カテゴリ
チラ見♪  の記事のリスト

2021年7月のチラ見♪(予告)です。其の肆(ユーディアライト、シナバーinカルセドニー、レピドライト、チベットモリオン、ハイパーシーン、ブラックチャロアイト)

2021年07月29日 (木) 00 : 00
カバルさんの気象兵器活動が終わっているため

今後の日本では、「自然災害」というネーミングの、人工地震、人工台風などは、減っていくと想定されます

(南海トラフ地震は起こりません。メディアがご親切に(笑)煽ってきた自然災害のコマーシャル、それらはすべて「カバールが先々準備していた予定、予告」でした。メディアを使って、「事前に知識を植え付ける」洗脳を行うことで、よりパンピーたちの「恐れエネルギー倍増効果」を狙ったものでもあります。567禍でもまったく同じ手法がとられていますので、これだけ567脳が増えたとも言えます。「日本人は、世界一カバルに痛めつけられてきた民族」と言えるのは、こういう部分でもありますし。「日常世界の内外にカバルが存在」というw外国のカバルからも同国のカバルからも虐待され続けてきた民族wwwです。虎が言う「日本人が今までいちばん苦労してきたカバルの犠牲になってきた」っていうのは、そゆことです。でも当の日本人自身が、そのカバル教育の日常が「当たり前」になりすぎていたため、人間としての感覚が麻痺しちゃって^^「毒入り注射にみずから列を作って並ぶ羊奴隷化」がこれほどまでとは(笑)そこは想定していなかったんじゃないでしょうか)

台風8号というのも「天気予報が煽る」ような台風にはなっていない

もう東京の夏の風物詩だった、ゲリラ豪雨(笑)こういうのも、なくなっていくのでしょうね

「沖縄みたいだな~スコールみたいだな~」って、私は、それはそれで、わりと楽しんでいたのですけれど

2年くらい前の夏でしたか、ちょうど、ワンちゃんのトリミングが終わって、そのお迎えに向かっている代官山の、私がちょうど歩いている道のみwwwゲリラ豪雨に見舞われ、ずぶぬれになりながらサロンに到着し(ほんとにそうだったんですよ…)

その帰り道の渋谷から家路に向かう、JR二駅なんですが、「そんな全身ずぶ濡れの人間は、車両内、私だけやん…」という、ものすごくミジメながらに、「そんなことが起こるのはどうしてなんだろう?」については、あんまり考えていなかった^^牧歌的な時代を感じますね

代々木公園でも、ゲリラ豪雨はあたりまえにしょっちゅうあることでしたし、慣れちゃってたのですけれど

だから、ものすごく遠い昔の経験というわけではないのですが

認識が変わってしまったので、ひと時代前のことに感じられます



人はそうやって、「新しい認識、経験」にも、慣れていく生き物です

変化には対応できます

まぁ、そういうのが「カバールのイジメだったんだ」と(笑)知らなければwそれはそれで、どうってことないのですが

考えてみると、大昔の大企業オーエルでした頃の自分は、そういうタイプの人間ではなく、「ものすごく、ささいな変化が億劫だった」ところがありました

ぬるま湯日常に浸かっている生活をしていると、「ちょっと事務処理の変更がある」とか、その程度でも

「何かが変わること」というのが、それはそれは多大なストレスで、とても嫌でした(笑)

