カテゴリ
高次ガイダンス  の記事のリスト

昨日のブドウ糖真相はこうかも

2023年10月26日 (木) 00 : 00
はっとひらめいたこと

医学的見地はないよ(笑)

昨日言ってた、コロナワクチン打った人の心臓にブドウ糖が半年くらい集まってる、軽い心筋炎を起こしている、って話

コロナワクチンを打った人を不安にさせちゃったかもしれないから言うんじゃなくて

これは「守ってるから」なのかもしれない、というひらめきです

健常者の脳は、すごいブドウ糖を脳は普段から使うから、人体の場合、脳はブドウ糖を使います、っていうのが「常識」じゃない?

ブドウ糖は普段から、脳を守っているから、そうなんじゃないかな

脳が必要としている栄養素ということになっていますけれど(笑)

脳が「疲れない」ために、必要で消費している、っていう話なんでしょう?

そうじゃないのかもしれないとwwwwww

それだけ、「守る必要がある」から、ブドウ糖にはその機能が人体の脳にとってはあるんじゃないのかな、という仮説ですw

その理屈で言うと

心臓っていう「脳機能」を、人体が守っているから、心臓にブドウ糖が集まっているんだよ

わかる? ガンの発生も同じだったでしょ?

その発生箇所だけに毒の被害をとどめようと、まず腫瘍ができて、その一箇所からガンが拡散しないようにガンはそこにできる

(実際には、ガンの転移というのは、「ほんとうは治る徴候」なんだという説があるんだよね)




脳だけが人間にとっては、認知能力や、考える機能を持つ場所だと言われている

心臓は、それをする場所だとは思われていない
(ただの血液の循環、ポンプの場所だと思われている)

しかし、「ハートの目」があり「ハートの思考」がある場所だよね

(「心臓で考えている」場所だということを、西洋医療は「否定」していますけれど)

人体は、「本来なら」心臓は、いちばん強い臓器で、ブドウ糖で守る必要はないんだけど

そう、本来なら炎症を起こす「必要がない」くらいに、強い臓器

でも、コロナワクチンから「守る」必要があるくらいに、まぁ、劇薬(笑)なんでしょうねwwwwww

だから、普段は、「脳だけに必要」って言われていたブドウ糖を

そっちへ大量に使用する必要が出てきた

それが、2回接種者の、あの慶応大学の研究結果なんじゃないかな

…という、私の、ひらめきです



人間のこういった「ひらめき」は

寝起きとか、ぼ~っとしている時にね
(あまり、アレコレと、まだものを考えていない時)

起こる、って言われているの

もしくは、考えに考え抜いて、もう、考えることに疲れ果てて

気分転換などで、何か違うことをし始めた時、「思考を捨てている」時などに

起こるものなんですが

昨日、起きがけに、ぼ~っとお湯をわかしてる時に、この説が「降りて」きました(笑)

「医学的見地」はぜんぜんありませんが

(そもそも、「西洋医療医学のお勉強は、ロックフェラー医学」ですので(笑)「ほんとうのことは教えられていない」っていうのが、「有名」じゃありませんでしたっけ???wwwwww)

だから、西洋医療解釈だと、ブドウ糖がこれだけ集まっているということは、「心筋炎が起こっている=心臓が危険な状態」

それはそれで、正しいんだけど

その危険な状態だから(笑)身体が心臓という脳機能を、「守る」ために、ブドウ糖が異常に集まってるんじゃないのかな? と

むしろそれが「正常」な人体機能で、人体が正常に機能しているからそうなっている、ということ

(昔から「病気」ってそうだというじゃないですか。身体は「治るために」ガンを作ったり、「治るために」「正常になるために」その病気を発生させている「病は気づき」説ってありますでしょ?身体が、病を作って教えてくれている、とか。身体は「心身ともに、全体が」健康であることを求めている、それで「機能する」ようにつくられているので、身体に必要のない毒は排出する、闘って守る機能を持って、そう「自動的に稼働する」ようにつくられているわけです。この「人体の仕組みをつくった」のは、「私たちじゃない」ことは(笑)確かよね??? そこへの「謙虚さがない」と言われてきてもいるのがwまぁ、切った貼ったのwパーツ分解してパーツだけ常に問題視して、パーツをどうにかしようとするw西洋医療なわけです)




心臓は手術できない臓器とか言われるよね

ダメになれば、せいぜいが、取り替えるくらいしかないんでしょ?

そのくらいに、「一生、強い」臓器と言われてきたよね

それが炎症を起こすくらいの、毒薬と言うかwwwコロナワクチンは、そういう注射だ、っていうこと

西洋医療から見れば、「心臓にブドウ糖が集まることは、ブドウ糖が炎症を起こさせている原因」にカウントされるのかもしれませんが

たぶんそうではないですね

むしろ「保護」しようとしていますね



おそらくですが

人間は、「心臓の目」「心臓の思考力」を失ったら、それはもう、人間ではないんですよ

昔からそういえば、言われていた

誰が言ってたんだっけなぁ…

レプ宇宙人たちの話をしていたような気がするんですが(ようするに「救いようのないサイコパスな極悪人たち」のこと)

「助けてあげたいんだけど、彼らには「ハートがない」んだよね…」という話

そう、地球の次元上昇にまつわる話だったかと思うんだけど

もともとハートがないから、助けようがないんだ、みたいな(笑)

誰だっけ~、ドランヴァロ・メルキゼデクとか、なんかそういう人だったと思う



無症状の心筋炎を起こしている、コロナワクチンを打ったみなさんは

無症状なんだから、気づかないかもしれませんけれども

人体はそのように、一生懸命、「本来守る必要のないくらい強い臓器」である心臓を

人体が守ろうとしてくれている

当初からコロナワクチンは、彼らカバルが「人間を人間じゃないものに作り変えようと試みている」毒注射って言われていたでしょ?

それを、「人間であろうと」人体が判断し、頑張ってくれている状態、それが、心臓へのブドウ糖の集積なのでしょう

だから別に、打った人全員が、必ずしも「人間の心を失っていない」結果が、この、日本人使って治験国家化してしまったブースター2年(あれ?もう3年になるのかな?)に顕れているんですよ

(ゾンビだらけになる、って言われていたし、なんか「心を喪失した腑抜けだらけになる」って言われてたじゃないですか。でも日本のそこいらじゅうで、別にそうなってないよね? おそらくだけど、宅配便の配達員の人たちとか「義務」のように打たされている方って多いと思うんだけど、ぜんぜん、人間の心を失っていないですよね? 「10円おつりが足りなかった」って持ってきてくれるんですよ? 「そんなの、いいのに…それよりも毒ワクチンに気づいて…」なのに。「良心」をぜんぜん失っていないよね(泣)。そういう日本人だらけの日本、それじたいは、ぜんぜん失われてはいないですよね。見事なくらいに、良心がある人達の社会は継続されています…暴動も起きていない、大勢の狂った人が破壊行動を起こす、そういうことも起きていません。「日本は安全な国」のままですよね)

