発は、クリスタルヒーラーさんたちにご好評、大絶賛で、すぐにほぼSold状態になってしまったそうで、うちが見た時にはすでに大きさ的にもお値ごろタイプは1点しか仕入れられませんでした~とお伝えしていた水晶です。お伝えしていましたけれど(説明文のそんなとこまで読んでおられるか定かじゃないですが^^)「お値段お高めの20万円超くらいかなの大ぶりポイントであればまだ入手できますので、ご希望の場合はお問い合わせください」ってお伝えしてたんだけど、どなたからも今のところお問い合わせナシです(汗)大型ポイントはお値段なりにやっぱりいいですので^^、まぁ、この水晶の大型はそのうちお問い合わせなくても仕入れるかも)








バイヤ州の水晶で、特徴は結晶の根本まで透明度の高い水晶であること。
通常水晶というのは根本部分は白っぽい石英状態であることが多いのですが、この水晶は根本に透明感があります。
(こちらは結晶が割れた原石状態だったり、ポイントの先端部分がなかったりなのですが、どっちが先端なのかがわからないくらいに均一に透明です)







”ピュア レイ”のごとくに、ひたすらピュアな高次の光を放ちます。

この卸元カードにも書いてあるけれど、「魂の本質に気づきを与える水晶」ということで。
持ち主さんと本質のエネルギーを繋ぎやすい水晶だなと感じます。

どこぞのクリスタルヒーラーさんかは存じませんが、「カルマの癒やしの力絶大」感があるのだそうで(卸元営業さんからのまた聞きよ)。

「カルマの癒やしかぁ…」と(笑)つっこみどころ満載ですが^^

これをこのままパクって、「カルマが強力に癒やされるそうだよ!!」って宣伝してもいいのでしょうが、「だからさ、カルマって、そのスピリチュアル業界に跋扈するその”脅威の非物質”って、そもそも、それがなんなのだ」って話でもあります。
水晶一本持って、「この世に持ってきたカルマがキレイになりましたぁ♪」じゃないだろうことは(笑)、みなさまもご存知でいらっしゃるところだと思います。





あれなんですよ、人はその人の本質のエネルギーに繋がり本質的な生き方をしだすと、必然的に、その人が今世やり残さないよう取り組むべきカルマ浄化の方向へ動き始めます。

カルマが癒やされる! みたいなところを(手軽に)目的にカルマを癒やさなきゃ! なんとかしなきゃ! そうしないと人生うまくいかないわ! ってやっきにならなくても(笑)、どちらかというと順番としては、「役割として『手は手、足は足、なんだから、自分っていったいこの世においては何なんだろう』という部分に対して、まず高次に降参というか(笑)「そこ、教えてくんろ」という真摯な態度も必要ですけれど、いったん、「自分が自分を見る色眼鏡」をちょっと置いておかないと、観えてこないものがあるのです。

この水晶は、そこをクリアにしてくれるタイプの、色眼鏡はずしがわりとスムーズにいくサポートをしてくれる水晶です。







「私はクレアボヤンスだめだめ」っていう個人的苦手感の定説が私にはあるのですが(笑)、今日の代々木公園での(土曜日休日で人がいっぱいでしたが)「α宇宙瞑想」では、今までなんとな~くぼんやり~な感じだった「ここの宇宙の銀河の中心の私に関わる存在」の姿が、大変クリアに(笑)観えました。
今まではなんとな~くキレイめ系の女性性優勢っぽい感じの存在に「会ってるつもり」「いるつもり」な感じでしたが、「うへ~べっぴんなおねいさん…」ということがわかりました(笑)。

ピュアレイ、撮影用に持っていってたので、それかな? とも思いました。
こじつけに(笑)一見思えそうな話なんですが^^、ひねくれて捉えずに「体験は素直に受け取る」のが、クレアボヤンス上達のコツではあることも知っています(知識としては知ってるのよ、そりゃね)。

色眼鏡とは、こういう「自分は何かがダメ」みたいな感じのことにも、人間は持ちやすいです。
こういうのはこの世で”自分のダメ経験、苦手経験”としても上塗りされていくので、できないことはできないままになりやすいのが人間ですが。