今の自分からは、ほんとうに考えられない別人wwwレベルの、変化が苦手で苦痛に感じるタイプでしたよ

(そういうメンタルなので、そういう時代は年にかならず盛大な風邪を必ず2、3回は引く、虚弱体質人間でもあったのです。但し、風邪は心と身体の浄化、デトックス行為でもあります。まぁ、それだけ常に、心身に「毒」を常にホールドする(笑)タイプだったということですよwww25歳くらいだったと思いますが、今で言う567のような肺炎での入院経験もありましたし。私が徐々に健康に向かったのは、その大会社を辞めてからです(笑)。虚弱体質でしたから、「固定給という保証のある世界」を手放すことは怖かったんですが、「別に死んでもいいや」じゃないけれど(笑)そのくらい、それよりも「寄らば大樹でカゴの中に居続けること」を手放したかったのです。そのままカゴの中の鳥のまま外の世界を知らずに、一年ずつ年齢を重ねていくことのほうにずっと危機感を持っていました。毎年大会社がやる健康診断と称する、むしろ人を不健康へ誘導するシステムなどからも解き放たれ、その後は「気づきを促され、毒をやめる」機会を得る経験を多々重ねることになり。そして石に出会いました。あのままいたら、毎年インフルワクチン打つようなタイプ、567を恐れる567脳だったかもしれません。なので567脳のことは笑えないんです。だからこそ、「567脳には気づいて欲しい」のかもしれないですね。私は567脳を低能って言ってますがw彼らはアタマは悪くないんです。勉強はできたり、資本主義社会の中での仕事はできたりするんです。そういう既存社会構造、常識構造の中でのアタマの良さは持っているんです。そこを一歩、常識の外に出ることができない、それだけなのです。567脳の西洋医療のお医者様や医療従事者のみなさんもそうじゃないですか。難しい国家試験に合格し、難しいことをいっぱい知っていますし、凡人よりもはるかにアタマはいいはずの人たちです。でも、医療者みずから「まったく気づいていない」人々も多いですよね。ほんとうに不思議なのですが、別世界の人々なのです、すでに)



なかなか、「良く変わる」と、人は、変化に対して、思えない生き物なのだろうと思います

なので、「自分から、変化に飛び込む人」それは「稀」です

ほんとうは、仮に奴隷であっても(笑)それが、わかっていても、それでも、「奴隷のままのほうが楽」そう思いやすいのも人間ですよ

「会社が嫌だ~」「仕事が嫌だ~」と言いながら、それでも、10年、20年、会社員を続ける人、「同じことを続けようとする」人が多いじゃないですか(笑)

変わって欲しくない、って、思ってるんですよ、それが仮に、不満の多い状況であっても

それは、「変化すると、もっと悪くなる」と、恐れているからなんです

だいたいの人が、そんな感じですよね



私自身は、昔は、あらたなことににチャレンジする際に、考え方として、「◯◯を犠牲にしたんだから、こんな代償を払ったんだから、うまくいくはず」的な、等価交換的な考え方をよくしていました

これはカバル的な「生贄ありき」「捧げもの、貢ぎ物ありき」の考え方ですね
(それと神社への参拝、願いが叶ったらしなければならない、そうしないと神様に失礼と言われる「お礼参り」もそうですね)

それにも近いのが、わりと私たちが陥りやすい、「苦労自慢」です

「これだけ苦労をしたのだから、努力をしたのだから、成就する」という、バーター発想です

これをやっていると、「苦労、努力をしなければ、自分は、◯◯を手に入れることができない、◯◯ができない」ということにもなります

実はそれこそが、「神力」を、自分の潜在能力という宇宙のギフトを、遠ざけていく考え方で

新たな変化が億劫にもなってしまう(笑)発想なのです

支払う代償を考えると、億劫になるのが、普通の人間ですから

(そういう意味では、もっとも今まで人知れず苦労してきた人たちは、もしかすると、悪魔教の人たちだったのかもしれませんw宗教って、色々めんどくさいからね)



アセンションだ~自己実現だ~水瓶座の時代だ~レムリア時代だ~風の時代だ~

と、もう、色んな表現で、それらは言われてきましたけれど

ようやく、それらが目に見えてくる

心に正直に生きられる、好きなことができる時代がやってきます

犠牲を払う「等価交換」は必要ないのですが、強いて言えば、もっとも我々が手放すべきものがあるのだとしたら

「恐れ」です

得体のしれない、どこから湧いてくるのかわからない、正体のわからない「恐れ」

でもそれは、自分の心が作り出していた、幻想だったと気づく

「正体がわかれば、怖くない」「正体がわかれば、対策ができる」
(56枠も、わかっている人は、もうシェディング対策されてますでしょう? 未接種者が56枠接種者からの曝露による肉体の異常に気づいても、ただそれを怖いと恐れているだけ、ツィッターでつぶやいてるだけで(笑)その人自身が何も対策をしなければ、肉体の機能は犯されていきますから、必ず周囲に身近に接種者がいる方は、くどいようですが、対策をしてくださいね)

