カテゴリ
お客様の声  の記事のリスト

ご感想をいただきました82

2019年05月12日 (日) 22 : 43
「富士は晴れたり日本晴」をご購入くださったお客様よりいただきましたご感想メールです。
”感想”というか、”経験”ですね。

こういう感じでわりと、お品の到着時に、メールをいただくことも多いです。

”経過”という意味では、それをわざわざ順序立ててこういうことがあったとかのメールをくださる方のほうがずっと少ないのですが(笑)、個人的には「この世はそういうもの」だと思ってます。
買い物して、いちいちそれらにレビュー書く人のほうが少ないでしょ^^。
(私自身あんまり買い物商品のレビューは書かないです。私の場合はレビューは書かないけれど、気に入れば必ず”黙ってリピーター”になります。日本人の多くの方の行動はどちらかというと、だいたいこっちなんじゃないだろうか、という気もします。コマーシャルに乗せられているようで、実際には、「自分が欲しくてお金使って買ってる」のですから。お金使う、ってけっこうそういう点で、人間の正直さがそこに出る面があるんですよね)。
とくに私に報告義務はありませんので^^、大丈夫ですから。

但し、こういうレビューのようなものも「エネルギーの使い方」として、「誰かのためになる」というのは歴然な世界にいることは実際のところ。
あなたが自分に正直な行動をしていること、それが、宇宙の形成の波に乗っていくことと繋がります。

エネルギーは「自分から動かす」ことをしていると、循環サイクルに乗れますので(「そのために嘘をつく行動」という我欲だとアレですけれど)、自分からちょっと動いてみよう、っていう正直な行動をする、そのご自身のためのきっかけとしては、レビューみたいなものを提供者に送るのは悪くない行為だと思いますよ。

(その「こういうことがあった」系のご報告事例は、「ご感想をいただきました80」がそうでしたね。そちらのカップリング2種については、確かにこの2セットの組み合わせじたいがいい感じなので、「セット売り」で(笑)再販予定にしています^^。こういう風に、報告してもらっても、あたくしの商売に役立つだけの話なので(笑)あたくしの商売の役に立ちたくない人は、レビューはよこさないようにしてください^^)




(「お客様のメール」転載ここから)


神崎 詞音 様

○○です。
お世話になっております。

今朝、郵便局で「富士は晴れたり日本晴」を受け取りました。
可愛いブレスレットです。

セリサイトとチェリーアゲートを、ブログを拝見するたびにだんだんと
好きになっていましたのでw、今回来て頂けてとてもよかったです。
富士山溶岩が活力を与えてくれそうです。

それが。。。到着する前にガッカリ、びっくりするようなことが3点ありまして。

昨日、午前中に職場でふと足下を見ると、何やら丸い物が。。。
実は、マイカブレスの黒金マイカビーズがスパッと1/3くらい割れて、
かけらが落ちていたのです。
びっくりしました。申し訳ありません、お気に入りだったのですが。
それで、今日到着したセリサイトとバトンタッチしてもらい、
いまはマイカブレスは水晶のもとで休んでもらってます。

で、夜になりまして。
昨夜、夕飯を食べようと、いつものようにフライパンでアジを焼いたのですが。
ガラスのフタがフライパンから取れなくなりまして。
結局、何をどうしてもだめで、今朝、外の縁石にフライパンをコンコンあてましたら、
ガラスのフタが砕け散りまして。

早朝には起きがけに、何かが割れる音がしまして。
ですが、割れたらしい物を探しても見つからず。(PCとかのコンデンサが破裂なのか
もですが?)

ということで、「何かが割れる×3回」で、微妙に滝汗になっております。


先日の「お客様の声」の方とはまったく違う状況ですが、
これもガイドメッセージなのかもしれませんが、メッセージ内容がわからなくてw
確かにメッセージが聴ければいいなーと思った次第です。

それで「マイカブレス」なのですが、修理して頂くことは可能でしょうか?

