カテゴリ
チラ見♪  の記事のリスト

2021年8月のチラ見♪(予告)です。其の肆(セリコ、モルダバイト、リビアングラス、ギベオン、サハラNWA869、テクタイト、トルマリン、ペリドット、グランディディエライト、パイライトinクォーツ、オウロヴェルデ、センティエントプラズマクリスタル、フェナカイト、ペタライト)

2021年09月28日 (火) 00 : 00
私がこういう仕事をするようになった真骨頂みたいなwカップリングですかね

(これと「宇宙意識」カップリングは基本だと思ってる)



「注文した出前が、目の前に、即、届きますね、これ。」

そう言い続けて(笑)15年www



なんでよその石屋はこれを真似して作らないのか、不思議です。とも思っていましたが

まぁ、これだけの種類の石を取り揃える(笑)そもそも、それをしないだろうというのもありますがwww



今回の、「新時代SPEED」には、石の意味でお伝えしていた、ペタライト、セリコ(パラサイト隕石)と、グランディディエライトが入りました

作るたびに、これで最終形レベルの完成度を感じるわけですがwww

「いやまだこのパラサイト隕石があったよね…」に気づいてしまっていると(笑)もうね、石ヲタの血がwww黙っていてはくれないわけですよ

そして、ペタライトの高次元っぷりに気づいてしまったので(笑)

「まさかのSPEEDにペタライト」ところがこれが、なんで今までそうしなかったんだろう? レベルのドハマリですwww



そんなわけで、もう持っている方も、持っていない方も

バージョンアップになる方も、そうでない方も

ぜひご検討ください



ちなみにあたしも、歴代SPEEDとは、いっしょに身に着けていたりします
(それはそれで汎用性が感じられるところもありますよ、なんとなく。新しいのが来たら古いのは処分、という考え方も、一理あるのですが、そりゃまぁ、台所用品とかはwそうしたほうがいいよね^^。用途があるなら別ですが、この古い方のやかんにも愛着あって捨てられない…みたいなことやってると、いつまでも新しい方を使えないじゃないですか(笑)。でも石ブレスの場合は、「そこまで^^断捨離の必要はないな」と、捨てたい人は止めませんけど(古いエネルギーを一掃したい、という場合には、まぁ、手っ取り早いから)そこまで無理して捨てなくてもいいと思いますよ。今はちょっと合わない。けど、先へ行ったら”あっ”って感じで、エネルギー合うかもしれないから。ちなみに、これをやるからモノが溜まるのだ…という、断捨離極意みたいなものもあるようで、服がそのやり玉にあうこともあるんだけど、洋服の場合、ほぼほぼ「人氣モノ(その時の流行のエネルギー)」なところがあるのと、「前は似合ってたけど、なんか似合わなくなってる」のサイクルが早いから、まぁ、そういう部分はわからないでもないのですが。これもさ、確かにね”年齢なりの”みたいなのもあるにはあるんだけど、実際は、「意外と平気」でもあるのよ(笑)。若作りがイタイ、とか言ってる^^オシャレ服飾系の人もいるけれど、でもさぁパンピーみんな全員マスクしてるんだったら^^より、あんまりそこ関係なくね? という世界にはいってきてますよね^^。これ、いっせいにみなさんマスク外す日が来たら、「この人こんな顔だったんだ(けっこう老けてる)」とか(笑)きっとそうなってくんだろうなぁ、って気がしますねwwwせっかくみなさん「顔不詳の世界」に生きてるんだから(笑)せめてもっと自分の内側からのエネルギーを充実させたらいいのに、と思いますよ)

さすがに初代とか(笑)そのへんはナイですがwww

もともとの初代はですね…そもそもモルダバイトでさえなかった、という(笑)テクタイトでしたよ、雛形は

だんだんに年月かけてグレードアップしていきました

いちばん最初に手にしたモルダバイトビーズは、チップだったりしていたのよ
(今でも憶えてる。5センチで9千円wwwチップだよ? ただ、ちゃんと1ミリ穴のソコソコ厚みのある大きめチップだったので、今、価格高騰してしまったモルダバイトを思うと、あれが今もあったらあたしゃ即買いします^^。でも当時はさ、これで9千円なのか…と思うところもまぁあったよね。今みたいに、石屋がわらわらいなかった時代の話です)

ほんと、そんな感じだったんだから

貧乏人でしたからwww要するに「食うために仕事しなきゃいけない」っていうパンピー定番型だし、エリートのオットとかいないから(笑)そらもう、本来であるなら(身のほどをわきまえるなら)「こんな金のかかる趣味は持っちゃダメでしょ」の世界だったと思うよ

なんでそうなのに、突き進んだのか

それは、明らかに、「高次の後押し」を常に感じていたからです

目に見えませんが(笑)ず~っと、二人三脚でした
(じぶんのちからじゃない…みたいな奇跡みたいなシンクロだらけ。高次ロードへ進むと、初期段階では、これが起こる人も多いですよ)

