カテゴリ
石の意味  の記事のリスト

石の意味~プレナイト~

2019年01月22日 (火) 19 : 59
プレナイトは和名を葡萄石と言います。
命名の由来は、オランダの陸軍大佐であったプレーン男爵の名前にちなんでつけられたのだそうですが、この石の名前に実在の人物に由来する名称がつけられるようになった、いちばん最初の石、ということです。
”発見者”命名…ということですね。

プレナイト2_convert_20190122192858

色はマスカットグリーンのタイプが主流ですが、グリーンの色味も産地によって違いがあり、オーストラリア産のエメラルドグリーンのような色合いのものや、もともとわずかにイエロー味を帯びているプレナイトもあり、そのイエロー部分が主に出ているイエロープレナイトも存在します。
(プレナイトに限らずの話ですが。本物偽物が昔はよく天然石の世界では取り沙汰されていることがあったのですが、プレナイトに関して言えば、プレナイトの偽物をわざわざ流通させるそのコストのほうが(笑)という気がしますので、個人的には、色々な石に対して、神経質に偽物じゃないか? と疑わなくても(笑)いいんじゃないかという気はします…但し、プレナイトをグリーンガーネットと称して販売しているお店は過去に何件か見たことはあります。グリーンガーネットのほうが若干高価ですので(笑)こういう、石屋さんじたいが気づいていなくて間違って仕入れ名のまま販売している、みたいなことは、たまにありますね。でもこれ、後述しますけれど、石の効果という点では(笑)プレナイト、グリーンガーネットのどっちが来ても^^なんとなくその人にとっては豊かになる道程を作る石という点で、そんな人間目線でみると「駄目だろう」な事態でも(笑)大きい目で見ればまぁ…とも言えなくもないですが…ちなみに、こういうことがあるにはあるので、石を販売する人は、仕入れたものをそのまま販売するんじゃなくて、真贋についてはちゃんと常に勉強して欲しいなとは思います…「石を実際に自腹で手に入れる」のがそのためには一番効果的勉強法なのでそうしていただいきたいところです…カイシャに属している店員さんなんかだと石の仕入れがその人の自腹じゃないので(笑)そのへん抜ける人もいるんですよ…だから石の世界は、売ってる石屋よりも自分でお金たくさん使ってるユーザーさんのほうが目が肥えている場合もありますよ)

プレナイト1_convert_20190122192825

プレナイトと言えば、断捨離ストーン。
プレナイトに広く流通する意味は端的に顕すと、こういうこと。

「断捨離」という言葉が広く流通するようになったため、「断捨離ストーン」で通じてしまうところが出てきましたが、10年前くらいだと、「不要を手放し、本当に自分に必要なものを見極める」サポートをする石、というふうに言われておりました。

プレナイト3_convert_20190122192927

現在の自身の状況が「なんとなく息苦しいような感じ」「停滞感がある感じ」なんだけど、その原因がわからなかったり(複数要因が絡み合い過ぎていて、「このせい」と自分が表面的に思っていることは単なるトリガーでしかないとわかっている、もしくは、わかっていない)している時の、スグレモノお助け石が、プレナイト。

自分にとって何が必要なことで何が不要なことのか、物質的なモノの整理もそうですが、精神的な観えない部分についての取捨選択、整理整頓、見極めが必要な状態である時のサポート石としての力は、おそらく他の代用石が見当たらない? タイプの石なところがあるかもしれません。

プレナイト4_convert_20190122193000

プレナイトは、「守護天使との繋がり」をサポートするハートストーンとも言われています。
「マインドとハートの意見の一致」をスムーズにすることを助ける石なのですが、それそのものが、その「守護天使(高次ガイド)との意志疎通がスムーズとなっている状態」と言えます。

なので、「守護天使に繋がる」→「そのためにハートをひらく必要あり」→「守護天使に繋がってるのかどうかはいまいちよくわからないけど、なんだか気持ちがスッキリしてきた」…と、プレナイトを身に着けてそんな感じがしてくるのであれば(笑)繋がってるということです。