そんな、慶応大学の集積したデータを、「怖がる」必要はありません

「心臓に良い」と言われてる食事とか
(打った人はブドウ糖が必要なんだろうからw「お米」たくさん食べて。やっぱり和食ですね~日本人のキーは)

「心臓に良い」と言われている石(笑)などで

心と身体の「両方」から、ハートのヒーリングを、ハートのケアを、してください

自分を癒やしてくれるもの

自分のハートを癒やしてくれるもの(心に正直な、自分が心地よいと感じられ、欲しているものに、素直に)

それを、取り入れていく生活をしていてください、ということかな


あたしも行きたい!!!!! んだけど(笑。電車がシェが怖い…www)

うさとの服展示会は、10/27(金) 〜10/30(月)の 10:30〜18:00 (最終日のみ14:30まで)で、

『会場は千葉、京成線新津田沼駅から徒歩10分ほどのnotocoro(のところ)というスペースになります。私の出展は、初日を除く10/28、29、30の三日間、いずれも12時からを予定しております。
主催の方のインスタアカウントにて、出展情報などを載せています。ロシアの治療器具メタトロンや、自然食のフードメニューもあり、ちょっとしたマルシェのような空間です。』

ということで、上記はお客様ブログへのリンクです

うさとの服は、昔からスピ好き(どちらかというと「宇宙」好き)な人々には有名な服でwww
あたしも、むか~しから、存じ上げています
着てる方にもwww何人も遭遇したことあります(笑)

着物のような感じですよね
そして昔から「宇宙服」って言われています
「波動の高い服」であることで、有名

(なんかサイズがおっきいかな? 自分が着るとブカブカ過ぎちゃうのかな~な感じがあったので、自分は、そこがな~、というので持っていないんですけどね。以前、ネットで買ってみようかしらと検討はしたんだけど。実物は見たいんですよね~。これなら着られる、という実物はあるかもなので)

聞くところによると、うさと服愛好家さんたちは、「なにげに、打っていませ~~~ん」タイプ(笑)がダントツwwwむしろそっちばっかの様子ですwww

(まぁそりゃ。。。そりゃそうですよ。。。「物質の、物質前の微細エネルギー気にする人」なら当たり前なんですよwwwそのエネルギーを知ってるはずの人たちがwwwそれはそれでなんだかコロナワクチン打っていらっしゃる方が、スピリチュアルブログランキングには多いので(笑)ガックリビックリなんですが。傾向としては「本出してる」「私観えってます~~~♪」な教祖な人とかwwwもちろんそれだけじゃないんだけどwwwでもまぁ、そういう傾向ちょっとあるかな…。本とか出版物ってのはこの世ではどうしたって「権威性のシンボル」として、今でも機能しているものなので。そこでやはり人の純粋性の感覚を狂わす世界、領域、あるかもですね。アタシ自身、過去には自分がそれを出してきた側ですし、身近に(笑)ベストセラー野郎を知ってるんだから。どれだけそのチヤホヤされる世界の中で、純粋性を保てるか、お天狗様に近視眼的に身欲優先にならないでいられるか、っていうのは見てきてるよ。うちのはお天狗様にはならないし、純粋性を失わない人なのよ。もともとそういう「目立ちたい、人の上に立ちたい名誉欲ゼロ」タイプだからwwwただ、「自分が実現したいこと」や「世の中の役に立てること」を広げて、啓蒙していくためには、その権威性というか、そういう「名刺を持つことの有利性」それがものすごく役立つ、その実感があった様子はあったけどね。目立ちたくて目立ってるんじゃなくてwwwまぁ、それなりに秀悦だったから目立っちゃったんじゃないでしょうか(笑)。当時はなんかそこに「容姿」も(笑)あってなのか、もう、不必要にオンナの信者が寄ってきているwwwそういうのもありましたねwww「容姿関係ない」はずの能力の世界なのにwwwあたしはその本来そこではぜんぜん不要なはずの妙なモテっぷりにもビックリしていたんですよ(笑)。タレントとか音楽の世界じゃないんだから。もう、そんな頃から日本人の見た目重視な世界ってあったんだな~って話だったんでしょうね。でもね、有名になっちゃうと、とにかくすっげ~人がわらっわら寄ってくるから(笑)その中にまさかの「落とし穴掘るカバル」がいた、ってわけです。これはもうね、あまりに人が寄ってくるので見分けられないって言ってたね。そりゃそうだよ。まさかの「良い人顔」でまるでシンパシィ持って賛美する協力者顔で寄ってくるんだもん。裏の顔知れば人間不信のどん底に突き落とされるよね。だから、「正しく正体にたどり着いたのが20年後」で良かったのかなと思う。相手は「人間じゃなかった」ということにwwwあ、黄金時代は、大丈夫よ。その落とし穴を掘る、出る杭を叩き潰そうと罠に掛ける「人間じゃない人たち」が、もういなくなるんだから)

お客様は、『絵師』さんです

とても、素敵な絵を描かれる方で、私はいちばん最初に見た時に、「高次元につながってる」(笑)という褒め言葉(スピ方面でしか通用しない褒め言葉www)
彼女のハイアーセルフ、つながる高次エネルギーというのでしょうかwww
そういう、ご自身の本質の才能を使われている、それが、絵になっている、という話をさせていただきました(えらそうにwww)
次の黄金時代に、日が当たっていく(笑)才能が、今もこうして、腕を磨き続けていらっしゃいます

(「カバル方面のこの世的に有名」みたいなアートな人たちのことはあたしはよく知りません。そもそもですが、芸術方面もがっつりカバル仕立ての世界であったこと…これも、ようやくわかったし。そういう序列は芸術大学などの専門的な勉強の世界から始まっています。そこも悪魔教が仕切ってるwwwことがようやく理解できました(「上」の世間で認められたガッコほどそうですね。東京芸大の卒業生のメンヘラ発症率が高い、ってのも頷けます。そこを出た人が自分のブログで言ってる(笑)んだからwそうなんでしょう。精神が壊れるみたいなんですよね。だからそういうところを出た、おそらく本当は才能があった人ほど潰されてしまうのではないでしょうか)本当に勉強できちゃう(笑)アカデミックな分野でも目をつけられてしまう(悪い意味で)人もいるでしょうし、利用されてしまう、妙な序列ができていくwwwすんごい世界(芸事、アート、特に志す方々には自分の魂表現的な意味での「競争心」もあおるように「躾けられていく」と思いますので)。ただ、アートの世界もみなさんわかるかと思いますが、目立つ「頂上な人たち」はもう「出る予定」だった(笑)まぁ、その血筋系統ですよねwww見たでしょw言ってましたが「悪魔教のエネルギー、幼児虐待」そのものを絵にした香取慎吾の絵だとかwwwそういう世の中でね、自分の内側からくる純粋性を保つ、見つけていく、っていうのは、絵を描かれる方はシュミの遊びごとともまた違うと思うので。そういうアカデミックな世界で習ってもきた、人に言われたり評価されたりに左右されたりの感情の中のゴミというかw囚われたものを外していきながら、真摯にご自身の才能を伸ばされ続けている様子が、伺えます)

