カテゴリ
PSW制作室  の記事のリスト

石の意味はまとめて来月ね

2020年01月24日 (金) 00 : 00
「石の意味」書かなくてはと写真は撮影しておいたこちらなのですが





気づけばもう、月末がもうすぐなのです

チラ見も始まってしまうと思うので、これらの意味は来月、もしくはいずれ
(来月になったらなったで、「その時お伝えする旬」があるかもしれないので)



こちらは、ヘブンで言うところのミスティックメルリナイトなんですけど

ようやく、っていうより、「偶然」昨年12月に、ビーズ大玉をゲットしました。

当然ずっとこの石の大玉欲しかったことは欲しかったんですけど、ヘブンだと大玉はやはりえらいお高い(笑)という事情もあるのですが、ミスティックメルリナイトに関しては、原石とか置物丸玉などはヘブンからじゃなくても、ガブロライトとして、前から流通あったんですが、ビーズの流通は皆無だったんですよね。ヘブンでもビーズは扱い少ない石です。

過去にやっぱり偶然ミスティックメルリナイトのビーズ見つけて、それでニューカンシャスネスっていうヘブンカップリングをぱくって(笑)お出ししたことありましたよね。
今月10年ぶりにそれをお出しします。

石は、これは私の個人的所感ですけれど、「ただ置いてある、時々触る」置物石や原石であってももちろん「効果」というのはあるのですが(「空間」への影響という点で。この場合やはり存在感のある巨石が(笑)いいんですけどね)やはり「身につける石」の影響力の高さ、これはあると思います。
ミスティックメルリナイトはずっと置物丸玉など自分の周辺には置いてた石なんだけど、エネルギーにコミットするという点で、石ブレスにしてみて「やっぱ違うな」と思いました。

(「周辺に置く」というのも、もちろん大事ですよ。それも無意識下にエネルギー影響を受けていないわけではないので。「石に、無駄はない」というのが(笑)大昔からの私の持論です。できれば、「原石」と「身につける石」と同じ石が両方揃ってると良い気もします。たとえばセンティエントなんかだと、存在感あるサイズのセンティエント原石水晶ポイントというハブの役割をする送受信基地がありつつ、センティエント組み込んでいる石アクセがあるとより良い感じだったり。センティエントポイントをお持ちでない場合には、「センティエントプラズマクリスタルで構成された巨大なミネラルキングダム」というのを、想像上で良いので脳内に作ってください。これを想像できてここに繋がることができるようになれば、ポイント所有していなくても、センティエント効果を増幅させることが可能です。要は、ビーズの場合、それがビーズになる以前の姿、大きなエネルギーフィールド状態の記憶をビーズたった一粒に持ってこれる人は、ちっさい石からでも恩恵受け取れる(笑)のです。過去にこれが端的にメロディ女史により示されていた石がスーパーセブンなのです。ひとかけらが鉱山全体の力を持つ、というその言葉に魅了されて(笑)大流行したスーパーセブンでしたが、これはスーパーセブンだけの特徴というわけでもないのですよ。2012クリスタルやセンティエントなどにもそういう性質があると思います)



ミスティックメルリナイト、ローゾフィア、フリントストーン、アゼツライト、いちばん最初のディビット調達の初期ロットのオーラライト23原石をワイヤーラップでいっしょに使っていたので、たぶん約10年くらい前の話なんですねぇ…

10年かぁ。と。

今回思ったのは、ほぼほぼ同じカップリングなんだから以前と同じ効果のはず、と言えますよね?

でも違っていました。たぶん、格段に(笑)違う気がします。

それは、「こっちが10年前とは違うから」という(笑)ごくごく、当たり前の話ではあるのですが。
多少、自分も進化しているのでしょうから(笑。と言うより、高次側からすると、忙しくて大変かもしれないけど、そろそろ進化してくれよ段階進めろよ、ってことでもあるかとw思います。人間というのは「とどまっていたい」生き物なのですが(笑)やっぱり無理なんですねぇ)

さらにあたらしい、最新ニューカンシャスネスに、常にアクセスしている状態を、まぁまぁ、がんばって受け入れ中というところなのだろうと思います。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

目指せ、霊媒?

