カテゴリ
PSW制作室  の記事のリスト

未来生

2024年04月23日 (火) 00 : 00

ね~。ビックリだよねw
少なくとも、TOKYOに限らず、世界中のカバル都市が凄いだとか、ぜんぜん感じないし
「TOKYOが時の止まった田舎」
そう思うよね(笑)

「こうなることがいいことなんです」とは言いませんけど。ただ、SF的な世界、宇宙人の世界、みたいな視点だと、金属質なメタリック電脳世界じたいは「主流」であることも事実(笑)
「次の時代」に、これら捨て去る文化になるどころか
「メドベット医療センター」だとかも、雰囲気としては、SFチック建造物になるだろうし、中身もそんな感じでしょ

(東京は、「広告に溢れすぎ」なんですよね。電子広告、看板広告が溢れすぎ。これをやめれば、どれだけもう少しスッキリ洗練していたか…ではあるんだけど。カバル都市は、「街ごと広告」のようなものにされちゃってるから)

自分自身が、ずっと以前に、「なんちゃってクレアボヤンス」で見た、「自分の未来世」というやつ?

それも拠点じたいはなんかこういう、どのくらい高層物件なんだろうみたいなところに職住近接っぽい印象があって
移動手段は空を飛んでいた
電脳都市世界、そういう雰囲気ではあったのよ
(未来はこうなってるんだな~…そうか自分は未来ではタワマンなのか…と思ったんだけど(笑)。タワマンっていうよりは、「この人、地上に降りてないな」っていう、「空中に住んでる」雰囲気はあったかな。直接、空から空を移動しているというのかなぁ)

「どういう感情なのかな」というのを、そういう未来生図から探ろうとしてみたんだけど
そこは正直わからなかった

ただ「自分であることを嫌そう」に存在して生きていない(笑)
そこはまぁまぁいっしょなんだな…というwww

「多少は、未来生の自分に貢献した今生の自分がいるから、未来にはこの人がいるんだな」って
私に湧いた感情は、そんな感じね
(でも「自分」なんだろうけども、突飛過ぎて、それが自分という自己同一化感情までは、今でも起こっていませんけど。まだこの分離感そのものはあるかなぁ。だけどおそらく、「これからひっくりかえっていく地球劇場」の過程で、そういう未来生との分離感も埋まっていく、その可能性はありますよね)



次の世界は、アトランティスとレムリアのいいとこどり

それを進化というのであれば、そう進化していくと思います

ノスタルジックなタイプのタルタリア文明へと戻る、そういうわけではないと思う

私は幼少から、日本のアニメなどの一切を見ていないし(そういうものに夢中になるメンタルが起こらなかった(笑)のでw)

みなさんのように、ハリウッド映画とかもぜんぜん知りません(笑)
(ちょっと変わってるwでしょう? スターウォーズとか、そういう類。ぜんぜん知らないんだよねwww)

もちろんディズニーもwwwぜんぜん知りません

なので、まったくそういう地球文化が自分の「下地、先入観」にはないのですが

自分が、今まで、そんなに経験豊富というわけではないけれども、なんちゃってクレアボヤンスで、時々、観てきた世界は

わりと「都市的スタイル」というか

自然の風景たっぷりの世界というよりは、メタリック感もある(それがだからといって無味乾燥というわけではない)

そういう風景じたいは、けっこうあるかな

(だいたい、巨大UFO船内、っぽいのが多いような気はするけれど。でもそれも、自分が「自然たっぷりの田舎暮らしをしたことがない」それを知らないから、その固定観念から、そういうものを観るのかなぁ? とは思っていたところはあるんだけど)



地球じたいはなくならないし

なんであれ、「人間」は、未来にもいることはいるっぽい

でも未来の感触は

「広告都市ではない」その姿は(笑)自分は、なんとなくはそう感じますwww

(ただ、自分がそういう未来生を観た、その時には、自分はまだこの「完全網羅のカバル支配下の地球だった」という、その本当の姿は、認識していなかったのよね。)

「お金」という概念もたぶん「ないんだろうな」という気がした

(ないというより、「そこが重要ではない」「いるだけでそれが仕事、価値」なんかそういう「保証」が当たり前というのか)