日本は、アニメとか映画とかディズニーとかwwwまぁ…「目に毒」を見続けてきてる洗脳社会でしたから
そういうものしか「商品化」されることもないしwwwなにしろ電通さんが仕掛けるものしか「流行らない」「目にしない」のですからw
アート分野は、次の時代は、ようやく正しい高次主幹な世界を展開できていくようになるんじゃないかな

(それと「歌うたい」をアーティストとか(笑)呼ぶのはもうやめたほうがいいよねwwwあたしがちょうど作家の頃あたりから、その名称がもう始まってたんだよね。「なんで?」と最初びっくりしてたんだけどwwwこれもカバル戦略だよ。パンピーに「憧れさせる」ための。「歌うたい、シンガー」じゃない? でも、それを「アーティストさん」にすると、ちょっと「格」が上がる、偉くなった感じするじゃない? あたし、世の中的にこんなに芸能人とかミュージシャンふぜいが、日本社会で絶賛されてたことをぜんぜん知らなかったからwwwびっくりしてるのよ。バクチクのボーカルが死んだ、とかそのニュースで落ち込んでるとか、そういうの見るとびっくりする。今でもこういう人たちが興行していたことにも(笑)びっくりしたしwたぶん日本人って本当に何十年も「鳥かごの中」にいるように、「世界の姿に感心がいかないように、自分自身に感心がいかないように」「ステージの上の人、自分じゃないものを見続けて、崇めているように」こうやって仕掛けられてきたんだな~ってwwwなんかwそう思うよね)

彼女と彼女のオットさん、ちょう「癒やされツイン夫婦」というのかwwwwww

私たちはヒーラーです、とかwwwそう彼らが自称しているんじゃないんですよ
そうじゃないけれど、魂がすでにヒーラー修行なしのヒーラー、自分が頑張って努力して「人を癒そう」とかしていないけどそう、という自然発生的なソレなんです

始めてお会いした時に、「自分は、スピ方面で、よくツインソウルだとか言われてる(笑)その本物を始めて見た」ってwwwwww

会った瞬間に(笑)そう、申し上げました

(そう感じられる人たちをぜんぜん見たこと会ったことなかったんで、この世にそのホンモノがいるんだ! え~~~! ってビックリしたんですよwww「自称」のソレならまぁ、なんかいらっしゃいますよね。でも、これは正直な話、「そ、そうですかぁ?」みたいなスピ系夫婦しか見たことなかったんですわ、それまで(笑)。自称してない普通の人達の中にwww実際にいるんだってことに、驚きました。これは別に仲が良さそうだから、だとか、価値観が同じだから、だとか、愛し合う男女だから、とか、ぜんぜんそこじゃないんです(それは後天的なものです)。そういうのじゃなくて、「そうなんだからそう」というエネルギーというやつですwwwたぶん、地球にくる前の他の星でもツインだったか、ツインソウルの定義はよく知りませんが(それだって、スピ教祖なそれ言い出した人間が勝手にそう決めたものですw)やってることは別々、思考は別々なんでしょうけれど、「分離感がない」そのふたりセットでひとつの感じというのか。それを「自称したがる」人たちは多いですがwwwその、そうなりたい「努力」とか「自慢(笑)」とか「リクツ」じゃないんですよwww)

(「ツインソウルの定義」とかw言いますが(ちなみにこれ、自分の場合はめっちゃ当てはまってはいますけど)wwwあ、ただね、そうね~、ツインにこれから出会いたいって人はとにかく「三次元基準」すべて捨ててくださいねwwwお金持ってる、家柄が良い、仕事ができる、容姿が好き、性格が良いとか優しいとか、三次元の常識的なこの世的条件は「まる無視、度外視」できるようにwその「条件」眼鏡を外して、それで「なんでか」ともにいられる人が、確実にツインであるかは、私は知りませんが、少なくとも30年は艱難苦難ありつついられる(笑)なぜかそれでもまだいっしょにいようとする(笑)この世の負け組でもぜんぜんそれが気にならない、30年が長いとぜんぜん感じられない(もう嫌だとか特に感じられない)、それでも自分にとっては欠かすことができなかった代わりのいない最高のパートナーって思える(この世基準のマテリアル比較ゼロ視点です)そういう人を見つけることはできるかもしれません。でもそれがツインかどうかは(笑)わかりませんwww)

彼女は、天然の、スピ修行じゃない(誰かに教え込まれた認定資格のどっかの信者じゃないw)、波動の高いヒーラーです(笑)

お近くの方は(電車が怖くないw方は)、ぜひ、足を運んでみてくださいね

天然の、生まれ持ってのヒーラーに、会いに行ってみてください

(たぶんだけど、これは私は昔から感じていることなんですが、PSWのお客様って…傾向ですが、その「無自覚」な高波動タイプの方が、すっごく多そうな気がするんですよ(笑)。無自覚で、謙虚だから、「自分では、そう思っていない」というやつです。なんならwご自身を低波動だとカン違いしてるんじゃないかというwwwカバル社会では、そういう方ほど、カバルに傷つけられてきているというか、「大きな誤解」をしてしまうように、人間社会では教育されてしまうので、まぁ、そうなってしまって当然だったんです。昔っから、そういう「謙虚さ」から、自己アピールゼロ(笑)になっちゃうんでwwwもっと自信持ってくださいとwwwあたしなんかよりもずっと「数段上」な、むしろこっちが「見上げる」タイプな後光の人たちなのに(泣)、なんでや?!! みたいに、なんか言い続けてきたような気もする。私は、PSWのお客様には、そう昔から感じることが多かったです。こちらが、えらそうに「あなたにはこの石よ」だとかwwwそうじゃなくてwwwむしろほんと「好んで買っていただけている…いいんだろうか自分ので…」のような感じ(笑)。「教わらなくてもいい人」なのにわざわざカバルタイプに教わろうとしていたり(ありがち)、自分を誰かの「下」にしちゃってる人なんかも多い気がするんだな…。黄金時代は、ニセモノが沈んでいき、ホンモノが浮上する時代ですwwwあたしも、沈んでいく方にならないように(笑)精進します)



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

古臭いスピリチュアル

2023年10月09日 (月) 00 : 00
なんとなく、ごもっともなことを伝えているんだけど(笑)

どことなしに

「それって、けっこう言い尽くされてきたことだよ」を、必死で人々に伝えているタイプのスピリチュアル

古臭い教えに招こうと(笑)している教祖様wwwもいらっしゃる様子はある

この「傾向」がありますので
(ブログランキングの中にも、上位の方に、その点で気になる(良くない意味で)ブログとかあります(笑))

「自分より上位」をくさすのは、「やっかんでるんじゃないか」とかwww

「自分が教祖になりたい」そういう類の人たちを蹴落として、上位ポジションを取って代わりたいからだとかwww

「あるある」過ぎてwwwそう思われがちかもしれませんけれど

そうではありません(まぁ、そこが、下剋上。でもあたしは「教祖」になるつもりは微塵もないです)