2020年01月21日 (火) 00 : 00
昨日はあったかかったでしたぁ(寒がりにはとても嬉しい)
代々木公園は、例年のメンテ期間に入ってしまい、噴水の池の水が抜かれておりました。

冬はこれがあるからな~、な残念光景ですが、しょうがないですね。





今年は暖冬なので、まだ用意している極暖系(笑)着用しておらずで、もしかすると不要かもしれません
(だからなのか、先週ユニクロヒートテックのエクストラウォームという普通のヒートテックよりもたぶん暖かいのであろうスパッツがどっさりセールだったので(笑)それもつい買っておいたのですが、まだ履いてないです。もしかすると今年はそのテの防寒がほぼ不要なのかもしれないですね…と言いつつ、油断して薄着になると代々Parkは激寒なので^^まだきっと出番はあるはず)







昨日、まるの日さんの「あの世動画」お薦めですよん、って記事にしておいたら、
ちょうど(笑)「ミディアムシップ・ワークショップ」の募集記事になっていましたね。
遡って探さなくても、ちょうどこのワークショップ募集記事に、動画リンク貼ってありましたので、ご興味ある方は、御覧くださいね。(ブログランキングをぽちしないといけないんですけどね(笑)姑息なwぽち誘導ですなぁ)

ミディアム湿布、じゃない(笑)シップワークショップ、どうしようかなぁ~
今現在クレアボヤンス初心者から進んでいない状態だと、腰引けますね~。

3月頃には、予定だと、ゲートウェイⅣに進んでいるであろう想定。
一応、一ヶ月にWAVEひとつずつ(CD3枚)の目標で進む予定にしているのですが、想定よりも実際は進みは早くて、今はもうWAVEⅡには入ってきています。

「ガイドは観えたのか?」っていうと(笑)ええ、まぁ、観えましたよ。「部分」だけ(笑)。

なんとイキナリ、「手」だけ(笑)手ですよ、手。

手を差し伸べるっていうのか、「おいで」みたいな感じで手を差し出された、というやつです。

だけどね、「あれ、人と「手をつなぐ」ってどうやるんだっけ?」と(笑)よくわからなくて^^まごまごして、あとから、そうかぁ~こっちの手(左手)を出せば良かったんだな、みたいな。
長らく「人間と手をつなぐ」とかしてないから(爆笑)なんかびっくりしますよね。
(うちはそういやそうよ。そんなものなのよ。ず~っといちゃいちゃラブラブべったべたなんかじゃないのよ男女は。それが悲しいとか寂しいとかwぜんぜん感じないのよね、不思議と。なんかそういうのはもうとくにいいかな、っていうところなんだと思うよ、お互いに。だから世のなんとかレスとかで悩む奥さん、別にね、それって「必須」というわけじゃないから。愛が冷めた証拠とか(笑)ドラマとか雑誌とか漫画とかネット記事の読みすぎですってば。愛とは無関係、とまでは言わないけれど、それだけが極上のコミュニケーション手段というわけでもないですし。そうね、むしろ、「噛み合ってない二人をかろうじて繋ぐ手段」として有効な行為とも言えるかもしれんよ。会話で噛み合えないから、身体で補う。そういうところもあるんじゃないかなぁ、とも思う。「それがないから不和になる」というようなものでもないようには感じます)

クレアボヤンスはそういうレベルだから~。
ガイドブレスを復活しようだとか、そういう類を仕事にしたいと思っているわけではないので、どうしようかな~と迷って、そして、迷っているうちに、ワークショップは定員になるのだと思われます。

行かれる方は、霊媒となって、ご活躍くださいね。





そんな霊媒になりたいあなたに(笑)今月は、いい感じのカップリングが出てきますので、クレアボヤントの方も、クレアボヤントになりたい方も、楽しみに月末をお待ちください。

オマエが観えてるのが「手だけ」なのに(笑)何いってんだよw なのですが、いや、あたしはね、もともと、クレアコグニザントなんですよ。
得意なのは、こっちだったし、今もそうなの。

んで、そうなの、「クレアボヤントになれますよ」っぽい石のカップリングを(笑)色々考案制作着手して身につけているわけなんだけど、なんだか、その「クレアコグニザンス」のほうばっかり(笑)爆進している感じがあるんですよ。

人間は、得意なほうから能力伸びるからね。
これ、しょうがないんですよね。(「クレアボヤンス限定ではたらきかけます」の石とかあるんだろうか…)

だから、「手だけ」なのよ(笑)。
でも、観えたという点では手だけなんだけど、ガイド情報的には、わりと繋がり感深めてる感じで進んでいるような感じがあるので、「観えなくても」ゲートウェイは着手してみて良かったんだな、という感じはありますよ。

へたすると、あの世に行くまで(笑)観るほうはこのままというか、うすぼんやりしかやっぱり観えないのかもしれませんが、他のクレアがさらに伸びるかもしれないので(クレアコグニザンスだけじゃなく、クレアオーディエンスとか。米国ドラマのベターコールソールで「マイクの声優さんが変わった!」って、ひと声ひと台詞ですぐに気づいたりしてるので(笑)「自分は意外とクレアオーディエンスならイケるのかもしれない」と思っているところはあるんですよね。
そもそも、ガイドは観えませんが、「会話はしている」のでw