「仕事」も同じくで、なんか、仕事なのかしら? っぽいようなことはしている様子はあったけれど

そこは相変わらず「ピン」仕事(笑)で、いったい何をやって生計を立ててるんだかがまったく不明ながらに

仕事に追われているリーマン的なそういう雰囲気とかじゃなくてwww

「それが仕事だから必要だから、ちょこっとやってる」って感じだったわね

(現代人のような「生計を立てる」という概念で「ず~っと」仕事をしていないのよ。だから「追われて」やってるわけじゃないの。寝て起きたら、身支度する、一日生きる、そういう流れの中に、そのやることが無理なくあってやってる、そういう感じというのかなぁ。「必要」な時に巨大スクリーンがそこにでてきて、「なんかちゃっちゃと操作」それを閉じておしまい。今みたいに「物質パソコン」がいつもそこにあるとかじゃなかったのよね。これ、観た当時は知らなかったけど、非常に「宇宙人ぽい」よね? 彼らもそういえば「意識」でUFO操縦しているらしいでしょ? ここをこう動かせばこう動きます、とかじゃなく一体化して動かしている。そういう感じだったかな)



自分がそれを観た時には、な~~~~んにも、繋がっていなかったけれど

(その時はなんか突飛過ぎて。そして、「地球に何があったら」こうなってるんだろう? みたいなことも、「今までのカバル支配な地球スタイルの延長」で考えていたからね)

そこには「今の自分」は、もうそのままいるわけではないのかもしれない

でも「悪くなさそう」

そういう地球の未来に、貢献した自分がいたから、この人が未来にいるんだな

それを、「愛」というのであれば、そういう「良かったね」な感じならあったかな

(その人は、私には、親指立てて「バッチグー」サインを、ニッコリ微笑んでよこしたわよ(笑)。不思議よね。なんとなく。。。ただ、「どう見ても」今のあたしよりは(笑)「豊かそう」「ルックスもいい」「アタマ良さそう」「普通に自分に自信持ってそう」だとかwwwそうね、今のあたしの先入観基準で言えば、「未来にそうなっても遅いんだよね。「今の自分」がそういうわけじゃないんだから」みたいなwww正直、恐るべきwwwな~んていうのかなぁ…そんな複雑感情も、観た時には芽生えたことも事実かな(爆笑)。良けりゃ良いで、人間って、身内(自分)にだってそういうことを思うわけですよwww「変わってない」雰囲気は、とりあえずは「好きに生きてそう」なところだけ、だったかな。。。たぶんね、「人間は、自分の子どもに」この感情移入をするんだよね。未来の自分、って。そう思うから、子どもにあれこれとちょっかいを出したくなる。自分の先入観で(刷り込みで)「良かれ」と「教育」したくなる。まぁ、今までの地球ではそれもじゃあ、「必要なかったのか」といえば、そこはそうじゃないから(笑)。それじたいをもちろん否定しませんwww放って置けば「反社」になりそうな(笑)子どもには育てたくはないもんねwww実際、このコの将来ヤバそうね、って子どもならもう今も「わんさか」いますからね。(不良になろうと従順ないい子になろうと。いずれにしてもwww)。個人的に言えることは、「親が精神的に成長(アセンション)」していけば、子どもも影響されます。だいたいざっくり言えばどの親子も「あの親あってこの子あり」のような影響はある。でも必ず「親を超える」ことはできるんですが、チャレンジしないんだよね、人はそれも。そのくらい、影響があるのが親子、血縁。でも、それ以上のつながりがある、と言えるのが、こういう「魂の家族」と呼べる存在なんですよ。次の時代は、人々は、そういうものを「思い出していく」過程に入っていくと思います)










「アトランティス劇場最終幕」



『次元シフト』



「Calling Voice」



「変化と安定」



『アーカイヴ~宇宙意識~』



『黄金時代ウォーミングアップ』


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

もっとも人間(笑)

2024年04月22日 (月) 00 : 00

もっとも惨め(笑)っちゃ惨めなパターン、お人好しパターン、でしたね(笑)

ですから、「高学歴なんだから、気づいてよ」と、他人のことは言えないのです(爆笑)