カルマというのも、「過去から現在に渡り、”できない”の上塗りが繰り返されているっぽい性向」のようなものであることが多いので、自分を振り返ってみて、「なんか似たようなことで躓いてきているっぽい」ようなものが見当たれば、だいたい、それが「超えられるテーマ」となっていることが多いですよ。
繰り返し繰り返し起こっていて、その都度、嫌な思いや苦手感や悲しみ苦しみがある、そしてその時だけ”常識”とか”人の意見”を持ち出してきて逃げていたりするようなタイプのことが、「むしろやらなきゃいけないテーマ」であることも(笑)多いのです。
(”過去世”を知って解放する方法もあります。好みです(笑)。でもいずれにせよ、知っただけでは解放されません。教訓としてそれをではどう活かすか、そしてむしろ、克服すれば自分の人生における武器の要素のひとつとして、純粋にプラスの要素にひっくりかえるのもカルマです。だから、積極的にかかわるほうが、実際には、人生にプラスなのでして)

やらなきゃいけない、っていうより、実際にはどちらかというと「やってみれば、意外とできてしまう設定」であったことに気づく、みたいなことが多いですよ。安心してください。
人生の道中でその人に超えられないテーマは、最初から、人間は自身のテーマになどしてきていませんからね。

ところで、こう人にお伝えしているあたしは、そもそも「クレアボヤントになること」がテーマなんでしょうか?(笑)

苦手感あるからな~。そうかもな(笑)。







また Universal Healingのペントップをお作りしてもいいんだけど(「α宇宙につながる大祓カップリング」だからね)色々と、考えてみます。
今月末に出てくるかどうかは、一応、まだ未定です。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

石の意味~シャーマナイト~

2019年04月20日 (土) 18 : 34
シャーマナイトは、炭素を多く含む石で古代の化石なども多く含まれるブラックカルサイトの一種です。

シャーマナイトはアメリカ中西部のネイティブアメリカンの人たちのプロテクションストーンとして使われてきた石だそうです。
シャーマナイトが日本で知られるようになったのは、10年以上前の日本のストーンブームにより、その存在が知られ、上述のような意味合いで、ネイティブが神聖な石として用いてきた石なので「シャーマニックな石」として広まるようになりました。

ネイティブの石としてはターコイスが昔から有名で、最初に知った当時は「シャーマナイトなんて知らなかったな」でしたけれど(笑)それは知見の狭さで、実際に世界には”知らない石”がまだこんなにあったんだ…と10年以上前の私は個人的に「知らない石がないレベル」に(笑)石を知りたかった時代でしたから、「とにかく知らない石がないように」当然のごとくにシャーマンの石と言われるシャーマナイトにも飛びついておきました(笑)。


シャーマナイト1


シャーマナイトは、持ち主さんのネガティブな波動を吸収し、外部からの悪意や嫉妬のネガティブエネルギーからの防御をする、霊界のスピリットとの交信を援助する、過去世のカルマのパターンに気づかせ、過去を手放し行動パターンを変えるためのサポートをする石。

といった感じの意味が謳われていますが、これはまさに”このまま”です。
追記するところがないな(笑)と感じられますので、パワーストーンワークスの石の意味は読まなくてもいいんじゃないか^^と言えそうなくらいです。


シャーマナイト2


ただこのシャーマナイトが持つちからが何ゆえ有益と言えるのか? の理解が(ある種の霊的知見の差というか違いが)人によって違っているとは思いますので、ぱっと見、こういう意味を箇条書きで人間が知っても、「こういうことの何が凄いのか」が(笑)わかりづらいかもしれません。
(私たちは私たち自身が、自分自身のことを知っているつもり、思って認識している以上に、自分自身ではない…という前提認識が個人の感覚にそもそもありませんので)


シャーマナイト3


シャーマナイトはいわゆる、「スピリチュアルな戦士」のための石、です。

残念なのは、この石に興味を示している層が、あまり一般的ではないような? 
なんとなく「それっぽい職業の人にだけ有益」のようにも伝わってしまっているような感じも見受けられます。 
メジャーな石にはなってはいますが、シャーマナイトに関してはこの石の持つ有効性を活かしきれている人は少ないのかな? という感もあったりなかったり。

また、シャーマナイトに惹かれる人がそもそも、ものすごいエネルギーに敏感なスポンジ要素を持っている人だったりするので(笑)もしかすると、もう石だけでは追いつかないレベル、って場合もあると思う。そういう人にとっては、もしかすると「カルマパターンへの気づきと、行動を変える」に至る前に現実レベルがほうほうのていだったり(笑)するのかもしれませんので、この石が真価を発揮するレベルに関しては、相当の個人差があるだろうことは容易に想定されます。
(そういうタイプの方にとっては”ものすごく安心感のある”石ではないでしょうか)