ただ、なんで? の解釈をし続けている、スピリチュアリストさんがたには、少しオドロキを超えて

驚いている(結局、驚いてる、としか言いようがないんだけどwww)ところがあります

(芸能人の過去生とか(笑)死後状態とかwwwそういうのばっか取り上げる霊能者系は気をつけてwww売国奴を「御役のある使命を持った」とか、なんかそういう「この世でもそう言われてるじゃん」「見たまま、一応、社会的にそういうことになってるじゃん」みたいな、「ソレ(教科書や「表の姿」)を知っていれば誰でも言える」ようなことを言ってるテレビ脳タイプの霊能者は、ダメだと思います。明治維新の志士たちとかwww「テレビかオマエは」な話を、今なお必死で洗脳している(笑)ことにビックリします)




自分自身も、ず~っとブログ記事でご案内していますように

幼少期から(笑)その、古臭いタイプの、名付けると「霊界(およびこの世)序列スピリチュアル」なタイプの「教え」というものにwww

反抗心は抱きながらも、心の何処かで

そういった「思考傾向」それじたいは持ちつつ
(実はそれらも、そこそこあくまでも「この世を生きる上」においては「真理」だったからです)

自分の行動指針じたいは、決定してきたところもあるからです

たとえば

自分が大昔、どうして、安定した(一応、「通っていれば、在籍さえしていれば、給料だけは当たり前に出る」)大企業を「辞めて」まで、音楽業界へもぐりこみ「作詞家になるつもり」でwww

まだそうなってるわけでもないのにwwwそれでも会社を辞めたのかの、理由のひとつには

「捨てる」ということの意味

古いものにしがみついていれば、新しい世界に出会えない、というこの真理

これを、自分的に「実行」した、ということもあります

別に辞めなくても良かったんですよ
(確か、当時年収では、500万弱くらいだったかと思います。勤続を10年越えると、最下層オーエルも徐々に年収は上がる世界でしたので。20代後半でこのくらいあるなら、別に「金銭的に不満足」なのかというと、どうしてもそれじたいを許せない、ってほどじゃなかったと思います。休みも多く(年間休日とか有給とかちゃんと取れる)福利厚生しっかり。カネじゃない部分での社会的信用(会社名の看板)。これを「捨てる」のはwww「カイシャイン根性」が染み付いていると…けっこうな勇気でしたよ)

誰かに、会社を辞めて、そこに全力投球するべきだ、とそそのかされたというわけでもないのです

何しろ、辞めた時には、「なにひとつ」道筋はありませんでしたし

なんの約束があったわけでもありません

言ってるように、草加せんべいのバックがついてるとか(笑)なんか、どうやらそういうタイプの人脈、コネを持っていない人には、敷居が高い「そもそも中々素人が入れない」業界だったらしいのですwwwwww
(自分の力で入れている日本人は、等しく水準以上の「実力がある人」たちです。でも基本的に「サポート」という、本人自身が全面表舞台ではない日陰パートです。いっとき、たまたま一曲だけ爆発的に売れるとかヒットするとかがあっても「継続」という点で表舞台で知名度が継続していない、興行などの集客力があまり継続しなかったアーティストなんかも、おそらくそういう日本人かと思われます)

私は、そういうことも、なんにも知らない、「おぼこい」「純粋な(爆笑)」小学生並みのwww志願者なだけでした

自分のやりたいこと、やってみたいこと、という

そういう気持ちを、いちばん大事に優先したかった、そのために生きてみたかった、というだけで

だから、実は、「本当にそうなる」というところまでは、本気では希望して信じていたというわけではないのですwww
(それでも、この世の「一線」みたいな人々よりも「自分が劣っている」とは特に思っていませんでした。その程度の「内なる自信」くらいはwww「持って」いましたwwwまぁ、「持ってる人」でしたしねwww)

でも、「いったんは、古い自分を、全部捨てる」ということをしてみたかったし
(「それでこそ」だと思っていました)

20代のうち、「若い」と言えるうちにしかもうそれはできない、という固定観念
(これも「社会洗脳」です)

そうしたら、自分でもびっくりするスピードで

あっというまに、会社を辞めて一年かからず作詞家デビュー
(メジャー音楽出版社、レコード会社からCD音盤が出て名前がクレジットされることを、この世ではそう言います。この世で「正式」だと認定されているところから「出版物を出す」そのことが、「プロ」「アマ」を分けるバロメーターというやつです。未だにwww音楽業界では、「それメジャーレーベルじゃないでしょ」の(笑)自費出版アーティストをバカにする「おれらメジャーだぜ」でマウントとるwwwその世界は続いている様子です(「実力」じゃなくてwww)。これは、ネサゲサ、QFSの世界になれば、「全員、自費出版」の世界」に(笑)なっていくと思いますよwww)

これは、「作詞家になりたい」と長年、そういった本人がそう自覚している「夢」を持って地道に売り込みなどをしてきた人々からすれば、「あり得ない」ことの実現でもあったのです
(私の場合は、「ちょっとやってみようかな」の出来心程度のところからですよ。自分で人に音楽聴かせるバンドやってたとかwその経験ゼロですよwwwですから「長年」自分が作った歌の歌詞なんかをノートにせっせと書き留めるだとか、「教室」に通うとか、そういう、へんな意味「下積み」「引き出し」経験が「ゼロ」で、そうなってしまったわけです)

この点では、自分だって「ちょっとカバル出自の人たちに似てる」っちゃ似てる(爆笑)「高次のお膳立て」みたいなwww経験でした
この世には、まったくお膳立て、コネ、なにも持っていないのにwww「努力なしでコトが本当に進んでしまう」経験
(そこが、それを実際にこの世で持っていたカバル人たちとは違うんだけど)

なので、「捨てれば、新しい世界」「捨てれば、新しいご褒美」これは、「本当だった」という

その部分では本当です



しかしそこからwww

これは直接、音楽とは関係ないのですがwww

怒涛の、あらゆる意味での、底辺の苦労の世界が、同時にスタートした(爆笑)のも事実なんですよね

もともと「持ってる人」がwwwその「持ってる」を、「どんどん上塗りしていく」ような、ビックリ経験もすることになりました
これは、「ふつーのオーエル」さんのままの人生でしたらwww確実に、見ることの、そこに身を置くことのなかった世界です

(ただ、私はこれを「経験しておいて良かった」と思っているよ。経験していなかったら、「この世の構造」それらに「気付ける」「合点がいく」ことが、きっと、自分にもなかった可能性はあったからです。ず~っと、そこそこ恵まれていたとこの世的には言えていた大企業社員のような、千代田区な人種(爆笑)、この世タイプの「仕事ができるオンナ路線」を、いやいや生きていったら(爆笑)確実に、いずれにせよですよ、「コロナ脳路線」でもあったと思うのよ。カイシャイン、ビジネスマンという意味ではwww下剋上タイプだろうが、羊タイプだろうがwww「そもそもあんまり変わんね」という、「お金」「この世の地位肩書」的なものが基準になっている、っていう部分では、いっしょだしね)