「整理整頓したい(感情的、物質的に)からプレナイト」→「なんだかなんとなくスッキリしてきた、頭がはたらくようになってきた」→「(気づいていなくても)守護天使に繋がってる状態」

…というようなことに、なります。

プレナイト5_convert_20190122193033

強力に変性意識をいざない「衝撃的な守護天使との出会い」をサポートするとか(笑)ようするに目立つタイプの人生イベントというのでしょうか(笑)「なんかいいこと起こりそう」な劇的な変容的なもの、はっきりとそうわかるような転換をサポートするというわけではないので、身につけても「よくわからない」「気が付かない」ことになる場合も多いタイプの石の典型とも言えるかも。

プレナイトは結果的に「仲介」がものすごく得意な石(笑)というか、この世での見た目の存在感は薄いのですが、実際は太陽光や水のように「あって当たり前で重要性にあんまり気づいていない」的なところのある石です。

「劇的にあなたの人生を変える石」とか言う方が、心密かに好みの人にとっては(自分かも(笑))まどろっこしいところがある感じの、ともすると表面的に「なんか苦手」感さえ感じるかもしれませんが、石の世界、そういう表面的にとっつきにくい感覚のある石ほど、あなたを変えます(笑)。

プレナイト6_convert_20190122193101

普段、強い石ばっかりに偏ってるかな、みたいな感じがある方にもお薦めですね。
また、ご自身が本当に欲していることがよくわからない状態になっている方にお薦めなところのある石です。
自分の性格を自分でよくわかっているような氣になって生きてるようなタイプの人(笑)自意識が強い人にもいいですね(これ全部自分のことじゃないだろうかと^^…)。

プレナイト7_convert_20190122193725

石アクセサリ制作者としては、プレナイトは「差し色」にもなりづらい、目立たないわりに入るとボケ感が出るところのある石で、強い石を和らげます。
人の目を引くというタイプの石ではないため、人の目を引きたい、綺麗な石!! って他人から言ってもらいたい(笑)欲がある人は、まずメインでは選ばないタイプの石かもしれません。

プレナイト8_convert_20190122193759

プレナイトは内包物としてグリーントルマリンやエピドートを含む原石が本来は多いのですが、そういった「内包物ありプレナイト」の市場価値は低く(笑。見た目がどうしても綺麗じゃないからね)昔は内包物ありプレナイトもそこそこ出回っていたことは出回っていたのですが、今はほとんど「高品質プレナイト」しか流通していない(よって、価格も高騰しています)感があります。
品質を求めると、サイズの小さいものでしか「内包物なし」が実現しづらいため、サイズの大きいビーズじたいの流通が激減しているところがあります。
デカ石好きのPSWとしては…非常に困るのですが(笑)今は、”10ミリ越える綺麗なプレナイト”は現在ほとんど市場にありませんので、やはり原石サイズの関係上、サイズの大きいビーズが極小流通で希少性の高いモルダバイトやペリドットの大粒サイズビーズ的付加価値を感じているところです。

内包物は「パワスト的見地」から見ると…非常にこの石の特性からすると、「理にかなっている石同士だな」と言えるところがあるんですけれど、もともと水晶のような透明度を要求できない、ぼんやり感のある原石にこの目立つ内包物が入ってしまうと、まぁ、見た目の綺麗感はそこなわれることはそこなわれます。
お写真ご覧いただいても、やっぱり、内包物が入っていない透明度が高いほうが綺麗! って思われますでしょ?(笑)
そういう、お客様優先となる世界、そこに左右される世界、石の世界にもないわけでもないのですよ。
よって、今現在は、内包物がわんさか入るプレナイトを探すほうがずっと難しいところがあります。
エネルギ的にはトルマリン入りがいいよ、という話でも、今度はそのトルマリンの入りが綺麗なもの…だとか(笑)人間の欲望には底知れずなところがありますからねぇ。

