カテゴリ
チラ見♪  の記事のリスト

2020年2月のチラ見♪(予告)です。其の四(ロシアンフェナカイト、モルダバイト、ブラックダイヤモンド、レピドクロサイトinクォーツ、シナバーinクォーツ、ギベオン、リチオフィライト、ヘリオドール、グランディディエライト、タイチンゴールドルチルクォーツ、他)

2020年02月26日 (水) 00 : 00
今回チラ見のラストは、龍の血の石、おそロシア産のシンナバーですよ…やったねという感じ
あのシナバーinクォーツがとうとう、ヘブンじゃないところから(笑)出てきました



1234&高次アルケミー っていうカップリングですね

以前から、PSWは「123」にうるさい(笑)っていうか、「123チャクラ」が生きてる人間ベースだよとくどくど言ってますけど

ほんとに、「アタマ」とか「運」だけじゃ「ただお綺麗な心の持ち主」なだけじゃ(笑)物事は実現していかないんですって、この世界は

もちろん綺麗な心は大事なんですけれど、それ持って仮に何かが実現しないかな~と夢想していても(笑)そりゃ霊界にいるのといっしょですよ(笑)霊界なら、その想像力が即創造力実現力に繋がるんですけれど、こっちではそうじゃないからね

具現化には、「123」そして「4」があり、んで、上の世界との繋がりが功を奏します。

「5」「6」の表現力、創造力、飲み込み力、直感力、洞察力、理解力と「7」以上がコラボで繋がっている「アタマの世界」をあなたの現実の世界にするには、「1234」これは必須なんですよ

そこでようやくみなさんがお好きな「運」「運び」が、流れが出てきます

どこをはしょっても無理なんだけど、とくに「3」これがないと(意志のちからね)

どう高次にはっぱをかけられようと、本人の意志と行動がないと(笑)まぁ、無理ですよ

(腐ったハートであろうと(笑)「意志と意図」「実行力」がある人、ここに躊躇がない人は、なんだかんだ言って、自分のゴリ押し欲求みたいな世界をこの世で実現していくでしょ? 政治家のみなさんの我よしの野心とか、あの人達は「意志と意図」「実行力(自分のための)」ここに躊躇がないから^^厄介なところもあるわけですがな。権力というツールはそれを実現しやすいから権力を人は欲しがるのです。この世はそういう世界だから、まぁ、なかなか「高次の写し」までにはならんのですよ)



私は、石の世界に出会ってから、そこを実感してきたところがあります

人々が求めるものは、どちらかというと、「アタマの世界や感性の世界を意のままに現実にしたい」そっちなのかもしれないのですが

ときにそれは、自分の満たされないモノを満たそうとする承認欲求、胸から下の世界の欲求の裏返しであることも多いですよ

これを満たすために「行動して」成功していく人もいらっしゃいますけどね

「その過程」でおおかたの人は、「自分が世界に貢献していること」が自分にリターンしてくることに気づくので、最初は、承認欲求の我欲であった人でも、経験の過程でどんどん変化していくのです(人間的成長ともこの世では呼びます)。

その気づきがない場合、どっかで大コケするとか(笑)なんかやらかすシーソーになることもあるんだけどね(笑)



しかしこりゃ萌えですわな…

ところでこの、丸玉”ロシアンフェナカイト&モルダバイト入り”のオルゴナイトレジンビーズなんですが(笑)制作のレジン型の構造上、「真円」にならないんですよ、お写真でわかるように…真円の型になっちゃうとそもそもレジン流し込みができないし、型からビーズを取り出せなくなるという問題があるので、こういうふうに、片側に少しだけ平坦面が生まれますね…今回、20ミリと18ミリという(笑)巨玉を作りました…



そうそう、こちら、今回ブラックダイヤモンド原石の巨石(7ミリサイズ前後あります!)ビーズを使っているんだけど、あれなんですよ、ダイヤモンドってモース硬度10だから、隣接している石が削れる(笑)んですよw

