カテゴリ
高次ガイダンス  の記事のリスト

”高さ”は当てにならないのか

2019年03月23日 (土) 00 : 00
グーグル先生がかましているようです(正確にはグーグルジャパンでしょうけれど)…

㈱ゼンリンと契約を切った、グーグルマップがまったく使い物にならない、混迷のマップと化しているのだそうで。

ゼンリンの地図にはその昔私も大変お世話になりました(不動産会社時代もそうですが、のちの、シバチョウ兼ねたお得意先巡回営業マンの時も…おかげで「地図が読める女」になったと(笑)思われます)

古い時代の女なので、どうも、スマホ画面で見るタイプの地図は苦手で、やはり紙ベースの「東京地図」とか「首都圏地図」とかが好きです^^(これらがあれば目的地まで絶対に迷いません…但し地図制作後にできた新規物件への対応じたいは紙ベースでは弱いところもあるのですが、それはオンラインデータも同じで、「人間がちゃんと更新していないと」旧データのままマップが載っていることがあるので、結局は、そこへ出向く人の”勘”が^^必要です)



グーグルマップは航空写真を元にしているので、ゼンリンさんの詳細なデータがない日本地図は、上空からの「見誤り」が甚だしいそうです…上から見ると、「山」が「湖」になっていたり、ないはずの道路があったり、あるはずの道路がなかったり、それから物件所在地がずれまくっていたり(うちの隣にも、奇妙な名称のナイトクラブがある(笑)ことになっていました…)

地図というのは”正確性”が命なので(笑)やはり「足」使って収集した地上情報には叶わぬものなのでしょうか…



スピリチュアル方面でも(笑)この、”高さ”を得ること(実際には、得たことによる慢心からのズレ)により、おおきく物事を見誤り、ズレていく…そういうこともありますよね

「スピリチュアルあるある」ですけどね…このスピリチュアルあるある、ここへの用心もそうですけれど、嫌悪感もそうだし、そういう”間違っちゃうかもしれないことへの否定感覚”から、むしろその「高さなんて当てにならないな」と、高次そのものへの否定感覚というか、高次元があることそのものを否定しちゃう気持ちになることも人間にはあるのかなと(わかるかな、この意味)

そういう、今一歩のところで半歩下がるスピリチュアル状態、という、説明しづらいスピリチュアリストの人っているよね
(私もそうかもしれないし(笑))



そんな、当てになるのかならないのか(笑)の、高い視座ですが。

今、「運転不要の自動運転のクルマ」というものが開発されているそうですが(笑)。
これぞ、大気圏よりもっと上空の、宇宙衛星からのナビになるわけですけれど。

グーグルマップのことを考えてみても^^「そんな遠いところからの遠隔操作なんて、なんかあぶなそう」って思っちゃいますが、おそらくですが、「宇宙からの視座のほうが、より正確にデータが見える」んじゃないでしょうか。
(私は科学に詳しくありませんので、これは私の憶測、想像です)

一般実用化は、まだ先は先でしょうけれど、「もう、それが可能なところまでは来ていることは来ている」というのも、真実ではあるようです。
(何百年先かもっと先か…わかりませんけれど、やっぱり、相当先の未来的には、地球上において今の感じの肉体を持って活動するタイプの人間スタイルはなくなるんだろうな…ということはわかりますね)



うちでいう、ご案内しているところの、『ハイオクターブ系の石たち』というのは、イメージとしては、この「衛星ナビ」のほうです。

だから安心してください、っていうことではありませんし、自動運転まではしてくれませんけどね(笑)。

でも、石って、そのくらいには、高度な物質です。(それが言いたかった)





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ミラコスタ

2019年03月19日 (火) 01 : 02
これが、ディズニーシーのホテル・ミラコスタのマークに見えますかね?