私たちは、その情報開示もされるのかもしれませんし、とくに細かくはしてもらえない(笑)のかもしれませんが
(社会的な影響を考えると、この眠った国では、それもどうなんでしょうかwwwいつになるやら、ですし、同じ情報、同じ共通認識となるかどうかも^^それはそれで、ギモンです)

「未成仏幽霊」は、電磁波バグのようなもので、幻想であり「人間がつくりだしている存在」です。ですが、「つくりだしているので、存在する」というのも、正しいです。恐怖のオバケをつくりださないためには、作り出す側が「恐れを祓う」しかないのです

日本人は、恐れの因を知っても、それが「恨み」に転換されることが少ない民族です
「この恨み、はらさでおくべきか」とはならない人が多い、なので、そこで「報復の連鎖が断たれる」ので、ある意味、幾多のカバルいじめを受け入れてくることができた、その中にあっても、平和を維持できてきた、それが日本人のちからです
それはおそらくレムリアの血なのでしょう

しかし、恐れをそのままホールドし続け、自己犠牲を引き受けていることに気づいていない、「変化そのものを恐れている」ことは、「DNAの誤解」ですので、解消してあげましょう
(それが56枠ジェノサイドで、私たち人類が気づかなければならない、目を覚まさなければならない、先祖から受け継がれてきた「DNA連鎖(負のカルマ)」とも言えます)

奴隷からの解放、それは、恐れからの解放

こちらはそのサポートのカップリングです


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  チラ見♪
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

2021年7月のチラ見♪(予告)です。其の参(ピンクペタライト、ロシアンフェナカイト(AZOZEO)、ブラジル産フェナカイト、センティエントプラズマクリスタル、2012クリスタル、アゼツライト、エンジェルシリカ、ロードクロサイト、ミックスベリル(アクアマリン、モルガナイト、ヘリオドール、グリーンベリル))

2021年07月28日 (水) 00 : 00
チラ見壱、チラ見弐、と「奴隷解放の時代」今はそのカオスにいる時ですから~

という、場合によっては、人によっては、仮にその人が567脳じゃなくて、「気づいている人」であっても

なんとなく「耳に痛い」と感じる、そういう話でもあったかもしれません



日本人には、「お互い様」なんていう(笑)便利な言葉があるため

これも、わりと、権力者には、私たちはしらずしらずに「彼らにいいように、都合よく」利用されていると思います

「社会のルール形成」というやつですね

今回の567では、マスクに始まり、567枠珍を「打つことが常識の空気形成」というところへ

必死に(笑)持っていこうとしてましたからね(「過去形」にしときます。もう終わると思いますから)

でも、「ほんとうに、自分ごととして、気づいている人間」は

「絶対に打たない近寄らない危険物」ですから(笑)それも「ご苦労さん」、というw遠巻きの、スルーの空気にできます

それができないのは、「絶対に止めたい人がいる」「周囲を止めたいのに止められない」そんな場合じゃないでしょうか



本来は、社会のルールを決めていくのは、そこに暮らす人々同士のはずです

もちろん郷に入れば郷に従えで、その土地特有のエネルギー、そこになじまない者には居心地悪い、それを「自分だけの都合で無理やり変えようとする」ことは、やりたきゃやってもいいけどw至難の業ですから

そういう場合は、「自分がそこを離れる」「新境地を探す」というのも、ひとつの方法ですし

それをしたくないのであれば、「そこがそうであること、それを、認める(けれど、自分が違うことも、認めている)」という態度も必要ですね

チラ見壱、チラ見弐でお伝えしていたような、「荒ぶる魂」は、そういう強さを得るにも必要なのですが

それを「わかってくれない他者」に対して、実は、こちらもそれを「怒り」「蔑み」「落胆」として、567脳へ向けてしまうことはあるわけです
(まぁ、目くそ鼻くそ、ってことですwww)

あたしも、表現として、「低能」とか使っていますけれど。でもこれは、どちらかというと、それが「冷静な事実、現実」かしら…という意味で、使っています。「怒り」「蔑み」は、私はどちらかというと、昔から、「権力者」のほうへ(笑)向かう不良タイプでしたからwww