ブラックダイヤモンドのボタンカットビーズを使ってるタイプの時には隣接ビーズとの直接の接地面が小さいからあんまり顕著じゃなかったんだけど、先月のホワイトダイヤモンドのキューブ型、あれは要するに他のビーズとの接触面がキューブなのでダイレクトに4ミリ~5ミリくらいありますから、ドリル状に(笑)隣のビーズの穴周りを広げることに気が付きまして。
ダイヤモンドって、精密機械の研磨用としても工業用に使われていますでしょ。硬いから。

いやこれは対策しないと、せっかく穴周り1ミリでうひゃひゃと喜んでいても(笑)これじゃダイヤモンドを組み入れることができんぞと(笑)どうしたものかと考えていて
(ビーズを売ってる方はさ、そこまで考えてないのよ、きっと。「ダイヤモンドがビーズで欲しい欲しい言うから、お望み通りゴムに通るように穴周り一ミリというのを作ってやったぞ、ホレ、あとは好きにしろ。削れるだと? そんなのこっちは知らん」っていうようなところですよ^^)
で、今回このナバホパールと呼ばれる美しいキャッツアイ状のシルバー925ビーズで、あらたに入手した大粒ブラックダイヤモンドをサンドしてみることにしました。
これがまたいいんですよ…
ナバホパールって名称は、アメリカネイティブのナバホ族のあいだで作られているシルバーにつけられた名称のようです。
名前の通り真珠のような輝きでとても綺麗です。



それでは月末を楽しみにお待ち下さい


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  チラ見♪
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

2020年2月のチラ見♪(予告)です。其の参(スモーキークォーツ、アメシスト、テクタイト、ペトリファイドウッド、モララクォーツ)

2020年02月25日 (火) 00 : 00
やり抜く意志、最後まで決めたことをやり通す、そういうエネルギーをサポートするカップリングです



これだけでw このご説明は終了するところがありますね



当日は、この最初の一行だけ(笑)かもしれません



実際、久々にスモーキー使ったカップリングで、自分でも試してみましたが、これはイケますね、持久力、忍耐力、集中力



と言いながら、

さてチラ見と説明文に取り掛かろうと、パソコンに向かい始めたんだけど

動画見ちゃうんですよね~(笑)

最初は、ブログ記事でご案内もしていた
  • 【初音ミク】新型コロナウィルスCOVID-19退散祝詞 with LOGOSTRON WAVE
  • を、イヤホンつけずに流してた(聞いてない)だけにしてたんだけど

    ちょっと休憩、みたいなつもりが(笑)

    なんか、他の何かを見ちゃって、たどり着いちゃったわけなんですよ、まったく想定していなかったタイプの動画に

    何時間も、米米club全盛期の動画とか見ちゃったりw こういうのは見出しちゃうとハマって見ますね~

    うわ、ものすごく懐かしいなと

    昔はやっぱり、アーティストのクォリティが高かったような気もしなくもない

    米米全盛期というか初期の頃ね。浪漫飛行とかがヒットするその前くらい。米米はこの頃がいいんですよ、シュークリームシュも3人いる頃…って、これもうw ぜんぜん分かる人がどれだけいるのか? って話だけど

    あら、そういえばてっぺいちゃんも、カール”スモーキー”石井、でしたね(笑)

    昔はイケメンでかつ、あの才能、歌唱力、パフォーマンス、芸達者、っていうことで

    知らない年代の方は、昔の米米club動画を見てみてください(笑)

    今でもこんな人たちって、たぶんいないよな~、みたいな実力揃いの方々が、あの年代には多かったようにも思う

    バブル期は、日本人の良くないところも助長したのかもしれないけれど、こういう米米のようなグループは、あの時代でなければ出てこなかったと思うから

    年代タイムスリップすると、実際に自分がたとえばその場にいた(ライブ会場とか)頃のことも思い出します

    米米は周囲にも米米好きな米ファンの友達(会社の同期の女子とかw)が多かったのでw よくそういうみなさんといっしょにライブ行ってましたし、今でもなんと(笑)カールスモーキー石井ファンという筋金入りのファン歴の友人もいたりもしますねそういえば