私なんかも昔プレナイトを使っていたお品で、比較的内包物がかなり少なめの高品質プレナイトだったのですが…手にされた方から「ちょっと内包物は入るけど綺麗で気に入りました」とか(笑)めっちゃ日本人なご感想をいただいた時にはもう^^、「あのレベルで文句が出る(文句というか、内包物が邪魔と感じるパーフェクトさ)のか…」と(笑)まったくインクルなしのプレナイトじゃないと、正直、満足しない人のほうが(見た目の価値として)多いんだろうな…と感じてしまうのに、充分でしたから。市場がそうなっちゃうのは、しょうがないところはあるな、と思いますよ(そのかわり値段が高くなるわけなんですが)。

プレナイト9_convert_20190122193827

プレナイトは完璧な脇役として常に重宝する見た目というわけでもない(笑)使いどころのとても難しい石でもありますが、うまく使えると、「守護天使と繋がった状態で、ものごとを成就できるカップリング一丁上がり」を実現できる、優れた仲介ストーン。
それがプレナイトだなと感じます。

メタフィジカル的には、プレナイトは「予知能力を上げる石」とも言われておりました。
今はこの意味は、どちらかというと「断捨離石」のほうがメインで、あんまり言われていないことですが、守護天使(高次ガイド)に繋がった人は、自分自身の予知というか、未来そのものを知ってそこに合わせて行動するというより、「未来のために今必要なこと」を、今、察していける状態ができてきますので、その延長線にある未来を「察する」能力が、予知能力に繋がる、ということはあるんじゃないかなと思います。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

石の意味~リビアングラス~

2019年01月17日 (木) 14 : 09
リビアングラスはエジプトとリビア国境あたりで産出されるテクタイト(インパクトガラス)です。

モルダバイト、テクタイト同様に、リビアングラスも、過去に頻繁に隕石が地球に衝突していた時代に、その隕石衝突の際に発生する膨大な熱量エネルギーにより、地球の物質(主にケイ素)が変容して形成された天然ガラスと言われています。

ツタンカーメンの墓から出土したスカラベがリビアングラスで作られているものだそうで、一躍有名なインパクトガラスとなったという経緯があるようです。

現在はリビアングラスの国外持ち出しのための採掘をエジプト政府が禁止しているので(日本でも糸魚川翡翠などが採掘禁止で保護されていますが、そのノリです。どこの国も貴重品のために国土を荒らす行為はどっかで歯止めがかかるものなのでしょうね)、新たな採掘ができなくなっているため、過去に採取していたリビアングラスのみが流通することになったので、実際に年々、価格が上昇している石でもあります。
(モルダバイトやテクタイトなども過去よりも価格が大きく上昇しておりますが、リビアングラスもこの採掘禁止令が理由かどうかはわかりませんが、流通じたいは確かに少なくなっているのと価格がモルダバイト同様、気づけばさらに高額になってきてはおります)

リビアングラス5_convert_20190117134402

リビアングラスの一般的に言われる意味で一番多いものは、「今世の使命へ誘導する石」ということ。
人間にはひとりひとり、その人の魂が決めてきた今世予定、青写真、というものがある、とスピリチュアル方面でも言われておりますが、リビアングラスはこの路線を歩むサポートをする石。
いわば、「高次と二人三脚石」ということですね(笑)。
リビアングラスの意味としては、この部分がよく流通しております。

リビアングラス1_convert_20190117134148

前世などから持ち越していると言われるカルマの影響を浄化する、というようなことが言われておりますが、「カルマをリビアンがなくしてくれる」というわけではなくて(笑)、そのカルマへの苦手意識を克服し、乗り越える助けになる、ということですね。
「カルマ=罰」として捉えたくなるくらいに、厳しいと感じられる現実道程や、その渦中を生きておられるような方もいらっしゃるのかもしれませんが、リビアングラスがその意味と、そこを”乗り越えていく”助けとなると思います。
(乗り越える、というのは…「過去の意味付け」が変容する、ということかなと)