シャーマナイト4


パワーストーンワークスでは、たびたび取り入れてきているところもありますが、”見た目が地味”ですので(笑)手にしていただくのに工夫が必要、って感じるところのある石。
普通は、見た目で、スルーしちゃうところがあると思います。
見た目で石を選ぶ人には、おそらくなかなか手にしていただけないかもしれない、お宝石ですね。
(シャーマナイトに限らずですが、この世においては「黒の石」ってけっこう有益な石は多いのですが、黒の石はお嬢さんがたの中には食わず嫌いになられる方が多いので^^。まぁ、一般的な風水とかそういうような世界観では、黒はインテリアなどでも運を下げるとか色々言われたり、あと、どちらかというと「遮断」のイメージがあるため、なんとなく拡がりがないような素敵な出会いのチャンスを邪魔するっぽい^^感じがあるのでしょうね。「黒身につけてると恋愛運悪くなるよ」とか「明るい人に見てもらえないよ」とか(笑)。まぁそういう印象あるものね~。でもさ、実際には、明るくない要素持ってる人間なのに(笑)明るい人に見てもらう必要って^^それこそごまかしてやしませんかね? 個人的にはですね、「黒い部分は石にまかせて助けてもらって、人間の中の光の部分を見出していく、その助っ人」っていうのが、PSWの黒の石に対しての敬意というかポジショニングなところがあるかな)


シャーマナイト5


実際に、シャーマナイトは「持ち主さんのパフォーマンスを上げる」石です。

これは大昔の話ですが、私がまだこの仕事を始めたばかりの頃ですけれど、まだまだ「実験的」に色々な石組みを試行錯誤していた時代で、「どっちのほうがパフォーマンスが上がるのかな」ということを、自分だけではなく、石のエネルギーがわかる方にご協力いただいて、シャーマナイトを組み入れたカップリングを数パターン、お試しいただいたりなどしていた経験から、わかっていることなのですが、明らかに、シャーマナイトが入るほうが、肉体ベースおよび肉体レベルを超えたところからの能力パフォーマンスが上がった(使用した人のポテンシャルと描いているイメージ以上の成果があった)ことなどを、確認しています。

近年ではうちのカップリングの例としては、「裏・高次コンセント」などがやはり、この持ち主さんの「霊的パフォーマンスを上げる」→「現実世界のパフォーマンスを上げる」ことに寄与していると思います。


シャーマナイト6


「気づき」に寄与する石は、多々ありますが。

その気づきの邪魔をするのが、この世を行き交う魑魅魍魎が跋扈し飛び交うノイズでもあり、また、低レベルの想念とのやりとりによる、本人自身が生み出していくネガティブ想念であったりします。

シャーマナイトはそのエネルギー地帯からすみやかに救い出してくれる、スピリチュアルな戦士にとっての武装状態、いわゆる結界状態を作ってくれる石と言えそうです。
(「スポンジ体質」と呼ばれるような、良かれ悪しかれなんでも外部エネルギー拾っちゃうタイプで、それらに影響されがちで、日常のパフォーマンス下げているタイプの人に実際に良い石ではあるので、そういう人が好む傾向じたいはある、という気がします。スポンジの人がエネルギー防御する方法は、石だけではありませんし、石だけに頼ってもアレですが、手っ取り早いのと、ネガティブエネルギーを祓うための方法(浄化や祓いのお作法)プラス、石、で鉄壁かなというところがあります。石だけになんとかしてもらおう、っていうんじゃ(笑)いけませんよ^^。この世では「良くないパターンに気づいたら、より良く自分を正す」そういった自らの行いの繰り返しそのものが言わばカルマの解放でもあり、あなた様ご自身を守る光のエネルギーバリアを作っていきますのでね。ただこの「スポンジ自覚」というのも本人が自覚しているかしていないかの違いで(笑)この世はだいたい相互に周囲のエネルギー影響は誰もが受けていますから。だから、「スピリチュアルな戦士」がひとりでも多くなって、周辺エネルギーをクリーンにしていく意味はあるんですよ。自分のためでもあるけれど、それがイコール他者のためともなりますので)


シャーマナイト7


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page