カテゴリ
PSW制作室  の記事のリスト

クチに出して言うのは大事

2021年08月02日 (月) 00 : 00
お客様メールへの、ご返信です。



> コロナワクチンも職域接種で現在打つ事が出来るのですが、私含め皆打ってません。静かにワクチンスルーしてる状態です。

そういうのは、みなさんで、「56枠やばそうだよね」とか会話をされたりするのでしょうか?
それとも「なんとなく暗黙」でそうなっていってるような感じですか?

ちなみに、自分はまだ身近な周囲に、死人とかは出てない(笑)のですけれど(見た目が酷い副反応、「枠打った腕が内出血で真っ黒に」みたいのは聞いてますが、とくに死んではいない様子)
身近な周囲には、枠打ちで亡くなった、重篤副反応状態になった、のような声というのはありますか?

自分の周りがそもそも打たない人ばかりだと(笑)デマ太郎大臣じゃないけどwww別の意味でツィッター民の言ってる誰ソレが死んだ、って「ほんとなのかな~」的なwところもあったりで。

ああやって、ツィッターの声とかでわんさか出てきてるような、周囲に複数死んだ人がいる、とか、そういう現象じたいにリンクしてこないところはあるんですよね。
この先も、「私自身の身近では」ないかもしれません。
(あるとしたら、567脳どっぷりで、打つのを止めるとかもうまったく話にならなかった、マンション管理人さんとか(笑)そのへんだけですねwww一応、どうなっていくかの経過は見ますよ。今のところは、ご存命です)

ただこういう、周囲の人や家族が枠うって死んだ、そういう呟きを上げる人を「うざい」とする鬼畜も、出てきてるようなので。
これから打つ人を怖がらせる要因、みたいに捉えるのか、それこそ「ぷちデマ太郎化」して圧力かけている(笑)、ほんとのこと伝える人をディスる空気も、ないわけではないようです。

なので、「死んだ事実を言うこと」じたいを非難されてしまうので、「声を上げられなくなる」そういう、日本人特有のダンマリ、内側に秘めちゃうケース、これも、これから増えていきそうなので。

周囲で亡くなった人がいらっしゃる方々が、別に全員が全員、ツィッターをやっているわけじゃないだろうし、それを「クチに出して言う」人ばかりではない、それが日本人、みたいなところもあるのでw

なので実態としては、死亡者、重篤副反応者というのは「かなり多そう」と想像できる、そのほうが現実的だよね、とは思っていますので、そういった声を拾っているサイトさんのリンクをして、注意喚起はしていますが。

以心伝心でwわかりあえる世界も素敵ですが。
打たない周りの人々とは、具体的に意思疎通を、そのへんあんまり話していないのであれば、ちょこちょこ共通認識として情報交換はしておいたほうが、のちのためにもいいかもしれないですね。
いざ、そういう鬼畜が(笑)出現してきた時に、黙ってる羊たちのままの共通認識だと、その牙城を崩され、個別に嫌な思いをするかもしれませんから。





クチに出して言うことが大事なのは

みなさまもご存知な方はご存知かなと思いますが

「言葉(言霊)は現実化する」

これは正確には、「言葉になる前の、意志は、現実化する」からです

(言葉にすればなんでも現実化するわけではありません。「高次の本質のところにある創造意志」とマッチングしていない言霊は、ただ言葉にしてみただけでは、「現実化する魔法」とはなりません)

わかりあえる人同士の、以心伝心のちからというものは、実際にあります

(日本の自衛隊の特殊部隊が世界最強と囁かれるのは、この、「だまっていても通じ合う、以心伝心のちから」を使っているから、と言われます。作戦を確認しあわなくても、「秒の一瞬の遅れが生じない」で、「あ、うんの呼吸」で「息のあった行動」による作戦の遂行ができるからだと思います)

そういうものが伝播していく世界じたいはありますので

そういう「近い感覚の人同士」がたまたま集まっている職場などでは、「なんとなくスルーしている人がほとんど」

これはじゅうぶんにありえることなので

「自分の周りは、暗黙で打たない人ばかりだよ~」これも「あるだろうな」とは言えます



このちからを、「自分の周囲のエネルギーとして確定していく、ちからのあるものとして現実化していく」

そのツールが、言葉であり、言霊です

あやふやな「意志」「思っていること」を、あなたの「言葉」にしてください

ツイッターで被害者の周囲がつぶやく、ああいうつぶやきは、「意志」ではありません

「あったこと、あった現実に対して、その人が思っている感想、感情の吐露」なので

感情のエネルギーというのは、そこに同調できない者にとっては、「うざい」と感じるエネルギーでもあるので
(感情のエネルギーというのは、それだけ「強い」のです。なので、同調できない者にとっては、「うっとおしい、拒絶感、不快感」の感情を起こさせるわけです)