「冨士は晴れたり日本晴れブレス」は大切にします。。。

よろしくお願いいたします。



(こちらは、文中にでてくる「マイカ・ヒーリング」です)



(「お客様のメール」転載ここまで)


ご本人様にもお伝えしているのですけど、なんの物理的要因もないのに「モノが壊れる」系の話というのは、まぁ、石の世界のお約束話だと、「あなたの厄を引き受けて、壊れたんですよ~、石が守ってくれたんですよ~」という話になるんですが。

これは当時このカップリング販売時にもお伝えしてたかな、と思うんですが、マイカという鉱物じたいが大変割れやすい構造を持った鉱物です。
この世には割れやすい石、劣化しやすい石、というのがありまして。

ところがそういう壊れやすい劣化しやすいタイプの石に限って(笑)ネガティブ祓い能力にとても優れている石も多いのも、実情です。

先月ご案内していたセレナイトなんかも、最上級のお祓い石みたいなところはあるにはあるのですが、割れやすいだけでなく、皮脂、水に大変弱く、そういった人間に密着する状態でいると艶がなくなってしまうタイプの石ですし。

モース高度が低くて傷つきやすいだとかのタイプの石のほうが、その人を取り巻くBadなエネルギーのお掃除力に優れているケースもけっこうあります。

なので、「なにがなんでも石が壊れないように頑張る」という意味では、いちば~ん良いのは、「あなたが常にフラットなエネルギー状態を維持できていること」が、石を美しいままで保ち続けるには、最良と言える方法なのです。

このあたりは、パワーストーンワークスの黎明期から、わりとずっとお伝えしてきたことなのですが。
石に癒やしを求めて、石のエネルギーを欲しい、ということも人間にはあるので、「それが自分でできるんなら、そもそも、石いらんよね」という(笑)そこには大いなる矛盾がありつつ、事実はそうです^^。

あなたがなんにも壊したくないなら。なんにも劣化させたくないなら。すべてを変わることなく美しいままで維持したいなら。
まぁ、そういうことになっちゃうわけなのですが。

石を当初状態のまま維持するには、陽光に当てない、身につけない、なるべく人間が触らないで空気に触れないように保管するなど、宝石の保管に準ずるような管理が必要かなと思います。

ところが。
それをやると(笑)「じゃあいったい何のために、それ買ったのか?」って話になるのでして。
「もったいなくて、身につけられない」とかそういう話も、たまに聞いたりすることも、前々からあるんですけど^^、それやってるうちに、本当に身につけないままタンスの肥やしになっていくこともあるし、エネルギー的に合わなくなっていくこともあるので、私は、「お金出して買ったからには、身につける相棒にしましょうよ」ということをご推奨しています。





それでも…これは石に限らずの話ですが、モノは、大切にしていても、壊れる時は、壊れます。

修理して使い続ける、もアリですし。

壊れたんだから、壊れた事実をそのものの「お役目終了」として進むもアリですし。

いちばんやって欲しくないのは、「壊れることを恐れて、正直なあなたをな~んにも見せようとせずに、共に過ごさないかかわらないことを選ぶこと」かしら(笑)。

(これ、この世で人間相手にもやってしまう人も、いそうですよね^^。関与すること、縁を怖がる、嫌がるというか。確かに、余計なものとの縁を持たないのがシンプルで生きやすい面もあるのだけど、そういうふうに言ってると、今、自分が能動的に行動し愛すべき関係性においてまで、成仏した世界を理想として持ち込みかねないところがあるわけで。ちなみにこの「縁」もどこかで諦めるというか(笑)もうすでにある縁をうっちゃって自分に都合のいい縁だけを求めて進むことはできません。なので、そこをいったんはすべて受け入れる、で、どうするか、がスタートですよ)





「富士は晴れたり日本晴」のひつくの神様は、「清貧」ではなく、「清富」であることができるのが人間、と言っている神様です。
また、それを目指せよ、と言っています。
(一般的な宗教観や、人間の世界で無意識に常識化している、「みんな平等」のニュアンスとは微妙に違っていて、「手は手」「足は足」の「お役目」があり、「手がいくら自分は足になりたい」と言ってもそれはなれないのが道理、という「自分でないものにはなれないこと」つまり、「今の自分をこの世で最適に活かすこと」がそれである、ということについても。ここ10年20年で言われてきたスピリチュアル世界や自己啓発などの世界で言われているようなことは、ほとんどひふみ神示には網羅されているのですよ)