リビアングラス4_convert_20190117134329

それから、豊かさの石、金運の石とも言われるのですが、リビアングラスは持ち主さんの今世使命を果たしていくための最適な潜在能力を引き出す石とも言われてます。
これは、その側面から見れば、高次と二人三脚路線はその人の”予定路線ルート”をもっともスムーズに人生運びさせていきますので、当たり前に引き出されて当然(笑)というか、それでこそ、その人たらしめる世界展開をするのに、実際的能力が発揮されてこそ、のところがありますので。

なんとなく思うことですが、人類というのはおそらく「豊かさへの枯渇感」を(笑)繰り返し繰り返し経験してきているのだろうし、過去世において、欠乏感のなかった人生の人ってあんまりいない話だと思うので。
だけど、人がその人の高次の青写真路線へ軌道を変えると、自然に豊かになっていきます。(但しここは「その人にとっての豊かさ」なので、他者比較の目線をここにいつも持ち込んでいる人にとっては「それがわからない」ということもあるにはあるんですけどね)
リビアングラス3_convert_20190117134301

現代人の私達は、「その人がその氣になれば」リビアンを手にできるということは(過去は王族とかちょっと偉い人しか、リビアンもそうですが、特別な宝石を手にできることはなかったわけだからね)現代に生まれてくる、そして、人生を歩んでいく過程で…リビアンに出会い反応する、手に入れられるのは、たぶん、「魂路線に反応している」ということなのではないでしょうか。

石は「誰でも買える」わけなので、石持っただけでそんなに簡単にいくかよと(笑)思うかもしれないんだけど、こういうのってね、その縁のない人は、一生知らずに終わる話でもあるのよね。
でも知ってもスルーする人もいますし反応しない、したくない人も^^まぁ、います。(それは時期じゃない、というのもあれば、必要ない、と本人思ってるというのもあれば…無意識に避けているのもあれば、知ったがゆえに(笑)むしろ意識的に避けるのもありますし^^、まぁ、色々ですが)
70年80年人生を続けても、石の名前ひとつ知らずに一生を終える人間の数のほうが、ずっと多いと思いますから、本当は石に出会っている、手に入れることができる人っていうのは、私はラッキーだと思うんですけどね。

リビアングラス2_convert_20190117134225

パワーストーンワークスでは、リビアングラスは高価という理由もあって(すみません)こんな素敵なエネルギーの石ながらに、リーズナブルにご案内はできないところもあって、過去にはSPEEDやセレンディピティなどが代表作品の使われ方をしてきている石です。

他にもリビアンをカップリングしてご案内していることもあるんですけど、そのカップリングに使われているインパクトガラスが「リビアン単独」だとなんとなく、リビアングラスじたいに派手さがないから、あまり人の目を引かないのもあって、ご購入ご検討者様がたの触手がいまひとつ動きが鈍い(笑)みたいな「人氣」に左右された(笑)理由からも、あまり頻繁には使ってこなかった、どうしても「モルダバイトとセット扱い」になっちゃうところがある石だったのですが。
まぁ、実際に、インパクトガラス同士というのは、シナジー効果があるため、その使い方が間違っているわけではないのですが。

私の中にもあるこの「人氣を無視できない部分」というのは、思い切り「過去世」由来のもの(笑)であることを…自分で知っています^^。そういう過去世の様子なら、ヘミシンク使って自分で見たことはあるのよ。
ず~~~っと、人や社会やしきたりに翻弄されて、伴侶にも翻弄されて(今も同じかと^^)、気が優しい、誰にでも優しいといえば聞こえはいいんだけど、自分の主張ができない人。最後は、自分の生きる意味を見失って、人との関わり一切を絶ち、ひとりっきりで死んでいった(自殺した)姿のところまで見ましたね…。