必ず「人間」には、「その人の、気づくタイミング」がある、ということなんだろうと

自分は、そう感じるんですよね

(なので、「まだ羊たちも捨てたもんじゃない」その「可能性」を見守ってあげたい(笑)母の気持ちなんですwww)



こちらの記事へ残してきたコメントが以下

クリ腐敗って、人類の集合意識AI予測だそうですよね(笑)

「愛の欠片もない」のが人類集合意識。ってことなのかなぁ
それとも、クリフハイも、カバルが意識操作したものを見せられているのかしら?
(自分はこっちかな、って思ってるんですけれどw)

愛がないのは、カバルだけじゃなく(笑)
羊の側にもぜんぜんないんですよね~、ってことかしら。

「次元上昇」は愛のない者はできません。
ただ、人類が「カバルにずっと支配されている、既存意識をキープしたまま」であれば、こういう世界は、展開される可能性はゼロというわけではありません。

こういう生き方じたいを否定はしないけれど。
こっちの地球になってしまったら。そこまでして生き残りたくはないな~、という気はしてしまいますね。

サバイバル脳(爬虫類脳)そのままw
それ一切を「人々がやめられる良策」それが、ネサラゲサラなのにな~。

でも、なかなかそれが来ないのは。
やっぱり、最終人員の選別をされてるのかなぁ? (カバルのディストピアはとは、また別の意味で)
そんな気もしてきちゃいますね。

私が新米オーエルだった時代、円は170円くらいでしたけれど

そんなに日本人が「破滅的に貧乏国だったのか?」といえば…「そんなこと、なかった」とは思います

ですが、あの頃とは世界情勢がまったく違っていますから、同列に語ることはできません(そこはわかります)



ただ、振り返って言えることは

日本という国はもうすでに、私が生まれる前から

「日本人が舵を取って来なかった」ことは自明なので

「他国の人のせい」にするつもりはありませんけれど(笑)

申し訳ないけれど、「壊滅的に愛を持っていない傾向のある人々」に、舵取りをさせてきていたことに

日本人がぜんぜん気づいていなかったこと

それじたいは、日本人の責任、とは言えると思います

まぁ…「日本人にも、素晴らしい人はいた」こと(大企業時代の高卒こわっぱオーエルの時でも、自分のボスだった方とか)

それじたいは事実ですが

そういう人じたいも少なすぎて(笑)「出る杭は打たれ叩かれ」消滅させられた「歴史の事実」も知っておりますし

でも、ヒストリーに名を残しているわけではありませんし、世の中的に何か功績があるわけでもありません

「憶えている人」も、当事者と、ほんの一握りの人間だけでしょう



多くの羊が「憶えている歴史」は、いずれにせよ「表面」

アンチだろうと、「寝ている」人だろうと、覚醒者だろうと(笑)自分の見てきたもの、自分の実感

そこしかないのは、それはそれで、しょうがないです

「表面」に、「出てくる情報」や、「既存の歴史情報」に、振り回され続けている

そこは、よく似ています

いずれにしても

人一人が、すべてを経験し、すべてを知ることは、不可能な世界

そう言えると思いますから


「過去の繰り返し」をしたいのか

「未常識」を行きたいのか

そこですよね

私は、「未常識」の世界を志向しています

「今まで人類が繰り返してきたこと」それを、踏襲して生きていくこと

そこからの卒業をしたいわけです(笑)

「人間はそのために生まれてくる」それが、輪廻転生だったはず(笑)なのですしwww

実際に、未常識を志向したほうが(本人的常識や「人間あるある感情」を打ち破っていったほうが)

必ず結果としてはスムーズ展開はしていますよ

「カバルカルト社会」というのは、そういう意味では、「人間」を鍛えます(笑)

まぁ、宇宙人も

必ず、最後はそこへ持っていきます

「悪党がいることで、必ず進化した部分がある」その事実(笑)を言いますよねw

エンキでさえ(笑)その闘いで「不死身」になったそうですから

結局は、やつらは宇宙の中では「磨砂」みたいな存在でもありwww「消滅」そのものはしない

またどこかから湧いてくる、「相対存在」でもあるのかもしれませんね
(「必要悪」とは言いません(笑)。しかし「調味料」にはなっているwその場合はある、それじたいの完全否定はwwwできないところってありますよね?)