そして、「この世で天国を知らない、作れない者が、死んだら即天国に住めるのか? 自分が知らないものは作れない道理」という(笑)「ぎゃぁあああ」とも「そりゃそうね、もっともだ」とも言える(笑)こともおっしゃられていますが、じゃあ、人間どうやったら、天国が作れるの? については、ひたすら「身魂磨き」のメグリ取り(このメグリというのはいわゆるカルマとも言われる、身につけてきた、もしくはもともと内面に持っている囚われのことです)、心のお掃除、お洗濯(いわゆる、日々身につける穢れの祓いです)の推奨をされています。

われわれは、釈迦にも、キリストにもなれる、そういう御霊である、ということ。
特別な、優れた人だけの話ではない、ということ。

自分にあるものが、目の前に顕れてくる世界です。
ないものは顕れませんから。
そこは安心しましょうね(笑)。
だから不安なんだよ、という方は、「身魂磨き」に淡々と精を出しましょう。
つまり、この世は「自分次第」という、やっぱりどこまでも「変化ができる」お楽しみの場所なのです。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  お客様の声
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ご感想をいただきました81

2019年05月06日 (月) 22 : 24
昨日(5月5日)の記事「数字のサイン」という高次ガイダンス、高次のサインのお話をお伝えしていましたところ、『ハイオクターブ・チーム~Sentient Plasma version~』について、ご購入くださったお客様よりいただきましたご感想メールです。
”感想”というか、”経験”ですね。





(「お客様のメール」転載ここから)


神崎さま

こんにちは。
3月初めにハイオクターブチームブレスを購入した○○です。

以前ブレスレットがこちらに届いた時にお送りしたメールに、ヘミシンクを始めたこと、ガイドさんに数人お会いしたことを、
ついでに書いておりました。

単に「ガイドさんに会った」ということしか書いていなかったのですが、
ブレスレットをポチった翌朝、最初のガイドさんに会えたことをご報告させていただきます。

ブレスレットにはそんなニッチな効能?は書かれていませんから、
こんなご報告しても、と思い控えていたんですが、
今日のブログ記事を読んで、やはりそうなのか、と思いました。

ガイドさんと二人三脚している感覚は、ヘミシンクの中で十分に実感しています。
ゲートウェイも現在 WAVE 5 をやっていて、先日 オンラインで日本語版 WAVE 7 を予約注文したところです。
将来的には、リトリーバルをしたいと思っているので、とても楽しみです。

ヘミシンクの体験を深められるようなブレスレット、また出して欲しいです。
やはり「クレア解禁」系でしょうか…?
お金貯めて用意します。

さて、以前ガイドブレスも作っていただいたのに、その後のご報告をしていませんでした。


・(内容割愛)


取り留めのない内容になってしまいました。
また月末販売を楽しみにしています。

○○


(「お客様のメール」転載ここまで)





ヘミシンク先輩に(笑)なっておられるご様子で。やっぱり、ゲートウェイを段階追って、きちんと進めていく、というのはぜんぜん遠回りじゃないのですね。

ガイドさん複数に会えたなんて、ゴイス!! です^^。
3月ご購入時に最初のガイドさん、ということなので、そこからたった2ヶ月足らずのあいだにさらに体験が加速された、ということですよね。凄いわ~♪

ちなみに、ハイオクターブチームは、メタフィジカルな領域の感覚能力を上げる、そのサポートをするカップリングですので、「ヘミシンクの体験を深められるブレス」でもあります(笑)。

