カテゴリ
石の意味  の記事のリスト

石の意味~テラヘルツ~

2019年09月21日 (土) 18 : 58
テラヘルツのお写真を撮影しようと思っていたら 天気がよろしくないため お写真はスパイラルクォーツなどと組み合わせた「らせんのちから」というカップリングのお写真を掲載してます。
(今月末に らせんのちから は再販で出てきます^^。これを待ってる方がいらっしゃるのかどうかはわかりませんが。普遍的に(今のところの段階で)このカップリングは優れていると感じられますので ブレス左右で2本づけに抵抗ない(笑)方にお薦め)





テラヘルツは ほうぼうで テラヘルツの生まれた由来 テラヘルツに言われている内容に準じますが、テラヘルツ波を発していると言われている鉱石です。
この石は いわゆる 純度99.9999%の「ケイ素」というのが正体です。

つまり シリコン ということですね。
テラヘルツは水晶等の石英を化学的に加工し 純度の高いケイ素のみを 抽出した 人口化合物、マンメイドの石となります。

光と電波の中間の領域に位置すると言われている『テラヘルツ波』。
これは様々な物質を通過すると言われており、美容業界・医療分野などでも注目を浴びています。
テラヘルツ波は 毎秒1兆回振動する波の周波数。
テラヘルツの発する振動波をうけることにより、細胞を構成する体内酵素やDNAやその他の有機高分子の振動が活発になり 細胞の活性化や新陳代謝の向上に役立つ…というふうに、言われております。
(この 『テラヘルツ波』は 実は人間も 微小に発していることがあるそうです。テラヘルツ波を発している存在、それは「生まれたばかりの赤ちゃん」。なんか、意味わかりますね(笑)。生まれたての赤子の時は 誰もが なにひとつ囚われのない純粋生を持ち 育成光線を発している存在だったわけなのですが^^、この地球上で 様々な囚われ 穢れを 身につけていくうちに(要するに 人間として 生きられるようになる 教育課程 それらすべてですが)かつてのみずからがテラヘルツ光線を発していた存在ではなくなっていくわけです) 





将来の 未来地球上では 現在の炭素ベースのボディを持つ人間ではなく 身体はケイ素となる と言われていたのが かの”アセンション”にかかわる人間の将来像なんですが、これは来年再来年この先何十年レベルではそうならないのでしょうけれど 次の千年単位での未来像としては 十分可能性はありそうです…

要するに 地球の未来では ケイ素化したボディの 人工知能人類のかたちのようなものが トレンドとなり(笑)肉体を持つわれわれはどうなるのかというと また半霊半物質としての存在へと 近づいていく…
その過程、それがアセンションなのではないかと 思われます…

すごいぶっとんだ話に聞こえるかもしれませんけれど^^ 今現在もそういった移行への下地は 実際の話 着々と作られつつはあるんですよね。
ネット環境の爆発的進化で実現していることなど 客観的に見ているとわかることですが…

ただまぁこれらは今日明日そうなるってわけでもないので(笑)
今 肉体持っている我々は 肉体レベルでの 心身の健全性維持ですとか そういうことはやっていかなきゃならない そこは一足飛びできませんので。





話がソレましたが 
そんな触れ込みのテラヘルツ、要するに「身体にいいぞ」の世界で 現在はけっこう石業界のみならずの広がりを見せております。
このテラヘルツ鉱石を穴あきビーズに加工すると、その過程でシリコン純度は下がり、ビーズ加工されたテラヘルツの純度は99.17%、と公表している卸店の数字なのですが、ビーズ加工する際に穴あけしたり、色々ありますよね。抽出した塊そのままじゃない分、0.1%程度その純度は下がるのでしょう。