地球じたいは、もう、「カバルを飼う」ことはやめたい様子ですし、地球は最終は安全惑星となる様子ですけれど(笑)

カバルたちのことだけじゃなく

自分自身が「人間じゃなくなっている人間もどき」とならないように

愛を失うことないように、最後まで生きていたいと、思っています


RVめいた動き(笑)

それじたいは、世界では”一応”進んできてはいるので

こっちも、もう「後戻り」をすることはないと思いますよ

あたしはクリフハイ予測の、過去の歴史の繰り返し、そっちは「ない」と思っています

ただおそらくですが、100人人間がいれば、100人が、クリフハイ予測の方に「納得感」を覚えるでしょう

それが「恐怖支配のサバイバル爬虫類脳」だからです(笑)

おおかたの人間がこれを「やめないと」今の地球が続く…それも「真なり」なんですよね

(なのでまぁ、「ポアしてあげるのはその人のため」にも通じる「レプ遺伝子書き換えワクチン説」これもまぁ…「いいの?! 勝手に!! それで!!」ではあるんだけど、あれなんですよ、ほら、その人の「高次ガイド」って…「わざわざ危険をそそのかす」それもあるじゃない? 実はそれも、もんのすごくもんのすごく、ドン引きするくらい「長い目」で見ると、「それも本人のためだった」ってやつ。それかなぁ? と言えなくはないんですよね。「生殺与奪は人間にはない」けれど、「高次目的のそれはある」そう言えそうなのも事実だから(笑)。)

「やさしい支配層」は、その「やさしさも愛も疑う」人類にも、手をこまねいているところなのかもしれません

(イラクなんかも、イラク国民じたいに「イラクディナールを信じさせる」ことに、ものすごく時間を費やしているみたいよ。「ドルのほうが生きていくに有効」って、国民が信じちゃったし、実際に「現実が今までそうなっちゃった」から。なかなかドルを手放さない現象、それが続いちゃった。おそロシアとかだって、ついこの前までロシア国内にカバル企業そのものはいて、経済活動をしていたわけですから。そんなに簡単じゃない(笑)話よね。日本人が、「在日と日本人の見分けがつかない」のもしょうがなかった(笑)話でしょうしwwwだからね、今は、「一応、表向き善良そうな」たとえそれが本人の保身であったとしても(笑)それでもwww「羊の目を覚まさせよう」と、けしかけてる、大衆を煽ることができる人たち、その手合に関しては。「調味料」としては、必要存在、そこは認めようかなって、思ってる。ほら、あたしが言ってた「”江東区多い”の一言で即ブロックされたんだよね~」みたいな、怪しげな元格闘家だとかねwwwそういうのも過去は過去だから。自分に実害がなにかそこにあったわけでもないしね。でも「羊のキッカケ」にはそういう人たちの存在のほうが役立っていること、そこは事実。そういう部分は存在価値じたいはあるわけですからね)







「アトランティス劇場最終幕」



『次元シフト』



「Calling Voice」



「変化と安定」



『アーカイヴ~宇宙意識~』




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

人間存在の深淵

2024年04月21日 (日) 00 : 00




「高学歴なんだから、気づいてよ」

まぁ、その昔、高卒オンナがw高校を出て、大企業に入り、高学歴エリートということになっている人々の世界に11年身をおいて

なんとな~くの肌感覚を持って、感じてはいた世界でしたけれど(笑)

「石を投げれば東大卒人間に当たる」そんなレベルで、周囲全部東大卒みたいなwwwそういう環境(悪くて国立大卒です)

ただこういう人たちは、「社会がうまくいっているような(とりたてて生きるに無問題な状況)」そういう場合には、社会を形成するに当たり、「害のない」要するにあんまり人間社会そのものとか、そこに対する「不満が皆無」といえばまぁ、皆無に近い(それが「自立した大人」という利点は、高学歴な人々は「一応、与えられるから」です)そのため、表面上はとても「いい人」も多いですし、他者を侵害する不良みたいな人間ジャンルでもありませんから