その不特定多数に向けられた感情エネルギーは、ぷちデマ太郎を結果的に支援するような(笑)、受け取った人の「拒絶」「攻撃性」という感情を引き出すことに繋がることもあります

(SNSというものが、「あらゆる感情がとぐろを巻いている地帯」な理由はこういうことです。なので、SNSなどで拡散すること、それも有効は有効なのですが、必ずしもそれが、多くの人に共通認識とならない、響かないのは、「感情のるつぼ地帯」だから、というのもあります)



当初、枠打ちが、医療者優先で始まった頃も、同じ現象ありましたが

567枠珍の話を始めると、「もう打つって決めているから、そういう話を私にしないで~」と、同僚に拒絶された、という医療者さんの話など、ありましたよね?

危険だから、危ないから、止めている…でも、拒絶された、聞いてもらえなかった、という

これは、相手を止めたいという「感情」のほうは拒絶されていますが、「言葉にした真実」のほうは、いずれ相手の気づきにも繋がるかも、その時はひっくりかえせなくても、他で気づきを得るかもしれない「可能性」はつくるので

「私は、打ちません。」そこに繋がる、「なぜなら~…」は「意志」の現実化ですから

mRNAワクチンがどういうものかの解説、テレビ出演の動画の、苫米地博士も、はっきり、「私は打ちません。私は、今までどおり、自分はキープディスタンスで乗り切れると考えているからです」と

「自分はこうこうこうだから、こうします」と言っていますが

まぁ、考えてみると(笑)私も、似たりよったりの、言動をしていることはしています(笑)

なので、今のところ「56枠で死んだ知り合い」に遭遇する世界が発生していない、とも言えます
(そういう現実を自分で創造している、ということ)

彼は、別に誰のことも止めてはいませんけれど(笑)結果、あの動画を見て、「これはやばいのかも」と、みずから、感情を強制されることなく気づいた方は、相当多いはずです

(苫米地博士は、「洗脳を解く」という本を出されている人なので、自分も買って読んでみようかと、今さらですがw思っているところ。まだ売ってるかな~、この本…。実際にこの方は、過去に、オウム真理教にハマった信者の洗脳を解く、そういうミッションをしている実績はあるので(笑)「洗脳とは何か」を熟知はしている方なのではないでしょうか。なので、彼の、「mRNAワクチンとは何か」動画は、洗脳解除作用があるのだろうという気がしますwwwもともと洗脳されていない人が見ると、そう感じないのですけれど、洗脳されている人には効果があるのかな? でもどこがその効果のツボなんだろう…と、ずっと考えてもいましたけれど。もちろん、複合的な要素はあると思いますが。なかなか有名人で、「私は打ちません」を言ってくれる人が少ない中での「効果」でもあったかとも思いますし。それでも「洗脳されている人」というのは、ほぼほぼ「自分が洗脳されている」とは思っていません。テレビ脳567脳の人々も、そうなのです。なのでその洗脳を解く側にはそれなりのテクニックが必要ということです。苫米地博士は「洗脳を解く」というロジックを知っているということは、「洗脳手法もわかっている」ということなので(笑)苫米地博士の言うことがなにもかも正しい、というわけではありませんから(笑)そこは別に、私がこの人をヲシているというわけではないことをご理解くださいwww但し、「mRNAワクチンとは何か」動画については、洗脳されかかっているファジーな人に有効なところはあることは、私も認めています。彼は、「56枠打つな」という人々の言う、「56枠は殺人兵器であり567そのものが当初から仕掛けである」とまでは言っていない、567があると思っている人々の「感情否定」まではしていないのです。「あるのかもしれないけれど、こうすれば防げると自分は知っているので、私は打ちません」と結論づけています。おそらく、「洗脳の解き方」というのは、「相手がその感情を持っているに至る経緯」には理解を示しつつ、「そうじゃなくてもいいんじゃない?」という、他の実行可能で有効な方法提示を最後に滑り込ませる、ということなのかもしれません。私自身、「キープディスタンスが有効」なことは当初から(笑)もともとがキープディスタンス推奨派人間なのでwwwお伝えしているところはあります^^。苫米地さんに言われたからではありませんwww個人がその人のオーラフィールドを守るのに、他者の感情エネルギーからの「境界線を持つこと」「距離を持つこと」はとても有効ですよ。特に、「感情エネルギー強いな、この人」みたいなw感情負けしそうなwww相手から離れる、ってのは有効です。私は、感情エネルギー強烈ね、っていうw人々を家族に持って、苦労の幼少期~成人期がありましたからwwwそれらから離れ独立し、「ようやく自分の人生が始まった感」が満載で、その自由度にはもう代えがたい感覚を持って、そのインナーチャイルド形成期時代の囚われに幾度も転びながらもwそこで学習し、今に至りますので)