これはその純度を検査機関で分析して販売している石業者の検査結果。どこで売っているテラヘルツもだいたいこのくらいなんじゃないかとは思われますが、気になる人は自社取り扱いテラヘルツの純度を調べて公表している卸店などから購入するのがいいのではないでしょうか。
偽物もあるので注意、ということも たまに見かける石なのですが、見た目が 同じく人工石であるヘマタイトにソックリ(笑)でもありますので、まさかの ヘマタイトをテラヘルツだと言って売ってる^^そういうのもある? みたいなことが言われてますが、それを言ってるのって、たいていパワスト屋です(笑)。
つまり、うちのは本物だと言いたいがための、偽物販売店があるらしいよ捏造話とも 受け取れます^^。
(ヘマタイトをテラヘルツとして販売するなどあり得ないと思うんですが…まずですね、「重さ」がぜんぜん違いますので、素人でも、さすがにヘマタイトとテラヘルツの違いならわかるはずですから。ヘマタイトはあらゆる鉱物の中でもっとも重さがある部類の鉱石(鉄ですから)でテラヘルツはあらゆる鉱石の中でかなり軽い(シリコンですので)鉱石です。ただ、私もすべての販売業者を知っているというわけではないので、素人騙しのそういうものを売っているところがあるのかないのか、まずそこをすべて知っているわけではありません。基本、テラヘルツに限らずちょっとヤバいなと思われるものが売られているのを見るのはオークション系とかそのへんでしょうか。でもネット店系でも、知識ない人が扱ってるんだな、っていう商品ラインナップの店もあるので、一概に決めつけられないところはあるんですけれど。私の役割は、「まがい物売りバスター」ってわけじゃないので(笑)そこに費やす時間が惜しい現在は、もうこういうことにいちいち目くじら立てることはしていません。こだわりだすとキリがないので^^)





さてこのテラヘルツなのですが

パワーストーンワークス的には 「使える石」という認識です(笑)。

人工石に抵抗がある、「天然中」の天然石フリークさんだと抵抗あるかもしれませんが(笑)もともとアクアオーラなど人口石の有用性を認めているPSWでは、純度の高いケイ素に抵抗があるわけがありません。

「身体にいい」という健康グッズ的に注目されるテラヘルツですが、
パワーストーンワークス的には 「心身セット」で(笑)いい感じ に使える石、という話です。

純度の高いケイ素は 情報の伝導性を高めます。
つまり エネルギーの流れを促進する物質がケイ素、シリコンです。

もともと シリコンという素材は 半導体などの分野で使われている素材でして。
(昔 20代の当時 鉄鋼メーカー勤務でした頃から このシリコンについては 生産していましたから(笑)存在を知っておりました。「半導体メーカーに需要がある」のも知ってましたし。昔は シリコン工場については「社外秘」工場でその製造工程については工場見学を外部許可しておらず。社員でもです。なのでシリコン工場へは行ったことナシ。見せられない、っていわれると見たくなるのも人間ですが^^、なので大昔の私にとってはシリコンというのは謎の存在だったんですが、今は 半導体から食器まで 幅広くシリコン素材というものは使われていますよね。時に整形手術などにも^^。だからあえてシリコンって何? と思う方はいないかもしれませんけど、作るとなると技術力を要する物質ということなのでしょう)





現代の人間は 目に見えないエネルギーの波の中を生きている
これは どちらにしろ 昔からそうなんですが

今現在は、その情報量が ハンパない世界なのです。

江戸時代を生きた人間の一生分の情報量 それが 現代では たった3日分(笑)なのですから^^

私達は 仮にその人がすべて知覚し 自覚しているわけではなくても ”そういうものが実在する”世の中を生きている、ということが 実情です。

そして、「ネット社会の恩恵」とともに、それとセットで、自分に必要のない情報にも触れ その情報を手に入れている という環境を持っていることも事実。(スマホひとつ持つことで そうなります) 

なので、「その人にとっての 必要情報」そのエネルギーの流れを整えてくるテラヘルツは、「使い方によって」とても効果の高い物質、というふうに、認識をしております。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

石の意味~ヘルデライト~

2019年08月17日 (土) 16 : 59
ヘルデライトです

大変希少なレアストーン(希少でレア、って同じですが^^)

