カテゴリ
高次ガイダンス  の記事のリスト

決意のきっかけ

2019年05月11日 (土) 19 : 34
暑かった一日。
今日はようやく普通の土日っぽい代々木公園に行ってきました。













お写真のトートバッグは、先代の時からお世話になり続けている動物病院のロゴ入りオリジナルトートバッグ。
昨日、わんちゃんのフィラリア検査と血液検査&フィラリアお薬もらいに行って、頂いてきたもの。
動物病院もこの界隈は軒連ねているといえばそうなので、ライバル多しでお客さん争奪競争もあるのだろうとは思われますが。
(考えてみるとうちから代々木公園到着までの道中だけでも、こちらを含めて3軒あったりしますし。動物病院には困りません。スーパーよりも数あるかもと^^)

動物病院の鞍替え予定は今のところナシ。というか、しない。

看板犬のカイくんも14歳(看板犬というか輸血担当要員という(笑)重要な仕事をしている仔。一見、輸血のためにだなんて無慈悲な感はあるが、わんこオーナーたちには「そのためにいる仔」とは言いつつ、先生は彼を大事にもしている。)…先代が生きていた頃はカイくんは確か7歳だった。。。彼から3度に渡り、輸血してもらった(カイくんの血液型はなにやらありとあらゆるワンコにそこそこ適応できるタイプの血液型…当然のごとく先生は輸血要員としてそういう仔を探して見つけたのだそうで…犬の輸血は通常、同じ犬同士で2回続けてはできないと言われているのだが、同じ犬から3回輸血してもらえたというのは、おそらく異例中の異例だと思う)。。。最後は、先代の体内を流れる血は、ほとんど先代の血じゃなくてカイくんの血だよね~、とか、そんな話をしていたあの頃から、もうそんなに時間が経ったのかと。

ワンコたちの命の月日はとても早く過ぎ去る、そして、圧倒的に短い。一日、一日が、尊い。









今でもよく憶えているけれど、先代が亡くなってから、次の仔をお迎えするかどうかについて、悩んでいた時。
またあの悲しみがあるのかと思うと、私はもうその経験はしたくなかったし、先代だけで良いのでは? と、実は積極的ではなかったのです。
しかしペットロスの約一名が(笑)重症感が日に日に増していくし…やはり彼のためには次の仔がいたほうがいいのだろうかと悩んでいた。

でも私は自信がなかった。先代を愛したように愛せるワンコじゃなかったら、どうしよう。とか。
先代じゃない仔と暮らしている、そのイメージが想像つかなかったし、「やっぱり先代が良かった」と比べてしまったり、そういうことをしてしまうのではないかと。
違う仔と暮らすなんて、望んでいたわけではなかった。先代に、戻ってきて欲しかった、それだけだった。先代じゃないと嫌だった。
それでも、うちの中のペットロスの約一名を思うと(笑)私はもう先代だけでいい、とも言い切れなかった。

その日もまさにそのことを考えながら「どっちにするか。次の仔探すべきなのか」胸の中で質問しながら、自転車を走らせていた。

その時、自転車で走っている私に、「こんにちは」と声をかけた人がいた。

それが、動物病院の先生だったのだ。

先代が亡くなってから、当然のごとく、一度もお会いすることもなかった。その先生が「どうしてましたか」と、自転車で走り去る私に気がついて。
立ち止まって、少しだけ、話をした。
半年ぶりだったか。
毎日のように、先代を連れて通い続けた動物病院。
あの頃が蘇る。

と、同時に…私はこの時、「これが答えだ。」と閃いていました。

近所だけど、近所だからといって、知っている人に偶然すれ違うことなど、本当にないのです(うちの界隈はそういうところです)。
色々、不安だったけれど、そうね、こうして、頼りになる動物病院の先生だって、うちの近くにいるんだし。ということに気がついて。

大丈夫、先代じゃない仔のことだって、またきっと、大丈夫。またきっと、愛せる。

それが決意の決め手だったのです。

今の仔との出会いは、こういう小さな小さな「決意のきっかけ」から始まり…そして、今の仔が、います。

当然のごとく…「本当に、今の仔に出会えて、良かった」…あの時、決意してよかった。そう思ってます。


「何かを決める」…私たちの世界は、そこから始まるものがあります。
決めなければそれは起こらない、出会わない、そういうものがあります。
こういう感じ、なのです。

見逃してしまえば、見逃せるような。小さな出来事、背中を押してくれている、Goサイン。
こういうのが、「高次ガイダンス」的なものの、一例です。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