まぁ、だからこそ厄介なんですよね~

こういう「傾向」それが「どうして?」なのかが

コロナプランデミックに至るまで、よくわかってなかったんですよね

そこまで網羅して、考える、気づく機会が自分になかったというのか





オウム真理教の場合は、その他者を侵害する、「ポアしてあげるのが、その人間のため」という

まぁ、強力なその洗脳が「自分の「思考」「判断」「我欲」がないことが純粋性」というのか、概ね、宗教の場合、必ず、「人間は低い位置設定」となるため

「ニンゲン感情」で思えば、「ありえない」ことでも、それが「高次元俯瞰思想」と思えてしまう

(ですからね、昨日言ってた話、「レプ遺伝子組換え注射」のような話もですね・・・ちょっとオウムっぽい話でもあるんですよ。まさに「ポアしてあげるのが、その人間のため」っていう話になってしまうでしょ? そして、「地球アライアンスの闘い」それじたいも、オウムっぽい部分というか(笑)まぁ、これは・・・「地球最大のカルト」と(笑)闘っているわけですから。これが「ニューカルトVS旧カルト」世代交代戦争(笑)っちゃそうよね・・・「そう映る」人もいると思います。「多少の不自由は我慢してくれ」っていう(笑)「全体のため」という、カルト宗教にお約束な側面wwwめっちゃ、持っていますでしょ? しかし、「地球規模をソックリ変えようとしている」レベルです。そして、白帽子は「人類全体を人質に取られている」ところからスタートしています。完全洗脳、思考ジャックが行き渡ってきた完成度の高い(しかし穴だらけで論理破綻している)カバル奴隷社会・・・それを、「人間の社会」に、ほんとうに変えよう、ってレベルです。オウム真理教どころの話じゃない(笑)のは、わかりますでしょ? 目隠しされた奴隷社会でフワフワ「娯楽」とか「趣味」を追いかけて楽しんでいるほうがいい、って思ってる人間のほうがずっと多いんだしね。でももう奴隷たちが「生きていてそれさえもできない」ところへと最終持っていこうとしていたのが、「カバルヒエラルキー」のほうがこの先に用意しようとしていた社会だったわけです。正確には「それができていると永遠に勘違いさせる世界」なんですけどね(ムーンショットとかはそうかな。身体と脳を共有、完全に明け渡す(笑)っぽい世界だから)これが「ない」のであれば、この社会では奴隷身分のほうがずっとお気楽(笑)そうも言えるわけですよwww間違って「人間の心」を持っちゃってる人が、「カバル上級」のほうなんかと関わっちゃうと(「生まれ」だってそうよ)その生き方のレール、一族血統の理念から外れて生きることはできない、カバル人種はカバル人種で、その秘密を墓場まで持ってく「不正直」な世界を生きてる人たちなんだから。だから、彼らは良いことも言うし、カリスマ性とか影響力はある、存在として魅力的でもある人も多いんだけど「片手落ち」な歪な世界が形成されていくの。大勢が、彼らに影響を受けてしまうので。それも「宗教」なんだよ。ここをわかっているかな? ってことですかね)

原発の下には、地下施設、のような(笑)

「見たわけでもない」けれど、「なんかそうなんじゃないかな」のように言える話なんかも

悪魔教撲滅のために、白帽子が闘っているのかどうかっていうところも

「まだ見たわけではない」ことを、信じられるっていうのは

「それが宗教です」とも言えるんですよね

(だから私は、「起こっていた事実を知りたい」わけなんですよ(笑)。一日も早くwww「事実だったんだ」の認識を得たいですよね~wwwじゃないと、こんなのだって、現段階では「あり得ないカルト」みたいな話なんですからwww「本当だったんならカルトにしないで欲しい」(笑)それもあるからwwwそうしないと、「生まれてくる人間」は、カバルカルトの世界を輪廻転生し続ける、概ねが生まれてくると、そこで存在するためのノウハウ取得のためって部分が、「主軸」であるところから、ずっと逃れられない運命存在であり続けることにもなってしまうからね)



今、PSWを読んでるみなさんが、高学歴であるかそうではないかに関係ないのですが

ようするに

この世では、それが「現実になる」ということじたいが、ある意味、宗教化され「大勢が常識として認められ公化されたからそうなる」

地球は、肉体人間の世界は、そういう場所だった
(広く認知されることが「公式」という部分です。但しこれも「個別」には違います。ですから「いくつも宇宙が、違う現実が存在する」これじたいも別に間違いってわけじゃないのです)