この「捨てなきゃ」説というのはね

どこかの部分で、

「取り引き」「バーター」な、考え方なの

「捧げるから、大事なものを犠牲にする、そうするから与えられる」というやつ

あれ? それって…どっかにありましたよね???www

そうなんです、これぞ「悪魔教」なんだよね

「自分の大事なものをいったん全部捨てる」「捧げ物をする」どこかの部分で、それを促すタイプの「霊界教」というのかなwww

今までの、この世である以上(笑)この世前提の、お約束だったと思います

(この「バーター」的発想がなくなる、それをしなくていいことを、誰もがそう「自覚できる」のが、これからの、黄金時代なのです。今までは、「死んで、霊界に行かないと、できなかった」まず、私たち全員を縛ってきた「お金」ここから解放されて、モノを考えることができるようになる。今までの人類になかった(笑)「底上げ」を実現しようとしている、その渦中なのですから。「それで当然」なんて、昭和~平成あたりを生きてきた普通の大人たちになんか、到底、それが理解できなくて当然(笑)かと思いますよwww)




それとね、「高次ロード(ハイアーロード)」は、「まったく性質が違う」んですよ

同じ「今までの自分を捨てる」であっても、まったく違います

「苦労」の意味まで、変わってくる

本人がここをちゃんと自覚して、意識していない、「霊界序列なスピリチュアル」だけに振り回されていると

「いいことがあれば御礼する」

「いいことがなくても(爆笑)御礼する」(これは草加せんべいのwww「コレで済んだのはダイサクのおかげ」誘導に似てるよねw)

「変わらないのは、捨てられない、手放せない、自分のせい」

みたいなね(笑)

「どこまでパンピーにばっかり捨てさせるんだよ」というwww

構造自体が、「ピラミッド権力を絶対に捨てたくないカバルたち」の洗脳社会なのにwwwwwwってことですよ

そういうふうに

「霊界にも、実は、2パターンありそう」という部分には、気づいてたほうがいいと思うよ

(知ってると思うけどwww「カバル人たちの先祖の面子」とかwww凄いよ。「上流家系だよね」「上級国民家系だよね」ってそういうのも「公に」なっているでしょう? んで、「ご先祖さまのご加護が強い」って「教え」に使われてるんですよ(ため息)。シンゾーとか、あそうさんの「名前の画数」の話もしましたよね? 「天下を取る」べく「指導者」画数ですwwwこういうのも「事実は事実」だから、ややこしいんですけどね。「この世は善悪表裏一体」なので、霊界も、ソレです)



「この世の、権力構造」「実際にあった最高峰権力だった悪魔教」にまったく触れない(笑)霊能者さんは、相変わらず、多いです

それは、霊界にも、そのヒエラルキーがあり、そういう方の指導霊に「隠されている」からかと思います

(もしくは、知っていて、私たちパンピーに、「意図的に」隠して「今まで通り」のことを教えようとしているか、どちらかです)

隠しながらwww

「新しい地球」とか、「死んだ先を夢見させる」「現世での行いが、死後ポジションを決める」(これもどことなく「脅し」ではないですか?)

そういうタイプな、そればっかを言ってるタイプには、気をつけてくださいねwww

そもそも、霊界というのは、あくまでも「経由地」です

そこが「安住の天国」というわけではないのです



故人の、ジョンレノンが言っていた

「天国も地獄もない」というのは、そういうことでもあります(笑)

そう、教えられ、その人間の「罰される」恐怖心が生み出している世界でもあり

「悪いことをしたら、死後、罰を受ける」と、パンピーたちに、「罰を恐れるメンタル」を植え付けるカバル策(笑)なのですが

これが、本当にそういう霊界を創造してしまっていることも事実です

人のために、社会のために、家族や親や夫や妻や友人のために、弱いもののために、奉仕をしましょう、慈善をしましょう
自分に満足し、いつも感謝報恩であること、そこを感じて生きていきましょう
(このメンタルで霊界へ旅立った者は、実際に、その高潔といえば高潔なメンタルのまま存在します。そして、そういったメンタルの振動数に近い者たち同士での社会(集落)を創造していきます。「いい人たち」の霊界です。これも「事実」なのです)

これじたいは、別に「間違い」ではなくwwwwww「ごもっとも」ではあるのです
ですから、「このように生きた人」は、死んだあとに、それほど、ヤバい霊界ポジションに落ち着くことはありません
(そこが、この世といっしょですwwwこの世も、「いい人」であることが「本当」なのであれば、そうそう間違った(笑)ことにはならなかったのが、「今までの」「昭和」くらいのあたりの(笑)人間は生真面目に、正直に、人を騙さず、「われ良し」にならずに、いつも周りのために明るく朗らかに誠実に生きていればそれで大丈夫だし、そこそこ自分もまわりも安泰、と言えた世界だったでしょ?)

しかしですね…
そんなことを人々に「教えている」この世の権力者たちや、そのパペットたちがwww

行ってきた、「奴隷洗脳」と「生贄儀式」の最たるものが、「もっとも弱いものを無差別に犠牲にしてかまわない」というwww悪魔教なのです

それを人々に教えながら、自分たちは「最悪の悪行の限りを尽くせる」この、「大きな矛盾」に気がついてくださいwww

「弱いもの」を実際に「食い物に」してきた(カニバリズム)、それを人(自分たちより下)に教えている矛盾をみずから知りながら気づいていながら、ず~~~~っと、この「地球の人間社会の構造の維持」を尽力してきたwww(それを「霊界も手伝って」います)

死んだ先がほんとうにそれではない、ってことを「知っていた」からできたんじゃないでしょうか?
(というか、そういう「霊界さえも作れてしまう」ことを知っていましたよね、たぶん)

死後世界にびくびくするのではなく(笑)

自分が神になること(笑。便宜上「神」と言っていますがwwwまぁ、宇宙人でもいいし、振動数の高い神状態です)

ただ単に、古いものを捨てるとか、捨てないとかwそこではなく

「あなたが、本当に、心に正直に行動するために、捨てる」なら、それは、捨てていいものだった、ということを

その「自分を信じられるか」というほうが、要だと思います

それが「現実創造」なのです
(この人間にある現実創造の力を、ず~っと洗脳利用してきた(笑)のが、まぁ、「悪い宇宙人」支配の地球だった…そうは言えると思います。だから、私たち「頭数の多い普通の人たち」が、「霊界教」に従うというよりは、こっちがwww「それを超える」むしろ、こちらがそれを「上位」へと引き上げる役目、とでもいうのかしらwwwそれが「霊界教」で言われてきた、生きてるこちらがどう生きるかで「守護霊の霊界ポジションを上げる(彼らもハイアーセルフへ帰還する)」の世界かなと思います。そしてそれができる、可能になる「アセンション」の姿でもあるかとwww今、そういう「機会」を私たちは直面し、生きているのです。その意味では割り当てられている「過去生成仏」もwww似たようなものですけどね)

強いて言えば、そのために、尽力してくれる(笑)ハイアーセルフ(およびハイアー直下で動いてくれる高次ガイド)との連携

しっかり手綱を握ること(自分が)「握らされる」のではなく、「自分が握っている」

今はコレが、私たちを、活かす状態かな? と私は思っています


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

コロナワクチン解毒情報

2023年10月06日 (金) 00 : 00
最近言ってませんでしたが、時々、お伝えしておきます(笑)