あの時期は「危険性を伝えて止められる空気じたいがなかった」それは、今も同じかもしれませんがwww

まわりが「言葉にしている」こと、自分も「言葉にしている」こと

とても大切ですから

(テレビがどうして、パンピーを洗脳できるのか? それは言葉の周波数のちからと電磁波の影響、ここらへん、感情操作、感情ジャック電磁波として、計算され屈指されてきたのが、感情操作装置、洗脳装置、テレビだからwwwですよ。テレビを見ていなくても、その電磁波の空気には影響を受ける、無防備にしていれば、そうなります。ネット上も主要メディアは、テレビと同じことをするからね。若者もテレビ見ないのに影響されている人も多いのは、そのためです。ここでは長くなっちゃう別の話になるので、短くお伝えしますが、「カバールさんたちの意図」がなぜにこれだけ「世界を圧倒的に掌握する現実をつくってこれたか」わかりますか? それは爬虫類には感情がないから(笑)とも言えますwこの話はまた追ってします)



まだあまり「言葉にはしていない」人がいらっしゃいましたら

打たない人同士で、せめて、言葉にして、「確定現実」を創造していってください

「それも勇気がいる~~~~~」(笑)とかwww言わないで、がんばろう

そんな小さな誰でもできることが、日本人を守ることに繋がっていきます

打たないつもりの方は、「どうして、あなたがそうなのか?」を、言葉にしてみて、考えてください

もしそれを「言えない」のなら、それはなぜなのか? 考えてみてください

「神崎さんが言っていたから従う」(笑)なんかじゃないはずです
(それだとテレビ脳と目くそ鼻くそですwwwそうじゃないはずです。それが、あなた自身が確定したい「意志」です。そこを明確にするのが思考であり、「言葉」です。これがない人は、この先にだって「流される要素」が出てくる可能性はあるのです。法律が変わればどうしますか? 意志をその時には曲げていく人も増えるでしょう。「まわりが打たない空気で良かった」それも事実ですが、じゃあ、周りが打つ人ばっかりだったら自分はどうだったのか? ということですよ)

だから、「氣の強い人、”氣は確か”の人になってよ、少し」ということで(笑)

「自衛隊の精鋭特殊部隊化」をしましょう

(彼らは同じ目的に向かう「意志」が統率されているから、黙っていても以心伝心が可能で、結果として「その現実を創造できる」のです。日本人にはこれができるので、日本人以外の民族に「恐れられてきた」ところもあるわけです。その日本人のちからを「骨抜き」にしてきたのが、戦後GHQ政策であった、というのはもう「有名な話」です。ちなみにこれは表面上メリケンがやってきたように思われてますが、その糸を引いていたグルでしたのが、天ぷら(笑)です。最初からすべて計算しつくされていたのが過去の戦争であり、今は、それと同じことが展開されているということ。しかし、「この先にある目的」も天意にはあります。そのことも、今回の新作「2」~「6」ではちらほらと散りばめておりますので、それを「感じ取っていただけたら」ということで、長いけど読んでみてね、とお伝えしています)

なので、こちらなのですwwwww日本人よ、立ち上がれ(あなたが大和魂持ってる日本人ならですけど)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


  • 「大和魂」ブレスレット




  • この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

    カテゴリ :  PSW制作室
    follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

    パナホームじゃなくて、タマホーム(笑)

    2021年07月25日 (日) 17 : 35
    パナホームじゃなくて、タマホーム(笑)



    急遽、重大な、名称間違いを犯していたことがわかりました!!!