すべて、「ハートから上の領域」に響くタイプの石のシナジー効果ブレスですので、いわゆる、クレアボヤンス能力に限定されず、すべてのクレア能力の中の、そのかたの得意なクレアからはたらきかけます。
(クレア能力というのは、だいたいそもそもの「現実世界においての、その人の得意な感覚」から拡がりを見せるところがありますので、クレアボヤンスでしたら、その人のもともとの「観察眼」がモノを言いますし。たとえば人間を見て、相手が着ていた洋服やネクタイの色、髪型、アクセサリや靴、そういった細かいところまで一瞬で捉えて記憶できるようなタイプの人であれば、クレアボヤント向けだと思います。なので「音」「振動」に敏感なミュージシャンでしたら、クレアオーディエンスですよね。人によって、得意なクレアというのがあるのです)

ヘミシンクはその中の「観ること」にわりと特化した脳波をつくる音響システムとも言えるところがありますので(というより「存在確定」的要素としておそらく「姿かたちを見る」という行為がもっとも人間にとって、「そう信じられる」ところがあるからかと思いますが)見える経験や、その見えたガイドとのコミュニケーションができる人も多いので、なんにも見えていない人には「なにも起こっていない」と思いがちなのですが、「見ること以外の感覚能力」が上がります。
(私のように「見えなくてもその存在を信じられる、認識できる」タイプの^^人間は、なので姿かたちという要素をコミュ手段の必須としていないところがあったりするので、あんまりクレアボヤンス能力がアップしないのかもしれないです)
また、そういう感性が上がるように、高次に仕向けられます。(そのための「石」を買わされるとか^^もそうですよ)
そうでないと、ただ観えても、高次ガイダンスがわからない(笑)ですので^^。


これは「石」にも似ていて。

石を身につけても、「とくになにもありませんけど」な感想(見た目の現実はなにも変わらない日々だから)の方もいらっしゃれば、ご自身の、「微細な変化」に気づく人もいます。

クレア、超感覚、というのは、「見る」「見える」だけではないので。

そこいらへん、ハイオクターブチームもそうですけれど、石を身に着けて、「得た気づき」ですとか、「不思議に落ち着いて思考ができている」だとか、「集中力が増した」とか、「忍耐強くなった」とか、「イライラしなくなった」とか、まぁ、なんかしらあると思います(笑)ので、探してみてくださいね。

そういう少しのことに気づけるようになると、だんだん、「高次ガイダンス」にも、見えたり会話したりしなくても、気づきやすくなってきますし、間髪入れず(カード引いて確かめるだとか、占い師に聞くとか、手間暇かけなくても)疑いはさまず「わかる」能力に直結してきますので。



ということで、現在販売中の、ハイオクタームチームはこちらです(笑)
いずれも少しずつ、ご検討可能です♪

ハイオクターブ・チーム~Basic version~

 (使用石:センティエントプラズマクリスタル、アゾゼオアゼツライト、乙女鉱山水晶、ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)、モルダバイト、ペタライト、ダンビュライト)





ハイオクターブ・チーム~Jewerly version~

 (使用石:ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)、フェナカイト(ブラジル産)、モルダバイト、ダイヤモンド、ダンビュライト)





ハイオクターブ・チーム~光の梯子version~

 (使用石:エンジェルラダークォーツ、センティエントプラズマクリスタル、ゴールデンレムリアン(ロシア)、2012クリスタル、ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)、モルダバイト、ゴールデンペタライト、ダンビュライト)





ハイオクターブ・チーム~Sentient Plasma version~

(使用石:ロシアンフェナカイト(AZOZEO)、ブラックダイヤモンド、モルダバイト、ペタライト、クリアダンビュライト、センティエントプラズマクリスタル、2012クリスタル、ゴールデンレムリアン(ロシア産)、アゾゼオアゼツライト、サチャロカアゼツライト、バッキーボールカット水晶、20面カット水晶、クリオライト(氷晶石))



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  お客様の声
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ご感想をいただきました80

2019年03月25日 (月) 00 : 00
昨日(3月24日)の記事で「流れを切り替えていく」のにお役立ちの組み合わせのようです…とお伝えしていた、『You gotta chanceとマイ・スピリチュアル』について、お客様よりいただきましたご感想メールです。
”感想”というか、”経験”ですね。



(「お客様のメール」転載ここから)