これを「短く」まとめることがなかなかできずなので

ちょうどな感じの「解毒まとめ」を、Xからお借りしてきました

「そしてメドベット!」…についてはwww

ほんと、なる早がいいですがwww

これが普通にそこらへんに、常識的に今ある病院のように普及するには、どう考えても最短でも2025年ではないかという気がしますので

それまで、生き延びましょう♪

生きてるだけで、なんとかなりますって(経験者は語る)

但し、その場合、なんとかパーフェクトではなくても「まぁまぁちゃんと活動できる健康」な状態である必要があります

こういったもの以外には、解毒でイチオシでしたのが「二酸化塩素水(MMS)」なのですが

まぁ、消毒液ですからね(笑)抵抗ある人は、やはり食材が良いでしょう

(ちなみに「よもぎ」は”新芽若葉のみ”が良いそうでソレ以外は毒性がある、という話は見かけました。これを知っていて販売している業者のものをオススメします。私はたまたまですが、自分が買ってたまに飲んでるのは、そういうタイプの粉末でした。解毒にいい食材やお茶というのもあまりに「広範囲でざっくり」(笑)なので、人に伝えるのも難しいところあるんですよね…)

砂風呂はデトックスにいいらしいですね

(日本中の少なくとも2回打った8千万人のみなさんが知れば、日本中の砂のある海岸が(笑)ちょっと大変なことになるかもしれませんがwwwその砂の浄化は誰がしてくれるんだろう…というのも気になりますが、きっと、地球の浄化力で、その砂も綺麗になるでしょう。それに「8千万人が気づく」時にはwwwまぁ、もう「他の方法が観えてる状態」それがメドベットですけれどwwwソレ以外じゃどうしようもないでしょう。mRNA遺伝子治療ワクチンが、すべて中身がまぢもんの本物だったのなら。広く明かされる時には、おそらく「8千万人打った全員のワクチンがNGではなかったが、中には部分的にNG品もそりゃあった」というふうになる気がします。実際、見てるとその様相ですしね。当初ふれこみどおりの毒注射なら、今ごろもう社会がぜんぜん回ってない、そうなってたはずだから)



XBB7回目は、接種率、もんのすごく低いそうです

自治体にもよるのかと思いますが、1%とか、なんかその程度みたいですね

鹿先生が、激怒で(笑)本当にこれを打ったらオシマイだとwww動画で言ってましたが(怒っても声がカッコいい鹿先生)

コロナ脳も(笑)「打ってもかかる」ことにはwようやくそれが「常識」として気づいてきてる様子なので

もう「ワクチン推し」は、テレビや政府が言っても、人々は動きません

日本にもようやく、そういう時が来たか、という感じですね

本当は、「打っても罹る」ではなく「打ったから、罹っている」まで気づいてもらえれば完璧なのですが

「ワクチン打たなくなってくれた」というだけでも、我々は、助かりますね(笑。ヤレヤレ。)



あとは、「空から巻く」だとかwwwお得意の「食品に入れる」など、まぁ、色んなカバルのアイディアはあるようなのですが

なんとしてもmRNAで私たちを遺伝子組み換え人間にしたいみたいですねwww本当に「気が狂ってる」どうしようもない人たちです、カバル残党は

でも…それでもまだ、「殺意を顕わ」というわけでもないところがwwwそれはそれで、なんとなく滑稽で、憐れな感じはします

本当は日本人が嫌いで憎くてしょうがないくせに、「それをそう表せない」コソコソ戦法でいくしかできない、というのも、なんか「正々堂々」としていなくて。みっともない、って感じがします

つまり、そういうことなんですよね

「言えないこと」もしそれが、彼らカバルにとって、というだけではなく、「宇宙の道理」「当たり前の真理、真実」であるならば、正々堂々と、相手に言えるはずなのです

「おまえたちは、地球にいらない」と

私は、カバルに対して、そう言えますけどね(笑)それが真理だからwww

まぁ、「レプリコン」までには、テレビ脳たちへの【顎ハズレ情報開示】が起こることを期待していますwww



上記は解毒情報ですが

免疫力アップには、やはり腸活がいいようです

ちなみに人間ではなくて、ワンコで申し訳ないですが(笑)

昨年、これはシェディングだ!!!!ちきしょー!!!くそったれ!!! とwワクチン臭をぶりまく、何度もコロナワクチンを騙されて打ち続ける、お人好しなwワク打ちの人々に怒り心頭していた(笑)、シェディング被害(笑)ワンコの発疹が、今年は今のところ出ていません
(まぁこの飼い主のワクチンブースターたちへの怒りが(笑)彼女の免疫力を低下させていたのかもしれないんですがw)

昨年も摂らせていたのですが、5-ALAとH&JINという乳酸菌、納豆は継続しています

イベルメック(イベルメクチン)も、継続しています

それと、追加して継続しているのが、ワンコ用の(笑)にんにくサプリと、発酵野菜です

このにんにくと発酵野菜が、なんとなくいい感じがしています

発酵野菜…人間で言うと、ぬか漬けですね

わんちゃんは、人間よりも、食べるもの、口から入るもので、大きく変わります

本質に素直な生き物なので(笑)そういう食による効果が、素直に顕れるようですね

肉体は、「精神力」だけでは治癒しませんし、「食だけ」でも治癒しません

「どちらも」必要です



動物は私たち人間よりも、その精神力部分が、もともと汚染されていないのです。彼らは、人間のような洗脳のされかたはしていませんが、それでも人間に合わせてくれます。
但し、「人間と家族」のようになっている、意思疎通のできる生き物は、人間のメンタルの影響(エーテル体の影響)を受けますので。飼い主さんこそが、本質的で、自分に正直であること、そして振動数の高い状態(穏やかで満足している愛の状態)でいることが、とてもとても大事です

彼らは、相手が有名人だからと、わ~きゃ~とかwしませんしwww「お金が欲しい」とか思ってないですしw「可愛いブランド服が着たい」とか(爆笑)ぜんぜん思っていませんwww
(勝手に飼い主がそれを着せて飼い主が喜んでいるだけです。代々木公園ドッグランには、ヴィトンの首輪つけたワンコとかwブランドタグつけたお洋服のワンコとか、そういうのも、多々出現したりします(爆笑)。見栄の場合もあれば、基本その飼い主の方の日常がそういうところからしかモノを選んでいないような金銭セレブな裕福な人々も多いのでしょう)

そしてこれはうちの仔ですがw「可愛い髪型にしてほしい、有名トリミングサロンでカットして欲しい、そのほうが段違いにアタシが可愛く見えるから」なども(笑)本当は思っていませんwwwこれも「飼い主が、人間がそれを喜ぶから」合わせてくれているだけです。
でも、振動数が高い人、愛のエネルギーを持っている人には敏感だと思いますし、人間同様に「自分を愛してくれる人、自分を大切にしてくれる人」のことが好きですwwwここは「当たり前」です。で、有名トリミングサロンの方は、その部分もプロフェッショナルで、そこは「嘘じゃない」からwサロンのことは、「まぁまぁ好き」で「行けばまぁまぁ楽しい場所」みたいです。

