カテゴリ
お客様の声  の記事のリスト

ご感想をいただきました92

2020年05月14日 (木) 07 : 32
ご購入いただきましたお客様のご感想、掲載のご許可をいただきましたので、掲載させていただきます。
いつも複数ご購入していただいてるので(笑)お写真の作品名タイトルは省いております。












(「お客様のメール」転載ここから)


神崎詞音様


いつもお世話になっております。
振込が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

送っていただきましたセレナイトタワーを頭の上に置いて瞑想をしておりましたところ大きな囚われが外れたので私事で恐縮ですがご報告した次第です。

私は今までやるしかない状態に陥ってやっと腹をくくり目の前のことに取り組むことを繰り返してきました。それでもなんとかなってはきたのですが、終わってから何でもっと早くしなかったんだろうと後悔する日々でした。
自分に自信がなく、うまくやっている他の人と自分を比較しもっと良いやり方、正しいやり方があるんじゃないかと思い決めきれなかったことが原因だと分かっても変えることは出来ませんでした。

今年の1月に宝石の国Special、ヴェール除去アイテム、守護霊道場を購入し寝る前に瞑想を続けておりました。
本日は上記に加えピュアレイのネックレス、スピリチュアルマスター、エンジェルラダーのブレスレットを付け、いつも通り瞑想をし、グランディディエライトのブレスレットを付け寝る前にお世話になっております神社の神様とお話ししていたところ本当に心の底から自分は自分でいいんだ、追い詰められてではなく前向きな気持ちで目の前の仕事、やりたいことを全力でやっていこうという気持ちになれました。
これから行動を起こさなければ今までと変わらないことは分かっておりますが、生まれてはじめて自分が自分であることを受け入れられました。

パワーストーンワークスさんとの出会いはシャーレンブレンドの意味を調べたことからでした。
そこからブログも拝見するようなり、神崎さんが作られるブレスレットを購入するようになりました。
まるのひ圭さんを知り、プレゼント目当ての欲にまみれた考えでランキングを押すことでいいご縁をいただくことができました。
まさかブレスレットを購入しはじめた当初は自分がこんなに前向きな考えで何かに取り組もうと思うようになるとは思いもしませんでした。

本当にながながとまとまりのない長文を失礼いたしました。
この気持ちを胸に明日から頑張っていきたいと思います。
今月末の作品も楽しみにしております。

○○


/blockquote>
(「お客様のメール」転載ここまで)








以下は、私からのご返事です。


(転載ここから)


○○ 様


お世話になっております、神崎詞音と申します。
メールをいただきありがとうございます!!

なんと申し上げたらいいのか…
すぐにご返事をしよう!! って思いながら、ジワ~~~っと、寝かせてしまいましたw
もう、なんか自分がうるうるしちゃって(笑)
うわ、なんだろう、これ…みたいな。

最初に思ったのは、もちろん、「良かったね…」ということと。
そして「自分はこの仕事をやってきて、本当に良かったな」ということでした(笑)。
○○様への、「良かったね…」ということももちろんなんですw
そこといっしょに出てきた感情が、「私が嬉しい」という(笑)すみません^^
なんか、ものすごく喜ばせていただいてしまいまして。
陳腐な表現ですが、胸にこみあげてくるものがございました。
へんな幸福感を(笑)勝手に感じさせていただきました。

神様も、高次ガイドも、こういうふうに、人間を導き、癒やしている、いつも励ましてくださっている…ということを思いました。

「あなたは天之御中主の分け御霊」なんですよ…
宇宙の中でとても大事な唯一の存在なんですよ…ということ。

でもそれが、この世を生きる人間ひとりひとりには伝わりづらく(笑)
だけど、「伝わる時は伝わる」満身でその感覚を得られる瞬間があるんですよね。

その経験をすることができたんですね!!

感動しますよね(笑)
この感動、って言うしかない陳腐な表現がとても嫌ですが(笑)
見当たる表現が、それくらいしかないんですよねぇ…
はがゆいところです。
このへんがもっともっと、人に伝わるといいんだろうけどなぁ。

でもこれも、「カンタン」じゃない(笑)ですもんね。
なんでカンタンじゃないんでしょう…。
やっぱり「観えない」からなのかな…。

私は、「石」が、自分にとっては、ですけれど、その境地へようやく連れて行ってくれた存在でしたから(笑)

過去に、「どうして自分はこんなに長きに渡り、石の世界に出会うことができてなかったんだろう。人生の早い段階で、これを知っていれば、石に出会ってれば、もっともっと自分の人生違ってたのに」って(笑)そこを思いましたよw

ブログを始めた動機も、だから、「まだ石を知らない人に!! こんないいものを知らずに、人生ツンでるのは、すっごいもったいないんだよ!!」っていう(笑)なんかもういてもたってもいられない、そういうところから、始めたところはあったんですよ(笑)。
それももう14年も前なのか…

自分が自分であることを受け入れる、って生きていて、存在していて、基本なんですよね…
でも私も、今まで生きてきた人生のうちの半分以上の期間は(笑)自分を受け入れてなどいなかったでしたしw

だけど一見、周囲の人々は、あんまり悩んでいるように見えず、「うまくいっている」ようにも観えますし(笑)
だから、そういう「方法」があるんじゃないかと思っても、なんとなくそういった「それっぽい」ところへ行けない自分は欠落した人間なんだな、とも、過去にはよく思っていました。

だけど、これは「私の場合は」なんですけれどね、なぜか人生行路が、どちらかというと、誰も頼れない、徹底して他者への依存から遠く引き離されていくような(笑)そういう風合い、傾向だったんですよね。

「やるしかない状態に陥ってやっと腹をくくり目の前のことに取り組むことを繰り返してきた」
「終わってから何でもっと早くしなかったんだろうと後悔する日々」

これ(笑)だからよくわかりますよ~w
まさに「私」ですもん(笑)
今でも、部分的に(笑)やっぱりありますよ、癖として。

そして、これはもう過去の話ですが、
そうやっていても、「ず~~~~っと自信がなかった」っていうのも、同じでしたよ。
なんでこんな人生選んじゃったんだろう、っていう(笑)当事者意識がどうしても出てこなかったんですよね。
それが「うまくいっていても」そうでした(笑)