でも近年は、そっちだけじゃなくなりましたね
やはり「騙される方も悪い」のです
特に今回は、カバールさんがたは、「かな~りわかりやすく、堂々と、子供だましの嘘を言う」というwww戦法で来ていましたし
(子供だましだから、子供だって気がついてる(笑)じゃないですかwww)

ラッキーなことに、「真実を語る人々」が、堂々と真実を語れるようになった
(昔ならほんとうに、すでに殺されている人はもっと多数だと思います。うつみんも中村先生も(笑)冗談抜きで、ドラム缶で東京湾に浮かぶレベルかとwww私はやっぱり多くの人がこれができるようになったのは、「Q」というケツモチができたからwに他ならないところはあるんじゃないの? という気はしますよ。自分だって(笑)そうかもしれないですからね。直接、ケツモチになってくれると言われたわけでもないのにねwww)

だから、怒ってるとしたら、それでも、その「奴隷扱いされていることに気づけない、能天気パンピー」というwww
まぁ、そういう部分でしょうかね
騙されてるだけなのに、「既存権力が誘導している社会のルールに従うことが善、有利」なのだと、未だにかんちがい行動し続ける、そのバカさ加減に、呆れている、まぁそういう部分

でもそれも、お伝えしていたように、「日本人がDNA的に持っている、恐れ(潜在意識)」からくる、自衛本能で、そう動かされている人々ですから、しょうがないんですよね
昭和の戦時中、「天皇、軍部を悪く言う人は、お縄」という、戦争そのものへの恐怖感よりも、もっと身に迫る恐怖として、それは感じられたのではないでしょうか。
だから、戦後も、戦争に駆り出され、夫や子供、家族を殺されても、それを飲み込んだ、家、土地を略奪されてもそれを飲み込んだ(東京人、江戸で栄えた焼け野原の下町には多いですよ)、そうやって涙を飲んで、歯を食いしばって、一生懸命働いて生きてきた人たちが、かつての日本には、大勢いたのです。

(昭和の戦時中の亡霊たちは健在だったんだなぁと思うところ。56枠で亡くなる日本人の人数は、おそらくですが、あの太平洋戦争の日本人戦死者数と言われている310万人は確実に上回る、日本史上最大人数となるのでしょう。歴史上、「最大の囚われ(カルマ)の祓い」が日本に起こる、ということですね。これはもちろん日本だけではなく世界中で起こることですから。かつてのどんな戦争でもそれだけの人が一気に地上を離れたことはないと思います。まぁ、真意はわかりませんけれど、某ある方の守護霊の言う「56枠は人類最大の発明品」の^^威力恐るべしですね。これを「言ってしまう」ところにちょっと危険な宗教と共通の匂いを感じさせられますがwwwまぁ、「生死を超えた人間の役割」という宇宙視点まで心底揺るぎなく持っていける人であるなら、そうとも言えるのでしょう。そんなこと言ってるからw類似品の「あそっか工作員」に目つけられるんだよ、とも^^思いますけどね。彼らが現実の世界で今までやってきた殺戮、そして現在進行系で今やってる56枠による殺戮もまぁ、観方しだいでは「地球の祓いを手伝ってる」「ポアしてあげてる♪」のように、いっくらでも言えてしまうわけですから。かつて日本人はオウム真理教の地下鉄サリン事件ごときで大騒ぎしていましたが、んなもの、「まったく比じゃないレベルの史上最大級のジェノサイド」が今、現実に行われているわけなのです。ヒトラー総統の言う「嘘は大きければ大きいほど大衆はそれを信じる」、これが「56枠は嘘だった、史上最大のジェノサイド劇場、あの世行き片道切符だった」と、本当に知らされたら、いったい567脳の56枠打った人々はどうなるのだろう? とも思いますよね。まぁ、国民の9割が打ったというイスラエルよりは、日本はマシかもしれませんが。メリケンFOXテレビニュースで「イスラエルは9割が打ってもファイザー56枠は感染拡大を有効に抑えられませんでした」と言ってますが(笑)最後の滑り込みで、56枠ご予定の日本のテレビ洗脳の567脳さん、みなさんの大好きなテレビがそう言ってます(日本じゃないけど)ギリギリこれがラストチャンスですよ、そろそろ起きて、目覚めてください)