主に色は ゴールド シルバー 白 パープル などなど、産地はブラジル、アメリカ、アフリカなどで、いわゆる石の主要産地国からは出てきている石ではあるのですが、とにかく流通量が『少ない』のが特徴です。

そのためか、ヘルデライトをそもそも「扱っている」石屋じたいがとても少なく、いわゆる「メタフィジカル系の石に明るい」タイプの石屋以外では、ほぼ絶対に確実に見かけない石(笑)

「あ! こんなところに 石の価値を知らない石屋で激安で売ってる!」みたいな夢物語は、ヘルデライトやフェナカイトにはありません。
(これを期待する石ファンの人って、意外に多いみたいなんですが(笑)…正直、こんな夢を追うなら^^高いものは高い値段で買ったほうが労力不要で且つ確実)



ヘルデライトを有名にしたのは やはりH&Eが2012年以前より提唱していた アセンションのための『シナジー12』のうちの ひとつ
これだったのではないでしょうか、って思います(笑)

メタフィジカルストーンに明るい人詳しい人じゃないと、まず、興味そのものが湧かず。
従ってそこに興味がない人、一部の鉱物知識を持つレア鉱物フリーク以外の、一般的なこの世の人々にとっては「その存在は一生知ることはない」石だと思います(笑)。

ディビットのところで初めてヘルデライト見た、知った、という人もいるかもしれませんが、極めて見た目は地味といえば地味なので、これがそこに売っていても、目に留まることさえない人にはないと思います。

メタ石ファンの”もと情報”としては、ヘブンの『シナジー12』で

ヘルデライトって、どんな石なんだろう… と以前からインプットされてきてるんじゃないかと思います。

(シナジー12とは、モルダバイト、アゼツライト、サチャロカクォーツ、ダンビュライト、フェナカイト、ペタライト、ヘルデライト、ブルッカイト、ナトロライト、スコレサイト、チベットテクタイト、タンザナイト、の12種のことです…このなかで、「穴あきビーズ」がもっとも難しいタイプの極小原石しかない石が ヘルデライトでしょうか)



エネルギーが地球上の鉱物のなかで もっとも強いと言われるのが「フェナカイト」で、

ヘルデライトは、その次点くらいのエネルギーの強さの石かな ということだそうです。

(これはディビットによると、です。ゴールデンベリルなどもディビットによればそのヘルデライトと同レベルくらいの位置づけのようですよ。だからだったのかな~、先月お出ししていた『Joy Player』とか残念ながらあんまり売れなかった(笑)んだけど、これ全部、すっごい強いエネルギー同士のシナジーカップリングとも言えるので(笑)ここに堪えられる人が先月は少なかったのかな? とふと思いました。それだけみなさん無意識に「自分にこのままブレーキかけていたい」ということなんですよ(笑)。持ち主さんをほぼ確実に一段上のレベルのJoyへいざなうカップリングでしょうから、そりゃ抵抗あるよね。ベリル系は無色透明のゴシェナイトやモルガナイトなんかもそうなんだけど、とても振動数の高い鉱物で、持ち主のアセンションを助ける石なので、PSW的には、昔から ベリルはイチオシ(フェナカイトもベリリウム鉱物)なんですけどね)



ヘルデライトによく言われているのが

「脳の 使っていなかった部分の 覚醒」

「今までに 人間が使用したことのなかった脳の部位を 使えるように活性化する石」

なので、もともと脳波を高次領域につなげるための行でもある『瞑想』でヘルデライトを使うことを、とくに提唱されることのある石です。

ヘルデライトはサードアイおよびクラウンチャクラからさらに上に位置する4段階チャクラすべてに働きかける石(つまりエーテル、アストラル、コザール…と順番ありますが、つまりどの領域においても、ってことでしょうか)