ご無沙汰してます(^^)
実はこれはブレスレットがお仕事してくれてるんだな〜と立て続けに思うことがあったのでご報告します。

You gotta chanceとマイスピリチュアル。
購入させていただいてからずっと身につけてますが、
You gotta chanceの方はなんだか身につけてから危険回避?というか、
「逃したかも知れなかったチャンスを確実に得れる」ようになった気がします。

我が家は自宅にセキュリティシステムが入ってますが、なんとなく不意にそのシステムじゃ安心できないな〜と、父に相談し
「ならセキュリティ箇所増やすか」と決まった一週間後、今まで使ってたセキュリティシステムが、母体の会社の関係で無くなることになりました(笑)
セキュリティを見直す予定になっていたので、今までの会社にその旨を伝え、スムーズに次の信頼できる会社にシステム移行となりました。

で、これもやっぱり不意に
「なんか今年あたり車を買い替えるべきな気がする」と突然思い、計画するか〜と思っていたら2日後にス●ル(笑)からリコールの通知が。
それからあれよあれよと車の調子が悪くなり、
修理に出してみたら廃車決定。
ここまでは悲しみにくれたくなる話ですが(笑)修理に出した先の社長さんが本当に良い方で、今より良い車を格安で販売してくれるらしく、あっさり次の車が決まりそうです。
(今日話が決まったのですが、予定額より大幅にダウンしそうでした)

まだ小さいことがいくつかあるんですが、
なんかYou gotta chanceが来てから
本当に危険回避させてもらってます。
自宅は泥棒入ったことありますし、
車もそうだけど極論言えば怪我でもしかねない危険を回避してくれていると言うか。
あと電車の遅延遭遇率も(笑)減りました。

そして…マイスピリチュアル。
多分これは私らしく生きるために、か
私らしく生きれるようになったから
もう解放してくれたのかなと思ってますが
7年ほど、私に対して前に立つだけで席を立ったり舌打ちされたり、いわれのない嘘をばら撒き続けてきた同僚が辞めました。
学生時代は友人で、会社に入って仲違いし、
かなり苦労していました。仕事の伝達も来ないのが当たり前でしたし
性格もきついので正直辞めないと思って
気にしないように自分のメンタルを
硬化してたんですが(笑)
マイスピリチュアルが来てから、
今まで仲が良かったはずの人とその方が仲違い。結果的に居心地が悪くなったようで、去って行きました。
現状上司にも可愛がってもらえていたので非常に居心地がよくなり、
「私らしく」過ごせてます。
他の縁切り石的なものでもダメだったし
これは乗り越えるしかないな〜と思ってただけに、あっけない7年間の終止符に驚いてます。
You gotta chanceもつけてたから、もしかしたら飛躍するチャンスを与えてもらっているのかもしれません…というかそう思ってまた仕事頑張ろうかな〜とわくわくしてます(^^)

長くなりましたが、以上ご報告です!
毎回なんかふと考えさせられる事が
購入の度にあるので楽しいです(笑)

これからも宜しくお願いします。


(「お客様のメール」転載ここまで)



なぜにこれが「流れを切り替えていく」のにお役立ちなのかという話。

そもそも、流れの切り替え、ってどういうことなのか? という点を、このお客様メールで伝えてもらっていたように感じました。



この世では「不運回避ができていることに、先に気づいていると、その先にある幸運にも遭遇しやすくなる」
みたいなところがありまして。

どういうことかと言うと「不運回避ができたこと(先回りしてその可能性をキャッチできたこと)」って、けっこうですね、これはラッキー感覚がするのです(笑)。

実際には、それほどのラッキーというわけでもないのです、これ。
いずれにせよ結果としては、アンラッキーに出会っていたとしても、そのあとにとる行動そのものは同じなはずなのです。

だけどこの、「先に、無意識に察知できていて、もうそうしようと思って、そうしていた」という感じのことができてくると、「流れ」って変わっていきます。




いつもそうできればいいんですけど、だいたいは、あんまりそれもできなかったりもします(笑)。
しかしですね、ご安心を。
この対処は、すでにもう、不運の渦中や不運に遭遇している時であっても可能なんです。