これを分断というのであれば、そうかもしれませんが

「伝えるべきことを伝えて、喧嘩になる」のであれば、お互いにちゃんと、言いたいことを伝えあって、お互いの「決断していくことの相違」があるのであれば、それは特に、分断というわけではないと感じます

他者が仮に「肉体生命の維持」において、まちがった選択をしていようと、それをなんとか、その危険から救出したいと、「あなたは間違っている」「あなたは知らないだけ」と、説得してみても

どうしても、わかってもらえなかった

「恐れ」を手放してはもらえなかった

それはもう、ほんとうに、「相手が生まれる前に描いてきた、青写真」と言えるかと思いますので

わかってもらえなかった、説得できなかった、その人が、「苦しみ」「悲しみ」を抱える必要はありません



来たるメドベッドが間に合うのなら

56枠を打った人の遺伝子情報が、その時にまだ一部でも残されていれば、修復は可能性はあるようです

ただこのメドベットも色々言われています

「5次元意識の者でないと効力がない」だとか(笑)

なんとなく万能アイテムそうで、そうでもない部分は囁かれています

「量子アイテム」ですから、そうかもですね(「石に近いと言えば近い」かもしれませんwww)

意識エネルギー、それは「嘘はつけない」ものなのですから

そもそも、567の淫棒をわからなかった、どうしても認められなかった人が、いきなりメドベットを信じるでしょうか? ということでもあり

なのでこれも、ケースバイケースなのではないかな、と感じます


これからの私たちには

「愛」の学びが、待っていると思います

否応なしに、「喜怒哀楽」を超えた、高次の愛の視点を、身に付けさせられるでしょう

すでにもう直面している方も、いらっしゃるかもしれません

高い愛の視点のサポートにこちらをどうぞということで

お薦めします






この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  チラ見♪
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

2021年7月のチラ見♪(予告)です。其の弐(北投石、ジェダイド、ネフライト)

2021年07月27日 (火) 00 : 00
チラ見第二弾は、台湾産高純度の北投石、本翡翠(ジェダイド)、ネフライトのコラボです



翡翠は言わずと知れた「東洋人のお守り石」であり

毒(ネガティブエネルギー)の排出を助け、自己治癒能力のサポート、代謝機能のサポートをする石

ジェダイド、ネフライト、ともに、「心身状態を、本来人間の持つ機能維持」を助ける

潜在能力を活性化させる石



北投石は、ご存知かと思いますが、世界中でも台湾の北投温泉と秋田県の玉川温泉でのみ採掘される希少石です
(日本では天然記念物扱いで糸魚川翡翠同様、あらたな採掘はできません)

微量放射線のホルミシス効果による健康増進が謳われており、玉川温泉では、癌が治った、持病が治癒した、などなどで昔から有名だそうです

311で(笑)大きく嫌われ者となった放射線ですが^^それ言うなら、太陽光も同じ(笑)ですよ^^
(大容量の大量の放射線被曝は生命に致命的ですが、天然自然放射線はむしろ育成光線です)

販売されているこの北投石は、北投石粉末を練り込んだセラミックビーズで、販売元は、放射線量測定をして、きちんと北投石であることを確認したビーズを販売している業者から入手しています(笑)
こういうのもニセモノ販売もありうる^^それも天然石業界…まぁ、それは、中華お家芸なところもあるのだけど、その理由ものちほど



この台湾、将来メドベッドは台湾の会社から流通することになるようですよ
その技術力、それはなんと、われら日本の会社とのコラボ
そうか、台湾が、S社を買い取ってたんだ…なるほどと知り、やや、安堵しました

日本の技術力を持った会社は…経営危機で「売られまくる」ひどい顛末となっていましたよね?
なんでこの「日本売り」を国は放置しているのだ…と、パンピーは、売国奴政治家たちへ失望していますが
うん、まぁ、そりゃそうだよ
上全部、和製カバルで日本人じゃない背乗りの人たちだから、「日本人を消滅したい」んだものね(笑)