ということで あらためて 

自分の手持ちの フェナカイト ヘルデライト センティエントプラズマクリスタル の三種を使って、高次に繋がるメディテーションをしてみましたところ、

確かに ”ビジョンの質が 変わる”という感じがありました。

平面だったビジョンに奥行きというか立体感が生まれる そんな感じはありますね。

私たちは「自分の見たこと触れたことがあるもの」つまり日常目にするものに関しては、その立体感覚的な質感って、目ではなく、感覚器官をいっしょに使って、平面じゃないものを感じ取っているのですが、

「その感覚の 高次バージョン」

って(笑)なんか 馴染めないんですよ^^ なかなか。

なので自分の場合は、そういった見たことないもの想像するしかないものって 平面感まるだし映像っていうか、スクリーンという一枚絵っぽい立体感ない感じなのですが、

そこが ちょっと変わる 感じがありました。



「そういうの楽しそう」って(笑)思える方には^^「フェナカイト、ヘルデライト、モルダバイト」それから「センティエント」なんかもあると いいんじゃないでしょうか^^
(これは「あなたのこれから、未来の奥行き、全体像を知る」というか「取りこぼしをしない」みたいなカップリングと言えるかも)

高次とつながってる っていうのは 誰にとっても事実だけど

こっちからの歩み寄りの努力もないと それは 当事者には 実感としてわかりませんです。

そんなにそれが誰にとってもわかりやすいタイプのことなら、この世にいる人みんな、「即アセンション」できていそう(笑)でしょ。

その歩み寄りサポートとしての手厚い石ツール、ヘルデライトはその一角を担う、独特の役目を持っているレアストーンかもしれません。



瞑想に立体感、現実味が欲しい、だとか、そういう”ビジョナリー”部分の質を求める人なんて(笑)
この世の益という点では 「それがなんなんだよ」みたいな話でもあるし^^
だから この石はこのくらいのレア度で いいんじゃないかということかしら
そんなに この世で そういうことを求めている人は いないだろうし
(ただし 今は 日本以外の国 アメリカなんかでは ビジネスエリートの人々は、そういった自分の背後の観えない世界を 整えていくことが 実際の現実を整えることに繋がることは 気づいてきているので、「メディテーションしてて当たり前」くらいのレベルにはなってきているみたいですよ)

三次元的には、
ヘルデライトは「リーダー性を引き出す、精神力を強化する、隠れた才能の開花を促す、論理性をもたらす、気付きを与える」
的な、今のところの自分に、「頭打ち感」を持っているような方を、アセンションさせるサポートをしてくれる石、
ということで 紹介されているのを見かけます。

まぁ、行き詰まってる人 限界感じてる人に 良さそうな石… といったところでしょうか。

個人的には、フェナカイト併用をオススメしますね(ヘルデライトだけよりももっとエネルギー的加速化が可能になるかなという点で)


 


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

石の意味~レモンクォーツ~

2019年07月23日 (火) 12 : 57
レモンクォーツは、硫黄水晶と言われ、本来はサルファーにより薄くレモン色に色づく水晶のことをそう呼びます。

(シトリンにもレモンイエロー系天然色シトリンというのがあるのですが、レモンクォーツとは発色原因が違うので、そういうクォーツはシトリン分類になっています)

実際に天然石市場に出回るレモンクォーツの殆どは、水晶やスモーキークォーツを放射線処理で色変化させているタイプと言われています。

肉体疲労、精神疲労の特効薬、疲労からの回復、リラックスの意味がよく謳われている石です。
悪夢や混乱などを鎮める石、などとも言われます。

レモンクォーツ1

レモンクォーツは実際にスモーキークォーツとシトリンのエネルギーの中間のようなタイプの石で、不要なネガティブエネルギーの浄化能力デトックス能力に長けていて、グラウンディングと活性化の両方を手伝ってくれる石。

「ほっとする」という感覚をもたらしてくれる石です。

心身の疲労感、倦怠感が抜けきれていない状態では、人間はパフォーマンスが下がり、調子が今ひとつ上がらない、というようなことが起こります。
(また、そういう状態の時は、高次との意志疎通がスムーズではなくなりがちです)