過去に作詞家になった時にも、多少感じていたけれど、それとは明らかに何かが違うな、と気づいていました

(むしろその作詞家の仕事は、「これをやるための、能力開発、布石だったんだ!」というのがわかりましたし)

こういうのを、別名、天職とか、使命とか、青写真とか、ブループリント、そう呼びます(笑)

こういうのは、「探してどうなる」ってものでもないwwwのですが

あなたの心に正直に生きていると、そっちへ向かわされる(笑)ことになっていくのが人間

でも、そこで躊躇したり、心に反した行動したり、ということをしてしまうのも人間

「ふと思う、は神心」とは、お亡くなりになったロゴストロン代表の方もおっしゃっておられたようですが
(メカニズムをおわかりなのですよ。私もロゴストロンのメカニズムは、「そうか、これを自分は、石でダウンロードしていたんだな」と、宇宙の「向下」のシステムには符号するところを過去に感じました)

「ふと、思う」「なんとなく」それが直感ですが、もっともらしい根拠はそこにはないことも多いです
だから、人は迷うのです。
「自分で決められない」から。もしくは「自分で決めたくない」から。

(だけど、宗教のように(笑)「高次にあなたをゆだねすぎる」というのも^^ナシですよ。神はからいは、たしかに絶妙なんですがw「必ず助けてくれる」って、アテにするのはNG。そりゃ、ただの思いこみだって。こっちの世界では、人間は精一杯、その人のやるべきことは一生懸命やる、その上での、神はからいです。スピリチュアル系の人は、こっちに偏る人もわりといますのでwww「最善が起こっています」ってダンマリしてるうちに、日本人わく珍死続出とか(笑)自分も打って死んだりね。そりゃダメじゃんってちょっと思うわ)

そのもっともらしい根拠、「みんなそうだから、の常識」や、「将来のため」や、そういう「言い訳」が常に出てくるのが人間ですが(お金のブロックも、根源的なところでは、これらと絡みます)

j実際は、天の恵みは、無制限(笑)というのが、実像です

スピリチュアル方面でも言われる、「望んだものは実現するし、手に入る」というのが、宇宙からのアンサー

制限を自分に課しているのは、他ならぬ、あなた自身であることに、気づいていきましょうね

(QFSの世界では、この制限がとっぱらわれる方向へ向かえる人もいるはずですが、「そうではない人」も多いので。やはり、567枠珍というのは、その振り分け、人員整理ともなっている面は(あくまで高次的に見れば、ですが)ありますよね)





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  チラ見♪
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

2021年9月のチラ見♪(予告)です。其の参(ヒマラヤゴールドアゼツライト、シトリン、非加熱シトリン、ファントムシトリン、サンストーン、ゴールドルチルクォーツ)

2021年09月27日 (月) 00 : 00
こちらは、再販なんですよ

再販と言っても…前にお出ししているのが、調べてみたところ2017年みたいだから、4年前ね

その説明文を読んでみたら「豊かさの拡散」と書いてありました



2017年当時のことはよく憶えていないけれど(笑)まぁ、説明文読んでいると、まぁまぁ「普遍的」と言えることは語られていた様子なので、良かったですwww



いや、とんちんかんな話してたらどうしようかと思いますよwやはり。私自身はテレビ脳ではないつもりでも、やっぱり、テレビ脳的な話も、過去にしていることがあるからね。。。

今思うと、そういうのが「事例」として、人に伝わりやすいのかなぁ? というのもあって、自分はテレビを見ないながらに(笑)がんばってこの世の情報仕入れてwww見つけたそういうのを取り上げていることも多かったんだけど、ほぼほぼ芸能人有名人系の色々な美談とか成功話は、メディアがつくった「出来レース」でもあるけれど、「血筋による優遇策」の仕掛けだから(笑。生粋の日本人は大成功できない仕組みがあります)

一般人がその法則をそのまま参考にしようとしてもできないし、彼らほどにこの世で優遇されたり後押しがないのは、そういう理由ですよ(ここをわかっていないで、世に羽ばたく大人気スターとか、名だたる人を目指しても無駄です。)



そういうタイプの、デビルな縁故の後押し(笑)はパンピーにはありませんがw(デビルな血筋の人ならあるかもしれません。ただもう、今後の世界では今までのような感じにはいきませんから、「それも今さら」だと思いますよ)

あなたの本質である高次(ハイアーセルフ)エネルギーに繋がっている人には「高次の後押し、ご加勢」があること、これは事実です

そこを信用している人は、一生、困らないですし、楽できます
ただこの場合の「楽」は、一般常識のタイプの楽ではなく(笑)わりとチャレンジなことであったり、人のために仕事することになることも多いですwでも本人にとっては、楽なのです