    バンドというより、劇団のような雰囲気のグループだったんですよね

    まぁ、てっぺいちゃんものちに映画でコケて大変なことになったりしていたみたいでしたけど(その借金は完済したとなんかのテレビ番組に出ていた時に言ってて、これも以前動画で見たんだけど、うわわ、てっぺいちゃんも年とったな~、なんか妖怪みたいな風貌になってるぅ…そういえば映画も「河童」だったよなぁとか^^思ってたんですわ)

    米米が好きだった時代は、見た目は結局呑気な、しかし内面では自信のないO.L時代どかぶり(笑)の頃でしたけど、悪いことばかりじゃなかったんだな~と(笑)

    当時は、こういう芸達者なアーティストの人たちが、普通の人がちょっと「生きにくいな」と、不完全燃焼なもやもやを日常で感じたりしている部分の「ガス抜き」「ストレス発散」の役割を、してくれていたんだと思う

    今は、そういう時代じゃなさそうですよね…(あ、まぁ、だから今も「フェス」とかがあるのか~)

    で、さんざん80年代頃でしょうかね、その頃の人々の動画とか見ちゃって(他にも色々)

    はた、と

    「うわ、このブレスをしてなかったわ、やば」と気づいて(笑)

    ということで、今、このブレスをして(笑)、仕事を始めたところです


    誰かにガス抜きしてもらう楽しませてもらう

    それも時々は必要ですけれどね

    でもそういう人々も実際はストレス、緊張感の中で、パフォーマンスしてきていると思う(天然の天性部分がそれを手伝っていることは、もちろんですけど^^)

    「やり抜く意志、最後まで決めたことをやり通す、そういうエネルギー」

    あなたがすべきことを、あなたの代わりに、それをやってくれる人はいないので

    ストレスのガス抜きを時々してくれる人たちも

    あなたがすべきことを、代わりにはやってくれないから

    (このへんが、自分がそういったバブルO.L時代(笑)に、理解しているようで、理解できていなかった、わかってなくて、のちに苦労に繋がったな、という部分だったかな、って思います)


    この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

    カテゴリ :  チラ見♪
    follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

    2020年2月のチラ見♪(予告)です。其の弐(ピンクオパール、ターコイス、クリソコラinクォーツ、アマゾナイト、センティエントプラズマクリスタル)

    2020年02月24日 (月) 00 : 00
    あなたの素直で正直なフルパワーを周囲の人々に発揮してください、っていうカップリング



    もう自分をごまかしていないでいいのよ、って、10年以上前から(笑)お伝えしている気がしますけれどね



    女子力の愛されピンクオパールとともに(笑)素直なコミュニケーション能力を発揮していただいて、周囲の人々との幸福な関係性を築きましょう

    なんだかんだ言って、ピンク石はいいと思うよ

    ピンク石が苦手な人も(笑)昔からPSWには寄ってくる傾向はあるんだけど^^

    でも、私のことも、「ピンク石が苦手で嫌いな人なのね♪」って同胞意識を持っていただいてるかもなんだけど

    それは「昔の話」で(ピンクが嫌いだったのは20代とかの話よ…石というより色がもうね…)

    ピンク石は、石に出会ってからの最初の関門(笑)みたいなところはあったけど

    ピンクオパールがあったから、それと、ロードナイトね

    この両者には、最初から抵抗感はぜんぜんなかったな

    ピンク石で「ダメだな」というのは、最初は、「どうにもローズクォーツが…(汗)」って感じだったんだけど

    苦肉の策で、レインボーオブシディアンと合わせたりして(笑)「うん、これならアタシにもばっちり」とかやってましたん(笑)

    この仕事柄、ローズクォーツを嫌っているわけにはいかず

    なんだかんだと、ローズが増えていく(笑)