ただ、人間はそういう状態になっていると、「不運回避できなかったこと、まさに不運になってしまっていること」へどうしても注意が向いてしまい、感情がそこに捕まりがちですので。
なかなか、流れを変えられない、果ては、変えようとさえ思わなくなるっていうこともあるわけです。



この2種のカップリングの相乗効果として、『不運回避と幸運への遭遇率への移行サポートする』『その切り替え時期にある人をサポートする』と言えると思います。

負の感情の浄化にはたらく「マイ・スピリチュアル」とチャンスをゲットする「You gotta chance」が、上手にコラボしている結果、そうなっているように感じます。

人間、不運、不幸にフォーカスすると、「不運回避」にばっかり目が向きます。
「嫌なことがなくなって欲しい」そういう感情に主に支配されがちですが、この感情を取っ払うことで、不運へ淡々と(笑)向き合えるようになり、そこから、「幸運と思えることへの流れ」というのが、現実に起きてきます。

「季節の変わり目」程度のことに(っていったらアレですが)ちょっとした変化の流れに乗れず、ままならないところもあるのが人間です。
なので、ちょっとした不運への遭遇時期というのは、そのいいバロメーターとも言えますし、とくに目立ったその手のバロメーターがあるなしにかかわらず、”たかが季節の変化”なのですが、されど変化(笑)です。
変化のある季節はこういう、「負の感情の浄化」に速やかにはたらくタイプの石アクセと、「チャンスに気づかせてくれる(シックスセンスのはたらきを促す)」タイプの石アクセをいっしょに身につける…みたいなことが、あらためてお薦めなんだな、って思いました。



ということで、私も真似して(笑)「マイ・スピリチュアル」と「You gotta chance」を^^いっしょに身に着けてみたわけです。

実は3月24日の記事の前日ですが、「ちょっと今日はツイてないな」みたいなことがありました。
「わざわざ遠出した(といっても自転車で10分強くらいなんですが^^私にとっては遠出)スーパーで、そのために行ったのになお目当て商品一番二番が売り切れていて、で、なんかひじょうに感じの悪いおっさんに出会ったり、青信号で邪魔な右折車に阻まれ渡れるタイミングで渡れなかったり」などなどがありまして。

些細な話なんですが、「まぁこういう日もあるかな」と思っていたところ、「流れを切り替えていく」時の季節の変わり目話をまるの日氏ブログで目にして(そちらさんでは「ウェイティング」の大切さについて書かれていました…と、思う(笑)。書いた人の意図はそうじゃないのかもしれません)。それで、こちらの、お客様からいただいていたご感想メールの話と繋がりました。

「ウェイティング」は結局、「気持ちの落ち着き」であり「過去でもなく未来でもなく”今”にあること」そのものと言えます。
「待ちの姿勢」は、待つことそのものが大事なのではなく、「今の自分」を今ここに取り戻す行為です。

”今”にあると、人間は、その人に必要なことしかしないものですし、「本来の、そぐう現実の中にいる」ことになっていきますから。



しかし7年…(笑)ですかぁ…。おめでとうございます。

お客様にはきっと「7年、それでも、それに耐えたかった理由」が他にきっとあるんじゃないでしょうか。

あっけない終止符と言えるのかもしれないけれど。
7年のあいだにはおそらく、そのたったひとりの人からもたらされる負の感情の歴史の側面以上の何かを、その職場において得ている実感があるのでしょうから、我慢できたんだと思います。
そしておそらく、お客様ご自身にとって、「どうでもいいことレベル」にその人と距離をおける状態になったのでしょう。
だいたい、嫌な人との縁が物理的に切れていく時というのは、「相手を気にならないレベルに落とし込んだ状態」の時かなと。私が過去に経験したことがあるそれは、そんな感じでしたかね。

(こういうのはケースバイケースですよ^^。その職場からさっさと離れたほうがいいケースもありますので、「耐える」ことそのものを私はご推奨はしておりませんから、そこは間違わないでくださいまし…「耐えていれば報われる」というのとは少し違っていて。それをやると、苦労そのものを美化し、みずから苦労状態を手放さなくなる循環をつくりあげることも人間にはありますのでね)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  お客様の声
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page