    全部訂正入れますが(笑)とりあえず、この恐るべきミスの意味を知りたい…

    ということで、赤っ恥の証拠記事をwww

    「パナホーム」って、お伝えしていましたが、「タマホーム」です!!!!!(恥)



    人間はいちどそう自身が認識したことを脳が訂正する、っていうのは(笑)

    相当困難なのかもしれないってことが

    自分がやってみて、わかりましたwww



    と、教えてくださいました方に、お伝えしたのですが

    これが、「567脳洗脳の人々が、容易には変わらない」理由なのかもしれないな(笑)

    というヒントにもなりましたねwww

    自分がなぜ、しっかりニュースを見れば、「タマホーム」と書かれているのに

    それを、パナホームだと思い続けて

    何度かそのニュースじたいを目にしながらも、ぜんっぜん気が付かなかったのか

    これは、ほんと、洗脳を解くヒントにはなるかもwwwですね~


    しかし、2日間、誰もこれ言ってくれなかった…なぜだろうw

    それだけたいして人が真に受けていない(笑)ってことかもしれませんけどね^^

    アンチ(いるのか? こんな辺境ブログにw)から見れば「恥晒し」でもあり、こんなやつのいうことなど信用できるかwケラ、みたいなwww話にもなりますよねぇ…こんな大事なこと、気をつけないと

    こういう間違いってね、いわゆる「アンチ」のほうが(笑)自分と違う意見に関しては「ちょう目を光らせている」ものなのですよw

    ネット上(主にSNSですが)ってそうでしょう?

    なので、ある意味、「敵も必要」ということではあるのですよね(笑)、間違いを犯さないために

    たぶん、読んでくださっているみなさんの多くは、PSWの敵じゃないからwww

    きっと、「わかっていても、本質はそこじゃないしね~、ま、自分はわかってるからいっか♪」と

    生暖かく、おゆるしいただいていたのではないかしらと思いますがwww

    間違いは、放置されていれば、そのほうがずっとヤバイですので

    (それがまさに「56枠」のことではないですかwww周囲の人々やネット上などでこれを伝えている人々は決してその間違いを放置しているわけではないけれど、それでも、「国全体」レベルでは、誰も責任を取ろうとはしないまま、放置中ですからね。とりあえずは体制側は最初から、「何も責任を取らなくてもいいように」しか、動いていないのですから)

    お気づきの点があれば、ご遠慮なく、お伝えください!!!

    そうなのよ…あたし、敵っていないんですよねぇ…もう、何年も何年も…だから、そういう点では、お叱りを受けることがほとんどない世界なので、自分でほんと気をつけていないと、こういうおバカなことを平気でしてしまうところはあるわけです

    だからといって、「敵が欲しいわ♪」ってわけじゃないけどwww

    基本はね…意見が違う人であっても、必ず、「この人のここはうなづける」という部分、それは、わりとあるので

    「決定的な違い」ではない限りは、個人的には、たとえ567脳であっても(笑)だからその人を全否定する、ってことにはならないですし

    それは、ずっとお伝えしてきている「カバールさんがた」も同じで(笑)私は、ですが、「汚えやつらだな」とは思うところはあっても、それはそれで、彼らの論理「だまされるほうが悪い」というのもwwwまぁ、それはそれで、真理なんですよ

    で、「騙されていてむしろそれはそれで良かった時期」とかね、わりとそういうのも、人間にはあるのよ


    つうことで、訂正でした~~~~


    タマホーム社長、ほんと、申し訳ない!!! 応援していますよ♪

    ぜひその「奴隷に有無を言わせない戦法」は、「今は有効」ですからwww貫いてください

    (かならず後になって、社員の方々、そして顧客の方々に、関わる大勢の人々に理解され感謝される日が来ますから)



    記事更新していっちゃうと、埋もれてしまいますので(笑)またリンクしときます
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    「泣いて生まれてきたけれど」

    早いもので、すでに、Vol.41となっています。
    Vol.1からVol.41まで、いわゆる、56枠死と、56枠副反応についての、一般の方のツィート抜粋です。
    (これらをピックアップして日々ブログアップする…それはそれで大変だろうと思います。こういう有志はいらっしゃるんですけれどね…)

    この状態で国の正式発表751人死亡なの?
    そんなはずはないだろう…って、誰でもわかると思います(笑)

    それでも567脳は、「普通の人たちが嘘をついてる」と思うのかもしれませんけれどね

    それと、「【コロナワクチン接種者は歩く生物兵器】毒の排出で被害を受けているVol.1」っていうのがw始まりましたね。
    まぁこれも、Vol.2、3、…と続いていくと思います。
    打たない皆様は、打たないことへの同調圧力にプラス、これが始まると思いますので。

    「日本人同士の分断を狙ってるから」とは言われるんですけれどね(笑)
    う~ん。それもどうなんでしょうね。
    その狙いはね、もちろんあるのでしょうけれど、個人的に感じるのは、「もともと、そんな程度の人間関係だっただけなのでは? っていうことが、自覚できた」それだけ、とも言えるとw私はぶっちゃけ思うところもあるんですけれどwww