こちらが、ミラコスタのマーク、のようです

ミラコスタ マーク

このチャームは”はんぱ天然石ビーズ”という(笑)いわばまぁ、余り物ハンパ物ビーズというものが常に発生する運命な仕事をしてますもので…そういったハンパ石ビーズで、なんの意図もなく作ったチャームなのですが…これバッグにつけてましたところ、「ディズニーシーがお好きなんですか?」と(笑)声をかけられました…(郵便局窓口の方に…あ、以前、「どんな石アクセサリを作ってるんですか?」って聞かれたことのある郵便局窓口の方とは別です…日本郵便は民営化してから、なにかが変わったのでしょうか^^…)

あとからミラコスタとはなんぞやと調べてみて、う~ん…まぁ、多少似てなくもないのかな、とは思いましたが(メタトロンキューブの感じがこのMマークに一瞬見えたのだろうか)…でもまぁ…ぜんぜんベツモノですよね(笑)



人間…「自分の観たいものしか見えていない」という説は、昔から、私は言っていましたけれどね…^^
ほんとうに…無意識に、誰もがそういう限定的視野のマイワールドで生きているわけです…

(ちなみにこの郵便局窓口女性は、大のディズニーランド好きな方のようでした…だからそう見えたのだろうと思います…オリエンタルランドという一企業のかける魔法にかかった(笑)こういう大人女性ってたぶん増産されてるんだろうな~って気がします…徹底したホスピタリティですとか細部へのこだわり、”大のオトナが楽しめる”がキーワードの夢の国…それがディズニー…大のオトナが楽しめることになっている園内エリアではその結界ができているというか(笑)園内にそういう”ここなら、ここでは”なエネルギーが渦巻いていますので、普段出せない感情をそこでは出してはっちゃけることができる、開放感を味わうことができる…そういうエネルギーエリアとして計算され設計され作られているわけです…いたってアトランティス的とも言えるのがディズニーワールドの世界ですね…ミラコスタなどはその楽しみエリアプラス、極上満足度アゲ(他者への自慢度アゲ)にさらに貢献するエリアなんですかね…人の持つ「あなただけトクベツ系イシキ」を上手にくすぐるのも旨い、それがオリエンタルランド的マーケティング手法です…って、おまえ、DL行ったことあるのかよな話なんですが、そうですね、実家は「ネズミーランドの花火が遠くに見える距離」でしたし行こうと思えば毎週だって行ける距離でしたが、生涯で3回程度でしょうか(笑)…ちなみにあれは昔からいわゆる男女デートスポットでもあったのですが、一緒に行ったのは一度は友人と、二度ほどは男子とでしたが(笑。それがさ…そのうち一度は非常につまんなかったのよね…一緒にいてつまんない人と「DLに行けば」面白いのかというと、そうじゃない、ということを知っただけだった…みたいな^^)そして最後のトドメは今のうちの人でしたね。でもこの人こういう手合の場所が昔からとにかく嫌いというか「DLとか遊園地とかなんも楽しくない」というタイプの人でして^^、しぶしぶ「DL行きたぁい」という私に付き合っていっしょに行ってくれました。以来、足を踏み入れていないエリアです(笑)。実は私も本当は「こういうものが楽しいと思えている女子なフリしてた、もしくはそういったマーケティング的心理操作に取り込まれていただけ」なのかもしれない、そういう自分を知ることになった、のようなね。自分だってそういう過去があるわけなんだから、DL好きな人をどうこう言うつもりはないのですが^^、実態としてはアトランティス的マーケの魔法がとても成功しているエリアの見本市みたいなもの…と言えるのかなって思います)



まぁ、そんなふうに、私達は、「自分の観たいように物事を加工してしまえる技」を誰もがお持ちで(私だってそうです)この特技は、よくもわるくも、使えます。

人間は、「ごく限定的な視野、個人の狭い知識知覚認識ベースでしか物事を捉えていないことがある」ということを謙虚に認めつつ…
しかしながら、それこそが奇想天外なインスピレーション、”組み合わせ””関連”へと展開する、いわば自身においての新しい”発見”や、近目においては、どうとも言えない何気ないことだったり、むしろアンラッキーなことも最悪に見えるようなことも…実はそれこそがチャンスであり、飛躍の踏み台だったり、幸運の道標に「気づける」のも…この、「観たいように物事を加工してしまえる技」があってこその話です。

この特技は、人間特有とも言えると思いますので(笑)。
どうせなら、いい感じに使っていきましょう。

(ちなみに”ダジャレ”とかってありますが…あれってけっこう高度なリンクというのか、実は”高次的結び”だったり…するようですよ。そういえばヘミシンクの正規日本代理店というのかしら、その代表の、ヘミシンクを日本で根付かせるのに一役買ったらしき坂本正道さんという方は、かなりなダジャレおやじらしい、ってことは昔小耳にはさんだような気がします…くだらないオヤジギャグと一笑に付されがちなダジャレなんですが^^、まぁ、そういう側面もあるようです)