数字のサイン

2019年05月05日 (日) 00 : 00
ここ数日、なんか「数字のサイン」のオンパレードでした。

偶然なんですが、「ひふみ」「みろく」に関わる数字が凄い。

お客様のお振込金額が、そればっかだったり。

お買い物トータルの数字がそればっかだったり。

銀行残高がそればっかだったり。

けっこう、ぶるっときますね。

あ、エンジェルナンバーというよりは(笑)”ひふみよいむなや系”です^^。

ひつくの神様と繋がったんでしょうか(爆)。

あの「富士は晴れたり日本晴」…の記事を書いたあとから、オンパレードなのです…

令和連休というのもあるのかないのか? ブログへのアクセスそのものはあの記事の日のあとからがくっと減っているので、もしかするとあの記事でドン引きされて、ただでさえ数少ない総読者数のブログなのに、PSWはまた読者さんを失ったのかしらと(笑)ちょっと書いたことを後悔してたんですが(小心者)。

数字のサインはそんなちょっとだけ後悔していた私へのメッセージというか、きっと、「今、伝えておくべき内容」であったことへの、「それでいいよ」のオッケーサインなのだろうと、思っています。


魂のスペシャリスト 

(使用石:グランディディエライト、オイルinクォーツ、ダイヤモンド、ダンビュライト、センティエントプラズマクリスタル)




数字で示されるサインというものもありますが、近しい人からの言葉とか。

そういうのも、高次ガイダンスですよ。

うちの石アクセサリに限ったことではないと思いますが、とりあえず、自分ところのお客様の例しか知らないのですけれど。

うちの石アクセサリをご購入されると到着前から、不思議現象が(笑)ある人にはあるようです。

高次のオッケーサイン。祝福サイン。のような感じ。

そういうのをお伺いすると、「良かった」って、こちらも「ほっ」とします(笑)。
ありがたいです^^。ありがとうございます。

私がなんとなく気づいてお客様にお伝えすることもあるんだけど。

売っている私から言われるよりも(笑)、周囲の人から偶然こう言われただとか^^、そういうほうがずっと信憑性あるので。





ということで。高次サイン。気づきましょうね。(アクセス減ってビビってたくせに^^)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

やりたいことを探さない

2019年04月23日 (火) 15 : 34
気づけば明日から!! チラ見に入ってしまう時節となっています!!!
現在、月末の新作石アクセサリに向けて、制作〆の段階に入っております。

ははは、スミマセン、このあともうPSWでは「平成を振り返る特集」みたいなものができなくなりました(笑)。

でもおそらくそれはみなさまそれぞれに、今こういうカウントダウンみたいになっている時期ですからね、もう今それをなさっていることだと思いますので、私が特に何か提言しなくてもいいことかな、と。





ひとつだけ。

表題の『やりたいことを探さない』ですが。これは「なりたい状態を探さない」とも言えます。

これは、「石選びの極意」でもありまして。
簡単に言うとエゴを挟まないということではあるのですが、エゴを挟まないようにって言われると^^エゴがたっぷり出てきますから、「自分を忘れて夢中になってる状態」としておきましょう。


このブログでも、何度も過去からお伝えしていることなのですが。

石アクセを選ぶ時や、石を選ぶ時に、あなたの直接の願い事を基準に選ぼうとしますよね?

いわゆる「思考で考える、こうなりたい、の状態」です。

「○○になりたい」から、それを実現してくれるのは、どれだろう? っていう探し方をしてしまいます。
100人いれば、99人までは、そういうふうに、探すと思います。

じゃ~ん。それはNG。

いや、まぁ、NGと言い切ってしまうまでではないかもしれませんが。
そういう探し方で探しても、実際に、決める時に、「かっる~い気分で、これ! ぴぴん!」という軽さがあって、「これ欲しい」という感覚があれば、OKかな。

なので、「アタマで考える”理由”ではないところから感じる、ワクワク感からくる、これが欲しい」がやっぱり最強(笑)ではあります。(この場合、自身の”好み”基準から外れていることも往々にしてあります)


モルダバイト9_convert_20180615194919


ちなみにこの「やりたいこと好きなことがうまくいくこと」ですとか「ワクワクをしよう」のワクワク感というのは、過去からスピ方面においてはよく取り上げられている言葉で(主にバシャールさんとか)「あなたのワクワクすることがうまくいくこと」とかまぁ、そんな感じで言われます。