    そのうちに、めっさ好みのマゼンダが混じる「ディープローズクォーツ」なんかが出てきて

    今や、あのロードクロサイトでさえ(笑)とっても好きになりましたよ

    まぁ、今はもうあんまり日常身につけてはいないかな、っていうピンク石があるとしたら

    まさにこの(笑)ピンクオパールなのかもね~(私はね)

    いや、嫌いではないの、好きなのよ

    高品質ピンクオパールのピンクは、やっぱり、めっちゃ美味しい、石感ありまして、ほんといいですよ

    ただ、自分自身はピンクオパール使ってるカップリングは、凄いフェイバリットで何かと身につけてるのか? っていうと、

    今はわりとそうでもないかな、というだけです

    PSWの馬車馬二足わらじ時代、営業マンしていた頃は(笑)すっごい身につけてたのよ^^

    ピンクオパール身につけてると、接する他人が優しくなるのよね、っていう、その目的ですよ

    これは本当

    ご主人が優しくなるかどうかはわからん(笑)

    どちらかというと、家族ほどには密じゃないけれど、必然的に、接しなきゃいけない人が多い職業だとか、

    そういう感じの人間関係にいいのかな~、という感覚

    外向けの顔(笑)でもそれも「自分」ではあるから

    これは「つくってる」っていうのとは、ちょっと違うのよ

    むしろ、「つくらないにはどうしたらいいか」みたいなことを、助けてくれるのよ、ピンクオパールって

    素直な自分を出せるの

    だから凄く営業がやりやすかった

    行く先ほうぼうで好かれてる人、みたいな自分への抵抗が、あれでなくなった

    ほうぼうで、誰にでも好かれてる人、って、八方美人みたいな、自分がない人、無理してる人なんだ、と、それまでの私は勘違いしてたんだよね

    でも、そうじゃないことを、ピンクオパールは教えてくれるよ

    むしろ、無理をするから、化けようとするから、自分じゃないものになろうとするから、噛み合わない場が生まれるの

    あ、だからそうね、仕事ってわけじゃないのに、

    「家族相手にも私はつくってしまってる」っていう人になら(笑)いいんじゃないでしょうかw ピンクオパール

    家族って言ったって、所詮は他の人、「外向けの顔」ですものね、同じことですよ

    ここをね、へんに「家族だから」と期待する、特別視するから、おかしなことになるのもあるんだと思う

    家族相手も、へんな話、「仕事」の人間関係のようなものと同じとも言えますよ

    デキた男性だと(笑。つか割り切って家族間人間関係のために)ヨメに対してそのへんわきまえて接したりするそうですよ…「家庭サービス」という「仕事なんだ」と(笑)

    これ、一見男性側が「つくってる」ようなんだけど、いや、それこそが「本人の正直な態度」なんですよ…だからそういうご家庭はうまくいってたりするのよ…愛とかじゃない(笑)のよ

    「家族相手にも私はつくってしまってる」そんな人、いるのかなぁ

    でもまぁ、いるのかもね

    メルカリで、「離婚届が売れてる」そうだから(笑)

    これ、なんで役所でタダでもらえる離婚届を売ってるんだよ(怒)って話なんだけど

    地方なんかのこぢんまりした地域だと、離婚届なんか役所にもらいに行こうものなら、2時間後くらいには、「あそこんちのヨメが離婚届もらいに来た」って町内の噂になる(笑)そうなんだけど、ホントなの?! なんだよその、個人情報保護もへったくれもない話、と驚きましたよ

    メルカリで離婚届が売れてるのは、そういう面倒がある地域にお住まいの人々の需要があるからなんだそうですわ…いやはや

    凄い話だ… 同じ日本国内とは思えん…

    これじゃあ、まぁ、そういうところに住んでるような方は、より、「素直で正直なフルパワー」を周囲の人々に発揮は(笑)そりゃ、しづらいかもしれませんね…

    でも頑張って

    やってみようよ、できるから

    突飛なことをしろ、みたいな話じゃないのよ

    ただ素直になるだけなんですよ…(それも難しいのかなw こじらせちゃうと)


    この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

    カテゴリ :  チラ見♪
    follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

    ページの上へ移動
    Go to top of page