リビアングラスに助けてもらって(笑)今世、払拭していこうと思います^^。
というか、こういうのは、「認識している」時点でもう、ほぼ払拭できているのよ。
あとは本人の選択だけ。(認識しているのに、自分の選択が変わらなければ、現実は変わらないということを知るだけ)
「行動時」にそこをちゃんと意識できて、意識的にハートの声につながればいいの。
こういった過去世系統の囚われというのは、たいていその人の「無意識の自動的な反応、そこからの感情、そして行動」に顕れますから。
自分がどういう感情から行動や選択をしているか、という「傾向」に顕れますので、過去世を知らなくても、わかることではあります。

リビアングラス6_convert_20190117134429

ということで、このたび、折り重なる価格高騰もありますが、美しい品質の良いリビアングラスじたいの流通も確かに激減傾向があるのと、価格高騰プラス品質低下という(笑)ダブルパンチな危機感もあるため、大玉リビアンをがっつり仕入れまして(笑)。
仕入れておかないと本当になくなる…とくに綺麗な大玉系統は、という新年入ってからの即決仕入れ第一弾ですかね。

これ、実は「写真映え」的な理由もあるな…というのもありました。パワーストーンワークスの「石の意味」の写真を撮るのに、もしこのリビアン大玉がなくて、小玉と原石だけでしたら(笑)どう写っていたか…みたいなのありますよね? もともと、それほど主張のない色合いのレモンイエローの石ですからね…リビアングラスの良さを伝えるためにはどうしても「大きさ」が必要なところがあるなぁ、と個人的に感じていた次第…実物には、「やはり…カネには変えられないものがあるなぁ」というエネルギー的な満足感を^^新年早々に感じさせてくれたのがリビアングラス大玉ですね^^。
(さらにリビアンにハマり…ビーズとしては最上級品質に当たる大きい玉も…お写真最後の方に掲載してます…怒涛のようにリビアンが突如大量に押し押せてきてるということは「そろそろおまえさ、本格的に、本質路線を現実化しろよ」ってことなのかなぁ…なんて思うわけですよ…今までが本格的じゃなかったというわけではありませんよ…たぶん今までは心と身体(観えない方と観える方)でしたら、観えない方にいくばくか偏った生き方ではあったと思いますので。だから現実そのものは自分に無理過ぎると思っているようなことは求めて来なかったのでそれなりというか^^。そういう部分の目に見える”現実化”をいよいよしていきなさい、ということだと思います…)

リビアングラス7_convert_20190117134504

今回”なんとなく感じた”ことですが、モルダバイトやギベオン、テクタイトなど、隕石由来の石には、”強い”タイプの石が多いのですが、それらがフェナカイトであるなら、リビアンはペタライト…的なツイン関係っぽさがあるかなと。
ペタライトちっくですね。だから、決して”弱い”というわけではありません。

要素としては、隕石系統(ギベオンなどもそうですが)の切れ味の鋭さ、「スピード感」「ポジティブ感」「シンクロ感」は実際、ノッてる時は気持ちいいものなのですが(笑)、はたして、ノリノリでない人にとっての、その変化変容のめまぐるしさというのは、どうなんだろう? というのがありますよね?
(一見、マイナス面たっぷりのシンクロに遭遇したりすると(笑)やっぱりちょっとね、その時点ではがっかり感あるしね)

リビアングラス8_convert_20190117134530

ついていけない…変われない…だから、自分は苦しい、って思ってしまう、変われない自分を責めてしまう人もいそうですよね。

リビアンは、そこを…「ついていけなくてノロマで劣っている人間だから苦しいってわけじゃない」ことの理解と変容を促す石なんだな、ということ。

もし、自分のことをそう思っている人がいらっしゃれば、リビアンは、加速化、明確化の石との併用がとてもお薦めな石…と言えるかな、と思います。

リビアングラス9_convert_20190119134007

本当に変われたのかどうかは、その人自身にしかわからないことだから。
(表面的には、私は変わった…ということはわかっていても、ふとしたことで(笑)そうでもなかった、っていう取りこぼし感みたいなのを、人間は幾度も経験するのよ^^。リビアングラスはそこのケアまで面倒みてくれる石。こういうところがペタライト似なのよ)