だから人間の内面世界って、表面的に何かがうまくいってる、うまくいってない、それじゃないんですよ(笑)。
条件じゃないんですよ。

よく言われますけど、何不自由ない暮らしができていて、健康で、仕事もあって、要するに「何も困ってない」ことへ感謝せい、というような、まぁ、「ちゃんとつつがなく生きることができているだけで、満足しろ、感謝しろ」的な考え方ってあるじゃないですか。
これは実際にそうなんだけど、正論なんだけど、それでも、「なんか心が空洞」っていうか、幸せなんか感じていないっていうか。

石とともに生きるようになって、自分がわかったことは、
「それは幸せを感じる能力、創造力」の欠如だったんだな(笑)ということではあったんですが。
「もたらされるもの」だと思っている外部依存、待ち姿勢だったという。
自分次第なんですよね、すべてが。

瞑想は、やっていない人から見ると、「なんにもしていない」ことのような、つまらなさそうなもの、意味なさそうなものに感じられてしまうもの、「これがいったい何なのか」に思えやすいものなんですけれど、

「その思考をはさまずやりましょう、やればわかるよ」としかちょっと言えないところもあり、

やってみても相変わらず「これがいったい何なのか」であり続ける場合も、人に寄ってあるから(笑)

でもこれ、「石も同じ」ですね。

「石持ってみて。持てばわかるよ」と言っても、人それぞれですものね。


…ということで、
ぜんぜんまとまっていない(笑)ご返信で恐縮です。

あっ こちらは、お客様の声掲載をさせていただいてもよろしいですか?

この私のまとまっていない(笑)ご返信とともにw

そうなのよね~~~
「高次元とつながる」そのエリアの中にいる状態、感覚、これをこっちの三次元世界の感覚と言葉、そういうもので表現するのは、やっぱりとても難しい…

「経験してみてください」としか言えないですもんね…

最後になりましたが、「セレナイトは凄い」ですね~~~(笑)


神崎詞音




(転載ここまで)











いや~。
感動です。

「セレナイトが凄い」

ここに終始しそうですが(笑)

ヘブンのロバさんのセレナイト評にもあるのですが、「サードアイ、クラウンチャクラ、ソウルスターチャクラをすばやく開放する」石でもあり、また、「組み合わせた石のエネルギーを融合し、増幅、ひとつの調和的全体としてエネルギーを発する」ことができる、取りまとめ石として、セレナイトは使えるそうです。

なので、セレナイトワンドに他の石を取り付けることも有効、というのを見て、昔自分はそういうワンドをお作りしたこともありました(笑)。そのワンドは、昔、先代ワンコの闘病時に、ヒーリングワンドとして使用していました。

販売用にも当時お作りしたんだけど、「ぜんぜん皆さんにウケなかった」という(笑)憂き目に合いましたので、以降、セレナイトワンドもそうですが、セレナイトそのものの威力について、語る機会もなかったというかw

セレナイトグリッドの中で横になったり、瞑想したり、自分でもセレナイト棒状ワンド6本くらい使って(笑)よくやっていましたね。
最近あまりそういった感じでセレナイトを使っていなかったので、私自身、「そういえば、セレナイトを周囲に配置することで、その中のエネルギーボルテックスを作れる、結界ができるんだよな」ということを思い出し、それでフォーカス12でガイドがはっきり観えたという(笑)記事にもしていましたよね。

みなさんへのオマケにしようと、セレナイトをたんまり仕入れて良かった(笑)です。
じゃなきゃ、私自身セレナイト体験もできませんでしたし、そういう記事も書けませんでしたし。
それをお伝えすることもできませんでしたし。

みなさんに、「しつこく粘ろうよ」ってお伝えすることもできませんでしたし。





お客様も…
しつこく粘ってくれた(笑)から、解放経験に至ることができた…とも言えるんですよね。

とりあえず、ご自身が惹かれる石に、向き合ってみる、石とつきあってみる。

コツコツと、とりあえず、瞑想をしてみる。

何も変わらなくても、日々、続けてみる。ということを、続けてこられて。
そこへやってきた、セレナイトが、「総括してくれた」という雰囲気あります。

タイミングだったんですね。

実際のところ…ちょっと石一個買ってみた…凄いことがあった!!…みたいなことばっかりじゃないんですよね(笑)。

みなさんは、そこを期待されるのだと思いますけれど。

そういう時もあるけれど、ヒーリングなんて別に起こらないよ、ってことも(笑)なんにも変化なんかないよ自分には、っていうことも、やっぱりあると思います。

石を売る側の人は(笑)石の劇的な効用がさもあるかのように、石のエネルギーを伝えています。

わりとスピリチュアルストーン側の人たち、石のエネルギーがわかるほうの人たちというのは、やっぱりそれをそうお伝えしてしまうので、一見「眉唾広告」のようにもなってしまうのですが(笑)

「万人にそれが起こるわけではない」ところが、とてもはがゆいところなんですが、こうお伝えしてしまうと「逃げ」のような話なんですけれど、「本当のこと」だから、はがゆいのです。

「人ひとりの、何らかの囚われが、はずれること」そこには、確実に、「タイミングがある」と思います。

私は、お客様からメールをいただいて、「そのタイミングに立ち会わせてもらえたこと」に、役得感(笑)をものすごく感じましたw

ええ、そうなんですよ、これは役得だと思います。
だって、お客様がコツコツ続けてきたこと、その結果として得られたこと、そこに立ち会えたこと。

どれをとっても、お客様ご自身が「ご自身でご自身を癒やす」その過程を、いうなれば、私は「ちょっとヘルプした」というだけなので。

お客様には、ピュアレイなどもお持ちいただいていますけれど、
「ピュアレイは、カルマ祓いを楽にする石」(この”カルマ”というのは”囚われ”のことです)
という、どこぞのクリスタルヒーラーさんが言ってたよ、の話を(笑)販売卸店の営業さんから聞いてw

「なるほど」と(私はなんだかんだ言って(笑)他人が見つけた石のエネルギータイプなども、ちゃんといいとこどりします(笑)。

これはね、私はそこの卸店の営業さんじたいを信用しているので、彼女が言うところの、「石のエネルギー談」は信用できるからです。たくさん顧客を抱えているから、彼女は「誰も彼もの意見」を、そうやって次々と違う顧客に話す、というわけではないことを知っていますのでね。
彼女自身が「そうかも」って思わないことは、人がそう言っていたからと、横流しするタイプの人ではないので。