都合のいい妄想なのか、想像力なのか(笑)。まぁ、その分岐点を正確に分けるのも難しいことなのですが…

ただまぁ、「高次ガイダンス的妄想」から導かれていく実行の現実であるなら…
のちに悪いようにはあんまりならない実感…経験…こっちのほうががぜん多くなると思いますので。

結局、なんにせよ「経験のあと実行のあと」でないと(笑)インスピレーションをもとにした行動の結果はでないのですよ。

妄想なのか想像力なのか非常に微妙…、というくらいに、高次ガイダンスなんて実は「はっきりわかる、はっきり聞こえる」みたいなほうが稀なもの。
その人にしかわかりえない妄想みたいなものです。
(むしろはっきりわかる系はそれこそ”高次じゃないかも邪霊のそそのかしかも”という(笑)「巧妙な罠」な場合もあるからね…)
だから、ガイダンスだと思うなら、そこに沿った行動をしてみないと、それが高次ガイダンスだということがわからなかったりします。



あ、DLに行くのも(笑)もちろんそれがガイダンスの場合もあると思いますから^^。
それはそれで、本当に心からそれが楽しい方、それがご自身にとってのリラックスエネルギーや鋭気を得られることだったり、休日の楽しみ方ならば、それがいいと思いますよ。
(そもそも”人氣”が悪い、ってことではないですからね…それにDLでしたら、その等価交換エネルギーぶんのお金をあそこはいっぱい使わされる場所でしょ? 人氣神社のように「あとから請求」ってわけじゃなくてその時払いだから、そういう点ですがすがしい面はありますよね。でもまぁ、DLの魔法にかかる人は、さながらソレ系のように(笑)ひたすらDLに費やすようになる、そういう人も多いんですけどね)



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

グラン・トリノ

2019年03月16日 (土) 20 : 23
表題の映画を、見ました。
ようやく確定申告もギリ終了(笑)「オフっす!!」ってところで、休みを謳歌してやる!! みたいなところです^^



普段はあたしは「3時間映画見る自由」もそんなにない(という自分の思い込みもあるのだと思いますけれど)んですが、まぁ、そういうまとまった時間の自由を得ている認識が起こると、「そんなにいい映画だっていうんなら(fromうちの人)見てみるかという付き合いで」観てみたところです。



で、いい映画なので(笑)お時間あれば、みなさまも観てみてください、とお薦めします。



クリント・イーストウッド氏が、めっちゃしぶいおじいさんになっています。
(ストーリーそのものとは関係ない話ですけど、こういう見た目のおじいさんっぷりが…手前味噌ですが、自分の亡き父親にちょい似な感じがあって、本当に手前味噌ですが(当然ここまでの容姿ではないし)容姿のいい人はトシとってもそこそこ容姿がいいこの世を思います…(←容姿がそういうわけではない私のちょっといじけた発想であり、今でも完全に手放してはいない私の大きな囚われのひとつ))



ストーリーは、生きること死ぬこと両方において、ままならないものにどう対処するのか、という部分について、自分を見つめることができる内容だと思います

一見、最後は身を呈して自分の愛と正義を貫く自己犠牲を選んだ主人公のおじいさんですが(こういうのも”愛”の生き方と言えるでしょう)これは、自殺でも他殺でもなく…とりうる最良の自己ベスト、それを最期に「自他のために自分のしたいこと」としてみずから選んだ、そういう感じがありました

アメリカ映画っていいんですよね~(『アメリカン・ビューティー』とかも、いいですよ。あれも最期は主人公は殺されちゃうんですけど、これは他殺だけどこの人は最後にきて自分を生ききったし、他者への最大限のできうる”愛”は示して生きることできていたしな…いわゆる”成仏”できる生き方を最後にはしながらの途中だったよな…という私の感想)



スピリチュアル便利用語、「囚われ」のひとこと(笑)で片付けられない囚われがあるからこそ、その人をその人たらしめる、そういう世界があることじたいを認める…「神の愛」を言いたい人はこれを知らなきゃいけないな、って思いました(自戒をこめて)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page