日本人を消滅させたいのは、DSと呼ばれる世界支配系統のカバールだけではなく、背乗り乗っ取り、血縁養子工作で脈々と日本を掌握してきた李家系統でもあるのだということ。もの凄いフクザツなのよ。メリケンのようにシンプルな善悪の闘いじゃないのよ。それは、「パナホームじゃなくて、タマホーム(笑)」でも、お伝えしているとおり

「日本人になられちゃってる」わけだからメリケンのようにもわかりやすくない、けっこ~そりゃ大変、虎も頭抱える(笑)レベルじゃないでしょうかwww
(これらの一掃掃除をしている、って話、それがほんとうにホワイトハットさんがたのやってる仕事なのだとしたら、もうそれは、日本人はQ主導のメリケンに足向けて寝られない(笑)その意味がわかってる人々にとっては虎マンセーになってもしょうがないですよwwwなんで昨年から今年にかけて米大統領選で選挙に無関係な日本人が盛り上がっていたのかと言うと(笑)、こういう売国奴たちのことを知っている人々も、日本人の中には増えてきているからですよ。対岸の火事ではないことがわかっているからです)



実のところ、中の国もそうですが、「中の国の普通のパンピーの人々」が悪い人たちというわけではありません
これは、わかるよね? まぁ、どの国の人も、「パンピーは、みんな奴隷」なんですから(笑)

中の国共産党支配の中で生きなければならない中の国の人々が、「どうやったら生きられるか」わかります?

そりゃもうですね
かいくぐるしかないんですよ
羊で、いい人で、た~だ国の言うことを、すなお~に聞くお利口さんにしているだけは、いつ殺されるかわからない、その立場に立てば

「国が決めたことを、法律などを、普通の一般人がどうかいくぐるか」
この策略の上を行く、策略家、戦力家、であること、その知力が必要となるわけです
「バカは生きられない」それが、ず~っと、中の国だったわけです
で、縛り付けられている、ってだけじゃなくて、わりと幸福(笑)なのです
自分のアタマを使って生きる「戦力化」「策略家」ってわりと幸福なことですからね
(中国に住んでいる日本人の方のブログを、ずっと以前に読んで、「なるほど」とわかってたことです)

私の考察ですけれど(笑)
な~んか中華の「石の騙し」が^^平気で流通しちゃうこともある、そのあたりというのも

こういった、もともとは「国相手に発達することになった策略家としての生きる知恵」というのが
ある程度の策略家とならないと、生きられない、というお国柄から(笑)
そういうのが嵩じて、「まがいものでも売る」のような(笑)
まぁ、そういうのが、「生きるためにはこんなのある程度しょうがないよね」な性質というのでしょうか、その性質だけが独り歩きするというかwww
そういうのもあって、どうも中華石業者は信用ならんやつもいるな、に繋がってるような気もします

そういう致し方ない部分はあるのかな~、という点で、そこはもうですね、私自身は、ニセモノを掴まされないように(笑)「自分自身のニセモノを見抜くスキルを上げる」それが、泣きを見ない防衛手段ということです



日本人は、クソバカ正直で(笑)こういう性質を、「お人好しでただのやさしい人、お上(権力)の言うことを信じる人」「法律になったらそれが正しいことだと信じて盲従する人」ばっかりで、ほとんどの人が持っていませんwww
法律というのは「人間がつくるものなので、それをつくる時代時代の権力者の都合」である場合も多いことは、わかっていますよね?

日本人の法律違反が少ない、人前では礼儀正しいっていうのも、私は日本人がただ善人だからというよりは「法律だから」「法律を犯すと社会的に不利だから」っていう抑止力があるから、っていうほうが、つまりチキンだから(笑)それから「人の目」「周囲の目」ね(こっちのほうが大きいのかもね)という要因もわりとあると思いますよ

(なんなら中の国の人々などを「国に色々強制されて情報規制されてて自由のないかわいそうな人たち」くらいに考えていて、日本人は自由で良かった♪ くらいに優越感持ってそうですがwww「情報規制もされていないのに、まるで検閲でもかかっているかのような、国にテレビにメディアに洗脳され、それにつき従う愚かな自分たち」であることに気づけない、世界一気の毒な低能国民、むしろそれは多くの日本人ですよ)