自分がピュアレイを持ってる時に、確かにちょっとだけクレアボヤンス能力が上がった、っていうことも、そういえば過去に記事にしていましたよね(笑)。
「自分がクレアボヤンス能力がどうもアップしないのは、確実にそこへの囚われがあるな」ということは、昔からもうずっとわかってることなので(笑)囚われてることはわかってるんだけど、幽霊見るのも高次ガイド見るのも、ちょっと近いんだよなぁ…みたいな恐怖感はね、まぁ、あるわけなんですよ(「番犬」の記事さかのぼって読んでくださいました方には、伝わる話)。

お客様には、ピュアレイもいくつかお持ちいただいているので、
地味~~~に、少しずつ、少しずつ、「囚われ手放し」は、進行しながら、セレナイトが、一息に引き上げてくれたんだろうなぁ…
という感じがしました。










スピリチュアル系の話は、

「本当のことだから、はがゆい」

これはあるんだよなぁ…

陰謀論系(スピリチュアルも絡ませてたり)の話も(笑)

伝えている人は、「本当のことだから、伝えてるのに!! はがゆい!!」みたいな(笑)人々も、多そう(笑)。


昨日ね、「プリズナーズ」っていう映画を観たんだけど、これ、アメリカの子供の誘拐がテーマな話だったんだけどね、映画製作者の意図なのか、そこここに、モチーフとして、「キリスト教、へび、迷路図」などなどの、件の組織(笑)を匂わすようなね、シンボルが出てきている、たくさん盛り込まれているんですよ。

話の中で、実際に「犯人」なのは、一般市民を装う人々が絡んでいるのですよ。
アメリカでは子供の誘拐、失踪、ほんとうに多いそうなんですが、これらって「頭のおかしい人、変質者のせい」ってことに、今のところなってきているよね。

映画の中でも実際、変質者や頭のおかしい人達の犯罪として、犯人にもなっています。
これを、「そのまま観ちゃうと」アメリカは、変質者、頭のおかしい、子供を誘拐する人が、何食わぬ顔でいるんだな…という、「普通の人同士が、人を疑わざるを得ない社会」の中に、生きてるんだな、大変なところだなぁ、って感じに観えます。

「そのまま観ちゃうと」ですよ。

ですが、映画全編とおして、ちゃんと、「子供の誘拐は、巨大組織犯罪であることを匂わすモチーフ」がふんだんに盛り込まれていました。
アピールどころとしては、もう、あれがギリギリなんでしょうな…
でも、こういう、ちゃんと真実をシンボルとして知らせようとしている映画もアメリカにはあるんだなぁ、って思いました。(ハリウッドはソッチがわの手先ともよく言われますが(笑)そればっかりでもないのでしょうね)


ほんとうに、大量タイ~ホは進んでいるんだろうか…(笑)
コロナの裏で…

私は陰謀論はメインテーマではないのでw
時々しかお伝えしませんけれどね(笑)

あと、実社会では陰謀論関係ないところがあるので、あんまり知ってもね、どっかの部分で「そこにさらに囚われる恐れ」が、あるわけなんですよ。
(これに囚われると、一般人感覚との「分断感」というか、へんなジャッジを(笑)”普通の”人相手にし始めちゃうところもあるんですよね。妙な厭世観を持ってしまう危険性もあるから、伝えるのが難しいのよね。スピ系もそうよ。霊界や、高次を知らない人へのジャッジをしちゃう感覚、これを持ち始めちゃうこともあるよ。だから、気をつけようね。あなたの「波動が高くなっても、ハイアーセルフと繋がっても」そういうことをいっさい気にかけない普通の人々、波動が低い(笑)周囲を憂う、責める気分になったら、要注意。本当に波動が高い人は、まず、そうなりませんからねw この世やあの世や観えない世界の「真実を知ること」と、生きてるその人の「波動の高さ」は、無関係です(笑)。そこには、注意してね。私も、注意しているのよ。だから陰謀論には熱を入れないようにしているの。)

もともと、「この世をつくってきた大人たちが大嫌い」だった(笑)タイプなものでw でもさ、そういうのひっくるめて陰謀論のせいにしてたって進まないじゃない。
それよりも、みずからのDNA上にもある「人間のつくってきた負の歴史」のせいにする自分そのものを、そこからの解放を目指したいなと、ある時から思うようになったわけですよ。

だけどね、私達が持つ「恐れ」「恐怖感」これってね、どっかの部分で「人を信用できない」ここに繋がってると思う。
人を信用できない、イコール、自分を信用できない、にも繋がるし。

これをね「世界じゅうの民に、がっつりと影響するレベル」で繰り広げている組織があることは事実だと思う。
「恐れるように、仕向ける」人々って、いるでしょう?
実際、この世のそういう恐れのエネルギーの影響の中で生きてきているからね、放っとけば無意識に、そうなるのよ。
大人になったから、有識者になったから、権力持ったから(笑)恐れがなくなる、なんてことはないでしょう?
持ったら持ったで、恐れるでしょう?(それは「奪われる」かもしれないものだからです)

どこまで「成長しても」「達成しても」生きてる限り、私達には、「生きていることを恐れましょう」っていう誘いが(笑)尽きませんよねw
政治家や政治の世界がなんかどっかおかしい(笑)のも、まぁ、そういうことなのよ。
あの人たちは、「国民に安心してもらっちゃ困る」というのがベーシックスタンスですからね。

ベースとして「人を信用してはいけない」エネルギーが、綿々と歴史的にも人のDNAにも受け継がれてきた、その地球上にありながら、「人とつながろう」みたいな(笑)根源的欲求や、演出も同時にあるのが、この地球上の人類の進化の過程にあるので、本当に、今は過渡期なんだろうと思いますよ。

本来のわたしたち人間ひとりひとりというのは

天之御中主の子

これを「創造神から、離れた存在」としている、「人間は罪の子」としているのが、件のキリスト教(現代のです。イエス様自身が伝えたこととは様相違っている)でもあり、人間を常に「恐れのエネルギーの中で生かす」ように操作してきていると思う。

その実、バカチンのやっていることは(笑)アレですからねぇ…そりゃもうあいた口が塞がらない、の世界でございますよね。

酷すぎて、想像ができないんだけど(笑)
だけど、その影響下でつくられてきた、「人類がつくってきた囚われ」の影響というのは、私達にはありますからね、確実に。
無関係とは言い切れないのよね。