誤解しやすいのですが、そうすると、人間、「ワクワクと気持ちがエキサイトすること」とか、なんかこう、ものすご~くそれが特別な至福感の伴う、否定の入らない全面的肯定感情、感覚、のように捉えてしまうこともあるかもしれません。

実際のワクワクは、とても「サイレント」で「ライト(軽い)」ところからやってきます(笑)。

「スンナリ、当たり前」に運ばれていくのです。
否定も入りませんし、同時に、過度の肯定感も入ってきません(←ここ大事)。

「スンナリ、当たり前」に、成就していくのです。努力することなしに。

行動は必要ですけれど、それは、努力ではないのです。このへんのお話は、あまり近年はしていなかったかもしれませんね。

(努力がいらないスピリチュアルの話をしてしまうと、「努力したくない」「怠けたい」という欲から(笑)その魔法を欲しがってしまう人が湧いてきちゃうので^^、ほんと、この感じを表現するのは難しいのですよ)


肯定感を求めると、それは離れていきます。

あなたが何かを決める時、「肯定の理由探し」に入りますでしょ?

「これで、本当にいいのかな」という。

石のお買い物とか(笑)きっともう、それの連続なんじゃないでしょうか(笑)。

人間は常に「失敗したくない」という気持ちが隣り合わせですからね。


リビアングラス5_convert_20190117134402


PSWの石アクセサリには、「失敗はナシ」の保証があります(笑)。まず、あなたが選ぶことに失敗はないです。
根拠のない自信を持ってみていただいて大丈夫です。

なんでそう言い切れるかというと、そういう失敗しない方しか買いに来ていないから。です(笑)。

うちでご購入される、ということは、そういうことです。

私にその疑いがないので、疑いを持つ人が買ってくださらない(笑)という循環になってしまっているぶん、スピリチュアル業界的にもっとも人口比の高い迷えるカモさんたち(笑)が顧客層に含まれていないため、「あそこの石アクセサリは凄いよ」という評判の立たない、つまり「人氣が湧いてこない」ので、ものすごい大盛況ではないのが^^大変残念なところがありますが(爆笑)、あやしさ満点の石業界において、そのぶん、PSWの澄み切った晴天っぷりが保たれていますから。

とてもありがたいところです。ありがとうございます。

しかしなんでこんなにうちは「人氣が湧かないんだろう?」って思わないでもないんですけれど^^、今はこれでいいのだと感じました。
つい先日、「人氣が沸点」みたいになっていたスピ系の場所に出入りしたんです。会場には300名くらいの人がいらっしゃっていたでしょうか。
その時にですね…かつて人々の欲望の念エネルギーの渦巻く明治神宮の清正井ではじめてもらってきて「これがそうか~」を実感した「肩の重さ」を彷彿とさせる、ズシンと思い人氣を背中に乗せて帰ってきちゃったな、という経験を久々にしました。
この世のスピ系の集まりの場は、人間が大量に行き交う新宿駅や原宿駅などよりもずっと重いです(笑)。
特に方向性が近似している人々の欲の人氣の集合エネルギーは非常に重いです。
300名程度なんて実際の通常の日常場ではたいしたことない人数ですけれど、欲とか、特定の人物を崇拝というのか支持するようなタイプの集大成的エネルギーとしてまとまるとどえらい重いですね^^。
(仮にそれが、「この世界を良くしたい」という願いや、世を正す的な一見良さげでポジティブな肯定的な願望の集まりでも、ある種のそれは「人間の欲エネルギー」でもありますので)「思い」は「重い」ということですね^^。
あんな重たいの、あたしには扱えないし扱いたくないですから(笑)。
だから、いい塩梅に、そういう重たい人氣が寄って来ないPSWはこれ幸い、という、高次はからい以外の何物でもない…という感謝の、高次スペースにしてもらってることを思います。





きっと、平成最後&令和幕開けの月末新作石アクセサリも、そんな感じになるでしょう。

難しく考えないで。

楽しもうとか、ワクワクしようとか、願いを叶えようとか、これからの展望とか心配事とか、いっさいのそれらをちょっと脇にどけておいて。

幸も不幸も無関係のところで。

石との時間を、石とのコラボを、これから月末まで、しに来てくださいね。






この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page