    その「みんなが仲良くしなければいけない教育」が、正直に生きられなかった人たちをたくさん生み出す遠因となって、こうなっている、とも言えますからね。

    だから、未接種者の人がなるべく枠打ちの人を避ける対策をすることに、「罪意識」「罪悪感」は不要ですよ。
    そんなところで、無駄にあなたの「いい人の顔」を、無理して取り繕わないようにしてください。それが「ストレス」というものを生みます。
    今まで「NOが言えなかった人」を、さらに、「NOを言えなくしていく」
    どちらかというと、分断なんかよりも、こっちのほうが狙いですよ。
    日本人は「我慢体質」の人が多いので。情弱な567脳の枠うちに遠慮する必要はないですから、「自分を守る」を最優先にしてくださいね。
    (このツィッターの数々を見ていてややイラッとするのは(笑)こうやって、自身の身に及んでも、せいぜい呟くくらいしかしない日本人パンピーがほとんどなので、ナメられ侮られているのだという、そこを一歩前へ自分から踏み出そうとする人が少ないことです。「気が強い」のは悪いことではないです。「気が強い人って嫌われる」という無意識の刷り込みありませんか? どうか、氣が強くなってください^^みなさん)


    それともういっちょ

    最近56枠と567脳話に忙しくて、そもそも、なんでこんなことになってるのよじゃぱ~ん、について淫棒ロンは語っていませんでしたが

    私が今でもちょっと伏せ字なのよねぇ~(笑)の某団体(うんでもほんとうに東京人にはタブーだと思うし語れないんだよ、誰がそこの人かわからないから、っていう意味で「やばくてそれについては人と話せない話」なところあったりだったのよん、昔からね何十年もって世界だからw)

    そこについての、こんな香ばしい情報がwww

    「567枠珍を製造するP社は◯◯の小会社だった」

    これ読むとね~

    Q情報もどっか振り出しに戻るというか、そうそう日本は単純じゃないぞって話になるのもわかる

    仮にQが正義の味方なのだとしても

    天ぷらだけなんとかすりゃって話じゃないからwwwこの国はほんとうに大変なのだ~~~ということっす

    (このリンク先の方は「日本のカバル」のことがよ~くわかるように解説されている方です。日本には日本の独自の「田◯◯システム」という和製カバルがいるんですよ、血縁の。これをさ、「最初、虎は知らなかったんじゃないか」みたいなこと(笑)今頃言ってる笹原さんという方は、「ボケわざとかましてるのか?」と思ったんだけどwwwでもまぁ、最初はアヘとは仲良し風味だったからそうかもね。それも演技だったんじゃないかと思ってましたけど。一般的に言われる世界を支配しているDS”ではない”日本を計画的に支配してきた和製カバルがいます。それが、世界の方だと思ってたP社、こっちの日本製カバル小会社だったんやんけ!! ということで、私は驚いたわけですよ。枠止められなかった理由はそこなのかしら? そうそう、その天ぷらもね、この和製のほうが入り込んでるからね。あたしはこれを最初は虎は知らなかった…みたいなwそんなクソ間抜けな話はないとは思いますけれどwww私は、その前提で(笑)最初から捉えていたんですけどね~つまりね、日本は「田◯◯」の李システムも、血縁ネットワーク分割分割ですっごいあらゆる分野、各所に網羅されてきている、完全に入り込んでいるので。まぁ、「世界一闇が深い」とも言われますそれも過言じゃないですよ)

    ほんとゴリン、これらの葬式であって欲しいと思うわ

    ちなみに、「日本人が目覚める必要がある」→「56枠を打たないこと」は、単に、その人が死なないため、とかいうレベルじゃない話は、こういうことなわけですよ。
    日本人が日本人として存在できなくなっても滅亡しても別にいいや、って軽く言える人には、それでいいのかもしれませんが
    日本人が、この世界で存在できるかできないか、というギリギリのところで、今がその正念場なのですよ

    でもこれらを理由に「56枠やめれ」をおネムのパンピーに言えばwwwそりゃもう、きちがい認定なのでwww

    今は「危険だから絶対やめれ」でじゅうぶん通用します(死んでくれた人たちのおかげです)


    実は、某お方に話してみた~、の話も、微妙にここにつながってくる話で

    確か、出版延期のままでしたよね?(ブログずっと読んでないから詳しくは知らないんだけど)