そういう目線での、「自分が持っている囚われを解放するため」に、陰謀論、世界の舞台裏は、観ておくのはいいと思います。

へんな話、生きている人ひとりが持つ囚われは、「べつに、あなただけのせいじゃない」というのが事実だし(笑)。
だけどね、それでも、ナニカのせいにしていないで、「あなたが持っている囚われは、自力で、はずしたほうが、あなた自身がとても心地よく生きやすくなる」のが事実なので。
しれっと、自分の囚われは解放していく、そのほうがいいです。

わからないかもしれないけれど、「宇宙全体のため」にも、あなたひとりが、囚われホルダー「囚人」のままでいない人になることが、いいのです。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  お客様の声
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ご感想をいただきました91

2020年05月11日 (月) 03 : 12
2020年4月の「伝染病対策ブレスレット」「宇宙におまかせ」「結界アイテム」等々、ご購入いただきましたお客様のご感想、掲載のご許可をいただきましたので、掲載させていただきます。


(お写真は、2020年4月末新作の、「伝染病対策ブレスレット」ブレスです)


(「お客様のメール」転載ここから)


神崎詞音様

大変お世話になっております。
ブレスレット3点を購入させていただきました○○です。

この度も素晴らしいアクセサリをありがとうございました!
・伝染病対策ブレスレット…以前おまけでいただいた仏陀のブレスレットがとても良かったので、このパーツが入ったブレスが商品化されたら嬉しいな〜と思っていました。実物はお守り感・安心感が凄いですね…!なんとも言えない頼もしさがあります。

・宇宙におまかせブレスレット…アズライトの「小さな地球」感が激萌えです!!笑 これは癒されますね〜〜。余分な力がフッと抜けるような、癒し系ブレスだなと感じます。

・結界アイテムブレスレット…これも、めちゃめちゃ萌え〜〜〜です!特にハイパーシーンとシルバーオブシディアンの色味やシラー(?)が好きすぎて…常に身につけていたいブレスです。

そして、この度も豪華なおまけの数々をありがとうございました!
セレナイトタワー(2つも!!)とワンド、綺麗すぎてうっとりしちゃいます…
チャームもしっかりとした作りで存在感があり、お気に入りです。
梱包も、とても丁寧で綺麗で毎回感動しています。

この度もたくさんの素晴らしいお品をありがとうございました!


余談ですが、ここ一年ぐらいでようやく「ありのままの自分を愛する」的なことができるようになってきました(笑)

以前はそれが出来なかった、というより、したくなかったんです。
「いやいや、ありのままじゃダメだろ。今のままで良いなんて甘ったれたこと言ってたらちゃんとした大人になれないし。今のままじゃ絶対ダメ」と。

でも、例えばこれが自分に対してじゃなく、自分の子どもやパートナーに向けた言葉だとしたら…
間違いなく「毒親」「毒嫁」ですよね。それも猛毒(笑)

そんな猛毒を吐き続けながら、私は自分自身をいじめて、「理想の自分になるまで愛してあげない」と条件付きの愛しか示してこなかったのか…と思うと、自然と自分に対してゴメンナサイという気持ちが湧いてきて。

↑正直これはもう、若い頃からの思考のクセなので、大切なことに気づけたから一気に完璧に解決!みたいにはならないでしょうが、少しずつ少しずつこんがらがった部分をほどけていけたらいいなと思います。


さて、しばらくリングブームが続いていましたが、再びブレスブームが来た感じです。笑
石たちとともに、マイペースで毎日を楽しんでいけたら嬉しいです。

少し落ち着いてきたように感じますが、今はコロナ騒動で社会全体が混沌としていますね。
陽性なのに地方に帰省した方が日本中からぶっ叩かれてるらしいとか、自粛しないお店が嫌がらせを受けているらしいとか、詳しくは知りませんが、自粛関連でもなんだか色々あるようですね(^_^;)

そういうのを見聞きすると、「地方の人こわい」「都会の人こわい」というよりは、外から見れば「日本人こわい。島国やばい。地獄やん」と思われているんじゃないかな、と感じます…(笑)
もっと言えば、他の星から(笑)は「地球やばい」と言われているかもな、と…
そんなことをぼんやりと思いました。


無駄に長くなってしまいすみません!
また今月の新作も楽しみにしております。
関東は蒸し暑くなってきましたね。体調を崩されませんようご自愛くださいね。

○○


/blockquote>
(「お客様のメール」転載ここまで)




(お写真は、2020年4月末新作の、「宇宙におまかせ」ブレスです)


以下は、私からのご返事です。


(転載ここから)


○○ 様


到着のご連絡ありがとうございます!
いただいたメールはお客様の声として掲載をさせていただいてもよろしいでしょうか? 
まとまっているので、掲載がしやすいかなという(笑)こちらの都合ですがw

> 正直これはもう、若い頃からの思考のクセなので、大切なことに気づけたから一気に完璧に解決!みたいにはならないでしょうが、少しずつ少しずつこんがらがった部分をほどけていけたらいいなと思います。

今日のブログ記事に書いていたことのような話ですね(笑)。

でも「気づいた」から、これはやめよう、変えよう、って思えるんですよね。
だから「気づく」のは本当に大事ですよね。

だけど、気づいて今度は、なかなかその思考癖が変えられない「ダメな自分を責める」みたいな(笑)
やっぱり同じことやってるな…というループが、時々出てきちゃうかもしれませんがw
そういう時も、自分を責めないでくださいね。

基本、高次ガイドが好むのは、

「で、自分は、どう行動したらいいですかね?」という、模索、質問のほうです。

ドツボが出てきた時には、常に、どうするかを質問。問うことをお薦めします。
必ず、「アンサー」はなんらかの形で提供されます。

この「気づき能力」そしてそれを「疑わない」ことも大事です。
自分や他者へのあら探しの気づき能力が培われてきた人のメリットは(笑)実は、次元を超えても発揮されるので(笑)ぜひ、その培ってきた能力を、そちらへお役立てください。
あら探しの時には疑わなかったのに(笑)、「高次の声は疑う」というのはやめましょうね。

(何事も、経験してきたこと、「囚われ」にさえ、無駄はないのです。無駄がないので、一定期間、「その囚われを持つように」むしろ、高次側がそれをホールドするように導いている…としか思えない、苦境人生もあるのです)