もちろんですけれど、私自身は、まがいもの石をつかまされて自分がそれを売るのは嫌なまっとうなことをしたい日本人なので、そういうクソ中華はごめんですから、さらにその「上をいく」、それが、「石を(ほんとうのことを)見抜く目」です

しかし彼らの、「国という権力に法律で縛り付けられたら、どう生きるか、を考える、策略家っぷり」そのもの、そういう逞しさ、タフさは、日本人はもっと見習っていいと思います(笑)

彼らは、「人間に人間として生きる当たり前の権利があること」を知っている、だからわりと「ワガママで自分のやりたいことに正直」なわけですwww

日本人はほんと、バカ正直な(それも善人だからじゃなく「上からの決まりごと」「みんながそうだからの同調圧力」に対して)おとなしい羊過ぎ

それが裏目に出てしまっているのが、56枠です

そして、周囲を気にしすぎ、自分を押さえ過ぎ、そうしているうちに、「自分を粗末にしていることにさえ気づけない」それが結果として「周囲も粗末にすることに繋がってしまっている」それにも気づけない

「なんでおかしな法律を恐れるの?」という(笑)「強メンタル」を持ってないwwwそれにどう対策を講じようかとはならない、その恐れで思考が停止してしまう「権力を恐れる羊」過ぎるんですよwww

(これは「職場接種」なんかにも言えますよ。日本は今のところ枠珍接種を法律で強制することができない国なのです。マスク着用だって(笑)「法律で決まった国民の義務」でさえないのにw勝手に多くの眠った日本人がやってるだけです。56枠は、しかも、堂々と断れるだけの理由、それを「お国(厚労省)」そのものが提示していますよ、って、私も、何度も何度もお伝えしていますし)

中の国共産党支配には、むしろ本場の中国人以上にw「うってつけ」の奴隷性質マックスの国民性なのかも(笑)しれないですけどね
(でもその、「うってつけタイプ」が56枠でどんどん殺されていってるワケだから、かいくぐって「残った日本人」はそうはいかないと思いますけど)

まぁ、そこが、正直な温厚な日本人がつくってきた社会の「表面的な安心部分」の要素でもあったのだけど

今は、そんな「愛と光のレムリア優等生気取り」それだけじゃダメですよ

今までは、バカでも生きることができてきたのが、日本ということ

それが567脳の56枠打ちの姿でもあるとも言えます
(日本はほんと、「強制じゃない」「国に法律の強制力がない」恵まれた稀な国なのに…自分から進んで列なして殺人注射に並んでる、ある種ほんと終わってるわけなんですよ、その時点で)

このあたりのことを、「お、凄い、いいこと書いてるじゃん」というブログ記事を、「精神世界の鉄人」さんが書かれていましたので、読んでみてください→「自分で勝ち取る人生」

あたしもそうすると思います(うちには木刀もあるしな)



P.S.

…というような(笑)こっわぁああい、「日本の闇」

私はこれは伏せ字なんだよな~…(「あそっか」くらいは何度か言えたけどぉおお。でもそれもけっこう勇気はいるのよw)

という話なんですけれども

これの掃除が終焉する(もうすぐ)らしい、という話について

明るく(笑)動画配信してくれている、「イチベイさん動画」も、リンクしています

私の日常散歩コースが、すべてバリケード張られて立入禁止(表向きは、東京オリンピック開催のため)だったその理由(笑)

まぁそうなのよ。すべて「闇が牛耳る領域」でしたからね
(笑。でももともと信濃町なんて絶対行かねえよ、って話なんだけどねwwwほんと、中央線の中の「抹消駅」「魔界」「存在しない場所」ですから、ここ)

ほんとうはもうね

いまだに56枠打ってるだとか、もうすぐ打つ予定です、予約入れてます、とかね…相当アタマがおかしい残念な状態なんですよ、って

「イチベイさん動画」でも見て(笑)覚醒させてあげてください、周囲の眠ってる人がいたらwww

そして「打たないのは自分の周囲で私だけ…不安…」みたいな打たないつもりの人も

「イチベイさん動画」でもみて励まされてくださいw
(チャット欄も見てれば、「あったりまえに56枠茶番劇場などに騙されず打たない人がいっぱいいる」って思えるでしょうからwきっとそれだけでも、励みになると思いますよ)