    なんかちょっと臭うかな~という感じはしますね~
    (たぶんコラボ相手の厚化粧の人って「急に出てきた売れた人」でしたよね…あんまり詳しくないんだけど近年の芸能人関係については…そういう「急に売れる名が通る」仕掛けは(笑)もうねオハコなんですよそっちのね…んで、確か引退したのか名前変えただけなのかよくわかりませんが…そういうのが向こうから寄ってくる、それとのコラボ…そして延期…気づいて欲しいなぁ、それがどういうことなのか…その間に〇〇が亡くなって…う~ん。。。その人の母親がワークショップ参加して近づいてきた、ってことなんだけどさ、「そういうのが常套手段」だったりするのよ^^^^まぢなのよ、これ。「まさかの世界」それが和製カバル手法なの。すっごいいい人たちでもあったりするからね。彼も出版している人だから知る人ぞ知るではあっても多少はバリューあるじゃない? 本人もそれを自負しているじゃない(笑)。そういう「隙」にね、つけこまれるわけですよ。彼はさ、自分の本で「普通の人が言うことの中にある真理もあるから、普通の人の自分が話す、こういう話も参考になるんですよ」とか綺麗なこと言ってるんだけど、彼自身が、そういう、「普通の人の話を聞かない人」なんだよね。だから「陰謀論からは三歩くらい引いてる」とか(笑)そうなっちゃうのよ。も少しこの世的ネームバリューある人が言い出せばw信じるんじゃないかしらwwwそれを大本営発表と呼ぶのだけど。まぁ、だから、「一般人、普通の人」なんだけどね。そっち(和製カバル)に取り込まれてる人は、56枠、気づいても、まぁもう自分は言い出せないよね。「え、ガイドってそういうの教えてくれないの?」って思うでしょ? 教えてくれないですよw「自分で気づけ」っていうのがガイドよ。「出版されていないのはナゼなのか」もうヒントはそこにあるじゃない? でもまだ出版されていない、今後も出版されないのなら、それが「高次の守り」なわけですよ。出版されたらスピリチュアリスト生命活動、今後は断たれるからじゃないのかな。少なくとも、あたしはもう宣伝してあげられないな、って思うよ)

    これ、私の他にも早くから勘付いていた人いるんだよ(凄いね。私も言われてみるまで、そこまで気にしてなかったんだけど)

    ごめん、分かる人にしかわからない話で意味不で

    まぁ、そゆことで







    この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

    カテゴリ :  PSW制作室
    follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

    不発の大地震

    2021年07月25日 (日) 00 : 00
    なんかオリムピック開会式では、震度7の大地震が予定されていたそうですね

    「緊急地震速報の誤作動」があったそうで

    不発に終わり、あの軍用ヘリの飛び交う上空監視の意味がわかり、ひとまずは良かった良かった

    イルミナティカードというものに、その予言があったそうな

    (その古い情報をご存知でした、カバールのお偉い方のおっさんたちは、揃って開会式出席をキャンセルしていたそうで。やはり残党あぶり出し、ってことでもあるんですかね~、この東京オリムピック開催は)

    このイルミカード予言は、途中まではすべて成就してきているのですが、「銀座の和光」あたりからは、実現しなくなってきていますから

    やっぱりそれを阻止してきている実行部隊がいるのは確実ですよ

    (「銀座の和光」では、大惨事発生の予言が囁かれていた当日に、そこで動画撮影をしていたYouTUBERさんの動画に、なんと米軍のTR-3B、マンメイドのUFOですが、「しっかり、映ってしまっていた」という(笑)好アクシデント動画がありましたよねwwwこれは、けっこう感動(笑)映像でしたwww撮影中や動画配信では気づかなかったんじゃないかなと思います。それが「うっすら映っていることを発見した人」が映像をキャプチャーして見せてくれていました。「Qは陰謀論」説は根強いのですが、私は、「Q部隊がなぜか一応今のところは日本を守っている」ことは事実だと思います。要するに、「旧カバール」ニセモノの権力者たちが、悪さをできないように、また、最後の残党あぶり出しのためにまだ泳がせている…のようなところも、あるように思います。東京オリンピックの開催も、まぁ、それなんじゃないでしょうか。「Qがいなかったら、すでに今頃日本人全員いなかった」みたいな話も極論でもないようにも思いますよ)

    世間はなにやら連休だそうなので、行楽地は賑わっているそうですが

    行楽地へ行ってる暇もない神崎詞音は、連休無関係で仕事です(笑)