V字回復の上昇気流のほうに入っているので、あとは、「心の声」中心に、なんでもかんでもは無理かもしれないけれど、なるべく
自分の心に正直な望むことをしている状態、それを「常態」にできていければ、「ダメな時」があっても、それが変容機会、チャンス
のタイミングなんだ、と自然に思えるようになると思います。

まぁ、こう言っている私も(笑)
常に常におまえはそうなのか? と言われれば、そんなことはないのでw 
だからって、バチが当たるわけでもない(だからいいや、ってことでもないですが)ので、もっとも「その人にとってこの世でいちばん恐れなくてもいい相手である高次ガイド」とともに、ゆるゆる行きましょう♪


> そういうのを見聞きすると、「地方の人こわい」「都会の人こわい」というよりは、外から見れば「日本人こわい。島国やばい。地獄やん」と思われているんじゃないかな、と感じます…(笑)
> もっと言えば、他の星から(笑)は「地球やばい」と言われているかもな、と…
> そんなことをぼんやりと思いました。

ニュースとか、人の噂話っていうのは、よろしくない部分のほうが多くの人へアピールしやすいし、人の興味を引くので、入りやすいんですよ。
そして、「全部が」そうなんじゃないかと錯覚しやすいんだと思います。

確かに「地方の人こわい」「都会の人こわい」「日本人こわい。島国やばい。地獄やん」のような部分も、「一部」あるのだろうとは思います。

だけど、だいたいの人は、当事者ではないという気がします。
自分には関係ないこと、っていう高みの見物、ということではなくて^^当事者として直面してはいないことに対して、憂う必要はないというか。

「地球やばい」と思われてるとしても(笑)高度文明から見れば、「地球全部がやばい」というわけでもないし、人間の存在など、仮に、地球が「本腰入れて掃除しよう」って決めれば、一瞬で一掃できるくらいの潜在能力を、地球は持っていると思います。
それをしないのは、地球劇場で予定されている流れに、地球が同意している、忍耐強くそれを待っているからとも言えます。
地球の中心は高次元ですから、グラウンディングすれば、未だに浄化力抜群(笑)の凄い惑星ですから。
なので、今のところまだ我々はこのていたらくを、許可されている、とは言えます。
それを、「やばくなくする」のは、結局は、私達ひとりひとりが気づいて、そうするしか道はないのでw
どうしたら自分の関わる世界は、やばくないものにできるのかしら? を考えて行動するしかないですよね。

高次ガイドが目指す指南する道も、「どうしたらその人が関わる影響する世界を良いものにできるか」という部分が、根底に流れるテーマとして共通するところで、そのガイドラインに沿って、高次ガイダンスがあると思いますので。
「我よし」が通じないことも、学ばされますが、我よし人よしが無理ではなく可能な道があることを教えてくれるのが高次です。
(ここを勘違いしてはいけないのは、「万人に認められる良いこと」っていうわけでもない部分でしょうか。こう言っちゃうとアレだけど、「万人」より「高次」の少数でいいんです。こっちから見ると「高次の少数」ですが、そっちのネットワークのほうが、人間同士のネットワークよりも遥かに高度で洗練されているので、少ないスペックで(笑)過不足なくしっかり威力を持ちます。そこを信用できるか? という話でもありますけどね)

ひとりの人間が、この世の広範囲に影響力を持てるわけではないので、そこがはがゆいところもありますけど。
今月はこういう記事も書いてたな。あ、ロコンド社長の記事ですね。宮迫CMの。
でもこういう人々でさえ、「この世全体」という部分から見てしまえば、及ぼせる影響範囲はものすごく知れていますからね。

まぁ、今現在、東京では「マスクは他者へのエチケット」レベルに(笑)服着て歩くのと同レベルのマストアイテム化している風潮がありますので、好き嫌いや要不要を別にして、他人と接する可能性を持つ外出時には、「それが他者への思いやり」のような当たり前空気には、逆らわないように(笑)自分もマスクしています。
過剰な消毒は(笑)やめましたが、今も適度に消毒はやっていますしね。
アルコールや次亜消毒などの徹底もいいんですが、コロナ不活性化には「太陽光、界面活性剤(石けん)」が有効だという、論文や感染研究所などの公式発表もありますので、「ふつうに健康的に清潔にしていることでかかりません」と(笑)いうレベルなんですよ。

自分はそこまで恐れていないんだよな、っていう人にとっては、恐れている人がアホに観えたり、「コロナ禍の舞台裏にはこんな陰謀があるんだよ」というアピールも多いですが(スピ系や陰謀論にはとても多い)そういうことを知るのも、悪くはないのだけど、自分がそれら知ったからと言って、それを知らない人たち、目先踊らされている人たち、何の疑問を持つこともなく生きている人たちに対して、ああだこうだと思う(ネガティブに思ってしまうことも多い)その必要もないですしね。

実際に現実としては、本当の「流行」レベルではないウィルスですし(やっぱりインフルエンザと同程度)、なので、国家あげて(笑)こんな対応する必要があるのかといえば、「なんか別の目的へ誘導されているんだろうな感」はありありなんですけれど(笑)、まぁ、たか~い見地から見れば、これにより、大きく生き方を変える人は変える(変えざるを得ない)きっかけとなっているのは確実な
ので。

生きてるうちに、その人のテーマを消化して霊界に戻る予定でいる人も多いと思いますので(笑)世の中的な大きなイベントは、個人個人にとっても、日常の延長ではない考え方ができていく、自分を変えるチャンスですからね。

テレビは普段見ないので、よく知らないのだけど、
まぁでもそろそろ「コロナ恐怖」にも飽きてきて(笑)目をさますというよりは、恐怖対応慣れしつつあるかもしれませんから、日本人を脅かす次の恐怖(笑)が今度は、準備中かもしれません。

地震とか、戦争とか(笑)。

うじゃうじゃ、ここぞと、陰謀説系などでも、出てきています。
人はけっこう「恐怖」に興味があるのです(笑)。
まぁ、恐怖も「知り尽くして感じ切る」というのも、悪くはないかもしれませんけどね。
知るなら、徹底して、できれば「一次情報」に触れるレベルまで、やったらいいんですが、陰謀論や恐怖話は、一次情報に接することは、まずほとんどありませんから。