私が同じサロンに通い続けているのは、もちろん「カットが上手い」そこが重要ポイントなんですが、それと「毒注射を打ってない」別にあたしが止めるまでもなく「最初から気づいて理解している」これがもうもうもう、大きな大きな大きな絶大なwww手放せないポイントな方々なので、値上げをされても(笑)変わらず継続中なだけです
トリミングは、「肉体仕事」まさに身体が資本の仕事です
その「肉体が最適な元気な健康状態でいられること」が、トリマー仕事のパフォーマンスを決めることを、ちゃんとわかっている、なので健康を大事にする、「自分が健康で元気でいること=人を幸せにすること」の道理をわかっている人たちです




この世の有名人(笑)ASKAちゃんは、どうやら、イベルメクチン布教の広告塔wwwとなっている様子

イベルメクチンは”一応”世界で何億人規模での「治験済み」と言える、寄生虫駆除薬です

どうして寄生虫駆除薬が、コロナや、コロナワクチン解毒にいいのかは、科学的知見は今のところございません
(最初から、ずっとありません。日本では)

コロナワクチンにはヒドラなんかも仕込まれてる(笑)とかw「寄生虫入り」であることも、2年前には言われていましたのと

イベルはガンも治す、とも、もともと言われていましたので(ガンジダ菌の増殖がガンなので、ガンジダ菌を殺すのかも)

薬にまったく抵抗感のない日本人には、さっさとイベルメクチンを飲ませておくのもいいかもしれませんね

但し、イベルも「薬は薬」です

これら「効用」も「いいとこどり」なことが言われているだけですから

長く常用するタイプのものではないし、イベルにだって、西洋医療薬なんですから、長期使用では副作用があると思います

(「ノーベル賞が悪魔の賞」であるのなら、イベルメクチンだって、ノーベル賞受賞薬だったんじゃなかったっけ??? イベルを発見し開発した、北里研究所北里大学 特別栄誉教授 大村 智博士は、ノーベル賞を受賞しています。まぁ、ノーベル賞も「全部が全部、ダメなやつ」ってことでもないのかもしれませんけどね。殺されちゃった、PCRのキャリー・マリス博士だって、「エイズにウィルス証明がない」どころかwwwほとんどの感染症のウィルス証明がない事実…ウィルスというものは「単離分離」されたことがない、シャーレの実験の中の「架空」かもしれないこと、これに気づいちゃってwww西洋医療のヤバさには、気づいていたから、殺されちゃったんですからね。ただ「物質存在」としては確かに「ウィルスはない」かもしれませんが、「エーテリック存在」として「作れる」ところがあるのが、ウィルスかな??? と自分は思っています。これを利用したのがwww「コロナプランデミック」ですし、効く人には「マスクに効果」があるのは、そのためなのですwwwエーテリックな防御アイテムにはなるのです)

ただ「コロナワクチン解毒」や、彼らが仕掛けてくる(笑)疫病からの防衛を要する場合には、そうも言っていられないでしょうから

イベルメクチンは、「自己責任」「自己判断」で、選択しましょう

消毒液の「二酸化塩素水(MMS)」も同じくです

こういうものを、反ワクがなぜお薦めするのか? それは「国(反日)が推してない、承認しない、禁止している」という…

まさにそれが(笑)「オススメの証拠」「効果てきめんの証拠」というwww「逆張りの法則」がwあるからです

「国(権力)が薦めるものにロクなものがない」ということを(笑)まぁ、ずっと知っている、理解しているようなところがある、そういうことに「気づいてきた」人たち(私もまぁ、そんなようなうちの一人でしたが)なのでwwwwww

彼らが認めないものこそにwwwwwwwww「効果がある良いものがある」法則



まぁ、コロナワクチン打って、風邪ひきやすくなって、高熱出してうなされて、西洋医療ご推奨の解熱剤カロナールとか飲んでちゃダメです(爆笑)

ますます、ますます、免疫不全がどんどん進行するように、追い打ちをかけていることになります

そういう時こそ、きっとイベルメクチン、二酸化塩素水なんでしょうね

周囲にそういう方がいらっしゃいましたら、「特効薬だよ」と人体実験してもらってみてください

(私も実は「気づいている」上述に当てはまる人が、いよいよスピリチュアルブログランキングに出現中です。「信者(ファン)の同情票」でwwwランキングが上ってきています。ぜひ、みなさんの中で、うっすらでも、彼を気の毒だと思う方がいらっしゃいましたら、コメント欄などから、知らせてあげてください。今のままだと、免疫不全で、近い将来病気で死んでいくでしょう。再婚だの(爆笑)新しい恋の出現だのwww親に家建ててもらった(頭金出してもらった)土地買ってもらって暮らしてる甲斐性のない子持ちジジイが「何いってんだ」という世迷い言の中を生きている様子ですwww(相手につけてる条件が、「失礼」甚だしいです。びっくりします。でもそれが「田舎者の身勝手な本性」なのです。「進んでみずから相手都合の奴隷になりたいオンナ(勘違いで)しかwwwいねえよ、それ」を求めている様子ですwww「こんなキショい人だったのか…」とオドロキです(笑)。しかし信者(ファン)はそういうことにもぜんぜん気づかないんだよな~wwwこういう人が「それはそれ、これはこれ。」で、「人類と宇宙の未来が観えている」わけがないのです)あたしも、ペンネーム(別の)で、知らせていますwwwあたしの名前で知らせれば、「感情的な、反発感、この上ない」ことになってしまいますからwwwwwwもう、こっそりと、偽名でお知らせするしかないのです。涙ぐましい「スピリチュアルガイド」のようなw守護霊の気持ちがわかる(笑)瞬間ですwwwwwwこの人は、確実に、私よりも「この世では自分の方が本出してる、一応、ニッチでもスピ分野では名のしれた著名人」という「上意識」がありますから。スピ業界で、別に「クレアボヤントで観えてるわけでもない」のに(笑)スピ稼業でゆうゆう都心住まいでメシ食わせてもらってきた(笑。これは「顧客のみなさんのおかげ」ですwww但し自分は「スピ稼業の以前から」そうです)「この世で無名な、なんで食えてるのか、彼には理解できない石屋」のオンナの言うことなんか、聞くわけがありませんので。どうか、もし「元は多少ファンだった」とかwwwまぁ、彼を気の毒で憐れな存在と思う、お優しいハートがある方は、ちょろっと、ひとことコメントでも差し上げてみてね。「それコロナワクチンの影響」「解毒しろ」と。「お手間」じゃなかったらwww彼は一応、「カバル仲間方面へと行きかかっていた(笑)」だけでカバルではない、仲間に誘われ騙されていた人ではあり、今は手のひら返しの出版社にも見捨てられ(笑)本も出せない(カバル計画のSGDS本なんだからw当たり前です)そこにぜんっぜん1ミリも本人が気づいていないだけの人かと思います。ご自分のガイドに質問するポイントがズレまくっているのです。かけちがえたボタンの最初からやり直さないといけないところにいることを、まったく本人が気づいていない、つまりまぁ、日本のコロナ脳の一見いい人に見える一般人であり、【凡人】そのもの、ということですwwwいい意味で「ものすごい学習材料」となってくださっているところは、かかわったことにそこは自分も「感謝」です)