(まぁ、デビルの上の悪魔も高次っちゃ高次なんですがwwwただその高次は、「引き換え、貢ぎ物、代償」を必要とする高次でございます。一連の事例の話は、今年、さんざんしてきているので、はしょりますが。PSWを読んできた人は、なんのことか、わかるよね? しかしどうしてデビルというのは、「いい人のフリ」というか(笑)「神の猿真似」をするのかwそこがよくわかりません。)



という、「豊かさ」カップリングでございます

第2,第3チャクラエネルギー、喜びのエネルギーの活性化
(これが遠からず「免疫力」にもつながりますwww免疫力の壮大な物語には「腸」が大事と言いますよね。「腸は第2の脳」とか言われるしw))

「喜べることが現実世界にあるから、喜べる」のではなく

「喜べる人だから、喜べる現実が生まれる、その現実創造を本人がしている」というのが、本筋です



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  チラ見♪
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

2021年9月のチラ見♪(予告)です。其の弐(フォスフォシデライト、バリサイト、ピンクマンガンカルサイト、グリーンインカローズ(アルゼンチン産グリーンフローライト)、パープル&クリア2toneフローライト)

2021年09月26日 (日) 00 : 00
お伝えしていた、脳の活性化のカップリングです

先月お出ししていた、アーカイヴの「余裕」これがけっこう良かったのでw

で、「バリサイトって脳の石なんだ~へ~」ということを知り(笑)

バリサイトと、そして、バリサイトの変種であるフォスフォシデライトと

それから同じく、”頭脳の石”であるフローライトに

フローライトと同期する親和性の高いカルサイトであり、高次脳ならぬ高次ハートのダウンロード石(笑)ピンクカルサイトをカップリングしました



めっちゃ、要するに「石に言われてる意味」で作っているわけなんですがwww

もともと、フォスフォシデライトなんかは、カウンセラーなど、対外的に人間に接する、相手の問題解決業務的な感じの、人と接するお仕事の人に良い、みたいなことは言われていたことは知っていたのですが

スピリチュアルにお決まりの台詞「他者への慈愛を持って、どうこう」みたいな世界(笑)なのかな、ってわけじゃなく(別にそれでもいいんですが)

「根拠」がそこにあるわけですよ

高次マインドを持っていない、その手の職業の人のレクチャーって、なんか、感覚的に苦痛を覚えませんか?

わかりやすいところで言うと、「医者」がそうです(笑)正直、ほとんどの医者の職業の方々が、これをこの世では持っていません(ということが顕在化したのが、この567禍かもしれませんwww)

医者だけではなく、なんとな~く、高次脳がはたらいていない人と接することで、苦痛を感じる世界は、あると思いますwww



とはいえ、今の世界は(今までも、そうだったのですが)高次マインドをゲットしておくことが、その人の命綱になります

難しそうなことを難しく語ることが、高次マインドではないですよ(笑)

人間の世界では、「専門家」という肩書や、見た目の誠実そうな様相(服装や態度)や言葉遣いというのも、大事だし、便利ですけれどね(そういうものに誤魔化されてくれる人も多いので)

それらがあることは人間の世界では有利だし無駄ではないのですが、今までの世の中では、「そのほうが有利だから、それを追い求める人々のマインド構造」により、世の中が仕上がってきていたこと、それも事実ではないですか?

誰も彼もが大学に行き(大学出てないと有利に就職ができないから、くらいの理由でしょ?)「勉強ができるアタマは良くなっているはず」なのに(笑)高次マインドを持っていない…ゆえに(笑)のこの社会の展開…これはね、社会の様相だけではなく「個人の人生そのもの」にも、起こることではあるのです



石の世界は凄い

これが全部、天然色なんだからw

「あら綺麗な色の石のブレスしてるわね」みたいな、ただのあっぱらぱーに見えるかもしれませんが(石のブレスとかを否定している人から見ればね)

天が私たちに用意してくれている問題解決の世界は、ほんと、奥深いのう…と

こういうカップリングが仕上がると、感じます

この世で「石が好き」という感覚を持てる人は、なんとな~く、「わかってる」からそうなのですよ

でもそれも、「他者にそう言われたから、飲んでいます」のような、外箱に書かれている効能書きを信頼する「薬」とかの感じではなく
(笑。薬を否定している^^わけではありません。「症状を抑える」という効果があるのが薬ですからね。なので、どうしても抑えたい症状がすでに出てきている人の「鎮痛」として、西洋医療のお薬は効果があると思います。56枠を打って、「激痛レベルの頭痛」が継続されているような方も、ちらほらといらっしゃるようなのですが、そういう方の頭痛をこのカップリングが緩和するのかどうかはちょっとわかりませんが、可能性としては、それもゼロではないような気もします。でもまぁ、手っ取り早くは、即効性という点では、鎮痛剤のほうがいいでしょう)

「なんか惹かれる」という根拠のない感覚(それが直感です)それを大事にしてくださいね


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  チラ見♪
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page