そういうものに踊らされることじたいに飽きることができる(笑)その人その人の「我が道(できれば高次ロード。低次ロードもありますけど。好みです)」を多くの人が生きることができると、地震も戦争も起こらない、という未来へ行けます。

なので私は、その「あなたのブループリントに目覚めよう」の、お手伝い仕事に地味に邁進しているところです。


長くなりましたが(笑)
このままブログ掲載できるレベルに(笑)ご返信させていただきましたw
(「手抜きじゃないよ」と高次ガイドにアピールw どうも彼らは、「手抜き」に関しては本当によろしくないこととして嫌うので。「合理性と手抜きは違う」ということのようです)


神崎詞音




(転載ここまで)



(お写真は、2020年4月末新作の、「結界アイテム」ブレスです)


そうそう、肝腎の(笑)石ブレスについて、まったくご返信していませんが、

たとえばご購入いただいている「宇宙におまかせ」のような、「眉間より上」中心のチャクラ活性化の石カップリングなどは、ご返信の中にもある「高次ガイドへの質問」に適しているカップリングです。

ぜひ、お役立てくださいね♪


私達は基本は、常に、「個人から見た今や過ぎた過去の世界」しか観えていませんが、

あちらはもっと「広範囲(最終目的地)」まで熟知して、ガイダンスをしています。

その見地は、こちらからは、途方も無いもの(だけどほぼ確実にあとあと「これで良かったんだ…」と思える展開だと思いますよ)

そして、ここがミソですが、「それを余すところなく先の展開全て教えてくれる」というわけではありません。「今」のことです。

なので、高次ガイダンスは、こちらからすると、近目においては、わりと地味なつまんないことだったりもしますし

「え~。それができたら苦労はないんだけど」的に、「今の自分」からすると、ちょっと大変とか、できない、無理、やりたくない、面倒くさい、敷居が高い、なんで自分が…って思いがちな(笑)いわゆる、「楽ではない」「抵抗感ある」メッセージも多いのです。

「自分は否定されてる」って思っちゃう人だっているんじゃないかと思います。

私も、もう何年も前、まるの日さんワークショップで初めて「ガイドらしきの姿(輪郭ですね、今思うと)」が観えた時に、これがいわばガイドが観えた初体験だったんだけど、その時に私がした質問内容にには、「そっぽを向く」という(笑)対応されたんですよw 
ガイドが観えたことじたいは感動したんだけど、へたすると、心理的距離感生まれていてもおかしくなかったと思う。
感動の初対面で無視されたわけですからね(笑)。
でも、「答えをくれない」という時点で、それは自分で考えろ、って話でもあったんで(笑)そこに納得したわけです。
「おまえが正しい、というわけではない」その態度。
そこにもう、答えはありましたからねw
高次は「善悪超えてる」ので、「私が正しいよね?」っていう善悪ジャッジ系に関しては、ご加勢はない(笑)んですw
だから、「否定」もされていません、実際は。
基本はおまえの好きにしろ、苦楽を超えた、自分の心がそれで気持ち悪さを感じない選択をしろ、の世界なわけですよ。

高次采配には、「金銭的痛みを伴う」タイプのこともw ありますよ
これは、「金銭ブロック」というか、「自分の持ってるエネルギーを手放したくない」的な、「使うのもったいない惜しい、使ったら減る、使えばただなくなっていく喪失感」とか「お金を稼ぐのは大変だからなるべく使いたくない」的なむしろ流れを悪くするブロック概念をお金にもってる場合には、まぁ、「高次采配として、持ってるものを放出させられる」ようなことは、ある人にはあります(笑)。
ド派手にすべての財産失うことだってwありますよ。
でもそれは、「大規模な、穢れ祓い、囚われ根こそぎ外し」にも繋がるので、実はそのレベルというのは、その先のひと回り飛躍の展開の大チャンスでもあるのですけれど。
まぁ、このクラスは、なかなかそうは思えないんですけれどねw 
なかなかそう思えないので、相場としては「失った恨み」のまま転落する人も多いよね。
なのでけっこう高度な高次からの愛のお見舞い(笑)なんです、これって。
あ、これは普段から、心に正直に、最適にお金使ってエネルギー回してる人には発生しない高次采配だから(笑)安心してください。
今回のコロナ禍と呼ばれるこの機会で、倒産する会社も増える、失業も増えると言われていますが、そういう渦中の人にとっては、次のステージへの飛躍のチャンスです。
まぁ、当事者は、なかなかそうは思えないと思いますが。
でも高次見地からは、そうです。
「心に正直に」果敢にチャレンジし進んで欲しいです。

「どうして、”私ばっかり”がこんな思いするんだろう…」

という、「私ばっかり苦労してる」「私ばっかり損してる」「私ばっかり割食ってる」に追い打ちをかけるような(笑)現実への流れさえw用意されちゃうことだって、あるのです。

その人が、「私ばっかり」って言い出さなくなるまで(笑)それは続くこともあります。
臨界点がくると、「いい加減、気づくはず」だからですね。

なので、落ちるところまで落ちる(笑)というのも、はずみがつくので悪くはないですよ。
でもエネルギー的に「底辺慣れ」という、悪しき状態を生みかねない危険性もあるので、底辺ゲームは早めに抜け出して、やっぱりね、その人の本質的なエネルギー(ハイアーセルフとも言います)との同調機会を、少しずつでもいいから、増やしていくことが、よろしいです。

そのために、「祓い(浄化)」と「瞑想」という、「心に波風が立っていない状態をつくること」の大切さがあるのです。

石は、とにかく、そのための「ご神氣ツール」の助っ人なんです(笑)。

この地上には、欲や見栄を満たす物質アイテムも多いのですが、石もそれになる場合もあるにはあるんだけど(宝飾分野はその感情を煽りますし、天然石であってもそれはないわけではないです)私達の肉体にとって「必要元素」というものがあるように、精神レベルとの親和性も高いところがあるのが、天然石です。
ただ「綺麗だな~」っていうその時の何気ない欲で買っても(笑)手元に来る石たちは、あなたに縁がある、あなたのところで仕事をする予定があるから、やってくるのです。