そういうことなんです

「願望実現」的なメカニズムも、全部これっちゃこれなんです
(ですから「公」を変えるには、人間がちょっと集まった程度の「認識力」程度では変えられません。しかし、「個人レベル」であるなら、それは即日だって(笑)可能です。個体としての現実化の速さとか。そういう実現力の個体差はその自覚の差、違い、それと「雑味のなさ」かなとも思うんですよね)

だけどそれって、どうやら別に、地球の人間だけの話でもなさそうですし(宇宙人だってそうですよ)

それに「相手を認める」「違いを認める」これじたいは、「存在ルール」なんだよね
(笑。だから悪党じたいが宇宙に存在していることを完全否定もできない、それはあるわけです。)





黄金時代、ようやく来ましたね~。ちゃんちゃん。それで「終了」するわけでもない(きっとね)

宇宙の、「人間存在」の深淵

これを体験している、只中にいる

凄い時に生きているとも、言えるんですよね


そう。だからね、上述で、高学歴タイプのことを、「例」として言ってはいますけれど

カタストロフが「解放」になる側面、それじたいはあるんですよね

カタストロフと言うか「非日常」かな

当たり前だったことが、当たり前じゃない状況

だから、中にはそういう、コロナ毒注射を信じていた高学歴さんタイプも

ほんとうに、世界に、そして、日本社会に、「今までが継続しない」カタストロフが訪れれば、それが「解放」へと繋がっていく人たちだって

それはそれで、たくさんいるような気がします

ようやく「正直な、本当の自分を発見できる機会が訪れる」とでもいうのかしらね(生きていればだけどね)

(人の心配もいいんですが、「アホでも騙される」これだってwそうなんですから(笑)。反ワクとかwそれはそれでwwwやっぱり騙されてた人だって多かったじゃないですかwww参政党とかに(笑)。「白帽子」「Q」とかだってそうなんだ、って(笑)意見もあるのも知ってるよ。だからあたしも言ってるじゃん。彼らが勝利すれば、なんだけど、「なんぼかマシな新しいカバル」と言える、って(マシどころか雲泥の違いなんだけど)。あたしは「悪魔教撲滅が本当だったんだ」ということが示される日がやってきたら、「地球アライアンス教を信じた自分」が(笑)まぁ、ようやくそこで報われ感覚、それじたいはあるかもしれない。ですが、「それ以降」の、人々への奉仕活動というのかしら・・・そっちのほうが(その精神的カオス相手のほうが)想像すると、大変かもしれないな~・・・とは思ってるかな(でもこれも、「それをやるなら」の話。いずれにせよ、あたしは他人への「押し付け」「操作」はね、したくないので)。どっちにしろ、「支配層」なんて、遠い人たちでしょ?(笑)普通の人、私たちにとって。そして、普通の私たちにいつも最終残されるのは、「その人自身が形成する感情経験世界」どのような世界で生きようと、ここは変わらないのですからね。ただ、変わらないのだけれど、「騙されている前提」がとっぱらわれて、隠し事のない世界においてのソレと、ヴェールに包まれた隠し事だらけの世界のソレと。その見えていない前提ルールの中で「洗脳」されていく「思い込み」のそれとは「雲泥の違い」が、これから始まっていく・・・まぁ、ほんとうに始まるのであれば、それはカルトじゃなくなる(笑)人間社会の次元が上がるwww「シフト」「必然」「常識」という現実化へと進むはずですから。でも始まっていない今の段階では「又聞きの宗教」みたいなものかと思います。そこは私もわかっていますよ。私一人で社会を形成しているわけではないのですからね)

ただ

コロナワクチンに関しては、ですけれども

「最初から気がついていた」タイプの人は、どうしても、「周りが変わっていない」という思い込みのほうが優先しているかもしれませんが
(まだマスクしている人のほうが多いとか、周囲が気づいている様子が今もぜんぜんないとか。これは、おそらく、住んでいる環境、その人の仕事環境など、相当個人差もあると思います。自分は、自分の周辺環境を見ていて、たっま~に、マスクしている人は見ますけれど、もうあの、「日本人全員がマスクしてた世界は(笑)完全に終了したな」っていう感覚のほうがずっと強いですよ)