    「もともと陰謀論は好物」なタイプ(笑)でしたので、残党カバールウォッチングができるwこの絶好の機会、東京オリンピックウォッチも多少してみたいところもあるんですが^^

    まぁ、ネット上では、それやってくださっている人々も、わらわらいらっしゃるので(笑)そういう人々にそれはおまかせして、私もそれらを斜め見させていただき

    自分自身がとくにそれに参加しなくてもいいかな、ってことでwww

    自分の仕事に邁進中でございます




    昨日の記事、「石の希少品」は、あとからけっこう追記をしているので、まだそれをお読みでない方はご覧になってみてください

    別に、タマホームの社長が”正義の味方”だということを、強調したいわけではないので(笑)

    それは「うつみん」なんかも同じですよw

    56枠を反対している動きの人々が、高潔で正義心満載のすばらしい人間ということでもないです

    ただ、少し普通の人と違うところがあるとしたら

    「同調圧力」のような、「人氣」に流されない、自分を持っている人、ということです

    「頑固」とも言いますけれど(笑)

    これも多少は持っていないと(笑)結局、ただただ周りに流されている人が、これから大変なことになるだろうことは予測はできますけれど

    その頑固さが裏目に出ることもあるので、ほんと、難しいですよね

    現に567脳の中にも、「身内に止められれば止められるほど」頑なになって、二回目56枠も打ってきた…みたいな方も、いるそうじゃないですか(笑)

    だから、むしろ、止めちゃうのもどうかな、というのも、あるにはあるんですよねwww

    人によっては、言われれば言われるほど、ムキになって(笑)「おまえになんか言われたくない」とw

    自殺行為へ進む人って、この世にはいますから

    かといって、「あなたの自由ですよ」ばかりを尊重し続けて、ダンマリでいうるうちに、周囲が全員、枠打ちになってしまった…のような、悪夢にもなりかねないところもあるわけですし

    別にこういうのは、「56枠に限った話じゃない」のですよ

    人に言われれば言われるほど、逆の行動をしたがるあまのじゃく、っていますから(笑)

    特に、身近な家族とかだと、そうなりやすい人もいます

    (そういう人は、「外面」はものすごくいい人です。「なんであんなにいい人が」とw世間では言われるような人です。その逆に、家族の言うことなどを信用するタイプは、わりと世間では、はみ出しものだったり(笑)変わり者だったりすることもあるのかもしれません。両方にバランス良く長けていることが望ましいですがwwwまぁ、どっか偏っていることもあるのが人間ですよね)

    私自身にも、そういうところはありますよ

    私は放っておけば極端な正義感に燃える陰謀論者にもなりかねない(笑)素養じたいはあるんですがw

    そういう私の性質の現実バランスをとっている存在が、うちの人なんだろうな、という気がします



    私も、56枠止めなくても良かったのかな~、という「いやこれは、どうだったかな…」という、ご進言を、某ある方に、ようやくしたところです

    直接的には止めてはいないんですけれど

    打つ予定、って言ってる人を、真っ向から否定し、持論をぶちかましても(笑)まずそれは、成功しないですよね

    人間には、その人その人が持っている「信念」がありますから

    なので、「それは打てない(打たない)流れになりそうですね♪ 良かった良かった」と(笑)自分の正直な気持ちと、私が事実として掴んでいる情報、及び、経験と、それから「もしかして、気がついてないのかな?」という

    「本人がいちばん本人をよくわかっていなそうな部分」

    これをお伝えしてみただけです

    56枠を打って死なれてしまったら

    きっと、自分の言葉で、直接伝えなかった自分を、後悔するような気がしたからです



    それでも、56枠は、打つべき人は打つ流れと「固い信念」をお持ちでしょうしwww

    そういう「相手をとやかく言う」段階ではないです

    なので、「うちの会社は、社長がタマホーム社長のように目覚めてくれていない…」とか(笑)がっかりするとかじゃなく

    今、そういう「縁」の中にいる、その人自身が、何をどう選択するのか

    ということでしょうか

    その意味で、昨日の記事、「石の希少品」はそういう方の参考にしていただけると思います

    「あなたの現実を創造するのはあなた」ということです

    私自身はそんな、筋肉脳体育会系不動産会社の経験もあったからこそ(笑)

    カネが貯まり、「これで2年は自分は無職で生きられる」と

    「非常識にも後先まるで考えずに、いいオトナが会社を辞めて」ぷー太郎となってから

    石に出会い、予定外に早くそのカネを使い切ることになり(笑)