で、

この、「私ばっかり」をどうやったら言い出さずに済むのか、っていうと、それがまぁ、ブループリントを知るとか(笑)それも、ひとつの方法なのですが、準備のない段階でブループリントを知っても、ぴんと来ないどころか(笑)ますます、「私ばっかりなんで」とw 言い出しかねない段階では、むしろ、知らないほうが得策、みたいなところもあるので。
(私自身…20年以上前くらいに、今のこの自分を知っていたらですね…「絶句」していたと思うので^^。30年前に知ってれば、「なんなのソレ」だったと(笑)思いますよ^^。だからね、あまりにもかけ離れていると、聞いても意味分かんないこともあると思うんですよ)

私個人としては、

高次ガイドに「教えてちゃん」であり続ける、高次におまかせ、ならぬ、「高次に丸投げ」でいいと思います(笑)
だいたい、「ブループリント=目先の安泰」というわけでもない場合も、たぶん、ありますから。
それがその人自身の癒やしに繋がる人が、ブループリントって早めに知る流れになるんだろうと思う。

高次アンサーというのは「こちらはどうすべきか、どう行動すべきか」であり、自分が楽をしたい、自分が動こうとしない、自分都合の理由の他操作に関わる質問の答えは得づらいですよ。
得づらいっていうか、私が最初にガイドの姿を見た時がそうだったように「無言」しか(笑)返ってきませんね、そういうのは。
高次は「本人みずからに見つけさせる」アンサーのしかたをしますので、「解答」がそのまま降ってくる(笑)というわけでもありませんし、他者を軽んじる他者を認めない「独善」を高次に認めてもらおうとして、高次に頼っても(笑)そういう善悪ジャッジ質問の類にも、向こうのねぎらいは仮にあっても、貴方が正しい相手が間違ってる風味のレスポンスはないんですよね。
こちらが間違っている道を進んでいる時には、基本「進まないよう邪魔が入る」のですが、こっち目線で見ると「残念な現実」「窮地に追いやられてる」にしか観えない場合も、あるのよ。

そういう、時としてわかりづらい場合もある高次ガイダンスに気づけるセンス、その下準備を助けてくれる傾向があるのが、「6から上のチャクラ対応」の石であったりします。
一般的には、青、紫、白(透明)の石にそれが多いです。

お客様のメールにもあるように

『・宇宙におまかせブレスレット…アズライトの「小さな地球」感が激萌えです!!笑 これは癒されますね〜〜。余分な力がフッと抜けるような、癒し系ブレスだなと感じます。』

叡智を得るということは、実際は「癒やし」なので

表面的には、何が癒やされているのかはよくわからなくても、癒やしを感じる、という時点で、自分でも表面に上がってきていないタイプの囚われや、穢れが、祓われているからそうなっている、ところがあるのです。

高次に繋がると、静かに、それが起こります

特別な人にしかそれは起こらない…自分には関係ない…という話でもなく

それが、「自分に可能」なのだと、思ってください
(その感覚を経験できるまではそう思えないかもしれないんですが、粘りましょう^^。私が「やった!!! ガイドはっきり観えた!!!」となったように(笑)いい意味での粘り強さしつこさも大事w)

コツコツいきましょうね

何もわからなくても(エネルギー的に、など)なんとなく感じる、その、感覚、気持ちが、微妙なんだけど、石たちからもたらされている大きな支援ですから


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  お客様の声
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ご感想をいただきました90

2020年02月21日 (金) 19 : 14
お客様から、「Aura Vision」についてご報告をいただいて、思い出したことのお話です。

「Aura Vision」は、昨年11月にお出しして、即完売した商品。

みなさん、きらきらが好きなんだな~と実感した(笑)お品です。

來月、3月に再販予定にしています。

3月は、確定申告作業のスパートなので(笑。ほんとに毎年^^これを言ってる気がします)月末新作はお休みだと思っている方もいらっしゃるようなのですが、今年はたくさんはお作りできないと思われますけれど、リクエスト商品などを中心に、少しだけ月末新作はお出しする予定にしています。
たぶん、5種類くらい? の予定かな。





お客様メールを一部抜粋させていただきますね。
(「お客様のメール」転載ここから)


> そして、以前いただいた「Aura Vision」について少しご報告を。
> 兄のオーラやチャクラがいつもより乱れていたので、
> バッチフラワーのRQロゼンジ(キャンディー)を与え、こちらを貸し出したところ、
> 「これをつけると、すごく調子がいい。どういう仕組みなの!?」と驚いておりました。
>
> 兄は内科医、バリバリの理系です。
> それでも「石、スゴ~イ!」と、石のエネルギーに関して、いたく感動しておりました。
> 石のことを詳しく知らない彼ですが、どうやらきちんとオーラ修復が為されたようです。
> プラセボ効果が期待されない状態でも石は働いてくれる、ということが証明されたような、
> なかなか興味深い結果でした。(´ω`*)


(「お客様のメール」転載ここまで)


このメールをいただいて、私がお送りしたご返事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

うちは実は医療系のお客様、多いんですよ(笑)。
長年、お医者様とか、いらっしゃいますね。知るとびびりますよね(笑)。
一般人よりもずっと身体のメカニズムに詳しいクォリティの方が、なんで? 
とも思っていました。

たぶんもっとも、「内的宇宙」の世界とかそのあたりは証明の手立てがないので、
「タブー」の分野なのかもしれないので。

おおっぴらに医療現場で言えない(笑)のでしょうけれど、実は効果を感じてい
らっしゃるのでしょうから、本当はたぶん患者さんにも^^って思ってるけど
言えない…みたいなところも、あるのかもしれないですね。

このカップリングは再販しなきゃ~と思いつつ、今月は無理なので
來月お出ししようかな、と思います。
一部、お客様の声として、取り上げさせていただけますとありがたい(笑)です。

石はプラシーボじゃないんだな、というのは、大昔、外部委託のお店で
石アクセを販売していた時に聞いた話なのですが、「これプラシーボじゃないよ
ね」という話を聞いた時に、
もっとその認識が世の中に広まらないかな~、とは思いました。

「目もあまり見えていない、身体の動かない伴侶」が、奥さんが気に入って買っ
てくれたらしい、私が作ったブレスレットを、「なんでか気に入ってしまい」
伴侶さんに取られてしまったそうで。
ず~っと離してくれない返してくれなくて、なんかせっかく気に入って買ったの
に、伴侶さんのものになってしまった…そうなのですが、その伴侶さん、ずっと
動けなかった、腕が上がらないとかの状態でしたのに、動かせるようになったそ
うです。