リビアングラス10_convert_20190119134344



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

石の意味~トルマリン~

2019年01月15日 (火) 00 : 00
トルマリンは「電気を発生させる、誘電体という性質」を持っていることで、和名を電気石と言います。
(誘電体=電場の中に置くと電気分極を生じ表面に電荷が現れる物質)
トルマリンじたいに、電気分解する能力があるということで「天然唯一の発電機」と言えるんだそうです。

トルマリン1_convert_20190114194516

こういった特性を持っているトルマリンの作用として、
「マイナス電子の吸着作用、電極による放電作用、水の電気分解、水の界面活性、水質調整(弱アルカリ化)、ミネラルの溶質作用」というものがあるそうです。
主にブラックトルマリン(一番多く産出するため)がそういった特性を生かされ、身の回りなどの生活用品として産業利用されているのはご存知の方も多いと思います。

トルマリン3_convert_20190114194726

パワストがどうこう、って話よりも(笑)ある種”科学的”に様々に有用性が認められている石なんです。
なにしろ、発生する電圧は大変微弱で「マイナス空気イオンだけを放出する石」であったり、水道水に含まれる塩素の毒性を消したりの石です。(確か、通産省でしたか、どこの省庁がこういうの認可するんだったか忘れましたが、そういう”お堅い”ところからもトルマリンが人体や環境に及ぼす影響、効果的なものは認められていたと思います)

トルマリン4_convert_20190114194821

天然石市場においては、トルマリンの場合は、こういった人体への効果的なところからのニーズというよりは、透明度の高い高品質トルマリンの美しさは他に類のないタイプの石であるため、人気になっているところがあります。
高品質なジェムクォリティがやはり綺麗ですので、当たり前に(笑)そういったタイプのトルマリンが好まれますが、トルマリンも品質の良いものや、大きいサイズのものは希少でかなり高額な石です。

トルマリン9_convert_20190114195124


透明度がやや落ちるタイプ、発色レベルがやや落ちるタイプのほうがビーズの流通量としては圧倒的に多い石なのですが、これは以前にお伝えしていたことがあるのですが、”石の品質差(要するにそこと釣り合ってくる値段の差もそうです)がそのままエネルギー差なのかといえば、必ずしも釣り合ってるというわけでもなく…とお伝えしていた話がありますが、その好事例なところのある石とも言えるような気もします。
(透明度が高くて発色品質最上級のジェムクラスとかでなくても、その価格差ほどの差がランク落ちるものと比べて、値段の差レベルでエネルギー的にものすごく差があるかというとそうでもないということ…ただ、そういったジェムクォリティは今や本当に希少トルマリンですので、その希少品を手にする満足感を満たす、という点ではやはりジェムクラスにはかなわないところがありますから、そういう特別感のある石でないと満足できない性質の方は、無理してでも最高品質を持っていただくのがいいと思います)

トルマリン8_convert_20190114195047

「石の意味~ピンクトルマリン~」ということで、以前、ピンクトルマリンに特化してお伝えしていたことがあるのですが、トルマリンはピンクやブラックだけではなく、多色展開の石です。

主にイエロー、グリーン、ピンク、ブルー、ブラウン、等々がありますが、パープルやグレー、レッド・ピンク、無色など、さまざまに色展開している石で、そのカラータイプにより、若干伝えられる”効果”のようなものは違っておりますが、持っている「特性」的なものは共通しておりまして。

上述のような、自然界の天然石の中でも唯一と言える特性を持っている石ですので、共通して言えるのが「リラックス効果が非常に高い石」ということが言えるように思います。

トルマリン7_convert_20190114195008

毒を吸着し放電して消滅させる、その特性がそのまま、我々が発生させがちな(笑)マイナスエネルギーの電気分解作用としてはたらくのかもしれませんが、トルマリンを身に着けていると、ネガティブ感情などを”貯め込む”度合いが減るように感じます。
(発生したそばから”消していく”のかもしれませんね(笑)…だから「SPEED」には絶対に必要な石(笑)なのかもしれません)