上述の、高学歴の人ほど、コロナワクチンを否定しなかった現象なんかもそうなんですけれど

こういう今まで気が付かなかったタイプの人々が、一斉に気が付き始める、そういう「兆し」の演出じたいは始まっていますので(笑)

例の、池袋2万人デモだとかwww
(デモなんかやってもね…っていうのは、それはそうなんです。そうなんですけれど、「頭数」としてですね、2021年あたりでは…どうしたって、それは「ない」現象ではあったこと。できなかったことではあったかとは思います。「参加した人」にとっては、「すっごいたくさんの人が信じている宗教」じゃないけれど(笑)一応、スポーツイベントとか大物コンサート・イベント並みの頭数を「目にしてる」わけでしょう? だから、「絶対に阻止しなきゃ」っていう、「信じるに値するもの」として認識する効果はあったと思いますから。)

これらは、日本では「未開封」の情報統制でwゴミメディアは何も「社会問題」とは扱ってはいないわけなので(それで多数羊も気づかない)何も変わっていない・・・そうなのかもしれないんですけど、海外メディアは取り上げている様子です

こういうデモ隊人数が増えていくことで、それも日本人お得意の「外圧」と「同調圧力」でwww(「ジャニーズ崩壊」も、もともとは海外メディアからなんですから)

ころっと、「レプリコンワクチンの日本人での治験などとんでもない」という(笑)空気の形成そのものは、ようやく起こってくる、形勢逆転劇場じたいは、見られるようになる可能性はあります
(仮に、政府主導でまたやろうとしても、今度はコロナワクチンの時の催眠術にかけられたように「全員が注射の列に並ぶ」ことを拒否する、そしてその危険を「周りに流布する」人間も、コロナワクチンのスタートの時よりは「増えている」であろう、その可能性は、じゅうぶんにあるわけです。秋まで時間ありますからね)

SNSでつぶやいてるだけじゃなくて、行動する(「他人に拒絶される恐れ」から解放され、だんだん日本人が「本音」で動くようになる)
「自分が社会洗脳されていたことに、だんだん気がつく」日本人が、増え始める

その、「今までに日本社会になかった」エネルギーじたいは、少しずつ、増してきてはいるようです

(レプリコンワクチンは、「日本人でお試し」しようとしている、初の自己増幅型mRNAワクチン。これはもう、だいぶ前から言われていました。mRNAコロナワクチンじたいが世界中(カバル枢軸国)で治験だったんですけどね。コロナの非常事態という理由で。一応「治験は成功した」という(笑)話にはなっているみたいですねwwwで、mRNA次の新作(笑)を「日本人でお試し」その理由は、「治験ワクチン実験用の猿」がですね、現在価格高騰していて猿一体が800万円するそうなんですよ。ワクチン治験のために猿一匹に800万円も、お金出したくないんでしょうね。なら日本人でやっちゃえ。「コロナワクチン7回も打ってる「異常な」「猿の知能以下」の民族だから」ってことなんでしょうね(笑)。日本人の命は800万円以下、っていうより「無料献体でOKの動物」wってことです。どうですか? さすがにwコメツキバッタの低姿勢の日本人リーマンくんでも…これは怒っていい話でしょう(笑)。怒るのおせ~んだよ、とも^^^^2021年からずっと怒っててw怒りで虫垂炎発症した(笑)神崎詞音は、今はもう怒っていません。あとは、日本の羊さんたちが正義と人道に目覚めて怒りと思考力を取り戻し、羊ではなく人間として立ち上がるのを、母のように慈しみの喜びで見守っています)

こういう人たちが、今までよりは増えると、「EBS」も「軍の介入」も、理にかなったものとして、大衆の目に映る、そういう「下地」にはなるかもしれません。もう「アタヲカ」と呼ばれない(笑)その日の到来も近いと^^^^早くそうなって欲しいものです











「アトランティス劇場最終幕」



『次元シフト』



「Calling Voice」



「変化と安定」



『アーカイヴ~宇宙意識~』


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page