ということを、その委託先のお店で買ってくださった女性が話していたよ、
というのを、昔、聞かされました。

私は「石はプラシーボじゃない」という信念(笑)を当然もう持っていましたの
で、凄いね~と驚きつつ、「まぁ、それもあるかな」とも思ったのですが。

でも(笑)この話には別のオチというのがあり

そんな凄いことがあったのに、その奥さん…
「動けなかった人が動けるようになったこと」じたいの驚きは実際あったのでしょ
うけれど、「自分がせっかく気に入って買ったのに、とられた」っていうほうを
(笑)メインに話している風味でした。
「見えてないくせに、なんでかあれが気に入っちゃったみたいなのよ~」という
(笑)その、とられてしまったことが悔しい、と。

一般人とはこういうもの、って言ったら失礼ですけれど(笑)…
世の奥さんがたというのは、基本、自分のことしか考えてないような人もきっと
多いんだろうな、という気もします。
あんまり家族のこととか考えてないのかも^^しれないですね。
健康だろうと不健康だろうと、どうでもいいっていうか^^。

ニュアンスとして伝わるかどうかわからないのですが、
こういう感じの人達も石を買うので(笑)
私が思うようには、石のことは多くの人々には共通認識として伝わらないもの、
とも感じます。
14年やってきても感じることですね。
まぁ、なので、結局できることは、地道に、ご縁のある方に、ご縁をいただいて、
ご縁のあるみなさんと共に、石を享受し、フル活用する道で行こうということで
すね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・




そうなんです、昔、作家作品を中心に展開するお店さんに、作品を置いていただいていた頃に、こういう話がありまして。

私はブログでは当時、

「上がらなかった腕が上がった人がいたそうだよ」

の部分を切り取って(笑)宣伝をしていたかもしれませんw(ありがち)

そして、

こういうふうに、

「自分のために買ったのに、他の人に気に入られてしまって、とられてしまう」

という、

「石の運び屋」になることもあるよ、っていうお話をしていたことがあったように思います。

あなたが欲しくて買ったはずなんだけど、家族とかお友達とかに、あげちゃうことになりました…

になっちゃうケースも、まぁ、あるんですよ。

これは、観えない世界側からすると、「あるある」な話ではあります。

(ただ、これを「やり過ぎる」人も、過去に、お客様の中にいらっしゃったんですよね…。ご自身が「裕福」というわけではない、むしろ、自分はギリギリで石を買っている、だけど、他に気に入ってくれる人がいると、あげてしまうらしく。そういう話を私にしてくださるんですけれど、私の感覚としてはそれを「良かったね」というよりは、「どうしてそんなイイものを人にあげてばっかりいるの? あなたは」という感じでしたし、そうお伝えしていました。なにかそこに、違和感を感じ続けていました。おそらくその方は、「あなたはイイコトをしているね」って私に褒めてもらいたかったのだろうと感じます。で、その「あげてばっかりいる」人が、お金の法則よろしく、自分が豊かになっていったのかというと、私が知っていたタイミングでは、そうなっていかない、どころか、どんどん自分の首絞めていってませんか? になっていました。「あげるな」とは言いませんけれど、こういう方は、「自分を癒やす」ほうを、後回しにするし、そうしている自分に気づいていないんです。本当にドツボになって、著名な占い師さんのところへ出かけて、「自分を豊かにすることが先」と指摘されたらしく、そう私に伝えてこられたんですが(笑)「まったく同じセリフを私もあなたに言い続けていたよね」と(笑)ちょっと、がっかりした記憶があります。その方は、やっぱり、周囲の人にも似たようなことを言われ続けてきていたそうなんですよw 人の話をぜんぜん聞いていない人っているんですw この循環は、循環しません。断言できます。なので、自分がそういう、「他者に与えること」をしたい人は、自分にも同様に与えることをしてくださいね。ヒーラー体質の人に、あるあるな話です。他人を癒やしていることに至上の喜びを感じやすい、あの世2の影響むんむんの方は(笑)しっかり、並行して必ず自分のあの世1のベースの世界を構築しましょうね。)





今回の話のテーマはそこじゃなくて、

そのヒーラー体質の人の、真逆の話(笑)みたいな感じw

この世には、こっちの割合の人のほうが、たぶん多いと思います。

当時のその委託店で聞いた話を思い出していてね、

その時伝わってきていたニュアンスは、「家族の具合が良くなった、治らなかったことが治った、喜び」というよりも、

「自分が気に入ってお金出して買ったのに、家族に取られちゃって返してもらえない悔しさ」みたいな(笑)そっちだったんですよね。
で、私にもナニカ「効く石ブレス」ないかしら~、みたいな感じのこと、だったんだけど、結局、その人は特に買ってはいなかったような思い出があります。

(もしその話をしつつ、「今度は自分用にはこれにするわ」と買ってくださったのなら、それも聞いてるはずなので)

石の効果を、「眼の前にしていても」

そっちじゃなくて、「気に入っていたものを、アイツにとられた」みたいな(笑)そこで話が止まってたw

そういうことを、思い出しました。





「愛の出し惜しみ」というのが、ある人にはある、そういう世界なんだよな…

ということを、思い出したんですが、

喜ばしい結果が出ているのに、その重要性が軽く扱われているっていうか(笑)

まぁ、そういうことは、往々にしてあるのも、この現実世界かなと思います。

周りが「惜しんでいる」人々の多い環境にいると、影響されますし。

スピブームで、「惜しまない人も増えたのかな」という側面はあるのですけれど、この世の趨勢は、まだまだ「惜しむ人」のほうが、多いんだろうなぁ… という感じはあると思います。

「あげすぎ」はNGですけれど(笑)

自分が貧乏なのに、自分よりも豊かな人にあげる、それは相手にわかってもらえないw ことも生みます。
(なぜなら、相手からするとそこまでその人が無理をしている、なんて、どうでもいいことになりがちだからです)

今回お客様からいただいたご報告のように展開するには、おそらく、常日頃からの信頼関係というものも、ベースに必要なのかな、ということもあるとも思います。

結論。

石は、まだまだ(笑)、これだけ天然石の世界が一応定着しているし、けっこう普及されているのに、普及なりの効果を出せずじまいの世界もあるにはありますが、

まぁ、そこに寄り添いますよ。4月以降(笑)。

という話です。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  お客様の声
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page