ただ悪い要素を消していくだけではなく、「人体にとってよい状態(弱アルカリ性)」にしていくわけなので、人間の身体は7割水でできていますから、トルマリンの影響の出方はもちろん個人差はありますが(どのレベルのネガティビティ蓄積度合いなのか、とか、保持する要素が人間ひとりひとり違うわけだから、その作用効果にも個人差あって当然)トルマリンという石は、このストレスの多い現代人にとっては、「地球が、未来の人間にいずれ必要になることを最初からわかっていて作っておいてくれた救世主石」のようなところがあると思います。

トルマリン3_convert_20190114194726

ピンク、グリーンは、ハートチャクラにはたらきかける石で、ハートの癒やし、ハートのエネルギー活性化にはたらきます。
レッドピンクのトルマリンはルーベライトと呼ばれます。
感情がフリーズしてしまっているような状態で、ハートの活力がどこからもでてこないような状態の人でさえもを活気づけられるのはこの石くらいかも、と思うこともありますね。

トルマリン5_convert_20190114194904

グリーントルマリン(ベルデライト)は、とくに肉体レベルでのハートの癒やしに強力にはたらく石です(この肉体レベルというのは肉体をとりまくフィールドレベルのこと)。
非常に実利的にヒーリングを実感できるタイプのグリーンストーンです。心臓弱いタイプの人、感情的ストレスの自家発生量がはんぱないようなタイプの方には必携的にお薦めなトルマリンですね。

トルマリン2_convert_20190114194647

イエローゴールドのトルマリンは、色エネルギーのままとも言えますが、第三チャクラにはたらきかける石。自信喪失状態、不安、恐れなどを取り去り、「自分自身に集中すること」を助ける石です。

トルマリン6_convert_20190114194933

ブラウントルマリンはドラバイトと呼ばれる、ルートチャクラの石。
持ち主さんに根気強さなどの持久力、生命力をサポートします。
個人的には、ブラックトルマリン(ショール)よりも、ドラバイトのほうが、そういった体力に直に繋がる”力”的な意味でのエネルギーの強さを感じます。ブラウンカラーで見た目は黒いし(笑)地味な石なんですけれど、日常に忙殺されていて、やる気の出ない人や、本当にいつも疲れまくっているような”エネルギー枯渇”している人にとって、非常に効果的なトルマリンですよ。

トルマリン10_convert_20190114195201

ブルートルマリンはインディゴライトと呼ばれています。ブルーカラーはトルマリンの中では希少カラーで、あまり産出は多くありません。(なのでミックストルマリンビーズなどでも、ブルーが入っていることは稀だったりしますし、まず入っていないと思います)
石のエネルギーは色タイプのままで(笑)サードアイ活性化の石です。
サードアイが活性化されるって何? みたいな人であっても、かなりの確率でサードアイが開かれる経験ができる石、だそうですよ(笑)。フェナカイトみたいな話ですが^^(私もそこに惹かれて(笑)このたび希少ブルーのみのビーズを入手してみました)。

トルマリン11_convert_20190114195235

まぁでも、トルマリンの色石って、実はそれぞれがそういう感じでハイレベルなのです。
この世界にはあらゆる色石というものがございますでしょ。
で、だいたい、その石が呈している色のチャクラ対応していたり、エネルギーも呈している色の持つパワー的なものを持っていたりすることが多いわけなんですが、たとえばブラウン系のグラウンディングと生命エネルギー活性化のストーンなどは、この世界において種類も多いのですが、おそらくドラバイトの活性力というのが、そういった地球上にあまたあるブラウン石の中でダントツのような気がします…というレベルのハイレベル度合いのことです。

昔からお伝えしている話ですが、「身体に効く」と言われているタイプの石は、メタフィジカル的ヒーリング力も強いのです。
心と身体は繋がっていますから。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page