    そういうもろもろを経て

    今、この仕事をしている自分となりましたから

    (ちなみにそこを辞めたのは、え~と、計算すると、だいたいですが39とか40とかそのへんだったんじゃないかなと思われます。すみません、きちんと憶えていなくて(笑)。でもまぁ、「普通はいいトシして、なんのアテもないのに、親が金持ちとかそういうわけでもないw自分が働かないと生きていけない奴隷身分のパンピーのくせに、辞めたくなっちゃったから、会社をただ辞める」とか(笑)まず普通はしないだろ、っていうような年齢ではあったと思いますよ。なので、「将来が不安」とかそういうのって別にトシとかキャリアとか実際は別に関係ないwwwんですよ。その人のマインドの問題なんです。ぜんぜん不安がなかった、と言ったら嘘になるかもしれませんが、でも「ここをやめたら終わりだな」とは思っていませんでしたね、不思議と。だからといって、「自分がこんな自営業をすることになる」なんて、夢にも思っていませんでしたよ。そういうことを目標にしたこともありませんでしたし。成り行きです(そしてそれが、高次ロードでもあるのです。「そうなるように、導かれていく」という流れです)。ほんとうに、これは、想定外でしたから。想定外というのは、「こういう仕事を将来やるのが夢」とかそういう、過去には自分のやりたかったことではなかった、ということです。ですが、「石に出会ってしまい、石のエネルギーを知ってしまったら、もうこれをどうしても人に知らせずにはいられなかった」という(笑)得体のしれないポジティブエネルギーとでも言うのでしょうかwwwそういう自分を止められなかったわけですよ。そういうのを一般的には「情熱」とか「使命」とか言うなら、そうなんじゃないでしょうか。「私はこのために会社辞めたんだ」くらい感じてましたよねwwwプー太郎になって2年ノンビリしたかったのにwそれが時短で、その後結局馬車馬のように働くことになり、当時は何年も年収も大幅に下がったんですけれど、最高に幸せでしたwww人間、カネじゃないのです。カネな部分もあるけれど「それだけじゃない」その人の仕事というのがあるのですよ。だから、「こんな会社にいるの嫌だ」と思わせてくれて辞めるきっかけバンバン与えてくれた(笑)体育会系不動産会社の正直なシャチョーには、まぁ、ある意味感謝wじゃないけれど、そういう面はあるわけです。「カバールは人類の教育係」みたいな面もあるのよ、っていう部分もある、っていうのも、そういうこと。ぬる~く大事にされてたら(ただごまかされてるだけかもなのに)、ぬる~く甘え続けて、遊び呆けて人生終わる、「あれ、自分は何がしたかったんだろう?」ってず~っとあとになって思っても、もう時間がなかった…って、本当にそうなった時では遅いですよ。人間は56枠打たなくたって死ぬ時は死ぬわけですから)

    誰もが今までのこの世では、多かれ少なかれ、カバールシステムの支援を受けて生きてきていることは事実ですから

    そこは否定しすぎないように(笑)

    うつみん先生だって、カネがなければ何も出来ないことを知っているから、「おまえらに言われたくない」という、もっとも金儲けのご相伴に預かる56枠推進の西洋医療医者な連中に、「金儲け」って言われたりしながらwww
    (これほんと、どのツラ下げてそれを他人に言うのか…って思いますよ、クソな医療利権の犬どもなのに。犬という言葉は使いたくないな。ワンコたちがかわいそうだわ。ワンコたちのほうがずっと上等な生き物だし。そうね、「腰巾着」とでもしときますかね、医療利権カバールの腰巾着、工作員。あ、そうそう、「カバールの見分け」ですが、こういう「どのツラ下げて…」の批判攻撃をしている、「堂々と嘘をつく」工作員が多いのが特徴です。すべて567関連に当てはまりますよねw)
    カネかかる看板広告、電車広告のために、「多くの人の賛同で出せた広告」という実績づくりの広告を目指しています

    あたしも、石売って、カネ儲けさせていただいて生活をしています

    (正義とかスピリチュアルに偏ると、全力でカネの世の中を否定する思考に偏る人もいるんですが、カネがなければ、TR-3Bを飛ばして、悪カバールの監視したり(笑)やつらを捕まえる人々に命がけの危険な仕事をしてもらうこともできません。「高潔な人物は無給(1ドル)で大統領の仕事をする」虎さんも、それまでの人生すべて無給奉仕で生きてきたわけではないですよね。まぁ、そゆことですよ。)







    この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

    カテゴリ :  PSW制作室
    follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

    ページの上へ移動
    Go to top of page