なので、人間の世界では、「休みましょう、リラックスしましょう、その時間を持ちましょう」ということが推奨されますが、パフォーマンスが下がっているにもかかわらず、そういう時に、より焦って頑張ってしまうこともあるのが人間でもあります。

レモンクォーツはその「ゆっくり休みましょう、リラックスしましょう、デトックスしましょう」から受け取れる恩恵をもたらしてくれる石。

レモンクォーツ4

もちろん、ご自身のために時間をとって、心ゆくまでリラクゼーションのゆったりタイムを過ごされることとの相乗的な効果があるとは思いますので、ほんっとうに疲労困憊状態にある場合、「レモンクォーツがあれば、休まなくてもいいんだ」とは(笑)ならないでいただきたいというか^^、ご自身が回復するためのケアは多角的に複合的にやりましょうね。
(レモンクォーツ一個で速やかに回復できた、エネルギー充填できた、と感じられる人なら、それでもいいんですが。私自身は、そんなようなタイプのところがありますけど、人間には個人差がありますから^^)

レモンクォーツ3

要するに、”心身に疲労を溜め込まない状態”がデイリー状態という維持ができていることを石に助けてもらえていれば、そもそもそういったドツボまで追い込まれてしまう頻度は少なくなります。

レモンクォーツは、回復、復活を助けますが、それはそもそも「疲れていないと」あまり実感できない境地でありまして。
だから、ディリーでそれほど疲れを感じていない人にとっては)疲れを溜め込まないデトックスを自然にスムーズにしてくれている物言わぬ内臓のようなところのある石ですので、「これ!!」みたいな「効果」のようなものはわかりにくい石でもあると思います。

レモンクォーツ2

個人的には、私自身も(笑)昔、二足わらじでした時代からこの仕事一本となってから何年かは、相当疲労が溜まっていてもおかしくないレベルでエンドレスで昼夜仕事をしていたと思います(笑)。
人間は、自分のやりたいことをしていると、そこに費やす時間、金銭もそうですし、エネルギーを惜しみませんので、精神的にはフル回転できますから^^、はたから見れば、ブラック企業勤めを自分に課しているかのような働きっぷりだったかもしれません。

そういう時期は、人間には”あってもいいもの”だと思いますし、経験として悪くないものなので、それをやりたい人にはお薦めします。(とくに私が特殊だったというわけではなく、基本、”独立して3年”くらいは、石の上にも3年という言葉もありますけれど、そのくらいに全力で注力していく期間というのはあって当然というか。このあたりを「魔法のように宇宙が叶えてくれる」^^マジック待ちになる人は、もともとそんなにそれは自分が本当にやりたいこと実現したいこと、ってわけでもないのかもしれないですよ)

しんどさを超えるレベルで好きなこと、やりたいことができる、また、それをやることで、熟達領域へと加速される世界は実際にありますので。(こういう時代、無意識に、レモンクォーツはよく使っていたかもしれません)

レモンクォーツ5

ただ、それはやはり、心身レベル、心と身体は両輪ですので、その両方がうまい具合にフル可動できる状態において、そのパフォーマンスが上がる喜びが実現するのは事実ですから、こういったレモンクォーツのようなデトックスタイプの石に助けてもらうなどして、結局のところは「日常全体を良い状態として継続していくためのケア」そのものをしていくことは、必要だと思います。

パフォーマンスが上がっている「神状態を、”非日常”」とするのではなく、「通常能力」とすること。
(それだと、ある種、非日常経験だから楽しい嬉しい、という、イベントだのみのような”その時だけ”という条件付エネルギーになってしまいますよね。こういう苦楽的な「落差」をエネルギーの原動力にしている、非日常と日常を行ったり来たりして、自身を保つことをしていると、燃え尽き症候群となりやすいような気がしますし、条件しだいでコロコロと気分が変わってしまう、エネルギーの安定しない自分を作り上げていくことにもなりますし)

その心身良好状態を、「日常の当たり前レベル」にしていきましょう、ということを、促してくれる石。
それがレモンクォーツかな、と思います。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page