観えないのにどうやって話すんだよ、ってところなんだけど。
電話みたいなものですよ。電話は相手の顔観えないじゃないですか(今は観えるのもあるけれど)。そういう感じ。
私「もしも~し」
ガ「なんだよ」(こう書きましたが、なんだよ、という乱暴なニュアンスではございませんよ)

まぁ、観えないと、残念ながら、相手の存在認めたことにならないみたいなんで(笑)
姿は観えたほうが、いいのだろうと思われます。
まぁそうね、「観えない相手と喋ってる」って、テレクラみたいだもんね(笑)

私、けっこう、この世でも「ラヂヲ」とか、音声だけって好きなんですよ。
だから動画でも、音声動画って好きなんですよね、意外と。声だけで、想像できるの。
昔そうだったんだけど、映画とか漫画よりも、字だけの小説のほうが好きだったし。
(まるの日さんの「あの世動画」もスライドと音声なので、お薦め感があるのかも)

自分にそういう傾向があるので、「観る」系は、ほんと訓練必要。(一応、ガイドさんにも、「こういうことをするといい」的アドバイスはいただいているのですが、確かに、ワタシ的に「え~~~(クソまんどくさい…)」って(笑)ちょっと思っちゃうようなことなのよ。
でも、なんでも、上達にはそういう「苦手」を超えなくてはならない、苦しみはあるのです(←まだ超えてないのに(笑)偉そう)





まるの日さんが「薄い内容」っておっしゃっている、ミディアムシップのヘミシンクCD2枚組も、買ったんですよ(笑)。

プロから見れば、薄くて物足りないのかもしれないけどwクレアボヤンス素人だから。
薄いのから入ろうかな、って思ってるところ。
つか、それも、ゲートウェイ全部終了後のつもりなので、早くて8月でしょうかね~、の予定にしてます。
(あ! ちょうど霊界との回線がが大変混み合うらしき、お盆があるんじゃないですか~)

そんなわけで、ミディアムシップワークショップは、迷い中(笑)な私です^^
もし参加するとしたら、参加される方が今コレお読みでしたら、よろしくおねがいします^^

でも、霊媒になりたい人、それと霊媒な自分に確信が持てない人とか。
そのあたりの方には、きっとお薦めなんじゃないのかな、って気がします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

昨日は神社ツワ~でした

2020年01月18日 (土) 00 : 00
昨日はわんちゃんトリミングの日でしたので、サロンに彼女を預けてから、速攻また電車に乗り千駄ヶ谷へ向かい

ようやく鳩森さんなんですよ(笑)ちゃんと初詣というのかなんというのかw(元日のあとに、一回行ったんですが、やっぱり混んでて断念してから、ようやく今年になって3週目にて…)









で、その足で、明治神宮も(笑)行くことに
今年一回目が1月中に実現するとはオドロキなんですが、行ってきました

(鳩森さんからは徒歩だと10分くらいかな? だから明治神宮とセットで鳩森さんへもやってくる方もいる…のような話は、昔から聞いてはいましたね…今年これから東京オリンピック時期になってしまったら、本当に行けない(笑)と思うので)







明治神宮内は敷地が広いですので、中を通過するだけでも、たっぷり一駅分は歩きます

明治神宮というのはおそらく、まるの日さん的表現で言うところの、フォーカス21ではないでしょうか。
(F21は、「あの世ゲート」でもあり、観えない世界に住まう各種存在(宇宙人とか)とのコンタクトの「観えない世界とこっちを分けるゲート」でもあるそうで、凄い混雑している場所なのだそうです。)

とにかくいつも混んでます。(昼間は。但し、早朝は空いているので、明治神宮に行くなら、平日早朝がとてもとてもお薦めです。できれば開門と同時くらいの早朝時間帯…誰も歩いていない参道…最高に清々しいですよ)









ここを歩いてると、「きっとこういう感じなんだろうな」みたいな想像がつきます。

(F21を知っていらっしゃる他の方からすると、また違った感じなのかもしれませんが)

こういう風に、「門を出たら、それぞれ、個別の目的地(個別のいるべき場所、フォーカス世界)へと向かっていく」感じとかが、そうなんじゃないかしら?