そうそう、これは、「霊の世界」いわゆる、霊界タイプのことでよく言われてる、霊界常識(笑)ですが

「生前の、その人の持っていた、肩書」など、死後世界では、なんの役にも立たなくなる

霊の世界のもしそこに、振動数の「序列」というものがあるのであれば、そこは一切、生前にその人がなにかだったこととは無関係

そういう話って、みなさんも、どっかで目にしたり、耳にしたことがあると思います

これは「死後世界から」そうなるわけではありません、「現世」でもそうなのです

しかしそれを「解く」宗教教祖様ご自身が(爆笑)その「トラップ」へとハマっていくwwwwwwそこに気づけなくなる

そういう人がまぁ、他人に、死後世界や、宇宙論や、観えない世界をああだこうだと講釈する

「人に何かを教えている教祖様」には多いです(笑)

その大切なことを、人に伝えたい、その純粋な気持ちは、だいたいの人間には起こる人には起こる

最初はそうではなかった純粋なエネルギーのかけらはあったのかもしれませんが

自分が体型付けようと(現実化しようと)、何かをし始めると、人がそれを認めてくれるようになる

だんだん「組織化」すれば、そして「継続」すれば、ヒトラー言うように「嘘も100回言えば真実に」なる(笑)創造ができてしまうわけですwwwwwwwwww

悪魔(良くない宇宙人もそうですがw「悪魔」というのは「神」と同じく、人間が作った想念体の総称のような存在かな、と思われます)ってのは本当に、人間をだまくらかすことにかけては…ってことですねwwwwww
(これは、「現世」だけではなく、「霊界」まで(笑)網羅されていることですwwwwwwですから、死んだ人が成仏できるできない、そんな話もあるし、現世の人をサポートする「守護霊の、霊界ポジションが上がる(その逆も)」的な話もあるわけです)

そうなってしまうと、「自分より「何かが下」だと思っている人間の言うことが聞けなくなる」という

ものすごい「落とし穴」へとハマっていく、そういう方もいます

子どもの言うことを聞けない親とか、部下からのアドバイスを聞かない上司とか、自分よりも学歴のない低能だと思ってる人の言う事を聞かない高学歴者とか
(コロナワクチンでもそんな感じでしたでしょ。あたしは18才からwwwそんな高学歴者たちを相手に(笑)そこで自分が「互角に(それ以上に)仕事ができる人」にならなきゃいけなかった「大試練経験済み」なんだから。わかるんですよ、その人の「霊格」というものが、その部分で。だから、高学歴者でこの世でポジションが「上」でも、人間として人格が優れた人ももちろんいらっしゃることも、知っていますよ。でもあまりにその数が「とても少ない」のですwwwとても疲れる、そして「自分ひとりでは変えようがない世界」にいることがわかっていましたし。だから、「黄金時代の到来」が、奇跡に思えるし、それをつくろうとしている「高潔な精神」ベースの世界を、これからの人間社会をそれを「現実」へと転換していこうと尽力する、白帽子さんがたへの「感謝」があるわけです)

人間は、自分が、相手よりも何かしらの部分で秀出たものを持っている、それがこの世では、学歴だけじゃなく、社会的ポジションもそうだし、容姿の美醜の差もそうですし、才能の上下やあるなしもそうですし、様々な比較対象あって存在していますが

これを本当に、「自分よりも上」「自分よりも下」この世の付属物のマテリアルを無関係に、他者を尊重できる、他者の言うことを取り入れて自分が開眼し認めていける…有名無名など一切無関係に、その人が社会的成功者かそうではないかなどなど、そういうことが無関係にそれができる人は、なかなか少ないと思いますよ
(ちなみに、昨日話していた、昔のオーエル時代のパパは(笑)そういうタイプwでした。その会社は「役職をつけて上司の名前を呼ぶしきたり」があったのですが、彼はそれを私たちに自分をそう呼ぶことは「禁止」していましたwww(なので、「◯◯さん」「◯◯パパ」ですwww)自分の部下だけではなく、よその部署の女の子にも「対等」ポジションで接するタイプでしたから、人気がありました。(ただ「男性並みの仕事をさせられる」ことが常識的にあの会社ではむしろそれを「恐怖」に思うw女の子もいたと思うので。その点で彼の部下になりたいと思ってる女子は少なかったでしょう。ただ「大事にされてる、優遇してもらえてる」部分だけを羨ましがる人はいましたけどね。でもそれを感謝に思えずw私だって「事務員の安月給なのにどうして」っていうw被害者意識も持ってましたよ、当時は)そして、ついでに言うと、ハンサムで(爆笑)ダンディでセンスのいいスーツが似合う、品があるオシャレなビジネスマンwwwと、じゅうぶん言えるでしょう、という容姿な方でした。身長はあまり高くなかったですけどね(唯一、そこだけじゃない?どうしてもあの方に難癖つけるならw)。理想の父親像のような、あまりに幼い18才くらいで素晴らしい人に出会ってしまってw「そういうオトナもいる」ことに自分に免疫がなかったからwwwず~っとこれも「感謝の経験」だったことにあんまり気づいていなかったと思います。「仕事はお金じゃない」「何が本当に”みんな”のための仕事と言えることで、自分にできることは何なのか」それを自分で考え、そういう行動を自分の心に正直に自分が率先してすること、それを教えてくれた方だと感じます。宗教なんか知らなくたって、誰に教わらなくたって、観えない世界など観えていなくたって(笑)この世にはそういう人はいるのです。そういうパパが会社から酷い目にあい、「出る杭は打たれる現実」を見て、そっちへの失意ばっかりでしたからね)

このトラップがあるので、私は、「だから他人の教祖様にはなりたくない、偉くはなりたくない」
今でも、そう思っていますwwwwwwwwwwww
(自分だって、もしちょっと自分が偉くなれば、人に知られた有名人になれば、そういうありがちな「盲目」な人になるかもしれないんだから。なので、クレアボヤント修行は、「安心の黄金時代になってから」にしたいと思っていますwww)

それに、「気づき」や「その人の変容」というのは、教祖に教えてもらってそれができる人ももちろんいますけれど、最終は、本当に、その人を変えられるのは、その人自身です
(肉体と同じです。病を癒すのは本人自身の免疫力、自然治癒力です。それが衰退し、なくなった時が肉体の死ですよね。コロナワクチンはwwwこの「免疫力を失わせ」「衰退を早めさせる効果」があるという恐るべきカバルの発明wwwその触れ込みだからwww反ワクはみんな反対してたのにねwww)

みなさまも、「ちょっと長く生きてきた、物知りな人」の興味深い話、程度に(笑)聞いておいてくださいね

私の思想を、あなたに、押し付ける気は、毛頭ございませんのでwwwwww

「そうだよね」と思うところだけ、ウンウンって、参考にしてください





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page