あ、蛇足かもしれないのと、ちょっと誤解させちゃうかもしれないけど。
イチベイ氏がなぜにこれだけ「東京の知ってる人は知ってるタブー」のような(笑)その某団体名称^^これをこういうふうに笑いながら堂々とwこいつら撲滅されてるよ~、って言えるのか? っていう「強心臓」を持っている理由。
彼は「元ヤン」なんだよ(笑)
ご自分で言っていました^^。傷害で捕まったことある前科者だからね、と。ヤンキー同士の喧嘩なんじゃないのかしらね。
これ、上述の、精神世界の鉄人さんの「自分で勝ち取る人生」にも、ちょっと繋がる話なんだけど

「おかしいことにはおかしいでしょって言えるまともな神経」というか、そこに対してやられる側が「腹座る」には多少の不良性のようなものがないと、ただただ、相手に舐められる、まぁ、そういう世界って今までの人間社会でもあったでしょ?
日本人だけじゃないかもしれないけど、身近な「弱い者いじめ」はするし、奴隷パンピー同士で「愚痴の言い合い」はするんだけど、圧倒的に自分よりも強い相手には、逆らわない、非難しない、そういう人の前ではおとなしくしてるっていう狡さ、人間にはあるじゃないですか。

(567脳が、「ワクチンはメディア、権力の、殺人兵器だから打つな!」って伝えるパンピーたちや、数少ない医師や、有識者の言うことを見ても聞いてもスルーするのはね、きっとね、「怖い」んですよ。「そこに同調したらお縄になる」ほら、戦時中、「天皇や軍部の批判した人たちがチクられて捕まっていった」みたいな^^「奴隷同士の奴隷売り」みたいなのがあったじゃない? 怖くてしょうがないのよ。DNAにね、そういう先祖のトラウマがあるの、日本人にはね。無意識下だから気づいていないでしょうけれどね。だからね、かわいそうだけど、567脳というのは「もともと、潜在的恐怖感から人を信用することができない」ってこともあるのだと思うよ。気の毒だけど、しょうがないよね)

私は「暴対法」が始まったあたりから、きな臭い感じはしていたんだけど、こういうことだったのか~、となんとなく。
ヤクザを警察が取り締まりますよ~って話になって、わりとそこから日本人の「他人への今まで我慢してた厳しさやイジメ」なんかも目立つ感じでスタートしていたような風潮があったような感じ、のようなね。

誰もが持ってるんです、荒ぶる魂。これも必要だからあるんです。
これをキレイめに私はそんなものありません、って封じ込めて抑え込んでいるのが日本人。

その荒ぶる魂の怒りのエネルギーをね、こういうことを伝える人に向けて(笑)怒ってるのも、567脳www
ヲイヲイ、矛先が違うだろ、ってことなのよ。
「家族に話してみたら拒否られて怒られて、家族は枠打ってきた…」みたいな話も、なんかもうこれ「定番スタイル」のようにあるようだけど、原理としてはこういうことです。

(イチベイ動画には、「枠打つこと、それはもう今回の人生の最後、その人が決めてきたことだから」という話も出てきますが、まぁ、「生きてる者の気づきを促す」という点では、ものすごく役に立ってくれているのは事実だし、霊界行けば、そういう「穢れ、囚われ」が段階追って晴れていく過程を踏むはずですので。今亡くなっている方に対して、これから枠うって亡くなる方に対しては、それが成人したオトナなら、それこそ、その人の自由、ですので。それは尊重してあげていいと思います)

まぁ、今はものすごい「カオス」なエネルギーが渦巻いている時だから。
いずれにせよほんと、人類史上初の、奴隷解放の時代、とは言えるので。
ほんと、こんな時に、流されていくおとなしい羊のままでいることは、とてもばかばかしいので、奴隷は卒業しましょう。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  チラ見♪
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page