そうなんですよ、あっちの世界って、私も過去に「時々観えていた」ガイドコンタクトの場所って、明治神宮の境内のような、いわゆる神殿系でしょうか、そういう場所だったことがそういえば多かったでしたね。(すっかり忘れてましたw)

混んではいなかったと思うけれど。
たぶんそこまで観えてないので(笑)そういう、混んでるだの混んでないだのの判別さえつかないからwわからないだけ、なのでしょうけど。

東京人はある程度、「混雑の中で、自分のイシキ空間確保する技」に関しては、わりとみなさん普通にやっているかもしれませんので。
(「東京のスタバは、地方のスタバに比べると、客席間がものすごく狭い」のだそうですから(笑)。だから地方ノリで東京のスタバを利用するとがっかりするらしいですよ。スタバでさえ、って言ったら何ですけれど。まぁ、東京で広さを求めるとそれなりのお金がかかる世界が展開されているわけです。なのできっと東京の人は、「リーボール」という自分領域を安全に守る光の囲い、自分以外のエネルギーとの接触から身を守る目に見えない境界線を、自前で無意識に作ってる人がきっと多いんですよwおそらく。意外と、し~んと静かよりも「周りがうるさいほうが集中できる」みたいな(笑)そういう人もいるんじゃないかな? 東京の人があまりおせっかいじゃない(相手からのエクスキューズがないと人に関わらない)傾向が強いのは、周囲の人に興味を示し出したら、きりがないくらいに人間の数が多いので。そうなるんですよね。なので観えない世界の混雑っぷりもw観えないのかもしれません。田舎の集落が親密(と言うか過干渉レベルに)人間関係になりやすいのも、まぁ、きっと一人一人の名前すべて憶えられる程度の頭数の少なさでしかも変動変化の少ない面子、そのせいもあるのでしょうね)



ということで、原宿サイドの門を出ました。

そして、渋谷へ向かいます。

途中の代々木公園。



NHKホールの横を通って。

観えてくるのは、渋谷公会堂跡地に建つ、タワーマンション。

まさか渋公が、のちにタワマンになるなんて(笑)誰が予想していたのでしょうかw

どういう人が住むのでしょう…
ロケーションはいいはずですよ、高層階であれば、代々木公園&明治神宮一帯や、国立競技場、神宮外苑、新宿御苑ですとか、きっと東京の中の最大緑地面積である緑一面が望めるのではないでしょうか(あ、「皇居を除いて」ですかね。おそらく緑地面積は皇居がダントツだと思いますので^^)







渋公の前の、エッグマン(ライブハウス)はまだあるんだなぁ、と。
「エッグマンから渋公(あいだに日本青年館あたりが入って)、武道館、東京ドーム」みたいな、ミュージシャン出世すごろくのような図式が過去大昔にありましたけど

今エッグマンあたりでそれでもライブやってる人たちはいるんだなぁ、と。
(CDは売れなくなってしまったけれど「人を呼べる」ライブパフォーマンスができるアーティストの人々は、CD不況無関係に生き延びていらっしゃいますものね)



さて、ここでサロンよりトリミング完了「お迎え」のお知らせが入りましたので、渋谷へ向かいます
公園通り、渋谷駅方面へ



ここは、渋谷駅桜ヶ丘口再開発工事中現場
けっこうな敷地です
こっち側は、渋谷駅周辺の中ではもともとマイナーイメージありましたけれど、そのぶん落ち着いているというのか
今現在、一足先にあのグーグルが入ってる渋谷ストリームが建って、JR新南口改札というのもできて少しずつ変化してきている様子なので。
なんか渋谷が年齢層上がる(笑)大人の街にもなれるチャンスかもしれませんねw
(新宿南口も、大昔は人がほとんどいない寂れ改札口でしたのが、ああなりましたので…今は確か、新宿周辺地価としてはタカシマヤのあたりが界隈でいちばん高かったような…渋谷もこれから駅南側がそうなっていくんじゃないでしょうか)



昨日はめっちゃ歩きました…

千駄ヶ谷~明治神宮(原宿)~渋谷~代官山
なんかものすごい(笑)フットワークっぽいですが
(でも昔は、外回り営業マン時代って、毎日このくらいは歩いていたかも…)
まぁ、トリミングの待ち時間の3時間程度で、これらは徒歩ですべて回れるということがわかりました(しかも途中、軽食、カフェタイムも挟んでいます)
まぁ、全部近所と言えば近所なわけですけど



お迎え到着アルテスタさん

うちのが「うわぁああん、待ってたぁああ」風味で走ってきます(ぼけ写真)



トリミングじたてはツヤツヤつるつるで、美しい…(サロン内フォト撮影コーナー(笑))

これが一回代々Parkへ連れて行くと(笑)台無しw 
でもいいんです、それでも、この仔はこうもなれるけど、足が汚れようと毛がバサバサしようと、代々木公園が大好き、土の上を走るのが大好きだからね…

明日は雪になるのかな?

一日二日はお座敷犬になっていただいて(笑)このツヤツヤつるつるの手触りを家の中で堪能させてくらはい



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page